fc2ブログ

BOSS HM-3を買ったゾひゃっほい!

人間ドックの結果からの「いや舟橋さん貴方の膵臓ちょっと変だよ」騒動で気持ちも落ち着かず、なかなか更新もままならなかったがやはり日記を書く事での「はい、ここまで一区切りね、頭すっからかんにして良し」感は大変得難いものがあるので私、どんどん日記や備忘録を書いていこうと思う。
さて、先日入院までの事の顛末は書いた通りだけれども、その際に「行きつけの中古ペダル屋にて掘り出し物をゲット」と書いたのがこれ。

2021_06_07_001
BOSS HM-3である。
かつて一瞬所有したHM-2はどうやらその筋で『swedish buzzsow』として大人気らしく、僕が購入した当時よりも中古市場値段がガン!と跳ね上がっており「あー、売るんじゃなかった」と財産難故に手放した事、そして再度購入し難くなった事に後悔の念を感じているのだが(しかしどうやら来年辺りWAZAクラフトで復刻されるらしい。さてはて)、ナンバリング的に次のモデルであるHM-3は中古ペダル屋の愛すべきBOSS棚にぽつねんと置いてあったのであった。
「あー、これの2をかつて持っていましたよ」だなんて言いながら試奏を申し出た。2はベースギターでもイケるし何なら愛好家は「BOSS史上最も重低音が出る」だなんてレゲエっぽい音作りに活かしたりしていたようですね、だなんて話をしながら何の気なしに試奏コーナーへ座り、まずオンにした瞬間に僕と店員氏、声を揃えて「あ」と漏らした。
LEDが、青い。
BOSSのコンパクトペダルではLEDはほぼ例外なく赤色のはずだし古いモデルなら尚更である。いやこの段階で前オーナーが手を加えたのは明らかで、ではそうなると音の面でも改造が施されているのか大いに気になるところであるが、店員氏が裏蓋を開けてザッと確認したところ「特に変わってる様子はないですね」との事。勿論、流石の店員氏もパーツ一つ一つを把握しているわけではないので作業痕から推察したに過ぎないのだが、LEDに関わる部分の半田痕とその他の部分は確かに違うようであった。
LEDだけ交換した前オーナーの意図は知る由もないが、なんだかこういうのは妙に嬉しい気持ちになる。

さて、ベースギターを繋いでBOSSセッティング、所謂全て12時にしてみて音を出してみるのだがこれが意外に低域も削げずに良い印象の音が飛び出した。
低域をブーストしていくといや本当にそんなに出る必要ねえから、というくらい低域が出てうん、やはりHM-2と同じくベースギターでも全然いけるのであった。むしろキメの細かいタイトな歪みが好印象。で、この値段なら買いだなという事で購入するに至った次第である。

ホクホクしながら歩いていたら病院から電話があるんだもん、たまげたよ。

で、やはり弾いてみるとこれが最新型のベース専用の歪みペダルとタメをはるか、と言われると疑問ではあるけれども、触っていて音作りもしやすいしベースにも本当に良い。
あとこのカラーリングが妙にそそるものがある。
PW-2といい、昔のBOSSコンはEQとか極端な効き方をするものがあってそれ故にギタリストには敬遠されるものの、ハマればベースにも全然いけるんじゃないだろうか。
今後また色々試していきたいなと思う。
スポンサーサイト



PEDALTRAIN導入しました。

僕は浮気者である。
いや、私生活の話ではない。妻以外の女性と親密になった事など結婚以降ただの一度もないし、恋愛面に関しては割と一途であると過去を振り返っても思う。叩いて埃が出ないわけではないけれど。
そうではなくて、今年に入って「最近ライブも練習も鈴木実貴子ズが多いから足元も随分と固定出来てきたので」という理由から、それまでの現場にペダルを持ち込んでから組み上げる方法から脱却、あろう事かペダルを固定するための下敷きを自作してスタジオに持ち込んでいたのだが、実はあれもすぐに飽きて、というか足元を組み替える度に下敷き板を自作せねばならない事に辟易して辞めてしまったのだった。
またエフェクターケースにペダルを詰め込んで、スタジオの床にずらりと並べる或いは現場入りしてからガムテープで固定する日々は戻ったのだが。

行きつけの中古ペダル屋さんがSNSで「ペダルトレインの中古の在庫有り」と発信しているのを見、いてもたってもいられなくなってしまった。
ペダルトレイン、便利そうだけど新品で買うには勇気がいるしナァ、結局使わなくなってもナァだなんて二の足を踏んではいたものの興味はあったのだ。
早速お店に見にいくと値段も手頃、しかも程度も悪くない。お馴染みの店員さんに話を聞くと「ペダルトレイン、良いですよ」との事。この値段なら失敗しても良かろうと判断、購入したのだった。

で、結論。
ペダルトレイン、滅茶苦茶便利!
僕みたいに頻繁に足元を組み替えたい人にこそお勧めしたい。その最たる特徴たるスノコ型が足元を入れ替えまくる人には有効な構造で、ほら平面で組むと余ったケーブルとかぐっちゃんぐちゃんになるじゃない。ペダルトレインならペダルを配置してパッチケーブルとかDCケーブルとかスノコの裏側から取り回せば綺麗にまとめる必要もなければ、平面だと有り得ないペダルをスペースを横切るような最短距離での配線も可能なのでストレスがない。あとそれによってペダル同士の距離を近付ける事で省スペース化に繋がる。そんな馬鹿な、と最初は思ったのだが意外や意外、ペダル一台分くらいは簡単にスペースを捻出出来てしまう。

アダプターからデイジーチェイン型のケーブルで分岐してペダルに電気を供給していたのだけど、これだとトラブルが起きやすい。というわけでこの機会にパワーサプライも導入してみた。勿論、スノコの裏側に結束バンドで固定している。パワーサプライを使うとなるとDCケーブルも試してみたいという事で、オヤイデ電機のものを購入、プリアンプと先頭のバッファ兼チューナーに使用してみたのだが成程、音がクリアになった気がする。
いやあ、ペダルの組み替えが容易なのが本当に想定外。一つ二つペダルを入れ替えるなら数分とかからずに入れ替えてしまえるし、作業も大変しやすい。正直もっと早く導入すれば良かったじゃん、とさえ思っている。
あ、意外と軽量。肩掛け用のストラップがついたソフトケースも付いてきたのでこれから持ち運んで色々試してみようと思っている。

2021_06_05_001

妻「あ、こりゃ違うね」

人生で初めてバッファを意識したのはこの時なのだが(ブログも長い事続けると彼方に失われた記憶もこうして記録が残るから良い)、思えばこのオクターブファズの前段にバッファを挟む事による音色変化(というかこの場合はバッファを挟む事できちんとペダルが本領を発揮してくれたという、音色変化というよりはそれとは別の特殊なケースではあるのだけれど)以降も、楽器本体に施された「出力倍!ノイズも倍!ローがしっかり出る!」改造による超高出力の信号レベルをエフェクターに流し込むにあたって、信号を適正なレベルに下げるために今や必須アイテムのパッシヴボリュームを使うようになってからBOSSのバッファ、というかTU-2のバッファはずっと僕の足元の最前段であり続けた。
「何はともあれ信号の入口はTU-2」という状態が続いていたのである。

そしてそして、BOSSが本気を出して開発、まさかの技シリーズで発表されたTU-3Wは気にはなっていたものの、現状TU-2のバッファに不満があるわけじゃなし、ご縁があったら出会うだろうしその時に弾いてみて良ければでいいんじゃないのくらいの気持ちでいたのだが。

先日行きつけの中古ペダル屋のSNSでの発信を見ると店内の陳列棚が映された画像、チューナーコーナーにTU-3Wらしきブツが見えるではないか。これは是非チェックせねばならんと店頭にて比較を申し出た次第。
幸いな事にTU-2も店頭試奏用にあったのでTU-3Wと比較検討する事が可能であった。

2021_05_08_001
第一印象からして、違う。
何が違うって高域の出方が違う。薄皮一枚剥がれたような、「鮮度が良くなった」と言いたくなっちゃうような、そんな明瞭さが得られた。
あと、音がより前に出るようになったような。
事前に読んでいたインターネットのレビューだと「低域がより削がれる」的な感想を目にしたけれど、僕はそれは感じなかった。高域がハッキリクッキリした事で低域が目減りしたように感じられたのかもしれない。
で、結果的に購入して持ち帰った。
一度違いを実感すると、もうTU-2のバッファでは満足出来なくなってしまうだろうという予感、いや実感があったからだ。
特に最近は明確なパンチが音に欲しい時期なので今こそこういうより上から下までハッキリクッキリするバッファは有難い。
これからずっと、僕の足元の最前段はTU-3Wだろう。
有難う、TU-2。塗装を剥いだり散々な扱いをしたけれど、今暫くは機材棚の中で休んでくれ。
手放したりはしない。

あ、バッファとしての感想ばかり書いてしまったけれど普通にチューナーとしてもレベルアップしていたぜTU-3W。LEDはより高輝度に(そして個人的な好みではより格好良い配色に)、そしてチューニングの精度はより高精度に。
バッファとしてもチューナーとしても非常に良い感じ(舟橋は主にバッファ目的だけど)。

この大きな筐体には俺達の夢が詰まっている。Wren and Cuff THE CAPRIDについて。

どうして多くの愛好家はファズという音色に浪漫を感じるのか?
どうして演奏家は己の心情を込める際にオーバードライブやディストーションではなくファズを選ぶのか?
扱いにくく、豪胆なようで繊細なあの音色に心を奪われて何年にもなるが、いつの間にか僕もファズには浪漫を感じ、思いの丈をステージ上でぶち撒ける際には足下のファズのスイッチを踏み込むようになった。

よくわからずに買い漁っていた頃もあったし、あれが良いと聞けばあれをこれが素晴らしいと聞けばこれを買ったりと買い求めた事もあるし、兎に角興味をそそられるものはその衝動に任せて買い漁ったりもした。
未だに手元に残っているもの、いつの間にか拙宅にはなくなっているもの等、過去に手にしたもの全てを数えた事はないけれども弾いたベースギター本体の数よりかは多いはずだ。
それでも勿論、もっと知識があり経験がある愛好家=専門家も世の中には多くいて「ビッグマフはこの頃のが」とか「ファズフェイスは」とか「トーンベンダーは」とかそういう発言の前にはただただひれ伏す事しか出来ないが、手当たり次第に買ってはスタジオに持ち込んでを繰り返した結果『ライトユーザー』の道程を少しばかり歩いたんじゃないだろうかという気はしている。ファズの歴史にその名を残す名器や名品達に手を出してこなかったのは僕がお金がないのは勿論、やっぱりコレクターではなく道具は適度に乱雑にガンガン使いたい演奏家であるからである。
折角高いお金を払って歴史も浪漫も積もったブツを手に入れたなら、ステージの上でぶっ壊すには惜しいではないか。古いファズが本物なら今現在出回っているファズも本物だ。
大枚はたいて古いビンテージ物を、とは恐らく今後もならないけれども福沢諭吉数人分でエレクトリック・ベースギターにはうってつけのファズが手に入るなら多分僕は節操がない事が信条なだけに、そのブツもフランクに手を出してしまうだろうと思う。
ビンテージ物にはいかないぞ、と書いたばかりだがそれでもやっぱり神格化されたファズには興味があって、ここ最近のビッグマフブームから僕がラムズヘッドに関心を向けるのは当然の流れであった。

少し前にペダルの高い完成度に感嘆したWren and Cuffが作った「良いラムズヘッドを再現した」ペダルが、行きつけの中古ペダル屋に入荷したのを知ったのは機能美を極めたビッグマフを購入した頃。「あー、これ買ってなかったら試したのにな」と思いつつたまたま時間があった日にペダル屋に寄ったところ、すぐに売れると思っていたWren and Cuffのラムズヘッドが商品棚に並んでいるのを目にしてしまう。
試しに弾いてみたのが運の尽き、その具合の良さに購入してしまったのであった。決して安い買い物ではなかったが、店員氏による僕の浪漫を理解した対応(「舟橋さん、これ基盤も完全再現してるらしいですよ」「やっぱりデケェ筐体は良いですね。浪漫が詰まってるんでしょうね」)にもグッと背中を押して頂いた。その折は本当に有難うございます。

2021_05_02_001
というわけでWren and Cuff THE CAPRIDである。
今は小さい筐体のもあるようだけど、僕はファズの場合、浪漫(今日の日記は何度この言葉を使ったか。そのまま思い入れ、と言い換えてもいいかもしれない)は筐体の大きさに比例すると思っているのでこのサイズので大正解。
というか、このルックス込みで最高じゃあないか。

これ、ビッグマフのラムズヘッドをWren and Cuffが本気出して現代的に作り上げたペダルで、何が凄いって中を開けてみると基盤もそっくりに作ってある。今や本当に必要なのかこれはと言いたくなるようなオン/オフスイッチも付いている。あ、本家のラムズヘッドはツマミの位置がぐっちゃぐちゃで各コントロールをフルにすると位置がバッラバラなんだそうだけど、これはその辺は使いやすくしてある。親切だねWren and Cuff。

出音はベースでも扱いやすい、ローが削げない、思ったよりもハイゲインでないファズである。ビッグマフというイメージよりミドルが出ているので扱いやすい。
単体でも勿論格好良い音がして素晴らしいのだけど、これはビッグマフと同じく前段にオーバードライブを繋いでオンにするとこれまた素晴らしい。
僕は足元の歪みって弱い歪みと真ん中くらいの歪みと一番歪んでるものの3種類を弱中強と使い分けがしたい人で、ここ最近は「EQD LifePedalのブーストのオン/オフ」とか「Sovtek Deluxe Big Muff Piのミドルのオン/オフ」等を用いて一台のペダルで中と強を兼ねてスイッチで切り替えていたのだけど、CAPRIDを導入してからXotic Bass BB preampで弱めの歪み、CAPRIDで中くらい、両方オンで強と使い分けている。Bass BB preampをかけた後でCAPRIDをかけると、芯はオーバードライブで前に出てきて、滲んだニュアンスや毛羽立った部分がそのまま足される感じでこれまた大変格好が良い。世の中のギタリストがビッグマフの前に何かしら繋ぐはずだよ。

大変満足度の高いファズペダルである。
これにてここ最近のファズ熱は一旦落ち着いた。
良いペダルに出会えて僕ァ幸せだなァ!

electro-harmonix Sovtek Deluxe Big Muff Piについて。

『音楽と自分の距離感』なんて表現はおこがましいかもしれないが、自分にとって音楽とは何なのか、演奏行為とか何なのかを考える毎日である。
それまでの当たり前が当たり前でなくなってしまった環境下に於いては意志の力が、並々ならぬ意志の力が必要である。

それはそうとして、今年に入ってちょっとしてからはしばらくファズブームが続いた。
僕は定期的に熱に浮かされたように「ファズ」「ファズ」と口走るようになり、一心不乱にファズを買い求めるような時期がある。
毎回ある程度満足すると発作が収まったように日常生活に戻るのだが、今回はここ最近の発作の中では一番ペダルを買い漁った。
そもそものきっかけはWren and Cuffのトライアングル期のビッグマフクローンを買い「やっぱりファズは面白いな」と再認識した事である。
ファズというのは明らかな他のトーンよりもロマンを多く含んでいる。あのような扱いづらい音色に耽溺するには言葉にはし難い不思議な魅力があるのは明らかだ。
兎も角、ファズ熱が再燃、その後初めて手を出すメーカーのものを買ったりしたけれども「折角の機会だからビッグマフをもう少し掘り下げてみるか」と思ったのだった。しかしてビンテージ物を購入するのはコストもかかるし何よりライブの現場に持ち出して使うとなるとちょっと気を遣う。
では復刻モノで買ってみるかと他メーカーのクローンモデルも含めて色々物色したのだがそこで思い出したのが友人でありixxxxx!のベーシスト ジャイアン氏が絶賛していたこれである。

2021_04_24_001
Sovtek Deluxe Big Muff Piである。
ベーシストでファズが好きなら一度は試したんじゃないの、というくらいポピュラー=具合が良い事で有名なロシアンマフの、これは『シビルウォー』と呼ばれるモデルを現代的な機能マシマシで再構築したものだ。
「滅茶苦茶良いんでオススメですよ」とジャイアン君が言っていたし、彼が以前やっていたバンド真夜中のライブを観た時のこと。これを踏んだ瞬間に外音のメインスピーカーに張り付くように迫り出してきたローミッドの壁とブヂヂヂヂヂィという高域が僕の耳を刺激したのだった。その時の事が酷く心に残っていたので試してみる事に。
中古もなかなか出回っていないようなので直輸入品を安く買った。
今か今かと荷物の追跡情報が自宅に近づいてくるのをワクワクしながら見守り、遂に僕の手元にビッグマフが届いた。開封するのももどかしく、自室のテスト環境にて早速弾いてみる。

が、しかし。
一部正常に動作しない。
このペダルにはミドル周波数を設定、そしてそれをブースト/カットするコントロールがあるのだが(筐体右側に角コントロールが配置されている)、そのミドルのオン/オフのスイッチのLEDの動作がどうも非常に不安定だ。
うわ、初期不良だ。本当なら返送してちゃんと機能するものを送り直して貰えるはずなのだが、折角手元に届いたブツを送り返すのはどうも惜しい気がした。どうせ安く買ってるし、これも運命と甘んじて受け止めてELECTROGRAVE 小池さんのところに持ち込んでLEDの修理、そして内部を見て貰った際にこれは弱いだろ、という配線材をキチンとしたものに換装して頂いた。
数日後、行きつけの中古ペダルショップにこれが入荷した時は流石にずっこけそうにはなったが、それはさておき。

所謂ビッグマフのシビルウォー期はオリジナルは弾いた事はないのだが、それを元にしたファズは一時所有していた。ベース向けの音色だなと思った記憶があるのだが今回のこれもその印象通りで、分厚いローミッドが感じられるベースに使って良しなファズである。それに加えて機能マシマシのビッグマフであるからして、痒いところに手が届くドライブランド機能を搭載しているのでトーンをマックスにして高域を強調しまくったファズサウンドに、ドライシグナルを足して音程感とロー感を足す事も容易く出来てしまう。更には多くのビッグマフ愛好家の「あったらいいな」のミドルも付いていて前述通り周波数を設定してブースト/カットが出来るので音作りの幅は滅茶苦茶広い。
僕はミドルのコントロールがエフェクトのオン/オフとは別のスイッチでオン/オフ出来る事からミドルのスイッチを一種のブーストスイッチのように捉えて使っていた。普段はミドルはオフで、ここぞという時にハイミッドをちょっとブーストしてカキーンと前に出てくるファズサウンドになるようにしていたのである。
これがまた大変気持ちが良い音になった。

しかし人はどうしてこうも愚かなのか。
機能マシマシのビッグマフ、その恩恵に大いに預かっておきながら「機能マシマシな便利さは果たして本当にビッグマフと言えるのであろうか?」等と疑問に思ってしまったのである。
この思いは後に伏線となるのであった。

自己紹介

フナハシタカヒロ

Author:フナハシタカヒロ
愛知県在住、ベースギター奏者です。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム