FC2ブログ

BEHRINGER FL600という名の狂気のマシーン

2018_12_11_001
先日のこのドライブでの戦利品、BEGRHNGER FL600である。

同じくBEGRHNGERのベースシンセサイザーも中古品、しかも美品で販売されておりエレクトリックベースギター奏者としてはそちらも気になったのだけれども、少し前に元ネタのBOSSのベースシンセサイザーを手に入れたばかりだったのでこちらは見送り。なんでも音もピッチ検出の早さも違うそうなのでいつかは試してみたいと思ってはいるのだが。

このFL600について調べてみるとあまり国内の情報が出てこない。実機を見たのも初めてだ。大手楽器系情報ブログの記事がヒットするがそこでの記述によるとこの600という品番のシリーズはLine6のToneCoreシリーズを元ネタにしているそうで、そういえばあのシリーズにはフランジャーなんかもあったなあと海外サイトの情報も覗いてみる。全部で11モードのフランジャーを搭載しており、モード名からも何となくこれはぶっ飛び系のペダルじゃないかと期待して家に持ち帰ったのだが期待通りの飛び具合。
キュィィーン↑ キュィィーン↑ キュィィーン↑とかギュゥゥーン↓ ギュゥゥーン↓ ギュゥゥーン↓とかそれはそれは頭の悪そうな(または頭がおかしくなりそうな)エフェクトが満載である。
ゲロ吐いてるアルペジエーターみたいな『STEP』というモードも素晴らしい。

このペダルをベースギターで使おうと思うとモードのほとんどが悉く原音を打ち消すような強力なエフェクトシグナルであるもんだから、まともに使おうと思うとブレンダー必須。これくらい潔い音ならばいた仕方あるまい。
試しにLS-2でドライシグナルと混ぜて使ってみる。ドライシグナル6:エフェクトシグナル4くらいの比率で音を混ぜると原音の後ろで奇妙な電子音が鳴り響くとても妙な音になって楽しい。
あとカラーリングも最高。フランジャーというか変な音が出るペダルとして重宝しそうである。
スポンサーサイト

POS DT-1、これって別の観点から凄いエフェクターだと思う。

2018_11_07_001
これから長らく住まうであろう社宅に実家に里帰り中の妻と生まれて間もない娘を受け入れる準備を日々少しずつ、それこそ牛の歩みのような速度ではあるが進めている。
その過程で実家→妻と同居と始めた家→社宅と経てきても尚、段ボールに荷積みされたままの状態だった私物達をいよいよ整理する事になったわけだが、それらの多くが断捨離の果てに廃棄されたのに対して奇跡的に娑婆へ戻ったものも幾つかある。
その中の一つがこれ、一部のクソエフェクター愛好家達の中では有名なPOS DT-1である。

POS DT-1。
これを手に入れたのは大学生の頃である。一時期の僕は今よりも熱病に浮かされたようにエフェクター蒐集に精を出しており、それこそ安価と見るやいなや使わないようなペダルでさえも自宅へ持ち帰っていた。圧倒的な物量に憧れを感じていたというのもあるし、何よりまだ今よりももっと音の良し悪しよりも浪漫に比重を傾けていたという事もある。
中古で数千円しなかったのではないだろうか。兎に角、物凄く安くないとこのいかにも得体の知れない、ラベラーか何かで手作りしたのかとツッコミたくなるような素っ気ないステッカーで記されたメーカー名さえ何かの冗談のような、そしてこのどこかで見たけれどもオレンジ色で(思うにディストーションでこの色というところもメーカー名から感じる冗談のような風合いを強調しているように思える)塗装されている事で異形ささえ感じる筐体のこのエフェクターにお金を払うとは思えないのである。当時の自分を褒めてやりたい。唯一無二のこのペダルは、今だからこそ僕の手元にあるべきであると感じさえする。
購入して一度音を出して満足したものの、大学の部室に持ち込んで同期と笑い飛ばしてやろうとした際に音が出なかった事でこのDT-1との思い出は終了している。数百円だからこそ痛痒も感じなかったし「ほらだからダメだろ」的な感想さえ口にしたかもしれない。何ならその時僕のその発言に相槌を打ちながら笑った同期の顔さえ思い返せる気がする。
それくらい、このエフェクターには嘲笑しか感じていなかった。

本当に音が出なかったのか、あの時の不具合は不完全かつ適当な環境で鳴らされたが故のものだったのではなかったか、という疑念に抗えず昨夜、ベースギターに繋いでみたところ音が、出た。
まさかのまさかである。おいおい、出るんじゃんよ、とペダルに過去の無礼、そして音が出ないが故に仕舞い込んでしまった事への詫びを感じながらツマミを回す。
ディストーションとしては、まあ特に特徴もなく、安エフェクターのディストーションという感じだ。ベースギターで、かつ自宅で鳴らした感じでは特に特筆すべき事はない。
ただ、このDT-1の強烈な個性はそのバイパス音にある。

物凄く、音が劣化する。
高域がバッサリとカットされ、音が遠くなる。こういうフィルターなんじゃないのか、と感じる程である。
僕はかねてから音痩せなんてものは都市伝説のようなものでエフェクターを繋ぐ以上そんなものは気にしていられない、と声高に主張してきたけれども、それでもこのペダルに関しては明確な「音痩せ」を感じたのである。
もう、凄いよ。本当に物凄く変わるから。
音の変化が強烈過ぎて劣化といっていいのか迷う程だ。これは変化、ではなかったか。

POS DT-1、侮り難し。

自分の歪み史に於けるマーシャルサウンド=GV-2

2018_09_28_001
こういう物言いをすると自分が年齢を重ねた事、更には「もう若くありませんよ」みたいな雰囲気を醸し出してしまって嫌なのだけれども、今の10代の楽器演奏家達も楽器をストラップで肩から吊り下げる際のその長さであるとか、ダウンピッキングでひたすらに弦を弾く、その際のBPMの早さ等で競い合ったりするのだろうか。
そういった行為が流行した記憶こそないけれども、何となくそういう要素で人に勝っていたいみたいな気概はひっそりと持っており、そこに正直に従った結果、否、そこだけに着目してしまったが故に今の僕のような極端に偏った演奏家になってしまったのは明らかである。もし万が一ここを読んでいる貴方が10代の演奏家であればこう忠告したい。
「バランスを崩せ、好きな事だけ追求せよ」
この生き方に後悔はないのであった。

さて、ハイゲインの追求というのは今も昔の一部の愛好家は徹底的に追及しているところではあると思うのだが、僕もベースギター
演奏を本格的に愛好し「これこそが自分のコミュニケーションツール」であると自覚する少し前からベースギターの音を歪ませる事に随分と情熱を注いできたものである。
低く、美しく豊潤で時に感応的なそれさえ感じさせるエレクトリックベースギターの音をエフェクトペダルでグッシャグシャに歪ませてやるのである。低域等バッサリカットされ、攻撃的なアティチュード「だけ」が声高に主張されるような、そんな音色を作っては悦に入っていた時期さえあった。バンドアンサンブル中で効果的に運用するためにはどうするべきか、そんな事を考えるのはもう少し後の話、兎に角歪ませる、オラオラ歪ませる、そんな時期が僕の超初期の歪みサウンドであった。

研究は発展し技術を向上させる。
僕は様々な先達の音色を研究してはそれをそのままパクり、自分のものとして取り込もうとした。当時僕が愛聴し、かつかくありたいと思ったバンドにRAGE AGAINST THE MACHINEがいる。このバンドのベーシスト Tim Commerfordはプレベのネックをくっつけたジャズベを指弾きしてブッ太い音を出しており、その高い位置に楽器を構えた立ち姿や「Tシャツかよ」と突っ込みたくなる程沢山入ったタトゥーも相まって大変威圧的で格好良いオーラを放っていた。サイクリングで指を骨折した後、指立て伏せを取り入れた徹底したトレーニングにより骨折前より太い音を出すようになった、との武勇伝も耳にした事がある。僕はこの生き方が自分とは正反対の、しかしブッ太く歪んだ音でグイグイ弾くTim Commerfordに憧れた。少しでも何かパクれないかと思った時に彼の「ガヴァナーディストーションは最高のディストーション」との発言を知ったのであった。

今思えばTim Commerfordの言ったガヴァナーは古い型のものだったのではないか、と思う。
僕がその発言を間に受けて購入した(いや、人から譲ってもらったものだっただろうか、何にしてもどのようにして手に入れたのか記憶が曖昧模糊としている)Marshall GV-2は多分彼が使っていたものとは違うのではないだろうか。
ただ、機材棚にさえ入っていなかったこのGV-2、サビだらけでツマミもちょっとユルくなっていたけれども大変良い按配に歪んでくれたのである。
実際のところ、ベースギターに使うには非常に良いドライブペダルなんじゃないだろうか。
BASSコントロールのみならずそこより更に低い帯域をコントロールする事が出来るDEEPコントロール、これがギター用の歪みペダルをベースギターで使った際の「ひっくい、分厚いところ」が欠ける感じを補ってくれる。どころかブーストし過ぎるとモッコモコになる。MIDもTREBLEも具合が良い。本当にこれ、ベース向きなんじゃないのってな具合である。
キメの細かいドライブサウンド、ギターのみならずベースでも大変オイシイ音になる。

見た目が僕は好きじゃあないけれど。

ELECTROGRAVE RIPPER FUZZ dry signal mod.について。うん、ただの自慢なんだ。

2018_09_10_001
自慢じゃないがファズは良いものを幾つか所有している。今現在手元にあるものはどれも手放せないものばかりだ。
どんなアンサンブルでも主張出来るアレ、ポンと置いてフルテンにすれば格好良い音がするコレ、問答無用にシビれる音が出るソレ、兎に角馬鹿デカく、そして雷のような音がするアイツにあのレコーディングやこのレコーディングで使った野太いコイツ等、僕の手元にあるファズはベース専用機に限らず良いファズばかりだと思う。
勿論、所謂『当たり』ばかりではない。機材選びは投資とチャレンジの世界、試奏コーナーでそれなりの音量で弾いたってわかるわけない、ずっと付き合っていけるブツかどうかは大音量で現場で鳴らさないとわかりゃしない。だからちょっとでも気になったら買う。試奏して「コイツならいけそうだ」と少しでも感じられれば買う。
実際のところ、愚行であると思う。だってその中の半分、いや良く言い過ぎか、6割くらいはご縁がなくて自分の手元から旅立って行く事を僕は経験上知っているのだから。勿論ご縁がないブツとはもっと良いオーナーと出会えるように中古ショップに売るのだが、その段階でそのアイテムは中古品、ともすれば中古品の中古品で自分という所有者を経ている以上、値段も買ったそのままとはいかない。経済とはそういうものだ。買った金額-手元に残った金額=勉強代。そう思う他ない。
まったく、一生付き合っていけるブツなんてのは全体の4割にもひょっとしたら満たないのかもしれない。この割合、今でこそそうだけれどもその昔はもっと低い割合だった。
人間は経験をもとに学習する事が出来る生き物だ。僕は多くの投資とトライ&エラーを繰り返して何となく「ああ、こいつは長くお付き合い出来そうだ」というブツを選ぶだけの審美眼(耳、だろうか)を養う事が出来た。
きっと、最初からもっと優れた耳をしていればこんなに沢山のお金を勉強代として支払う事はなかったはずだ。僕はようやく人並みの選定基準を得たんだとそう思っている。真面目な話。

さて、エフェクター、とりわけファズの中でも弾いた瞬間に「これは俺の手元に来るべきアイテムだ」と思えるものがある。
ELECTROGRAVE RIPPER FUZZはそんな一台。「これは絶対に手に入れないといけない」とそう強く思わされた一因に「これじゃないと出ない音」がある。この言い回し、エフェクターをついつい買ってしまうペダルギーク達にとっては常套句なのだろうけれども兎角このRIPPER FUZZに於いては誇張でもロマンでもなく、歴然とした事実である。このファズじゃないと、出ない音が、出来ない演奏がある。

ビルダー小池さんが「完全に無音の瞬間を作る事で破壊力を追及した」と完成直後に興奮しながら教えて下さったけれども弾いてみてその意味がすぐにわかった。ゲイン値固定のこの強力なファズ(「ゲイン?そんなものいるの?どうせフルアップでしょ?」とは小池さんの弁)は本来であればオンにするや否や強烈なフィードバックノイズを放つであろうけれども、RIPPERコントロールによって音を発音しない限り完全なる静寂を実現したのである。SENSITIVITYによってその掛かり具合をコントロールする事が出来るのだが、左に回し切る事で演奏者は世にも不思議な体験をする事が出来る。
グッシャグシャに、バッシャバシャに歪んだファズサウンドが炸裂するのだが弦をミュートした次の瞬間、否、その瞬間、完全なる無音が辺りを包むのである。ゲートファズのそれとは完全に異なるこの異様な体験に僕は思わず笑ってしまった。
強力な轟音で辺りを薙ぎ払うような演奏をし、次の瞬間完全なる無音。彼岸と此岸を行き来する、何だかとんでもなくイケナいファズのような感じである。

僕が小池さんにオーダーしたのは只の一点、この素晴らしい兵器、RIPPER FUZZをベースギターで完全に使いこなせるようにするためにドライボリュームを搭載して頂いた。ドライシグナルとファズシグナルをブレンドする事でトーンの効きがこれまた極悪で面白いRIPPER FUZZの魅力を存分に活かす事が出来る、そう感じたのである。
完成品を受け取りに行った時、小池さんは興奮気味に「これで死角ナシ!」と言い放った。弾いた直後、僕はきっとそれ以上に興奮していたに違いなかろう、「死角ナシ!!」。
微妙な匙加減、というあんばいがこのペダルに必要かどうかは別として、微妙な匙加減の音作りも可能になってしまった。もう完璧だ、恐ろしく完璧だ。物凄くタイトな、休符だらけのリフだろうがギンッギンに歪ませてかけっぱなしで刻めるようになってしまった。
弾いてると「あれ、これって本当に歪んでいるっけ」とゲシュタルト崩壊を起こす程演奏にタイトだ。これをファズトーンと呼んでしまっていいのかわからなくなる。全く新しい、小池さんによる『発明』なのでは?
そんな風にさえ思えてくる。

これはもう絶対に手放さない。手放せない。

これが本当のRandy's Revenge

台風21号の脅威に晒された一日。
ここ最近、名古屋は大雨とか台風とかほとんどが夜中に通過していって日中その脅威を目の当たりにする事って久しくなくて、前日まで何となく今回もそんな感じだろうとか危機感が全くなかったのだけれど。
予報通り正午頃から崩れる天気、吹き荒れる風に職場の建物がウオオオオオ...と揺れ、物凄い風の音に思わず「ちょっと大丈夫か、これ」と口から出てしまった。
尤も、仕事を終え同僚の運転する車に乗せてもらい特に支障無く帰宅出来てしまい、本当に僕は今回の台風に関しても特に被害らしい被害を被らずに済んだ。
報道やSNSを見ているととんでもない動画や画像が出回っていたり、街中でも看板が剥がれたり信号が停電で動いてなかったり「有事」という言葉に相応しい光景も目の当たりにしたのだった。
被災した方々が少しでも早く元の生活に戻れますように。
家族を持つようになってこういう言葉も以前と意味が変わってきた。生活というのは尊いものだと痛感する。

さて、話はガラリと変わって今夜もエフェクターについて記録しておく。
ベースギター本体からの信号をバッファ→ボリュームを下げるペダルという順番で流してから他のエフェクターにインするようになってからというもの、それまでよりもグンとその真価を発揮するようになったエフェクターは少なくなく、一度は手放したものの再度購入したエフェクターも幾つがあってその中の一つにFAIRFIELD CIRCUITRYのリングモジュレーター Randy's Revengeがある。

2018_09_04_001
以前は何なら「俺とは相性が悪い」という論調でブログに感想を書いたけれども、少し前の金曜の夜だったか、仕事が早く終わってテンションが高かったためサイクリングがてら行きつけのエフェクター専門店に飛び道具気味のリバーブを探し求めて行った際にコイツに再会した。
気になっていたリバーブはどうもしっくり来ず、久しぶりにコレを触ってみたい、と試奏させて貰ってたまげた。滅茶苦茶良い、どころか滅茶苦茶に『美しい』でやんの。

普段愛用しているelectro harmonixのリングモジュレーターは音が微妙にヨレてて、それでも主張が強い音で好きなんだけれどもRandy's Revengeは「綺麗に」リングモジュレートするというか、綺麗にかかってくれる。透き通るような濁った音という矛盾した表現をお許し願いたい。他の語彙力ではこの芸術的な音を表現するにはそれが一番しっくりくるのだ。
ブレンドコントロールはドライシグナル側に振り切れば完全にドライシグナルだけになるし、ボリュームコントロールをその状態でちょいとブーストすればクリーンブースターになるくらい音量の可変域もある。
真ん中の大きなツマミは以前は設定がシビア過ぎる印象だったけれども今改めて触るとどの設定でも音楽的なリングモジュレートサウンドになるし、何ならシビアさも然程感じなかった。感覚って変わるものである。
エフェクトシグナルだけに作用するローパスフィルターも素晴らしく、これで思い切った音も耳に痛くなく=アンサンブルに馴染むようにする事が出来る。勿論その逆も然り。
スイッチ切り替えでトレモロみたいな効果も得られるしいやあ、面白いし一々美しいですよこれは。
これは買わねばならない、これを逃すと罪悪感さえ感じるだろう、と思い詰め翌日購入。触りまくってその翌日の鈴木実貴子ズの現場から早速導入した。
所謂歌モノの演奏の際にはファズの後段に接続、エフェクトシグナルはギヂッッ!という具合の過激目な設定、しかしてブレンドは抑え目にして多少音にエッジと輪郭を出すようなイメージでボリュームはブースト目。
これでファズで歪んだ音を更にブーストするようなイメージで使ってみたところ狙い通りの効果が得られた。

勿論先日の『あめつち』:での即興演奏の際も大いに活用した。
単体でも使用したしDOD MEATBOXで使ったサブオクターブにブレンド抑え目にして輪郭を押し出すようにかけてやるとこれまた面白いサウンドになった。

コントロールの融通の効き具合とエフェクトの美しさのお陰で汎用性を獲得したリングモジュレーターの傑作。
一度は手放してしまったかつての僕の頬をはたいてやりたい。もう、手放さないぞ。

自己紹介

舟橋孝裕

Author:舟橋孝裕
愛知県在住、ベースギター奏者です。
・JONNY
・パイプカツトマミヰズ
・犬栓耳畜生
・白線の内側
 やサポートでベースを弾きます。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム