FC2ブログ

鈴木実貴子ズ『現実みてうたえよばか』ベース録音の思い出。

2019_03_26_001
3月20日、鈴木実貴子ズのアルバム『現実みてうたえよばか』が発売となった。
有難い事に今作も関わる事が出来た、というか全曲ベースギターで参加している。当たり前かのように声をかけて貰ったもんだからさも当たり前のような顔して弾いたけれども、嬉しくて嬉しくて。
全国発売しているCDに自分の音が入っているっていう事ではなくて(そういう、いわば初期衝動的な喜びは勿論ゼロではない。これは例え何度経験したって嬉しいだろう)、自分の演奏を自分の音を信頼してそれを自分達の作品に介在させる事を潔しとする人がいるという事が、だ。
さてここについてあまり長々と書くとこの日記の湿度感が途端に上がってしまう。なのでその辺の心情的な部分は次の一言に集約しようと思う。
素晴らしい作品に参加する事が出来て、光栄だ。

さて、折角なのでまだ記憶があるうちに今回の収録曲についてベースギターを演奏した立場から備忘録を書こうと思う。
評価反省というのは向上し続ける上で必須の行為だと思うけれども、いつの日かこれを読み返しながらCDを聴く時のために出来るだけ細かく書こうと思う。
録音は2パターン、録音時期によって「四日市ドレミファといろはでのアンプ録り+素のライン録りをミックスしたもの」と「オーディオインターフェース経由、プラグインで音作りしたものをライン録り」に分けられる。使用楽器は全曲メインのYAMAHA SBV550改、あとは極々一部でBOSSのリバーブやファズを使用した。サンズアンプやエフェクターは今回ほぼほぼ使用せず、兎に角良い意味で素材の提供という立場で演奏をした。如何様にも調節出来るように最良の録音データを渡す事に注力した結果である。あ、でもPCでライン録りしたものについては録音を担当して貰った各務君と「やっぱりアンプっぽい方がグッとくるよね」だなんて言いながら結構ブリブリバキバキの音にした。アタックは出ている分には削る事は出来るので問題ないが、出ていないものを出す事は不自然極まりないのでこれについては結構迷わずに音作りした。
僕はピック弾きの方が指弾きより圧倒的に演奏力があるのでほぼほぼピック弾きで、暖かい音を出したい際は「指弾きの音が出ますよ」と謳われているピックを使った。これ、面白いんだよね。普通のピックがゴムっぽい素材で挟まれてるの。確かに、それっぽい音が出る。
こうして振り返っても割とシンプルな環境でレコーディングしたな、と思う。ミックスに関してはもう完全にお任せした結果、曲毎に最適な風合いに落ち着けて頂いたと思っている。特に注文つけたりとか、そういうのはおこがましくてしていない。


1.『音楽やめたい』
いきなり申し訳ないのだがこの曲、ドレミファといろはでマイク+ラインで録音したのかライン録音オンリーだったのかいまいち記憶があやふやである。
ベースラインについてはこれはもう全曲ほぼほぼそうなんだけれども鈴木実貴子ズのお二人と相談しながら作った。一度目のサビ直後のハイポジションでのベースラインは元ベーシストの高橋君が口で歌ったベースラインをコピーした。
人様の提案は積極的に聞くようにしている。それが採用されて、録音やライブで何度も弾き込んでいるうちに自分のものになるからだ。

2.『アホはくりかえす』
これは多分、ライン録りのみだったはず。
前半はほぼほぼベースは白玉で、この一音に託して伸ばす感じは鈴木実貴子ズのお二人とディスカッションして完成した記憶がある。最初に曲を聴いた時は何とはなしに「全編勢いを出す感じでダダダダッと弾こうかな」と思った記憶があるのでこの一音に委ねるスタイルは新鮮だった。結果的に曲の緩急に貢献出来て素晴らしいベースラインだと思う。

3.『あきらめていこうぜ』
ライン録り。
最初はもうちょっと色々やろうと思ったのだけれども最終的には最もシンプルな方向にまとまった。
ちなみに曲のバンドアレンジは練習スタジオで皆であーでもないこーでもない、とやる場合と曲(この場合の曲というのは実貴子さんと高橋君の二人が演奏しているもの)をインターネットを使って共有して、各務君と僕がそれに自分達の演奏を重ねて再びデータ送信し、それを元に皆で練る場合と二種類ある。後者の場合、各務君がリードギターを重ねてきてから、つまりベースのパート以外が全部出来上がった後に後出しじゃんけん的にベースラインを考える事も少なくない。「ここはギターが細かく刻んでるからベースは敢えて大きく」とかそういう贅沢な考え方が出来るようになった。ビートルズでポール・マッカートニーがそうやってベースラインつけたりしていたそうですね、あんな風には弾けないけれど。

4.『見たことない花』
ライン録り。
これは二人の録音データが送られてきたのでそこにベースを重ねて送り返して、を経て完成したアレンジ。
途中でコード弾きをしているところがあって曲中でも「あ、和音弾いてる」って割とわかりやすんだけれど、ここ、ボリューム奏法にするか和音にするかでディスカッションになった事を憶えている。結果的に和音で大正解だと思う。

5.『アンダーグラウンドでまってる』
ライン録り。後半の盛り上がるところは歪ませた記憶がある。
これはライブで何度か演奏して自然と出来上がったアレンジだったのでもうそのまま、ライブを意識するとかそういうわけではなかったけれどもいつも通り弾いた。
振り返って聴くと曲の途中からベースが合流するイメージで演奏に加わっていっていて、この頃というのは二人の鈴木実貴子ズの曲にベースを「添える」みたいな気持ちが今よりあったんだなあと気付く。ここ最近はもうバンド編成で曲を構築する、みたいな気持ちがある。これはこれで良いな、と思った。自画自賛ですまんね。

6.『新宿駅』
ドレミファといろはでライン録りとマイク録り。
ベースラインを考える段階でザックリとしたギターアレンジがのった音源が手元にあり、それを聴きながらベースパートを考えたもんだからギターが細かく刻んでいるところは大きく捉える、みたいなそういう発想で演奏内容を考えていった記憶がある。
恥ずかしながら音楽理論はほぼほぼ知らないに等しいのだが、感性で作った割にはこの曲のベースは自分が考案した曲のものとは少し違った感じがあって、ライブでの演奏経験はまだないがいざするとなったらきっと耳コピして臨まなければならないだろう。
こういう経験も面白いものだよ。

7.『平成が終わる』
ライン録り。
この曲、難しいんだ。ライブで演奏する時も緊張感あるもの。難しい内容を弾いているとかそういうのではないが、雰囲気を出すのが難しいなって未だに思う。こういう曲は空ピッキングを入れてリズムを波で捉えて弾いた方が絶対的にリズムが安定するのは明らかなのだけれど、どうしても気持ち的に点で合わせにいってしまう。狙ったところで、ガッと弾く。
その方が凄味が出るんじゃないかという妄信に囚われて、はや何年になるだろう。演奏行動が自己表現であるならば、こういう妄想や執念は演奏に顕在化して然りなんじゃないのだろうか。

8.『ばいばい』
ドレミファといろはでのライン録りとマイク録り。
これもスタジオでせーのでアレンジをした記憶。あ、いや、違ったかな。何にしても演奏しながら自分の中のファッキン・オルタナティブなバンドからの影響を意識せざるを得ない。疾走感のあるルート弾きって本当に気持ち良くてエレクトリック・ベースギターという楽器で成せる演奏の一つの究極系だと思う。これくらいのテンポ感、こういう曲ならこうであって欲しい、みたいな演奏が出来た気がする。

こうして書いてみると、自分の演奏に如何に知性がないかわかる。あ、饒舌でないだけか。
スポンサーサイト

結婚記念日と京都遠征。

19日の事を書こう。
3月19日で結婚してまるっと2年が経った。結婚するまでは生活がどのように変化するのか想像もつかなかったけれども、実際この2年間は早くもなく遅くもなく、ちゃんと2年分の長さと密度で過ぎて行ったしそれに伴って自然と自分とそれをとりまく環境、自分の心持も変化していった。
妻よ、僕みたいな気難しいのと2年間も毎日コツコツと向き合ってくれて有難う。

さて、結婚記念日だったわけである。
去年は披露宴を行った料亭にて食事をしてきた去年は披露宴を行った料亭にて食事をしてきた去年は披露宴を行った料亭にて食事をしてきたわけなのだが、今年は同日に鈴木実貴子ズ鈴木実貴子ズ鈴木実貴子ズの遠征が京都にてある、という事で勿論妻に事前に相談をした上で京都場所での演奏に参加する事にし、それに伴って僕と妻と娘の3人で京都旅行を行う事にした。
「実際遠征があったから京都旅行もする気になった。こういうのなかったら行かないよね」と妻も言ってくれていたので結果的には良かったのだろう。そして僕の「あれもしたいこれもしたい」を叶えてくれた妻と、そんな妻を惹き付けてやまない鈴木実貴子ズの二人には感謝しかない。

というわけで19日の朝は早起きして準備して、車に楽器と旅行用の荷物(日帰り旅行だし荷物といってもしれている。専ら娘の荷物がほとんどだ。今回の旅のために導入した携帯用の哺乳瓶洗浄機と常温で真空パックされている液体ミルクは購入して本当に良かった。この2セットがあればコンビニなりで約4リットルの水を買えばいつでもどこでも哺乳瓶を洗浄出来るし、少しだけ車のエアコンで温めてあげれば液体ミルクは十分に娘の口にあうようだった)を積み込んでいざ京都へ。
今回の旅の目的はまず何よりも河合神社へお参りに行く事。ここは女性守護、美人の聖地と言われておりそんなパワースポット、娘のために行かないわけにはいかないだろう。

2019_03_24_001
ここで女の人の顔型の絵馬に化粧を施して奉納、お参りするのである。
下鴨神社の敷地内にあるのだが、多くの女性で賑わっていた。妻が綺麗に絵馬に化粧を施してくれた。僕も参加したい気持ちだけはあったので少しだけ眉毛に茶色を塗ったりして参加した気分を味わった。
僕自身はというとこういう場所やお参りという行為には興味がないわけではない(だって実際旅行で記憶に残るのってその土地ならではの場所だったりするでしょう、そういう記憶をどんどんと積み上げていく事って生きていく事の重要な部分を担っている気がするんだ)けれども、執着があるわけではないから妻が積極的にこういう場所を訪ねる人で良かったと思う。妻との旅行はだから、楽しい。

お参り後、駐車場にてミルクをあげ、今度は錦市場へ。
何を隠そう商店街や市場が好きだ。ショッピングモールが嫌いなわけではなくてむしろ好きだけれども、商店街や市場の方がその土地特有の何かがある気がして(そういえば先日行った岐阜の商店街先日行った岐阜の商店街先日行った岐阜の商店街も最高だった)ときめくのである。
車を停めようと錦市場の近くをうろうろしている最中に気が付いたのだが、多分以前一度、それと知らずに錦市場に訪れた事があった気がする、僕。あれは確か不完全密室殺人という昔やっていたバンドの京都遠征の際、車中泊だか漫画喫茶に泊まった後だかで一人抜け出して寝起きのボロボロの状態でフラフラ歩いていて行き着いたのだった。何の気なしに歩いたのだけれどもまさか妻と娘と来る事になろうとはね。まあ京都でも有名なスポットらしいし近くにライブハウスも幾つかあるようだから遅かれ早かれ、ではあっただろうし何なら今までもニアミスしていたようではあったのだけれど。
錦市場は観光客と思しき人達でごった返していた。それこそ全世界中から集まっているんじゃなかろうか、という人種の多様さ。こういうのが面白いねえ。市場の人達も慣れたもんで英語でやりとりしているのを耳にした。旨そうなものが幾つもあったけれども人の流れにのったままブラブラ歩いた。
ここで食べ歩きでも、という思惑は見事に外れ、結局ウェンディーズでハンバーガーを食べた。名古屋ではなかなかお目にかかれない店だし旨かったし何より座って落ち着いて食事出来たので言う事なしだった。
何だかんだ良い時間になったので二条へ向かう。そろそろリハーサルの入り時間である。

京都 nanoは物凄く久しぶりだ。いつぶりだろう、と調べてみたらおいおい、実に6年ぶりである。そんなに昔だったか。恥ずかしい話、店長のもぐらさんには絶対に忘れられているだろうなと思っていて(失礼!)、普通に挨拶したら「舟橋久しぶりだなあ」と言われて物凄く恥ずかしい思いをした。舐めていた、わけじゃないけれどもまさか憶えて貰えているとは。
リハの時に「舟橋もうちょっと全体的に下に移動してみ」とアドバイスを貰い、言われた通りアタックの位置を中心に全体的に周波数を下に動かすイメージで音を作ったら明らかに演奏しやすくなったしバンドとしてのバランスも良くなってびっくりした。「15年ここで音響やってるからな」ともぐらさんのどや顔、最高に格好良かった。やられた。
あ、遅くなりましたがnano、15周年おめでとうございます。

リハーサル後は実貴子ズの二人、サポートギタリストの各務君と妻と娘の6人で近場を散策。
二条城はもう入城時間が過ぎていたものの、近くのスーパーのベビールームで娘にミルクを飲ませたりオムツを替える事が出来たので良かった。妻が昨年末に亡くなったおばあちゃんのために感じの良い線香を探していたのだが皆もそれに付き合ってくれたり、本当に優しい人達だと思った。自分があそこまで人に優しく出来ているか自信がなくなるな...。

この日の演奏は気合十分、だったけれども個人の演奏の部分では気合に頼った演奏をしてしまった感。
もう少しこう、構築的というかただ弾く、ではなく築き上げるような演奏をしたいと思っている。「次こそは」とか「もっとこうしたい」と思える演奏が出来たという事自体は価値のある事だけれども。欲求というものにはきりがない。
演奏後、一足先に失礼して家族3人でゆっくりゆっくり帰ってきた。

こうして振り返ると京都旅行というには割とそちらに比重を置く事が出来ずに妻と娘には申し訳ない事をしてしまったように思う。
家族旅行は、また改めて。

レコーディングと発熱と。

12月15日(土)
夜、某宅にてベースパートのレコーディング。
今までも何度か参加させて頂いたレコーディングセッションであり、かつベースパートについても結構ガッツリと打ち合わせ済みであったのでリラックスムードで参加。成り行き上、家族を伴っての参加となったけれども家族ぐるみの付き合いであったので何だか年末感のあるというか和やかな雰囲気になったようで良かった。
過去作品はミックスを担当するエンジニア氏のところまで赴いての作業であったけれども今回は諸々の関係で同じく録音に参加するギターリスト氏の助力を以ってして、彼のオーディオインターフェースを経由してのライン録音である。ライン録音とはいっても素のラインシグナルに加えてプリアンプやアンプシミュレーター(好都合な事にギャリエンクルーガーの800RBをシュミレートしたものがあった、ギャリエンクルーガーはアンプの中でも滅法好きな部類だ。イコライザーを触ってみた感じ、割と雰囲気は似ているように感じた)を通した信号の二系統同時録音と贅沢な環境での録音であった。作業して貰ったギターリスト氏とプレイバックを聴きながら「ああ...やっぱりアンプだわ...」と感嘆の声が出る程、そりゃあ素のラインシグナルと諸々通った音は違う。好みも勿論そうなのだが、如何に普段アンサンブルの中でそういう音を指標に演奏しているか再認識。
僕が演奏する際にはノークリック、されどもきっちりリズムが生み出されたトラックであったので苦労した、という感慨はない。それよりも瑞々しいトラックに参加出来た喜びの方が強い。
恐らくは年内最後の録音参加となるだろう、演奏納めはもう少し先だ。

12月16日(日)
朝起きると、異常に体が重い。
前夜のレコーディングの際、鼻水が止まらず辟易したのだがてっきり猫アレルギーだと思っていたあの症状、さては風邪だったのかしらんと体温を測る。36度8分しかない。ほぼほぼ平熱である。しかしこの重さは...倦怠感は...と気がかりになったので妻に声をかけて休日診療所へと向かう。
ハンドルを握る体が重い。精神的にも随分と後ろ向きに、ナーバスになっているのがわかる。この感覚、インフルエンザなのではないかと気がかりである。その旨を伝えると担当医より「インフルエンザの検査をしましょう」と伝えられる。鼻の奥に綿棒を突っ込んでグリグリ掻き回して細胞をとる奴だ。これ痛いんだよなあと思って身構えると、いざ掻き回されてもそうでもなかった。
結果、陰性。そうか、疲れていたのかなと帰宅して眠る。数時間後起床すると体が熱っぽい。体温計によると38度3分。その数字を伝えると妻の顔色が変わる。そりゃあそうだ、免疫力の低い乳児が拙宅にはいるのである。
妻と娘には妻の実家に帰って貰う事になった。
僕は妻の献身に本当に感謝したい。妻は機転を利かせ拙宅より程近い僕の実家へと娘を預け、そのまま拙宅へ引き返し僕を休日診療所へと再度送り届け、僕を拙宅へ送り返しスーパーへと向かい、僕の療養に必要な食料品を買い集め僕へとそれを届け、僕の実家へと娘を迎えに行き自らの実家へと娘と共に帰ったのである。
これらの行為を淀みなく行った妻は機転が効くし家族に対して献身的である。僕と娘は妻の庇護下にあるのだ、と感じた。勿論、妻と娘も僕の庇護下にある。だがそれがまだ顕在化した事はない。その時が来たら今回の妻のように迅速かつ的確に行動しようと決意した。
さて、再度の休日診療所だが電話で事情を伝えるとやはり懸念されるのはインフルエンザだが、発熱直後だと正確な検査の結果が出ないそうだ。ひとまず今夜は解熱剤で様子を見よう、との事。
この日はお粥やリンゴを食べて解熱剤を飲み、兎に角眠った。

12月17日(月)
起床。仕事は急遽お休みを頂いた。このクソ忙しい時期に申し訳ない。
かかりつけの病院での検査の結果、陰性。一体何が原因の高熱だったのか。ちなみにかかりつけ医の検査は綿棒の先に血が付く程強烈なグリグリだった。この検査で陰性なのであれば間違いないであろう、と涙まじりに実感出来る程であった。
解熱剤が効いたのか体温も平熱に戻った。寝過ぎで背中がバキバキなのとフラフラするのが億劫なくらいだ。
念のため、妻と娘はまだ実家にいて貰う事になった。兎に角、寝たり体をほぐしたりして過ごす。病み上がりだから体力をつけないと、と言い訳をして兎に角よく食べた。

お宮参りと久しぶりの演奏。

2218_11_05_001
11月4日、早起きして伊奴(いぬ)神社へお宮参りに。安産祈願の際はお世話になったので感謝の気持ちを込めてお参りする。僕の父と母も来ており嬉しそうにしていた。家族というのは不思議なものだ、とつくづく思う。他人だった男女が夫婦になり、それぞれの家族が家族になるのだから。
娘が健やかに育つようお参りをして、帰宅。帰りがけにイオンに寄る。こうして新生児が家族にいる状況になってみるとイオンが如何にそういう世帯に対して配慮しているかがわかる。授乳室は広いしお湯も使えるしゴミ箱もきっちりあるしアルコールナプキンも設置されている。フードコートのファミリースペースで食事をとる。思えば初めての3人での外食だった。

帰宅後、新栄はVioへ。
この日は砂場主催のサーキットイベント『世界の砂場から』に鈴木実貴子ズがバンド編成で出演という事でベースギターを担いで参加してきた。会場入りしてすぐにエフェクターや電源こそ持ってきたもののパッチケーブルを一式忘れてきた事に気付く。この日はエフェクター少な目で、とそれでも厳選したペダルを2、3持ち込んでいたのだけれどもそれさえもそのままじゃあ使えない。共演者に借りようにも共演者に友人知人がいるかどうか、と楽屋に入るや否やすぐさまゼローネの青木君に会う。
渡りに船とはこの事だ、とパッチケーブルを借りられないか尋ねるも青木君はゼローネでの演奏が終わり次第すぐに別現場に行かねばならぬという。残念ながらどうしようもない。

こういう時こそ演奏家は知恵を絞るべきだ。諦めるのではない、与えられた状況の中でどのようにベストを尽くすか思考を反転させれば良いのだ。そうすれば逆境を楽しめるようになる。
この日足元に設置しようと思っていたのはチューナー、ボリュームダウナー(僕のベースは出力が大きいのでファズに突っ込む前にレベルを半分くらいに下げておく必要がある)、ファズ、そしてサンズアンプだ。
チューナーは、一瞬迷ったけれども外す事にした。なければないで思い切りチューニングが狂うような演奏をするでもない。何ならいつも安心するために足元にペダルチューナーを置いている程度の事なのだ。外せる。
次にボリュームダウナー。これは思い切ってベースギター本体でボリュームを絞る事にした。電気信号的には問題ないはずだ。
ファズとサンズアンプは同じくサポートメンバーの各務君から短めのシールドケーブルを一本借りる事が出来たのでそれを用いて接続。かくして、どうにか最低限の足元は実現出来たのだった。
どうにかなる、と楽観的に構える事は「どうにかしよう」という心持さえあれば実際のところどうにかなってしまうのだ、という経験則に裏打ちされた自信のなせる業なのかもしれない、結局のところ。たかだかパッチケーブルだけでここまで話を大きく出来るのも楽しいものだ。


演奏しながら時折はフロアを見るように心掛けている。演奏に集中して楽しむのは勿論だけれども、その「時折」で目に入る光景が一生忘れられない光景になり得る事もある。
この日、フロアを見る度に人が増えていっているように感じた。それこそ転換中はまばらで、数えられる程度しかいなかったというのに。如何に二人が力強い活動を続けてきたのか痛感すると同時に、じゃあ尚更この瞬間を鋭いものにせん、と気張った。
5曲の演奏はあっという間に終わった。

演奏を終えて外に出ると外気が体に心地良かった。湿気や気圧に不快感を感じる日ではあったけれども、それでも演奏後はどんな外気でも気持ちが良い。
やはり、演奏は楽しい。続けていこうと思った。

『あめつち』終演しました。

昨夜は千種 喫茶モノコトにて『あめつち』という公演に参加した。総合的な一つの作品を画家タキナオさんの招集の下に集まった絵画、音楽、造形に携わる7人のクリエイターによって作り上げて上演したわけなんだけれども、これが滅法面白かった。
途中休憩を挟んで前半後半、幾つかのシークエンスに分かれておりそれらがゆったりと移ろうように変化して進行していくのだが、僕は梶藤君と主に即興パートを担当させて貰って、梶藤君とタキナオさんと即興でライトドローと演奏で空間を立ち上げん、と挑んだ次第。
あ、この際だから参加アーティストをご紹介。

天野入華/美術作家
梶藤奨/パーカッション・シンセサイザー・マニピュレーション
Kazuyuki Ito/ギタリスト
せをはやみ/サウンドアーティスト・ミュージシャン
タキナオ/画家・ライトドロー(即興映像)
舟橋孝裕/ベーシスト・エフェクター演奏家
Yakko/ドラマー

いずれの方もしっかりとご自身の表現を持っておられて活動を重ねておられる方々ばかりで。有難い事に梶藤君とタキナオさん以外ほぼほぼはじめましての方々ばかりの中、大変新鮮な気持ちで音を出し続ける事が出来た。
僕と梶藤君、前半の海をテーマとした即興シークエンスではタキナオさんのライトドローに添えるように音を出すつもりだったんだけれどもついつい楽しくなっちゃって随分と深くて壮大な海のイメージに引っ張ってしまい。こりゃあどうなるかとちょっと気がかりだったんだけれどもせおはやみさんとYakkoさん、Kazuyuki Itoさんのお三方が綺麗に色を上塗りして下さって。
この前半があったので後半の即興シークエンスはタキナオさんのライトドローを煽るようにノイズや重低音まみれの即興演奏となった。タキナオさんのライトドローって僕みたいなのからすると門外漢なんだけれどもそんな僕でもわかるくらいキッチリと即興演奏に応えて下さっていて。タキナオさんは今まで何度かご一緒した事があってその都度思ってきたんだけれども他者と一緒にやる意味というかその場その瞬間をとても大切にされていて、そこに反応して表現をして下さるので一緒にやっていてとても楽しい。
楽し過ぎて僕も梶藤君もついついドロドロしたものを顕在化させてしまった。
のだがここでも前述のお三方、綺麗な世界観に引き戻して下さってもうこのコントラストって逆に良かったんじゃないか、と自分の出番が終わった後は放心状態で目の前のクリエイションを堪能していたのであった。
天野さんの造形が全体のイメージをかたどって、いやはや、ライトドローに造形に音楽に、とガッツリ組み合ってあめつちを作り上げていたなあと振り返る。

2018_09_03_001
終演後に集合写真。
またこの7人で何かやれたら素敵だろうなあ。

自己紹介

舟橋孝裕

Author:舟橋孝裕
愛知県在住、ベースギター奏者です。
・JONNY
・パイプカツトマミヰズ
・犬栓耳畜生
・白線の内側
 やサポートでベースを弾きます。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム