溜息しか出ねえよ。

全く、溜息しか出ない。

先日は名古屋は中区spazio ritaにて開催された『Experimental Nagoya vol.2』にBBBBBBBで出演、ノイズホトトギス再現ライブを行った。
当初出演予定だった動画と同一の鳥さんが本番二週間前に出演出来ない事態に見舞われ一時はどうなる事かと思われたが名古屋在住グラインドコアを愛好する高校生ベーシスト澤君と彼の愛鳥ゲン君のお陰で我々は無事ノイズホトトギスの再現とあいなったのであった。
それにしても澤君、17歳だってよ。丁度僕の半分の年齢である。僕が17歳の時に生まれたって事か、そう考えると自分も年齢を重ねたものだ、と思う。BBBBBBBの前回の演奏を偶然観て気に入った澤君、西園寺君が鳥を探している旨をSNSでお知らせし出演鳥を募ったところ、連絡をくれたらしい。「参加出来るなんて嬉しいっす」と言っていたけれどもそうやって飛び込んでいく姿勢、とても素敵だと思う。きっとアクティヴな人なんだろうなあ。素晴らしい。
本番はまさかの鳥が普通に鳴く等想定外の事態に見舞われたものの相応にリアクションも良く、流石西園寺君、エンターティナーかくあるべし。

そして共演のTabletop Guitarsのライブ、初見だったのだけれども本当にとても素晴らしかった。共演者の演奏を一度観てあれだけ心奪われたのはその昔新栄CLUB ROCK'N'ROLLで観たG-FIGHTERの演奏以来ではないだろうか。興奮する演奏や「格好良い!」と握手を求めたくなる演奏は過去に何度も観てきたけれども演奏家としてのアティチュードから考え直してしまうような、そんな演奏を目の当たりにして「嗚呼、今日自分がここに存在して良かった」と感謝するようなそんな体験はそうそう出来るものではない。
机の上に並べられたエレキギター3本に大量のエフェクター、それらを演奏し、操作し、音楽を作り上げていく様を目の前で観たのだけれども大変美しく豊かな時間を過ごした。眼前で音がどのように作られていくのかを観察するのは興味深い体験ではあるし機材ギークとしても有難い光景が展開されたわけなのだけれども、往々にしてエフェクティブかつ即興性に富んだ演奏の幾つかが陥りがちな「それ、その楽器じゃなくてもいいじゃん」感がこのバンドには全くない、というかエレキギターである必然性に富んだ演奏がその大半以上を占めていて僕の耳と同時に脳味噌も喜んでいたように思う。エレクトリックギターという楽器の電気的、または構造的な部分(ブリッジをボディーの一部と螺子によって固定し、アームによってそれを動かす事で音程を変化させるetc.)をフル活用している様であったり、プリペアーしたエレクトリックギターによって奏者にも予測不可能な音を混入させたりだとか、それらの全てがエレクトリックギターという楽器の可能性に「挑戦」しているような興味深い試みであった事を記しておきたい。
また30分程のその演奏の一連の流れもシームレスにして大変心地良く快感へ導いてくれるもので、また展開も目まぐるしく変化し飽きたりダレたりとは無縁の30分であった。
感嘆にいえば最高に格好良いライブを観させて頂いたのであった。

2018_05_20_001
全く、溜息しか出ない。
スポンサーサイト

ハイテンションサティスファクション有難うございました。

四日市で様々な思いに駆られたは名古屋は栄TIGHT ROPEにてBBBBBBB企画『ハイテンションサティスファクションvol.2』。
選抜メンバーである自分もこの日は演奏で参加、昼からスタジオにてライブ前最後の練習があったので自転車漕ぎ漕ぎ向かったのであった。
家を出る頃には元気一杯だったもののまだ5月になろうかならないかという頃なのにもう既に、暑い。汗で体がベトベトして不快だ。
練習後に会場入りして、リハーサルまで時間があったので練習スタジオ付近まで自転車で舞い戻り、新栄は養老温泉にイン。
サウナと水風呂を交互に楽しみ、リフレッシュする。

会場に戻ると丁度エレファントノイズカシマシがリハーサルに臨むところであった。いや凄え観たかったバンドだから楽しみだったんですよ、エレファントノイズカシマシ。リハーサルから静かに静かに興奮しながら観てたんだけど、もうリハーサルから凄く面白くて。
...この日、実はちょっとした事情があってBBBBBBBの演奏後急遽「お先に失礼!」せなばならず。どのバンドも西園寺君入魂のセレクションで声をかけているのがわかっていたので楽しみだったのだけれども、残念。
BBBBBBBの演奏は曲の構成こそガッチリ決まっているけれども演奏自体は結構自由で、だからこそ難しい感じ。リフをガンガン弾くのは好きなのだけれども曲毎に雰囲気出そうとすると難しいですな。

翌日、祝日月曜日。
首が痛い背中が痛い腰が痛い。筋肉痛を抱えながらも友人達がお茶会を催すと聞いていたので鶴舞公園へ。

2018_05_01_001
屋外でのお茶会って不思議の国のアリスみたいだねえ。想像していたよりもずっと本格的なお茶会であった。手作りのお菓子に舌鼓を打って大いに堪能。いまいち現実感が湧かなかったけれども(笑)。

Live atホトトギス、公開されました。

この時に撮影したBBBBBBBワンマンライブが遂に映像作品として公開された。

『Documentary of BBBBBBB ライブatホトトギス ~鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス~』

バンド参加最初の演奏(?)がこれだったわけなんだけれども、いやはや初っ端から面白い経験が出来た。
西園寺君から話を聞いた時に想像した以上に絵面が面白い。
あ、重ねて言いますが参加動物の安全に配慮した上で撮影されています。鳥って結構ストレスにシビアらしいのね。大きな音にさらすのは危険だろう、という事でその辺も配慮する西園寺君、ヤサシイ。
ちなみに過去の映像作品もヤバイ。

『BBBBBBB LIVE AT 車内 〜揺れろ!俺の車!〜』

これはアカン奴だ...狂気...。
そしてBBBBBBBの名を一躍広めた「ノイズ卓球」こと

『BBBBBBB Live at Tabletennis』

この動画を多くの人が拡散した事で僕もこのバンドの存在を知ったのであった。
炭酸さん(犬栓耳畜生)も出てる。
上記2作品も併せてご覧下さい。

(ちなみにLive atホトトギス、再現ライブ、するらしいよ...鳥...)

BBBBBBBでの初ライブ

先日加入したBBBBBBBの初ライブが先日鶴舞DAYTRIPにて行われた。
加入した、と簡単に書いたけれどもBBBBBBBはメンバー全員だと30名以上いるらしく、今年からその中の選抜メンバーでライブ活動を行っているそうで僕は「都合が合えば」とか割とフラッとした感じで加入して、そうしたらスタジオ練習に誘って貰って出掛けて行ったら有難くも選抜メンバーとして活動を一緒にさせて頂ける事になった。あ、演奏が巧いとかそういうわけではなくて都合がつけやすいっていう点で声をかけて貰っているそうなので。念のため。メンバー30人の中には50代のファズ蒐集家の方もみえるそうで、いやはや是非お会いしたい。面白いバンドである。

さて、3週間前から練習に合流、バンドアンサンブルの構築、そしてその練習と研鑽に励んできたわけだけれども、それでもまだ時間が足りないと全員が感じていたので当日は午前中からスタジオに入って練習。
BBBBBBBはノイズバンドだと思われがちだし僕も加入するまで演奏はそういう方向性のものを求められるのかと思っていたのだけれども、首謀者である西園寺君がベースに求めるのは結構ガッツリとフレーズとリズムだったりする。中には一曲同じフレーズをずっと弾き続けて曲をグイグイ進めたり広げたり、所謂グルーヴといわれるであろうものを求められたりとスタジオに入る前に想像していたものとは随分と演奏内容が違って新鮮だった。
想定なんて裏切られるためにあるようなもんなのだから、と自分が向き合うべき演奏に目を向けると即興と構築の割合であったりドラムや他の楽器とのアンサンブルといい、今までの活動で培ってきたものがを活かしたり挑戦出来る部分も少なくはなく、だけれども同時に自分の弱点みたいなものもぼんやりと意識させられるような、そんなものであるのであった。
「ノイズバンドでベースを弾く」と構えていた自分が馬鹿馬鹿しい、とまでは言わないけれどもちょっと構え過ぎだったなと反省しきり。音楽は音楽なのだからその時鳴っている音に愚直に向き合うだけである。

2018_02_28_001
僕が加入するまでシンセベースを弾いていた近藤君がアンサンブルに僕のエレクトリックベースギターの音色が加わる事でシンセに専念する事になり、バンドとしてのBBBBBBは低音の「質」が変わったと思うのだけれども、その辺りを意識して臨むのは結構面白い経験だった。シンセベースのモリッとしたローを意識してペダルを使ったり曲によってはそのままシンセベースにベースラインを委ねたり。
DOD MEATBOXはこういう時に役に立つ。ライブ当日使ってみるとスピーカーが音を出しながら同時に風を感じる程に揺れているのがわかった。近藤君と爆笑。僕のアンプヘッドは加入力でダメージを負いそうになると自動的に電源が落ちるようになっているのだが、演奏中に3度程そんな状態に陥った。どこまで威力があるんだMEATBOX。
淡々とアンサンブルを支えるような演奏を志そうと思っていたけど、西園寺君が演奏中に突っ込んできた辺りから興奮して割と冷静でもない演奏をしてしまった。悪いと思っていないけれども、反省。
「人が一人増えてダサくなったね」とか「あいつ解雇しろよ」とか言われたら嫌だなァと一生懸命演奏したけれども、幸いにして評判が良かったようで安心した。

まだまだこれから、色々と挑戦していきたい。
ひとまずMEATBOXの破壊力は別として、出音の殺傷能力を上げていきたい。

BBBBBBBでの初活動。

実はシレッと加入していたBBBBBBB(加入したメンバーにはステージネームが付与される。ちなみに僕のステージネームはクリストファー・ノーヒットノーランだ。2代目らしい。)での初活動があった。
「ライブatホトトギス」と銘打たれたスタジオライブだったのだが、いやスタジオライブというか映像作品収録というか。集まったお客さんは2名(内1名はスタジオ前で偶然出会った友人 梶藤君だった)で、しかしそれでも大変面白いセッションとなった。
ライブatホトトギス、以前BBBBBBBの首謀者である西園寺流星群氏と食事に行った時にも概要を聞いて面白いな、とは思っていたけれども実際やってみると凄いインパクトだ。

2018_02_05_001
スタジオに、でかい鳥がいた。

写真だとわかりづらいかもしれないけれど、実際結構大きい鳥で近付くのも躊躇われるくらい存在感があったよ。
不慣れな環境で気が立っている様子だったし、正直言って皆ビビッていたと思う。
そんな鳥とのノイズセッションの結果は如何に。
近日公開予定(!?)の映像を待て。

自己紹介

舟橋孝裕

Author:舟橋孝裕
愛知県在住、ベースギター奏者です。
・JONNY
・パイプカツトマミヰズ
・犬栓耳畜生
・白線の内側
 やサポートでベースを弾きます。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム