fc2ブログ

機動警察パトレイバー 2 the movieを4DXで観てきた。

2021_02_13_001
『機動警察パトレイバー 2 the movie』が4DXにて上映されるとの事だったので劇場版一作目に続いて宮代君(ixxxxx!)と2人で中川コロナまで観に行ってきた。
劇場版2が初見の宮代君は押井守作品か得意ではないとの事で、押井節炸裂の本作、誘った僕も心配だったけれどどうやら堪能したようで良かった良かった。
というか劇場版2って僕自身も割と得意な作品の印象はなくて、その印象って完全に「一作目に比べてロボット活劇の部分が少ない」「東京の風景に重ねて語られる平和論」「捉え所のない会話」的な記憶に依るところが大きかったんだけど、今回改めて視聴して作品の印象がガラッと変わった。

滅茶苦茶面白いし美しい作品じゃないか。
都市論とか平和論とか、その辺はもうさんざっぱら語り尽くされてると思うしそこに対して語るだけの知恵は僕にはないので「ほへー」と口を開けて見るのみだったんだけど、僕自身が年齢を重ねたせいか(今や野明や遊馬よりも後藤さん達の方が年齢が近くなってしまった)、大人の人間ドラマとしての面白味をグッと感じるようになったのであった。
物語終盤、本作のヒロインの南雲さんとかつての恋人で事件の首謀者の柘植との間の手のやりとり、こう、グッときますね。というか南雲さん、警察官として女性として描写が共存していて滅茶苦茶グッときますね。パトレイバーって割とこれまでは男性側に感情移入して観てきたというか、後藤隊長もそうだし内海課長とか魅力的な中年男性が沢山出てきたのでそちらにフォーカスしがちだったんだけど、この劇場版2に限っては南雲さん最高。南雲さんに対しての後藤隊長の心情も大人のドラマとして素晴らしい。情感のやりとりが素晴らしいんだよなぁ。

これは完全に僕が作品を楽しめるだけの目がなかったという事で、ようやく楽しめるようになったんだな、経たんだなという実感があった。
今回の視聴は作品の良さを思い知る、良い体験になった。4DXであってもなくても、という感じはあったけど座席がグワングワン動く事で「あ、結構アクションシーンあったんだね」と再確認する事は出来た。
あー、面白かった。Blu-ray欲しい。
スポンサーサイト



最近観た映画3作品の感想。

最近観た映画3作品の感想をつらつらと書いておく。
映画観たなら感じた事はあったはずだし、じゃあそれを言葉にする努力をするという事は面白いんじゃないか、と思ったので。言語化しているうちに「ああ、俺こんな風に感じてたの」って再確認する事もしばしばあるわけだし。

2018_10_09_0001
『ゲット・アウト』
コメディアンが初監督作品で撮影したというホラー映画。2017年公開。話題になったよね、これ。
僕はほぼほぼ予備知識なんて持たずに観ちゃったんだけど、いやこれ正解、大正解だった。
アフリカ系アメリカ人に対する差別に真っ向から挑む、的な作品なのかと思いきやそういう要素を扱いつつきっちりホラーで、しかもその差別問題という要素がホラー映画としての構造的にも必要不可欠でさらにはそれを扱う事で面白さを増している、という非常に奥深い作品。ホラー映画って頭使わないでしょって印象あるかもしれないけれどもこれは是非観て頂きたい。
視聴後に色々なシーンを思い出して「あ!あのシーンもあのシーンも、思えばあのシーンも!」とこの映画が最初から実は伏線だらけというか巧みなミスリードだらけだったと気付くだろう。
ここ最近観た映画の中で一番のお薦め。

2018_10_09_004
『ハイテンション』
2003年、仏作品。
物凄いグロ映像のオンパレード!みたいな煽り文句でレビューサイトにも書いてあったりするんだけれども、観終わった後に不思議とそういうグッチャグチャにグロい、みたいな印象は残らないというか。むしろそこまでグロいわけではなかったような気がする。主人公のベリーショートの女の子が田舎にある女友達の実家に泊まりにいったところ、夜中に汚い作業着を着た中年男が乱入してきて一家を虐殺し始める、というホラー映画。
一家惨殺シーンは印象に残るものの、不思議と淡々とした静かなイメージでそれよりもタイトル通りテンション上がる描写はそれ以降、終盤の辺りである。
ストーリー的には一筋縄ではいかない系の粗筋になるのだろうけれども、別にそこまで驚く結末ではないというかそこにカタルシスを感じる映画ではないと思っている。
MUSEの『New Born』が流れるんだけれどもシビレる程格好良いタイミングで流れる。この一曲によってこの映画、妙にまとまってるというか良い意味で大衆感をゲットした気がする。個人的な感想だけど。

2018_10_09_003
『殺人者の記憶法』
韓国映画。
アルツハイマーの元連続殺人鬼が、娘を守るため巷を騒がす連続殺人鬼に挑む!という映画。粗筋だけですっげえ面白そう!と観たものの想像とはベクトルが違った映画であった。けれども丁寧に作ってあって、煙にまかれたようなオチ以外は好印象。
まずアルツハイマーの元連続殺人鬼という設定が面白い。現役連続殺人犯の凶行を止めるために乗り込んで殺害しようとするも肝心なところで「あれ、俺は何故ここに...?」状態になってしまったり、記憶は失っても手は人殺しについて憶えていたりと設定を活かしたシーンが多い。事故の影響でアルツハイマーが進行しているのだけれども、娘からメモ代わりにとICレコーダーを渡されていてこれが映画の終盤でも小道具として効いてくるところも小気味良かった。
もっと陰惨な描写を期待してしまった、というと語弊があるかもしれないけれども『悪魔を見た』の連続殺人鬼って映画の細かいシーンは忘れても冒頭の隠れ家のサビついた汚らしい雰囲気というか、そういう臭いみたいな部分は妙に印象に残っていてそういうのがあまりこの映画にはなかった。そんなところにこだわったりするのは多数派ではないのであろうけれども。


妙に陰惨な映画ばかり観ている。
人格を疑われそうだが、こればっかりは好きなんだからしょうがないとしか言いようがない。

お腹を壊した。

人生の岐路、とまではいかないにしても自分の諸々が試されている気がして「いざという時」の自分の打たれ弱さみたいなものを思い知った。ひーこらひーこら言いながらでも走り続けねばならん。

そんな中、昨夜は観劇をした。

2016_09_04_001
凄かった。とんでもなく凄かった。
こういう作品を観るといざという時感想なんて言葉に出てこないな、と思い知らされる。しばし放心状態だったもの。
観劇して泣いたのは初めてだったし、大いに笑ったし耳を塞ぎたくなる程の恐怖も感じた。
僕が観たかったのはこういう「世界を描いた」ものだったんだ、と思い知らされた。
大いに堪能し、同時に自分が生きている事を痛感した2時間。

『シン・ゴジラ』を観た!

『シン・ゴジラ』をようやく、ようやく観てきた。
思い入れとネタバレたっぷりに書きますので未見の方はご注意を。



最高。
一言で映画の感想を言うのであれば最高である。
「ゴジラ映画を庵野さんが?」とか一瞬でも疑ってかかってすいませんでした、と土下座したい気持ちである。
観る前から何となくそんな気はしていたけれどもあの「3.11」を経験した日本ならではの怪獣映画になるんだろう、と思っていた。
しかし何だろう、怪獣映画と言い切ってしまう事に違和感があるというか、怪獣映画という言葉から連想する爽快さではなく、初代ゴジラを評して「SFホラー」と形容する向きがいるように、「ゴジラ」であるのと同じくらいかそれ以上に「人間ドラマ」だったと思う。
これはあの3.11を体験した庵野監督がその後あの震災に作り手として真摯に向き合った結果なのだ、と思った。
ヒーロー的な立ち回りをする人間がいるわけでもなく、現場の人間も為政者も皆が皆それぞれがやるべき事を責任を持ってやって、それが積み重なった結果ゴジラという「災害」に対処するというあの結末(対応方法も含めやはりゴジラは東日本大震災の象徴であると感じた)も胸が熱くなった。
この感覚、恐らく戦争を経験した人達が初代『ゴジラ』を観た時の感覚と共通の何かがあるんじゃないかなと思ったわけである。
勿論僕は戦争も震災も直接的に体験したわけではないのだけれども。世代感覚として。

それだけだとゴジラ映画である必然性はない、というかゴジラでやらなくても良いじゃないかってなっちゃうわけなのだが、庵野監督が過去のゴジラシリーズに敬意を表しまくりというか愛情を惜しむ事無く発揮していて、そりゃあ皆ゴジラ好きだもん、興奮するってもんだよ。
ゴジラ第二形態とか第三形態とか滅茶苦茶ビビった。というか「!?...キッメエエエエエエエエエエエ」ってなった後に第四形態になったゴジラが上陸、そこで流れるゴジラのテーマ(伊福部先生の曲を鷲巣先生がアレンジしたもの)で鳥肌が立たないわけがなかった。そしてヤシオリ作戦、無人在来線爆弾という男、否、漢心くすぐるネーミングの「兵器」が次々とゴジラに向かって突っ込んでいき、ビルが倒壊してゴジラを地面に打ち倒す。過去作でゴジラに散々蹂躙されてきた在来線やビル群が総力を結集してゴジラに挑んでいくあの作戦の演出、素晴らしかった。
あと会議がこんなに格好良かったのは鷲巣先生のあの曲もさる事ながら、素晴らしい役者達によって成し得たってああもう、市川実日子さん最高かよ!高橋一生さんも最高!津田寛治さんも滅茶苦茶良かったし皆本当に良かった。はみ出し者やオタク集団、一匹オオカミの即席チームで事態を打破していくって展開が嫌いな奴なんていないよ!でもそういう描写する時って大抵「組織」は無能って扱いがされるけれどもこの映画の「組織」はどの組織も最高に格好良く描かれていて!
ああ、月曜から俺も仕事頑張ろ!!プライドと誇りと意地を持って!

あと何回か映画館で観たいぞ...そして当然のようにソフトも買う。
これは何度も観たい素晴らしい映画だ。日本映画史上に名を残す傑作。

ちゃんと楽しんでちゃんとアウトプットもして。

劇団B級遊撃隊『満ち足りた散歩者』観劇。
大変素晴らしい作品だった。「面白かった」という言葉は陳腐な褒め言葉かもしれないけれども、最大級の敬意と感謝を込めて「面白かった」と書き記したい。素晴らしい作品だった。僕の五臓六腑の隅から隅までがこの作品を楽しんだ。素晴らしい時間を過ごした。

夜半、かれこれ4年来のお付き合いになる、と言うと聞こえは良いが実際のところ「面白い現場に引っ張り出して貰う」という意味ではお世話になりっぱなしであるニノ・キノコスターさんと飲む約束があった。幾人かの友人がそれを耳にし「僕も私も参加したい!」と集い、また別口からも人が集まり最終的には相応の人数の飲み会になった。いやあこれが大変楽しかった。集まった人達が劇作家/演出家/役者/制作/ダンサー/劇伴作曲家/紙芝居作家/落語家/バンドマンと多彩な方面で活動する人々だったので面白い話が一杯聞けたし刺激も受けた。

2016_06_27_001
2016_06_27_002
愉快な飲み会の様子。記念撮影くらい、するさ!

で、結局6時間くらい飲んで解散。
フラフラと家に帰ってガツッと就寝。眠る際も大きな満足感と安心感に包まれていた。何故なら、翌日月曜日も僕は休みだったのである。仕事の関係で、突然のお休みになったのであった。

さて、突然休みになると何をしていいかわからなくなってしまう。結果、夕方までゴロゴロしながらアプリゲームをやったりSNSを眺めたりまどろんだり、とどのつまり非生産的な行為に従事し倒してやっと起きだして入浴を済ませ、大須は行きつけのエフェクター専門店に使用しなくなったオーバードライブとファズを売りに行った。
予想していたよりも遥かに高額に買い取って貰えたので(このお店は大抵いつもそうだ)、少しばかり気が大きくなって鯛焼とチキンナゲットを買い食いした。
その後、来月上旬に控えた久方ぶりの孤独部ライブハウス作品「中学生」の再演(12日に鶴舞DAYTRIPにて店長八木さん卒業に向けた樫山君企画。是非来られたし)に向けての稽古にベースギターを担いで出張った。稽古は一定以上の手応えを演奏として参加する立場としても得られたので大変有意義だったように思う。
その後中華料理屋で台湾豚骨ラーメンとザーサイ飯を食べた。ザーサイ飯は旨かったし台湾豚骨ラーメンも癖になる旨さ(名古屋は地下鉄桜通線御器所駅近くの中華料理屋 盛華の台湾ラーメンシリーズはどれも旨い)で大変良かったのだがその後が良くなかった。
豪雨である。
どうしようもないのでギグケースの生地の厚さを信用して傘を差しながらゆっくりゆっくりマウンテンバイクで帰ってきた。
で、お風呂上りに緑茶ハイを飲みながらこれを書いているっていうわけ。

自己紹介

フナハシタカヒロ

Author:フナハシタカヒロ
愛知県在住、ベースギター奏者です。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム