ジャズベース。

何を隠そう、実は楽器屋で働いている。とはいってもアルバイトなのだけど。
主な仕事内容はインターネット業務、楽器のメンテナンス、配達の手伝い、現場のサポート等わかりやすく言うと「何でもやる」。
この「何でもやる」という仕事内容、実にいい刺激になる。知識と経験は武器だ。
だが他にも刺激は受ける。物欲。
そう、物欲が物凄く刺激されるのだ。

今現在愛用しているベースも今の職場にうつってから購入したものだし、足元の機材もほとんどがそうである。ベース本体に関しては満足しているからいいようなものの、エフェクターに関してはすぐに「アレ欲しいコレ欲しい」となってしまう。自制心がないからいけないのだけれども。

だが昨夜は珍しくベースを試奏してみた。
Moon JB-195。
国産ハンドメイド系のメーカーが製作したベースだ。ジャズベタイプでアクティブ。
以前から何度か折を見て試奏しているのだけど、なかなか具合が良い。ネックのグリップ感も良好。なんだか凄く「身が詰まった」楽器だという印象だ。弦はとうの昔に死んでいるのだけどそれでも十分に上から下まで出ている。弦高やピックアップの高さ等を僕好みに調整すればもっと僕好みの音に近づくのではないかという実感があった。

色も良い。マッチングヘッドで、暗い緑。何だかアダルティで、それでいて格好良い。みどり色に固執する僕もこの色なら愛着が持てそうだ。

まあ、結局買わないんだろう。
今のベースは十分に満足しているしまだまだ育つと考えている。
スポンサーサイト

僕と文。

いけない、また更新をさぼってしまった。

前回の日記やらmixiで公開している日記を読んだ色々な人から色々な言葉を貰った。
ありがとうございます。

さて最近はすっかり活字に飢えている。後輩の加藤くんが何も言わずに貸してくれた舞城王太郎著『煙か土か食い物』を貪るように読んでいる。活字が頭にドンドン入っていく時の快感と言ったら得も言えない。
今日はそんな活字ジャンキーフナハシが漠然と思っている事を書いてみます。

バンドマンという立場上こういう事を公言していいものかどうかいささか疑問だが、自分のような考え方がいてもいいと思うし実際そういう人は結構いるんじゃないかと思っているのでこの際書いてしまおう。

音楽よりも文章の方が身近に感じるのは事実。
どちらが好き、というよりかはカーディガンとシャツのような関係。どちらも好きだし気に入っているのだけど肌に近いのはシャツみたいな。お、珍しく陰惨じゃない例えだ。閑話休題。

そう、それだから文章表現(詞、という要素以外。つまり我々の場合においては曲間のナレーションにあたる)と音楽(誤解がないように記しておくと文章と同じくらい好きだしやり甲斐を感じている)をうまく混在させている今のバンドのスタンスは非常に「やりたい放題」なわけで。自分の中から出てくるものは音だろうと文だろうと全部不完全密室殺人というバンドの表現内で出してしまおうと思っている。
勿論『バンド』なわけで『音楽を演奏する表現者集団』たる我々が『曲』又は『演奏』をないがしろにはできないし、する事もできない。それに自分は文章を書いて世の中に影響を与える人間ではないだろうし、文章で飯を食う人間でもない。なのでナレーション部分等では遊び心程度に(だけども全力で)書いているのだけれども。
それでも今まで自分の中に蓄積されてきた言い回しや単語等を書き付ける楽しさという奴はある。
ふとした瞬間に降りてきたものをうまく捕まえれば饒舌になれる。

その点で言うのであれば。

願わくば僕のベース演奏技術よ、もっともっと饒舌たれ。
今よりももっと。そしてそこからさらに上に。死ぬまで成長し続けろ。
そうすれば饒舌な人間になれる気がするのだ。

別れの挨拶。

本当は昨夜Jam in the garageのシゲくんがうちに来て、各務くんと3人で楽しく過ごした事とか書こうと思っていたのだが、そうも言ってられなくなった。

仕事中に連絡があって、不完全密室殺人が公演活動を開始した当初から写真を撮ってくれていた女性が亡くなった事を知った。
彼女とは普段から別段連絡をとるような間柄ではないし、ライブの時に顔をあわせるくらいなのだけれども話せば居心地がよい、といった距離感を築いていた。
先日も彼女と長電話をし、「レコーディング作業が終わったら遊びに行くよー」等と気軽に言ってしまったのだけれどそれすらももう適わない事となった。

人の死とはこういうものだ。
今まで「会おうと思えばまた会えるから急いで会う必要もないや」といった関係の人間との行く末に「また」がなくなる。で、自分自身淡白な関係だったなと思っていたのがその実そうでばかりもない事に気づかされるのだ。失って気づく、等と昔の人は言っていたしそれは未だに大勢の人間が嘯くのだけれど、まさしくその通り失って気づいた。そしてこう続けるべきだろう。「後悔先に立たず」。

でも、彼女との最後の電話であれだけ話しておいて良かった。お互いにお互いの思想やら性格やら随分と親しみを憶えたものだし、彼女もどうやらその電話を良く思ってくれていたようで、コソッと今まで見られなかった一面を見せてくれたりした。お礼に僕も何かしてあげるべきだったなあ。ついぞプライベートで会う事はなかったけれども、彼女に関する思い出を共有できる人間が多い事と、最初から最後まで彼女とはいい関係でいられたのが幸いだ。

どうぞ、安らかに。

僕と酒。

仕事からの帰り途中、地下鉄のホームで見た光景。酔い潰れ寝ゲロしている男性に介抱する友人らしき男性。2人とも学生然としていて身なりもシックながらも洒落ている。「こんな寒い季節に地下鉄のホームで寝るなんて体調崩しそうだなあ」と思った。

意識を失って寝ながらにして嘔吐する程飲んだ記憶は僕にはない。学生時代所属していたサークルのライブ後の打ち上げでも一、二年の頃は無理したものの、三年になる頃にはライブ運営疲れで酒どころではなかったし、何より酒自体にそこまで魅力を感じていなかったので無茶な飲み方はしなかった。大体にしてああいう大人数での雑然とした飲み会は楽しいのだけれども、どうにも酔った雰囲気を味わうといった雰囲気ではない。酒を楽しむとなると少人数ないしは気の合う友人と一対一で飲むのが気楽だ。
フリーターになって一時、ほんの一瞬だが毎晩のように梅酒で一人晩酌するのがマイブームになった時期もあった。100円均一で乾きものを買ってきて、それを肴に飲むのである。酔った勢いで誰にも気兼なく寝てしまえるのが良かった。

ビールは見るだけ匂いだけでも酔ってしまう。あの苦みを理解できない間、僕は今後もライブの打ち上げでは声高にこう注文するのだろう。

「苺ミルク一つ」と。

レコーディング。

不完全密室殺人、本日は一日かけてレコーディングをしてきました。

思わぬ事態が起きたり、予想外な展開に事が進んだりしつつもいい具合に進んでいると確信しています。

楽しみにしていてください。

散髪。

49b628a5.JPG数ヵ月に一度、強烈な散髪への欲求に駆られる事がある。色々な煩悶が重なってサッパリしたくなるのだ。学生時代はほとんどQucumbersの落合くんに切ってもらっていたのだけど、たまには店で切ってもらおうと思った。
だが今日は火曜日、大概の理容室、美容院は定休日である。だが僕は今日サッパリしたいのだ切らないと苛々するのだ。一度その思いにとり憑かれると僕という人間はどんな手段を用いても目的を達成しようとする。

ふと、思い出した。職場から程近いジャスコの中に1000円払えば10分で散髪を済ませてくれる店があったはずだ。全国展開しているチェーン店で、東京では駅の構内にもあるとか。しばらく考え、そこに決めた。インターネットを使って調べると火曜日でも営業している。仕事後に行く事にした。
たまたま店に雨宿りに来た後輩遠藤くんを拉致してジャスコの近くまで乗せていってもらう。雨が降る中ありがとう遠藤くん。

ふと思い立って地下二階の31アイスクリームを訪ねる。学生時代に籍を置いていたサークルの後輩達が働いているのだ。西くんは「10分1000円」で髪を切ってもらっているそうだ。話を聞いてみると悪くなさそうである。数分後には椅子に座って髪を切られていた。

なるほど、シャンプーや顔剃り、マッサージ等を排したこのシステムは成功なのかもしれない。あっという間にサッパリしてしまった。仕上がりも悪くない。

気を良くした僕は再び31アイスクリームを訪れた。

今日の写真はその時僕が食べたアイスクリーム。マジカルミントナイトというアイスで12月いっぱいで販売を終了してしまうそうだ。口の中で弾けるキャンディの食感が楽しいチョコアイスだった。

丼モノ闘争。

今まであまりこだわっていなかったのが牛丼豚丼に代表される丼モノ。

名古屋には随所に吉野屋や松屋、すき屋やなか卯など丼モノを食わせてくれる店が存在する。

仕事中にどうしても豚丼に温泉玉子をぶっかけたのが食べたくなり(神田氏がよくやる神田流定番メニューである)今夜は豚丼にしよう、と決めた。仕事は9時まで、不完全のリハスタは10時から。職場からの移動時間を考えるとリハスタ横にある松屋に入るのは時間的にきつい。ならば電車待ちの時間を利用して職場近くの吉野屋で食べようか…。だが、吉野屋と松屋の豚丼を比較すると大盛りの価格が随分と差がある。吉野屋の方が高いのだ。おまけに松屋の豚丼にはデフォルトで味噌汁がついているのだ。大雑把に計算した結果、吉野屋と松屋では「豚丼+味噌汁+温泉玉子」のメニューでは100円以上も出費に差が出る事がわかった。

店が閉まり、タイムカードを捺す。僕は楽器を担ぐとひた走った。駅のホームまでひたすらに走った。

ベースを入れたギグバックとエフェクターが入ったソフトケースが肩に食い込む。挫けそうになったが「まさか」のために走った。

結果。

いつもより一本早い電車に乗る事に成功した。
今夜は無事、松屋の豚丼に温泉玉子をぶっかけたものと味噌汁を胃袋に納めれそうである。

久しぶりの休日。

今日は久しぶりの休日だった気がする。そうでもないのかもしれないが、いずれにせよ密度の高い一日だった。

朝普段より早起きして大学時代に所属していたサークルのライブに参加。後輩と先輩と木村カエラのコピーバンドをやった。サークルのライブはモニターも期待ほど機能しないし会場も教室なので音かあらぬ方向に散っていく。久しぶりの感覚だった。べらぼうに久しぶりだな、存外に久しぶりだな、と思った。

ベースアンプは現役時代から慣れ親しんだアコースティックのもの。僕の随分上の代の先輩が寄贈したもののようなのだけど未だに現役選手だ。全てが懐かしい。実はそんなに久しくもないはずなのだが。
演奏中は後輩の歌やギターを楽しみながら先輩とリズムを打ち出した。べらぼうに楽しいな、存外に楽しいな。

出番が終わった後は後輩達の演奏を見学する。見違える程うまくなっている人間がいたり、おいおいそんな過激な音出すんですかと驚かされたり、現役時代を思い出した。

だけども、やはり今日で幹部を引退する後輩達のバンドにはやられたなあ。僕が幹部職についている時に入ってきた一年生が、サークルを引っ張ってそして次世代にバトンタッチ。道理で年を取ったわけだ。普段は聴いても普通に感じるアジカンがやたらと染みた。一年間お疲れ様でした。後はゆっくり残りの大学生活を楽しんでください。きっと次世代達も色々と感じ取った事と思います。

そして僕は今、地下鉄の中だ。相棒神田佑介氏がドラムを叩いているmarblefish.を観に行くのだ。体はしんどいものの、先日音を重ねたバンドだけに親しみも湧いている。果たして専任ベーシスト、ユキエ嬢のベースラインは如何に。神田氏お薦めで以前から話題にのぼっていた東京からのバンドは如何に。

いやはや、実に遊び倒している。

記念月間。

ココ見てココ↓

http://www.clubrocknroll.jp/schedule/2006/14th-artist1.html

12月はお世話になってる新栄クラブロックンロール14周年記念月間なのだけども、その間出演するアーティストの写真が掲載されている。
不完全密室殺人も載っているし、馴染みの深いバンド、メンバーに友達がいるバンド、以前のバンドで一緒にやった事のあるバンド等色々なバンドが載っている。
ココに不完全密室殺人も載っているのが本当に嬉しいなあ。

12月8日、頑張ります。

食について。

別段グルメだとか美食家だとかそういった自己認識はしていないのだけども、僕はそれ相応に食事と云うものに拘りがある。拘るというよりは執着するの方が相応しいかもしれない。

一旦思い立ったらどうしても食べないと気がすまなくなるし、どうせ食べるなら安くて(コレ大事)旨いものを食べたい。そのためにはおいしいスープカレーらラーメンの店をネットで検索して回ったりするのは苦痛じゃないし、行った挙句に長蛇の列でも並んでしまう。
コンビニでお握りを食べる時も食べた事のない種類をその時々の気分にあわせて選ぶし、カップラーメンは少し固めの方が好きだ。
また、気に入った料理屋やメニューは何度でも、それこそ「しばらくいいや」と思うまで追求してしまう。大丸ラーメン然り、一時期の納豆然り。

とにかく、おいしいものを食べる事は僕にとっては大事な事柄なのだ。
「旨い食事と表現活動は関係がある」という持論を持つ僕はスタジオの前には出来る限りおいしいものを食べてリハスタに臨みたいし、スタジオで平均以上の成果かが得られた時は皆でワイワイご飯を食べに行きたい。残念な事に不完全密室殺人の集まりはほとんどが深夜であり、なかなか行けないし行く店がないのが現状なのだけれど。

メンバーと同じ飯を食い、出来る限り同じ空気を吸った方がシンクロ率は上がると思う。

お腹が空いた。

サポートベース。

marblefish.のリハスタでベースを弾いてきた。ユキエさんが欠席故、一晩だけ弾いて欲しいとの事。

ドキドキワクワクしながらスタジオへ行き、ベースを弾いた。非常に新鮮だった。

ドラムは不完全密室殺人の神田氏であるとは言え、ほとんどの人間が音を重ねるのが初めてである。神田くんの音の感じも微妙に不完全と違った気がした。

皆さん暖かい人でグロテスクな僕のベースにも文句一つ言わずポップな音楽を奏でんとしていた。気持ちの上では僕もポップである。マッドサイエンティスト風であるとは言われたけども笑

なかなかない事だけに面白かったなあ。

創作活動。

先日、山田くんのエフェクター即売会を行いにメンバー全員でスタジオ入りしたのだけれど、気づけばジャムってた。というか弦交換をしたばかりのベースを鳴らすのが気持ちよくてリフを弾いていたらジャムになっていた。良い。

で、ジャムの勢いそのままに今までに作った曲の中から寝ッ転がしておいたものに手をつけた。前回アレンジを試みた時はどうにも曲の展開に難があって、それはそれはグダーッとしてしまった。今回はジャムの効果がいい具合に作用したのか、わりかしスムーズに作業は進んだ。

完成する頃にはまた変貌を遂げているかもしれないけれど、何かしら進んだというその事が妙に嬉しかった。

『HELLSING』の少佐の演説パロディ。

諸君 私はエフェクターが好きだ
諸君 私はエフェクターが好きだ
諸君 私はエフェクターが大好きだ

BOSSが好きだ Line6が好きだ TECH21が好きだ EBSが好きだ
ARIONが好きだ AKAI professionalが好きだ Ibanezが好きだ electro-harmonixが好きだ ZOOMが好きだ

ライブで リハスタで プリプロで レコーディングで セッションで 試奏コーナーで 新発で ソフト上で 開発室で オークションで
この地上に存在する ありとあらゆるエフェクトペダルが大好きだ

ボード内に並べられたエフェクターのLEDを一斉に点灯させるのが好きだ
ループさせたエフェクターを制御するLS-2を踏み抜く時など心が躍る

轟音の中からリバーブで艶っぽさがましたギターが煌く旋律を奏でるのが好きだ
静けさの中を女性ヴォーカルが染み渡っていくのを静聴している観客の目前でファズペダルを踏み
轟音と絶叫で全てをなぎ倒した時など胸がすくような気持ちだった

音響系バンドがエフェクターを計算し尽くした配置で並べるのが好きだ

こだわり抜かれ選ばれた各種名機のエフェクター達が個性を主張する様など感動すら覚える

ギタリストがニューヨーク製ビッグマフを踏み抜いてちゃちなアルミボディをへこませる様などはもうたまらない

うなりをあげる若者のディストーションギターが私の降り下ろした足とともに
重厚な歪みを持つファズベースの轟音に埋もれてしまうのも最高だ

高校生が雑多なマルチエフェクターで健気にも作り込んだ音に対する自尊心を
入念なセッティングを施したエフェクト・サウンドで木端微塵に粉砕した時など絶頂すら覚える

ギタリストのディレイサウンドの中で原音を見失うのが好きだ
エフェクト・リターンにアウトボードプリアンプを差し込んだにもかかわらず、プリアンプをスルーしきれないのはとてもとても悲しいものだ

愛用のエフェクターの電池が切れるのが好きだ
ライブ中に暴れすぎて、ACアダプターが抜けてしまうのは屈辱の極みだ

諸君 私はエフェクターを 地獄の様なエフェクト・システムを望んでいる
諸君 私と志を同じにするエフェクティスト諸君
君達は一体 何を望んでいる?

更なる轟音を望むか?
情け容赦のない 糞の様に長いディレイを望むか?
鉄風雷火の限りを尽くし 三千世界の鴉を殺す 嵐の様なフェイザーを望むか?

よろしい  ならばエフェクターだ

我々は満身の力をこめて今まさに振り下ろさんとする握り拳だ
だがこの暗い闇の底で半世紀もの間堪え続けてきた我々にただのエフェクト・システムではもはや足りない!!

エフェクト・ボードを!! 一心不乱のエフェクト・ボードを!!

我らはわずかな一個大隊 1000人のエフェクティストにすぎない
だが諸君は 一騎当千の音響実験者だと私は信仰している
ならば我らは諸君と私で総戦力1000000人と1人のエフェクティスト集団となる

我々を忘却の彼方へと追いやり 眠りこけているアン直主義者を叩き起こそう
髪の毛をつかんで引きずり降ろし 耳を開けさせ思い出させよう
連中にヴィンテージのファズサウンドの味を思い出させてやる
連中に発狂するようなフィルターサウンドを思い出させてやる

天と地のはざまには奴らの哲学では思いもよらない音があることを思い出させてやる

エフェクター気狂いの集団で
世界を燃やし尽くしてやる

深夜祭。

不完全密室殺人 + ハセガワアツシ氏(Planus8/レコーディングエンジニア) +藤城安紀子嬢 +有坂透氏(ALLie) + 福岡杏子嬢 + 半田翔氏(Roborovskii)でジャムセッションをする機会に恵まれた。

ツインドラム + ツインギター + エレクトリックベース/エレクトリックアップライトベース + パーカッション + バイオリン + アナログシンセという編成。マキガノくんという職場を通じて知り合った爽やかなギタリストも最初少しだけ参加してくれて嬉しかった。

間接照明の灯りを頼りにお互いの表情を読みあって演奏。あれだけの楽器が一緒に音を出す事のエネルギー、爆発力は得も言えない。俊敏性を備えた、広がりのある音楽をやれたように思う。

ああいう即興演奏の面白味というのは薄々感づいていたけれど、確信してしまった。
ありゃあ、祭だ。
尋常じゃない量の楽器と機材に囲まれて、思い思いに楽器を行き来し音を重ねる。
最高の娯楽といわず何と言うか。

書き忘れたので追記。
長谷川氏と神田くん、杏子ちゃんの4人でPARCO西館7階にあるスープカレー屋に行った。一度スープカレーなるものを食べてみたかったのである。
おいしいスープカレーにゴロゴロ入った野菜。ストレスも罪悪感も全くない食事がそこにはあった。
神田佑介
スープカレーを食べてご満悦の神田くん。

長谷川師匠
「いいものを食べた」と長谷川師匠も大満足。

旨いので一度是非食べてみて頂きたい。

山田康裕のハロウィン。

昨夜は不完全密室殺人メンバー+藤城嬢+山田弟氏+我々の友人ちゅっちゅ嬢でハロウィンパーティー。藤城宅で鴨鍋やら藤城嬢が作ってくれたキュウリの漬物やら食した。
鴨肉は独特の味がするのだが、レトルトとは言え汁が肉の味を邪魔しないような程よい醤油味で非常に風流だった。もやしをドサッと入れたのだけども、途中から大丸ラーメンを思い出してしまった。

で、実は、10月31日は山田くんの誕生日という事で皆でこっそりプレゼントを用意してましたー!

僕=山田くんや不完全と関わりのある方々からのメッセージ集
各務くん=高級マヨネーズ
ちゅっちゅさん=日本酒
神田くん、藤城さん=防寒着

防寒着は突っ込み所がないくらい普通に似合っていた。
今日の一枚は嬉しさを顔面全体で表現する山田くん。
b707dcb5.JPG

良かったね、山田くん。

疲れ果て、寝て起きたら、半田くんがいた。
「ビートルズはギャラの分け方で喧嘩した」
切ないひと言だった。

自己紹介

舟橋孝裕

Author:舟橋孝裕
愛知県在住、ベースギター奏者です。
・JONNY
・パイプカツトマミヰズ
・犬栓耳畜生
・白線の内側
 やサポートでベースを弾きます。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム