FC2ブログ

YONONACA新体制一回目。

一週間ばかしディレイ気味ではあるがYONONACAが新栄club ROCK'N'ROLLにて演奏をしたのでそれについての備忘録を。

平日休みを取得して日中ゆっくりして、娘を迎えに行き晩ご飯を食べさせてあげてから悠々と会場入りしようと思っていたのだが、職場のパートさんのご主人が急遽大怪我で人員不足が生じたので二時間だけ出勤。
これは完全に余談だけれど職場の上司から「〇〇さんの旦那さん、仕事中に機械に手を巻き込まれたそうだ」と切り出された時は(あッ、これ手が切断になる奴だ)と思ったけれども不幸中の幸い、複雑骨折で済んだそうだ。印刷業で機械に手を、となるとグッチャングッチャンになるかもぎ取られる、みたいな不幸な予想をしてしまいがちだけれどどうやら上司もそうだったようだし妻もその連想をしたようだった。
二時間出勤ってのはなんならもうあんまり仕事感がない。こちらも「二時間だけだなんてすみません」となるし職場の人達も「わざわざ来てもらってすみません」となるのでお互いに幸せな感じではあった。

さて、帰宅して娘の食事を済ませ、悪天候だったので車に機材を積み込んでいざ出発。
平日の演奏は久しぶりだ。
この日も僕達はやはりアウェー気味で、いやそれこそホームなんてきっとないしジャンル的に統一性とかを共演バンドに求めてるわけでもないけれど、やっぱりそう感じるところからくる「なにくそ!」という感覚は大事にしていたい。話を戻そう、この日も僕達はアウェー気味で一つ前の出番のバンドの演奏をモニター越しに観ながらさて自分達が出て行った果てにはどうなるのかしらんと気持ちが昂ったのだが、この日はなんともはや、我々ここ最近で一番良い演奏をしたんじゃなかろうかとそうご満悦になってしまう演奏を、した。

鍵盤に高畠君を迎えての新布陣だったのだがこれがメロウな部分がグッと出てきて、かつアンサンブルの色彩、位置感も前の編成とガラッと変わり、やはり4人のバンドの一人でも変わるとかくも変わるものか、と感じあったのであった。
この日の演奏の個人的なテーマは「冷静にやる」だったのだが、冷静にやろう冷静にやろうと心掛けるくらいで丁度良い熱量の演奏になったのではないだろうかと思った。オラやったるぞと力んでいくとどうしても大振りになるもんだから空振りしやすくなるけれど、冷静である事に腰を据えると色々な演奏に対応しやすい余裕みたいな部分と瞬発的なものに対応しようとする感覚的な部分とが良い感じに共存する。
そういう演奏をしている時の方が自然と演奏も感情移入出来る。
演奏終了後に若い共演者の方に声をかけて頂いたりフロアの雰囲気も良かったり、やっぱり最近の演奏の中では一番手応えがあったには違いがないのだ。

2019_10_28_001
写真は拙宅にて準備中の様子だが、この日の足元。
オクターブファズは久しぶりの出番であったが今現在のシステムの中で再度コントロールを見直して鳴らしてみたら滅茶苦茶に良かった。音量もまだまだ余裕があるし兎に角攻撃的な音がする。切り裂くような主張する歪み方はこれならでは。EQD Rainbow Machineもピッチシフトをともなわないショートディレイとして使った。これは色気が出て大変気持ちが良い。
OC-2は最早このバンドではなくてはならない存在となったし、Ibanezのecho shifterは発信やピッチシフトのカジュアルな仕様を実現した名機だと思う。

日々、研究だ。
いやそれにしても細かいゴミとか破れた襖とか生活感やばいなこの写真ね。
スポンサーサイト



七夕とメンバーの脱退。

7月7日、七夕である。

この日は鶴舞DAYTRIPにてYONONACAのライブ。
DAYTRIPの21周年企画。鶴舞DAYTRIP、僕がライブハウスに出るようになった頃はプログレだとかノイズだとか、いずれも非常にふりきった人達が沢山出演されておりちょっと怖いイメージがあった。最初に行ったのがなんの時だったかは覚えていないけれどもG-FIGHTERを観に行ったのは覚えてる。リシャール・ピナスの来日ツアーの名古屋編で、G-FIGHTER目当てで行ったものの音楽の深淵に触れたような気に勝手になって帰ってきたものだ。兎も角、鶴舞DAYTRIP21周年おめでとうございます!

YONONACA、この日のライブを最後にギターの西村君が脱退。YONONACAの活動を通じての交流だけだったけれども、冷静ながら演奏家としての矜持に基づいた演奏はバンドアンサンブルに献身的で一緒に演奏して楽しかった。お疲れ様でした西村君。また大きな音が出したくなったら戻っておいで!

バンドがこの先どのような形態でどのように活動していくかは正直まだ未定なのだけれども、メンバー3人は割と健全な状態で次はどう面白くしていこうか画策中である。
そういうバンドだからこそ、続けていける。

夕方からは家族と大須へ行った。タピオカを飲んだ。
ブームに乗っかって、ではあるが味自体はブーム前と変わっていなかった。

YONONACAでのCLUB ROCK'N'ROLLでのライブ。

2019_03_21_001
YONONACAで新栄CLUB ROCK'N'ROLLにてライブだった。
写真はライブを観に来てくれた郷田君経由で頂いた。郷田君は彼がCDショップで働いている頃からお世話になっている。そういう同世代の人に演奏を楽しんで貰えたというのは何だか感慨が湧くなあ。

この日のYONONACAはギターの西村君が参加出来ないという事で、メンバー内でもどういった形態で演奏をするのかというところから話し合いをしたのだけれども、最強の助っ人 落合君(LOSTFILM)を迎えての4人編成での演奏となった。
個人的に落合君とCLUB ROCK'N'ROLLのステージに一緒に立つというのはちょっと特別な思いがある。というのも落合君との付き合いは長く、遡れば大学時代に所属していたサークル活動で一緒に様々なコピーバンドをし、またその後も彼はQucumbers、僕は不完全密室殺人での活動をしている中で共演もしたし、まあ平たく言ってしまえば旧友なのだ。お互いの演奏が今よりもっと未成熟だった頃から知っている演奏家との演奏というのはちょっとくすぐったい気持ちにならぁね。
とはいえ、落合君は昔と比べても彼の人となりを感じられる演奏そのままに滅茶苦茶良い演奏をするギターリストになっていて一緒に演奏していて興奮した。僕はもう自分の好きな事だけをやってきたというのは明らかでそれ以外のパラメーターは全然伸ばしてこなかった変な自信があるのだけれども、落合君は投げて良し打って良し走って良しみたいな死角のない成熟の仕方をしていてその辺のお互いの志向みたいなところは思えば学生時代からそうだったのかもしれねえな、とかも思った。

この日は演奏終了後、家庭の事情でお先にご無礼しなければならなかったのだけれどもそれでも少ない時間で共演者の演奏から刺激を受ける事が出来た。安城のGreat Deceiverはベースとドラムの二人組なのだけれどもベーシストがベースアンプとギターアンプを同時に鳴らすスタイル。滅茶苦茶格好良い音しているな、と足元チラ見したところDS-1が確認出来たのでこりゃあいよいよ俺もあれ、買ってみようかなと思った。最近ギターアンプを一緒に鳴らすというシステムに興味津々だっただけに良いタイミングで演奏を観る事が出来たと思う。

バンドというのは人間の肉体と同じで筋肉を使わないとなまってしまう。
そういう意味ではそれぞれが色々と生活やら活動やらで忙しいバンドではあるけれども、YONONACAとしての筋肉と持久力をどんどんつけていく事が出来るような活動を継続したい、という思いがある。
今現在、僕の演奏スタイルみたいなのをポップに取り込んでくれているのがこのバンドである気もしている。
まだまだいける。

でらロックにYONONACAで出演。

ちょっと待って、今現在夜の11時、収納スペースを改造して居住空間にした自室(約一畳)にてこの日記を書いているのだけれど、息を吐いたら白くなったぞ。幸い無理やり引っ張った電源で温風ヒーターを駆動させているので間もなく快適な温度になるだろうが、いやちょっとびっくりしたな。

さて昨日は所属するYONONACAにてでらロックというサーキットフェスに出演した。
僕達は2YOU MAGAZINEの柴山さん(こう書くと他人行儀だけれどもJONNYで所属しているONE BY ONE RECORDSの柴山社長である)にお声がけ頂いて2YOUステージである栄RADにて演奏め。会場入りしてすぐ柴山さんと会えたので立ち話しつつ近況報告。柴山さんも双子ちゃんのお父さんなので話はどうしてもお互いの子どもの話に。「経てきたねェ」だなんて言いながらあの人子ども生まれたよとかあそこの子可愛いよ、とか周りのバンドマンが父親になった話とかも聞かせて貰い、最終的にバンドマンパパ友の会のライングループに誘って貰った。お互いの子どもの写真を自慢しあう微笑ましいライングループである。

サーキットフェスって毎回どこか慣れないというか動き方が下手なのか、大体一つの会場で落ち着いてしまう。今回もなんだかんだ他の会場を観て回るとかでもなく、ずっとRADにいた。僕達の前に演奏していたワッペリンは演奏前に毎回やってくる緊張感が込み上げてくるまでフロアで演奏を観る事が出来た。僕達の次のゼローネは片づけが終わって一息ついてから、だが観る事が出来た。サーキットの日、これは多分僕だけだが特有の落ち着かなさを感じつつも気持ちの余裕のある限り観た。

YONONACAは正直に書くと想像していたよりも倍以上のお客さんが観に来てくれた。転換のために出て行った時に正直びっくりしたもの。ありがてぇありがてぇ。
この日のセットリストは少し前に録音した曲群を含む5曲に僕達の次に演奏するゼローネのカバー含むカバー曲2曲の合計7曲。いざ練習の成果を発揮せん、と気合十分で臨んだのだが一曲目の後半、物凄く興奮する轟音ノイズコーナー(俺だけ)があってそこで頭に血が上り過ぎたのか細かいミスと細かくないミスを連発。とはいっても演奏が止まったわけでもなく対応力に優れたメンバーのお陰で「そういう曲」になった。周りをああいう具合に驚かせる演奏は出来るだけ避けないとな、と思う。振り返れば面白かったんだけれども。いやでもそういう「どうなっちゃうの!?」を見据えた不確定要素をブチ込むのは計画的にいきたいものである。
この日の演奏はだから、というわけではないのだろうけれども終始程良い緊張感があった。
有難い事に、ステージから見てフロアのお客さんの反応は良いようであった。
演奏終了後はRADの事務所にてそのままインタビュー。YONONACA、次号2YOU MAGAZINEにインタビュー掲載予定であります。バンド結成の話から現在、少し未来まで色々お話させて頂いた。僕にも話をフッて貰ったのだけれども、なかなか良いリアクションが出来ずやっぱりまだまだ修行が足らない。いっけないなあ。
この日のインタビューはお互いの話をしたり客観的にバンドを見た側の話も聞けたりでバンドとしては大きな前進を伴う時間であった。ラップが主軸となる演奏は未だに慣れないけれども、これからも試行錯誤していこうと思う。

2019_02_05_001
ライブの模様を水野トモキさんが撮影して下さった。

YONONACA『Like』公開されました。

YONONACA、新曲が公開になりました。


YONONACA - Like feat.近藤圭晃(Monaca yellow city)

今まで何人の演奏家と一緒に演奏したのか、何人の演奏家とバンドを組んだのか数えた事もないけれども、経験から言うのであればメンバーによって曲の出来上がり方というのは大きく異なる。セッションで出来上がる事もあれば中心人物が作曲して皆でアレンジをする場合もあるし全部完全に構築されたものを皆で再構築する場合もある。あ、中にはライブの瞬間に皆でその場で作る、っていうのもあるのか。

YONONACAの曲はメンバーからのアイディアや投げかけに対して松岡さんが応える形で曲の原型が出来、それを皆で演奏し、適時手を加えたりして曲自体を「バンドのものにして」(この曖昧な表現で伝わるだろうか。演奏に参加するメンバーの血肉が通った状態にして、という事である。あ、余計わかりづらくなったか、こりゃこりゃ)完成、という生い立ちのものが多い。あとはヒップホップ的発想に基づいてジャズやボサノヴァのベースラインをそのまま使ったり印象的なテーマを引用したり、兎に角、僕はYONONACAの構築という瞬間に於いては割と「受け」にまわる事が多い。ではどう「受け」て打ち返すのかという話になってくるわけで、今回のこの曲『Like』は皆であーでもないこーでもないとやる時に結構苦労した記憶が残っている。

まず僕のボキャブラリーの中でこういうフレーズってあまり豊富な方ではなくて、お恥ずかしい話、演奏経験としてもあまり弾いた事がない。自分の中にないから不得手なのか不得手だから自分の中に落ちてこなかったのかはわからないけれども、兎に角こういうフレーズについて研究したり肉体に沁み込んだりする程弾いた事ってなくて、これはもう如何に録音までに自分の中でノリを出す事が出来るのか(=今回の場合に於いては自分のフレーズに出来るのか、と言い換えてもいいのかもしれない)が重要だなという点は明らかだった。
弾き込んでいく上でこの曲は指弾きなのかピック弾きなのか、とだんだん明確になってきた。雰囲気的には指弾きのが合いそうだけれども、これはもう歴然とした事実として僕はピック弾きの方が圧倒的に巧い=説得力がある。だがしかし弾いていて面白いし自分の中でしっくりくるものがあったので指弾きで録音する事にした。挑戦する気概を忘れちゃいけない。

次は音色について。
確かこれはアレンジも落ち着いてきた頃だったと思うのだけれど練習中に松岡さんから「舟橋君、この曲ベースにフィルター系エフェクトかけてみてくんないっすか」との提案があり、フィルター系には明るくはない(そういうペダルを幾つか所有してはいるのだがどうにも使う機会があまりなかった)が折角の機会という事でオートワウをかける事にした。スタジオ練習やライブではZOOMのマルチストンプを使用してオートワウをかけていたと思うのだが、折角レコーディングするのだから、という事でmooger fooger MF-101を持ち込む事にした。最近は専らローパスフィルターとして使う事が多く、オートワウとしての機能は使っていなかったのだがコントロールの幅が広いのでレコーディング向きだと考えたのであった。
フィルター系エフェクトには明るくない上にこういったフレーズは素養にない、というのは申し上げた通りだが、だからといって挑戦する意欲に欠けるかと言われたらそれは別問題である。未知数のものに着手するから我々はクリエイターなのだ。
ええいままよ、とMF-101のコントロールをグイグイ動かしつつ、ベースギターを右手て弾きつつ、音を調節する。
こういう曲調だとどんな具合が良いのか(この場合の良いは=一般的に良い、である。念のため)うすらぼんやりとしか感じられなかったため、もう好きな音に振り切る事にした。これくらいならよろしかろう、と作った音がミックスを聴いてみると結構不穏な気配を醸し出しており、まあ僕のこのバンドの立ち位置って良い意味でこういうところなのかな、と再認識出来た。

どうせやるなら色々、あれもこれも挑戦した方が20年後に聴き返した時に面白いだろうと思う。
作品としても無難なものより引っかかるんじゃないだろうか。
願わくば、一人でも多くの人に何か感じて頂けますよう。

あ、そうそう、MF-101を発振メインで使った曲もあって、そちらは得意分野を大いに叩き込んだ曲なのでそれもまた、いずれ。

自己紹介

舟橋孝裕

Author:舟橋孝裕
愛知県在住、ベースギター奏者です。
・JONNY
・パイプカツトマミヰズ
・犬栓耳畜生
・白線の内側
 やサポートでベースを弾きます。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム