インターネット開通

ようやく新居でもインターネットが開通した。
NTTさんに工事に来て貰ったものの、モデムがブッ壊れていたようでどうしたってインターネットに繋がらない。本日、修理のお兄さんが夕方頃来て下さったそうで今こうして快適なネットライフを堪能している。感謝。

さて、幾分か前の事になるけれども白線の内側は四日市ドレミファといろはでライブをした。
昼頃ジャパンレンタカーに集合して下道で四日市へ向かう。妊娠している妻を自宅に一人残すのも心配なので妻とメンバーに勝手を言って会場入りの段階から同行して貰った。後から来るならば最初から一緒に来て貰った方が安心である。
というわけでレンタカーと自家用車の二台で途中で席替え(この場合車替え、が適切だろうか)したりしながら二台で四日市へ移動。
時間に余裕を持って移動したものの、何だかんだそれなりの時間にドレミファといろはに到着。何でも前夜に排水管の不具合で水回りが結構な被害を被ったらしい。キッチンとトイレが使えないとの事でこの日は同じ階の居酒屋さんのトイレを使わせて頂いた。いろはと共同でライブイベントを行ったりしているそうなのでゆっくり呑んでみたいものであるが、今のところなかなか機会に恵まれない。

2018_06_18_001
演奏前にかしやま君にDA PUMPの『USA』の振り付けの一部を教えて貰う。これでも緊張はしている、僕もかしやま君も。
有難い事に出番はトリだった。共演の橋本進バンドで店長ゴウさんがベース演奏を披露しており、事前にも「この日は流血ベース対決やな」とか言われていたので(こう言うもののそんな物騒な演奏をするわけでもなく、大変歌心溢れるゴウさんらしい素晴らしい演奏だった。別の意味で流血した)僕も変にイキッてしまってそれじゃあゴウさんに対抗しよう、じゃないけれども普段よりもグッとペダルの数を減らして、それこそサンズアンプトチューナーとリバーブくらいで演奏したのだった。
結論としてはドレミファといろはのような環境では音圧でガンガンいこうぜ、って感じでもないしこのセットは大いに有り。十分表現力に足りる音色、演奏となったと思う。
演奏するからには毎回挑戦したい。ペダルの数を減らした事で何か発見があったかというと特別新しい何かに気付いたというわけではないけれども、なけりゃないでその時最高の演奏をしようとする気概を持ち合わせている事と、そうなると自分はまたそれなりの攻め方をしようとするのだと確信する事が出来たのでこれはこれで収穫はあった。
スポンサーサイト

ちなみにメンバーだけでの打ち上げでは火鍋を食った。

2018_04_09_002
土曜日、職場の花見という名の飲茶を肴にした飲み会からのハワイアンバルでの二次会を経ての極々内内のメンバーでのラーメンを胃袋に流し込んで、その後のライブ。
福岡由来のその焦がし味噌ラーメン、明らかに発言の節々からラーメン好きで何なら食べ歩きとかされているんだろうなとわかる上司が薦めるだけあって大変美味だった。ゆっくりお話してみたいと思っていた上司ともお話出来て満足だ。こう書くと嘘だろと言われるかもしれないけれど、仕事も仕事関係の人間関係も俺は決して嫌いではない。

昼間から呑む酒がキくのは明らかで流石に泥酔してまで良い演奏が出来るとは思っていなかったので二次会も途中から烏龍茶にシレッとシフトしてやり過ごしていて、ただ何だかもう少しだけ酔っ払いたかったのでアルコールが抜けた体に生中一杯を流し込んだのがいけなかったのかもしれない、呑み疲れというか、妙にクタクタになって新栄DAYTRIVEへ到着。受付でこの日共演のCRAZY興業のぴろしき君とこの日のブッキングを行ったシミズミミちゃんが談笑していたので薄ら笑いを浮かべつつ、少しだけ混ざる。酔っ払っているという事は伝わったと思う。
会場に到着してメンバーが注いでくれた烏龍茶を飲んで一休みすると随分と疲れもとれた。休息、大事。
演奏は?出来る、当たり前だ。しかも良い演奏をする、しなければならない。過去最高を塗り替える事に当たり前のように挑戦し続けなければバンド活動なんて続ける意味がない。

思えば白線の内側で新栄DAYTRIVEに出演するのは初めてなのであった。
この日に観て以来何度も何度も声をかけてくれた否、かけ続けてくれたシミズさんの期待にようやく応える事が出来た。演奏後、シミズさんがさり気なく褒めてくれた。きっとリップサービスでもなんでもないその言葉を、視線を交わす事さえ出来ずに照れ笑いで受け流したけれども、うん、その言葉を聞くためと言ったら大袈裟かもしれないが、この言葉を演奏にぶつけて貰っただけでも価値はあったなと思った。
まだ物販もまともにないような状態だし一年前に始まったレコーディングは一応の決着さえ、ついていないような状態(余談だがこの日の深夜に行われた会合でバンドは健全な状態を取り戻した、と思う。やっぱり話し合いは大事)だけれども。
革ジャンを着込んだ彼の心を穿つ事が出来たのも、僕の嬉しかった事の一つだ。

猫の目線になって

2018_03_11_001
妻が腹痛で倒れた。職場に電話がかかってきて知らされたのであった。
急遽駆けつけて救急外来に付き添った。検査の結果腸炎との事。正体が分かれば病気に対する不安というのは幾分か解消される。薬も貰ったし妻も原因がわかって幾分かホッとしたようであった。
そんなバタバタした最中、土曜日は仕事で研修→白線の内側でライブ。吹上鑪ら場にて。

仕事の研修を終えてやる気と野心に沸々としながら吹上鑪ら場まで歩く。
リハーサルに参加出来なかった事は残念だったけれども、不安は微塵もない。何度もやった場所での演奏という事に加え、スタッフさんさえ大丈夫なのであればこちらは確認事項を全部確認して100パーセント安心する必要等ない、という思いがある。その時自然と起こる作用を演奏に抱き込みながら消化して昇華していきたい、という欲求だ。
こう弾くとこう楽器が鳴る、というのは何となくわかっているにしてもでは今日のセッティングではこういう音で出力される、とかエフェクターの反応はこうである、とかは緻密に作り込む必要を感じない時というのが結構あって、僕はそれを良い意味での余地と捉えている。予測不可能な事が突然起こった時こそ演奏家が演奏家としての矜持や能力を発揮する最も過激な極地の一つであり、性根の部分はその瞬間に顕在化するのだとそう思っている。
勿論ネガティブなエラーというのもあるので事故は起きないように準備しておく必要はある。けれどもメンバーとの間以前に自分自身の中で化学反応が起こり得る隙間は残しておいたって良い。

セットリストさえ、メンバー間で共有せずに本番に臨んだ。かしやま君の中ではきっとライブの流れがあって曲順も想定されたものがあったに違いないのだけれども、それを一曲終わる毎にでは次は、と提示されながら我々は演奏していくという進行の仕方は少なくとも白線の内側というバンドには合っているように思われた。目の前の事だけに注力する、瞬間を瞬間として意識する事がより明確に出来るようになったというか。僕自身非常に健全な気持ちで演奏に臨む事が出来た。先の事なんか考えないくらいの方が良かったりする事もあるもんだ。

成人式の思い出といえば、当日キャンセルしてスタジオに入った事くらい。

2018_01_09_005
写真は樫山君が自分へのクリスマスプレゼントで購入した360℃カメラで開場前に撮影したもの。

1月8日、三連休最終日。この日は白線の内側にて吹上 鑪ら場。鑪ら場、二日前にも演奏したばかりなのにまた演奏出来るなんて嬉しいね。気付いたんだけど、鑪ら場での演奏がベスト3に入るくらい緊張する。

白線の内側、何だかんだで久しぶりのライブという事と最近は打ち合わせとか各々忙しかったりとかであまり演奏を一緒に出来ていないという事で早めに集まってスタジオへ。
相変わらず「体調悪い...気圧が...」と言いながら部屋に入って来る金森君。この人は体調が良かった試しがない。センシティヴな人なのでしょうがないのだろうけれども、それでも本番までにはどうにか自分自身でコンディションを整えているから自身でも慣れているのだろう。
久しぶりの4人での演奏は、やっぱりご無沙汰している間にそれぞれ思ったり考えたり試行錯誤はしていたらしく良い意味で変化があった。この感じなら合奏の空白時間は全く無意味ではない、どころか有益だったのでは、と現金にも思ったものだ。
多分予想なんだけど割と演奏を重ねて継続していないと成長がないのは僕だけで、他の3人はそれぞれ他の活動からも演奏行為への良い循環って作り上げる事が出来ているんじゃないのかな、と思った。

この日の共演はオカリナマコトさんにまさかの登場、鈴木実貴子(バンドでやってる時と曲の雰囲気が明確に違って意識的なのかそうでないのか、いずれにしても凄いや実貴子さん!って思った)さんに浮かむ瀬
浮かむ瀬はキクチミョンサ(ex.chori)君と久しぶりの再会。前京都にライブに行った時に練習前の彼とちょろっと会う事が出来たのだけれども、こうして一緒にやれるっていうのは嬉しいものよ。
案の定滅茶苦茶良くて終演後に「詩人って人種は格好良くて嫌いだよ」と本人に伝えたら「俺以外に格好良い詩人がいるかい」と何とも粋な回答。そうそう、そういう切り返しをしてくる男だった、この同い年は。chori君、と呼んだ方がまだしっくりきてしまうのだけれども、chori君と樫山君は樫山君が孤独部を動かしていた頃にも何度か一緒にやっていて。そういう意味でも時間を経て形は互いに違えどまた一緒にやるっていうのは面白いもんだよなあとしみじみ思った。こういうご縁がグッとくるくらい、去っていく人達が増えている気がする。そうでもねえのかもしれないけれど。

この数日は詩人という人種の面白さ、懐の広さに感じ入った数日間だった。
世界はまだまだ面白い、に満ち溢れている。

『今年観るべきライブ三選~三戦目』


鈴木実貴子ズと白線の内側による共同企画『今年観るべきライブ三選』、ついに最終回の三選目を終えた。
今回のゲストはクリトリック・リス兄貴。やっぱり滅茶苦茶に強かった。

僕らの演奏後、クリトリック・リスの演奏中にハプニングがあった。泥酔したお客さんが羽目を外して演奏中に騒いだり、他のお客さんに絡んだりしてしまったわけなのだけれども、スギムさん(あ、クリトリック・リスさんね)の大人というか思慮深い対応で騒ぎになる事もなく、それでもその場に居合わせた人達は確実にそれぞれ何かネガティヴな感情を抱いてる、そんな時間が流れた。
誤解を恐れずに書く。大前提としてお金を支払って来場されてる方が不快に思われたのならそれは主催者として残念だし、どうにか挽回もしたいと思った。
けれども同時に「とてもライブハウスだ」と思った。僕はライブハウスは色々なものの縮図だと思っていて、あの瞬間あの場所に居合わせた人達は予想だにせぬ騒ぎにとてもリアルな反応を示していて、でも結果的に全てを収束させたのがスギムさんだった、というのが僕はとても気持ちが良いと思った。
「殺すなら終演後に殺しに来いや」と笑いながら言っていたスギムさん、いやクリトリック・リスの目はちっとも笑っていなかった。人前で表現をする人間としての矜持の部分を大変強く感じた。僕は入口付近でスギムさんを信じて成り行きを見守っていた。主催者としては怠慢だったのかもしれない、申し訳ない。

共同主催の鈴木実貴子ズがその後全て、音楽で洗い流していったようでこれまた僕は感動した。いよいよ主催者としては怠慢だけれども。

三選、の選という字は戦という字でもあってそれってつまり三戦でもあったわけなんだけれども、結果的に毎回毎回僕達は共演者に、鈴木実貴子ズにボコボコにされたと思った。

自己紹介

舟橋孝裕

Author:舟橋孝裕
愛知県在住、ベースギター奏者です。
・JONNY
・パイプカツトマミヰズ
・犬栓耳畜生
・白線の内側
 やサポートでベースを弾きます。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム