FC2ブログ

犬栓耳畜生、岐阜へ。

3月2日(土)の日記である。
先週に続き午前中は仕事の勉強会。人前で発表する機会を得たのだが自分の手応えよりも講師の先生をはじめ、他の参加者からの評価も悪くなかったのでホクホクしながら(我ながら単純だとは思うが良く言えば素直、悪く言えば阿呆なのである)自宅へ戻る。

この日は犬栓耳畜生で岐阜 KING BISCUITにて演奏。
個人的には初めて出演する場所だ。初めての場所での演奏というのはドキドキする。そしてその分楽しみも大きい。電車移動だったので出来るだけ軽装で、JR岐阜駅へ。
集合時間から5分遅刻して到着、金の信長像でメンバーと待ち合わせる。KING BISCUIT、通称キンビスまではJR岐阜駅から歩いて30分程だ、というので皆で歩いて向かう手はずになっていたのである。駅を出、良い雰囲気の飲み屋街を歩いて抜けて更に商店街、途中でストリップ小屋の前も通ったな。
こうして駅から歩いて会場へ向かうと何となく勝手にその土地を少し知れたような気持ちになって嬉しい。生活感を感じる事の出来る商店街もお洒落な服屋さんの向かいの、敷地内に電車が展示してある大きな公園もどことなくノスタルジーというにはもっと体感時間としては身近で、だけれども記憶の中のどこかのあの日に見た光景、みたいな感覚を強く呼び起こされるような光景連発で凄く良かった。
「うわあ良いなあ」とか「岐阜住みてえ」等と感嘆の声を連発しているうちにキンビスに到着。
元学習塾が入っていたという建物の地下に降りて行き扉を開けると今まで何度も何度も嗅いできたライブハウスの匂いが一気に匂ってきた。初めて来た場所なのにこの香り、知っている。
キンビスは想像していたよりもずっと狭くて、ずっと良い場所だった。ステージもほんのわずかに高くなっているだけでほぼほぼフロアと地続きだ。すぐ近くには小学校があるし向かいは綺麗な一戸建てで、ここで大きな音で演奏して良いものかどうか一瞬迷う。最高だなあ。
機材を置いて早々に、近くに良い居酒屋があるので是非行こうと炭酸さんの案内の下、出掛ける。

『居酒屋 ふじ』はすぐ近くにあり、入店するなり「キンビスの人?」と若くてナイスガイの大将に声をかけられた。まだ早い時間だったのでお客さんは僕達の他にまだおらず、キンビスにも時折遊びに行くという音楽好きの大将と話をしつつ、酒を飲んだ。いやね、『居酒屋 ふじ』最高ですよ。料理はどれを食べても旨いし大将も楽しいし居心地も良いしレモンチューハイも濃い。ついつい楽しくなって綺麗に酔っ払ってしまった。
「どうせ始まるの、30分くらい遅れるよ」と大将が言ってて僕達もそれ聞いて笑ってたんだけど、いざキンビスに開演時間少し前に戻ると本当に大将の言う通り30分押しで演奏が始まって驚いた。尤も、出演者が仕事の都合で、というしょうがない理由なんだけれども。

キンビスのレモンサワーは濃くて美味い、と炭酸さんが力説していたので飲んでみるかと一杯飲む。思えばこの辺りで自分がベロベロに酔っ払っている事を自覚すべきだったのだ。普段飲まない自分がここでもう一杯飲むっていうのはそういう事だ。
飲んでる僕を見てこれまた酩酊している炭酸さんが「皆で演奏前に飲もう」とジンだか何だかの入った強い酒を注文し(焼酎が切れてしまったのであった)、これが本当にキく奴で演奏を開始する頃には感性が完全に強制オープン、自分の内側に向かってスイッチが入っており即興をするには良い具合に強制的になってしまっていたのであった。こういう状態に素面でもなれないといけないなと思う。
音が大きくなる予感がバリバリあったので久しぶりにイヤーカフを持って行っていた。適度に自分の音含めバンドの音が遠くなり、より自分の肉体に自覚的になれるのは面白い経験だった。
この日の犬栓耳畜生は久しぶりの僕コンダクト。内容は『即興』。「しばらく即興は控えよう」と敢えて避けてきた即興演奏を今ここで臨むのには自分なりに挑戦意欲と確信があった。きっと色々なコンダクトを経てきた我々はもうかつてのように完全即興で演奏があらぬ方向に霧散するでもなく、迷いが生じて興奮半ばで終わるでもなく、その時にしか出来ない演奏をする事が出来るのだという気概。「はじめは大きな音でガーンとやって途中でアンビエントみたいになって最後に大きな音でガーーンとしめましょう」と一応の流れみたいなものだけは共有したもののそれ以外は即興。森野君がドラム、まりいちゃんがギター、僕がベース、炭酸さんはマイク内臓のMTRにノイズマシンを繋いでMTRをミキサーのように使ったり内臓マイクに向かって絶叫したり。
僕は先日大層気に入ったLS-2とRV-6の組み合わせ先日大層気に入ったLS-2とRV-6の組み合わせ先日大層気に入ったLS-2とRV-6の組み合わせを大いに奮って演奏した。実質20分演奏しただろうか、程良いところで誰ともなく演奏終了。演奏の手応えはあった。他のメンバーがどう思っているかまだ訊けていないけれども、ロマンティックな演奏になったと思っている。

演奏後に共演者の皆様とお話したりメンバーで一杯やっているうちに結構遅い時間になってしまった。JR岐阜駅まで歩いて向かっていたつもりが違う道を突き進んでおり、慌てて方向修正。
名古屋にモドッたのは随分遅い時間になった。
家内は激怒。そりゃあそうだ。
スポンサーサイト

突っ張り棒とレコーディング。

最近つくづくその商品の充実っぷりを痛感し、また実生活に於いてその企業努力に感謝せざるを得ないのが『お値段以上』のキャッチコピーが印象的なニトリさんである。「ニトリさんの低反発枕が良いらしい」と聞いて購入以降ずっと愛用しているが確かに寝心地抜群だし、収納ボックスも大変重宝している。web通販だと簡単サクサク注文出来てしまうのもたまらない。
だけれども何より僕が感謝しているのは『突っ張り棒』である。
『突っ張り棒』と聞いてピンとくる方は収納や家具の配置(または転倒防止策)について少しでも意識した事のある方だろうと思う。
僕は突っ張り棒やそれを応用したニトリの素敵アイテムで生活の利便性が格段に向上したという実感がある。今や自宅に突っ張り棒は欠かせない存在であり、今後も収納や生活スペースで困った事があったら僕は突っ張り棒でガンガン解決していこうと思っている。いや、心に決めている。突っ張り棒はその信頼を裏切らないだろう、今までもそうであったように。

2019_02_13_001
一畳程の収納部屋を改造した自室、ここは面積こそ狭いけれども突っ張り棒を駆使して収納スペースを拡張する事で機材や楽器、結構な量のエフェクターをその中にしまい込んでいる。手元に固めておきたい、と思うのはコレクター気質とでもいおうか、もうそういうものであると思ってしまっているというか別の部屋に置いておくという発想自体が、ない。僕の楽器は可能な限り僕の部屋に置いておきたい。そうなると棚を置くようなスペースもないので空中に突っ張り棒で棚を作り上げる他方法はないのである。
さてそんな自室だが、先日友人がその様子を見たところ「壁に写真が貼ってあるあたり、何だかこのスペースと相まってシリアルキラーみたいですね」と言われてしまった。気持ちはわからないでも、ない。

2019_02_13_002
話を突っ張り棒に戻そう。
自慢ではないが、拙宅の浴室はお世辞にも広いとは言えない。かといって狭いわけでもないが折角のくつろぎスぺースなので少しでも快適に使いたいというのが当然の心理である。
そこでこの突っ張り棒を使った素敵アイテムの出番である。取り付けも簡単、棚の高さも自由自在である。これは控え目にいっても最高、導入の際にはピンときていなかった妻もいざ設置された浴室を目にすると笑顔になった。ニトリさんの突っ張り棒は一家に笑顔さえを運んで下さるのだ。
勿論突っ張り棒なので安全性も抜群。いつの日か、そう遠くない未来に今より成長した娘が体重をかけたところでビクともしないだろう。

2019_02_13_003
そうそう、この事も忘れずに書いておきたい。もう突っ張り棒の話はお終いである。
先日、犬栓耳畜生はスタジオに入りレコーディングを行った。「音源を作ろう」という掛け声以降、それぞれアイディアを練り数曲分の録音を済ませていたのだが、メンバー脱退やメンバー各員の生活の変化等で完成させて販売するタイミングを失っていたのである。
で、いい加減そろそろどうにかしないといけないねという話になり3月のライブに間に合うように完成させる事となり、ではかつてライブを演奏を実際にし、手応えを得た曲を追加で収録したいと録音を敢行したという次第である。
内容自体は半分くらいは即興みたいなものなのだが、作曲者である富田メンバーの意思や意図はその構成にこそあるのだと思っているのでそこだけは重視して、あとは今現在の自分からツルッと出てくるものを音源に残そうと尽力した。
怒涛のワンテイク、録音したものを皆で聴き返して思ったのは明らかに以前の演奏とは違ったものになったということ。このバンドは特にそれぞれがどのようなものが旬なのか、何を経てきたのかわかりやすい。大変面白かった。

そんなこんなで面白おかしく生活しています。

ABCDEFGHIJK ドン!

2018_08_20_001
DUCT TAPEは全員ゴリゴリのバキバキでそこはかとなくマッチョイズムただようオルタナっぷりが素晴らしかった。音がデカい。楽器を持つ格好も様になって格好良い。
DAYTRIVEというコンクリート製の四角い箱の中でグワングワンに音を鳴らしていた。

はい、というわけで犬栓耳畜生で新栄DAYTRIVEに出演だった。
珍しく一組も共演者の中で顔見知りがいないという大変新鮮味ある日。いや、そりゃそういう日があって当たり前なんだけれどもどうしても顔見知りがいたり僕が知っている人がいなくてもそれぞれ活動を重ねているメンバーとバンドをやっている以上、誰かしら誰かの顔見知りだったりする日が多かったのだけれども。いやはや大変新鮮で、大変良い日となった。
共演バンドも音が大きくて格好良いバンドが多かったけれど、どうしてもこういう日は人見知りをしてしまってなかなか人と打ち解けて話す事が出来ない。その辺犬栓耳畜生のメンバーはコミュニケーション能力が高く、ガンガン人と話して仲良くなっていく。
僕は家庭のサムシングで失礼したけれども、メンバーはこの日の出演者で打ち上げまでキッチリ楽しんだようだ。素晴らしい。

劣等感を感じていてもしょうがない。この日の演奏の備忘録。
この日の犬栓耳畜生のコンダクト(指揮)はまりいちゃん。彼女はいつからかキッチリ構築したライブの設計図を持ってきて、それを骨組みに即興演奏を運用する事を選択しているけれども、今回のもまた難しくて。なかなか腹の中に落ちてこず演奏するのも苦労した。ようやく演奏出来る、レベルだと楽しくない、けれどもある程度の余裕と緊張感が良いバランス感覚で自分の中に両立出来ると途端に楽しく演奏出来る設計図。
何が面白いってスタジオで試した際は皆「難しい難しい」と言っていたのに本番での演奏が秀逸だった事だ。駆け引きと冷静と情熱の間。

次回のコンダクト(指揮)は僕だからなあ。どんなのにするかなあ。

表現活動には求道者として自己実現の要素も内包する。

先日は鶴舞DAYTRIPにて埼玉のバンドであるロクトシチのレコ発企画に犬栓耳畜生で出演。

今回のコンダクトは森野君。カヴァー多目でお送りした。
森野君は言葉少ないながらも面白い(funnyでありinterestingである)人だから今回のコンダクトも良いものになるはずだったろうに、個人的にはバンドの演奏に貢献出来ずに他の3人のテンションにおんぶにだっこになった形になってしまった。どうにか打破しようと試みたものの最後の最後までなかなか一線を超えられず...ここ最近の犬栓耳畜生での演奏では一番閉ざしたものになってしまった。
観ていてどう映ったかはわからないけれども、やっぱりメンバーからの投げかけの部分に応えきれないのはネガティヴな焦燥感が募る。有難い事にバンドとしては評判も悪くはないようなので(けれども究極的には音楽の評価というのは演奏者からすればやはり自己実現を伴いたいものである)個人的な反省をして今後アップデートをしていく材料となったな、と腹の中で落ち着けてはいるのだけれども、実際バンド活動を10年以上続けてきてもこういう事があるから本当に音楽を演奏するという事は面白い。
実際何が原因でクローズドな演奏になってしまったのか、心当たりは幾つかあれどもそのいずれも過去の経験から鑑みるに決定打になるものではないのだよなあ。今までその要因を備えた上での演奏でも良い演奏をしてきた、というものばかりなのである。
結局、ネガティヴな要因を潰す事よりもより良いもの、良いものを目指す方向で思索した方が建設的なのでは?と毎度お馴染みの結論に至ってしまうんじゃあないか、とそう頭の片隅では思っている。
繰り返したくはないものだが。

演奏直後から感じていた憂鬱と少しばかりの悔いだけれども、ロクトシチの演奏を観ていてそんなものは消し飛んだ。
心技体が一致すると音楽は、バンドマンはかくも強烈な存在足り得るのだ、といわんばかりの演奏。もう完全無欠に格好良い。

2018_07_22_001
この日の思い出の一枚。しまらねえ顔だな、俺な。

今日の日はさようなら

随分と時間が空いてしまったけれども、シンサカエスプリングでの犬栓耳畜生とBBBBBBBの演奏について書いておこうと思う。

シンサカエスプリングの日は引越し二日目、演奏と同時進行、否、演奏と演奏の合間も引越しに手をつけての一日となった。こんな無茶なスケジューリング怒られるだろ、と思いつつもどうにかこうにかどちらもやらせて頂いた。関係者各位ならびに妻に感謝である。

犬栓耳畜生、この日の演奏は炭酸さんがコンダクト。
シンサカエスプリング3年目を祝う主旨であると同時に挑戦的な内容でもあり、炭酸さんのやりたい事の一端が垣間見えた気がした。
個人的に手応えを感じたのは「音楽視聴サイトで適当に選曲された音楽にその場で影響を受けて即座に演奏してみる」というもの。30秒程ランダム再生される音楽(今日はドライブ気分!とかある程度テーマは決まっていた様子であるが)を聴いてメンバー内の打ち合わせの時間もとらずに間髪入れずに演奏する。
明らかな得意分野とそうでない時の表現の仕方の差異は明確で、フロアの反応を見るに得意分野でない時の演奏の方が面白い内容であったのだろうと思う。ピアノ弾き語りが流れた時には総員知恵を絞り「この音楽に影響を受けて自分は何をするか」と表現者として根本的なアティチュードの部分を提示したり、普段では絶対に起き得ないような瞬間も成立したり大変興味深いものとなった。いささか僕ははしゃぎ過ぎたかもしれない。
僕達はある頃から「ノイズバンド」と自認するのを辞めておりどちらかというと「四人で何が出来るのか実験」しているバンドであり、今回の演奏内容はバンドの在り方の提示という意味でも興味深いものであった。
ちなみにピアノ弾き語りの曲が流れた際は、ベースギターをフロアに置いて両手で鍵盤に見立てて弾いたのであった。
僕は結局、そういう奴なのかもしれない。

観たいバンドも観てみたかったバンドも幾つもいたけれども、引越しのため新栄をあとにする。
会場に戻ったのは夕方で、それまでは新居の片付けやら買い出しやら荷物の搬出入に情熱を注いだ。


夕方頃、会場に戻る。
gloptinの演奏が観れたのはこの日の大きな収穫の一つである。
ノイズパーカッション、というには余りある有機的な演奏楽器から成るシステムのワークショップを、転換後に聞く事が出来た。傾注している面々が見事にその筋の人達でこれもまた面白かった。
印象に残っているのはその攻撃的な音と点滅するストロボよりも、日本文学を連想する叙情的な歌詞と歌声であるというあたり、やはりgloptinはポップなのだと思う。

BBBBBBBの演奏はシンセサイザー/サンプラーを担当していたKD君が選抜メンバー(総勢20名を超えるBBBBBBB参加メンバーの中から定期的にライブに参加するメンバーは選抜メンバーと呼称される)を抜けてから初の演奏。
加入前でこそノイズ要素が強いロックバンドだと思っていたBBBBBBB、実際のところ西園寺君がイメージするアンサンブル中でのベースサウンドってシンセベースだったりするのかな、と思っているのでMEATBOXを多用してシンセサイズされたベースサウンドを意識した音作りをしている。
音抜けとか云々ではない次元の音、音圧そのもののような音ではあるが、弾いていてグッとくる音をデザイン出来たと思う。アンプをブッ壊すリスクを意識してビクビクしているけれども(コンプレッサーで安全策を講じては、いる)。
面白いものでそういう音で演奏しているとどんどん心持ちも機械じみてくるというか、筋肉というよりもプログラム、機械と動物の間みたいな気持ちになってきてこれがまた楽しい。難しいけれど。勿論弾いているのは人間なのでその矛盾点も意識するとまた愉快な気持ちになってくる。

弦を弾けば音は出る。ただ、どのような意図で発音するのか、それも意識しないといけないなと最近特に思う。

シンサカエスプリング、僕がライブハウスの人間だったら非常にしんどいと思う。実際大変だろう。企画者のシミズミミさんならびにスタッフの皆さんに謝意を。
演奏で示していくのが一番かな、と思いはするが、無粋な人間なので口にしてしまうなあ。

自己紹介

舟橋孝裕

Author:舟橋孝裕
愛知県在住、ベースギター奏者です。
・JONNY
・パイプカツトマミヰズ
・犬栓耳畜生
・白線の内側
 やサポートでベースを弾きます。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム