FC2ブログ

最近の私

近況報告を箇条書きにて失礼。

・『娘が歩いた』
我が娘が遂に歩み始めた。
最初は一歩を踏み出すのも大変そうだったが、歩き始めた瞬間を目撃した妻曰く「トトトッと」歩いたそうだ。というわけで早速ファーストシューズを。
娘も今月で1歳になる。あっという間の一年だった。成長が早いなあ。

2019_09_09_001


・『親不知を抜いた』
左奥歯の歯が虫歯になっている事はずっと気付いていたのだが、先日はを触っていたらボロッ...と歯が欠けて少し痛んだ事をきっかけに本格的な治療を決意した。
職場にて薦められた歯医者に行ったところ「あ、これ親不知だね。しかも噛み合わせたところで上の歯と噛み合わさるものがないから役に立ってないよ」と先生(説明が丁寧な推定70代の紳士である)から教えられ、即座に「抜いて下さい」とお願いし、一週間後に抜歯。
根の形によっては簡単には抜けないよ、と聞いていたし何ならその昔、歯茎を切開し歯を叩き割って親不知を抜いた記憶があるので戦々恐々としていたのだが麻酔を含め一瞬たりとて痛みを感じなかったので先生は本当に名医なのだと思う。抜いた歯は記念に貰ってきた。写真をアップする事は差し控えようと思う。決して気持ちの良いものではないから。


・『買い物に行った』
僕の運転でイオンモール大高店へ、妻と娘と母と。
トイザらスでジェフリージュニアがいたので娘と記念撮影をした。

201909_002
スポンサーサイト



ボーッと生きてんじゃねえよ!

2019_09_01_001
ここ最近は毎週末のように演奏活動があり、あとはその準備であるとかバタバタと動き回っていたのだけど同時に家族(主に妻)には負担をかけてしまっていた。

日々、演奏活動と家庭生活の両立について試行錯誤はするし時にはそれで割と煩悶する事もあるのだけれど、やっぱりどうしても演奏活動に比重がいってしまう、というかいざ演奏となるとそこでどうしても必要とされる時間が確定するので家族としての活動みたいなのは後手後手に回ってしまうのが実情である。常に話し合いをして夫婦内で最低限のバランスこそ維持しているものの、共に生活しているのが妻だからこそ実現出来るのであってこれって本当に有難い事であるよなあと思うのである。

さて、この週末は珍しく演奏の予定や練習もなかったので歯医者に行ったり実家に行ったり、家族での活動をしっかりと楽しんだ。
松坂屋で妻と時折視聴して楽しんでいる『チコちゃんに叱られる!』の展示がやっていると実家の両親から知らされたので両親、妻と娘の5人で出掛けてきた。皆で地下鉄でドヤドヤと移動するのは楽しいものだ。娘は人見知りしないのか、公共の場ではよそ様に遠慮容赦なく接触していく。可愛い赤ちゃんだからこそ相手様もニコニコと許してくれ、相手をして下さるけれどもその積極性たるやほんと、凄まじいものがある。
それにしても松坂屋って、普段あんまり行かないな。エレベーターガールがまだ存在していて一同、驚いたしなんだかイメージするデパートそのままだった。娘の玩具を見、チコちゃんと写真を撮って帰宅。
皆で改めて車でショッピングモールへ出掛けて回転寿司を食べて食品等購入して帰宅。

ほんとのんびりした、実に休日らしい休日なのであった。

夏期休暇の思い出その1

有難い事に会社から夏期休暇を三日間与えられた。
更には土日を挟む事で五連休となった。
先週北海道へ行ったし、妻は普通に出勤していたので遠出するでもなくのんびり過ごす夏期休暇となった。いや、なったはずだった。なんだかんだそれなりに動き回って過ごしたのであった。

2019_08_26_001
初日は兎に角家でのんびり過ごし、2日目は朝妻を職場へ、娘を保育園へ送っていきその足で岐阜へ向かった。
お世話になっているLOVELESS GUITARへメイン機とサブ機の二本のメンテナンスをお願いしてあったのだ。メイン機はフレット打ち直しの際に指板を削って貰い、梅雨を終えたので様子を診て頂くのと微調整、サブ機は北海道への往復でバラバラにしてしまったので組み直して再調整して頂く。
近況報告やらダイエットについて等話をしながら岡田さんに楽器を診て貰う。トータル的なセッティングや調整をお願いするようになってまだそんなに時間が経っているわけではないが、既にプロの手で楽器の調節をして貰う効能を感じている。格段に演奏の際のストレスが減ったもんな。

2019_08_26_002
二本とも良い感じにして頂いて、以前から話に出ていた丸デブ総本店へラーメンを食らいに行く。
平日で、しかも悪天候だったので行列こそ少なかったが店内は満席。注文してワクワクして待っているとお待ちかねのラーメンが供された。
一口食べて「あ、これ大好きな奴だ」と思わず口に出た。どこか懐かしいけれど、それだけではない醬油味。少し柔らかめに茹でられた麺も美味い。一心不乱に食べて完食。スープまで飲み干しそうになったのは久しぶりだ。

食後、岡田さんオススメの和菓子屋さん『ツバメヤ』にて妻にお土産を購入。フワフワモチモチの皮で拵えられたどら焼きとわらび餅である。どら焼きは工房に戻った後岡田さんが淹れて下さったコーヒーと早速頂いたのだが、これまた新食感。餡子も甘すぎずコーヒーと合う。

楽器の調整だけでなく食道楽まで楽しんだのであった。

北海道プチ観光編

怒涛の演奏を繰り広げた翌日は北海道観光。
前日は好き勝手に演奏に付き合って貰ったので、この日は妻のリクエストを全面的に採用してせめてものバランスをとろうと腹黒い計算をしていた。
楽器を自宅に向けて発送した後は高野君(SuiseiNoboAz/ゲスバンド)推薦のラーメン屋に。というかこの日のコースは結果的にほとんど高野君の推薦の店、土産物をまわって終わった気がする。高野君に感謝。

2019_08_23_002
滅茶苦茶有名店(高野君「ベタだけど」)「すみれ」で味噌ラーメンを食らった。
ラーメンって何食っても旨いから衝撃的な旨さってあるのかな、と思っていたけれどもいやはや、旨かった。コクがあって旨いのもさることながら結構ジャンクな味わい。こういうの嫌いな男の子っているの?って感じ。観光客がよく訪れるからかサービスと心遣いが行き届いており子連れでも全く不安がなかった。あまりに旨かったのでお土産に発送サービスも使った。

2019_08_23_004
妻は熱心な『水曜どうでしょう』ファンなのでHTBへ。
『水曜どうでしょう』、僕は通っていないのでグッズを買い漁る事はなかったが、これ、好きな人だったらガンガンお土産買っちゃうんじゃないの。

2019_08_23_003
六花亭札幌店二階の喫茶コーナーにて、商品名何だったかな、フラマンジェlが梅のジャムとゼリーの上に浮かべてあるもの。写真だとあまり旨そうには見えないだろうけれども、これ爽やかでとても美味しかった。
あとはルイベ漬けを買ったりしているうちに移動時間に。この日だけでも千歳→札幌→千歳と結構な距離を移動した感がある。
レンタカーを返して新千歳空港で土産物を買い、最後にもう一食ラーメンを。時間も差し迫っていたので行列の出来ていない店に入ったのだけれども、味は「すみれ」の方が良かったな...。

帰りの飛行機は特に揺れず、娘もまたまた上機嫌で問題なく帰る事が出来た。同じLCCでも会社によっては3歳未満の子ども連れだと優先して搭乗させてくれるところもあるんだな。初めて知った。

中部国際空港まで両親が迎えに来てくれた。車に乗り込んだ瞬間、親子3人気を失うように寝てしまった。

伊勢志摩でのお盆。

2019_08_18_001
8月10日から11日にかけて、ちょいと早めだが、連休を使って妻の祖母のお盆参りに行ってきた。

三重県は伊勢志摩の和具に祖母の墓はある。亡くなったのが去年の12月だからお葬式やそれにまつわる諸々はまだ記憶に新しい。その時分は妻の親族に会うのは結婚式以来の事であったし慣れない地に一定期間滞在したので気持ち的にも落ち着かなかったが、今回は幾分か余裕があった。

二泊する予定だったが僕が戻った後も祖母宅に娘とともに滞在する予定だった妻の交通の便の関係で、義母の運転する車で2日目の夕方に和具を後にした。滞在中には娘を初めて海水浴へ連れ出したり、と夏らしい事をした。
結局一番お盆らしい親族が集まったりするのは別日だったのでお盆らしく慌ただしい時には僕は不在で何の役にも立てなかったが、祖母へ線香をあげる事が出来た。

最寄りのコンビニまで車で10分、車が停めてある場所まで徒歩で10分。コンビニに行くのにも片道20分かかるのだ。普段如何に自分が利便性の良いところで生活しているのかがわかる。義父は慣れたもので原付を乗り回して高い機動力を有しているけれども、道も入り組んでいるし何より道が細いので不慣れな人は大変だろうが、魚は美味いし安いし、静かでとても良いところだ。
ゆったりと時間が流れる中、家族との繋がりを感じる事が出来る良い時間を過ごさせて頂いた。

帰路の車中では義母とその母(つまり妻からすればおばあちゃんだ)と3人で談笑しながらの楽しいものだった。共通の話題で一番盛り上がったのは妻の話で、そりゃあそうだろう、娘であり孫であり妻であるのだ。それぞれが知っている顔が違うようで同じ部分も少なくはない。

妻の家族達はとても良い人達だ。僕みたいなのにも寛容に、親切にして下さる。孝行したいな、と思う。

自己紹介

舟橋孝裕

Author:舟橋孝裕
愛知県在住、ベースギター奏者です。
・JONNY
・パイプカツトマミヰズ
・犬栓耳畜生
・白線の内側
 やサポートでベースを弾きます。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム