漫画やら映画やら。

僕は青春めいたものやキュンとなるものが嫌いだ。

・例えばギター一本持って旅に出、行き着いた街で出会った人達との心温まる交流を描いた青春小説。

・例えば何気ない日常、繰り返されていく日常、だけれども愛おしい、そんなゆっくり時間が流れる毎日を大学生グループの視点を通して描くコミック。

・例えば夏の大会に向けて猛特訓を積むサッカー部員達。そしてそこで生まれる友情、恋愛。

・例えば町外れに住む或る一家。そこに突然居候する事になった『人の生き死にが見える』という少年。不思議で残酷で、だけれども暖かい時間を描いた映画。

・例えば不思議な感応性を持つ少女と若き天才科学者の国家権力からの逃避行。

・例えばターゲットに恋してしまった死神と、ターゲットの少女との複雑で、切ない、限られた時間の中で感情を爆発させる恋愛映画。

・例えば「写真と写真の間から滲み出てくる会話、あの日の温度、時間の流れ、落ち着く時間、二度と戻ってこない青春。そんなアルバム。

そんなものが嫌いだ。
何故かというとそれらは自分で『体験し』得なかったからだ。前述したものの中にはとても現実的で実際的でないものも多いけれど、ひょっとしたら自分も体験できたかもしれないし自分が創り得たものも含まれるかもしれないのだ。
実際に人が体験した経験談で上記のようなものを聞いたり見たりするわけで。
だがそれに対する僕の『青春』が僕に何をもたらしたかというと、この自己顕示欲に満ちた文章表現とひねくれた視点、劣等感と優越感どちらにもなり得る自尊心。ああ、あとはあれか、他人よりそういった事柄に関しては寛容かもしれないねえ。
兎に角、そんなところだ。

僕は結局虚構に踊らされているのだ。
理解はしている。キャンパス帰りにふと空を見上げてその夕焼け空に涙を流すような青春を体験した若者はそうはいないだろう。
毛布にくるまれて愛を語らったり「どこまでもこの時間が続けばいい」と思えるような、失う事が恐ろしくてたまらない(何と歯のうくような台詞だろうか!)ような恋愛を経験した若者はそうはいないだろう。
そんな事はわかっているし、そんな事は知らないね。

問題なのは僕がそういった事柄に対して無上の憧れを感じるのだ。
本人がどう感じているのであれ、それぞれに『羨むべき青春』的なエピソードを人が話すのを聞くにつれこの嫉妬は膨れ上がる。こんな自己陶酔的な文章を書きながらも『隣の芝生は青く見える』的な視点で物事を見てしまっているであろう事くらいは理解できている。だけれどもそんな事は知らない。ただひたすらに羨ましい。

何故って、僕には(そして僕らには)もう10代は、学生時代は、無邪気に希望を信じ続けれた日は、学校帰りというシチュエーションは、制服を着ていたあの時間は、文化祭は、大学祭は、体育祭は、卒業式は、その他諸々のおよそ『青春』という文字を冠するであろう表現作品に記号的に使われるエピソード的なものは一切合財が。

二度とは戻ってこないのだ。

戻ってこないが故に、嫉妬するし後悔する。
ああ、もっと時間を有意義に使えば良かった、だとかあの時こうしていたらどうなっていただろう、とか。
だけども今の現状に不満があるわけではない。自分が恵まれている事もわかっている。欲というものは尽きる事がないのだ。

他人の青春を体験してみたい、というのがその欲を形容するには一番相応しいかもしれない。だけどもそんな欲望を抱いたら最後、役者か小説家か何かになるしかない。
ああ、成る程。だからブログの更新を続けるのだな。

結局劣等感というか引け目というか、悔しいのですね。
ああ、嫌いというよりは妬ましいだけなんだな。

撤回。僕は青春めいたものやキュンとなるものが苦手だ。
スポンサーサイト

深夜の更新。

ベースの改造が完成した。音に不満はないのでいかにして楽器としてストレスのないものに仕上げるかが今回の課題だった。

その点で言えば大成功。期待通りの仕上がりだ。調整も意外とあっさりすみ、自分好みのセッティングに仕上がった。さて、あとはひたすらに弾くばかり。

実は数日後から大学時代に所属していたサークルの夏合宿にお邪魔してくる。同じサークルに所属していたり馴染みがあったりするQucumbersの面々やお世話になってるplanus8の長谷川先輩、不完全の神田氏も同行するわけで楽しい道中になりそうだ。現役生である各務氏は一足先にバスで現地入り。OBである我々は後日後乗りという事になる。
名古屋戻りの前日にライブを一日かけて行うのだけど、後輩達の演奏が楽しみだ。彼らも昔は大学入りたてのホヤホヤだったりしたのに月日が経つのは随分と早いもので、僕が幹部職に就いていた頃の新入生が今や幹部の代なのだ。道理で僕も22歳になったわけである。
兎も角、有意義なバカンスになる事を祈る。

改造。

e76d3ab0.JPGベースの手術をした。これからも頼むぜ相棒。

プリプロ。

8月は不完全密室殺人強化月間。
プリプロダクションを行いました。本来の意味でのプリプロの目的は定かではないけれど、我々の場合「各パートを個別に録音し、アレンジを見直し、ひょっとしたら近いうちにするかもしれないレコーディングに備えよう。演奏上勉強になる事も多いしね」の意。

不完全密室殺人の曲の中でも特に歌モノの2曲を対象としまずは録ってみた。歌まで入っているそのうちの一曲を聴いているのだけれど、ベースを突っ込みすぎて音が随所で歪んでいる。エフェクターで歪ませたような歪み方ではなく、自然に歪んでいる感じ。コレが存外にいい。意外な効果だ。

失敗は成功の元を実感した、そんな夜。

金山夏祭。

金山の公会堂で夏祭の一環として行われている公演のスタッフとして働いている。

ストレスの溜まる現場ではないのだけれど、基本的に室内にいるからたまに外に出ると倒れそうになる。この暑さは人の精神力を少しずつ削ぎとっていく暑さである。

体の具合に気をつけて全力で働こう。

脳内補完。

最近、とみに脳内補完の頻度が上がっている。
理路整然と物事を考えて納得したつもりが虚構の上で踊っているのだ。
ザマァナイネェ。

アァァラヨット。ってな具合にそれを口にしてはみるものの、物の見事に現実とはかけ離れている。

現実ばかりが鮮明で 悲しい事のみ多いのに
虚構の世界の住人は なかなか顔を出しちゃくれない

思わず歌を詠んでしまう程だ。毎年夏になると冷静と激情の間が曖昧になる。フラリフラリと漂うような幻想的な感覚を日々享受するのみだ。
そんな時は読書に限る。夢野久作を読んでいるのだが、なかなかに凄まじい。
乱歩より華やかでなく、横溝ほどおどろおどろしくない。
酷く現実じみているのだ。「ああ、わかるかもしれん」と思わされるような不条理。人間の心の屈折に入り込んだ事のある人間ならわかり得るであろう心象が行間から漂ってくる。淡々として、その実もっと淡々とした印象。
わからない人間にはわからないが、わかる人間は虜にされるであろう短編集。

『ドグラマグラ』とは「読んだ人間は必ず精神に異常をきたす」と云う日本文学史上に名を残す奇書であるが、昨晩それを手に取りかけて、やめた。
強過ぎるだろう、まだ。

メッタクソになりたくなったら読むがいいよ。

読書。

性格上、斜に構えていけない。
これが僕の僕たる所以なのかもしれないけれども、どうも穿った見方やねめ回すような観点で世の中を見てしまう。

人にはこれが素の自分でないと思われがちだろうが、どっこい本当にこういう人間なのでさらに良くない。人と僕の本質の間に漠然とした障壁が立ちはだかるのである。そこに気がついているからこそ僕は僕で在るわけだし、極端な話だが世界をそういう視点で見上げる事を続けるのである。

何者かが一時は僕にそういう考え方を改めせしめた所で数ヵ月後には僕は僕になっているのだ。22年間このように生きてきたのだから、これはもう如何ともし難い現実と捉える他ないだろう。

一般常識で言う(僕の中ではこの場合そのまま【ポピュラリティ】という単語に置きかえれる)『素直で、誠実で、疑うことを知らない』、『つまり人格者』への変化は僕にとっては想像を絶する程難しいのに対し、『疑ってかかり、的中しては嘲って、自分自身をも誑かす』、『落伍者』のような生き方への変容は呼吸をするかの如く容易であった。

正直に告白しよう。
僕は日陰の存在、日向に入りきれずに日陰に安住せざるを得なかった、だけどもそれも潔しとできる存在に対して、この上ない憧れを感じる。
僕の情性という奴は数年前からずっとそんな具合だ。
一般的よりも異端派、マジョリティーよりマイノリティ、馴れ合いよりは孤高といったように人生で選択の瞬間がある度に、その都度日陰の存在であろうとしていた。

自己顕示欲と上昇意識がこの上なく強い日陰者。
それが僕の正体だ。

餃子。

友人と八事にある餃子屋「心心」に行って来た。
店内は洒落ていて一瞬物怖じしたが、料理が出てくる頃にはすっかりリラックスしていた。
焼餃子と水餃子を頼んだのだけれども、滅茶苦茶に美味。
噛むとじゅわぁっと肉汁が口の中に広がる。食べやすい一口サイズなのも嬉しい。
すっかり堪能した。

もしビールが飲めたら最高なんだろうな、餃子とビール。
何だ、なんだかんだで夏という季節を堪能している俺がいたIN MY HEAD。

楽器としての完成度。

長々と書いたけれど誤って削除してしまった。残念。

ベースに求めるのは『調整が自由に利く』楽器としての完成度の高さ。
メインのYAMAHA SBV-550改は随分と落ち着いているしこれからもきっと愛用するだろう。だけども。

もし仮に。何かの間違いで彼を弾けなくなる状況になったら。
うちの店に置いてあるmoonのジャズベースを買おう。名匠の業が注ぎ込まれているベースだ。楽器としての完成度は申し分なし。ブラックバードプリアンプも好感を持てた。
弾いて、思った。何かが渦巻いている楽器である。
とりあえず今日はSBV-550改の弦を張り替えて、久しぶりに磨いてやろう。

夏も、もう終わりである。

共依存。

フリーターになってから、生活する時間がそのまま数時間ずれ込んでいる。
生活する時間、と言うよりは起きている時間、か。

起きるのがお昼頃なので、寝るのは明け方近くなり、必然的にそのままのペースで毎日過ごす事になる。生活リズムがあうのはバンドメンバーやスタジオで出会うバンドマンばかり。

つくづくバンドマンって不健康な生き方をする人種だなと痛感しきり、である。
そんな僕は昨夜車で旅に出た。免許を所有しない僕は専ら助手席専門、昨夜もご多聞に漏れず助手席であった。運転手は不完全密室殺人のギタリスト各務鉄平である。後部座席には大学時代の後輩タナエリが。
何とも濃いメンバーだった。

さて今日のタイトルと全く関係ない話をひとしきり書いたところで本題へ。
共依存。心理学用語である。ネットで検索してみると「他者に必要とされることで、自分の存在意義を見い出すこと」とある。

共依存者とは、自己自身に対する過小評価のために、他者に認められることによってしか満足を得られず、そのために他者の好意を得ようとして自己犠牲的な献身を強迫的に行なう傾向のある人のことであり、またその献身は結局のところ、他者の好意を(ひいては他者自身を)コントロールしようという動機に結び付いているために、結果としてその行動が自己中心的、策略的なものになり、しだいにその他者との関係性から離脱できなくなるのである。(加藤篤志)

ああ、いるいるこういう人間!
僕の身近にも何人かいたし、僕自身そうであった。

世の中、何でも名前がついているものなのね。自分の性格や嗜好等を心理学的に分類していくと大変物々しい肩書きになってびっくりした事がある。
こういうので喜んでしまうのが心理学部クオリティか。
何が言いたいかっていうとこういう内容を書いてみたかっただけ。
ははは。

Cocco。

不完全メンバー全員でCoccoのライブ@ZEPP名古屋に行ってきた。
僕は親しくさせて頂いてる方にチケットを取ってもらったのでメンバーばらばらで観たのだけれども、前から2列目の限りなくセンター寄り。
Coccoを観ていれば自然と根岸孝旨も視界に入るという絶好のポジション。
で、正面を見れば長田進氏が視界一杯にという非常に贅沢な位置。
長田氏のギターの音もすっごくクリアに聴こえて堪能できた。
惜しむべくは下手ギター(後で気づいたのだがGRAPEVINEの西川弘剛氏だった)のギターの音が反対側故クリアに聴こえなかった事か。まあ最前列故の宿命である。

で、Cocco。素晴らしい。何なんだあの表現力。歌うというよりは謳う、発散する感じ。まっすぐに歌声が飛んでくる。感じ入った。
「raining」は思い出の曲で、他の曲と比べても思い入れがあるのだけれど昨夜生で聴けて良かった。始まった瞬間に鳥肌が立ったし、涙腺が緩んだ。
今まで人のライブレポを読んでいて『音楽を聴いて鳥肌が立った』という表現は度々目にしてきたけどもまさか自分が体験するとは。

腰が弱い僕は30分以上立っていられない。だけども昨夜は腰の痛みも忘れて音楽を堪能した。実に感じ入った。

そうそう、忘れてはならない。ずっと気になっていた根岸氏のハイキックも生で観れた。

心に残る一夜だった。

我らがMTR。

3271ed25.JPG昨夜、試しに神田氏のドラムの音を録ってみた。ずっと愛用しているMTR。BOSSのBR-1180CDだ。購入してしばらくはずっと使わなかったのだが、不完全に加入してからはスタジオで頻繁に使用していた。
録再MDウォークマンより音はいいし、ICレコーダーより便利である。

が、ドラム録りをして気付いた。ミキサーにマイクを入れてバランスをとってそのままMTRに突っ込んだのだけど、オイシイところがごっそりなくなっていて何とも元気のない音になっていた。
まざまざと見せつけられた気がした。

写真は録音したものを聴いている神田氏。

自己紹介

舟橋孝裕

Author:舟橋孝裕
愛知県在住、ベースギター奏者です。
・JONNY
・パイプカツトマミヰズ
・犬栓耳畜生
・白線の内側
 やサポートでベースを弾きます。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム