最高かよ、BOSS BC-1X。

2017_02_21_001
先日のライブより新しく導入した新兵器、BOSS BC-1Xが最高過ぎる。

今まではBOSS CS-2を使っておりこれはこれでとても良いペダルなのだけれども、それでもやっぱり技術的な部分では30年前のものなんだなと(だからといって悪い、に直結はしないので。念のため)BC-1Xを試して再認識出来た。いや、それくらい凄いペダルなんだよね、BC-1X。
僕はコンプレッサーを使う時はわりかししっかりと圧縮した「威圧的な音」だったり「自分が何をやっているかわかりやすくする」ために使う事が多いのだけれども、そうするとオン時のレベルってどうしても大きめになる、というかガンガン弾いた時と同じくらいの音量にしがちで。そうすると気になるのはこれはもうコンプレッサーの宿命なのでしょう、一緒に持ち上がるノイズ。
ノイズもそのエフェクターの音の一部だったりするわけなのだから、と別に気にはしていないしそもそもノイズとか気にするならエフェクターなんて沢山繋いだりしないし、と思っていたのだけれども、パイプカツトマミヰズとか犬栓耳畜生とか5人編成での演奏の際は何かとベースアンプの近くに陣取る事が多く、そこでコンプレッサーをオンにすると途端に「ピイイイイイイイイイイ!!!」ってハウリングを起こしてしまう。僕の音がハイゲインかつコンプレッサーのセッティングが馬鹿みたいなのがいけないんだろうけどもさ、どうせならそういうの気にせずにガンガンコンプかけてオラオラな音を出したい、という思いが日増しに強くなり、我慢出来なかったのでパイプカツトマミヰズ先日のライブ前日に購入。
普段使ってるスタジオが軒並み埋まっていたもんだから、人生で初めて一人で車出して機材一式持ち出して、不慣れな町まで個人練習に赴くくらいにはジッとしてられないくらい興奮した。

で、CS-2と比較するとまず真っ先に気が付くのが原音からの音質変化ね。CS-2ってアンプとの相性にもよるんだけど時々音が妙にスカスカになる時があって、でもBC-1X、前評判通り非常に原音を活かしたペダル。あ、原音に忠実、ってわけでもない。微妙に変化するのだけれども、これが良い方向に変わるから笑ってしまう。音がリッチになる感覚、っていうと語弊があるけど、何かオイシイ音になるのである。
で、圧縮率をどんどんあげていってもノイズが持ち上がってこない=BC-1X由来のノイズが非常に少ない。皆無、ではないけれども従来機種と比べると圧倒的に少ない。これによって、ええ、パイプカツトマミヰズのライブ中、ほぼずっとかけっぱなしで弾いておりましたよアタシは。
こう書いていると「あ、上品なペダルなのかな?」って思われるかもしれないけれども、さにあらず。BC-1X、結構ガッツリ圧縮する事が出来てその音が大変威圧的。CS-2の派手なコンプレッションサウンドが「失うものがないヤクザ者みたいな怖さ」だとしたら(語弊はある、その、なんだ、すまない)BC-1Xは「地上に降り立った人外のナニカ」的な威圧感である。どちらも怖いけどね。いや、言い過ぎか。
兎に角、弾いてて滅茶苦茶気持ち良くなる。演奏中に自分の音に興奮して爆笑したライブなんて久しぶりだ。
どのバンドでも主用途は違えど、愛用すると思う。
スポンサーサイト

BEHRINGER TP300を入手。


今や完全に「安エフェクターの中でも最古参」感を確立したBEHRINGER。
そんなBEHRINGERのTP300を購入した。
ええ、こりゃあもうレイアウトこそ違えど完全にBOSS PN-2である。
流石は過去に訴えられた事もあるBEHRINGER、コントロール系統まで完全に一緒だぜ!

コピー元であるBOSS PN-2について少し。
PN-2 トレモロ/パンは後継機TR-2と比べても優秀な点が多いとされている。
パンがついてるっていう多機能な点もそうだけれども、LEDが常にRATEにあわせてフワフワ点滅するので視覚的にトレモロの揺れ方を把握しやすい。そしてこれは別にPN-2の利点ってわけではないのだけれども、TR-2ではオンにした瞬間に若干下がる音量(ちなみににせんうんねん以降のモデルでは内部にトリマーがついておりオン時のボリュームが調節出来るそうな、TR-2)がPN-2ではTR-2程ボリュームダウンが気にならない。いや一体何で新モデルの方が微妙に使いづらくなってるんだよ(繰り返しになるけれどもにせんうんねんモデルでは改善されているそうな)。
以上のような点から未だにPN-2を探し求める向きも少なくないと聞くが生憎、PN-2は絶版。

そこでBEHRINGERですよ。妙に値段が高騰しがちなPN-2、そのコピーモデルが数千円で買えるっていうのは大変魅力。
あ、でも今はもうこのTP300も生産完了みたい。僕は運良く中古に出会えた。

歪ませるなりコンプかけて圧縮なりした音の後にこれを上から二つ目のモードでDEPTHマックスでかけると「 ガッ ガッ ガッ 」っていって大変面白い音がする。勿論歪ませたりしなくても同じような効果は得られるんだけど「ブゥ ゥ ゥ ゥ ゥ ン」ってちょっと地味なのである。どうせかけるなら面白おかしくかけたい。
勿論普通のトレモロとしても使える。パンニング機能?ベーシストである僕からすればあまり使わない機能ではある。もしステレオ出力が可能な現場があったらリバーブと合わせて使ってみたい機能ではある。

BEHRINGERの筐体って確かにプラスチックでちゃっちいけれど、それでも今のところ壊れた事はない。バキッと割れた、とかたまに聞くけれど皆そんな勢い良く踏んでるのだろうか...。

EarthQuakerDevices Afterneathを買った。

2017_02_05_001
少し前にEarthQuakerDevicesのエフェクターを手に入れた。
高品質かつブッ飛んだ音を(も)出せるという事でエフェクター愛好家の間では勿論、僕がよく閲覧しているこのサイトでも推されているブランドである。日本では中尾憲太郎さんも最近ここと契約されたのか、よくここのものを使われているようで痒いところにも手が届くと絶賛されている模様(歪み気になる)。
日本の楽器店でもこのエフェクターブランドのイベントが行われたり、うん、気になるよね。
というわけで僕、このブランドに興味津々、かつ気の利いたリバーブを探していたところに以下の動画を観てしまって完全に心奪われてしまった。


いや最高かよ。
というわけで中古のブツを探して購入、数日後に輸送されて手元に届いた。
「異次元のリバーブ」を掲げて作られたAfterneath、ショーとディレイとリバーブの複合機でディレイ寄りかリバーブ寄りかをDragコントロールで調節して、という独特なコントロールや同メーカー基本の設計なのかな、ドライシグナルは完全に維持されたままそこにエフェクトを足していく感覚での音作りも含めて大変面白いペダルだった。
だった、と何故過去形で書いているかというと既にもう手放してしまったから。ペダルのせいではない、僕の好みの問題。

Afterneathはショーとディレイとリバーブの複合機でdragコントロールを完全にリバーブ側にしてもディレイはかかる。で、感覚的には「ディレイサウンドにリバーブがかかる」のでベースギターをガンッと弾くと僅かな間隔の後、「異次元にて放射状に広がった」美しいリバーブサウンドを伴ったディレイシグナルが返ってくる。あ、ちなみに何が凄いって完全に入力信号にエフェクトのかかり方も追従してるよ。強く弾くと残響も凄いし弱く弾くとちゃんとメロウにかかって返ってくる。変わった音ではあるけれどもそういうところをブッ飛んだままにしてないのがちゃんと美しい音を出して欲しいっていうブランド側のこだわりが見えるようでこれは凄いと思った。
で、話は戻るけれどもその「僅かな間隔の後」というのが僕のその時求めているものとは違ってしまっていて。コントロールを弄繰り回してしばらくは悪戦苦闘し、スタジオにも持ち込んで検証していたのだけれどもその時演奏で使いたいリバーブサウンドではなく。
最も身近な同好の士studio penne君に譲ってしまった。彼の方が僕より巧みに使うだろうから。また、彼の方が同ブランドへの愛着も深い(リンク先のブログでは同ブランドのレインボーマシーンについてレビューも書いている)しね。僕はその代わりに彼から得たお金で「やっぱりお前か、お前なのか」と「気配りの効いた」リバーブペダルを手に入れたのだった。それについてはまた後日。

いやあエフェクターって面白いなあ。

金がないからこういうチマチマした実験をやっているわけじゃあないんだよ

2016_12_12_001
最近、ふとした弾みでピックを普段使っているものから変えてみたところ、びっくりするくらい音が変わったので手持ちのものを色々変えては楽しんでいる。
「びっくりする程変わった」と言っても実際のところ弾いてる本人にとっては、なのだけれどもそういう差異が演奏する上では大きな変化になる。少なくとも僕は演奏、楽になったもんな。
というわけで現状手持ちのもので特徴が分かりやすいものまとめ。きったねえ図だけれどもザッと図にまとめてみたので、ここからは細かく書いていく事にする。

まず1番、Terry Gouldの0.80mm。ポリアセタール製。
「NUMBER GIRL時代の中尾憲太郎さんが使ってたピックだよ」と友人が大量買いしたものの内、一枚をくれたので使ってみたところしっくりきたので、ミーハー心からそれ以来使っている。雑誌のインタビューで中尾さんが「自分はピッキングが強いので適度にアタックを殺してくれるので良い」というような事を仰っているのを読んで「ははあ、成程なあ」と思った記憶がある。事実、適度なしなやかさと硬さがあって弾き心地も自然。弦とぶつかるような感覚も弦に負けるような感覚もなく弾きやすい。
僕の中ではこれが基準になってしまうくらい使っている。

2番、ここ最近のメイン、Claytonの1.07mm。べっ甲に近いとされる新素材(このピックが出回るようになってから何年も経っているのでもう新素材でもなかろうが)ULTEM製。
以前から友人のギタリスト達が「クレイトンは良いよクレイトンは」と言っていたけれどもその時は何だかちょっとザラついた手触りが好きになれず。久しぶりに弾いてみたらTerry Gouldと全然音が違ってびっくりした。面白くなってピックによる音色変化に興味を持つきっかけになった一枚。同時にこれよりもちょっと薄めのもの(確か0.80mmだった気がするんだがなあ)も買ったのだけれども、そちらよりもこの1.07mmの方が音が前に出てくる感じがあったのでこちらを使っている。アタックと同時にハイミッドがゴンッ!と出てくるのでベースラインがクッキリと前に出てくるような感覚になる。だけどもそういう音だし、硬いし厚いのでTerry Gouldと同じ感覚で弾くとどうしてもピッキングが強くなり過ぎる。ちょっと優しくしないとね。
いやーそれにしても良いよこれは。

3番、Moonのわざわざ「for Bassist」(ベーシストのための)と謳ったピック。素材はどれだけネット検索しても出てこないんだよねえ、何なんだろ。1.52mm。
「僕には合わなかったので」とベーシストでありスタジオの番人をしている友人がくれたもの。
これは素材が関係しているのか厚みなのかそれとも気のせいなのか何なのか、弾くと低域がじっくりと出る。アタックは若干弱め。その分低域が出るのでしっとりと弾きたい時とかに使うと良いかもしれない。実際インターネットで使っている方の感想を見ると「ローが沢山出るので良い」という声が多いようである。所謂アンサンブルを支える低域を出すには良いのだけれどもアンサンブルの中で攻める時にはちょっと音の張り出しが弱いかもしれんな、という感じ。尤もそれを前提に音を作れば良いのだろうけれども。形は弾く分には意外と気にならないもんである。

そして4番、今回これが一番書きたかったClaytonのPHAT-TONE。2.80mm。
いやこれ滅茶苦茶分厚いんですよ。何故かというと普通のピックを両側から硬質のゴムで挟んであって。「指弾きっぽい音がする」との謳い文句で販売されてたもんだから「いやまさか」と半笑いで、半ば以上実験目的で買ったんだよね。届いて次のスタジオで使ってみたらびっくりした。「うわ、確かにちょっと、否、ちょっと以上に、指弾きっぽい」ってなってしまった。硬質のゴム部分が結構硬質で、触っている間はゴムである事を意識しないんだけれどもピッキングした瞬間、何だろう、手元でちょっと「ムニュ」感があって。勿論ほんの一瞬なんだけれども「あ、これ確かにゴムだ」ってわかる手応えがあるのだ。で、低域が多いとかそういう感じではなくて、ちょっと音の存在感?音の出方?そういうニュアンスの部分が指弾きっぽいというか。
「指弾きの音を出したいなら指で弾くわ」と思っていたし今も思っているけれども、自分自身ベースギターを弾いてきた時間の4/5以上はピック弾きだったしピック弾きの時にしかならない「オラオラな気持ち」みたいなのがあるんだなって最近自覚してしまったのである。オラオラいきたい、けれども音的には柔らかい指弾きのニュアンスが欲しい。そんな時にはこのPHAT-TONEを使えばいいのかな、と思っている。というか白線の内側とかでガンガン使いそうだ、これ。

ピックを使い分ける事で同じセッティングでも違う音になる、という事はこれは入力段階でのエフェクトみたいなものだ。
一本のライブの間で使い分ける事が有益なバンドではそういう事をしてみようかな、と思っている。音の入力段階での信号に気を遣うと、アンサンブルの中でベースギターの音がどこにいるのか、を調節する事が出来、かつエフェクトで調節するよりも変化が劇的なんだなと知った。
ピック面白いよピック。

親の仇のように明るいLED

つくづく俺は飲料に左右されている、と思う。
職場ではカップコーヒーで興奮状態になり「うおおお、俺は仕事をバリバリやるぞ!」とカフェインを取った事によるプラシーボ効果から体中に活力とやる気、ポジティブさをまき散らしながら業務にあたっているし(ホットコーヒー故に体温が少し上がってポジティブになるのかもしれない。最近お気に入りで読んでいる漫画でサウナ中毒の芸人が『子供の頃は基礎体温が高かったので何でもハッピーでしたね。体温高い方がポジティヴになれるんですよ』と語っていた。相変わらずかっこの中が長いね俺ね)、夜は一人自分の部屋で一缶120円もしないようなレモン風味のハイボールを飲んでベロベロニなって憂さを晴らしている。
晴らすような憂ささえもないっていうのが本当のところなんだけれどね。
そして3日に一回くらいは「水が一番旨いね」とか思っちゃってる。

仕事中、ELECTROGRAVE 小池さんよりメールが来た。
下の画像(小池さん貼らせて貰いますすんません)と「改造完了しました」の連絡。仕事終わってマウンテンバイクをジャコジャコ漕いですぐに取りに行った。

2016_12_08_001
BOSS LS-2の改造をお願いしていたのである。
このラインセレクター、いやラインセレクターと一言で言ってしまって良いのかいささか自信がなくなる程多機能かつコンパクトで美しいと思うのだけれども、この素晴らしい名機で一つ気に入らないところがあるとすればそれは各ループのセンドジャックが筐体左、リターンジャックが右側にあるところだ。小池さん曰く設計者的には右側にインプットを集めたい、左側にアウトプットを集めたいと思うのは自然な事らしいのだけれども、使う側としてはパッチケーブルを交差させなきゃいけないしその分長いパッチケーブルを用意しなくちゃいけないしで何となく、いやこれはもう俺の感覚だけなのかもしれないけれど、何となく気持ち悪いのだよ。
というわけでセンドとリターンを入れ替えて貰って、右側がセンド、左側がリターンになって大変気持ちが良くなった。ついでにAチャンネルのLEDを明るいものにして貰った。「明る過ぎて目が痛くなる」(小池さん談)程明るく、うん、こうカッ!!とLEDが点くとオンにしたぞ!感があって良い。

新しくなったLS-2を携えてパイプカツトマミヰズ練。
詳しいご報告はまたになるけれど、パイプカツトマミヰズは漠然と、いや本当に漠然とだけど、僕が加入してから何度目かの転換期に差し掛かっているんじゃないかって勝手にそんな気がしている。わからねえけど。
ピックを変えてからピック弾きが最高に楽しいんだけど、そういうニッチな話題はまた別の時にするとします。
あまりにも贅肉がついてきたのでこれから毎日15分程スローランニングをして体の様子をみようと思う。

自己紹介

舟橋孝裕

Author:舟橋孝裕
愛知県在住、ベースギター奏者です。
・JONNY
・パイプカツトマミヰズ
・犬栓耳畜生
・白線の内側
 やサポートでベースを弾きます。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム