fc2ブログ

久しぶりにクアトロに出た。

2021年初回のライブは名古屋CLUB QUATTROであった。
記憶が確かであれば前回名古屋CLUB QUATTROで演奏したのは大石理乃御大のサポートで演奏に参加したこの日で、実に3年半ぶりの出演となった。
ああいう大きなステージでの演奏、毎回終える度に「もっとこうすれば良かったああすれば良かった」みたいな気付きがあるのだが、いかんせん広いステージでの演奏となると間隔が空きがちでその間にすっかりその気付きも薄れ、悪くするとすっかり頭からすっぽ抜けてしまいリセットされているという始末。かくして今回も「ああこうすれば良かったなあ」みたいなテクニカル的な部分での反省はあれども終わった時にはすっかり後の祭、その日の帰りのタクシーの中で反芻して思い返したくらいであったのだから僕の学習能力も程度が知れている。
ただやはりこういう広い舞台、というか普段演奏する環境とは若干違う環境で演奏するという事は良いきっかけにはなっており、この日あたりから漠然とまた音作りを見直すようになったのであった。

さて最近は専らこのバンドでしか活動出来ていない、というかこのバンドしか動けていない状態である(畜生めが、コロナという思いもある)鈴木実貴子ズであるが、当初こそはバンド編成は特別版みたいな思いが演奏している僕自身にもあったけれど、近頃ではすっかりともう一つのバンドとして捉えている。
筋肉みたいな部分、もやはり鈴木実貴子さんに依っているのが本当に楽しい。歌がその瞬間にない時こそは好き放題とまではいかずとも自分の欲求に従ったりはすれど、歌が歌われている瞬間はその欲求が歌に向かっている実感があり、今自分は人生で一番歌に意識を向けて演奏しているかもしれんなぁとさえ思う。勿論演奏する時は何かに気を配ったりアンサンブルの中での役割とかそういうのは意識するけれど、かくも歌というものにフォーカスする事があまりなかったので今のこの状態は痛快だ。

この日の名古屋CLUB QUATTROは竹原ピストルさんとのツーマン。
竹原さん、共演バンドやかつてのレーベルメイトから良い人らしいとは聞いていたけれどもいやはや、本当に鑑のような方だ。挨拶して十数秒で「あ、凄く良い人だ」と肌で感じちゃうような。
こういう方は音楽も強い。しかし、想像しているよりも強かった。アコースティックギターを使っての弾き語りってこれはもう完全に個人の嗜好なんだけど飽きずにライブを楽しめる事の方が少なくて(ごめんなさい)、これは僕の集中力のなさとかそういうのも関係あるのだろうけれども、竹原ピストルさんにはすっかり射抜かれてしまったもんなあ。ギターの音の雄弁さ、その人がそのまま飛んでくるような歌。
やっぱりライブって素晴らしいなと改めて思った次第である。そんな当たり前の事を再度認識してしまうくらいには間隔が空いていたという事もあったのだろうけれども、この日の竹原ピストルさんのライブは感じ入ってしまった。
けれども後攻は自分達、感動して「良い一日だったナァ」では終われない。
気張って演奏せねばならぬ。

空間の広さに、意識が散ったか。それとも単純に肝の座り方が未熟なのか。いずれにしても「まだまだやれる」的な演奏をしてしまい若干落ち込む。ライブというのは毎回演奏をする度に「ああ、難しいなぁ」と思うけれども、この階段の今の段で足踏みはいつまでするのだろうか。そろそろ次の段に登らないといけませんよ。

2021_03_16_001
スポンサーサイト



PEDALmeeting再び。

2021_01_30_001
この日は2度目となるPEDALmeeting(前回の日記はこちら)のお手伝いで清水stiffslackへ。

今回のテーマは「半人半獣のアレ」である。
本番当日より数日前に、打ち合わせと下準備を兼ねて講師の小池さん(ELECTROGRAVE)の工房(現在絶賛改装中である)に集まった際に実機と今回製作のペダルをブラインドチェックで比較したのだが、いやはやこれがまあ見事に違いがわからない。
ちなみにこの時「2つのペダルを弾き比べする時は明確な基準を持って音量を同一に揃えるべし。低域が同じ音量という条件下でどうなのか、高域で音量を揃えた時はどうなのか、それぞれを比べて判断するべし」という話になって大変勉強になった。弾き比べとか、今まで漫然としてきたものな。

僕のようなエレクリックベースギター奏者よりかはギターリストの方が馴染みがあるペダルであろうけれども(尤も近頃はBass ◯oulfoodなんてのも出ているので、意識している人は意識しているのだろう。調べてみるとベーシストでもこれを使う人はいるようだし)、内部の電気信号の流れ方の話等は大変勉強になった。低域はそのまま通す回路になっているのね...。

手伝いも2回目となると社会よりかは気持ちにも余裕が出来た。
今後も続く(であろう)このシリーズ、テーマによっちゃ参加したいものだなあ。

1月10日の日記。

朝起きると、妻も娘もまだ寝ているので一人起きだして今月末に控えている資格試験の勉強をした。こう書くと勤勉なようだが前夜、気圧変動を原因とする頭痛故に早めに就寝したのでその分を取り戻さんと向き合った次第である。

妻も娘も起床、朝食をとった後は皆で鶴舞公園まで散歩に出掛ける。我が家は立地的に鶴舞公園まで大人の足で徒歩15分程。娘と一緒に向かえば行って遊んで帰ってくるだけで彼女にとっては立派な運動になるだろう。2歳の誕生日に買ったものの普段なかなか乗る機会のないアンパンマンの三輪車(手押しハンドル付)に乗って、妻と僕で交互に手押しハンドルを持って歩く。途中で薬局に寄ってストックが減ってきたマスクと常備薬としている風邪薬を買う。

道理で朝から滅法寒かったわけだ、鶴舞公園に着くと池の水が凍っている。凍った水面には既に朝から遊びに来ている家族連れによって粉砕された氷の破片が沢山飛び散っている。反対側のほとりでは実際に目の前で氷の破片を凍った水面に投げつけて、破片が滑っていく様を楽しんでいる家族連れが何組か見受けられた。

2021_01_11_001
池の水面が凍るのなんて久しぶりに見た気がする。そもそもこういう自然現象に目をやる事自体が普段はなかなか、ない。凍った水面がとても好ましく思えた。娘からすれば凍った水面に浮かんでいる大きな氷の板は初めて見る代物だろう。娘にはどんどん未知の知覚を与えたいので、池に落ちないように気をつけながら身を乗り出して氷の破片を拾い上げる。手にしてみると氷の厚みは1センチ足らずではあるが、いやそれでもかなりの厚みに感じる。娘も楽しそうに触り、投げたら落としたりしていた。
公園の中を少しぶらついて、帰宅。

公園と自宅の間には持ち帰り専門のお好み焼き屋がある。休日は朝食をつい食べ過ぎるので昼は軽めに、となる事が多いのだがソースの匂いは想起するだけで腹を減らしてくれる。通りがけに注文をし、一度帰宅した後、出来上がった頃合いで注文の品を受け取りに行った。
焼きそば大盛り、お好み焼き1枚、今川焼き1つ、みたらし団子2本。焼きそばは珍しい平打ち麺で食べ応えがあって美味い。麺類を好む娘を喜んで食べた。

娘が昼寝の間、妻から赦しを得て自転車で一人出掛ける。行きつけの中古エフェクター専門店へ新年の挨拶へ。
ここ最近は自分の出音に満足しているのだが、周期的にやってくる「歪みを見直したい時期」の只中である。どうか、どうか「『良い感じの歪み』に出会いませんように」というのは妻の願いであろう。
妻にとっては幸いな事に、訪れた専門店では「これだ」という歪みには出会わず、その代わり小型の18Vアダプターを購入した。昨年末に購入、大いに気に入っているEarthQuakerDevices Tone Jobは9~18V駆動が可能で購入してからずっと9Vで使っていたのだが、18V駆動も試してみたかったので具合の良いアダプターを探していたのだった。9Vを昇圧する変換器やパワーサプライの導入も検討していたのだが、そもそも18V供給のアダプターがあれば話は簡単で良い。

ここで素直に帰宅していれば良かったものの、店員さん達と話し込んでつい楽しくなってしまったのかもう一店、楽器屋を覗く事にした。こちらはたまにしか覗かないので「まあ店頭在庫をチェックしておくか」くらいの気持ちだったのだがここのエフェクター陳列棚で僕は思わず「うおっ!」と声を上げる事になる。

2021_01_11_002
愛好家たるもの常に『ご縁があったら買いたいエフェクターリスト』なるものに常時幾つかペダルの名前が書き連ねてあるだろうが、僕は偶然訪れた楽器店の棚にまさしくそのリストに名前が記してあるGuyatone BB-1を見つけたのであった。しかも値段が手頃どころか、かなり安めの設定である。試奏してみて、購入決定。税込で4200円也。この価格なら妻も許してくれるだろうという助平心もあった。

帰宅後、夕食。
妻も娘も、そして僕も大して腹が空いていなかったので(休日は食事の時間が平日と比べて乱れがち。起床時間が遅くなるとそのまま全てずれ込んでしまう)軽食を拵えた。

2021_01_11_003
拵えるというと大層な料理をしたように感じられるかもしれないがなんて事はない、玉子サンドイッチ(薄焼き玉子を厚めに焼いたものをサンドしたのと、ゆで卵をマヨネーズで和えたものをトーストに塗ったもの)と焼きおにぎり(の失敗したもの)を作った程度だ。簡単だが娘の口にはあったようで沢山食べてくれた。

娘の寝かしつけ後、資格勉強の復習。
その後、深夜のレコーディングへ近所の某所へ。この日は2曲、ベース録音。コンプレッサーを通した信号をプリアンプに入力、更にそれをアンプシミュレーターに通してライン録音したものとコンプレッサーを通したものをプリアンプのパラレルアウトから出力した素の音っぽいライン録音の2系統、同時録音。

2021_01_11_004
今回はそれに加えてコンプレッサーとプリアンプの前にTone Jobを繋ぐ。弾きながらミドルを調節してアタックと音の前後感を調節する。これまでも毎回「今回が一番良い録り音だ」と思ってはいたけれど今回のそれは「単体で聴くと本当にこれでいいのか、というくらい歪んでいるし乱暴な音だがアンサンブルに入ると腰の据わった、ドスの効いた音」という一番好みのもの。エレキギターがわりかし歪んでいるアンサンブルの中では多少なりともベースもドライブしていた方がおさまりが良い。音作りも含めて大体4時間程。濃密なレコーディングセッションだった。楽しかったけど難しかったなぁ。
帰宅すると、偶然にも妻が起きていた。あまりにも腹が減ったので夜中の3時にも関わらずカップラーメンを分け合って食べた。

鈴木実貴子ズ ワンマンで演奏納。

2020年の演奏納は12月27日、吹上 鑪ら場にて。
今年は本当にお世話になった鈴木実貴子ズのワンマン公演にて、であった。
2020年が始まった当初はまさかこんな事になろうとは微塵も想像もしなかったけれど、それまで当たり前のように繰り返してきた演奏活動が「当たり前のように」は続ける事が出来なくなったのであった。
これはもうひとえに新型コロナウイルスの感染拡大に依るものなのだけれども、そんな中でも常に状況を見定め、判断をし続けてきた鈴木実貴子ズにサポートで声をかけて貰えているからこそ2020年も僕は演奏を続ける事が出来たのであった。これは単純に人前で演奏をした、とそれだけではない。練習に関してもスタジオでさえ行く事が難しいシチュエーションがあったけれどもバンド練習は鑪ら場があったからこそ重ねる事が出来たし、録音作業PV撮影等、本当な様々な経験をこれまでと変わらずさせて頂いた。他のバンドでの活動が一斉にストップしてしまった中、鈴木実貴子ズのサポート活動が僕にどれだけ研鑽の機会を与えてくれたかは計り知れない。

そんな一年の総仕上げ、ではないけれどもワンマン公演はやはり気合が入る。
毎回演奏は気持ちが入るけれども(特に今年は演奏が当たり前の事ではなかったが故に殊更、そうであった)こういう機会は尚更にそうなる。コロナ以前でもそうであったので所謂withコロナ、コロナ禍を経ての今ではより一層入るものが多い。
演奏家は日々、生きて考える事が演奏に反映されるだろう。それが明瞭であるかそうでないかは別としても。いや、明瞭でありたいものだなあ。まあ、それはそれとして。

この日はEarthQuakerDevices Tone Job初導入。後日記録映像等で確認するとどうもピックアタックを強調し過ぎたかな、と思わないでもないけれども、音が以前よりも前に来ており、かつアコギも歌も邪魔していない。うん、狙い通りだ。
この日は妻も駆けつけてくれた。
「あの曲は演奏の粗、あ、ベースのね、粗が目立ったけど、良いワンマン公演だったね」
妻は相変わらず優しいけれど、言う事は言うのであった。
2021年はもっと練習しよう、と心に誓い2020年の演奏納とした。

2020_12_27_001
記録映像から珍しいアングルでの写真を。画質は申し訳ない感じだが。

鈴木実貴子ズ@奈良NEVER LAND

鈴木実貴子ズで奈良NEVER LANDへ。

この日は大変お久しぶりの再会となるモーモールルギャバンの矢島さんのソロ ヤジマXと共演。
矢島さんお会いするのどれだけぶりだろ、滅茶苦茶ご無沙汰だし忘れられてもしょうがない...と声をかけると「おおお舟橋君!」。
良かった憶えて貰えてた!「その昔酔っ払って電話越しに絡んでごめんね」と謝罪されたけれどもいやはや、記憶にございませんので大丈夫です。多分小心者だから先輩と電話するだけでビビって内容に頭が回ってなかったんだと思います。
バンド活動を長い事やっているとこうして以前ご一緒した方と再会する事があってそれがまた楽しい。出会いもあるがそれ以上に別れもあるのがバンド活動であるからして。

この日の演奏は少し前の練習より挑戦していたプリアンプの設定を少しトレブリーにする、という方向性が良い具合にハマり好みの出音かつアンサンブルが破綻しないような、そんな音作りが出来たと思う。NEVER LANDは以前ローが回るような音作りをしてしまった事があったので今回はタイト目に。反省を繰り返してこれからを構築していく。

リハーサル後、少し歩くと銭湯がある事がわかったので向かう事に。地図アプリによるとその距離2キロ。「2キロくらいなら余裕で歩けるだろ」と向かうもこれが結構遠い。あれ絶対2キロじゃなかったな。
ようやく到達したスーパー銭湯は大きなお釜の中で水蒸気が充満しているスペースがあり、そこが大変新鮮で楽しかった。
また来よう、といそいそ服を着ていると更衣室に張り紙が。「1月で閉店します」。
今日、ちょっと無理してでも来て正解だったのだ。
諸行は無常なり。

自己紹介

フナハシタカヒロ

Author:フナハシタカヒロ
愛知県在住、ベースギター奏者です。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム