FC2ブログ

『うちがわのそとがわ 第一回』ありがとうございました。

有難い事に、書く事が溜まっている。

これって結構理想的な状況で、つまり最近は「日記に書いて残したい程面白おかしい事が書いて残す時間もない程に沢山あった」という感じだった。あまりに忙しいんじゃないかって?エナジードリンクと最低限の睡眠時間があればあとはアドレナリンでまだ、どうにかなる。以前より肉体が必要とする睡眠時間は圧倒的に増えたし蓄積した疲労の回復にもメンテナンスを必要とするようになったけれども加齢による諸々の衰えはまだまだアドレナリンでどうにかなる範疇でおさまっている。
話が逸れたが、書きたい事が結構重なっているのでどんどん積み重なって忘れていってしまう前にコツコツと記録を残していこうと思う。スマートホンをポチポチと触る時間くらいはあるのだから。

録音開始から実に2年の歳月を経て、白線の内側のアルバム『へいせい』が完成した。アルバム発売の日取りは平成最後の日だった。
レコ発企画もその日に出来れば良かったのだろうけれども、なんだかんだでアルバムを売り出したのは関西のライブからだったし、在住の名古屋でのレコ発企画はつい先日になってしまった。
アルバムが間も無く完成しようかという時分から計画を練っていたがそれなりに時間がかかってしまった。だが、時間をかけた甲斐はあった。とても良い企画だった。
というわけで2019年7月13日、吹上 鑪ら場でレコ発企画『うちがわのそとがわ 第一回』を行った。

2019_07_19_001
その前日、出演者である高野京介君(from東京。彼のブログは滅茶苦茶読み応えがある。読んで下さい)が名古屋に前ノリ、拙宅に泊まりに来た。
拙宅に友人が泊まるだなんて名古屋在住の友人知人でも滅多にない事だのに、妻は「高野さんにはとても興味がある」と二連泊を快諾。面白い事にアンテナが立っている女性だ。
僕も珍しいこの事態に大変興奮、企画前夜は飲み慣れない酒を飲んで轟沈、企画当日は入り時間ギリギリまで2人でハードオフ巡り(とは言っても起きてから割とダラダラしていたもんだから2店舗しかまわれなかったけど)をした。
なんて事ないけれど友人が少ない僕からすると、かけがえのない時間だったと思う。

さて、企画に話を戻そう。
白線の内側のレコ発企画自体については割と打ち合わせをメンバー間で重ねて、超マイペースな活動を重ねる我々ながら全員の意向を都度都度確認しながらこの日を迎える事が出来た。
当初こそ「折角バンド活動のみならず芝居や生け花や様々な領域で活動している連中の集まりなんだから色々な表現領域から素敵な人、団体に声をかけよう」という構想はあったものの、完成したアルバムを聴いてその出来栄えに「これは俺達、シンプルにバンドとしてわかりやすい=キャッチーな企画を行った方が良いのでは」という方向にシフトチェンジ。その結果ライブハウスでの演奏活動を通じて出会った、或いはファンである皆様にお声がけさせて頂いて四組の出演者で企画を挙行する事となった。

全員で意見を出し合って決めた僕達以外の三組ではあるが、企画中にニンマリと笑ってしまう程良い顔触れだった。
VE-20とエフェクター、それぞれを駆使して音を重ねたりディレイで飛ばしたり、ボーカルと鍵盤のユニットという形式さえ軽々と超越してみせるいとまとあやこ、クセになるボーカルと滅茶苦茶音の良いアコギ、それを強力に彩るエレクトリックギターのくビれ(個人的にこの日の一曲目はアコギもエレキも単音でリフを弾かれていて、その重なり方というか雰囲気が90年代クリムゾンチックで大変良かった)、MCも曲中の脚注めいたお喋りも面白くて会場も笑いに包まれるのだが、そのうちにその根底にある自己嫌悪とかそういう感情が突き刺してくる高野京介、そして僕ら。
どうですか、滅茶苦茶良いメンツじゃなかろうか。バラエティに富んでいながら、通じる何かを感じて頂ける4組になったのではないかと手前味噌ながら思う。俺ならこんな面子で観たい、が実現出来たのは企画した側としてはしてやったりである。嗚呼、超絶手前味噌。

2019_07_19_002
この日の白線の内側、演奏開始と同時に樫山君が調子良いのを感じた。そりゃあ企画だもんな、バキッとキメたいよな。
それにしてもフロントマンのテンションが高いとかくも熱が入るのか、と思いながら演奏。
メンバーの演奏に影響されてばかりではいけないけれど、こうして良い形で結実するのはディスイズバンドマジック。
全曲指弾きに挑戦してみたけれどこのバンドではあっている気がする。

十数年バンド活動をしてきて今更だけれども、企画を主催してバンドに声をかけて出演者を確定して、宣伝してお客さんに来て貰って、という流れは真摯に取り組めば結果的に自分達の音楽を聴いて欲しい人達に届けやすいのでは、と思ったりもした。アウェーの空間でしのぎを削る尊さもあれど、折角企画を行うんだから。
出演者の皆様、ご来場頂いた皆様有難うございました。
企画名を提案したのは実は僕なのだが、わざわざ『第一回』と銘打ったのは二回目、三回目と続いていくようにという思いも込めてである。また面白い夜を作れるように尽力します。
スポンサーサイト



白線の内側『へいせい』レコ発大阪編。

12日日曜日は白線の内側で大阪遠征。
SNSで「アルバムが出来たのでレコ発で今年は全国色々なところへ行きたい」と何気なく発言したところすぐさま連絡をくれたのが大阪は扇町para-diceだった。そこからサクサクと話はまとまり、かくして名古屋のレコ発よりも先にレコ発ライブ@大阪場所が先に決定と相成ったのであった。
うん、僕が加入して一発目のライブもpara-diceだったし何なら一番ライブやってるのpara-diceだし、別に違和感も全くないけれどもね。名古屋のバンドだから名古屋で始まり名古屋で終わるというのが決まりじゃなし。あ、でも勿論名古屋での企画とかも、予定していますよ。

この日は友人 九鬼君を運転手兼スタッフとして同行して貰い、アルバムジャケットや盤面のデザインをして貰った吉村さんも同行してくれた。免許を取ってからというもの、時折バンドの遠征は運転していたけれども今回も往路の後半は僕が運転した。遠征も運転するとなると格別だ。前日も何だかんだ仕事でお客さんのところへ運転していたし、この頃は割と長距離の運転が多かった。
話を戻す。割と余裕をもって名古屋を出たので扇町para-diceへ到着したのも結構早めだった。道中食事休憩等もなかったので皆は食事に出、往路前半、妻が持たせてくれたお弁当(妻には感謝しかない)を食べていた僕は一人で近所をブラブラした。扇町para-diceのある天神橋筋商店街は日本で一番長い商店街で、その店の並びとかを見ながらブラブラ歩くだけで楽しい。
途中に日本各地からベンチャーズファンが集まる楽器屋もあり、モズライトが大量にあるので見応えがあったのだが店の前まで行ったものの、集合時間まで中途半端な時間しかなかったので中を覗くのは諦めた。以前訪れた際はお店の店主さんともお話出来、流石にモズライトベースの購入は出来ないが何か小物くらいならお土産に購入出来るかも、と思っていたのだが、楽しみはまたの機会にする事にする。

リハーサル序盤、パワーサプライを接続してもエフェクターに電力が供給されない。どうやらデイジーチェーンケーブルの接触不良のようだ。ケーブルをグリグリするとすぐに通電し、事無きを得た。リハーサルを大変快適に終え、出音に大変満足出来るサウンドメイクが出来たので本番への期待も高まろうというものだった。
実験的にコンプレッサー2台、ディレイ3台と僕にしてはノードライブ、変則的な足元で臨んだのだけれども面白い演奏が出来そうな予感もあった。
リハーサル後、メンバー各自自由行動。僕は樫山君とすぐ近くにあるクラブ温泉へ。

2019_05_15_001
クラブ温泉、多分だけど一度訪れた事があるような気がする。
今まであまりそこに着目していなかったけれど、浴室の天井の高さは快適さにも繋がると発見した。クラブ温泉は天井が高く、その浴室の広さもあいまって良い具合のアンビエント感を演出してくれる。解放感もあって大変良い。また、水風呂の深度も結構あり、どっぷり浸かる事が出来る。サウナルームとその真下の水風呂を繋ぐ螺旋階段も趣があった。
再訪したいサウナだ。

この日の共演バンドでLLRR(るるろろ、と読む。webとかは見当たらなかった。俺の検索能力の低さ故、なのだろうか)というバンドが僕達の一つ前の出順で演奏していた。出番前は割と緊張やら集中で時間を要するので1,2曲しか演奏を観る事は出来なかったのだけれども滅茶苦茶良かった。格好良いバンドを観た後に思う「こういうバンドやりたい」とダイレクトに思った。ああいうバンドやりたい。

出番直前、転換でハプニング。
調子が悪かったデイジーチェーンケーブルがどうやら更に壊れたらしく不具合が頻発している。電源が供給されて一瞬で切れてまた一瞬復旧して、みたいな状態を繰り返している。流石にこの状態で演奏に突入するわけにもいかず、急遽使用エフェクターを厳選、2本のデイジーチェーンケーブルの内断線しかけていると思しき方を外し、正常なケーブルのみで使用出来る5台分のエフェクターで演奏する事にした。こういうのは焦る焦る。けれども同時に腕前が試される瞬間でもあるし面白くなる瞬間でもある。
電源的に安定した状態を作り出せたので演奏開始。
しかしエフェクターを幾つか外した状態だからか混乱の中ツマミの位置が変わったのかどうにもドライシグナルとコンプレッサー×2のバランスが崩れたように感じる。修正したものの動揺もするし何だかなぁと気持ちの部分でもダメージを負う。
しかし同時にその差異やエラーが演奏、ライブ全体に及ぼす影響は俺が捉えているより大きくないはずだ実際、と冷静でいられるように努め演奏を行う。演奏終了後、照明をして下さってた志村さんとお話したのだけれども実際外では気にならなかったそうで、あそこで自分に前向きになるように言い聞かせて正解だった、と今後の自分の判断に更に自信が持てるようになった。これ、大きな事言っているで別にそうでもないからね。落ち着くための根拠、みたいな話。ちゃんちゃん。

白線の内側がレコーディングを開始してこうして所謂「レコ発ツアー」みたいなものに出張るようになるまで随分と時間がかかってしまった。一般的なバンド活動のペースでいっても相当に、滅茶苦茶に遅いだろう。けれども、アルバムは出来上がり物販ブースで売る事が出来るようになった、兎に角。
これを携えて色々な場所に行きたいと思う。

鈴木実貴子ズでの演奏と白線の内側の音源が完成に近づいた週末。

19日(土)
小豆原一朗さんのレコ発企画@吹上 鑪ら場に出演する鈴木実貴子ズバンド編成(小音量ver.)に参加。
出演は小豆原さんにcoupy
娘を実家に預かって貰っていた関係で演奏後はバタバタと動き回ったものの、楽しい夜を過ごす事が出来た。思えばこの日が2019年のライブ初めである。今年も沢山の面白い空間で演奏出来ますように。
フレット音痴になっているSBVに代わり、代打でムスタングベースを持ち出したのだけれどもやっぱり低音に締まりは、ない。代わりに良い意味でスケールの小さい音がした。勿論、それが妙味の楽器であり憎めない一本である。万能選手ではないものの「使いようだな」と思わされるし、どう扱うか常に試行錯誤と挑戦を強いられるという意味では今後もきっと手放す事はないだろう。
何より、高校3年生の頃に購入した初めてのまともな楽器だ。
演奏後、郵便局のATMに立ち寄ったところほろ酔いの友人夫妻に出会った。梯子酒の途中であるという。元気そうで何よりだった。


20日(日)
以前から予定していた所用で出掛ける妻から信用を得て、娘と二人で留守番。
普段妻がどうやって娘と二人で過ごしているか知る良い機会であるし、自分が如何に落ち着いて過ごせるか知る良い機会じゃわい、と思っていたもの何て事はない、我が娘は実に穏やかに日中過ごしているのであった。主に『メリーを見てにこにこ微笑む』『彼女なりの独り言を言う』『寝る』であった。腹が減ったりオムツが汚れたりしていると主張してくれるので助かる。
娘の様子をみながら『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』『ホステル2』を視聴。立て続けに観るには随分な取り合わせだ。どちらの映画も面白く、それぞれ楽しめた。
休日、家にいるとダラダラと食べ続けてしまうというのは一つの発見であった。

2019_01_21_001
妻が帰宅後、白線の内側の会議へ出掛ける。その後の予定の事もあったのでメンバー各位に了解を得て妻と娘も同行。
この日の会議の主な議題は制作を続けてきたアルバムの完成視聴会。ミックスとマスタリングが金森メンバー(今回はエンジニアも担当)によって完逐されたので皆でその確認をするのであった。
これがね、実に良い仕上がりなのである。
僕がベースパートを録音したのって結構前の事だしもう気持ちの上でも今の自分とは地続きでないからして(冷淡かつ珍妙な言い回しだが、時間の経過とはその時の演奏した自分の主観と現在の自分の主観との乖離を生じる)演奏にもツッコミ所は多かったけれども、それでも作品全体としては否定出来るものは何一つなく、4人のバンドの音源としては全員顔を見合わせる程良い作品になったのであった。随分と時間こそかかったものの、ようやく僕達は作品完成に近づいているのだった。
デザイン面の打ち合わせも行い、では具体的にこれをどう売っていくか、という話も始まった。

勿論、直接演奏をしに行ってお届けするのが一番なのは明らかである。
今年は動くよー。

InsideOut

2018_06_25_001
先日、ギャラリーWhite Cubeにて行われているニシムラマホさんの個展に白線の内側で会場音楽を提供した。提供?ちょっと違うな、個展の展示期間中、会場内で流れる音楽、その根本的な在り方からニシムラマホさんとコラボレートさせて頂いた、という方が個人的にはしっくりくる。
会場の四隅にスピーカーを設置して、メンバーがそれぞれ互いにアンタッチャブルな状態で録音した音源を同時に流す、という実験的な試みだったわけだけれども、これが思っていた以上にお互いにもそうだし空間にも親和性があって驚いた。
個展の会場音楽のみならず、23日(土)には開催期間中のライブパフォーマンスでニシムラさんのライブペイントと僕達の即興演奏でご一緒させて頂いたりもした。

2018_06_25_002
ベースギターを弾くよりも不自由である方が面白い、と感じていたので最近ハマッているシステムで参戦。
mooger fooger MF-101の自己発振にエフェクトを重ねてかけていく事で音をデザイン、ディレイとリバーブを長めかつ深めにかけてピッチや音色の変化に時間差でレイヤーを重ねていくような、そんな感覚での演奏となった。
途中でそれに加えてスマートホンでのノイズアプリでホワイトノイズやスクエア波を出して会場内を動いたりした。皆ニシムラさんのライブペイントに視覚を注いでいる状態だったのでハッと振り返られたりもした。良かったのか悪かったのか。
満員御礼だった会場内、ニシムラさんの挙動の一つ一つが完全に把握出来たわけではなかったけれども、人ごしに伝わってくる気配、或いは他のメンバーが出している音の気配を頼りに演奏をした。
演奏終了後、今日の演奏は良かったのか悪かったのかどうにも手ごたえが得づらかったな、と得物が違う事によりフィードバックが得られづらいよねっていう話を樫山君としていたのだけれども、お客さんの中でノイズ好きであると仰っていたお客さんがわざわざ僕の音を頼りに声をかけて下さって嬉しかった。
ノイジシャン、と名乗る程の自負もないけれどもそういう音に嗜好を寄せる人間として憧れの片鱗みたいなものだけはそれだけで終わらない形で混在させる事は出来たのだろうと思った。

インターネット開通

ようやく新居でもインターネットが開通した。
NTTさんに工事に来て貰ったものの、モデムがブッ壊れていたようでどうしたってインターネットに繋がらない。本日、修理のお兄さんが夕方頃来て下さったそうで今こうして快適なネットライフを堪能している。感謝。

さて、幾分か前の事になるけれども白線の内側は四日市ドレミファといろはでライブをした。
昼頃ジャパンレンタカーに集合して下道で四日市へ向かう。妊娠している妻を自宅に一人残すのも心配なので妻とメンバーに勝手を言って会場入りの段階から同行して貰った。後から来るならば最初から一緒に来て貰った方が安心である。
というわけでレンタカーと自家用車の二台で途中で席替え(この場合車替え、が適切だろうか)したりしながら二台で四日市へ移動。
時間に余裕を持って移動したものの、何だかんだそれなりの時間にドレミファといろはに到着。何でも前夜に排水管の不具合で水回りが結構な被害を被ったらしい。キッチンとトイレが使えないとの事でこの日は同じ階の居酒屋さんのトイレを使わせて頂いた。いろはと共同でライブイベントを行ったりしているそうなのでゆっくり呑んでみたいものであるが、今のところなかなか機会に恵まれない。

2018_06_18_001
演奏前にかしやま君にDA PUMPの『USA』の振り付けの一部を教えて貰う。これでも緊張はしている、僕もかしやま君も。
有難い事に出番はトリだった。共演の橋本進バンドで店長ゴウさんがベース演奏を披露しており、事前にも「この日は流血ベース対決やな」とか言われていたので(こう言うもののそんな物騒な演奏をするわけでもなく、大変歌心溢れるゴウさんらしい素晴らしい演奏だった。別の意味で流血した)僕も変にイキッてしまってそれじゃあゴウさんに対抗しよう、じゃないけれども普段よりもグッとペダルの数を減らして、それこそサンズアンプトチューナーとリバーブくらいで演奏したのだった。
結論としてはドレミファといろはのような環境では音圧でガンガンいこうぜ、って感じでもないしこのセットは大いに有り。十分表現力に足りる音色、演奏となったと思う。
演奏するからには毎回挑戦したい。ペダルの数を減らした事で何か発見があったかというと特別新しい何かに気付いたというわけではないけれども、なけりゃないでその時最高の演奏をしようとする気概を持ち合わせている事と、そうなると自分はまたそれなりの攻め方をしようとするのだと確信する事が出来たのでこれはこれで収穫はあった。

自己紹介

舟橋孝裕

Author:舟橋孝裕
愛知県在住、ベースギター奏者です。
・JONNY
・パイプカツトマミヰズ
・犬栓耳畜生
・白線の内側
 やサポートでベースを弾きます。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム