FC2ブログ

自分の歪み史に於けるマーシャルサウンド=GV-2

2018_09_28_001
こういう物言いをすると自分が年齢を重ねた事、更には「もう若くありませんよ」みたいな雰囲気を醸し出してしまって嫌なのだけれども、今の10代の楽器演奏家達も楽器をストラップで肩から吊り下げる際のその長さであるとか、ダウンピッキングでひたすらに弦を弾く、その際のBPMの早さ等で競い合ったりするのだろうか。
そういった行為が流行した記憶こそないけれども、何となくそういう要素で人に勝っていたいみたいな気概はひっそりと持っており、そこに正直に従った結果、否、そこだけに着目してしまったが故に今の僕のような極端に偏った演奏家になってしまったのは明らかである。もし万が一ここを読んでいる貴方が10代の演奏家であればこう忠告したい。
「バランスを崩せ、好きな事だけ追求せよ」
この生き方に後悔はないのであった。

さて、ハイゲインの追求というのは今も昔の一部の愛好家は徹底的に追及しているところではあると思うのだが、僕もベースギター
演奏を本格的に愛好し「これこそが自分のコミュニケーションツール」であると自覚する少し前からベースギターの音を歪ませる事に随分と情熱を注いできたものである。
低く、美しく豊潤で時に感応的なそれさえ感じさせるエレクトリックベースギターの音をエフェクトペダルでグッシャグシャに歪ませてやるのである。低域等バッサリカットされ、攻撃的なアティチュード「だけ」が声高に主張されるような、そんな音色を作っては悦に入っていた時期さえあった。バンドアンサンブル中で効果的に運用するためにはどうするべきか、そんな事を考えるのはもう少し後の話、兎に角歪ませる、オラオラ歪ませる、そんな時期が僕の超初期の歪みサウンドであった。

研究は発展し技術を向上させる。
僕は様々な先達の音色を研究してはそれをそのままパクり、自分のものとして取り込もうとした。当時僕が愛聴し、かつかくありたいと思ったバンドにRAGE AGAINST THE MACHINEがいる。このバンドのベーシスト Tim Commerfordはプレベのネックをくっつけたジャズベを指弾きしてブッ太い音を出しており、その高い位置に楽器を構えた立ち姿や「Tシャツかよ」と突っ込みたくなる程沢山入ったタトゥーも相まって大変威圧的で格好良いオーラを放っていた。サイクリングで指を骨折した後、指立て伏せを取り入れた徹底したトレーニングにより骨折前より太い音を出すようになった、との武勇伝も耳にした事がある。僕はこの生き方が自分とは正反対の、しかしブッ太く歪んだ音でグイグイ弾くTim Commerfordに憧れた。少しでも何かパクれないかと思った時に彼の「ガヴァナーディストーションは最高のディストーション」との発言を知ったのであった。

今思えばTim Commerfordの言ったガヴァナーは古い型のものだったのではないか、と思う。
僕がその発言を間に受けて購入した(いや、人から譲ってもらったものだっただろうか、何にしてもどのようにして手に入れたのか記憶が曖昧模糊としている)Marshall GV-2は多分彼が使っていたものとは違うのではないだろうか。
ただ、機材棚にさえ入っていなかったこのGV-2、サビだらけでツマミもちょっとユルくなっていたけれども大変良い按配に歪んでくれたのである。
実際のところ、ベースギターに使うには非常に良いドライブペダルなんじゃないだろうか。
BASSコントロールのみならずそこより更に低い帯域をコントロールする事が出来るDEEPコントロール、これがギター用の歪みペダルをベースギターで使った際の「ひっくい、分厚いところ」が欠ける感じを補ってくれる。どころかブーストし過ぎるとモッコモコになる。MIDもTREBLEも具合が良い。本当にこれ、ベース向きなんじゃないのってな具合である。
キメの細かいドライブサウンド、ギターのみならずベースでも大変オイシイ音になる。

見た目が僕は好きじゃあないけれど。
スポンサーサイト

ELECTROGRAVE RIPPER FUZZ dry signal mod.について。うん、ただの自慢なんだ。

2018_09_10_001
自慢じゃないがファズは良いものを幾つか所有している。今現在手元にあるものはどれも手放せないものばかりだ。
どんなアンサンブルでも主張出来るアレ、ポンと置いてフルテンにすれば格好良い音がするコレ、問答無用にシビれる音が出るソレ、兎に角馬鹿デカく、そして雷のような音がするアイツにあのレコーディングやこのレコーディングで使った野太いコイツ等、僕の手元にあるファズはベース専用機に限らず良いファズばかりだと思う。
勿論、所謂『当たり』ばかりではない。機材選びは投資とチャレンジの世界、試奏コーナーでそれなりの音量で弾いたってわかるわけない、ずっと付き合っていけるブツかどうかは大音量で現場で鳴らさないとわかりゃしない。だからちょっとでも気になったら買う。試奏して「コイツならいけそうだ」と少しでも感じられれば買う。
実際のところ、愚行であると思う。だってその中の半分、いや良く言い過ぎか、6割くらいはご縁がなくて自分の手元から旅立って行く事を僕は経験上知っているのだから。勿論ご縁がないブツとはもっと良いオーナーと出会えるように中古ショップに売るのだが、その段階でそのアイテムは中古品、ともすれば中古品の中古品で自分という所有者を経ている以上、値段も買ったそのままとはいかない。経済とはそういうものだ。買った金額-手元に残った金額=勉強代。そう思う他ない。
まったく、一生付き合っていけるブツなんてのは全体の4割にもひょっとしたら満たないのかもしれない。この割合、今でこそそうだけれどもその昔はもっと低い割合だった。
人間は経験をもとに学習する事が出来る生き物だ。僕は多くの投資とトライ&エラーを繰り返して何となく「ああ、こいつは長くお付き合い出来そうだ」というブツを選ぶだけの審美眼(耳、だろうか)を養う事が出来た。
きっと、最初からもっと優れた耳をしていればこんなに沢山のお金を勉強代として支払う事はなかったはずだ。僕はようやく人並みの選定基準を得たんだとそう思っている。真面目な話。

さて、エフェクター、とりわけファズの中でも弾いた瞬間に「これは俺の手元に来るべきアイテムだ」と思えるものがある。
ELECTROGRAVE RIPPER FUZZはそんな一台。「これは絶対に手に入れないといけない」とそう強く思わされた一因に「これじゃないと出ない音」がある。この言い回し、エフェクターをついつい買ってしまうペダルギーク達にとっては常套句なのだろうけれども兎角このRIPPER FUZZに於いては誇張でもロマンでもなく、歴然とした事実である。このファズじゃないと、出ない音が、出来ない演奏がある。

ビルダー小池さんが「完全に無音の瞬間を作る事で破壊力を追及した」と完成直後に興奮しながら教えて下さったけれども弾いてみてその意味がすぐにわかった。ゲイン値固定のこの強力なファズ(「ゲイン?そんなものいるの?どうせフルアップでしょ?」とは小池さんの弁)は本来であればオンにするや否や強烈なフィードバックノイズを放つであろうけれども、RIPPERコントロールによって音を発音しない限り完全なる静寂を実現したのである。SENSITIVITYによってその掛かり具合をコントロールする事が出来るのだが、左に回し切る事で演奏者は世にも不思議な体験をする事が出来る。
グッシャグシャに、バッシャバシャに歪んだファズサウンドが炸裂するのだが弦をミュートした次の瞬間、否、その瞬間、完全なる無音が辺りを包むのである。ゲートファズのそれとは完全に異なるこの異様な体験に僕は思わず笑ってしまった。
強力な轟音で辺りを薙ぎ払うような演奏をし、次の瞬間完全なる無音。彼岸と此岸を行き来する、何だかとんでもなくイケナいファズのような感じである。

僕が小池さんにオーダーしたのは只の一点、この素晴らしい兵器、RIPPER FUZZをベースギターで完全に使いこなせるようにするためにドライボリュームを搭載して頂いた。ドライシグナルとファズシグナルをブレンドする事でトーンの効きがこれまた極悪で面白いRIPPER FUZZの魅力を存分に活かす事が出来る、そう感じたのである。
完成品を受け取りに行った時、小池さんは興奮気味に「これで死角ナシ!」と言い放った。弾いた直後、僕はきっとそれ以上に興奮していたに違いなかろう、「死角ナシ!!」。
微妙な匙加減、というあんばいがこのペダルに必要かどうかは別として、微妙な匙加減の音作りも可能になってしまった。もう完璧だ、恐ろしく完璧だ。物凄くタイトな、休符だらけのリフだろうがギンッギンに歪ませてかけっぱなしで刻めるようになってしまった。
弾いてると「あれ、これって本当に歪んでいるっけ」とゲシュタルト崩壊を起こす程演奏にタイトだ。これをファズトーンと呼んでしまっていいのかわからなくなる。全く新しい、小池さんによる『発明』なのでは?
そんな風にさえ思えてくる。

これはもう絶対に手放さない。手放せない。

これが本当のRandy's Revenge

台風21号の脅威に晒された一日。
ここ最近、名古屋は大雨とか台風とかほとんどが夜中に通過していって日中その脅威を目の当たりにする事って久しくなくて、前日まで何となく今回もそんな感じだろうとか危機感が全くなかったのだけれど。
予報通り正午頃から崩れる天気、吹き荒れる風に職場の建物がウオオオオオ...と揺れ、物凄い風の音に思わず「ちょっと大丈夫か、これ」と口から出てしまった。
尤も、仕事を終え同僚の運転する車に乗せてもらい特に支障無く帰宅出来てしまい、本当に僕は今回の台風に関しても特に被害らしい被害を被らずに済んだ。
報道やSNSを見ているととんでもない動画や画像が出回っていたり、街中でも看板が剥がれたり信号が停電で動いてなかったり「有事」という言葉に相応しい光景も目の当たりにしたのだった。
被災した方々が少しでも早く元の生活に戻れますように。
家族を持つようになってこういう言葉も以前と意味が変わってきた。生活というのは尊いものだと痛感する。

さて、話はガラリと変わって今夜もエフェクターについて記録しておく。
ベースギター本体からの信号をバッファ→ボリュームを下げるペダルという順番で流してから他のエフェクターにインするようになってからというもの、それまでよりもグンとその真価を発揮するようになったエフェクターは少なくなく、一度は手放したものの再度購入したエフェクターも幾つがあってその中の一つにFAIRFIELD CIRCUITRYのリングモジュレーター Randy's Revengeがある。

2018_09_04_001
以前は何なら「俺とは相性が悪い」という論調でブログに感想を書いたけれども、少し前の金曜の夜だったか、仕事が早く終わってテンションが高かったためサイクリングがてら行きつけのエフェクター専門店に飛び道具気味のリバーブを探し求めて行った際にコイツに再会した。
気になっていたリバーブはどうもしっくり来ず、久しぶりにコレを触ってみたい、と試奏させて貰ってたまげた。滅茶苦茶良い、どころか滅茶苦茶に『美しい』でやんの。

普段愛用しているelectro harmonixのリングモジュレーターは音が微妙にヨレてて、それでも主張が強い音で好きなんだけれどもRandy's Revengeは「綺麗に」リングモジュレートするというか、綺麗にかかってくれる。透き通るような濁った音という矛盾した表現をお許し願いたい。他の語彙力ではこの芸術的な音を表現するにはそれが一番しっくりくるのだ。
ブレンドコントロールはドライシグナル側に振り切れば完全にドライシグナルだけになるし、ボリュームコントロールをその状態でちょいとブーストすればクリーンブースターになるくらい音量の可変域もある。
真ん中の大きなツマミは以前は設定がシビア過ぎる印象だったけれども今改めて触るとどの設定でも音楽的なリングモジュレートサウンドになるし、何ならシビアさも然程感じなかった。感覚って変わるものである。
エフェクトシグナルだけに作用するローパスフィルターも素晴らしく、これで思い切った音も耳に痛くなく=アンサンブルに馴染むようにする事が出来る。勿論その逆も然り。
スイッチ切り替えでトレモロみたいな効果も得られるしいやあ、面白いし一々美しいですよこれは。
これは買わねばならない、これを逃すと罪悪感さえ感じるだろう、と思い詰め翌日購入。触りまくってその翌日の鈴木実貴子ズの現場から早速導入した。
所謂歌モノの演奏の際にはファズの後段に接続、エフェクトシグナルはギヂッッ!という具合の過激目な設定、しかしてブレンドは抑え目にして多少音にエッジと輪郭を出すようなイメージでボリュームはブースト目。
これでファズで歪んだ音を更にブーストするようなイメージで使ってみたところ狙い通りの効果が得られた。

勿論先日の『あめつち』:での即興演奏の際も大いに活用した。
単体でも使用したしDOD MEATBOXで使ったサブオクターブにブレンド抑え目にして輪郭を押し出すようにかけてやるとこれまた面白いサウンドになった。

コントロールの融通の効き具合とエフェクトの美しさのお陰で汎用性を獲得したリングモジュレーターの傑作。
一度は手放してしまったかつての僕の頬をはたいてやりたい。もう、手放さないぞ。

BOSS DF-2をベースギターにかけてみる。

2018_08_14_001
人生で初めて購入したエフェクターはBOSS DS-2だった。ターボディストーション、である。
ベーシストが最初に買うエフェクターではないのかもしれない、一般的に。けれども兎に角歪む事が嬉しくてトーンもゲインもへったくれもなく、適当にセッティングして音を出して喜んでいた。当時は箱モノの楽器を使っており(初心者に毛が生えたような腕前だったけれども、お恥ずかしながらグレッチのベースである)オンにした瞬間にフィードバックを起こしてとんでもない事になっていたけれども「弾いてる間はこのッピーーーーー!!!って音が出ない」と気がついてからはオンにしてからはノンストップで弾けば良いのだ、と無茶苦茶な解決方法をこじつけては喜んで弾いていた。
しかし月日が経って気が付くのである。当たり前だが、ベースギターにはもっと適当な歪みペダルがあるという事を。
いつしか何かのついでにDS-2は売り払ってしまった。今はどこの誰が手にしているのか、それともどこかの中古楽器屋の隅で埃をかぶっているのかわかったものではない。BOSSのオレンジ色の筐体にはそういう、懐かしいような気恥ずかしいような、そんな感情がある。

そんなオレンジ色に、再び挑戦する事になろうとは。
「BOSS DS-1はベースギターにも設定次第では悪くないらしい」という話を小耳に挟んだのはいつの日か。悪くない、という表現が絶妙だけれども、それでもDS-1をわざわざ手にしなくても他にも色々と試したいペダルはある。殊更DS-1に手をかける機会もなかった。けれどもあれはある日のネットサーフィン中の事、DF-2という機種がある事を知った。
歪み回路はDS-1をほぼ踏襲している(それでも出音は若干DF-2の方が高域が強いそうだ。比べた事はないからわからないけれども)が、それに加えて長押しする事でフィードバック音を疑似的に発生させるトンデモ機能付きだというではないか。
調べてみると疑似も疑似、オシレーターを使ってフィードバック音を出力しているそうで、そんなトンデモ機能物凄く気になるじゃないか。

というわけで買ってみた。
まず歪みだけれども想像していたよりも全然、ベースギターでもイケる。トーン回路は絞るとローブースト、上げるとハイブーストという構造になっておりこの構造がトーン絞り目ならベースにも合う、という具合に効いてくる。勿論重低音が出るわけではないけれども、ドライシグナルと聴感上同じくらいにはローが出る。ディストーションコントロールは単純明快、上げるとよりよく歪み絞ると割とナチュラルなドライブサウンドになる。ここも想像、というか記憶に残っている『BOSSのディストーション』=DS-2よりも幅が広くて驚いた。尤も、以前DS-2を踏んでいた頃はコントロールも音作りもへったくれもないような使い方をしていたもんだから今使えばDS-2も割と可変幅はあったのかもしれないけれど。

個人的にはトーンをグッと絞って程良く歪ませても良し、思い切り歪ませても面白いと思った。気になったのは音の鮮明さ、というかクリアーさ。高域に膜が張ったように感じるというかアタックの部分がナマッているように感じる。尤もこれはこれで良く言えば温かい音なのかもしれない。ちょっとクリアーさにはかけるけれども、問題になる程ではない。こういうものだ、と思えば良い。だって古いペダルなんだぜ。最新のベース専用機と比べてどうするのだ。

そしてフィードバック機能。
これが結構面白い。わざとらしい音なのは大前提、そりゃあそうだよ、疑似的なものなんだから。でもその音が面白い。オシレーターで音出してそれにエフェクトかけたりしても結構楽しめた。フィードバック音をこれでまかなう!とかだと賛否は分かれるにしても変な音を出したい!とか特殊奏法に使う分だったら十分以上である、これ。

楽器に関しての備忘録のつもりがほぼほぼ自分語り。

あれはいつの日だったか、それまで自分自身否定しながらも無意識にこだわっていた「所謂、ベースらしい」サウンドというものにいよいよ執着しなくなったな、と痛感した瞬間があった。
自宅に向かって一人、車のハンドルを切っている瞬間だったか、それとも楽器さえ背負わずにこの身一つで自転車を漕いでいた時だっただろうか、あるいは風呂に浸かってぼんやりと虚空を眺めていた時だろうか、はたまたベッドに転がって眠りに落ちるその暫時、その刹那だっただろうか。
いずれにしても、「あ、俺、音の捉え方変わったな」と自分自身ちょっとした驚きを持ってそう実感した瞬間があった。断言したって良い、それは楽器を弾いている最中でなかった事だけは確かだ。楽器を演奏している最中はそんな事を考える、感じる余裕なんてない。あれはもっとこう、必死になる行為であるからして演奏しながら循環して鑑みて、だなんてそんな余裕と余白を必要とする行為は出来ない。まあ、中にはそういう余白を作るような演奏もする事はあるけれども、けれどもその時はその時でいつまでその余白を継続するのか必死になっているので、これはもう僕の不徳の致すところではあるのだけれども、やはり余裕がない。
よって、僕がそう感じたのは楽器を演奏していない時である事だけは確かである。
「ベースらしいサウンド」というのは僕がエレクトリックベースギターとは様々な音が出せる楽器だと気付いた時から手を変え品を変え挑み続けているテーマである。一頃は反骨心を持ってその言葉を浴びせかける輩に一瞥くれていた。
いや、言わんとする事は理解出来る。バンドアンサンブルの中に於いてその瞬間、ベースパートに期待するものというは僕もベースギター奏者の端くれ、同じである。必然性があればそりゃあこの楽器の長所だもの、低音によってスペースのデザインや造形を担わせて頂きます。けれどもそれが、もう演奏する以前に大前提として、その演奏家の思想としてそうそう、これこれ、ボンボンやってくれ給え的な、これはもう断言してしまおう、『思考停止』からくるものであれば話は別である。
「ベースにリング・モジュレーター?使わないでしょ、ハッ!」
世の中には平然とこういう事を恥も外聞もなく口にする演奏家がいるのである。創造、という言葉を知っているか。何かを作り上げる行為に本当に臨んでいるのか。想像力や認知の外に向けて踏み出すのはクリエイティビティの向上の要素の一つなのでは?
おっといかんいかん、ついつい熱くなってしまっていけない。そう、結局全部、電気信号なんだから如何様にでも加工すれば良いと思うのね、シンプルな話。電気信号を加工して格好良い素敵な音が出るのであればその元の楽器が何であっても良いではないか、という考え方で。僕は自分愛用のベースギターが一番操作しやすい楽器であるのでそれを使って(不自由になりたい時は使わない。これはこれで演奏に於いては効果的であると最近意識している)森羅万象の音を出したいと思っている。
こうなってくると如何にして音を加工(しかも多方面に)するのかという話になり、そこでようやく今回の本題、ピッチシフターになってくるのである。

2018_07_30_001
DigitechのWhammy RICOCHET、導入しました。これ、ベースギターでも素晴らしい。

音程をなるべくスムーズに、かつ美麗にシフトするエフェクターというのは大変重宝する。どうやったって自然な加工音(矛盾した物言いというのは理解している)にはなるわけがなく、いや恐らく様々なエフェクトを追加してゆけば最終的には完全なそれになるのであろうけれども、このエフェクター単独では勿論そうならない。それでも僕がこれを導入したのはそれまで使っていたピッチシフターよりも圧倒的にピッチシフト時の音のヨレが少なかったからである。ヨレ、別に悪くはないのだけれど、今はそれが旬でない。
ペダルのないワーミー、と言える本機だけれども正直触ってみるまで操作感は大丈夫なのか、とかペダルがなくてワーミーの美味しい感じが出せるのか、とか色々懸念していたんだけれども、結論からするとこれ、いいよ!
スイッチを踏んでいる間だけピッチシフトするのか、それともオン/オフでドライシグナルと切り替えるのか選べたりするのだけどペダルを踏んでいる間だけピッチシフト、これ信じられないかもしれないけれどもペダルを踏んでいる感覚と近しい。
ピッチの上がる速度をツマミで調整、というのも最初は大丈夫かと心配だったけれどもこれとスイッチによるオン/オフでほぼほぼノーストレスでピッチシフトが楽しめるから凄い。あ、でも曖昧なピッチで上げたり下げたりウニウニした人には不向きである。
僕みたいに「ガッキィィィィィンンン!!」とピッチシフトしたい人には良いけれども。
あと上げるだけじゃなくて下げるのも、結構オツである。ベースでオクターブダウンした音色はオクターバーでドライシグナルカットしたりした音とはまた別物の味わいがある。そういう演奏の時もピッチ検出の正確さ、迅速さは流石。遅れない遅れない。

繰り返しになるけれども、ウニウニやらないようであれば全く不足ない、良いピッチシフターです。

自己紹介

舟橋孝裕

Author:舟橋孝裕
愛知県在住、ベースギター奏者です。
・JONNY
・パイプカツトマミヰズ
・犬栓耳畜生
・白線の内側
 やサポートでベースを弾きます。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム