鶏の照り焼き丼

先日ここに書いたけれど3月に結婚する。
昨年末に実家を出て、市内某所にて只今現在『同居人』であるところの婚約者と共同生活を営んでいるわけなのだが、実家にいた頃は恥ずかしながら母親がやってくれていた家事を当たり前の事なのだが同居人と分担して行わねばならず、実際未経験の事が多過ぎて不安である事は否めなかったのだけれども持ち前のポジティヴさで「まあ、やってみりゃあどうにかなるだろう」と開き直ってろくに修行も勉強もしないまま共同生活になだれ込んだ今現在、いやあ家事って楽しいねえ!
有難い事に30歳過ぎてアイロン一つもろくにかけた事のなかった超がつく程の低能の僕に同居人a.k.a婚約者は大変優しく根気よく丁寧に、かつわかりやすくこちらの興味をそそるような口調で家事の仕方を仕込んでくれ、僕は僕でワークショップを愉しむような感覚で家事のやり方を少しずつ、本当に少しずつだけれども学んでいき、今は褒められるのが嬉しいのと「夜にお酒を飲む前に洗い場が洗い物で一杯だと気持ちが悪い」と感じる、そういった性分のお陰で家事を半分くらいはやっている次第である。
何故だ、今日は一息で長文を書いてしまう、これじゃあ読みづらくてしょうがないじゃあないか。
というわけで家事って楽しいね!というか、尊いね。自分で飯を作って食べる、そして汚れ物が出たら洗う。乾かして元あった場所にしまう。次に使う時はまたそこから出す。そういった飲食にまつわる一連の作業だけでも随分と興味深い。作業効率や管理能力は勿論、目的を達する根気強さと継続する忍耐も必要だ。けれども飯はこれらをキチンと行った上で食らった方が何倍も旨い。自給自足、というとお門違いの物言いだけれども、「こっちの肉の方がこっちより安い」とか一パックのグラム数の差異を見比べて食費を気にしながら肉を購入し調理し、食べる。この手に入れて調理して胃袋に入れる、までを自分達で行う事の尊さというのは家事を全くしてこなかった僕からするととても尊い事のように思える。
実家にいた頃は本当に俺は無能だった。何もしなかったな。この快感を知ってしまった以上あのようなお気楽さはもう持てない。この規律と衝動が同居する家事という行為、これって創作と似ている部分があるもんだから尚更興味深いじゃあないか云々。

前置きが異常に長くなったけれども、要するに最近料理をまたやっている。
晩御飯のルール、というかこれは暗黙の了解だが、先に帰宅した方が晩御飯の調理担当。特に作りたいものがある場合は事前に申告して調理担当に就く事になる。
先日、朝方に同居人が仕込み僕が夜に仕上げた鶏の照り焼き丼が旨かったのでメモメモ。


『鶏の照り焼き丼』
1.鶏モモ肉をめんつゆ大さじ4杯、みりん大さじ3杯、砂糖大さじ2杯、醤油小さじ1杯、すりおろし生姜少々を混ぜたものに付け込んで(ジップロックを使うと便利で良い)数時間置く。朝つけておいて夜調理すると具合が良かった。
2.鶏肉を皮の方から焼く。
3.途中でフライパンから取り上げて程良い大きさに切る。
4.再び焼く。タレをすくってはかけ、すくってはかけを繰り返しつつ。
5.水菜を切って丼に持った白米の上に敷く。
6.焼いた鶏肉を載せる。マヨネーズをかける。


2017_02_02_001
まずくなる方が難しいだろ、って料理。
いやー旨かった!水菜が効いてる。
それにしてもこのカテゴリーを更新するのも6年ぶり、か。
スポンサーサイト

『ジャガイモとタマネギとコンビーフの炒め物』

所詮、漢の料理である。見た目は気にしない。ガッとかっ食らって胃袋に収めてしまえば、皆同じ。

強いていればそれをおかずにどれだけの白米を食えるか。どれだけ良い「オカズ」たるか、或いはそれ単体でどれだけの満足感、インパクトを得られるか。とどのつまりは「飯を食ったぞ」という充足感が得られればそれで料理は良いと思っている。

しかしな、これは、これはねえだろう。


続・我が逃走


この得体の知れない炒め物の画像をtwitterにアップしたところ「得体の知れない料理」とか「無骨・・・」といったリアクションをフォロワーさんから頂いた。確かに。

いや、随分と皆さん気を遣って下すったな、と思う。僕ならこの画像を見てこう言うだろう。

「ゴミ」と。


しかし残念ながらこれでもれっきとした料理なのだ。しかこ今回は直感ではなく、某レシピサイトを参考に作った。

それでこの見た目なのだ。コンビーフを入れ過ぎたのが原因かもわからんね。

味の方は意外や意外、悪くなかった。それどころか旨かった。素材の味に適度に効いた塩加減。飯が進む進む。まあ仕上げに入れたクレイジーソルトのお陰かもしれないけれど。



『ジャガイモとタマネギとコンビーフの炒め物』の覚書

・ニンニクをお好みの分量、刻む。そのままフライパンへ。

・タマネギを1/4個、細かく刻む。同じくそのままフライパンへ。

・ジャガイモ1.5個を3cm四方に刻む。ざっくばらんでいいよざっくばらんで。

・コンビーフをほぐして投入。

・水を100ml投入。中火にして蓋をする。

・待ってる間に食器とか調理器具を洗ってやると良い。

・水気がとび、ジャガイモに火が通ったのを確認したら塩コショウ、クレイジーソルト等で味付けをしてやる。

『油そば、再び』

過去の作品の焼き直し、というのは往々にしてマイナス的な要素として捉えられがちであるが、何かしらプラスワンされているのであれば興味をそそられるのが人間というもの。

以前作った油そば 、まあ正直一度作ったら満足みたいな代物だったのだけれども、ある発見をしてしまった事で調理意欲が再燃、今一度油そばを作ってみる事にした。


その発見というのがこれ。


続・我が逃走

山岸一雄なる人物が誰なのか、ラーメン通ではない僕にはわからないけれども重要なのはこれがダイエーという極めて日常的なスーパーで購入出来た事だ。最近は太麺ブームなのか、そりゃあ二郎とから・けいことかの自家製麺に比べたら細いけれども、一頃と比べれば随分と太い麺がスーパー等で購入出来る様になったように感じる。そしてこの製品の何がいいって4玉で300円をきる事だ。貧乏バンドマンにとって、食生活に費やす金銭的余裕というのはそこまで、ない。


さて、早速調理に入る。舟橋流(といってもインターネットで適当に見つけた方法だけどね)油そばはチャッチャと作れるから楽でいい。調理方法は以前作った際の自分の覚書 に従う事にする。初めて役に立ったかもしれないな、覚書。まさか真似して作る人もいないだろうし。

続・我が逃走

醤油100ccを鍋に入れて、ニンニクのみじん切りを入れる。

ここは50ccで良かった。実際そんなに量いらないよ。

続・我が逃走

豚バラ肉を入れて煮込んだところ。

この豚バラ肉もダイエーで可能な限り安いものを選んだ。100円均一の店舗等に行けばもっと安価な肉が手に入るだろう。実際、僕がよく行く深夜しかやっていない某店は近くの100円均一でバラ肉を大量に仕入れている。有名な事実なので伏せる必要もないだろうけれど。

で、醤油にニンニクを散らしたもので豚バラ肉を煮込んだだけで某店の匂いがしてきたのにはビックリ!

この後、肉を別皿に移して煮汁の中にオイスターソース50cc(やっぱり半分にすれば良かった)、ゴマ油50cc(同じく)を入れて少し火を通す。


続・我が逃走

麺を茹で上げたところ。

やっぱり茹でると量が増して見えますね。表面のヌメリとかどうすべきか悩んだのだけど、つけ麺じゃないわけだしそのままにしてみた。このまま冷水でしめてつけ麺にするのがこの麺本来の食い方なのだろう。

そして湯で加減は丁度良かった。茹で加減を間違えた極太麺って苦痛なだけだしね。

で、茹で上がった麺をどんぶりに入れ、先程作った汁を適量ぶっかけて混ぜる。

麺を茹でた残り湯でモヤシ、キャベツを一瞬湯通し。

さて、役者は揃った。盛り付けるとする。


続・我が逃走

完成。

大丸ラーメン(あ、名前言っちゃった)を意識して盛り付けてみた。


続・我が逃走

こんな感じになりました。

総評としては、手早く作れるものの味もそれなりかなあ。麺が変わって旨くなったものの、その分味の中途半端さが露呈する結果に。どこまでいっても醤油辛く、沢山量を食べるには正直しんどい味になったかもしれない。もっと多層的に、食べていて楽しい油そばにしたかった。砕いたピーナッツとか混ぜて食感に多様性を持たせるのもいいかもしれない(その点、モヤシは随分と健闘してくれた)。

汁に関してはどうしたものか。気長に調べてみて、また何か有益な情報を入手したら改良してみようと思う。

ああ、あと忘れちゃいけない。卵黄って結構重要なファクターだったのだな、と思った。前回と同じ味付けなのに前回もう少しまろやかに感じたのは卵黄によるところが大きかったのだろう。でも全体を誤魔化すような卵黄の使い方は不本意で、元々旨いものを更に旨くする、みたいな使い方が出来ないと駄目だと思う。

つまり、やっぱり結局味付けが悪い。うぬう。



『油そば、再び』の覚書

・とりあえず醤油、オイスターソース、ゴマ油の量は少なめに。

・でもそれだけじゃ駄目なんだ。何かが足りない。何かが・・・。


『油そば』

麺類が、好きである。


今や完全に日本食として一地位を築いた感のあるラーメン。

~系だとか~インスパイアだとか言われる程、愛好家の中ではすみわけが定着しており、ラーメンという料理をとりたてて意識しない人間には底知れない深さをもったそんな世界である。

かくいう僕はといえば、ラーメンが好きではあるけれども「ここのスープは云々」とか「今日は麺がどうの」とかそういう繊細な味の差異、店毎の評価はとりたてて気にもせず漠然と「ニンニクが入っているのは旨い」とか「太麺の方が好き」とかそれくらい大雑把にしか個人の嗜好を説明できない程度の、怠惰なラーメン好きである。


さて今回はそんなラーメンの中で、ある時期を境にブームになった(らしい)『油そば』を作ってみようと思う。

何故『油そば』かと言われれば理由は簡単、それこそ「簡単そうだから」である。何もマニアではないので麺から作ったりはしない。100円均一の3袋100円の焼きそば麺を使って調理する。


続・我が逃走
冷蔵庫に残っている食材を使って気軽に調理。


「この黒い塊は何なの?」

「決まっているじゃあないか、豚バラ肉だよ」

「何でこんなに真っ黒なの?」

「味付けがしてあるからだよ」

「それにしたって真っ黒じゃあないか。辛くないのかい?」

「食べてみればわかるけど、意外といいんだぜこれが」

「やだから辛くないのかってき」

「大成功!」


結果、『チャレンジ!クッキング』史上、初と言っていい程狙い通りの味になり、そして旨い料理となった。

手間もそうそうかからないし、これは是非また作ってみよう!


『油そば』の覚書

・麺は焼きそば用の麺を使う。

・醤油100ccにニンニクのみじん切りを入れ、火にかける。

・上記のものに豚バラ肉を適当に投下、煮詰める勢いで煮る。

・野菜を適当に切って湯通しする。

・豚肉が煮えたら肉だけ取り分け、煮汁にゴマ油、オイスターソースをそれぞれ50cc入れる。

・醤油が足りなかったら追加、味を調えて火にかける。これをタレとする。

・麺を電子レンジでチンする。

・麺にタレをよく馴染ませ、その上に野菜、豚肉を載せる。

・お好みで卵黄、ニンニクを載せてかっ食らう。

『白菜と豚肉のミルフィーユ煮』

随分とご無沙汰のチャレンジ!クッキング。

冬という事でご近所さんちで家主不在のまま鍋をする。月末という事でお金がない。きっと皆もそうだろうと思い込んで安上がりに白菜を大量に使う事にする。白菜なら食べても食べてもなくならないぞ!それに白菜サラダも使えるし白菜最高!

続・我が逃走-CA390731.JPG
見た目が驚く程、悪い。


よくわからないまま、とりあえず白菜を切って作ってみる。味付けもよくわからないけれども、どうせ最終的にポン酢をつけて食べるなら適当でいいだろうと味付けも適当。

で、中火でじっくりことこと煮込んだ所、30分後には白菜の出汁たっぷりの煮汁が!

凄い!黄金色!

一人興奮していると横にたった友人が訝しげな顔をしている。白菜と豚肉だけでこんな出汁がとれるのか?と。

その疑問は数十分後に見事解決した。最下層の白菜が、真っ黒に焦げていたのだ。黄金色だったのは出汁がとれたのではない、焦げが煮汁に溶け込んでいたのだ・・・・。


それでも結構美味しかったから問題なし。見た目は悪いけど。

うむ。白菜最高。



『白菜と豚肉のミルフィーユ煮』の覚書

1.白菜を一枚あたり4等分して鍋に敷く。

2.白菜一層、豚肉一層と交互に敷いていく。

3.水を出すと目かさが減るので、多過ぎるくらいに重ねて良い。

4.料理酒、水を適当に注ぎ込む。

5.中火で適当に煮込んでやる。

6.ポン酢で食べる。

自己紹介

Author:舟橋孝裕
愛知県在住、ベースギター奏者です。
・JONNY
・パイプカツトマミヰズ
・犬栓耳畜生
・白線の内側
 やサポートでベースを弾きます。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム