『俺の温度、軸との距離」を四日市で再演。

年齢を重ねたらきっと悔しい思いなんてする事は減るんだろうなと、そんな甘い幻想を抱いていた。
雑誌やテレビやwebインタビューで見たあの人やあの人やあの人のように、一つの事をやり続けてきた人間だからこその苦悩こそはあれども根本的に自分の作品に対する葛藤や「完全に作ってあげられなくてごめんよ」みたいな思いを抱く事なんてなくなるんだと、そう思っていた。
勘違いだった。
幾つになったって、作った物に対してふと冷静になって「これはこれで良いのだろうか」と思う事はある。何より心にグサグサッとくるのは曲だったり作品だったりは問題ないのに自分自身の在り方や向き合い方やその日のバイオリズムが悪くて真価を発揮出来ずその結果、絶好調であれば瑣末な問題でしかなかった作品のほんのちょっとした綻びが大きな大きな穴になって顕在化する事である。
数日もすれば清々しい思いと共に「あの苦渋は舐める必要があった!」と思えるものの(根っからのポジティヴであるからして)、その時その場所で「やっちまった...」となる時は決してそんな風には思えずただただ悔しい、強烈に悔しくてなんなら悲しいだけである。
嗚呼、一つの事だけやってきたらこうもならなかったのかもしれないけれど、僕はあれもこれも面白そうな事はやりたいし自分が自分であり続ける事だけを続けようと思ってしまっているからなぁ!

さて、話を戻すと最近いつそんな思いをしたかと言うとつい先日、4月28日の事である。
場所は四日市ドレミファといろは、どこからか僕がそんな作品を作ったと耳にしたゴウさん(ドレミファといろは店長)から「うちでもサウナやって!」と連絡を貰ってメンバーを再集結、たった一度の上演の思って臨んだあの日以来の『俺の温度、軸との距離』再演となった夜の事であった。

作品が進んでいくのに併せてパフォーマンス(僕の場合は演奏)しながらどこかで違和感というか「ああ、ここ、直したい!」と思いながら演奏していたのであった。
つまりは作品の粗が目立って感じたという事で、しかし現場ではどうにかするしかなくその時その時で最善とは何か、とアティチュードから探りながらの演奏となったのであるが、長期的なスパンで見ればこれは進化していて感じ方が変わったのだなあとも言えるけれど、いやいやでもそんな作品として受け取られてしまう作品に申し訳ない。その時最善を尽くしているとは言えどもこの作品の面白さを伝えられないであろう(120パーセント理解して欲しい、というのはエゴだろうか?)お客様にも申し訳ない。
それでも好評は好評で滅多に僕の事を褒めない同業者諸兄も「今回の良いね」と楽しんだ旨を伝えてくれたりはしたのだが、いやいや違うんだよ、もっと面白く出来るんだよだなんて言えるわけもなく。
尚更悔しい。こんな事をここに記録として残す事が美しくない事であるという自覚くらいはあるのだが、それでもやっぱり無駄にしないためにはやはり記録にしておく他、ないのだろう。


各々が課題を感じていた、とは終演後に判明したけれども、それでも共作者達は素晴らしいパフォーマンスを披露してくれたのであった。感謝感激。
スポンサーサイト

「劣化ウラン弾っていくらで買えますかァァァ?」

有難い事に会社勤めをしながらも平日も演奏活動を続けている。
先日、23日金曜の事だ。仕事を終え、上司を別れた後、僕は楽器を積み込んでおいた自家用車で岡崎へ向かった。
高速道路を使っても一時間と少しかかるようである。演奏開始時間が22時50分予定だったので下道でも時間的に余裕はありそうだけれども、土地勘のない場所へ向かうのにそんな事している場合じゃない、と思い直して高速道路を使ったルートをカーナビで選択した。

この日は岡崎にあるBAR煙-en-で開催されるイベント「パンチャスカンダ」に出演するコトナのアコースティック編成版=acotonaでベースギターを弾くのである。毎回思うけどこういう説明一文で言い切ろうとするからわかりづらいよね。
で、前回のacotonaと同じ編成かと思っていたらまさかの鍵盤のはるちゃんと僕とレモンさんの3人で。ギターと歌のヒデさんもいないの!って驚いたのだけれどもこれはきっと挑戦しろっていう流れなんだな、と楽しく演奏させて頂いた。
ドラム、或いはパーカッションがいない中での演奏って僕の記憶する限りあんまりなくて、いやそりゃあ劇伴の生演奏とかでそういうのはやった事があるけれども、元々はバンドセットでやっている曲をベースと鍵盤で演奏するっていうのは大変に有意義な挑戦だった。レモンさんにはしっかりと終着点が見えていたようで、そのアテンドで随分と方向性は定まったのであった。流石先輩。

さて、高速道路を使って岡崎へ到着。初めての場所なので少しだけ迷ったけれども、無事にBAR煙-en-に到着。
夜も結構遅い時間だっていうのに結構お客さんで賑わっていて、俺、人見知り発症。
全く陰気臭い奴だよな、と思いながらも場所の面白さに興奮する。静かに、一人で。
沢山のキャンドルライトで彩られたその場所はまるでゲームの世界の砦のようで、浮世離れした雰囲気さえ感じた。場所の印象が滅茶苦茶強いから滞在時間の割に(イベントが終わるのが深夜だったのでちょっと諸々サムシングで、お先に失礼させて頂いたのであった)ずっと忘れない事だろう。

演奏はレモンさんからお借りしたマーシャルのコンボアンプの上に腰かけて行った。
尻のすぐ下から音が出るっていうのも面白いもんだ。環境的に爆音で、というわけにもいかないだろうからちょっとした演出程度にディレイとリバーブとボリュームペダルだけ足元に置いて適時使用。夜の23時過ぎにアンビエントなベースギター演奏は弾きながら自分が夢の世界に誘われそうになった。
レモンさんは全く言葉の魔術師だと思う。ああいう人と一緒に演奏すると普段自分が何気なく行使している「言葉」を改めて再度見つめ直してしまうのだなあ。
またきっと、演奏する機会を頂けるのかなとも思うので楽しみにしていよう。

2018_03_25_002
演奏後に。
キャンドルライトとレモンさん。BAR煙-en-にて。

(まだ)秘密のレコーディングをしてきた。

2018_03_25_001
21日祝日は四日市ドレミファといろはにてレコーディング。
早めに到着するように調整して、昼食をいろはの裏にあるカリー河で食べた。使う素材にこだわった、とても美味いカレー。香辛料の影響か食べれば食べる程腹が減る、という新鮮な体験をした。大いに満足してレコーディングへ。
今回の録音はまだ秘密のお手伝いのレコーディングなのだが、ベースラインの構築や修正に関しても自宅にてフリーソフトとオーディオインターフェースを用いての録音を通じて行っており、何だか大変現代的だなあと思った。曲数は5曲と割と多かったのだけれどもベースラインに関しては提案した内容がすんなり採用して貰えたりで一安心。楽器抱えながらパソコンの前で「歌モノのベースラインとは...?歌を活かすベースとは...?サポートで僕が参加する意味とは...?」みたいにあらぬ方向に思索が飛び交い、それでも良い形にあらゆる点で帰着出来たので良かったのであろうと思う。弾いてる内容的には無自覚にそこに到達出来たとしても、考えた結果そこに至ったという時間は僕の財産である。有難い。

さて、録音前は素のライン信号とエフェクターやプリアンプを通したアンプの音を同時に録音してミックスしよう、といろはのゴウさんと話していたのだけれども試しに一曲録ったものを聴いてみて、何だかしっくりこなかったので急遽変更。
アンプに送る信号も素のまま送ってアンプ側でふくよかさと低音を足すようなイメージで音作りを進めた。結果的にこれが良かったのだと思う。というのもバキバキやゴリゴリしたアタックの部分は素の信号で十分確保されていたし、低域の質感やアンプっぽさというのは素の信号をいろは常設のHartkeのコンボアンプに通しただけでも十分に得られたからだ。エフェクト類を通さなかっただけ近道出来た感がある。サンズアンプの音はサンズっぽさは求めたものの、ver.2を導入してから「楽器そのものの音をアップグレードする」方向で音作りをしてきたせいかなくても違和感を感じなかった。いやそれでも大好きだから使う時は使うけれども。
ゴウさんもサンズアンプの低音の質感がミックスの際にちょっと苦手に感じる旨をおっしゃっておられたので(それでも「本当にええんか、使わんでええんか」と言って下さっていたけれども)これできっと作業もよりスムーズになるだろうと思われる。
アティチュード的にもいろはでゴウさんと録音するならこういう音で録りたい、という音で録音出来たので大変満足である。
あ、ピックもいつも使っているのではなく「指弾きの音になる」と謳われている特殊素材で両側が覆われているブ厚いピックを使った。アタックとふくよかさが得られて丁度良かった。
ゴウさんの演奏のジャッジは滅茶苦茶早くて何なら僕から「プレイバック聴かせて下さいよ!」とお願いしてニヤニヤしながらゴウさんが「ええよ」と返すような瞬間もあった。実際聴き返すと良い演奏だったのでこの人には敵わないなと再認識。

想像していたよりもスムーズに録音が終わって、呑みに行った。
夜の四日市を歩きながら「ここは良い店で、ライブも出来る」「ここも良い。ちなみにライブ出来る」というのを何度か聞いた。四日市はお酒と音楽が密接の結びついている!?

写真/ライトドローとの即興演奏。

先日作品作りで力を貸して貰った画家のタキナオさんから連絡があった。
タキナオさんと写真家の月永進さんによるユニット.ttの紹介動画を撮影するのだけれども、それに際して梶藤君(26時数秒にもみたない)とセッションしませんかというお誘いである。うっわ面白そう、と興味をそそられたらすぐに食いついちゃうのが僕である、楽器と沢山のエフェクターを用意して喜び勇んで出張ったというわけである。

月永さんとは初顔合わせだったのだけれど、お話させて頂いた感じであったりタキナオさんとのやりとりを見ていても良い人の様子であった。またゆっくりとお話させて頂きたい。月永さんはタキナオさんが写真が好きで声をかけた、との事だったけれども成程、月永さんの写真の上で繰り広げられるタキナオさんのライトドローは相性抜群であった。
セッションの一端を捉えた動画がアップロードされているので貼り付けておく。


リング・モジュレーターとコンプレッサー、ディレイとサブオクターヴを大いに活用して眼前の光景の風合いに近付こうと、或いは何かを加えようとする。そういう演奏をしたつもりだ。同時進行であったり並列であったり、近づいたり遠ざかったり、こういう演奏はメロディとリズムが表立つ音楽とはまた違った角度から脳内物質が分泌されるような興奮を感じる。静かな、それでいて明確にドパッと何かが出るような、そういう具合だ。


ちなみにタキナオさんのライトドローと三者でセッションしたものもある。
即興演奏は瞬間瞬間で作って重ねていく作曲行為だとも思うのだが、こういうのは後々振り返っても自分の演奏、演奏中の発想の根幹を見つめる際にもわかりやすいサンプル足り得る、と思う。

『俺の温度、軸との距離』

サウナに対する愛情を込めた作品『俺の温度、軸との距離』を新栄トワイライトで上演した。

最近は演劇であるとか一人芝居であるとかそういった「演奏以外の活動」とは、一時期に比べるとちょっと距離があるというか、正確に言えば距離をとっていたというか。
特に理由もなく、振り返ってみるとどんどんと演奏が楽しくなっていた時期だったのだと思うのだけれども、そんな中CLUB ROCK'N'ROLLの本多さんから「1月の公演は君達で何かやってよ」と今や若い人達に運営を任せてすっかり引退を決め込んでいた僕達に声がかかり、本多さんからのリクエストだったらやる他あんめぇという事で久しぶりに演劇作品を作る事になったのであった。

どうせやるなら好きな事をテーマにして思いっきりやってみよう、という考えがあった。
久しぶりの作品製作だから肩肘張ってやってもしょうがあるまい、という思いもあった。幾つか作品のアイディア自体はあったと記憶しているけれども、作品として発展性がありそうなものを具現化する事となった。
すなわち、サウナである。
抽象的だし、やり甲斐のあるテーマである。サウナというテーマでいこうと決めた瞬間に、何をどのように表現するか、何となくという言い方の3倍くらいは明確に、決まった。
今回の、というかいつもそうか、僕は人ありきで作品を作るのでまずは何よりメンバー集めが重要だった。
それぞれが忙しいと思われたけれども意外や意外、すんなりと集まったメンバーと担当パートは以下の通り。

演奏:梶藤奨(26時数秒にも満たない)、僕
身体表現:炭酸(犬栓耳畜生)
ライトドロー:タキナオ

あと、録音の関係で金森君(白線の内側、MoNoSiRo)とかしやま君(白線の内側、あたらしいまち)に手伝って貰った。
こんな素敵なメンバーが集まった段階で正直、作品作りの半分はクリアしたと思ったのを憶えている。大袈裟じゃあないか、って?いや実際のところそれだけ明確なヴィジョンがあったしそれぞれ代わりがいない人達だったのである。
この才人3人を一つの作品で邂逅させたってだけで僕は褒められていいんじゃないか?と思い上がるくらい素晴らしい人達だった。個々がきっちりと個々の役割を認識してそれに真摯に向き合って下さって、『俺の温度、軸との距離』は良い意味で僕の手を離れたのであった。

サウナに対する思いやそこで得た多くの実感をテキストにしナレーションとして録音、スタートボタンを押せば終演までノンストップでサイズも進行もナレーションに任せてしまった上で我々は全員即興で表現に臨む。
テキストとテキストの間にたっぷりととった空白時間も即興で埋めたり、或いは空白を浮き彫りにしたり、その瞬間だけを考えて演奏出来たのは素晴らしい経験だった。
同時に僕はただの演奏者ではなく、その場で成っている、鳴っているものをどのように着地させるのかを考えつつも演奏していた。やっぱりそこはホラ、作り手だもんだから考えたくもなるってものである。考えては弾き、弾いては考えて、とても有意義で素敵な時間を過ごしたのであった。

今回構築したシステム、ディレイとリバーブによって一音弾いたら反射しながら1分間は音が伸びて広がっていく。
面白いもので弾いて音が広がって重なっていくのを感じると気持ち的には「じゃあ次は何を?」となるのだが、その頃には先程自分が弾いた音の事をもうすっかり、他人が弾いた音と同列に捉えているのであった。この実感って割と演奏する人間として根幹的な部分で有意義な経験というか、数秒前だろうが一瞬前だろうが、時間の進行とともに我々の演奏はどんどんと最新の演奏に更新されているのであって、やっぱり演奏は常に生産的な行為である、あるべきなのだと再認識。
数秒前の演奏なんてもう過去のものなんだし演奏は再現とは本質的に違うのだ、という事。
まあ、御託は置いておくとしてもドローンでありアンビエントなベースギター演奏はサウンドメイクも演奏自体も非常に面白い題材だった。これはちょっと今後も追及していきたいテーマである。音のレイヤーの奥に何か見出せる気がする、だなんて酷く陳腐でそれでいてロマンチックな言い草だけれども、今の自分はそういう心境だ。

2018_01_25_001
タキナオさんのライトドローはサウナという空間と時間を舞台上に立ち上げる上で、抽象的でありながらも具体的であったと思うし炭酸さんの身体表現は作品にポピュラリティを持たせる上で必要不可欠だった。梶藤君はサウナ友達として誘わないわけにはいかなかったし、今回の作品を作る上で彼が何をやろうが演奏で絶対参加して貰わなければならなかった。
結果的に三人が三人ともこちらの想定を軽く上回る表現をして下さり、作品は奥行と深みが増した。物作りをする上で最も嬉しい裏切りの一つがこれだ。他人が表現に介在する事で作品が自分の手を離れ自由に膨らみ、伸縮し、飛び回る瞬間。
これはもう、4人の作品である。
そして同時に、僕名義の現時点での紛れもない最高傑作だなと思った。

自己紹介

舟橋孝裕

Author:舟橋孝裕
愛知県在住、ベースギター奏者です。
・JONNY
・パイプカツトマミヰズ
・犬栓耳畜生
・白線の内側
 やサポートでベースを弾きます。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム