春の出会いにのっかって-各務鉄平編-

何だか最近訪問者数が増えているのは何故だろう?皆様気が向いたんだろうか?
睡眠不足は人間の体力、精神力に著しくダメージを与えるが、逆に寝過ぎでもダメージを与えると再確認した今日。

さて、では最後。我々のバンドの裏番長、各務鉄平編行きます。

大学4年生の頃である。丁度不完全密室殺人が始まる前にやっていたバンドに加入した頃の話。所属していたサークルの部会には春先という事もあって毎週フレッシュな一年生が顔を出していた。新しい出会いには無条件でワクワクする人好きのする僕は、内心「良い良い」とほくそ笑んでいた。そんなある日の事だ。
部会中、同期の落合氏(Qucumbers)が僕を呼んでいる。行ってみるとナンバーガールが好きな一年生が入ってきたとの事。気があいそうだから話をしてみたらと薦められて出会ったのが各務鉄平である。
その時は普通に音楽の話をし、あり大抵の先輩後輩関係であった。ゴイステのコピーバンドでジェームス・イハのようにギターを弾いたり、長淵剛のコピーバンドで痙攣しながらベースを弾く彼に興味をそそられたものの、彼は早速後輩のバンドに引き抜かれていったし僕は僕で動き出したばかりのバンドが忙しかったので彼と一緒に何かやろうという魂胆は別段生まれもしなかった。だが夏が過ぎた頃にはスタジオで先輩を交えて深夜まで(深夜から?)ジャムったり、宅録っぽい事を二人でして遊んだりしていた。

で、ここで絡んでくるのが前述の山田康裕である。
彼とエフェクターの売買で久しぶりに会う事となった。ラーメン屋で腹ごしらえをした後うちに来た山田くんに軽い気持ちで自分と一緒に音楽をやらないか誘ったのである。
彼と「バンドやろうぜ!」と盛り上がった数秒後には僕は自然な成り行きで各務鉄平に電話していた。「気持ち悪くて格好良いギターリストがいるので彼も引き込もう」と、軽いノリで始めた企画に優秀なる後輩を引き込もうとしたのである。
時間は深夜12時過ぎ。当然地下鉄はないが無理やり来てもらった。
電話越しで放送禁止用語を口走るくらいハイテンションの山田康裕とも無事に打ち解けた各務鉄平は、その後もサポートとして参加する事になり、春先には正式に加入する事となった。
その後、ライブが実現する運びになった折に3人でドラマー神田佑介を勧誘。彼は彼で展望が見えていたようでここに現在の不完全密室殺人が出来上がる事となったのである。
スポンサーサイト

春の出会いにのっかって-山田康裕編-

不完全密室殺人、5月の公演も決まってきております。4月のライブではまた新しい不完全の一面をお見せできるかと。楽しみにしていてください。
さて今回は山田康裕編。

大学2年の頃、それまでやっていたバンド(人生で初めてオリジナルをやったバンドだった)が活動できなくなった。ただライブの興奮と表現欲求に飢えていた僕は何の気なしにインターネットでメンバー募集を開始する。どこかのバンドが拾ってくれるか、面白い人間と新しくバンドが出来ればラッキー。それくらいの軽いノリではあったが、後々ボロが出てはまずい。ありのままを文面に綴った。

「当方音響系ベース(当時は今よりエフェクターの事をわかっていなかったのにこの言い草はお笑いだ)。眼鏡、オタク。ナンバーガールを好む。ルート弾きを好む。フレーズより音色で空間を彩るタイプ」。確かそんなような事を書いた記憶があった。よく書いたなと思う。若さというのは時に無謀にして目茶苦茶な事を書かせるものだ。

どうやら名古屋では慢性的にベース不足らしく、程なくして何通かメールが来た。そのうちの一通が山田康裕からのものだった。「既存の音楽ではなく、全く新しい亜空間音楽をやりたい」。意気込みが伝わる熱いメールだったように思う。顔も知らないその人と、僕は電話で連絡をとり今池(偶然にも家が目茶苦茶近かったのだ)で会う事になった。

待ち合わせ時間から5分程遅れてやって来たその男は眼鏡が怪しく光る、僕に負けず劣らずオタクっぽかった。

自己紹介を終えて少し話した段階で僕はやる気になっていたし、彼もそのようだった。彼の知り合いの女性ドラマーを迎え、「百鬼夜攻」(誤字ではない。山田くん曰くこの方が字画がいいらしい)とギターボーカルによって名付けられたこのバンドは動き出したのである。ちなみに不完全密室殺人でやっている曲の中に「猫娘」という曲があるのだがすでにこの頃から演奏していた。随分と息の長い曲だ。

なんだかんだで「百鬼夜攻」はライブをする事なく事実上の解散となってしまったのだが、山田康裕とはその後もエフェクターの売買やら何やらで繋がっていた。

そして、不完全密室殺人の始まりはある日のエフェクター売買に端を発するのだけどそのあたりは各務鉄平編で語るとしよう。

春の出会いにのっかって-神田佑介編-

春の訪れを感じる今日この頃ですが皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

春は出会いと別れの季節。去年までこの時期には毎年卒業式を経験したからか、近頃はやたらセンチメンタルになっていけない。そんな気分にのっかって、いや、春の「出会い」に則ってバンドメンバーとの出会いについてつらつら記そう。不完全密室殺人のHPに掲載されているバイオグラフィーみたいなものだ。

神田佑介との出会いは2年前の春にまで溯る。ベースで募集をかけているバンドがあり、メールを送ってみた所とんとん拍子で会う事になった。栄のクリスタル広場で待ち合わせをした僕の前に姿を現したのが、そのバンドのボーカル嬢とギター嬢、そして神田佑介であった。

軽いミーティングを兼ねてファミリーレストランで夕食をとった。向かい側に座った神田佑介からは途方もないオーラが放たれていた。身長は高いし腕なんか僕の推定2倍の太さだ。洒落た服で身を固めた長髪の男が無言で向かい側に座っているのだ。
小心者でヘタレな僕が怯えるのも無理はない。内心ヒヤヒヤしていた。
その時に好きな音楽、「子供が欲しい」という話で神田佑介と盛り上がったものの、以前自分の中での畏怖感は拭えないままだった。

そして数日後の音あわせの際、僕は気負っていた。人種に違いはかなりあれども(何せ神田佑介、見た目はもろに体育会系である)音楽をやる以上対等な位置に立たねば駄目だ。目をあわせるのはまだ少し恐ろしかったが僕はアイコンタクトをとりつつ課題曲を演奏した。

印象深いのがその時のスタジオだ。喫煙者2人で煙草を吸ったのだけど、未だにあの時の感覚は憶えている。

これが神田佑介とのファースト・インプレッション。
彼の腕にあるタトゥーを見てさらに怯えるのも、意外にオタク気質である事を知るのも、リズム・セクションとして意思の疎通を密にしていくのはもう少し先の話である。

ライブを終えて。

先日(3月16日)の新栄クラブロックンロールでのライブ、実にいい感じだった。

演奏中に我を忘れてしまう程興奮したのだけど恐らく僕はかつてない程禍々しい笑みを浮かべていただろう。リハーサルより大きな音で鳴らされたベースアンプ(ロックンロール井藤さんごめんなさい)から放たれるローははっきり言って制御するのに少しばかり気を使ったけれど、最近はあっという間にフィードバックするようなチューニングでアンプを鳴らしていたのでねじ倒して弾ききった。

不完全メンバーもそれぞれ興奮を形にしていたのだけど、特に各務くんは凄まじかったようだ。あの彼がギターアンプをなぎ倒すなんて!機材を破壊する事が格好良いとも思わないけれど、ギターを折ってしまった山田くんと言いあの日のライブの我々の興奮状態を示すのには相応しい逸話ではないだろうか。

活動休止期間中、不完全密室殺人が何をやっていたかというと「地獄」のアレンジとミーティングとコーラス練習とひたすらに楽曲を鍛えあげる事ばかりしていた。
「地獄」、やっと現状納得できる形で世に送り出す事が出来たのだけど非常に感慨深い。山田くんが曲の一部となるメロディを持ってきて、皆のイメージを固めるために古い邦画「地獄」の鑑賞会を催してから随分と時が流れた。

そういった意味では難産な曲だったわけだが、とりあえず落ち着いたようで何より。

studio in my head状態。

d6833750.JPG仕事後、一人でスタジオに籠る。

丁度一年くらい前まで通っていた大学に程近いこのスタジオは大学2年生の秋頃に出来たものだったと記憶している。時間の許す限り職場のスタジオに入って(設置してあるベースアンプのスピーカーが大きく、非常に好都合だった)いたのだけど、ほとんど出席しない授業と閉店まで働くアルバイトでそれもほとんど叶わなくなっていたのだ。
そこにきてこの職場から歩いて10分未満、個人練習システムがあり何より大出力のベースアンプが設置されているこのスタジオの存在は有り難かった。
よく買ったばかりのエフェクターを持ち込んでは音を作っていたものである。

今まで入ったスタジオで印象深いのは、ここと現在不完全で主に利用させて貰っているスタジオと職場(今や一番距離は近い。ここ数年練習で利用するチャンスがなかなかないけれど)と、レコーディングでお世話になっているスタジオだろう。特に最後にあげたスタジオは先輩から色々教えて貰ったり、サークルの練習で利用したり、ついには働いている先輩に恋愛相談にのって貰ったり学生時代の思い出が詰まっている。

こうやって考えると名古屋は本当にスタジオが多い。未知のスタジオは多いし、気付かないうちにどんどん増えていく。

練習するバンドマンも大変だ!

時間が過ぎるのを楽しんだ夜。

昨夜、ふっとヒゲさんのバーへ行った。
千種の線路沿いに存在するそのバーへは今まで親しい人と連れ立っていく事が多く、一人で行くのは初めてだったので少しだけ緊張していたのだけど。

杞憂に終わった。
ヒゲさんが葉巻を薦めてくれる。興味を抱いていた事だけに有り難く頂戴する。
楽しみ方等を教わりながら葉巻を楽しんでみた。いい感じだ。煙草の感覚とは違い、吸うというかふかすというか、「楽しんでいる」と言うのが一番近い感覚。
ほんの数回訪ねただけなのに僕の体質を理解してくれているのだろうか、ヒゲさんは巧みに僕が楽しく酔えるお酒を出してくださった。

そのうち素敵な男性が。人間としての深みを渋さとして発散するような、そんな温厚そうな男性だ。
男性の行為でまたまたシガーを頂く。これまた深い味わい。なかなかに高級なものらしく心して味わう。
「ラムと一緒に楽しむと、もうこんな感じだよ」
その方はそう言いながら舞い上がるような仕草をされた。

ラムとシガーの楽しみ方。
シガーを吸い、煙を全て吐き出さず口の中に残したままラムを飲む。
ラムとシガーの相乗効果で天国のような気持ちになれる。
ラムの入ったグラスに、シガーの煙が少し残るのだけど、それがまるでラムが冷たい煙を出しているかのようで非常に幻想的で美しい光景だった。
その後、その男性、佐藤さんと言っただろうか、その方が教えてくださった。
シガーと映画、海外のミステリーや小説との関係。
昔のミステリーでは、葉巻の灰から吸った人物の性格を推理し事件解決の糸口とするなんて粋な演出があったそうだ。
敬愛する刑事コロンボでも警部は常に葉巻だし、証拠品として葉巻が登場する事もあったなあ。そう呟いた僕に佐藤さんが切り返す。
最近のコロンボは条例の関係であまり喫煙シーンがないね。ありゃ咥えてるだけだよ。
確かに。

最高の時間が過ごせた。
本当にいい夜だった。

続・新兵器。

5e623d3a.JPG導入したばかりの新兵器だが、やっと感覚が掴めてきた。少しずつ触るのが楽しくなってきて複雑な機能も把握できてきたのだけど、ゆっくり時間をかけて慣れていったペダル程長く愛用しているという過去の経験から言うとこれはいい兆候だろう。

最近は同じペダルのオーナーに誰がいるのかネット検索で探し回ったり非常に楽しい時間を過ごせている。

そんな中、今日の事。
仕事中に売り場を歩いていると目に入ったものが。BOSSのコンパクトエフェクターを紹介した販売促進用のDVD。
恥ずかしながら今までまともに目を通していなかったので帰宅後ゆっくり観てみた。

メニュー画面からベース用エフェクターのチャプターを選択し、wktkしながら観ていると、キター!

大変参考になりました。
やっぱメーカーが作っただけはある。そのままデモ演奏、有名ギタリストのインタビューと楽しみながら観てしまいました。

余談だけど、デモ演奏をしていたベーシスト氏(名前を失念。有名な人だったはず)が大学時代に教えを乞うた師匠にどことなく似ていて親近感が湧いた。

新兵器、到着す。

4ecafdb2.JPG早起きして職場へ行き、ベースの弦を張り替えた。指板とボディを拭いて、ブリッジサドルを支えるパーツをかえた。今まで出っ張ってて手に当たっていた。手が裂けて血が出るのでどうにかせにゃあと思っていたのだけどやっと改善出来た。

で、新兵器を導入。
BOSSのSYB-5。ベースシンセ。銀色の愛しいあいつ。
一踏みすれば極悪としか形容できないベースシンセサウンドが飛び出す。

こいつぁいいや。非常に具合が良い。第一線で使っていこうと思う。

自己紹介

舟橋孝裕

Author:舟橋孝裕
愛知県在住、ベースギター奏者です。
・JONNY
・パイプカツトマミヰズ
・犬栓耳畜生
・白線の内側
 やサポートでベースを弾きます。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム