パイプカツトマミヰズ脱退しました。

パイプカツトマミヰズを脱退して一週間が経った。
約8年間にわたってベースギターを担当してきたわけだけれども、喪失感だとかそういった感情は不思議と、ない。
「終わったんだな」という感覚はあるけれども、それよりもこれからをどう楽しもうか、という感情の方が強くてきっとそれはお互い様だろう。こう書くと不仲で辞めたみたいだけれども、決してそういうわけではない。
生活が変わってバンド活動が継続困難になったわけでもない、音楽性の違いでもない。
はっきり書いてしまうと僕のモチベーションが持続出来なくなったのでバンドを脱退させて貰いたい事を昨年末頃、メンバーに告げた。そういう決断を自分の中で下してしまう前にどうにか出来なかったのか、という思いもあるにはあったけれども結果的に言えばどうしようもなかった。やりたい事が違うのだ、こればっかりはしょうがない話だろう。

けれどもやっぱり8年間在籍したバンドだ、これから先のバンドの時間に自分がいる想像は全くつかなかったけれども、バンドの歩みを止める事にはなって欲しくないというまあよくある辞める側の手前勝手な感情だけは僕も持ち合わせており、吉田君や駒田君にも誰か良いベーシストはいないだろうかという話をフワッと尋ねられてはいたので後任の、所謂サポートメンバーとして伊藤理絵(リマリッジマリッジ)さんに声をかけた。直接のきっかけは吉田君の半ば以上冗談であろう「舟橋の意志を継ぐ人間はいないのか」という言葉で、これを言われた瞬間に僕は僕の事を「師匠、師匠」と言って声をかけてくれる自称・弟子(自称としているのは別に僕が師匠らしい事を出来ていないからである)の存在を思い浮かべたのであった。
自分がモチベーションを無くして脱退するバンドに自称・弟子を紹介するっていうのも何だか奥歯にものが挟まったような気持ちになるなと思ったので辞める理由や諸々をきちんとお話して、それでも彼女は「面白そう」と言ってくれたのできっと4月以降のライブは彼女が思うパイプカツトマミヰズのベースを彼女の演奏でやる事だろう。僕は観に行こうと思っている。

8年の間には色々あった。
色々な場所にも行ったし色々な共演者にも恵まれたし色々な人にお世話になった。こうして活動に一区切りつくとなるとこのブログで小まめに日記をつけてきて良かったと思う。振り返ろうと思えば何なら日付さえもここにまとまっているからだ。
8年間で出会った皆様、そしてメンバー、お世話になりました。
パイプカツトマミヰズ、次一緒にやる時はきっと対バンである。対バンは対バンらしく叩き潰すつもりで臨もうと、それだけは決めている。

2018_03_04_001
スポンサーサイト

レコーディングと小旅行。

2018_02_20_001
土曜日の事だ、パイプカツトマミヰズでレコーディングを行った。
午前中に友人の引っ越しを手伝ってからのレコーディングだったのでちょっとばかりバタバタしたけれども、現場入りしてからの方がバタバタしていた。吉田君が寝坊で一時間半の遅刻...(笑)。4時間で一曲、しかも歌無し、一分半の曲だったからまだ良かったものの、僕所属の最後のレコーディングの半分くらいの時間は気を揉んで過ごしたのだった。
ベースはライン録りで、こういう録り方をするとやっぱり僕はアンプで鳴らしてナンボの音作りをしているんだなあと痛感する。
夜はBBBBBBBの練習。広い部屋で新しく導入したファズを鳴らす。音の壁、になっていた。一斉に音を掻き鳴らしていると個々の音が重なって完全に一つの圧になって、それが滅法気持ち良い。

2018_02_20_002
日曜日は優待券を貰ったので知多美浜のかんぽの宿へ。
ランチと温泉で二千円、というチケットだ。何だか妙に眠くて運転は妻と友人に任せて往路は眠りこけてしまった。
かんぽの宿 知多美浜は結構混み合っており、食事係の方も少ない人数で忙しそうにしていた。特にこの後する事もないしなって感じで僕達はゆったり過ごした。食事はこういうホテルの豪華な食事然としており美味かった。
刺身とか茶碗蒸しだとか以前はあまり感動もなかったけれども、そういう繊細な味だとか和食にグッとくるようになった。こうなってくると俄然飲食は面白い。何を食べても旨い、という食の嗜好まっしぐらだ。
野間灯台を見物し、近くの土産物屋に併設されている喫茶店で知多美浜の和菓子セットを頼む。パフェとかパンケーキじゃなくて和菓子セットに心惹かれたのも、昼食がしっかりと和食だったからだ、きっと。

演奏活動であれやこれやと動き回るのも楽しいけれども、ようやく観光とか旅行とかが楽しめるようになってきた。
そういう物事の楽しみ方がわかるだけの気持ちの余裕が持てているのだと思う。成程、皆こうやって楽しんでいたんだな。

バンドの脱退を決めた。

来月末頃のライブを最後にパイプカツトマミヰズを脱退する事になった、と言うか、した。

モチベーションが維持出来なくなったのがその理由で、モチベーションはなくとも長年一緒にやってきたバンドメンバーに報いるという理由だけで活動を続ける事は出来たのかもしれないけれど、でもそんなのじゃあお互いにあんまりだ、と思って昨年末にバンドメンバーには脱退したい旨を告げたのであった。
既に後任の人間も決まっており、面白い事に僕が声をかけた。今までそれなりの人数の人間をボランティアメンバーとしてこのバンドに引き込んできた僕がまさか自分の後任を探す事になるだなんて想像もしなかった。紹介はまた改めて、このバンドに対する思いも含めて書きたいなだなんて思ってる。

バンド活動は辞めるつもりはない。
パイプカツトマミヰズは現状コンスタントに動いているバンドの中で一番活動期間が長いバンドなので、そこでの活動を終えるという事は感慨深くはある。
だけれども僕個人の興味と好奇心というのはまだまだ満足はしておらず、面白そうな事にはきっとどんどん首を突っ込んでいくだろう。もうこれ自体は辞められんね。
現在参加しているバンド活動も、もっと充実させていきたいと思っている。
不思議なもので同時進行的に幾つものバンドに関わる事はそれぞれの時間と活動の密度を低くする理由にはならないけれど、その中の一つがなくなるというのは他の活動の密度が高くなる、高く在りたいと思うきっかけにはなるのであった。

取り急ぎ、ご報告まで。
ドライな文章になってしまったという実感は、ある。エモーショナルなのはまたね。

一日にライブを三度した日。

1月7日、三連休二日目、この一日で三本ライブをした。

午前7時頃起床、準備をして新栄リクレクトスタジオへ。まずはこの日みそフェス2018へパイプカツトマミヰズで出演するのでその練習へ。
約一時間半、朝から爆音の中身を晒した後、新栄CLUB ROCK'N'ROLLへ。新栄のライブハウス各所を会場として行われるこのミュージックサーキットに於いて、我々は新栄CLUB ROCK'N'ROLLのトップバッターを務める。
本多さん井藤さんに新年のご挨拶をし、リハーサル。つつがなく終えるとあっという間に開演時間がやって来た。
他会場でも魅力的な出演者が多いようで、かつタイムテーブル的にも移動時間を考慮せねばならない中でどれだけのお客さんが我々を観に来るのか正直なところ、いささか不安ではあったのだけれども有難い事に結構な人数のお客さんが集まってくれた。
新曲二曲を交えて吉田君が初見の方も楽しませられるように、と組んだセットリスト。良い反応も沢山貰えて嬉しかった。

撤収後、新栄CLUB ROCK'N'ROLL前の立体駐車場に停めた車へ機材搬出。
この日は一日3ステージ、しかも各バンド毎に使うペダルも違うので大きなペダルケースに入れて全部持ち込んで、都度都度車から必要な分だけ持ち出して使う事にしていた。どうせ各バンド毎に足元バラして再構築をしなければならないので一緒なのだけれども、我ながら手間な方法をとったものだ。
機材搬出後、ノムラセントラルステーションを覗きに行くつもりだったのだけれどもなんだかんだ時間が過ぎてしまい見逃す。
新栄DAYTRIVEへ移動。

この日はシミズミミちゃん主催『シンサカエウィンター シンネンカイ編』にYONONACAで出演。のみならず鈴木陽一レモンとひでさんによるコトナのアコースティック編成「Acotona」でもベースギターで参加するという事で同会場で二度の出演。演奏行為は好きだ、大好きだ。コトナは共演もしたしレモンさんも絶対面白い人だしひでさんも友人の結婚式二次会の際にベロベロに酔っ払いつつ「いつか何か一緒にやれたら素敵ですねェ」だなんて話をしていたもんだから今回のお誘いは願ったり叶ったり。
面白い人と一緒に何かをしたくて楽器を握ってる身としては新年早々、嬉しい機会を頂いた。

2018_01_09_002
ドラムは犬栓耳畜生で日常的に一緒に演奏しているけれどもこの日はちょっと一味違うぞ、な森野君に君の名を呼びすぎる世界ではベースだけれどもAcotonaでは鍵盤参加なはるちゃん。アコースティック編成での演奏ってなかなかないけれども、何て事はない、いつも通り電気をフル活用、瞬間によっては完全に電子音に振り切って演奏した。

2018_01_09_003
いやあ、楽しかったねえ。
もっともっと練る時間があれば、とも思うけれども演奏というのは一期一会。次のご縁があったらその時はもっと腕前を披露したく思う次第。

YONONACAは練習回数こそ少ないけれども演奏と演奏の間に僕なりにそれなりに頭を使って試行錯誤した結果、このバンドでの演奏が随分と体に入ってきたように思う。練習も勿論したけれども演奏に臨む際の内面的な準備って大事だと思っている。
この日は交換留学制度?でレモンさんが一曲参加。ほぼほぼぶっつけ本番だったのだけれどもいや、アタシ震えましたよ。Acotonaでは空間を引っ張っていく力を発揮していたレモンさんがこちらだと完全にゲストとして一点突破に注力されていたように思われて。その結果バンドのテンションも上がるという非常に良い効果、理想的な結果を実現して頂いた。こういうの大変面白い。
YONONACAはまだまだ演奏中に無意識の力の作用の仕合い、みたいなのはまだないけれどもその分瞬間瞬間で意思の疎通を図って組み上げていく面白さがある。
そんなYONONACAのライブの模様を撮影して貰ったものがあるので貼り付けておきますね。



シンサカエウィンター、BBBBBBBは『今年メインで活動していく4人編成』、大変暴力的(あ、実は僕も膨大な参加メンバーの中に名前を連ねる事になりました。ステージネームはクリストファー・ノーヒットノーランです)鉛の風船はギター持って数年とは思えない粒立ちの良い演奏に残虐なアルペジオ、これまた犬栓耳畜生で普段一緒に演奏している炭酸さんの弾き語りは炭酸さんの中のドロドロした部分やポップな部分を等身大で表現されておられるようで、いずれも大変素晴らしかった。面白い事やったるぞ、という気概が会場全体に渦巻いていたのが何よりイベントの素晴らしさを表しているようだった。

搬出後、ダイアモンドホールにて行われているというみそフェスの打ち上げに顔を出す。

2018_01_09_004
ヤオタケシ君撮影の集合写真にきっちり写り込んだ俺。隣の駒田君は奇跡的に顔が隠れてしまっているので是非どこにいるか探してみて下さい。
みそっかすの皆、今年も呼んでくれて有難うね。

家に帰る頃には既に体がバキバキでした。

バンドメンバーの結婚式に参加して演奏までしてきた話。

すっかり更新の間隔が空いてしまった。
のんべんだらりと毎日を過ごしていたわけではなく、仕事以外の時間は控えていた資格試験の試験勉強に充てていたのである。真面目!いや、でもたまの試験なのだからそんな時くらい真面目しないとな、という気持ちがあった。

さて何だかんだもう一週間以上前の事になるけれども、パイプカツトマミヰズのドラマー駒田君が結婚、披露宴を挙げた。お相手は僕も相応の年月交流を持った中村さんという事で有難くも妻と一緒に披露宴にご招待頂いたのでお祝いに行ってきた。
で、式の1.5ヶ月程前だっただろうか、駒田君から「実はうちの両親が式で演奏して欲しいと言っている」と言われ最初は「何を演奏するの?ビートルズとか、ウェディングソング?まさか安室奈美恵とかじゃないよね笑」だなんて笑っていたのだけれども話を聞くと何とパイプカツトマミヰズで演奏して欲しいとの事。式の参加メンバーには勿論駒田君の無二の友人吉田君もいるし過去にボランティアメンバーとして一緒に演奏していた各務君も夫婦で出席するとの話だったので無理な話でも勿論ないのだろうけれども、それでも披露宴で演奏するには強烈に相応しくないバンドな気がしていて僕は戸惑った。
でもまあ、両家も楽しみにしているらしいと聞いて腹を括り、当日少し早めに会場入りした。

もうね、完全に披露宴会場なの、名古屋駅から程近いそのレストラン。ビルの7階が披露宴会場になっていて8階がチャペルになっていて結婚式を挙げてそのまま披露宴が出来るようになっていた。初めて行った場所だけれども良い場所だったなあ。料理も美味しかった。
チャペルウェディングは自分達が神社での挙式だったのも含め、物心ついてからあまり参加体験はなく今回が二度目。前回もバンドメンバーの結婚式だったな。両家親族、そしてテーブルでいえば二テーブルという厳選された友人枠だったのだけれども、駒田君中村さん両家のご両親が気さくで声も結構かけてくれて大変リラックスして過ごす事が出来た。駒田君のご両親は以前駒田君が出勤中に失神して一日行方をくらませた事件の時もやりとりをしたのでその時の話なんかもした。笑い話になって良かったなあ駒田君!

2017_11_12_001
実は駒田君に中村さんを紹介したのは舟橋なんです。
一時期やたらめったら人に人を紹介する(こうして書くと仲人になりたがりの親戚のおばちゃんのようだ...)のが好きな時期があって、まさか結婚するなんて思わず中村さんに駒田君を、駒田君に中村さんを紹介したのだった。
披露宴でもそこは有難くもフューチャーして頂いて、僕まで駒田君からファーストバイトして貰ったのだった。吉田君の友人代表スピーチが良い感じに感動的でグッと来たのだけれども、僕はどうもうまくしまらずに二人からの粋なサプライズに無邪気に喜んでしまったのだった。

で、演奏ね。
披露宴会場での余興とは言い難い音量で格好だけはかしこまって演奏した。駒田君は機材トラブルに見舞われ、混乱していた。僕も正直皆がどんな顔しているのかわからずヒヤヒヤしたのだけれども、意を決して今回の演奏をリクエストして下さった駒田お母さんの方を見ると手を叩いて喜んでいる笑顔が見えて大いに安心したのだった。駒田君は決して万能な演奏家ではないけれども、それでもあのドラム演奏は駒田君以外の誰にも出来ない演奏で駒田君そのものだ。そういう演奏が出来る人間というのはそれだけで才能だと僕は思う。
中村さんも動画を嬉しそうに撮っていた。後で聞いたら「披露宴の中で一番感動的だった。学生時代から観ていたバンドだけに感慨深い」とコメント。ありがてぇありがてぇ。

披露宴で一番良いシーンって新しい家族になる両家が並んで挨拶をするシーンだと僕は思うのだけれども、そこでの駒田君のスピーチが最高でそこまで全く感動とか涙を流すとかそういうのはなかったのに、不覚にも号泣してしまった。素晴らしいからここに書いておく。
「夫婦というのは不思議なものでどれだけ子供を産んでどれだけ家族の人数が増えても(自分と中村さんを指しながら)こことここは死ぬまで赤の他人同士なんですね。だからこそお互いを思いやる気持ちを大切にしないといけないなと思っています」

駒田君、中村さん、本当におめでとう。駒田家、中村家両家の繁栄も願っております。
というか両家が良い人過ぎてもう飲み会がしたい。駒田君の妹さんも駒田君に似てるのに美人という不思議な存在!

自己紹介

舟橋孝裕

Author:舟橋孝裕
愛知県在住、ベースギター奏者です。
・JONNY
・パイプカツトマミヰズ
・犬栓耳畜生
・白線の内側
 やサポートでベースを弾きます。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム