『俺の温度、軸との距離』

サウナに対する愛情を込めた作品『俺の温度、軸との距離』を新栄トワイライトで上演した。

最近は演劇であるとか一人芝居であるとかそういった「演奏以外の活動」とは、一時期に比べるとちょっと距離があるというか、正確に言えば距離をとっていたというか。
特に理由もなく、振り返ってみるとどんどんと演奏が楽しくなっていた時期だったのだと思うのだけれども、そんな中CLUB ROCK'N'ROLLの本多さんから「1月の公演は君達で何かやってよ」と今や若い人達に運営を任せてすっかり引退を決め込んでいた僕達に声がかかり、本多さんからのリクエストだったらやる他あんめぇという事で久しぶりに演劇作品を作る事になったのであった。

どうせやるなら好きな事をテーマにして思いっきりやってみよう、という考えがあった。
久しぶりの作品製作だから肩肘張ってやってもしょうがあるまい、という思いもあった。幾つか作品のアイディア自体はあったと記憶しているけれども、作品として発展性がありそうなものを具現化する事となった。
すなわち、サウナである。
抽象的だし、やり甲斐のあるテーマである。サウナというテーマでいこうと決めた瞬間に、何をどのように表現するか、何となくという言い方の3倍くらいは明確に、決まった。
今回の、というかいつもそうか、僕は人ありきで作品を作るのでまずは何よりメンバー集めが重要だった。
それぞれが忙しいと思われたけれども意外や意外、すんなりと集まったメンバーと担当パートは以下の通り。

演奏:梶藤奨(26時数秒にも満たない)、僕
身体表現:炭酸(犬栓耳畜生)
ライトドロー:タキナオ

あと、録音の関係で金森君(白線の内側、MoNoSiRo)とかしやま君(白線の内側、あたらしいまち)に手伝って貰った。
こんな素敵なメンバーが集まった段階で正直、作品作りの半分はクリアしたと思ったのを憶えている。大袈裟じゃあないか、って?いや実際のところそれだけ明確なヴィジョンがあったしそれぞれ代わりがいない人達だったのである。
この才人3人を一つの作品で邂逅させたってだけで僕は褒められていいんじゃないか?と思い上がるくらい素晴らしい人達だった。個々がきっちりと個々の役割を認識してそれに真摯に向き合って下さって、『俺の温度、軸との距離』は良い意味で僕の手を離れたのであった。

サウナに対する思いやそこで得た多くの実感をテキストにしナレーションとして録音、スタートボタンを押せば終演までノンストップでサイズも進行もナレーションに任せてしまった上で我々は全員即興で表現に臨む。
テキストとテキストの間にたっぷりととった空白時間も即興で埋めたり、或いは空白を浮き彫りにしたり、その瞬間だけを考えて演奏出来たのは素晴らしい経験だった。
同時に僕はただの演奏者ではなく、その場で成っている、鳴っているものをどのように着地させるのかを考えつつも演奏していた。やっぱりそこはホラ、作り手だもんだから考えたくもなるってものである。考えては弾き、弾いては考えて、とても有意義で素敵な時間を過ごしたのであった。

今回構築したシステム、ディレイとリバーブによって一音弾いたら反射しながら1分間は音が伸びて広がっていく。
面白いもので弾いて音が広がって重なっていくのを感じると気持ち的には「じゃあ次は何を?」となるのだが、その頃には先程自分が弾いた音の事をもうすっかり、他人が弾いた音と同列に捉えているのであった。この実感って割と演奏する人間として根幹的な部分で有意義な経験というか、数秒前だろうが一瞬前だろうが、時間の進行とともに我々の演奏はどんどんと最新の演奏に更新されているのであって、やっぱり演奏は常に生産的な行為である、あるべきなのだと再認識。
数秒前の演奏なんてもう過去のものなんだし演奏は再現とは本質的に違うのだ、という事。
まあ、御託は置いておくとしてもドローンでありアンビエントなベースギター演奏はサウンドメイクも演奏自体も非常に面白い題材だった。これはちょっと今後も追及していきたいテーマである。音のレイヤーの奥に何か見出せる気がする、だなんて酷く陳腐でそれでいてロマンチックな言い草だけれども、今の自分はそういう心境だ。

2018_01_25_001
タキナオさんのライトドローはサウナという空間と時間を舞台上に立ち上げる上で、抽象的でありながらも具体的であったと思うし炭酸さんの身体表現は作品にポピュラリティを持たせる上で必要不可欠だった。梶藤君はサウナ友達として誘わないわけにはいかなかったし、今回の作品を作る上で彼が何をやろうが演奏で絶対参加して貰わなければならなかった。
結果的に三人が三人ともこちらの想定を軽く上回る表現をして下さり、作品は奥行と深みが増した。物作りをする上で最も嬉しい裏切りの一つがこれだ。他人が表現に介在する事で作品が自分の手を離れ自由に膨らみ、伸縮し、飛び回る瞬間。
これはもう、4人の作品である。
そして同時に、僕名義の現時点での紛れもない最高傑作だなと思った。
スポンサーサイト

2018年演奏始めはMoNoSiRoで。

この三連休、三日間で5本ライブをするというちょっと数がおかしい三日間だった。

人から「よくそれだけライブがやれますね」と言葉を額面通り受け取ってポィティヴな驚きを込めて言われると(これが呆れ、でない事を願うばかりだが)「時間の使い方が下手なんですよ」と返すのが常であるのだが、いや、実際そうだと思うしそんな状況を許してくれる各バンドメンバーにも感謝しかないのだけれども、兎に角、そう口で言いながらも心の奥底にある感情はその一方で「これでまた強くなれる」という口にした言葉とは相反した上昇志向気味なものである。
これは実感として言うのだけれども、バンドマンは場数を踏めば踏む程強くなる側面がある。これは演奏技術、所謂場慣れ、自分の感情的成長あらゆる観点から見てそうであると断言出来る。それがその人にとって良い事かどうかは別としても人前で演奏を続ける人間が人前で演奏をする事を重ねる事は悪い事であるとは思えない。
そしてその演奏の間隔が狭ければ狭い程、受け取る情報の密度は高くなる。
引き換えに体はバキバキになり(例え棒立ちでも人前での演奏というのはどうやら無意識に体に力が入るようなのだ。これはどうにかしたい。課題の一つ)、演奏翌日を体のリカバリーに充てる必要は出てくるのだけれども。でもまあサイヤ人みてえなもんだ。死にかければ死にかける程、回復すると強くなる。
兎も角、この三連休はそんな有難い「強くなる」機会だった。

三連休初日、2018年のライブ始めはMoNoSiRo@吹上鑪ら場だった。

最近はどんどんアンビエントな方向に演奏が向かっているMoNoSiRo、これはバンドが変化したというか金森君のやりたかった事にようやくサポートメンバーである我々が到達出来たという事なのだろう。「ロックバンド」然としたアティチュードから主体を捨て去る事でバンドは、演奏はより自由になったように感じている。

2018_01_09_001
演奏時間の約半分が即興演奏になった結果、僕の足元もここ最近では一番物量が多くなってしまった。
使い勝手が良いからその価値はあるけれども。
個人的にはこの日の演奏はまだ吹上鑪ら場という空間を把握しきれていなかった、というかこのバンド、この演奏でどのように場に向き合うかというのが不明瞭なまま臨んでしまったのではないか、と振り返って思うのである。
もっと自分の音量、音色、ニュアンス、そして内容と諸々がもう少しだけ合致すればアンサンブル中で効果的に作用出来たのではないかと思っている。

年齢を重ねるのは面白いもので心境の変化というのが無理なくシームレスに訪れたりする。
以前は「どんな場所でも同じ音で同じ印象を受け手に与えていたい」と思っていたのだが最近では「その場その場の環境を活かして自分達の演奏をわかりやすくアウトプットしたい」と思うようになった。
だってその方が面白いじゃん。

そういえば少し前のMoNoSiRoの演奏動画がアップロードされたのでそのうちの一つを貼り付けておきますね。

2017年名古屋での演奏納め。

新年明けましておめでとうございます。

普段からこのブログを読んで下さっている方、こんな自分自身のためにしか書いてないような日記を普段からチェックして下さって有難う。僕の人生にお付き合い下さいね。たまたまこの日記を読んでいる貴方も有難う。すれ違ってこれっきりかもしれないけれども、まあいずれまたお会いしましょう。

というわけで2018年1月1日、正午頃、レッドブルをグラスに注いで氷で冷やしたものを飲みつつこれを書いている。お正月特番は15分くらい観てよく知りもしない芸人の漫才できっちり笑ってしまったのでもう満足。この後は初売りを冷やかしに行こうと思っているのだけれども(僕が狙っているのは、そう、エフェクターだ)、それまで少し時間が空いたのでこうしてブログを書いている。2017年の事でどうしても書き記しておきたい事が2つあるので、それをこの正月休みの間にバババッと記録しておこうという魂胆だ。

2018_01_01_001
2017年名古屋での演奏納めは鈴木実貴子ズのサポートで鶴舞K.Dハポンにて。12月29日(金)の事だ。

この日は仕事をきっちり納めてから機材を積み込んだ車でそのままハポンに向かい、心配して(させて)損させたレベルで開場前に無事到着。
この日はハポンのモモジさんプレゼンツのプルタタと実貴子ズのツーマン。お恥ずかしながらプルタタは初見だったのだけれども、この日はダンサーに人形操演に演奏に、とまさにお祭り、祝祭ムードで空間に飲み込まれるよう。何だか心が綺麗になるようで(高橋君も言っていたけれども禊のようであった)様々な要素がその時間と空間に集まっているのに観ているこちらはどんどんとプリミティヴな方向に向かっていくのが大変面白い実感であった。
共演でなければ、と久しぶりに思う。特にこんなバタバタ移動して駈けつけてきた日にゃあ演奏前から準備とか色々立て込んでいてゆっくり観る事もままならない。

名古屋での演奏納め、かつ去年一年通じても鈴木実貴子ズのサポート活動は印象深い活動だったので気合いは十分。
練習の成果と練りあがったバンドアンサンブルを顕在化しつつも実貴子さんの歌を邪魔しないように、願わくば押し出せるように、と注力して演奏する。このバンドでの演奏はシンプル極まりないけれども、その分曲の筋肉というか抑揚、呼吸、そういったものにダイレクトに影響を与えるようで非常に弾き甲斐がある。一音強く弾き過ぎるだけでもその後の演奏の意味合いが変わるような、勝手にそれくらいの気概を持って演奏している。ほら、面白そうだろ。いいだろ、弾いてて楽しいんだぜ。
この日は演奏しながら多くの感情が行っては来てして、ああなんて心が豊かになる演奏なんだ、色々なものが引きずり出されるなあと感じた。実貴子さんは途中のMCで「私は多くの死骸の上に立っていて」と話し始めて大変興味深く思った。同じ実感が僕にもあるからだ。「そんな自分を大変申し訳なく思います」。ああ、この人はなんて謙虚で美しいんだ。死体の山の上で死体を更に踏みつけるようにして踏ん反り返っている僕に対してこの人の在り方はかくも美しい。心の綺麗な人は人の心を打ちにいく事が出来る。僕のような人間は辻斬りの如くやたらめったらやる他あるまいよ。

演奏終盤、紙吹雪が降って来た。
上の写真でもお分かり頂けると思う。心優しい子ども達がプルタタの演奏で降らせたものを転換中から拾い集めて用意してくれていたのだ。おいおい、美し過ぎるだろ。目の前が紙吹雪に包まれてその向こうに見える客席の景色が全く別のものに見えた。ハッとしながらも演奏を続けた。汗をかいた首筋に紙吹雪が引っ付いてくる。二重の意味でくすぐったかった。まさかこんな思いが出来るとは。


2017年、名古屋での演奏納めは非常に印象深いものになった。有難う。

『名前が悪い』レコ発企画『まわりも悪い』に参加した話。

2017_12_23_001
12月23日(土)、四日市ドレミファといろはにて鈴木実貴子ズズズ(鈴木実貴子ズのバンド編成は本人達にこう呼称されているようだ。余談だが最近連載されているズこと高橋メンバーのブログが滅法面白い)で演奏。お昼過ぎに集合したものの、結果的に車二台で四日市入り。
幾分か曲にも慣れてきた鈴木実貴子ズ、そろそろ頭からっぽの状態で演奏が出来る=動物的な感覚というかシンプルにフィジカルで演奏が出来る、状態になってきたかと思いきや演奏する曲目も少しずつ増えてきているのでまだまだ気楽に、モチベーションだけで臨むというわけにもいかなさそうだ。冷静と情熱の間、少し先の事を視野の先の先の彼方に見据えて今現在を一生懸命鳴らす、そんな演奏を心掛けている。

ドレミファといろはは大好きな場所だけれども、同時に音作りの際にちょっと苦心するライブハウスでもある。
店長ゴウさんはそんな僕とのやりとりにも慣れたもので「もうちょっとローが」とか「上の方切った方が」とか、割と突っ込んだ話までリハの時にパパパッとして下さる。実際その場所での音の鳴り方、快適な広がり方というのはその場所を知っている音楽家が一番ご存知のはずで、となると僕は割とゴウさんの言う通りに音を作って毎回良い手応えを感じている。
けれどもこの日は割とゴウさんもオラオラ感というか、ちょっといつもより攻めた感じのバランスが気持ち良かったようでそれは意外だったなぁ。
ほぼほぼファズとリバーブだけで彩りを添えて、あとはドスンとした演奏を心掛ける。勿論歌心を携えたダイナミクスも忘れずに。
4人編成のバンドとしてのダイナミクスというか、熱量のたたえ方がまとまってきたような感じがあって最近僕は本当に楽に、けれどもストイックな心持で楽しく演奏させて貰っている。歌を支える、という役割は勿論あるのだけれども、それ以上に僕は僕の気概だったりそういう部分を買って貰っているように感じているからちゃんと『自分である』事も楽しみつつ演奏した。

この日は一緒にズズズとして活動している各務鉄平君の所属バンド『紙コップス』も一緒だった。久しぶりに紙コップスを観たけれども元から素晴らしいバンドだったけれども更に滅茶苦茶格好良くなってて驚いた。各務君がエレキギターを使う曲は世界観を更に押し広げているようで良かった。好みも勿論あるのだろうけれども、紙コップスでああいうノイジーなギターサウンドが合うとは思わなかった。流石!

MoNoSiRo演奏納め。

MoNoSiRo×frenzy cabbageの共同企画『ABSTFLUX vol.3』@新栄DAYTRIVEにて演奏した。

この日に向けた練習、確かあれは最後の練習だったのだが金森君に許可を貰った上で座って演奏する事を決めたのだった。
というのもMoNoSiRoでの演奏はどうにも肉体が邪魔というか、肉体から音が鳴らされるという事実は実感としては良いのだけれども、どうにも演奏に伴うフィジカル面というか、人間の筋肉であるとか内臓であるとかそういったものが音を打ち鳴らしているという事実が視覚的に伝わる事に抵抗を感じるようになってしまって。
立って演奏するとどうしたって身じろぎしてしまうしならばいっそ座って演奏すれば少しはそういう感覚から遠ざかれるのではないか、と思われたのだった。立って演奏する方が諸々、楽ではあるのだけれど。

なんにしても快諾を貰って、なんなら各々座って演奏する事が良いと考えていたようで全員座奏で臨む事となった。
結果的にこれはタキナオさんのライトドローイングにも良い効果を出していたようであった。なんでもやってみるものだ。

そしてこの日の演奏は演奏時間の半分が即興、その場その場で構築しては霧散していくような、MoNoSiRoにあった演奏が出来たと思う。2017年の演奏納めとなるこの日、こういう演奏が出来た事が好ましく思われた。
金森君が近々、動画をアップロードするそうなのでここでも共有するようにします。

自己紹介

舟橋孝裕

Author:舟橋孝裕
愛知県在住、ベースギター奏者です。
・JONNY
・パイプカツトマミヰズ
・犬栓耳畜生
・白線の内側
 やサポートでベースを弾きます。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム