歪みと僕。独りよがりな思い入れ。

今まで約70個のエフェクターを買ってきたけれど、その中に歪みは一体いくつあるだろうと考えた。
下手したら半分くらい歪みなんじゃないだろうか。買いやすいからついつい買ってしまった結果だろう。

人生で初めて買ったエフェクターはBOSSのDS-2。ターボモードのついてる奴ね。あれをベースに繋げてグッシャグシャにして遊んでいた。GAINなんてもう当然のようにぜんつっぱ。
その次に買った歪みは亀田師匠の真似をしてVoodoo-BASS。亀田師匠の音は出なかった。今使ってもコイツは苦手だ。後輩に貸しっぱなし。
他にも色々買ったなあ。BIG-MUFFをUSA製とロシア製両方揃えた挙句、ロシア製しか使わなかったり(ロシア製は20歳の誕生日に買った20台目のエフェクターだった)、中古楽器屋で何となく面構えが気に入って980円で買ったPOSSのエフェクター、半年後にベースに繋いで見たら既に壊れていたり、先輩から買ったmt's Labのファズを買ったその日のライブでそのまま繋いで見たりマーシャルのガバナーを繋げてボフボフしたりした。
全て懐かしい思い出だ。

今は不完全の山田氏から買い取ったTS-9DXが暫定的にメインの歪みの座に君臨している。音が太くて使える憎いアン畜生。ブホーッと歪むのが好きだ。スピーカーによって抜け具合が激変する気分屋っぷりも好きだ。緑色のボディとやる気のないLEDも好き。

だけども最近は他の歪みも試してみたくなった。歪みに飢える時それすなわち精神的に鬱屈している時である。TS-9DXよりもっともっと過激な歪みが欲しい。
踏んだ瞬間に「おや・・・・・まあ」と皆に呆れられるような、そんな音を我が物顔でアウトプットしたいのだ。

そうそう、確かZ-VexのFuzz Factoryがあったな。早速試してみよう。
スポンサーサイト

文章表現に関する考察。

恋愛と恋愛をしている自分についてクドクドと書くのはあまり好ましい事ではないだろう。
書く側は書き終えた後に迷いと後悔が生じるし、読む側も大して興味がないのに読み出した手前、最後まで読まないと気持ちが悪いと読みきってしまう。そしてそこに生まれるテンション差。そここそが一番気持ちが悪い上に、何だか恋愛の終わりの本質を抉り取って見せ付けられているようで具合が悪い。
書くのが好ましい事ではない、と思っている以上あまり読みもしない。恋愛について書き綴ってメソメソ悩んでいいのは高校生までだろう。だけども最近流行っているのだろうか、ネット上を徘徊していると日記なのか詩なのか判断がつかないような文章を書いている人が多くいる。勿論個人の範疇でやっているわけであって誰にも迷惑をかけていないだろうし、不愉快になる人もそういないだろう。
僕はと言えば一瞬の気まずさと気恥ずかしさを感じるばかりで他は別に感慨も感じない。

冷静に考えるとああいう行為、実は『公開している』という前提が大事なのではないだろうか。「誰かが目にする」かもしれない状況下で「私的」な事を書き綴っている。だが実際はああいった文章は恐らく自分自身に向けられている。僕もよくやるのだが「書いてスッキリする」類の文章だろう。読み返すかどうかもわかりはしないが、恐らく書いて感情や情念を吐き出しているのだろう。
ならばああいう文章こそが真に迫った『日記』と言えるのではないだろうか。
世の中には実に色々な日記が存在するし、存在し得るのだろう。
ここ最近は前述の『椎名林檎風日記』であったり、今日の『恋愛ポエム日記』であったり実に色々な方法論について自分なりに検討してみた。こうして物を書く事の方法論に拘って文章を読んでみると、文章を書くという行為、その中身よりも既に方法の段階で我々はある程度『表現』してしまっているのではないだろうか。

素敵な人間は素敵な文章を書き、清清しい人間は清清しい行間を表現するだろう。
繊細な人間は繊細な言葉を遣い、聡明な人間は語謂が豊富だろう。
攻撃的な人間は文中で誰かを批判するだろうし、保守的な人間は読み手を意識し過ぎてありたいていな文章しか書かないだろう。
自己顕示欲の強い人間は更新頻度も物凄いだろうし、自分の殻に閉じこもる人間は曖昧な表現や散文的表現で自分を出そうとしないだろう。
痛々しい人間は痛々しい事ばかり書くし、愚かな人間はプライドもへったくれもないような文章を書き殴る。

言い過ぎだろうか?方法論から人となりを判じるのは軽率か?
だが、人間性が文章を書かせるのであれば文章というものの終着駅はきっとそういう所にあるのではないだろうか。終着駅から始発駅を見る行為は愚行かもしれないけれども、始発駅から終着駅を楽しみに列車に揺られるのはそれなりに楽しめるはずだ。

願わくば、今後はそういう風にこのブログを読んでみて頂きたい。

文章。

ものを書くというのは自分自身と向き合うが故に、本音が露呈してしまう危険性をはらんでいるのでは以前折に触れた通りである。
その認識は一般的にも普及しているようで、例えば「私は鬱だ」と誰かが日記に書いたとすればそれを読んだ『読者』達は「あの人は鬱病なのか」と確認するだろうし、また別の或る人達は「こんな事日記に書いちゃって、こいつ鬱病気取ってやがる」と嘲るかのどちらではないだろうか。だがこの両者ともに日記の『書き手』が誠実に日記を書いているという前提で話をしている。

もし日記の書き手がろくろく考えもせず、今日は白を黒と、明日は赤を黒と書き出してそれをいちいち真に受けていたらどうなるだろうか。書き手は別段何も意図していないのにその文章が「誠実である」と思い込んで読んでしまう危険性。

だがそれらを踏まえた上で、僕は昨夜ある人達と話をしていた。内容というのは「椎名林檎を崇拝している人間は日記を読めばいとも簡単にそうと知れる」というもの。
例えば、旧仮名遣いや昔の言葉を多用する、だとか女性の事を雌と表現してみたりするだとかあとは諸々。だがそれより何よりも彼女達には行間から滲み出る『それっぽさ』がついてまわる。「何だかそれ臭えな」と思うとそうだったりする。的中率が高いわけでもないけれどそんな女性の文章を比較的多く目にしてきたのも事実。

で、誤解を恐れずに言おう。僕はそういう文章を書く人間、書いてしまえる人間、突き詰めればそんな人間が書いた文章に対して「何だかなぁ」という感情を隠せない。世の中には日記だけで惹き付けられる人間がいるのに対し(文章の書き方だけではなく、その内容が示すその人物の思想面にも魅力を感じるのは大前提だけれど)、何故連中(前述の例と対比するのであればこういう日記を書けてしまう人間の文章を面白いと思った事が一度もない)はそうも他人の模倣(無意識、無自覚で他人から見たらそうとしか見えないものほど痛烈なものはない)にはしるのか。

誓っていうが僕は椎名林檎が嫌いではない。むしろ愛聴する部類に入るだろう。ただファンの方々ならご存知であろう彼女の『自己演出』はどうも感性にあわないのか、はじめこそ面白がってはいたけれども最近はやはり「何だかなぁ」感が否めない。自己表現者たるもの、創作者のキャラクターまで創りこんで当然、というのはああいうバンドをやっている以上共感はできる。しかして、僕にはあわない。
それだけの話っちゃそれだけの話なのだが、おっといけない話が逸れた。
椎名林檎の感性が好きで、椎名林檎の全てが好きで、椎名林檎に影響を受けて、椎名林檎に刺激されて、等出発点は多々あるだろう。だがいずれにせよ僕はそれがどうも癪に障るのだ。自分を売り物にする手段ならばともかく、何だか、ねえ。

さてここを訪れた人達の中に賢明な方がいれば、今日のこの長文が文末の結論を裏付けようとしているように見せかけるためのゴタクだと感づいたのではないだろうか。そしてそのゴタクに取り立てて中身がない事も。そしてこう書いてしまう事でどういった印象を与えようとしているかも。おっと失礼、気を悪くしないで頂きたい。
僕はただ単純に自分のブログで書きたかっただけなのだ。
「椎名林檎を気取る女の文章をもし今後読む事になろうもんなら、そん時は大笑いさせて貰おう」と。

最近読者の気配を感じる。だので更新してみよう。

この年になるまで、とは厳密に言えば何歳から使って適当なものかよくわかりはしないけれど、僕はこの年になるまでろくな恋愛をせずに育った。
幼稚園の頃は愛着を感じた相手を遠巻きにいじめたし(後に精神だけ幼稚園児に戻ってた状態で卒園アルバムを眺め、嘆息を漏らした)、小学生の頃はラブレターという奴を真剣に出そうと考えた。だがその渡し方があまりにもなので異変を察知した親に止められた記憶がある。

中学時代は惚れた相手をデータ上は知った気になっていた。つまりはストーカーという奴だ。世間で『ストーカー』という単語が認知されだした頃だったので僕はその単語によって自らの行動を規制した。僕は観客0人の孤独な演者で、今なお当時の癖が残らない。だれもそれと気づかないうちにこっそりと始め。その迫真の演技によって自分自身そうなのだと思い込んでしまえばその人はその芸だけで一代を成す事ができる。対象がストーカーだった僕が成したのは陰湿な恋愛感情だけであった。

高校時代に僕はついに初めて異性と付き合う事になるのだが、そのオママゴトはものの2,3日で終了した。相手は兎も角として、僕には机上の戯言だという確信があったのだ。お互いがお互いを言葉で縛り、そうなった気でいる。定義づけられないと自分自身の意思すらも不明瞭な若者2人だったのが、そのうち1人が現実に気づいて自ら書いた脚本通り演技するのをやめたのだ。
初体験は今池のラブホテル。丸太のようにベッドに寝そべった僕はSEX PISTOLSに夢中だったのだけど、格好と心意気はパンクでも性根が根暗なままだったので衝動的なものは何一つものにできなかった。いや、正確に言うとその問題を大いに内包した初体験によって価値観が大きく変容した。

大学時代は大暴れを尽くした気になって自分自身プライドを保っていた。人並み以上のコンプレックスがあればどうにか振り切る事もできたであろう執着も、人並みかそれ以下でしかないコンプレックスではどうしようもできなかったらしく、僕は相変わらずつまらないその他大勢だったのだ。周りには個性的な人間や皆に愛される人間、唾棄すべき憎まれ屋など雑多な種類の人間が集まったけれども僕自身はどちらつかず、中庸なんて言えば聞こえはいいけれど結局は凡庸な一学生に過ぎなかった。

人並みに誠心誠意、異性に尽くしてみようと試みたのだけども、甘えん坊な僕の誠意などたかがしれている。結局は誠意を見せて甘える口実、もしくは免罪符が欲しいだけだったのだろう。誰かの尻の下に敷かれるのに快感を覚えるには、相手を尊敬せねばならないがその点当時の相手には不足はなかった。僕は思い切り、心の底から相手に忠誠を誓う事が出来た。往々にして恋愛に於いては男性の方が相手に負い目を作り、それを背負いたがるのだが僕の場合もそれは同じで『惚れた弱み』という奴に溺れて心地よい屈服感と安心感を得ていた。何も倒錯しているわけではなく、誰しもこれぐらいの感情の機微は持ち合わせているのではないかと思うのだけれども定かではない。

そして今は何もない。時に誠実で、時に享楽的である事を自分に許し悠々自適の精神生活を謳歌しているわけですよ。

遅ればせながら。

ライブでした。来てくださった皆さん、ありがとうございます。お楽しみ頂けたのであれば幸いです。

次回は10/9、上前津Club Zion。トイロとHyd Lunch東京連動企画『囲音裏』vol.2。
vol.1はドクターイエロゥで出演したし、こうして2度目も参加できるのは喜びの極み。頑張るぞ!

最近一気に涼しくなった。パンツにTシャツ着用のうえ、タオルケットで就寝しているのだけど今朝起きたら喉が痛い。すわ風邪か、と思いきやどっこい今はなんでもねえ。体を崩すのは色々とタイミングが揃ったら、なんだろうなあ。
食欲は近頃以前以上にあるので栄養は足りているはず。むしろ少し太ってきた。
なので栄養を体力に結びつけるのが当座の課題。

あとは先日髪を切って頂いた方に教えて貰った『正しいシャンプーの仕方』を日々実践しよう。どれだけ後々効果があらわれるかはわからないけれど、少なくとも以前よりシャンプーというものを丁寧にしていると思うとストレスがない。

心がけ次第、である。

前夜。

明日(もう今日か)はライブだ。久しぶりで血湧き肉躍る。実に実に楽しみだ。

やるぞぅ!
山田、各務

頭と鋏は使いよう。

不完全密室殺人のライブが近づいてきた(9/14は是非新栄クラブロックンロールへ!)。
プリプロをしてみて、自分のベースラインがいかに曲を平坦なものにしているかを痛感した。ここ数日は毎晩MTRに向かいあって、ベースラインを練っている。音を詰め込むよりも抜く方が難しい、というのはかねてから言われていた事だけれども今更になってそれを痛感するのだ。弾きたがり、というわけでもないのだけれどついつい音を詰め込みがちになってしまう。今回の場合(に限った話ではないけれど)、ベースラインが決まれば曲のアレンジも固まる。そういった意味ではベーシストらしい発想を必要とされるわけで今まで使っていなかった脳の箇所をフル活用させねばならない。
凄く面白い。

で、不完全密室殺人というバンドの特性上、ライブ毎にSE(ライブの最初にステージに出てくる時の音楽)は完全に自分達で作成し、それはお客さんが不完全密室殺人の30分間に感情移入しやすくなるよう『入り口』として機能せねばならないし、それを踏まえた上で我々のテンションをあげる作用であるのが望ましい。ライブ告知ですでに予告しているので発表してしまうが今回のテーマは題して『その名は悪意』。
Drの神田氏より発案があった形態を練った上でこのようなテーマとした。過去2回のライブと比べても非常に抽象的かつ観念的であり、それ故にSE(というよりは前説、前口上のようなものか)や曲間の喋りも非常に気を使う。
で、そこで頭を使うのが非常に楽しい。コレは昔から使ってきた脳の部分をフル活用させるわけだ。

そんなこんなでどちらもうまくいかせる気満々なので、是非9/14は新栄クラブロックンロールへお越しください(結局告知かよ、というわけでもないんだよ。こういう日記を書くと気が引き締まる)。

フォーク専科夏合宿。

学生時代に在籍していたサークルの夏合宿にお邪魔してきた。

実に楽しかった。
それに尽きる。長野県は涼しかったなあ。

自己紹介

Author:舟橋孝裕
愛知県在住、ベースギター奏者です。
・JONNY
・パイプカツトマミヰズ
・犬栓耳畜生
・白線の内側
 やサポートでベースを弾きます。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム