FC2ブログ

メインベース、入院。

2019_01_29_001
長年愛用してきたYAMAHA SBV550改の異常に気が付いたのは昨年の暮れ頃。
9フレットの音の伸びが悪い、というか明らかに音が詰まる。そして8フレット辺りは音がビビる。ネックの状態が悪いわけでもなさそうだったので「これはフレットかな」と、思えば購入して以降ほぼほぼ専門家に診せた事がなかったこの楽器をメンテナンスに出す決意を固めたのであった。
こういう時に頼りになる職人さんの顔が思い浮かぶというのは有難い事だ。早速Loveless Guitar 岡田さんに連絡をし、日程の調節をして工房に持ち込む事になった。

持ち込むまでの間のライブは友人から頂いたプレシジョンベースを使うか、はたまたをムスタングベースか、とか色々思案していたのだけれども何だかんだ慣れてる楽器が一番だろうという事でもう一本半音下げ用に調節してあるSBV550をレギュラーチューニング用に調節し直して使用する事にした。ならばいっその事、電装系もメインベースと同じ仕様にした方が良い。結局、2本のベースを持ち込んで工房にお邪魔したのが先日の事。
妻と娘と一緒にドライブがてらの遠出となった。

サーフグリーンのメインベースはフレットも減ってきているし素人目には真っ直ぐだったネックもガタガタになっているとの事でリフレットと全体的なセットアップをお願いする事にした。
そしてこの際、今までは事ある毎に自分で調節してきたこの楽器のお世話を今後は岡田さんにお願いする事にした。演奏についても良く理解して下さる専門家に定期的にメンテナンスに出す方が楽器の状態も安定するだろうし長く付き合えるってものである。
今までは出来るだけ自分の手で、と思っていたが楽器の状態に心を砕いたり神経質になる時間があるのだったらもっと音楽的に他の事に時間を使いたいという思いもあった。学生時代や20代中盤までの頃のように六角レンチや金物差し片手にどこまでも時間を注ぐってわけにもいかなくなったし。
お願いするのに岡田さんなら安心である。


青色のSBV550は電装系に手を入れて頂き、ついでに状態も診て頂いた所ネックの状態も良いとの事。むしろサーフグリーンのより良い状態だったとか。ネックの話をして頂いたついでによく耳にする「ベースギターのネックは若干順反りの方が良い」という話について教えて頂いた。僕は何となく精神衛生上、ネックは矢のように真っ直ぐな方が良いと思っていたのだけれども弦の振動的にはやはり極僅かに順反っていた方が良いそうである。もうこういう話を聞いているとますます楽器の調節は自分の手に余る事のように思えてきた。うん、やっぱり専門家にお任せしよう。

フレットやナットの素材についても打ち合わせをし、岐阜の旨いご飯屋さんについても教えて頂き(岡田さんには毎回色々教えて頂く)工房をあとにした。
仕上がりが楽しみである。
スポンサーサイト

EQD Rainbow Machine

いつの間にやら2019年1月ももう半ばを過ぎていた。
おいおい、本当に光陰矢の如しだな。ただ大晦日からお正月の2018年から2019年の変わり目辺りの事を思い出すと結構前の事のような気がするから、今現在を起点として考えるのか過去のある時点での自分を起点として考えるかで時間の長短は伸縮自在なのである、と認識出来る。

2019_01_18_001
故にこれを買ったのも結構前のように思える。

EQDことEarthQuaker DevicesのRainbow Machineである。個性的な音を好む演奏家達の好まれているこのペダル、「RPGの主人公が魔法を使う時の効果音のような音が出る」と各方面で言われているけれども、成程、然り。
結構雑な説明になっちゃうけどピッチシフトを伴ったショートディレイって感じの音がする。Pitchコントロールは12時でユニティ、つまりピッチシフトを伴わない音。けれどもこのコントロールが結構シビアで、ピッチシフトの幅こそオクターブ上orオクターブ下ではないものの写真の位置、ほぼほぼ12時ですよ、くらいの位置でも結構ピッチシフトの効果としてはわかりやすい。思いっきり振り切れば変わった音も出るけれどもこれくらいのセッティングだと音に深みと広がりが出る感じで僕ぁ好きですねぇ。
僕はその昔Digitechのワーミーのデチューンモードが好きで演奏によっては一曲かけっぱなしにしたりしてきたのだが、これ一台あればあの頃大いに楽しんだデチューンサウンドをより細かく作り込めるような手応えを感じ、現在実験中である。
トーンコントロールで音全体の明るさを決められたりとブッ飛んでる側面が語られがちだけれども、結構生真面目なペダルであると感じている。音自体はゴロゴロと転がり落ちるようなピッチダウンにツバメが飛ぶようなピッチアップと思い切りが良いのだけれども。

正直、もっと飛び道具飛び道具しているかと思っていたのだが試奏してみて意外にも汎用性は高い、と感じた。
中古で良い値段のものはないかと探し求めていたところ、丁度行きつけの中古楽器屋に在庫がある事を知り、妻に頼んで早めのクリスマスプレゼントとしてサンタクロースにお願いした次第である。
思えばこれが、行きつけの中古ペダル屋での最後の買い物になったのであった。

三が日が過ぎた。

2019年の三が日はゆったりと過ごした。
元旦は実家(舟橋家サイド)に顔を出し皆でおせち料理を食らったり等、した。甥っ子(小学校5年生)が会う毎に娘に対して愛情を持って接してくれており、小学生であっても父性というか幼子への愛情というのは抱くのだなと当たり前の事に対して感動したりもしている。変な話だが娘が生まれてくれてからというもの、様々な瞬間に家族という存在を意識する。

2019_01_04_001
正月衣装ではしゃぐ娘。
可愛いねえ。

さて、新年早々だが楽器について。
愛用のSBVがフレットの関係で調整が必要そうで、信頼出来る職人さんに連絡してどうにか2019年1月中にフレット調整(打ち直しになるか擦り合わせになるか。いずれにしてもリフレッシュする事になるだろうから楽しみだ)にお預けする事になったのだが、その作業が完了するまでの間ライブや練習に持ち出すサブベースが必要になった。ムスタングベースを持ち出すかと思ったのだがそういえば少し前に友人から譲り受けてそのままになっているBacchusのベースギターがあった事を思い出し、大晦日に友人達と鍋をつついたりTVを観たりしながらちゃっかりと作業をしていたのだった。
このベースギター、プレシジョンタイプで友人も「ベースを弾いてみるか」と所謂入門者クラスの楽器を買ったそうなのだが、友人宅にある頃から触らせて貰う度に何となく雰囲気が良く、手放す事があったら一報くれと伝えてあった。で、いよいよその友人がベースを弾かなくなったので、と引っ越しをする際に断捨離の一環として譲り受けたのだった。調べてみるとBacchus、安いクラスでも評判良いのね。中国産だけれども日本の職人さんが現地入りして指導をされたそうで作りが丁寧、と定評がある。確かに触ったり調節してみてもネック周りは好印象。
おまけに僕の好きなボディが軽く、取りまわしも良いもんだから一時使いのサブベースとしては最高、というかもっとちゃんと愛用しても良いくらいである。
サンバーストで白いピックガードという見た目以外は結構お気に入りだったので、さて見た目はどうしたものかと考えたのだがふと思い出したのがKING CRIMSONのジョン・ウェットン先生。先生はそういえばピックガードをコントロール周りだけ残してスッパリカットされていたなぁと思い出し真似してみた。

2019_01_04_002
ザグリの関係でピックアップまで延長したけれどもカッターナイフを使って適当に切った割には綺麗に仕上がった気がする。
調べてみるとカルメン・マキ&OZの川上シゲさんもこうやってピックアップ付近まで残してピックガードをカットされているようである。カルメン・マキ&OZの『閉ざされた街』を聴いてたまげた身としては嬉しい偶然だ。
勿論使ってみて、だけれどもおいおいブリッジやピックアップ、配線周りを交換していくのも面白いかもしれない。

BEHRINGER FL600という名の狂気のマシーン

2018_12_11_001
先日のこのドライブでの戦利品、BEGRHNGER FL600である。

同じくBEGRHNGERのベースシンセサイザーも中古品、しかも美品で販売されておりエレクトリックベースギター奏者としてはそちらも気になったのだけれども、少し前に元ネタのBOSSのベースシンセサイザーを手に入れたばかりだったのでこちらは見送り。なんでも音もピッチ検出の早さも違うそうなのでいつかは試してみたいと思ってはいるのだが。

このFL600について調べてみるとあまり国内の情報が出てこない。実機を見たのも初めてだ。大手楽器系情報ブログの記事がヒットするがそこでの記述によるとこの600という品番のシリーズはLine6のToneCoreシリーズを元ネタにしているそうで、そういえばあのシリーズにはフランジャーなんかもあったなあと海外サイトの情報も覗いてみる。全部で11モードのフランジャーを搭載しており、モード名からも何となくこれはぶっ飛び系のペダルじゃないかと期待して家に持ち帰ったのだが期待通りの飛び具合。
キュィィーン↑ キュィィーン↑ キュィィーン↑とかギュゥゥーン↓ ギュゥゥーン↓ ギュゥゥーン↓とかそれはそれは頭の悪そうな(または頭がおかしくなりそうな)エフェクトが満載である。
ゲロ吐いてるアルペジエーターみたいな『STEP』というモードも素晴らしい。

このペダルをベースギターで使おうと思うとモードのほとんどが悉く原音を打ち消すような強力なエフェクトシグナルであるもんだから、まともに使おうと思うとブレンダー必須。これくらい潔い音ならばいた仕方あるまい。
試しにLS-2でドライシグナルと混ぜて使ってみる。ドライシグナル6:エフェクトシグナル4くらいの比率で音を混ぜると原音の後ろで奇妙な電子音が鳴り響くとても妙な音になって楽しい。
あとカラーリングも最高。フランジャーというか変な音が出るペダルとして重宝しそうである。

POS DT-1、これって別の観点から凄いエフェクターだと思う。

2018_11_07_001
これから長らく住まうであろう社宅に実家に里帰り中の妻と生まれて間もない娘を受け入れる準備を日々少しずつ、それこそ牛の歩みのような速度ではあるが進めている。
その過程で実家→妻と同居と始めた家→社宅と経てきても尚、段ボールに荷積みされたままの状態だった私物達をいよいよ整理する事になったわけだが、それらの多くが断捨離の果てに廃棄されたのに対して奇跡的に娑婆へ戻ったものも幾つかある。
その中の一つがこれ、一部のクソエフェクター愛好家達の中では有名なPOS DT-1である。

POS DT-1。
これを手に入れたのは大学生の頃である。一時期の僕は今よりも熱病に浮かされたようにエフェクター蒐集に精を出しており、それこそ安価と見るやいなや使わないようなペダルでさえも自宅へ持ち帰っていた。圧倒的な物量に憧れを感じていたというのもあるし、何よりまだ今よりももっと音の良し悪しよりも浪漫に比重を傾けていたという事もある。
中古で数千円しなかったのではないだろうか。兎に角、物凄く安くないとこのいかにも得体の知れない、ラベラーか何かで手作りしたのかとツッコミたくなるような素っ気ないステッカーで記されたメーカー名さえ何かの冗談のような、そしてこのどこかで見たけれどもオレンジ色で(思うにディストーションでこの色というところもメーカー名から感じる冗談のような風合いを強調しているように思える)塗装されている事で異形ささえ感じる筐体のこのエフェクターにお金を払うとは思えないのである。当時の自分を褒めてやりたい。唯一無二のこのペダルは、今だからこそ僕の手元にあるべきであると感じさえする。
購入して一度音を出して満足したものの、大学の部室に持ち込んで同期と笑い飛ばしてやろうとした際に音が出なかった事でこのDT-1との思い出は終了している。数百円だからこそ痛痒も感じなかったし「ほらだからダメだろ」的な感想さえ口にしたかもしれない。何ならその時僕のその発言に相槌を打ちながら笑った同期の顔さえ思い返せる気がする。
それくらい、このエフェクターには嘲笑しか感じていなかった。

本当に音が出なかったのか、あの時の不具合は不完全かつ適当な環境で鳴らされたが故のものだったのではなかったか、という疑念に抗えず昨夜、ベースギターに繋いでみたところ音が、出た。
まさかのまさかである。おいおい、出るんじゃんよ、とペダルに過去の無礼、そして音が出ないが故に仕舞い込んでしまった事への詫びを感じながらツマミを回す。
ディストーションとしては、まあ特に特徴もなく、安エフェクターのディストーションという感じだ。ベースギターで、かつ自宅で鳴らした感じでは特に特筆すべき事はない。
ただ、このDT-1の強烈な個性はそのバイパス音にある。

物凄く、音が劣化する。
高域がバッサリとカットされ、音が遠くなる。こういうフィルターなんじゃないのか、と感じる程である。
僕はかねてから音痩せなんてものは都市伝説のようなものでエフェクターを繋ぐ以上そんなものは気にしていられない、と声高に主張してきたけれども、それでもこのペダルに関しては明確な「音痩せ」を感じたのである。
もう、凄いよ。本当に物凄く変わるから。
音の変化が強烈過ぎて劣化といっていいのか迷う程だ。これは変化、ではなかったか。

POS DT-1、侮り難し。

自己紹介

舟橋孝裕

Author:舟橋孝裕
愛知県在住、ベースギター奏者です。
・JONNY
・パイプカツトマミヰズ
・犬栓耳畜生
・白線の内側
 やサポートでベースを弾きます。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム