FC2ブログ

鈴木実貴子ズでの演奏と白線の内側の音源が完成に近づいた週末。

19日(土)
小豆原一朗さんのレコ発企画@吹上 鑪ら場に出演する鈴木実貴子ズバンド編成(小音量ver.)に参加。
出演は小豆原さんにcoupy
娘を実家に預かって貰っていた関係で演奏後はバタバタと動き回ったものの、楽しい夜を過ごす事が出来た。思えばこの日が2019年のライブ初めである。今年も沢山の面白い空間で演奏出来ますように。
フレット音痴になっているSBVに代わり、代打でムスタングベースを持ち出したのだけれどもやっぱり低音に締まりは、ない。代わりに良い意味でスケールの小さい音がした。勿論、それが妙味の楽器であり憎めない一本である。万能選手ではないものの「使いようだな」と思わされるし、どう扱うか常に試行錯誤と挑戦を強いられるという意味では今後もきっと手放す事はないだろう。
何より、高校3年生の頃に購入した初めてのまともな楽器だ。
演奏後、郵便局のATMに立ち寄ったところほろ酔いの友人夫妻に出会った。梯子酒の途中であるという。元気そうで何よりだった。


20日(日)
以前から予定していた所用で出掛ける妻から信用を得て、娘と二人で留守番。
普段妻がどうやって娘と二人で過ごしているか知る良い機会であるし、自分が如何に落ち着いて過ごせるか知る良い機会じゃわい、と思っていたもの何て事はない、我が娘は実に穏やかに日中過ごしているのであった。主に『メリーを見てにこにこ微笑む』『彼女なりの独り言を言う』『寝る』であった。腹が減ったりオムツが汚れたりしていると主張してくれるので助かる。
娘の様子をみながら『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』『ホステル2』を視聴。立て続けに観るには随分な取り合わせだ。どちらの映画も面白く、それぞれ楽しめた。
休日、家にいるとダラダラと食べ続けてしまうというのは一つの発見であった。

2019_01_21_001
妻が帰宅後、白線の内側の会議へ出掛ける。その後の予定の事もあったのでメンバー各位に了解を得て妻と娘も同行。
この日の会議の主な議題は制作を続けてきたアルバムの完成視聴会。ミックスとマスタリングが金森メンバー(今回はエンジニアも担当)によって完逐されたので皆でその確認をするのであった。
これがね、実に良い仕上がりなのである。
僕がベースパートを録音したのって結構前の事だしもう気持ちの上でも今の自分とは地続きでないからして(冷淡かつ珍妙な言い回しだが、時間の経過とはその時の演奏した自分の主観と現在の自分の主観との乖離を生じる)演奏にもツッコミ所は多かったけれども、それでも作品全体としては否定出来るものは何一つなく、4人のバンドの音源としては全員顔を見合わせる程良い作品になったのであった。随分と時間こそかかったものの、ようやく僕達は作品完成に近づいているのだった。
デザイン面の打ち合わせも行い、では具体的にこれをどう売っていくか、という話も始まった。

勿論、直接演奏をしに行ってお届けするのが一番なのは明らかである。
今年は動くよー。
スポンサーサイト

InsideOut

2018_06_25_001
先日、ギャラリーWhite Cubeにて行われているニシムラマホさんの個展に白線の内側で会場音楽を提供した。提供?ちょっと違うな、個展の展示期間中、会場内で流れる音楽、その根本的な在り方からニシムラマホさんとコラボレートさせて頂いた、という方が個人的にはしっくりくる。
会場の四隅にスピーカーを設置して、メンバーがそれぞれ互いにアンタッチャブルな状態で録音した音源を同時に流す、という実験的な試みだったわけだけれども、これが思っていた以上にお互いにもそうだし空間にも親和性があって驚いた。
個展の会場音楽のみならず、23日(土)には開催期間中のライブパフォーマンスでニシムラさんのライブペイントと僕達の即興演奏でご一緒させて頂いたりもした。

2018_06_25_002
ベースギターを弾くよりも不自由である方が面白い、と感じていたので最近ハマッているシステムで参戦。
mooger fooger MF-101の自己発振にエフェクトを重ねてかけていく事で音をデザイン、ディレイとリバーブを長めかつ深めにかけてピッチや音色の変化に時間差でレイヤーを重ねていくような、そんな感覚での演奏となった。
途中でそれに加えてスマートホンでのノイズアプリでホワイトノイズやスクエア波を出して会場内を動いたりした。皆ニシムラさんのライブペイントに視覚を注いでいる状態だったのでハッと振り返られたりもした。良かったのか悪かったのか。
満員御礼だった会場内、ニシムラさんの挙動の一つ一つが完全に把握出来たわけではなかったけれども、人ごしに伝わってくる気配、或いは他のメンバーが出している音の気配を頼りに演奏をした。
演奏終了後、今日の演奏は良かったのか悪かったのかどうにも手ごたえが得づらかったな、と得物が違う事によりフィードバックが得られづらいよねっていう話を樫山君としていたのだけれども、お客さんの中でノイズ好きであると仰っていたお客さんがわざわざ僕の音を頼りに声をかけて下さって嬉しかった。
ノイジシャン、と名乗る程の自負もないけれどもそういう音に嗜好を寄せる人間として憧れの片鱗みたいなものだけはそれだけで終わらない形で混在させる事は出来たのだろうと思った。

インターネット開通

ようやく新居でもインターネットが開通した。
NTTさんに工事に来て貰ったものの、モデムがブッ壊れていたようでどうしたってインターネットに繋がらない。本日、修理のお兄さんが夕方頃来て下さったそうで今こうして快適なネットライフを堪能している。感謝。

さて、幾分か前の事になるけれども白線の内側は四日市ドレミファといろはでライブをした。
昼頃ジャパンレンタカーに集合して下道で四日市へ向かう。妊娠している妻を自宅に一人残すのも心配なので妻とメンバーに勝手を言って会場入りの段階から同行して貰った。後から来るならば最初から一緒に来て貰った方が安心である。
というわけでレンタカーと自家用車の二台で途中で席替え(この場合車替え、が適切だろうか)したりしながら二台で四日市へ移動。
時間に余裕を持って移動したものの、何だかんだそれなりの時間にドレミファといろはに到着。何でも前夜に排水管の不具合で水回りが結構な被害を被ったらしい。キッチンとトイレが使えないとの事でこの日は同じ階の居酒屋さんのトイレを使わせて頂いた。いろはと共同でライブイベントを行ったりしているそうなのでゆっくり呑んでみたいものであるが、今のところなかなか機会に恵まれない。

2018_06_18_001
演奏前にかしやま君にDA PUMPの『USA』の振り付けの一部を教えて貰う。これでも緊張はしている、僕もかしやま君も。
有難い事に出番はトリだった。共演の橋本進バンドで店長ゴウさんがベース演奏を披露しており、事前にも「この日は流血ベース対決やな」とか言われていたので(こう言うもののそんな物騒な演奏をするわけでもなく、大変歌心溢れるゴウさんらしい素晴らしい演奏だった。別の意味で流血した)僕も変にイキッてしまってそれじゃあゴウさんに対抗しよう、じゃないけれども普段よりもグッとペダルの数を減らして、それこそサンズアンプトチューナーとリバーブくらいで演奏したのだった。
結論としてはドレミファといろはのような環境では音圧でガンガンいこうぜ、って感じでもないしこのセットは大いに有り。十分表現力に足りる音色、演奏となったと思う。
演奏するからには毎回挑戦したい。ペダルの数を減らした事で何か発見があったかというと特別新しい何かに気付いたというわけではないけれども、なけりゃないでその時最高の演奏をしようとする気概を持ち合わせている事と、そうなると自分はまたそれなりの攻め方をしようとするのだと確信する事が出来たのでこれはこれで収穫はあった。

ちなみにメンバーだけでの打ち上げでは火鍋を食った。

2018_04_09_002
土曜日、職場の花見という名の飲茶を肴にした飲み会からのハワイアンバルでの二次会を経ての極々内内のメンバーでのラーメンを胃袋に流し込んで、その後のライブ。
福岡由来のその焦がし味噌ラーメン、明らかに発言の節々からラーメン好きで何なら食べ歩きとかされているんだろうなとわかる上司が薦めるだけあって大変美味だった。ゆっくりお話してみたいと思っていた上司ともお話出来て満足だ。こう書くと嘘だろと言われるかもしれないけれど、仕事も仕事関係の人間関係も俺は決して嫌いではない。

昼間から呑む酒がキくのは明らかで流石に泥酔してまで良い演奏が出来るとは思っていなかったので二次会も途中から烏龍茶にシレッとシフトしてやり過ごしていて、ただ何だかもう少しだけ酔っ払いたかったのでアルコールが抜けた体に生中一杯を流し込んだのがいけなかったのかもしれない、呑み疲れというか、妙にクタクタになって新栄DAYTRIVEへ到着。受付でこの日共演のCRAZY興業のぴろしき君とこの日のブッキングを行ったシミズミミちゃんが談笑していたので薄ら笑いを浮かべつつ、少しだけ混ざる。酔っ払っているという事は伝わったと思う。
会場に到着してメンバーが注いでくれた烏龍茶を飲んで一休みすると随分と疲れもとれた。休息、大事。
演奏は?出来る、当たり前だ。しかも良い演奏をする、しなければならない。過去最高を塗り替える事に当たり前のように挑戦し続けなければバンド活動なんて続ける意味がない。

思えば白線の内側で新栄DAYTRIVEに出演するのは初めてなのであった。
この日に観て以来何度も何度も声をかけてくれた否、かけ続けてくれたシミズさんの期待にようやく応える事が出来た。演奏後、シミズさんがさり気なく褒めてくれた。きっとリップサービスでもなんでもないその言葉を、視線を交わす事さえ出来ずに照れ笑いで受け流したけれども、うん、その言葉を聞くためと言ったら大袈裟かもしれないが、この言葉を演奏にぶつけて貰っただけでも価値はあったなと思った。
まだ物販もまともにないような状態だし一年前に始まったレコーディングは一応の決着さえ、ついていないような状態(余談だがこの日の深夜に行われた会合でバンドは健全な状態を取り戻した、と思う。やっぱり話し合いは大事)だけれども。
革ジャンを着込んだ彼の心を穿つ事が出来たのも、僕の嬉しかった事の一つだ。

猫の目線になって

2018_03_11_001
妻が腹痛で倒れた。職場に電話がかかってきて知らされたのであった。
急遽駆けつけて救急外来に付き添った。検査の結果腸炎との事。正体が分かれば病気に対する不安というのは幾分か解消される。薬も貰ったし妻も原因がわかって幾分かホッとしたようであった。
そんなバタバタした最中、土曜日は仕事で研修→白線の内側でライブ。吹上鑪ら場にて。

仕事の研修を終えてやる気と野心に沸々としながら吹上鑪ら場まで歩く。
リハーサルに参加出来なかった事は残念だったけれども、不安は微塵もない。何度もやった場所での演奏という事に加え、スタッフさんさえ大丈夫なのであればこちらは確認事項を全部確認して100パーセント安心する必要等ない、という思いがある。その時自然と起こる作用を演奏に抱き込みながら消化して昇華していきたい、という欲求だ。
こう弾くとこう楽器が鳴る、というのは何となくわかっているにしてもでは今日のセッティングではこういう音で出力される、とかエフェクターの反応はこうである、とかは緻密に作り込む必要を感じない時というのが結構あって、僕はそれを良い意味での余地と捉えている。予測不可能な事が突然起こった時こそ演奏家が演奏家としての矜持や能力を発揮する最も過激な極地の一つであり、性根の部分はその瞬間に顕在化するのだとそう思っている。
勿論ネガティブなエラーというのもあるので事故は起きないように準備しておく必要はある。けれどもメンバーとの間以前に自分自身の中で化学反応が起こり得る隙間は残しておいたって良い。

セットリストさえ、メンバー間で共有せずに本番に臨んだ。かしやま君の中ではきっとライブの流れがあって曲順も想定されたものがあったに違いないのだけれども、それを一曲終わる毎にでは次は、と提示されながら我々は演奏していくという進行の仕方は少なくとも白線の内側というバンドには合っているように思われた。目の前の事だけに注力する、瞬間を瞬間として意識する事がより明確に出来るようになったというか。僕自身非常に健全な気持ちで演奏に臨む事が出来た。先の事なんか考えないくらいの方が良かったりする事もあるもんだ。

自己紹介

舟橋孝裕

Author:舟橋孝裕
愛知県在住、ベースギター奏者です。
・JONNY
・パイプカツトマミヰズ
・犬栓耳畜生
・白線の内側
 やサポートでベースを弾きます。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム