パイプカツトマミヰズ、第9期始動。

書きたいエフェクターのご紹介(a.k.a自慢話)も幾つかあるけれどもそれよりも忘れないうちに昨夜のライブの話を。
昨夜はパイプカツトマミヰズにて新栄CLUB ROCK'N'ROLLでライブだった。ご来場頂いた沢山の(こうして書くってぇ事は普段よりも沢山ご来場頂いたってわけ)お客様、本当に有難うございました。
やっぱり楽しくてやってる、自分の人生をエキサイティングにするためにやってる、とは言えども多くの人に観て貰えた方が圧倒的に楽しい。そりゃあそうだ、俺達「うっひょーー、これ格好良い!」って思って曲作って練習して心血注いで、それを披露したくて演奏してるんだもの、「ね、格好良いでしょ」って言ってるようなもんだよねこれって。沢山の人の前で演奏出来て楽しかったです。

昨夜のライブからボランティアメンバーにこわいゆめちゃん(余談だけどこの人のブログは読み応えアリアリ)が鍵盤で参加してくれており、こうして我々パイプカツトマミヰズは吉田、駒田、舟橋、studio penne、こわいゆめの5人組となりバンドは第9期に突入した。第9期って。いやいやどれだけ編成変わるの、と思いつつそうでもしてでもバンドが続いている、続いていくのは嬉しい事だなあと思う。音源が出来て他にも裏でごにょごにょしているし、今年は去年より、来年は今年より活発に活動したいと思う所存である。個人的には結婚しても充実したバンド活動を送りたいと思っています、よ!

さてはて、ボランティア新参加のこわいゆめちゃん、犬栓耳畜生のメンバーなので何度も一緒に演奏しているのだけれども、即興演奏の要素が強い犬栓耳畜生ではなかなか見えなかった勤勉さという部分を大いに感じている、最近。
スタジオ入って練習して、で次のスタジオ練習には確実に良くなってるのである。音色もフレーズも演奏も堅実に、確実に良くなっている。音色は練られており曲を彩る、或いは曲の印象を決定付けるのに十分過ぎる程だしフレーズも当初こそ前任ボランティアメンバーの演奏をなぞるような風合いこそあれど、回数を重ねる毎にどんどん自身の中で腑に落ちていくというか、根付いていっている様子が感じられた。いやーこわいゆめちゃん、非常に真面目。しかも嬉しい真面目さだ。素晴らしい。
本人も楽しんでやってくれているようで、その様子がバンドにもたらしたポジティヴな要素というのは少なくない。
一つ、リードギターのstudio penne君はかつてなく鍵盤がしっかりと構築され始めているからか「音色的に自分の居場所がどんどん減っていく」と苦笑いしていたけれど。いやいやなかなかどうして、ライブ中の様子を見ていると彼もこの新しいボランティアメンバーとの演奏を大いに楽しんでいるのでは、と思える程エクスプロージョンしていた。

一方僕は、新編成も楽しかったし新しく導入した新兵器も相まってここ最近で一番興奮して演奏していた。
それでもPA井藤さんには「音量が昔の半分くらいになって大人になったなと思った」と褒めて貰えた。って昔はどれだけ大きな音出してたんだ、と思う。昨夜も僕的には十分大きな音出していたものな。
スポンサーサイト

1日に3ステージとか久しぶりですよ、ええ。

前回の日記を書いてから少し時間が経ってしまった。その間に舟橋の尻は赤く腫れあがり痒みを発するようになった。蕁麻疹?あせも?皮膚科に行って処方薬を貰ってきて塗ったら少しずつだが改善の様子が見られた。掻き毟らない事が完治への早道!

さてJONNYでのレーベルイベント出演後、打ち上げもそこそこに帰宅。翌日である8日はパイプカツトマミヰズで新栄DAYTRIVE/DAYTRIMにてシンサカエウインター シンネンカイ編出演、ミソッカス主催ミソフェス2017出演、先述のシンサカエウインター シンネンカイ編にて赤井千晴さんの怪奇紙芝居サポートと1日に3本ライブが控えているのである。しかもシンネンカイの会場入りは9時半と、普段自分が動き回る時間と比べると若干早め。本来であればレーベル10周年記念のイベントの打ち上げだ、ヘビーに酔っ払って帰りたいところだったけれどもそれで翌日のパフォーマンスが落ちたら元も子もない。それでも不足気味だったけれども、早めに就寝して睡眠時間を稼ぐ事にした。
年齢を重ねながらこうやってその時その時の自分の環境、身体で対応出来るように音楽活動を重ねるのは楽しい、本当に楽しい。

まずはミソフェス2017での演奏。
何会場か同時に始まる、所謂ミュージックサーキットであるミソフェス2017に於いて僕達はHeartLand STUDIOにてトップバッターの出演。早い時間だったし時間的にかぶっている人達も魅力的な人選だったので(というかタイムテーブル眺めても僕達が一番「誰?」ってなるような人達ばかりであった)、誰も観に来ないんじゃないかとちょっとヒヤヒヤしていた。
転換BGMが流れて出ていくと想像以上、いや想像の何倍ものお客さんが迎えて下さって舟橋は本当に嬉しかったです。感謝の気持ちもそこそこに本当にいつも通り脱力したMCをし、演奏は気合を入れてバギャン!とやる。
ほとんどのお客さんが初見だったと思うのだけどそのうちの少なくはない何人かの皆様は楽しんで下さっていたようで(根拠?SNSでのエゴサーチだよ!)嬉しかった。
大いに楽器を振り回し(不思議なもんで興奮してがむしゃらに楽器を振り回すようなそんな日の方が演奏は良かったりする。事実、ここ最近のパイプカツトマミヰズの中での演奏としては一番心技体のバランスが取れた演奏をしていたと思う、俺)、楽しんであっという間の演奏時間終了。

外に出ると雨が降っていた。本当はDAYTRIVEとミソフェス2017を行ったり来たりするつもりだったのだけれど、天候の影響とあと何より想定していたよりも遥かに消耗していたので(睡眠不足、だったのか)赤井さんの怪奇紙芝居のセッティングまで体力回復に努める。食べ放題飲み放題というのは助かる。供された鍋を食べ、カレーを貪り、消耗により意識が下に向きがちなところにビールを一杯流し込む。あとは体を落ち着けて集中力を高めていく。
赤井さんとの怪奇紙芝居は今回で4回目で、毎回同じ作品をやっているのだけれども不思議と毎回印象が違う。今回が一番「生身でやる」事を意識してかつ「セッション」であったな、と思う。お客様や共演者の人達からも出番後にポジティヴな感想を頂いていたようでサポートメンバー冥利に尽きる。

そうして、会場入りしてから約11時間の時を経てこの日のトリとしてステージに上がったパイプカツトマミヰズ。
正直、時間による摩耗と消耗を想定していなかったけれどもそれでも善戦したんじゃあないか、と思う。このライブより約4年ぶりに音源を発売出来た。終演直後に「駒田君、物販行こう」と二人でお店番に立つのも既に懐かしい。ここ最近のライブは音源さえ売っていなかったから。全てはここから始めるため、だ。
それとこれは忘れずに書いておかねばならない。
この日を以てボランティアメンバーとして参加してくれていた柴田めぐみ君がボランティアメンバーとしてのその活動を終了した。
僕が入る前はメンバーとして在籍していた彼を呼び戻したのは僕の所謂悪戯心だったのだけれども(吉田君に内緒でスタジオに呼んでそのままボランティアメンバー化)、それでもなんだかんだそこから結構な回数を一緒に演奏した。彼のピュアな感性やそのユニークな人柄も僕はとても好きだし、演奏も柴田君カラーみたいなのが出てきた矢先だったので今回の活動終了は残念だけれども、なに、機会があったらまた一緒に演奏する事もあるだろう。何せホラ、一度はメンバーから脱退した彼が戻ってきたわけだし。

2017_02_20_001
終演後、そこそこで帰宅。
いやはや、ハードな一日だった。でもこういうクタクタは大歓迎だ。

撮影

ここ一週間程、夜になると咳が酷い。
日中はそうでもないのだが。
さて今日はパイプカツトマミヰズの撮影だった。


録音から一年、ようやく音源販売に向けて動きが!

「やんのかコラ表出ろコラ」

珍しく平日なのにパイプカツトマミヰズ練習。
週末だとあまりにもメンバー各員の予定があわないので吉田君が泊まり込み覚悟で名古屋に出てきたってわけ。
奴さん、少し前に明け方に酔っ払ってバンドの内側の愚痴をSNSに投稿してたから(こうやって書くと語感やべえな)ちょっと心配になって練習前に飲みに誘ってみた。そりゃあまあ一応気がかりだよ、メンバーだもの。

2016_11_30_001
「俺が酔っ払ってる時の愚痴なんて『私太ったの』と同じようなもんだよ」
そうかよ、この野郎!でも安心した。
良い機会だからちゃんとコミュニケーションとって心機一転頑張ろうと思った。文字だけのやりとり、オンライン上だけの情報だとやっぱりどんな感じなのか表情と温度が見えないもんだから過剰に心配する。
思ったところを話し合ったけれども、結局吉田君も気が小さくて繊細な優しい奴なのかな、と思った。いやわからんけど。
練習する頃にはお酒が残っていたけれども泥酔って感じにはならず、一安心。俺ってやっぱり酒弱い。
mooerのRATコピー(コピーどころかビンテージRATとturbo RATが二つで一つになっている上にTurbo RATより若干、気持ち低域の出が良いのでアップデートなんじゃねえか、とさえ思う)が押し出しが強くてこのバンドには合ってるな、と思った。

撮影で静岡へ。

2016_10_30_001
昼過ぎ、レンタカー屋さんに集合して皆で静岡は中田島砂丘を目指す。
今日はパイプカツトマミヰズの撮影である。詳細は近日公開になる予定なのだけれども、モデルさんにも同行して貰っての撮影であった。カメラマンは我々毎回お世話になっているヨシダユキ先生。
この画像には写っていないけれどちゃんとドラムの駒田君も一緒。

2016_10_30_002
「日の入りをバックに撮影したい」という吉田ヒズム監督の意向により日没までの到着が必須条件となったが、我々が中田島砂丘へ到着したのは16時半。ええ、ギリギリでしたとも。というかアウトか。けれども監督のフレキシブルな対応により目的達成。
到着するまでは「間に合うのかよー」とか「さわやか食べて帰る時間あるのかよー」と一同ガヤガヤしていたけれども、いざ日没の頃合いの中田島砂丘に到着するとその美しい光景に「...来て良かったね」と妙に和んだのであった。

帰りにさわやか(静岡では有名なハンバーグチェン店。僕は同好の士である友人と時々食べるためにわざわざ静岡まで行く事がある)に寄ってみるも満席で一時間待ち。その後予定があるメンバーもいたので断念。国道一号を走って帰る予定だったので国道一号沿いの店で何か食べて帰る事に。
けれども好みもバラバラな6人だったのでなかなか店が決まらず。空腹で車内の雰囲気もピリついてきた頃に岡崎手前で大阪王将を発見。歓声を上げながらピットイン。

中田島砂丘滞在時間こそ短かったものの、バンドメンバーとの移動時間は会話も弾み「行って良かったなあ」と思った。
楽しい一日でした。

自己紹介

Author:舟橋孝裕
愛知県在住、ベースギター奏者です。
・JONNY
・パイプカツトマミヰズ
・犬栓耳畜生
・白線の内側
 やサポートでベースを弾きます。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム