FC2ブログ

音楽を辞める友人、そしてトランポリン。

ここ最近の日記を書く。

2019_01_29_002
「音楽を辞めるから使わないであろう機材達を引き取って欲しい」と友人から連絡があったのはメインベースを車に積み込んで岐阜へ向かっている時だった。
連絡をよこした彼は昔のバンドメンバーで、それこそもう10年以上の付き合いになるし脚色なしに苦楽を共にした大切な友人で、名古屋へ戻ってきて以降は妻を交えて会ったりもしていた。僕は仕事やらで観には行けなかったのだがソロでライブもしていたようだし、もっと言ってしまえば「昔バンドをやっていた4人で集まって定期的にスタジオに入ろう」と昨年の暮れにも第一回のスタジオ入りを敢行したばかりだったのだ。精神的にアップダウンの幅のある人ではあったので「もしかして滅茶苦茶落ち込んでいるのかも!」と心配になって連絡をよこしてくれた翌日に会う事になったのだが、会ってみて心配していたような様子でなくて安心した。
まあ、どうせ使わない機材を家に置いておくのもナンだしもし彼がまたこれらを使う事になった場合を想定してもそれらは僕の手元にあった方が良かろう、と有難く引き取る事にした。いや、気になってたファズがあったってわけじゃないんだよ本当だよ。

で、引き取ったのが今日の写真。段ボール箱から溢れ出さん勢いでコンパクトエフェクターにマルチエフェクター、パーカッションシンセサイザーにMIDIキーボードが突っ込まれていた。いや正直滅茶苦茶嬉しいぞこれ。面白そうなのばっかりじゃん。
別の友人も招いてピザを男3人でかっ食らった。Mサイズ2枚は瞬く間に胃袋に消えた。
「我が家で手作り餃子を振舞ってやる」と後から招いた友人を伴って我が家を後にする旧友を見、結局クリエイティヴな人なんだなと思い至った。
僕は義父義母と車を見に行っていた妻から連絡が入ったので三重県桑名市の車屋さんまでミラココアをブッ飛ばした。
車を買う事になった。
それが日曜日の話。


2019_01_29_003
「トランポリンを楽しめるところがあるので行かないか」と妻から誘いを受けたのは確か今月の中頃だったと記憶している。
丁度平日休みがあったので折角行くなら空いている平日に、と妻と出掛けて行った。
内心「トランポリンだけで楽しめるのだろうか、そもそもトランポリンって」と危惧していたのだけれども懸念に終わった。制限時間はあっという間に終わった。
トランポリン、というかトランポリンを基軸にした室内アスレチックと言った方がよろしい。写真のように綱渡りやスライダーも楽しめ、僕達はやっていないけれどもボルダリングもあった。全体的にアッパーな雰囲気とスタッフの人達の若さ溢れる活気が苦手じゃなければ全然楽しめる。僕は最初こそビビッたもののスタッフのお兄さんのコミュニケーション能力に甘えて色々な技を見せて貰った。凄いよトランポリン、特撮映画みたいにビュインビュイン動けるの。
あっという間に体が痛くなったけれどもお兄さんの指導の下、ちょっと練習したら楽しくなってしまった。また行きたいなトランポリン。
イオンによって果物ジュースを飲み、ホームセンターによってベースギター用のステンレスの螺子を購入して帰った。
スポンサーサイト

娘とライブ映像を視聴。

2019_01_24_001
娘と風呂に入った後に一緒にINCAPACITANTSのライブ映像を観た。
娘にミルクをあげている間にTVをつけてチラチラ観たりしている事が多いのだけれども、この日は「そういえばYoutube視聴出来たな」とTVでインターネットに接続、INCAPACITANTSのライブ映像を再生したのだった。
すると、どうだろう。娘はTVを凝視しながらミルクをゴクゴクと飲むではないか。たまたま顔がそちらを向いていたわけではない、首を90℃傾けて凝視しているのだからそれは間違いなく「観て」いるのだろう。
ハーシュノイズは確かに胎教に近いのかもしれないな、だなんてふと思った。

2019年明けました。

現在平成31年1月1日午前3時42分。
新年明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願い致します。
本来であれば日付的には昨日、2018年の締めくくりの日記を書こうと思っていたのだけれども、朝から妻と娘と出掛けたり友人を招いてブリしゃぶを食べたりTVを観ていたら(紅白歌合戦と孤独のグルメを梯子。平成最後の紅白歌合戦は物凄かった。個人的には桑田佳祐とユーミンのツーショットが観れただけで大満足。青春時代に歌って踊っていたDA PUMPが紅白で観れたのも涙腺が開いた)日記を書く時間がなかった。
何て平和な大晦日だろう!
仕事関係の皆様やお世話になった方々への年賀状も大晦日に、であるけれども投函し終えたしあとはお正月を満喫するだけだ。

振り返るには少しばかり遅いけれども2018年を振り返ると、うん、2018年は人生の中でも相当大きな変化があった印象深い年になる事は疑いようがない。まさかこの僕が父親になろうとは
これについては僕はもう情けない話ほとんど苦労なんてしていなくて、妻が文字通り体を張って頑張ってくれた。僕はと言えばアタフタしていただけなのだが、それでも喜びは母親と父親に平等で、嗚呼つくづく子供という存在は優しいんだなと妻と娘に感謝しきりである。
娘よ、折角僕と妻の間に生まれてきてくれたのだ、楽しくやっていこうじゃあないか。父は少しばかり世の中の父親に比べたら頼りないかもしれないが、その分君を楽しませる事も出来るはずなのだ。これから君の母親ともども、僕が死ぬまで面白おかしく楽しませてやる、覚悟したまえ。
夫としては、出来るだけ妻に負担をかけぬよう、家事の経験を重ね妻が一人になれる時間を確保する事が当面の目標だ。

音楽活動についてはバンドを脱退したりバンドを組んだ録音をしたり、あとは有難い事に沢山の演奏の機会を得た。
2017年の頃に比べれば2018年の自分は演奏の幅が広がったし色々な引出しをこじ開けながら演奏していった一年であった。
個人的な表現欲求の部分でもより自分自身に向き合って、どういうものが音楽含め作りたいのかを考えたり、一演奏者としてその時々の旬に向き合ったり自分が発する音が自分とどういう関係なのかを考えたり、何だかんだバタバタしたけれども充実した一年を過ごさせて頂いたように思う。
娘の誕生に伴ってバタバタして少しばかりお休みを頂いたけれども、有難い事に既に復帰出来ているしペースを掴もうと試行錯誤しながらではあるけれども活動も継続出来ている。2019年の演奏予定も入ってきており楽しみな予定が幾つかある。

趣味であるエフェクター蒐集に大いに貢献してくれていた専門店が2018年末に突然閉店してしまったショックは未だに癒えておらず、今まで多くの質屋や中古店を回らずして様々なペダルを品定め、購入する事を可能にしてくれていた存在だけに「これから俺はどこでエフェクターを買えばよいのか」と頭を悩ませている最中だけれども、まあ時間が解決してくれる事もあるだろう。
今現在、ブッ壊れた音のする飛び道具を欲しているけれどもこれは常にアンテナを立てて探し求める他ないだろう。

あと2019年はもう少し日記を細かく書いていくようにしたい。
これはいつも書いている気がするけれど。

HARD OFFを目指して一人ドライブ。

12月になった。
実家にて生活していた妻と娘も僕が生活する社宅の方で一緒に暮らし始める。3人での新生活が遂に始まるのだ。

2日、妻は義父と義姉と一緒に父方の実家へ行き、その間娘は義母が預かって下さるというので僕は一日自由時間を過ごす事となった。前夜、夜遅くから常滑の友人を訪ねておりベッドに潜り込んだのは明け方6時、流石に昼頃まで眠ってしまった。
起床すると頭が重い。思えばこういう昼夜逆転した睡眠をとるのも久しぶりだ。大学卒業から20代のほとんどをそういう生活時間で過ごしたというのに、今の会社で働くようになってからはビシッと朝7時に起きて夜12時には眠る的な生活に切り替わってしまった。
起床したのは12時5分、13時から予定があったので服を脱ぎながらお湯を沸かしてお湯を注いだカップラーメンが出来上がるまでの間に髪の毛を乾かす。目的に向かってタスクを頭の中で列挙して一つずつ片付けていくのが気持ち良い。
12時50分頃楽器を担いで家を出、自転車で数分走る。この日は予め決めてあった打ち合わせである。年内に録音を控えた曲群のベースライン決め会議というか、微調整である。
人の頭の中で鳴っているベースラインを具現化する、という行為は多分最も血肉になる練習方法のうちの一つだ。演奏技術に直結するかはどうかは別として、表現力という観点では大いに得るものがある作業である。

その後、帰宅して眠気をエナジードリンクで紛らわして車で出掛ける。
一人なので普段出かけないようなリサイクルショップを目指したい、と環状線を北上、名古屋空港から程近いHARD OFFへ。
ここはちょくちょく訪れるのだけれども圧倒的なBOSSのコンパクトエフェクターの量に毎回感心してしまう。少し前まではビンテージのビッグマフなんかも並んでいたと思ったのだが売れてしまったようだった。
続いてもう一軒くらい行くか、と小牧店へ向かう。家内はドライブや移動の際にHARD OFFがあると立ち寄る事に対して肯定的ではあるけれども、いくらそんな妻でもHARD OFFを巡るためだけに遠出する、と言ったら難色を示すだろう。こういう日陰者っぽい悦びは一人で愉しむに限る。
カーナビゲーションシステムに電話番号を打ち込んで案内された場所がHARD OFFではなく中古のゲームショップだった時は唖然としたが(移転したのだろうか)、気を取り直して再度住所で検索するとそこから車で5分程、しかしつい今しがたそのすぐ近くを通って走ってきたようで苦笑いしつつも小牧店へ。
記憶を辿っても小牧店を訪れるのは初めてで、やはりそういう店舗を訪ねる際はドキドキする。

HARD OFF小牧店では楽器売り場は二階のようだった。
階段を上がり、エフェクター売り場を探す。竿類も見るには見るけれども僕の目当ては言うまでもない、エフェクターだ。
HARD OFFの店舗の中にはあまりエフェクター類に力を入れていないというか、本当に雑然と入荷したエフェクター類を陳列しているだけの店舗もあってそういう店舗にあたった際はちょっとがっくりしてしまうけれども小牧店は安エフェクターがしっかりと積まれており、かつ中堅どころからハイエンドなブランドのものなでバランスよく扱っている印象。
あまり出回っている印象のないBEHRINGERのペダルが安かったので救出。

妻が実家に戻る時間に合わせて車を走らせる。
一人のドライブも嫌いではないかもしれない。

2018_12_03_001
僕の実家にてTVを視聴する僕達。
左から舟橋(11)、舟橋(34)、舟橋(0)。
甥ッ子は僕に似ていると思う。

親の気持ちが今更わかる。

相変わらず元気にやっている。
平日は実家に帰っている妻と娘は最近では週末にこちらで一緒に生活するようになっており、もうそろそろ3人での共同生活を始めようかという頃合いである。
実際一緒に寝泊まりしてみて痛感するのは妻が如何に普段睡眠不足なのかという点だ。
生後間もなく2ヶ月になろうかという娘は夜中だろうが何だろうが腹が減ると泣く。すると我々親は起きだしてミルクを作り娘に与え、寝かしつける。娘からすれば我々だけが頼りなのだ。放っておくわけにもいかない。我々、と書いたもののこれはここ最近の週末の話で平日は妻がこれをほとんど一人でやっているのだから、そりゃあ妻も心身ともに負担を強いられようというものだ。3時間起きに絶対起きだして目を離せない存在の庇護者としての役割と全うせねばならない。その緊張感たるやいかばかりか。
せめて週末は、と気張るものの実際のところ半分も肩代わり出来ているか怪しいものである。不甲斐ない。尽力あるのみ、だ。

娘と三人で出掛けるようにもなった。チャイルドシートから取り外してそのままベービーカーにドッキング出来る娘専用席のお陰でショッピングモール等に車で出掛けて買い物をする事も出来るようになった。こうした立場になってみると如何にショッピングモールが乳幼児に対して配慮されているかわかる。授乳室はお湯も出るしオムツ替え用のベッドも配備されているし授乳室もどうやら随分と配慮が行き届いているそうな。そりゃあ親子連れが多いわけだ。
自分が親の立場になってみるとわかる事って少なくない。

世の中は今連休中だ。
有難い事に有給休暇を一日頂いたので僕は昨日から四連休中である。
今、妻と娘は昼寝の最中。僕は若干底冷えのする自室にて楽器を弾いたり新兵器の具合を確かめたり、こうしてここ最近の日記を書いている。
新兵器についてはまた改めて。

2018_11_23_001

自己紹介

舟橋孝裕

Author:舟橋孝裕
愛知県在住、ベースギター奏者です。
・JONNY
・パイプカツトマミヰズ
・犬栓耳畜生
・白線の内側
 やサポートでベースを弾きます。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム