『ミッドナイト奉仕活動』再び。

8月6日(日)、パイプカツトマミヰズ企画『ミッドナイト奉仕活動』再び。
「前回の企画がいつだったか定かでないし第何回目だったかさえ定かでない」という事で今回から心機一転、ナンバリングも外しての実に久しぶりの自主企画だった。
ちなみに調べてみたら約3年前にCLUB ROCK'N'ROLLとの共催で企画を行っていた。『サマータイム奉仕活動』。その前が『バレンタイン奉仕活動』。これは僕、インフルエンザで出演していなかった。そんな事もあったなあ。もっとずっと前のような気さえする。

さて、今回の『ミッドナイト奉仕活動』、吉田君が「誕生日に何かしたい」という事で開催された。まあ、アルバムも作った後だしレコ発にもなるだろうという、そういう目論見である。出演頂いたのはノムラセントラルステーションメシアと人人、あとはチリアクタこと駒田君のソロがO.Aとして出演。出演バンド数は多くもなくそのうち一つはツーピース、駒田君ソロも含んでいるのに出演者数はやたらと多く、そして音量も大きいバンドが多かった。勿論、中身も濃かった。
駒田君のソロは今まで誰かの結婚式の二次会であるとかそういう機会で観るのが多くて。いや駒田君滅茶苦茶良かったよ。こういう言い方はナンだけどフィジカル面にオアラメーターを振り切ったドラム演奏に対してインテリジェンスが炸裂していると思う。駒田君らしい気恥ずかしさ、みたいなものはどちらにも感じられて、それが駒田君らしさを感じさせる一因になっているのだけれども。即興で場を繋いでいく様であるとか、うん、あれは完全に頭の回転が速くないと出来ない奴。
ノムラセントラルステーションには感動がある。僕はこの人達、というか野村さんが作った『コダマ638号』という曲が好きなんだけれども、この日はこの曲の最中に涙腺が開いた。確実に開いた。あと爆音だけど今回はノムセンは聴きやすかった。流石井藤さん(CLUB ROCK'N'ROLL 名PA)。
メシアと人人、野村さんが「この後出てくる二人は音量的には小さいかもしれないけれど」とか言っちゃうから!変なフラグみたいになって結構な音量だったじゃないですか!北山君のギターと歌はfuck'nオルタネイティヴで最高に格好良い。プロレスラーみたいな体型だけれどもきっと繊細な人なんじゃないかと思う(プロレスラーに失礼な発言ってのは理解している)。

最後に僕達。
演奏中にふっと数週間前に吉田君が「俺、癌になったわ」とバンドのグループラインに報告してきた事、一週間前に駒田君が結婚した事とかを思い出したりした。吉田君の病気は超早期発見だったが故にもう心配はないそうだし、駒田君の結婚はとんとん拍子で来てまだ実感さえ湧かないくらいだけれどもそれでも間違いなく目出度い事で、何だか妙に感慨深くなった。
ここから始まる、のかなだなんて結成10年近く経つバンドのメンバーとは思えないような事を思ったりした。
マイペースながらも、一生懸命頑張っていきたいなと思う。

2017_08_08_001
ノムラセントラルステーション 野村さんと今回参加していたはるきち(みそっかす)君と僕。心なしか、僕以外の二人が楽しそうな表情をしていないけれどきっと気のせいだ。
スポンサーサイト

遠く離れた地の方が縁とゆかりを感じる瞬間もある。

「最高過ぎて真似したい」と思えるバンドがいる。バンドマンとしてこれって結構ギリギリアウトな気がするのだけれども(やり方と程度によるのかもしれないが)、それでも心の底から「いいなあああああああ」と羨望の眼差しと歓喜に溢れるライブをするのがEmily likes tennisだ。
一言で言うならば「最高のバンド」、もう少し細かく説明するなら「年齢不詳のさえない寄り(ごめんな、お互い様だっていうのに)の男性四人から成るロックバンド。プログレッシヴでオルタナティヴなリフに段ボール工作も飛び出す滅茶苦茶見ごたえのあるライブをする」って感じか。あー、これでも伝わる気がしない。
これ観るのが一番早い。
観たかい?観たよな?OK、続けよう。

皆大好きEmily likes tennisに企画に呼んで貰った。「いつかスプリット出そうな!」と言っちゃうくらい盟友だと思ってるんだもの、そりゃあ行くよ当たり前のように行くよ。引き受けない理由がないもの。というわけで我々、早朝6時半より練習スタジオに集って(こう書くと物凄い気合だな!と受け取られがちだけれどもナンて事ぁない、ライブ当日しか練習日程が確保出来なかっただけである)2時間練習して、そのままジャパンレンタカーでハイエースを借りて機材一式積み込んで東京へ向かった。
今回はスタッフとして同行してくれた友人もおり、彼が作ってくれた朝食と呼ぶには豪華過ぎるし量も多過ぎるもの(唐揚げにサンドイッチにソバメシ)を肴に知多ウイスキーをハイボールにしてグビグビ飲んで出発するという過去最高に酷い有様での出発だったよ俺は。しかも愛知県から出ないうちに酔い潰れて寝ちゃうっていうね。起きたら静岡だった。すぐにまた寝た。起きたら海老名だった。過去最高に最低で、しかし俺からすると最高な行きの道中だった。

会場となる秋葉原CLUB GOODMANは楽器店の地下にある。というか入口のすぐ前がベース専門店だ。
たまらんかったよ、搬入で楽器抱えて階段降りて行ったらこの頃気になってるBB(僕が最も好きなYAMAHA社が販売している伝統的なモデル)の新モデルが何本も置いてあるんだもの。いやー目に毒だった。

この日の共演はO'CHAWANZ(ラップアイドルユニットという事で、可愛かったし曲のクオリティも高かった)、股下89(良いバンドと聴いていたけれども本当にそうだった。そういえばベースの方がYAMAHA BBユーザーだった)、トリプルファイヤー(ご一緒するのは久しぶり。ラッさんのベースの音は本当に身が詰まっていて素敵だ。演奏も異形感が凄い。褒め言葉ねこれね)にEmily likes tennis。これぞ、な面子で楽しかった。観たいバンドが共演っていうのは良いもんだなあ。どのバンドも良いライブだったけれども、トリのEmily likes tennisは凄まじかった。
色々な音楽を揶揄するパフォーマンスをするものの、揶揄以上に愛情と敬意をそこに感じてしまう、というのは本当に音楽が好きな証拠である、と個人的には思う。映画何本も観たような情報量と満足感。素晴らしかったなあ。

この日は演奏しながらフロアに懐かしい顔が見えた気が、した。今からあれはおよそ10年程前競い合うようにベースギター演奏で己を誇示せん、と闘ったあの男の顔だ。すぐに他人の空似だとわかったが一瞬の勘違いでも胸が熱くなった。そうだ、ここは彼の住む町だ。そしてその後に出会った多くの人達の顔がよぎった。ほんの数秒の出来事ではあったけれども、嗚呼、何てロマンチックでドラマチックな数秒だっただろうか。演奏行為というのは、全く面白い。音にまみれながらもそんな事を思ったりもするのだ。

2017_06_07_001
SNSは便利だ。
見ず知らずの方がアップしていた写真を「頂いても宜しいですか」とこうしてブログに貼り付ける事も出来る。

『想定外』のライブに出た話。

「もしもーし」
『あ、舟橋君?お疲れ様ですぅ』
「あ、小野君お疲れ様です」
『実はちょっと相談があってね...』

先日14日(何ともう10日前になる。なかなかハイペース更新が出来ず日々を取りこぼしつづけてるな、俺)、京都VOXhallでのパイプカツトマミヰズ『SHINE』リリースパーティーの『想定外』はこんな電話でのやりとりから始まった。
公演も数日後に迫った、本当に直前の事である。話を聞くとももいろクローバーZと同じ事務所の弟分のグループが日本縦断の旅をしているそうでその中でこの日VOXhallで演奏がしたい、と。急な申し入れなのでO.Aでどうだろうか、と。
恥ずかしながら、僕はそのグループを知らなかった。
「どんなグループなの?」という問いに対してブッキングマネージャー小野君はとんでもない事を言い出した。
曰く「SNSのフォロワーはウン万人(実際は9万人)」「単独公演は武道館で行い成功を収めている」。え、何だいそれ。そんなグループがO.Aだって?
呆気にとられたまま、それでもその話に対して何の疑問も抱かず「わかったよ、メンバーに伝えるよ」と電話を切ったのはひとえに僕が現実を理解出来ていなかったからに他ならない。
だって、どう考えたって規模で言ったら僕らがO.Aだろ、そんなの。

状況はどんどんとんでもない事になっていった。
当日、VOXhallに到着すると前の通りは長蛇の行列。入場整理券配布を待つお客さんの列だった。何だかとんでもない事になってしまったなぁと思った。それでも「まあいつも通りやるだけだ」とデンと構えていた。
リハーサル後、件のグループ DISH//の皆さんにご挨拶する。感覚で言ったら芸能人に挨拶する、みたいな感じで「怖い人達だったらどうしよう」と思っていたのだけれどもとてもとても丁寧な人達だった。そりゃあ第一線で活躍されてるんだもの、ちゃんとしていないわけがないのだけれども、それでもそれを上回る爽やかさと丁寧さで完全に敵うわけがない、と思った。同じ人類男性とは思えなかった。いやはや。

正直、DISH//のお客さんは彼らの演奏が終わったらすぐに帰ってしまうと思っていた。そういうもんだろう、と。
だけれども現実は違った。DISH//のMC中の事である。
「今日はパイプカツトマミヰズさんのリリースパーティーだから最後まで楽しんでいけよォォォォォッ!」
我が耳を疑った。あんな人達が「パイプカツトマミヰズ」だなんて口にして良い言葉だろうか。しかも最後まで楽しんでいけ、と。ああ、天使か。聖人か。
ここまででも十分に『想定外』だったのだがここからもますます『想定外』。
DISH//の演奏後(ちなみにとても素晴らしいライブだった。ステージ上の熱量とお客さんの熱量に垣根がなかった)、会場を覗いてみると実に8割以上のお客さんがそのままライブハウスに残っていたのだった。

いやー大いにはしゃいで演奏しましたよね。
お客さんのリアクションも凄く良いの。曲を演奏中は「ポカーン」とされてる方が多かったのだけれども、それでも興味がない無視してるとかそういうのとは違くて。中には楽しそうに踊っている(!)方まで見えてこれも『想定外』だった。
少なくはない方々に楽しんで頂いたようで本当に嬉しい。ますます頑張ろうと素直に思った。

音楽に垣根はないし優劣もない、ジャンル等素晴らしいものの前にはさして意味がない、とは口では言うものの自分の内心のどこかにあった屈折した感情を曝け出されて浄化された気分だった。

2017_05_24_001
終演後、皆さんと。写真掲載がまずくない事を祈るばかり、だ。

パイプカツトマミヰズで久々の東京遠征。

あれからもうすぐ一週間が経とうとしている。
書かねば書かねばと薄れていきそうな記憶をどうにか脳味噌にへばりつかせて毎日PCに向き合う時間を捻出しようとするもこの一週間は何故だか非常にバタバタしており、現実の時間の流れの早さに押し流される形となって今日に至ってしまった。あ、でも映画とか観てたわ俺。『アンブレイカブル』ね。俺みたいな趣味の人には滅茶苦茶面白かったよ。

先週の日曜はパイプカツトマミヰズで本当に久々に東京へ。
先日ご一緒したばかりURBANフェチが下北沢BASEMENTBARとの共同企画に誘ってくれたのだった。ご縁が結び付けてくれた機会だ、日曜(つまり翌日仕事)だけれどもここで出張らなきゃあ男がすたるってもんだよ。こうして我々は久々にハイエースに楽器を積み込んで新東名をひた走ったのだった。
とは言っても俺は助手席でふんぞり返ったり時々居眠りしたりQUEENを歌ったりしていただけだけれども。

今回の旅の思い出では共演者の事はほとんど書けない。いや、きっと皆良い演奏をしたに違いないし、リップサービスなんかでなく観たいバンドばかりだったけれども(サーティーンなんてやっとご一緒出来ると思ったら、こういう日だよ!ファック!!)舟橋、駒田両名は2バンド目の演奏終了直後に楽器を抱えて早歩きで移動し、新幹線に飛び乗って名古屋へ帰ったのだった。悲しいかな勤め人。いや、むしろそんな行為に身を堕としてもバンド活動を継続出来ている事を喜ぶべきか。まあ、兎に角、共演者のライブはほとんど観られていない。BASEMENTBARの店長 クックヨシザワさんも良い人だったしゆっくりお話したかったけれども、そこはまたお声がかかるようにバンド活動を頑張るのみだ。

帰りの新幹線、駅の売店で買った海苔弁当と緑茶割で車内で晩餐と洒落込んだ。
憧れの新幹線呑み。けれども慌ててかき込んだのがいけないのか、それとも疲れていたのか、それともすきっ腹に5%濃度のアルコール飲料は荷が重かったのか、楽しみにしていた新幹線呑みを終えて10数分後、気分が悪くなり車内のトイレでもどしてしまった。もうこのまま死ぬのかと一瞬思ったよ。死ぬわけないけれど。胃の中のものをほぼほぼ空っぽにした頃に名古屋駅着。
駅のロータリー付近まで妻が迎えに来てくれていた。
多くの人に支えられて、楽しい時間を過ごしている。

どうやったってライブは楽しい。それ+美しければ完璧である。

2017_04_10_002
パイプカツトマミヰズ、珍しいツインキーボード編成でライブ前に一枚。
ヨシダユキ先生が撮ってくれた。何ていうか、それぞれの性格が出ていて良い写真だと思った。

昨夜は名古屋は中区、新栄CLUB ROCK'N'ROLLにてパイプカツトマミヰズのライブだった。
共演はCookie Romance Nonsugar URBANフェチワッペリン
URBANフェチ、名古屋来るの5年ぶりって言っていたけれど調べてみたら4年ぶりだった。ライブは観たよな、だけど何でご一緒したんだっけかと思ったらワッペリンで、だった。面白いご縁。
何だか以前よりもバッキバキでガッシャンガッシャンしたバンドになったような印象があって、そこが大変格好良かった。
次は4年も間隔が空かないよう祈っています(笑)。

この日の自分達の演奏、リハーサルの時から中音(ステージ上で鳴っている音)がとんでもなく大きくて。鍵盤もギターもベースギターも全部アンプで鳴らしているからなんだけれども、そうやって各々の音量を各々が自由に可変出来るようにすると誰か一人が大きくすると皆それを追いかけてどんどん大きくする。しかもこれってイタチゴッコで同じだけ大きくする事なんて絶対になければそれぞれ自分の好みのバランスってあるはずから、気がつけば中音はどんどんどんどん大きくなってとんでもな音量になっていたりする。面白いから嫌いじゃあないんだけれども、この日はそこからどんどんと削っていく音作りをバンドで試みた。きっとそれでも中音大きいんだろうなと僕は腹を括って片耳にイヤホンを突っ込んだ。
特に低音楽器を聴きとりたい時はこの方法は有効である。耳栓をした瞬間から自分のベースギターが爆音で聴こえるようになった。大変快適である。
演奏に関しちゃ大変ますらおぶりな演奏をした実感がある。もっと練習しないとね!

あとワッペリンが物凄く格好良くなっていた。ビビった。

自己紹介

舟橋孝裕

Author:舟橋孝裕
愛知県在住、ベースギター奏者です。
・JONNY
・パイプカツトマミヰズ
・犬栓耳畜生
・白線の内側
 やサポートでベースを弾きます。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム