バンドメンバーの結婚式に参加して演奏までしてきた話。

すっかり更新の間隔が空いてしまった。
のんべんだらりと毎日を過ごしていたわけではなく、仕事以外の時間は控えていた資格試験の試験勉強に充てていたのである。真面目!いや、でもたまの試験なのだからそんな時くらい真面目しないとな、という気持ちがあった。

さて何だかんだもう一週間以上前の事になるけれども、パイプカツトマミヰズのドラマー駒田君が結婚、披露宴を挙げた。お相手は僕も相応の年月交流を持った中村さんという事で有難くも妻と一緒に披露宴にご招待頂いたのでお祝いに行ってきた。
で、式の1.5ヶ月程前だっただろうか、駒田君から「実はうちの両親が式で演奏して欲しいと言っている」と言われ最初は「何を演奏するの?ビートルズとか、ウェディングソング?まさか安室奈美恵とかじゃないよね笑」だなんて笑っていたのだけれども話を聞くと何とパイプカツトマミヰズで演奏して欲しいとの事。式の参加メンバーには勿論駒田君の無二の友人吉田君もいるし過去にボランティアメンバーとして一緒に演奏していた各務君も夫婦で出席するとの話だったので無理な話でも勿論ないのだろうけれども、それでも披露宴で演奏するには強烈に相応しくないバンドな気がしていて僕は戸惑った。
でもまあ、両家も楽しみにしているらしいと聞いて腹を括り、当日少し早めに会場入りした。

もうね、完全に披露宴会場なの、名古屋駅から程近いそのレストラン。ビルの7階が披露宴会場になっていて8階がチャペルになっていて結婚式を挙げてそのまま披露宴が出来るようになっていた。初めて行った場所だけれども良い場所だったなあ。料理も美味しかった。
チャペルウェディングは自分達が神社での挙式だったのも含め、物心ついてからあまり参加体験はなく今回が二度目。前回もバンドメンバーの結婚式だったな。両家親族、そしてテーブルでいえば二テーブルという厳選された友人枠だったのだけれども、駒田君中村さん両家のご両親が気さくで声も結構かけてくれて大変リラックスして過ごす事が出来た。駒田君のご両親は以前駒田君が出勤中に失神して一日行方をくらませた事件の時もやりとりをしたのでその時の話なんかもした。笑い話になって良かったなあ駒田君!

2017_11_12_001
実は駒田君に中村さんを紹介したのは舟橋なんです。
一時期やたらめったら人に人を紹介する(こうして書くと仲人になりたがりの親戚のおばちゃんのようだ...)のが好きな時期があって、まさか結婚するなんて思わず中村さんに駒田君を、駒田君に中村さんを紹介したのだった。
披露宴でもそこは有難くもフューチャーして頂いて、僕まで駒田君からファーストバイトして貰ったのだった。吉田君の友人代表スピーチが良い感じに感動的でグッと来たのだけれども、僕はどうもうまくしまらずに二人からの粋なサプライズに無邪気に喜んでしまったのだった。

で、演奏ね。
披露宴会場での余興とは言い難い音量で格好だけはかしこまって演奏した。駒田君は機材トラブルに見舞われ、混乱していた。僕も正直皆がどんな顔しているのかわからずヒヤヒヤしたのだけれども、意を決して今回の演奏をリクエストして下さった駒田お母さんの方を見ると手を叩いて喜んでいる笑顔が見えて大いに安心したのだった。駒田君は決して万能な演奏家ではないけれども、それでもあのドラム演奏は駒田君以外の誰にも出来ない演奏で駒田君そのものだ。そういう演奏が出来る人間というのはそれだけで才能だと僕は思う。
中村さんも動画を嬉しそうに撮っていた。後で聞いたら「披露宴の中で一番感動的だった。学生時代から観ていたバンドだけに感慨深い」とコメント。ありがてぇありがてぇ。

披露宴で一番良いシーンって新しい家族になる両家が並んで挨拶をするシーンだと僕は思うのだけれども、そこでの駒田君のスピーチが最高でそこまで全く感動とか涙を流すとかそういうのはなかったのに、不覚にも号泣してしまった。素晴らしいからここに書いておく。
「夫婦というのは不思議なものでどれだけ子供を産んでどれだけ家族の人数が増えても(自分と中村さんを指しながら)こことここは死ぬまで赤の他人同士なんですね。だからこそお互いを思いやる気持ちを大切にしないといけないなと思っています」

駒田君、中村さん、本当におめでとう。駒田家、中村家両家の繁栄も願っております。
というか両家が良い人過ぎてもう飲み会がしたい。駒田君の妹さんも駒田君に似てるのに美人という不思議な存在!
スポンサーサイト

東京、運動、悔しさ、憤怒。

2017_10_31_001
実は少し前に(主に)仕事の関係で関東の方へ一泊二日で出掛けていた。
仕事とは言っても訪れるのは東京ディズニーリゾート、ディズニーシーである。仕事の研修ではあるものの、楽しい時間を過ごす事が出来た。しかしディズニーシーの中を同僚や先輩と練り歩きつつ、どうせ同じ会社の人と一緒にいるなら仕事の話をしている時の方が楽しいのにな、と自然と考えていてうすら寒い気持ちになった。結構自分はワーカホリックの気質があるのではないか、と薄々思っていたのだが、そんな自分の素養が途端に顕在化したような、そんな心持だ。仕事が楽しいのは大いに結構だけれども、家庭や趣味の時間を食い潰さないようにしないといけないなと思う。
仕事も家庭も趣味も楽しい事だけれども仕事というのは生活の大半を占めるが故に他の楽しい事と比べて没頭し始めると途端にそれに比重が寄りがちになるからだ。やる気があるのは大いに結構。だが前の上司の「自分の時間を潰してまで仕事するな」という言葉を肝に銘じないといけないなと思う。
話は戻ってディズニーシー、アトラクションも3つくらいしか楽しめなかったけれどもまた改めてゆっくり訪れたいなと思った。

研修から戻って翌日は職場のスポーツ大会、信じられないハードスケジュールだったけれどもこれまた楽しく過ごした。楽しい楽しいばかり言ってると阿呆みたいだけれども実際楽しいんだからしょうがない。まだまだ慣れ親しみきっていない人達と一緒にいて一喜一憂するのが刺激的、と捉えられるくらいには気持ちの余裕があるんだと思う、今。

さて日曜日はパイプカツトマミヰズで新栄CLUB ROCK'N'ROLLに出演。
信じられない事に二週連続で近付いてきた台風の影響で悪天候だったけれども車で移動、そこそこかさばるようになってしまった機材もなんなく運搬。
バンドっていうのはさ、時々露骨に悔しい思いをした方が良いよ。自分達のその段階での演奏力とかバンドの持つ筋力とか、そういうのを発揮してもどうしようもない程悔しい事ってやっぱりあって、僕はそういうのは大いに経験するべきだと思う。
例えばどうしようもなく力強い対バンに勿論ライブでボコボコにされるとか、超アウェイの中どうにかして状況を覆そうと躍起になって結局失敗するとか、そういう奴だ。自分達のベストは尽くした、けれども悔しいみたいなそういうの。
この日の演奏は決して悪くなかったはずなんだけれども、演奏後機材を搬出して新栄CLUB ROCK'N'ROLL前の立体駐車場4階の自分の車に機材を運び込みながら、まだまだダクダクと噴き出す汗を拭いつつ段ボールにガムテープで張り付けたエフェクターを引っぺがしながら「一体何をやってるんだろう俺は」と、ふと思った。
理由はわからない、けれども明確に悔しい。演奏は酷かったか?否、酷くない。酷く落ち込むような事なんてないはずなのに誰からも相手にされていないような、そんな気持ちに落ち込んでしばらく呆然としてしまった。
だけれども落ち込みながら同時に「これは良い兆候だ」とも頭のどこかで思っていた。何かのきっかけになるだろう、と計算高い自分のどこかしらがその瞬間に察したのである。
悔しさは終演する頃には明確なものとなった。やはり、会場のどこにも安定する場所なんて見出せず、心地良い悔しさを感じながら家に帰った。

ざまあみろ、そして今にみてろ。

ロロ『BGM』観劇してからのライブ

一日が24時間じゃ全然足りない!だなんて今更言うつもりはさらさらないけれど、それでも毎日の諸々に忙殺(嫌な言葉だ、自分が何かに屈したかのような気分にさせられる)されてしまい必要最低限の事しか出来ない。時には必要最低限の事さえ取りこぼしてしまい「嗚呼、何やってんだ俺」って気持ちになったりもする。そういうものの筆頭に挙げられるのが日記=このブログだったりするわけで、10年後に楽しく読み返すために書いているこのブログは、10年後の自分に「ああ、こんな事あったな」と思わせるには十二分に情報量は保っているけれどもそれにしたってそれは「いつ、どこで、誰と、何を」程度の情報でしかない。僕だってわかっているんだ、この時間、この場所、この瞬間の温度とか雰囲気とか湿度とかそういうものはそういう殊更何かがあった時ではなくて毎日毎日自覚せずとも過ごしている時間の中にこそあるんだって事くらい。
とか言ってもなかなかそうも書けないからナンなのだけれども。でも毎日のそういう時間も全部が全部、俺のものだ。

さて、先週の日曜。
この日はライブだったのだけれどもライブのオファーを頂く前から三重県は津まで観劇しに行く予定を入れており、チケットまで妻が都合をつけてくれていたので「リハなしなら」という我儘な条件をつけ、主催者とメンバーの好意に甘えて観劇に出掛けてきた。いや長々と書いたけれども本当は俺が観たかっただけだ、ごめん。
三重県文化会館小ホールにてロロ『BGM』観劇。この劇団の公演は初めて観るのだけれども、いやあ滅茶苦茶に面白かった。大変心の中に残った。瑞々しい時間を過ごした!心の中にズシッと何かが残るわけでもなく、観る前後で世界の見え方が反転してしまうわけでもなく、血沸き肉躍るわけでもないけれども、それでも何となく「青春っていうのは人の心の中にあるんだなぁ」だなんて思って(別にそういう事を伝える作品ではないのだけれども、きっと)、ハッピーだし楽しかったのだけどもちょっと切ない気持ちになったりして、劇場を出た後も一緒に行ったかしやま君や吉村さんや妻が話しているのを耳にしながら余韻に浸ってしまった。きっとあの会話の雰囲気もあの感覚も車の中から見た景色も何となくの温度感として僕の中に残り続けるのだろうなと思う。
人間が作るものがあんなに面白いのなら、人間ってのは本当に面白いものだと思う。

感想を話したりドライヴインで買い食いをしたり(売店のおばちゃんが間違えてレジ打っちゃってついつい「じゃあそれも」と頼んでないものも買ってしまう。結局美味しかったからおばちゃんの一人勝ちである)この先の将来の話をしたりしながら名古屋モドリ。将来って。将来の話って。33歳にもなって将来って凄いな。自然と書いたけど戦慄したぞ。ま、いつになっても先の事は将来、か。

鶴舞DAYTRIPにて専ら中区と新栄にて「面白い」を追求しながら高頻度でイベントを開催し続けるブッキングガール シミズミミちゃんの生誕祭イベントにパイプカツトマミヰズで出演。この日よりボランティアギターとしてコモリ君(ザ・フロイト/ガッツポーズ)が参戦。この人のリードギターのフレーズの格好良さは名古屋で三本の指に入ると思っている。あと二本は思いつかないけど。
出演者に女性が多く、アイドルグループも出演するという事でフロアがここ最近DAYTRIPに出演した時とは随分と雰囲気が違った。結局僕達が演奏する頃にはいつも通りの雰囲気にはなっていたけれども(笑)、勿論中には残って下さった方もみえてしかもその方が後程SNSで「帰った人達は勿体ない事をしたくらい良かった」と僕達の事を褒めて下さっていて、涙が出るんじゃないかというくらい嬉しかった。何て事はない褒め言葉なのかもしれないけれども、こういう言葉の一つ一つの価値はバンドを始めた頃と比べても価値は変わっていない。得難いものだ。

立ち位置はステージ最前列下手側。もう数年間「ベースアンプと距離があると音が聴こえづらいから」という理由と「ステージ後方で黙々と弾くのが格好良いかも!」という思い付きでドラムセットの横くらいで演奏してきたけれどもやっぱりフロアとの距離が近い方がパイプカツトマミヰズみたいに「せえの、ドッカーーーン!!!」という演奏をするバンドでは面白い。
この日も大いにはしゃぎながら演奏したのだが、いかんなあ、興奮すると無駄に力むのか運指が平常時の40パーセントくらいの能力しか出せていない気がする。ただでさえ本調子でも別に超絶技巧!ってわけでもないのにこれじゃあいかんよ。
演奏終了後、結構な人数の方に褒めて貰えたりして良い気分になった。

何となくだけど、良いものをインプットするとアウトプットしながらにして同時にインプットをしている気がする。というかインプットの量が多い気がする。
色々なものを観聴きしよう、今よりもっと意識的に。

結婚式をはしごした日


今日はおめでたい写真から。
バンドメンバー同士が結婚!ッヒュー!!!
犬栓耳畜生で活動を共にする森野君とまりいちゃんがこの度めでたく夫婦になるという事で有難くもご招待頂き、結婚式と披露宴に参加してきた。
岐阜駅から仲間達とマイクロバスに乗り合わせ式場へ。


ウェルカムボードがとても2人らしかった。
FZ-2といえば、もうまりいちゃんであると認めざるを得ない。まさかウェルカムボードにもファズ、とは。
チャペルウェディングらしいチャペルウェディングは確かほぼほぼ初めての参加だったんだけど、もう速攻で感動したよアタシは。新郎 森野君がガチガチに緊張して入ってきてまりいちゃんがお父さんと入場してきた辺り、これってかなり序盤なんだけどそこで感動しちゃった。
ウェルカムドリンクで酔っ払いながら集合写真に映り込み、ブーケトスで喝采をあげ、ZAZEN BOYSが流れるお庭でのガーデンパーティー、からの披露宴。
NUMBER GIRLが流れるウェルカムビデオからの新郎新婦入場、美味しいお料理にまりいちゃんのお姉さん(美人!)の乾杯、そしてまた美味しい料理に美味しいお酒、八木さん(ex.DAYTRIP)の歌と演奏に感動してクシャクシャに泣くピロシキ君(CRAZY興業)、ケーキとファーストバイト、森野君達の演奏と歌(演奏中にズレたマイクスタンドを笑顔で直しに行くまりいちゃんに夫婦の一つの姿を見て感動したのは僕だけではないはずだ)、そして生い立ちビデオに「生まれてきてくれてありがとう!」という気持ちになり、まりいちゃんの手紙で号泣する炭酸さん、本当におめでたい式だった。
書ききれないけれど、夫婦と新郎新婦両家の皆をもてなそうという気持ちも溢れており皆ずっとコニコしてた。我が事のように、嬉しくて泣きながらニコニコしていた。
俺?勿論感動した。二人の前途に幸あれ!
森野君、まりいちゃん末長くお幸せに!

そんな2人のご厚意に甘えて(お色直しの最中まで森野君ったら心配してラインしてくれたりして、本当に良い奴だよなあ普通そんな余裕ないぜ)、誰よりも先に式場を後にして岐阜駅へ。特急に飛び乗って名古屋モドリ、新栄DAYTRIVEへ。
この日はぴのこちゃん(ミギギミ)とちとく君(楽器職人。吉田君のギターは彼の手による作品)夫妻が結婚式代わりにライブイベントを行う(!)という事でパイプカツトマミヰズへ声をかけて下さった。有難い機会なので時間的に多少無理してでも演奏してえ、という事で両夫妻に無理言ってこうして演奏させて貰ったという次第。両夫妻、本当に有難う。おめでたい日なのに無理言いました。

無事に転換時間に間に合ったのでセッティング、簡単な音出しをして本番。
お祝いの席(席という表現で良いのか?)という事で粛々と、やるわけねえだろこの野郎!おめでとうだぞこの野郎!という気持ちでやる。ぴのこちゃん達に報いるにはそれが一番の祝福だと理解している。
午前中に披露宴に出席したままのフォーマルな装いでの演奏だったので大いに汗をかく。酷い有様だ。

ミギギミの演奏を観覧。
DAYTRIVE二階の高い場所から観ていたら突然団長(ミギギミ)が「舟橋さあああああん!!!パイプカツトマミヰズの舟橋さあああああああんんん!!おられますかああああああ!!!!」とマイクを通してアナウンス。野郎、やりやがった。僕達の演奏直後、DAYTRIVEでの廊下ですれ違い様の会話が蘇る。

団長「お疲れ!」
舟橋「お先頂きました!有難う!暑かったわ」
団長「この後ベース弾いてよ」
舟橋「!?」
団長「あいつの代わりにさ」
舟橋「いやいや、今日ちゃんとぴのこちゃんいるじゃん」
団長「へへへへ」

忘れてたよ、団長そういう奴だったよ、今思えばあれは冗談なんかじゃなかった、本気で伏線を張りに来ている男の、エンターテイメントの化け物に成り果てた男の目つきだった。ステージに上がっていき、ぴのこちゃんが弾いているベースラインを目視でコピる。この時程音感があったら、と思った事はない。けれどもどうにか目でコピー、完了。

2017_09_25_003
余裕のない表情なのがありありとみてとれる一枚。
ぴのこちゃんのベース、滅茶苦茶弾きやすいのな。おおお、人の楽器ってやっぱり面白い、とこれからの成り行きを伺いながら演奏。団長、あいつぁ恐ろしい男だよ。結局、夫妻にキ○させやがった。まあ、そうだよな、そういうのやらないわけにはいかないよな。こんな日だもんな!

結婚式のはしごってなかなか出来ない経験をさせて貰った。
イベント終了後はパイプカツトマミヰズのメンバーと簡単なミーティングをして、荷物を置きに一時帰宅、ドロドロになった体を洗い清めて再び街へ。森野君×まりいちゃん夫妻がライブハウスでイベントを行っていたので妻と観覧しに行く。飲酒。イベント終了後もそのまま居酒屋へなだれ込む。ここでも飲酒。
疲れ果ててそのまま寝てしまう。起きると妻はバンドマンに挟まれて談笑していた。
タクシーで帰宅。倒れ込むように就寝。
ああ、良い一日だった。

両夫妻、改めて本当におめでとうございました!

『ミッドナイト奉仕活動』再び。

8月6日(日)、パイプカツトマミヰズ企画『ミッドナイト奉仕活動』再び。
「前回の企画がいつだったか定かでないし第何回目だったかさえ定かでない」という事で今回から心機一転、ナンバリングも外しての実に久しぶりの自主企画だった。
ちなみに調べてみたら約3年前にCLUB ROCK'N'ROLLとの共催で企画を行っていた。『サマータイム奉仕活動』。その前が『バレンタイン奉仕活動』。これは僕、インフルエンザで出演していなかった。そんな事もあったなあ。もっとずっと前のような気さえする。

さて、今回の『ミッドナイト奉仕活動』、吉田君が「誕生日に何かしたい」という事で開催された。まあ、アルバムも作った後だしレコ発にもなるだろうという、そういう目論見である。出演頂いたのはノムラセントラルステーションメシアと人人、あとはチリアクタこと駒田君のソロがO.Aとして出演。出演バンド数は多くもなくそのうち一つはツーピース、駒田君ソロも含んでいるのに出演者数はやたらと多く、そして音量も大きいバンドが多かった。勿論、中身も濃かった。
駒田君のソロは今まで誰かの結婚式の二次会であるとかそういう機会で観るのが多くて。いや駒田君滅茶苦茶良かったよ。こういう言い方はナンだけどフィジカル面にオアラメーターを振り切ったドラム演奏に対してインテリジェンスが炸裂していると思う。駒田君らしい気恥ずかしさ、みたいなものはどちらにも感じられて、それが駒田君らしさを感じさせる一因になっているのだけれども。即興で場を繋いでいく様であるとか、うん、あれは完全に頭の回転が速くないと出来ない奴。
ノムラセントラルステーションには感動がある。僕はこの人達、というか野村さんが作った『コダマ638号』という曲が好きなんだけれども、この日はこの曲の最中に涙腺が開いた。確実に開いた。あと爆音だけど今回はノムセンは聴きやすかった。流石井藤さん(CLUB ROCK'N'ROLL 名PA)。
メシアと人人、野村さんが「この後出てくる二人は音量的には小さいかもしれないけれど」とか言っちゃうから!変なフラグみたいになって結構な音量だったじゃないですか!北山君のギターと歌はfuck'nオルタネイティヴで最高に格好良い。プロレスラーみたいな体型だけれどもきっと繊細な人なんじゃないかと思う(プロレスラーに失礼な発言ってのは理解している)。

最後に僕達。
演奏中にふっと数週間前に吉田君が「俺、癌になったわ」とバンドのグループラインに報告してきた事、一週間前に駒田君が結婚した事とかを思い出したりした。吉田君の病気は超早期発見だったが故にもう心配はないそうだし、駒田君の結婚はとんとん拍子で来てまだ実感さえ湧かないくらいだけれどもそれでも間違いなく目出度い事で、何だか妙に感慨深くなった。
ここから始まる、のかなだなんて結成10年近く経つバンドのメンバーとは思えないような事を思ったりした。
マイペースながらも、一生懸命頑張っていきたいなと思う。

2017_08_08_001
ノムラセントラルステーション 野村さんと今回参加していたはるきち(みそっかす)君と僕。心なしか、僕以外の二人が楽しそうな表情をしていないけれどきっと気のせいだ。

自己紹介

舟橋孝裕

Author:舟橋孝裕
愛知県在住、ベースギター奏者です。
・JONNY
・パイプカツトマミヰズ
・犬栓耳畜生
・白線の内側
 やサポートでベースを弾きます。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム