FC2ブログ

11月になった。

11月になった。
職場は所謂繁忙期を迎え、普段よりも少し活気付いている。
少し前まで暑い暑いと言っていたような気もするが朝方と夜は冷え込むようになった。ひいた風邪がなかなか治らない(けれどもテンションは高い)娘は鼻水を垂らしているので定期的に吸いあげて呼吸を少しでも楽になるように手助けする必要がある。少し奮発して購入した(調査と推薦には妻の尽力があった事を記しておかなければなるまい)電動鼻水吸い取り機は大活躍している。唸りを上げるモーターの駆動音を耳にすると娘は条件反射か泣くようになったけれども、その後の様子を見ていると実際呼吸が楽なようなので本人のためにもなっているのだろう。電動鼻水吸い取り機は子育ての三種の神器に入れても良い、とは多数の父母がレビュー中で言っているけれども我が家もそれに大賛成だ。

11月は鈴木実貴子ズのサポートで遠征が2本、そしてレコーディングも始まるという事でここ最近の毎週末は鈴木実貴子ズでの練習で集まっている。健康的な時間に集まっては練り上げていく作業を繰り返しているのだが、やはりこういう行為は楽しい。
いや実際のところ産みの苦しみを味わっているであろう二人に関しては楽しいばかりでもないだろう。
曲を作るという行為はアウトプットするという事以上に神経を研ぎ澄ませたり擦り減らしたりする行為でもあるのだろうな、とは色々な作曲家、作詞家と一緒に行動してきたので流石の僕でもわかる。正直に言ってしまうと鈴木実貴子ズは僕が過去に関わった人達の中でもかなりハイペースで新曲を作るバンドなのだけれど、だからと言って気楽に曲を作っている気配なんて微塵もなく、「ではこの曲をバンドでアレンジしましょう」と挙げられる曲はきっと僕達の前で披露される前に二人が多くの時間と情熱を注いで精査してきたものであるはずで、更には二人からの信頼も感じるのでサポートチームはそれはそれは気張るのだ。特に各務君は僕以上にアレンジという作業に時間とクリエイティビティを注ぎ込んでいる。
僕がサボっているとかではないしましてや苦労知らずの天才肌ってわけでもない。まずギターパートのアレンジを練り、同時に関わる場所のベースアレンジの全体像を考えねばならない、考えてしまう各務君と違い、自分の担当パートだけ、自分の演奏だけに注力していられるのは僕くらいなもんだろう、という事だ。申し訳ないな、という気持ちと有難いという気持ち、そして同時にだからこその責任も感じる立場である。
大前提、そこには喜びがあるのだが。

話が少しだけ脇道に逸れる事をお許し頂きたい。これは必要な回り道であるからしてどうかご容赦の程を。
僕は料理をする際には調味料をドカッと入れる方だ。粉末出汁なんかもドサッと入れる。味は濃い方が美味い、甘い方が嬉しい、しょっぱい方が食べ応えがある、だなんて割と本気で思っている。レシピ通りに作ったとしても味見の時に「うーん何か足りない」と調味料を足してしまう。ラーメン屋でも基本は「多め、濃いめ、固め」だ。
勿論時には入れ過ぎて調節のため水なんかを入れたりして結果的に量が増えるなんて事もある。それでもやっぱりドサッといってしまうもんだからこれはもう性分なのだろう。

はい話が戻りますよ、料理だけではなくて音作りでも僕はこの傾向があってエフェクトなんかはわかりやす過ぎる程に濃い目にかけたりしている。
どうせ音が変わるのだからそれと一発でわかる方が良いに決まっている。だからエフェクトも盛大にかける。
のだが、練習の時にリバーブ具合を鈴木さんと各務君に「もっと少な目」「もうちょっと!」「あ、減らし過ぎ」だなんて横から客観的な意見を貰いつつ調節したところこれが大変気持ちが良い音になった。音に奥行きがあり、広がりがあり、何よりアンサンブルの中で主張し過ぎず、色気もある。
微調整は大事だねって話。

2019_11_05_001
スポンサーサイト



こんな人生初、は嫌だ。

5日(土)は仕事関係の面接があったので早起きして名古屋駅へ。自他から最寄りの市営地下鉄駅まで到着した際に鞄の中に財布が入っていない事に気が付き、時間的にも然程余裕がなかったので大いに汗をかきながら急いで向かった。
到着した時に感じた安堵感によって面接の緊張が和らいだのは良かったと思う。試験管の方も大変優しい雰囲気でお話を丁寧に聞いて下さった。
午前中一杯かかるかな、と思っていたのだが10時過ぎには体が空いたので一時帰宅、この日は妻は仕事の為不在、僕が空いていれば娘と二人で過ごすはずであったが面接のため娘も妻の実家にて預かって貰っていた。
まずは何はともあれ風呂に入って汗を流した。

東京在住の友人 高野君(SuiseiNoboAzゲスバンド等で活躍)が名古屋にライブで来ているというので先頃目出たく復活したエフェフリにて落ち合おうか、という事に。
なんだかんだ仕事を終えた妻も合流して3人で昼食をとる事にした。あ、高野君はエフェフリでEQDのRainbow Machineを購入していた。愛好家の中では大人気の機種だが、僕の周りではまだまだ愛用者が少ないので情報交換が出来ず寂しい思いをしていた。これで楽しみが一つ増えた。

2019_10_09_001
それなりに名古屋らしいものの方が高野君も喜ぶだろう、とスガキヤラーメンへ。
「ここで一番美味いのは多分このクリームぜんざいじゃないの」と高野君が割りかし大きめの声でdisと称賛を口にしたので慌てて打ち消した。
楽しい時間だった。

そしてこの夜、原付との接触事故を起こした。人生で初めての事故だ。幸いにも先方には怪我はなく、車に乗っていた娘もスヤスヤ眠っていた。
原付きの運転手さん、大変良い人だったのだが何と偶然にも父の高校の同級生だそうだ。実家近くでの事故だったので心配した父が現場に立ち寄ったのだが、原付の運転手さんと親しげに話し始めた時は何がどうした、と思った。
こんな偶然もあるもんなんだな。それにしても事故は気持ちが落ち込む。

アデノウイルスと娘の誕生日。

幾分かブログの更新に間隔が空いてしまったが、実は5日間程寝込んでいた。
順を追って記していこう。

9月27日(金)、朝起きると目がやたら痒い。眠っている間に目元を掻いているのか、寝起きであるそれ以上に目蓋も腫れぼったい。こりゃあいかんと市販の爽快感がある目薬をポケットに入れて出勤、職場で目薬をさして痒みもおさまったので特に気にせず仕事をしていた。
翌日、友人達と弥富の方までカレーを食べに行く予定があったので早起きしたのだがどうにも体調が良くない。というか、最悪だ。関節は痛いし体も倦怠感で重たくてしょうがない。気持ちが萎えそうな体調だ。おまけに目も痒い。これはどうしたものか、と昼から予約していた歯医者を急遽キャンセルし、土曜のお昼以降でも営業している眼科をインターネットで検索、予約した。

受付で目の痒みと微熱がある事を告げると「待合室ではなくこのままこちらでお待ち下さい」と受付横の席にて待つよう言われた。「雑誌等触るとそこから人にうつる可能性もありますので」とどうやら人に感染する病気である可能性も示唆しれた。その席で検査を受けた結果、アデノウイルス と診断された。どうやら感染力の高い病気のようで、プール熱の名で知られるらしい。「小学生だと2週間は出校停止ですね」と言われ事の重大さを理解した。
残念ながらアデノウイルスには対向薬がないらしく、体内で抗体が出来上がるのを待つ他ないらしい。目の充血を抑える点眼薬を貰い、眼科を後にする。上司に電話するとアデノウイルスという名自体初耳だそうで色々調べてみる、との事。なんだか大変な事になってしまった。

2019_10_07_001

翌日は娘の誕生日だ。妻の実家の家族が娘の為に蟹料理と一升餅(一歳の子が背負って歩く風習があるそうな)の予約までしてくれていたのにアデノウイルスのお陰で僕は隔離されねばならない。妻と娘は実家へ帰った。帰る前に僕が一人で寝込むには十分な用意をしてくれたのと、妻が娘の誕生日を前倒しで祝う席を設けてくれたのが有難かった。体調不良で手伝うどころではなかったのが悔いが残る。

結局、熱は下がったり上がったりを繰り返し目の充血が治るまで仕事に出勤出来なかった。体調自体は回復の兆しはあったものの、接客業なので真っ赤に充血した目では差し障る、という上司の寛大な判断が有難かった。

妻と娘も僕が寝込む家に直ぐに帰ってきてくれたけれども、日中は眠るか横になってボーッとするか、寝過ぎで背中が痛くなると起き上がって映画を観たりしていた。世間と社会との繋がりを絶たれた5日間、仕事に復帰出来るとなった時は嬉しかった。どうやら暇潰しの才能はないらしい。家に寝ていても直ぐにする事がなくなってしまったもの!

娘よ、申し訳ない。
父は君の一歳の誕生日に寝込んでいたのだ。
多分だけど、君が保育園で貰ってしまったアデノウイルスに君経由で感染したのだ。これも思い出、だ。二歳の誕生日は一歳の分も盛大にやろうじゃあないか!

2019_10_07_002

最近の私

近況報告を箇条書きにて失礼。

・『娘が歩いた』
我が娘が遂に歩み始めた。
最初は一歩を踏み出すのも大変そうだったが、歩き始めた瞬間を目撃した妻曰く「トトトッと」歩いたそうだ。というわけで早速ファーストシューズを。
娘も今月で1歳になる。あっという間の一年だった。成長が早いなあ。

2019_09_09_001


・『親不知を抜いた』
左奥歯の歯が虫歯になっている事はずっと気付いていたのだが、先日はを触っていたらボロッ...と歯が欠けて少し痛んだ事をきっかけに本格的な治療を決意した。
職場にて薦められた歯医者に行ったところ「あ、これ親不知だね。しかも噛み合わせたところで上の歯と噛み合わさるものがないから役に立ってないよ」と先生(説明が丁寧な推定70代の紳士である)から教えられ、即座に「抜いて下さい」とお願いし、一週間後に抜歯。
根の形によっては簡単には抜けないよ、と聞いていたし何ならその昔、歯茎を切開し歯を叩き割って親不知を抜いた記憶があるので戦々恐々としていたのだが麻酔を含め一瞬たりとて痛みを感じなかったので先生は本当に名医なのだと思う。抜いた歯は記念に貰ってきた。写真をアップする事は差し控えようと思う。決して気持ちの良いものではないから。


・『買い物に行った』
僕の運転でイオンモール大高店へ、妻と娘と母と。
トイザらスでジェフリージュニアがいたので娘と記念撮影をした。

201909_002

ボーッと生きてんじゃねえよ!

2019_09_01_001
ここ最近は毎週末のように演奏活動があり、あとはその準備であるとかバタバタと動き回っていたのだけど同時に家族(主に妻)には負担をかけてしまっていた。

日々、演奏活動と家庭生活の両立について試行錯誤はするし時にはそれで割と煩悶する事もあるのだけれど、やっぱりどうしても演奏活動に比重がいってしまう、というかいざ演奏となるとそこでどうしても必要とされる時間が確定するので家族としての活動みたいなのは後手後手に回ってしまうのが実情である。常に話し合いをして夫婦内で最低限のバランスこそ維持しているものの、共に生活しているのが妻だからこそ実現出来るのであってこれって本当に有難い事であるよなあと思うのである。

さて、この週末は珍しく演奏の予定や練習もなかったので歯医者に行ったり実家に行ったり、家族での活動をしっかりと楽しんだ。
松坂屋で妻と時折視聴して楽しんでいる『チコちゃんに叱られる!』の展示がやっていると実家の両親から知らされたので両親、妻と娘の5人で出掛けてきた。皆で地下鉄でドヤドヤと移動するのは楽しいものだ。娘は人見知りしないのか、公共の場ではよそ様に遠慮容赦なく接触していく。可愛い赤ちゃんだからこそ相手様もニコニコと許してくれ、相手をして下さるけれどもその積極性たるやほんと、凄まじいものがある。
それにしても松坂屋って、普段あんまり行かないな。エレベーターガールがまだ存在していて一同、驚いたしなんだかイメージするデパートそのままだった。娘の玩具を見、チコちゃんと写真を撮って帰宅。
皆で改めて車でショッピングモールへ出掛けて回転寿司を食べて食品等購入して帰宅。

ほんとのんびりした、実に休日らしい休日なのであった。

自己紹介

舟橋孝裕

Author:舟橋孝裕
愛知県在住、ベースギター奏者です。
・JONNY
・パイプカツトマミヰズ
・犬栓耳畜生
・白線の内側
 やサポートでベースを弾きます。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム