FC2ブログ

夏期休暇の思い出その2

24日は鈴木実貴子ズのサポートで今池HUCK FINNに出演。

4BROTHERSの企画で共演は4BROTHERS、スーベニアDOIMOI
DOIMOI先輩は滅茶苦茶久しぶりの共演だ。ドラムの礼一先輩と「最近どう?まだ演ってる?」「演ってますよー」と挨拶。
辞めていく人間の方が多分だけど、多い。続ける事自体が美徳であるとは思わないけれども少なくとも僕自身の人生の喜びにはなっているな、と思う。もう楽しくてたまらないんだ、演奏は。
DOIMOI先輩も活動を継続されているバンドの一つ。鈴木実貴子ズの次にDOIMOIがリハーサルだったのだけど、いやはやリハがこの順番で良かったとつくづく思う。物凄い音量、圧力。
僕ってのは阿呆だから順番が逆だったらきっと影響を受けたに違いないのだ。

音量が大きければ大きい方が良い、と断言こそはしないけれどもきっと僕が演奏している時ステージ上のベースアンプは結構な音量を発しており、僕はそれを大きいと思わない類の演奏者だと思う。音量は単純に=音量ではない。音質にも関わるしベースアンプの場合低音の量感に直結してくる。また、スピーカーによってはなかなか音量を出さないと音が飛んでこないようなものもあるので、演奏しやすい音質を実現しようとすると音量が結構出てしまう時もある。それなりにくどくどと書いたが、単純に大音量で鳴るアンプは好きだ大好きだ。
だから一緒に演奏する人に「下げてくれ」と頼まれた時はそういう嗜好の人間として快く下げるようにしている。特に歌う人間からするとそれなりの距離から低音が飽和状態で迫ってくるのは結構な恐怖だと思うからだ。
鈴木さんは率直に言ってくれるので大変やりやすい。この日も鈴木さんのリクエストに応えながら音量を探った結果、当初よりやりやすくなった。本番はもう少し出ていた気もするけれど。

この日でここ最近演奏が続いてきた鈴木実貴子ズのサポートも一区切り。
少しだけ間が空くけれど、多分ほぼほぼ通年雇用なのですぐに演奏する機会はあるだろうと楽しみにしている。

2018_08_28_001
写真はDOIMOI先輩。
スポンサーサイト



ライジングサンは中止になったものの、最高の経験をした話。

2019_08_23_001
8月15日、台風10号がいよいよ接近しようかという頃合、僕はもう気が気でなかった。
翌朝7時45分、中部国際空港発の飛行機で北海道へ飛ぶ予定である。人生初の北海道での演奏、しかも夏フェスへの出演が目前で飛行機が飛ぶかどうかの瀬戸際であった。

目出度くもオーディションの結果、鈴木実貴子ズはRISING SUN ROCK FESTIVAL2019に出演する事となった。凄いな、夏フェス出演!!
知らせを聞いたのは7月の初旬頃だっただろうか、仕事を終え高橋君から連絡を貰い、妻に相談し職場の上司に相談をし慌てて妻と娘と3人分の航空券を予約したのだった。お盆シーズンという事もあって航空券は割高である。LCC、格安航空券でも3万近くした。だが背に腹は変えられない。「夏フェスに行く時は出演者として演奏しに行く時だ」と口にしてはいたが果たして本当に自分が夏フェスに出る事になろうとは思っていたか定かではないが、人の手伝いとはいえ巡ってきた絶好の機会、折角だから楽しみ切りたい。
幸い職場のボスは大変理解がある方で「そんな機会ないだろうから行ってきなさい」と快く有給申請を通して下さった。
今回のRISING SUN、話題になるのは再結成したNUMBER GIRLの出演である。まさかのナンバーガールとのある意味対バン、これは凄い事になったぞと心踊ったものの、その日が近付くにつれ、娘を連れて夜の9時過ぎに北海道っていうのは負担が大き過ぎる、というか現実的ではないなという思いが強くなった。家族に預ける、という選択肢も浮かんだがそれも実現出来そうもなかったので、結局ナンバーガールのライブを観る事は諦める事にした。
高橋君から「いいんですか本当に!」と尋ねられたがしょうがあるまい、家族を伴ってのバンド活動にはある種の線引きが必要だと思っていてる。けじめといってもいいかもしれない。僕の場合はそれは「演奏行動以外には自分の欲を通さない事」だ。30分のライブで演奏する為にはそれ以外の時間は可能な限り家族に配慮する。30分を演奏に集中する為には必要な事である。ナンバーガールはまた観る機会もあろう。
腹は括った。

さて、あとは飛行機が飛ぶだけだ、というタイミングであれは15日の20時頃だっただろうか。
SNSのタイムラインが怪しく騒ぎ始めたが遂にオフィシャルな告知がされてしまった。
「RISING SUN ROCK FESTIVAL2019、初日16日は開催中止」
台風10号がこのままだと直撃するのだ、運営サイドのこの決断は正しい。史上初の中止の決断は苦渋の思いだっただろう。
唖然としながら飛行機の欠航で動けなくなるリスクを避ける為に予定より早く北海道入りしていた高橋君に連絡を取る。
リアクションは早かった。既に現地入りしていた鈴木さん、高橋君、各務君の3人はこのままでは終われないだろうなと思っていたが、やはりこのまま落胆して終わる人ではなかった。
翌日、昼にワンマン、夜にツーマンが決まったのである。なんて迅速、そしてフレキシブル、そしてドラマチックなのか。
ライジングサンはなくなった、だが飛行機よ、飛べ。そこに演奏の場があるのであれば俺もそこにいなければならない。

翌朝、早起きして空模様を見ると風が強いし雨も降っている。どうかな、と思ったが同じ便で北海道に向かう友人が空港に既に到着しており、どうやら問題なく飛行機が飛ぶようだと教えてくれた。慌てて荷物を持って3人で空港へ向かう。金山駅まで実家の両親が送ってくれた。お土産に札幌ラーメンを約束した。
飛行機は、飛んだ。定刻通り、予定通りに飛んだ。娘は飛行機の中でも落ち着いていた。隣の席の外国人の乗客とコミュニケーションをとっていた。初の国際交流だ。
着陸の際に気流の関係か揺れて、胃袋がひっくり返りそうになった、が無事に到着。レンタカーで札幌へ。

30~50人しか入らない会場に100人近くの人が詰めかけたり、酸素が薄くなって体調を悪くする人が出てしまうくらい人が入ったり、兎に角鈴木実貴子ズの2人の情熱に応えるように北海道、そしてそこに集まった人達は熱かった。僕も胸が熱くなって実力以上の演奏が出来たと思う。

カメラマンのアヅマさんが一日密着して撮影、編集した動画がアップロードされている。僕もチラホラ映っている。


二度のライブを終え、皆と別れて家族と予約していたホテルに到着した頃にはクタクタになっていた。
だがこんなに充実した疲れもそうそうなかったと思う。
全てが奇跡のような一日であった。

暑い夏がやってきた。

気付いたらなんとなく夏だった。

とか言ってる場合じゃないくらい、というかなんとなくってレベルではないくらいに夏らしい夏が物凄い暑さを伴ってやって来た。夏は暑く冬は寒いと定評がある名古屋だが、ああ、そうなんだよ、本当に夏は暑いんだ。クールビズとは言っても肌着にシャツを着て地下鉄とバスを乗り継いで出勤するだけで汗だくになる。休憩室でクーラーの風速を全開にし、冷風が直接体に当たるように風向を調節して一息つくのが毎日のように続いている。大体、季節の変わり目は温度の変化に体がついていかず(というか室温の調節が極端にしがちなので)風邪を引くのだがそういえば今年の夏はまだ風邪を引いていない。

8月4日は最近では久しぶりではなかろうか、一日の間に二つの現場でライブをした。
定期的に声をかけてくれるので最早通年で手伝わせて貰っている状態(ここを読んで下さっている方の中には頷いて貰えるであろう方もいるかと思うけれど、格好良い音楽の手伝いは最高の贅沢の一つである)の鈴木実貴子ズ鈴木実貴子ズ鈴木実貴子ズだが、この日は可児市文化創造センターにて開催されるROCK FILL JAM2019と、新栄CLUB ROCK'N'ROLLにてTHE ZUTAZUTAZTHE ZUTAZUTAZTHE ZUTAZUTAZの企画に出演。鈴木実貴子ズと一緒に名古屋→可児→名古屋と移動しつつ演奏を行った。
ROCK FILL JAM2019、去年の2018もスタッフの皆さんの情熱が結実したステージでその行き届いた心配りに出演者の一人として大変感動したものだが、今年鈴木実貴子ズが演奏したMATSURIステージ、ちょっと、いや相当に凄かった。
ステージの上にやぐらが組んであろうとは誰が思うだろうか。前日にSNSでステージの様子が流れてきた時は思わず目を疑ったもの。

2019_08_07_001
こういうステージでの演奏は大半楽しいものだ。音の良し悪しとは別次元で、ワクワクするしきっとそういうのは演奏にも精度と集中力とクリエイティビティとして反映されるはずだ。
この日の演奏はここ最近では一番モチベーションと演奏する肉体が結びついた感じがあって弾きながらその自分が自分としてちゃんと機能している感じに思わずニタニタと笑みが浮かぶのを隠す事が出来なかった。ピッキングは自分の感情と直結し、当然出音も納得のいくものでリズムと自分の関わりが明瞭に感じられる。ピッキングダイナミクスを通じて世界を眺めるのは大いに楽しい事だ。
楽器の位置をかつての高さに戻したのは関係なくはないだろう。自分の体と楽器が離れすぎていてもいけないし、近過ぎてもいけない。最高の距離感で楽器と関われる距離感を取り戻した実感がある。
鈴木実貴子ズのサポートでの演奏は、相応の数を踏まえているはずだが実はただの一度も演奏中にメンバーと目があった事はない。視線のやり取りはそこにはない。意識が向く事さえあるかどうかは怪しい。各々が各々で曲に向き合う事で一つの事を成している感覚がある。鈴木さんも周りを意識していないそうなので、そうだな、僕が少しだけ周りを意識する、くらいのが丁度良いのだろうなと思いつつその意識もいらないんじゃかいか、とか最近は考えている。どんどんと曲に曲だけに向き合っていけば良い。
さりとて、一曲目の最中にひと目線を上げて沢山の、演奏前の転換中に目にしたより遥かに多くのお客さんの顔が見えた時には感動したけれど。

2019_08_07_002
名古屋を代表するエフェクトビルダー 小池さん主宰のelectrograveelectrograveelectrograveの作品が展示されていたので演奏後に妻と娘と愉しむ。オシレーターがファズに繋げられており、それが規則的/不規則に出力先が変化する幾つかのスピーカーに分岐され、更にスピーカーからパイプを通じて音が流れてき、演奏者を取り囲むように音が鳴るという作品。これ、体感する音楽で滅茶苦茶面白かった。この作品、自宅に欲しい。マッタリ聴きながら楽しみたい。
妻もノイズマシンを楽しそうに触っていた。これを機会にハマってくれないか、と期待している。きっと、そんな日は来ないだろうけれど。

ジャンクフードを齧りつつ車で移動。
新栄CLUB ROCK'N'ROLLでの演奏は久しぶりだ。バタバタと会場入りし、楽屋に機材を突っ込んで実家へ。両親に孫娘の世話を頼むと再び会場へ戻る。程無くして演奏時間である。
音出し込みで転換時間には余裕があったようだけれども割とテキパキと転換をし、演奏をする。結果的には10分程まいていたらしい。体感上も演奏時間はあっという間に過ぎてしまった。演奏前、実家に娘を預けに行って一息ついた際には疲労困憊している事を強烈に自覚してしまって「大丈夫かこれ」とさえ思ったけど、やっぱりこういう時の演奏っていうのが一番自分のすっぴんが出るはずでどうなるか、と楽しみではあった。
冷静と情熱の間、というか半歩くらい冷静寄り。リズムセクションの一端を担う立場としては丁度良いあんばいじゃあないかなと思う。
ただ、控え目に作ってしまったアンプからの出音の音量の微調整は結局本番中に結了したのだった。外音は流石敏腕井藤さん(PA)、バッチリだったらしいのだがやはりステージの中でなっている音は演奏に精神衛星上、滅茶苦茶関与してくるから僕は侮れないなと思っている。音量含めて出音だもんな、失敗ではなかったけれども微調整に苦心した。格闘しながらライブを推し進めていく実感はとても楽しいのだが。

連戦は肉体に負担もかかるけれど、その分経験値も多いイメージ。
こういう日は本当に楽しい。有難い経験をした。

VS盟友の巻。

17日は鈴木実貴子ズのサポートで今池HUCK FINNに出演。

会社員だもんだから平日のライブは仕事後に駆けつけてリハ無しで演奏するか、タイミングが合えば有給休暇を取得して体を空けて臨む事になる。今回の場合は後者だった。上司に頼んでまで休みを取得したのは東京の盟友のバンドと久しぶりの共演の機会を得たから。
鈴木実貴子ズの2人から「この日出演出来ますか?」と打診を頂いた時は思わず声が出たもの、ハルラモネルと鈴木実貴子ズと太平洋不知火楽団のスリーマン。
太平洋不知火楽団が再生していた事は知っていたし、実際京都のサーキットフェスで鉢合わせたりしていたのだけど共演の機会こそなく、演奏を観たいなという気持ちと折角お互いバンドマンなんだから一緒にやれたら良いのになという感情を持ち合わせている時にこういう話が来たもんだから、まず何よりサポートに声をかけてくれた鈴木実貴子ズの2人に感謝。最近つくづく、2人のお陰で面白い経験が沢山出来ているなあと感じる。

当日、1時間のスタジオ練習を終え今池HUCK FINNへ行くと丁度太平洋不知火楽団のリハーサルが始まったところだった。うん、滅茶苦茶に音がでかい。何がでかいって全パートでかい。
笹口君、JC-120をあんな音量で鳴らす人久しぶりに見た気がする。再生に際して導入された大内君のモズライトベース、バコンバコン鳴って良い音だった。爆音の竿モノ2つに負けじと打ち鳴らされる津金さんのドラムも最高だ。
そんなリハーサルを観たもんだから影響されて爆音にならないようにするのが必死だった。美しいリハーサルを観た後だと爆音こそが正義で真実は大音量の中からこそ生まれる、と錯覚しそうになるのであった。

2019_07_20_001
公演終了後、ステージ脇の楽屋を覗くとモズライトベースが。一体全体どこで切ったのか、大内君の手から流れた血がピッグガードを汚していた。楽器はこうして育っていく。
太平洋不知火楽団と一緒にやっていたあの頃を思い出した。形は違えど、再戦出来て良かった。
演奏にも意識せずとも力が入っていたようで終わった後お客さんに「炸裂してましたね」と言われた。

安心して愛せる場所を作る

訃報が飛び込んできたのは4月もそろそろ終わりを迎えようかという時分であった。

何の気なしに眺めていたSNSで自縛ポエトリーういちゃんの訃報を目にした。
鈴木陽一レモンさん(コトナ)が丁寧に丁寧に、恐らくは意を決してであろう、投稿されたそのツイートで僕はういちゃんが少し前に亡くなった事を知ったのであった。
おいおいまじかよ、と思った。思ったものの現実味がない。友人知人の死はいつだってそうだ。僕のような若輩でも年齢をそれなりに重ねていると家族親戚以外の近しい人間の死に直面する事はない話ではないだろう。だけれどもういちゃんよ、あまりに早過ぎやしないかい。
原因はわからないし知らないし知る気もないけれども、あまりにも突然のお別れに僕は実感がないまま、レモンさんにSNSでダイレクトメッセージを送っていた。簡素な驚いています、続報をお待ちしていますというなんであれば送る必要さえないような、そんなメッセージだったがレモンさんは丁寧な返信を下さった。個別に知らせる事が出来ずに申し訳ない、という挨拶から始まるその返信で7月6日に鑪ら場でお別れ会が企画されている事、そこでかつてういちゃんと結成してレコーディングをしたバンドOIAUENで演奏をして欲しい旨、伝えて頂いた。実際OIAUENについてはレコーディング以来動いておらず、何かする気配さえなかったのだがまさかの再集結がこんな形で動き始めようとは想像だにしなかった。

メンバーに連絡を取ってみると既に演奏活動を終了しているメンバーもおり、完全に同じ形で演奏とはういちゃんの不在という大きな点を除いてもならなかった。レコーディングエンジニアとして関わってくれた金森君に声をかけると参加を快諾してくれた。演奏内容は打ち合わせらしい打ち合わせをするまでもなく決まった。ういちゃんの音声データ(金森君が保存していてくれた。これがなければ今回の演奏もままかからなかったであらうからして、金森君のそういう几帳面な所に最大級の謝意を示したい)にあわせての演奏。一発録りのものなので他のアンプ類から出力された音も声に混ざり込んでいるけれども、ういちゃんの声として十分過ぎるものであった。それぞれが何をするか検討して、お別れ会当日スタジオに入り数回演奏をあわせてみて、いざ本番に臨んだ。練習しながら、なんとなくレコーディング当日の瞬間瞬間が思い起こされた。

本番、演奏するまで変に気が立ってしまって緊張とも違うその感じに会場に顔見知りの方も何人かお顔が見えたけれども声をかける事さえもせず、ただただ他の方のパフォーマンスを観たり聴いたり食事をしたり飲み物を飲んだりしながら、そんなささくれだった自分の気持ちに若干の戸惑いを感じた。
正直なところ、演奏が始まる直前、それこそ数秒前までピリピリしたままで音を出しながらは無心になれたものの、レモンさんによる僕達の紹介もバンドメンバーである少年(しょーや)君による挨拶も上の空というかストンと自分の中で着地する事もなく、ただただ演奏が始まるのを待っている状態であった。
これはもう、俺の問題だ。演奏する事で誰かに何かを伝えたいとかういちゃんが遺したこの音源、バンドという形態を人に伝えたい云々、そういう感情は一切なく、ただただ俺は俺のためだけに演奏していた。これで一区切り、だ。

演奏後、この日最後の演目としてういちゃんのパフォーマンスの映像が流された。嗚呼、俺はこの人の音楽や演劇や色々な活動は観ていたけれども詩人としての活動を観るのはこれが初めてかもしれないな、と気付いた。
今まで観てきた彼女の表現の中で恐らくは最も彼女の核心に近いであろうそれを観、この時多分僕はういちゃんの死をようやく現実味を伴って感じる事が出来たんじゃないかとそう思っている。

最初に会った時は孤独部のワークショップの時だったと記憶している。皆の前で公園でセミを食べた話をして、樫山君がその場の戸惑いをどうしたもんかと困っており、僕は手を叩いて喜んだのだった。
僕の作品にも出て貰った。他の参加者と話をしていると視界の隅に指を伸ばして接近してくるういちゃんが映っており、指が僕の顔に触れようとするその瞬間に振り払ったのであった。口の端に触りたくなって、と不思議な事を言っていた。
あまり直接褒めてくれるタイプではなかった。僕が演奏に参加するライブを観た後でも表情を変えずに話しているので僕も気にはしていなかったのだけど人伝えに演奏を気に入って褒めてくれていた事を知ったり、した。

とても頭の回転の早い、面白い人だ。
一緒に物作りが出来て光栄だった。
あばよ、またね。

2019_07_07_001

自己紹介

舟橋孝裕

Author:舟橋孝裕
愛知県在住、ベースギター奏者です。
・JONNY
・パイプカツトマミヰズ
・犬栓耳畜生
・白線の内側
 やサポートでベースを弾きます。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム