THIS IS ONE BY ONE

2017_01_10_001
写真はJONNY-1、+1。
+1はTheキャンプのりゅうし君。りゅうし君はJONNYでギターを弾いた事もあるんだよ。

新年早々、目出度いイベントでの演奏となった。
2017年最初のライブはONE BY ONE RECORDSのレーベル10周年記念イベントにてJONNYでの演奏だった。
この日記によると僕が参加したJONNYの演奏は2013年5月、実に3年半ぶりの演奏となったわけだ。3年半かぁ、随分と長かったなあ。

今だから書く事が出来る話。
JONNYが活動のペースを落として、というか落とさざるを得ない状況になってからも出演オファーは結構頂いていたようなのだけれども、やっぱりどうしてもライブをする事はなかなか出来なくて。
理由としては、内側の人間の実感として単純にそれぞれが忙し過ぎた。もっと正確に言えばそれぞれがそれぞれその時々で一番向き合うべき事に向き合った結果、やっぱりどうしてもバンドとして動く事が難しくなったんじゃあないかとそんな風に僕は思っている。
それでもメンバー同士「やりたいよね」「やりたさはあるよね」「でも今は出来ないね」みたいな連絡を取ったりはしていた。それも随分と時間が空いたりはしたけれど。でもまあきっといつかは、そのいつかがいつかはわからない、ひょっとしたら自分が完全に中年になってからかもしれないけれども、きっとまたいつか演奏する事が出来るだろうと僕は自分の所属を書く時、プロフィールを書く時にはJONNYの名前を書くようにしていた。随分とうすらぼんやりとした、そして諦念の混じった願掛けだったなと思う。

柴山社長から「レーベルの10周年イベントをやるのだけれどもダメ元で誘う、JONNYにも出て欲しい。ギリギリまでフライヤー、名前載せるスペースを空けて待ってるから」と言って頂き、柴山さんへの誠意とひょっとしたら、という淡い期待の二つを元手にメンバーに連絡をとった。想像もしていなかった、全員OKだとは。そうして、実に久しぶりのJONNYの演奏が決まったというわけである。
部屋の隅では青色のYAMAHA SBV(半音下げ仕様に調節済み)がキラリと光っている。そのままにしておいて良かったなと思った。

年内は何もしなかった、あ、したかな、佐藤さんからセットリストが送られてきたり東京で篠田君と会った時とかに「楽しみだねえ」とか話したりせんちょーと偶然ライブハウスで出会った時に「久しぶりだけどバキッとやりたいですねえ」と話したり、した。あとは正月休みの間に音源に合わせてどれだけ憶えて(忘れて)いるかサラッと確認したりした。頭では思い出せなくても曲に合わせてベースギターを弾いていると指が勝手に反応した。
東京から来た篠田君を交えメンバー全員でスタジオに入ったのは、実にライブ前夜になってからだった。
そのスタジオでの2時間半の練習、それぞれがこの日まで3年半の間に何をしていたか、というのがポジティヴな意味で音に出ていて面白かった。
せんちょーはドラムの音量が物凄く大きくなり、篠田君は技術に磨きがかかっていた。佐藤さんはフロントマンとしてのストイックさっていうのだろうか、余裕?安定感?みたいなものが物凄く出ていた。僕?僕はわからない。自分の事だし僕は毎日、僕だから。
兎に角馬鹿でかい音でギャンギャン練習した。練習の様子を覗きに来られた柴山社長は部屋に入って5分後にはもう泣いていた。早過ぎですよ社長。

そして迎えた当日。有難い事にチケットはソールドアウトらしい。
ONE BY ONE RECORDS所属バンドが全バンド集合するのだ、当然他のバンドのライブも楽しみだが、自分達が一番良い演奏をしたい。バンドマンとして当たり前の、そして本音の部分。久しぶりだからといって同窓会みたいな演奏は絶対にしたくない(これは他のメンバーも同じ気持ちだろう、と勝手に思っていた)、シンプルに良い演奏をしたい。つまりいつも通りやろう、とそう思った。少なくとも意識の上では自分にそう言い聞かせる事は有益と思われた。特に興奮もせず、冷静に、普段通りに事を運ぼうじゃあないか。なあに、何年バンドやってるんだ、それくらい出来なくてどうする。
そして演奏が始まった。

すいませんでした!!!!!!!!!
滅茶苦茶興奮しました!!!!!!!!
いやあ、繰り返し滅茶苦茶って言葉を使ってしまうくらい滅茶苦茶に楽しかった。俺のゲイン、ここ最近で一番高かったんじゃなかろうか。大いにベースギターを弾き、そして久しぶりにマイクに向かってコーラスをした。JONNYのライブでここまで歌った事はなかったんじゃないかってくらい歌った。瞬間瞬間「あ、これやったろ」と思う演奏は即座にやった。曲の良さは折り紙付きだ、じゃああとは演奏で火力を加えていくだけである。
『POP STAR』のサビでは大合唱が起きた。佐藤さんは悠然とマイクから離れ、お客さんの歌声でサビを一周させた。拝啓ノエル・ギャラガー様、貴方が『Don't Look Back in anger』を演奏する時の気持ちが少しだけわかったかもしれません。意識は自分達から離れ、音楽はバンドから発信されるもの以上の何かとして会場を飛び交い、包み込み、そして想像以上のものとなる。最高ですね。
結果的に、終わった後でメンバー同士「荒々しかったねえ」と笑ってしまうくらい荒っぽい演奏ではあったけれど、スッキリと出し切る事が出来た。あっという間の時間だった。お客さんの何人かは泣いていた。

ONE BY ONE RECORDS10周年おめでとうございます。柴山さんから声をかけて貰えて、僕達自身、良かったです。
これからもマイペースにでも、続けていきたい。
最後に佐藤リーダーがSNSでJONNYのオフィシャルアカウントにて発信した発言のスクリーンショットを貼っておく。

2017_01_10_002

スポンサーサイト

静かにグッときた夜の話である。

今池HUCK FINN FACTORYにて友人達が集まってライブをしたりお酒を飲んだりする、というので遊びに出掛けてきた。
このイベントの主催がずっと懇意にしてきた友人である、という事も関係あるだろう、実に久しぶりの、本当に本当に久しぶりの佐藤、篠田によるアコースティック編成のJONNYも出演。
バンドメンバーだもの、そりゃあ見逃すわけにはいかないよね。
(ちなみにこちらも同じくバンドメンバーである吉田ヒズム氏の紙芝居は仕事の都合で間に合わず。すまない吉田君)
久しぶりのJONNY、胸が熱くならないわけはなかった。佐藤メンバーも篠田メンバーもエモーショナルだった。当然僕もエモーショナルになった。そりゃあそうだ。
バンド編成でもやりたいな、と思う。多分、僕だけではないと思うのだけど。
長らく(それこそこの日から)4人での演奏は出来ていないけれども、誰も諦めてはいないし出来ない事だとも思っていない。
久しぶりに旧い友人達と音楽の話や近況の話をした。大変楽しい夜だった。


ライブ会場にて19歳の女の子と会った。

JONNYが気に入っているというその娘さん、中学生の時にラジオでJONNYを聴いて気に入り、今日やっとライブを観れたという。「いつかバンドバージョンも観たい」というその子の事を僕はしっかりと憶えておこうと思う。

そういう人がいるという事、僕達がやってきた事やっていく事というのは、つまりそういう事なのだという事を。

5月11日、渋谷遠征

5月11日(土)
JONNYで渋谷遠征。よく考えたらあの怒涛のJAM FESから一週間くらいしか経っていない。つくづく日本は狭くなったものだなあ、と思う。
サポートドラマー せんちょーは後から新幹線で駆けつける、という事で現地集合。比較的ゆっくり目の集合時間でゆっくりまったり東京へ向かう。
新東名高速道路 浜松SAでおやつに買ったクッキー生地のシュークリームが物凄く美味しかった。

渋谷LUSHにJONNYで出演している時はそのほとんどが"麺王"水口さん主催の「Beat Happning!」である。
水口さんも佐藤さんや僕の好みをわかってくれているのか、毎回面白いバンドとの日に誘って下さる。
ランランランズは今回も良いライブをしていた。前回はメンバーの風貌やキャラクターからくるコミカルさや木訥さ等にばかり目がいったけれども今回は曲のキャッチーさや楽曲の良さに心奪われた。

終演後はメンバーだけで今後の予定確認諸々、白木屋へ。居酒屋チェーンには詳しくないのだけれど、白木屋って東海圏にはないのかな?値段も安いし料理も旨かった(特に餃子が美味だった)のだけど。お酒を飲む時ってどうしてもアルコール飲料だけでなくて肴や料理も重んじてしまうし、そうありたい。
帰りの車内は佐藤さんから「何か盛り上がる話を。眠くならないような」とせがまれて児童を誘拐して殺して食べてしまったシリアルキラーの話をしたのだけど、微妙な空気を作ってしまったな。
高速道路に乗った頃には意識消失。最近こんなんばっか。

130511_7a.jpg
この日も助けてくれました、現地スタッフ 7Aちゃん。
可愛い可愛い僕に言われても曖昧な笑みで返す事の出来るデキた娘さんです。

JAM FES2013にJONNYで出演した話

5月6日(月)
午前二時半、佐藤さんちに集合するはずだった。
SEAPUS2013終わりでそのまま東京行きって事で絶対に体は疲れているはずだから目覚めも悪いだろう、と午前一時過ぎに目覚ましをセットしたものの、起きたのは二時半過ぎ。集合時間より遅めに起きて、どうする。
慌てて佐藤さんに連絡を入れ、身支度を整える。幸いこんな事もあろうかと(あってはいけないのだが)荷物はまとめてあったので文字通りの身支度だけで済んだ。
遅くなったのを同行者に詫び、さあいざ東京!
…またしても意識消失。寝坊しといて本当にこれ、どうなのよ(ごめんなさいごめんなさい今後気をつけます)。
気がつくと午前8時、新宿だった。

JAM FES、ご存知だろうか。
新宿JAMにて3年前から行われているとんでもないイベントで、初年2011年は48時間、二度目である2012年は72時間、そして今年2013年は100時間ぶっ続けでライブを行うという恐らく日本のライブハウス史上類を見ないイベントである。
タイムテーブルも類を見ないし、楽屋の注意書きも類を見ない。
すなわち「時間厳守でお願いします。一バンド5分押すと、トータルで11時間35分押します」。もうどうなってんの、これ。流石新宿JAM。

とりあえず受付を行う。演奏開始時間まであと8時間はあるが、何にしても早い方が良い。午前8時にライブハウスの受付をし、パスとセッティング表を貰うというこの非日常感!とんでもないイベントに出るんだな、とここで再認識。
とんでもないイベントでちゃんととんでもない演奏をするために、一時散会。車で寝るという佐藤さんにせんちょー、運転手で同行してくれたシン君(ex.犬丸ラーメン)と別れ、車の中できっちり寝ていた僕は一人新宿をぶらつく事に。
結局、試写室に落ち着いた。当然、アフェア。ライブ直前に体を痛めつけるのは強くなるために必要な事!

昼頃せんちょー、シン君と合流して久しぶりのラーメン二郎歌舞伎町店。全マシで頂きましてエネルギーも充電完了したのでいざ、JAM FESへ!
明け方覗いた時とは違う、いや同質なんだけど質量を増したエネルギーが渦巻いていた。人人人で身動きとれない、ってわけでもないのだけど、何だろう、皆とても楽しそうにギラギラしている。そしてどうやら酔っ払っている。そりゃあそうだよな、こんなお祭騒ぎだもの!

JONNYは男性陣全員でJAM Tシャツで身を固めて演奏。僕も勿論楽しく演奏出来たけれども、何より佐藤さんが心の底から楽しそうだった。あの人はいつも新宿JAMに来ると結構な確率で駄目になる。演奏後に、良い意味で。アルコールが入って楽しくて、多幸感で駄目になる。やっぱりこの人の新宿JAMへの愛情は本物だ、と思う。
轟沈した佐藤さんは最終的に自分で車に潜り込んで潰れていました。

130506_7a.jpg
東京でのライブでの心強い協力者、スタッフ7A
ベースギターを握って貰ったらあまりにもしっくりきたので掲載。
可愛いねえ可愛いねえおじさんたまr(ry

今こうしてる間「も物凄く眠い

数日間続いた"先週と今週の対比"ですが、現実の時間の経過に追いつけずやむを得ず通常モードで振り返りながら書いていく。本当に有難うございました!僕の次回作にご期待くd(ry

4/25(木)
JONNYで京都GROWLYにて演奏。関西遠征も二日目であり、最終日。久方ぶりの遠征先での宿泊となったが、やっぱりあれだね、はしゃいでしまうね。DVD試写室にて鬼神のように(鬼神会った事ないけど)アフェアしてメンバーと合流、そのまま京都へ移動して入り時間ギリギリまでスタジオ練習。

130426_246guitar.jpg
京都の246スタジオに置いてあったdragonfly×246のギター。これは格好良い。
あと篠田君がレンタルしたORANGEのアンプヘッドとキャビが物凄く良い音してた。見た目も可愛いしORANGEって何か好きだなあ。

京都GROWLYではリハーサルにてCの音にフロアタムのマイクにかけられているノイズゲートが反応して変な残響音を発生させていた。周波数の問題かと思われる。スタッフさん懸命の対応にも関わらず無情に鳴る変な残響音。アンプの設定を変えたくもないし、ええいままよとこのまま本番に突入した。手元で心がけてみた上で、お客様が会場入して音の飛び方が変わるのを期待したのだ。どうやら本番中はリハーサル時程気にならなかったそうだけれども、いやはや、だからライブっていうのは面白い。
演奏直前に一息に体を襲った疲労もいざ本番になればどこ吹く風。盛大にブチ上げた。
この日の演奏で思ったのだが、バンドマンはよくサイヤ人と同じで死にかければ死にかける程強くなって甦るという。ならば意図的に限界状態を作り出してその後に良い演奏をすればその分レベルアップする(少なくとも演奏に際しての自信、確信etc.)というわけだ。

終演後はGROWLY上の公○食堂にてメンバーそれぞれ食事やら飲酒を楽しむ。アボガドとあぶりサーモン丼がたまらなく旨かった。また来ますね!

自己紹介

舟橋孝裕

Author:舟橋孝裕
愛知県在住、ベースギター奏者です。
・JONNY
・パイプカツトマミヰズ
・犬栓耳畜生
・白線の内側
 やサポートでベースを弾きます。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム