さあさあ皆さーーーーん!観念と勢いだけで書いてみますよー!

色々あって気持ちがな内省的になりがち、だ。
今向かい合って話している人間の腹の内が見えてしまうからこそそいつが僕に本音で話しておらず、何かを隠している事がわかる。残念なのはそいつが何を隠しているのか、そしてそれをどうすればいいのかわからない事だ。
だから僕はそんな時、ただただ今まで通りに接する事にしている。この、目の前で僕を拒絶している人間は僕という人間との交流を自ら絶った勿体無い人なのだと感じつつ、話す。人と人が繋がるって事は偉大な奇跡だとかそんな事を言いたいわけではなく、生まれた瞬間から死ぬ瞬間まで孤独で唯一でしか在り得ない我々が少しでも心の交流を交わすというのは相互にとってメリットがあるはずなのだ。

具体例を提示しよう。貴方と僕、フナハシタカヒロはいつかどこかで会って話をしている。話の内容は「真の平和とは何か」という方向に転がり出した。多少酔っ払っている僕は調子よく「誰にとってもの平和等在り得ないし、各国間が常に適度の緊張状態にあれば少なくとも戦争は起きない」だとか「各国が手を取り合わないと戦えない強大な敵、例えばそれは外宇宙からやってきたエイリアンでもいいかもわからんね、そういう“もっと悪い奴”が現れれば劇場版のジャイアンのように情に深い国ばかりになるよ」等と貴方を呆れさせるような事を言った、とする。

貴方は「目の前のこの男の知性はこんなものか。この男はその程度の知性でこのような妄言を、至極真っ当だと思って振りかざしている。愚かな」とか「この男は明らかに酔っている。酔った勢いでこのように論理を振りかざすべきではないし、真摯に話し合うべき内容をこのように論じるのは不愉快だ。この男は不愉快極まる」等と僕に感想を抱くかもしれない。

だが、それでも僕と心を開いて話をするメリットはある。

自分にない相手の考え方を知る、というのは一番わかりやすいメリット。例え目の前の僕が愚か者でも、世の中の愚か者の意見の一例を目にしたと思えばまんざら悪い事ばかりでもないだろう。

次に、交友関係が広がるというメリット。

僕と話をした数ヵ月後、貴方は大掛かりなパーティーないしはコンパのようなものに出ているとする。貴方は友人と出席していたのだがその友人は他の友人と話しこんでいるか、それとも気分を悪くしているかとにかく席を外しており貴方は一人ぼっちだ。貴方は酷く居心地の悪い思いを強いられている。
そこでひょっとすると貴方の対面に座っている男性が山田くんかもしれないし、貴方の左隣に座っている人間がフナハシタカヒロの働いている楽器屋に行った事があるかもしれない。その僅かな接点でも我々は会話のオカズにする事ができるし、そうしている間に貴方の友人が戻って来ないとも言えないだろう。

以上二点(他にも諸々存在するのだろうけど、この場では割愛。慎み、という奴は美徳ではないにしろ、大事だとは思う)により、貴方は途方もなく下らないフナハシタカヒロと交流を持つ価値はある事がご理解頂けたのではないか、と思う。
だがね、本記事の本質的な意味はそんな事ではない。フナハシタカヒロが下らない人間であるという事ではないし、こんな事をつらつら書く僕が下らないというわけでもない。あまつさえ「人と人とは手を取り合っていくべきだ」等という事でもない。

結局、僕は僕を拒絶する人間が大嫌いだし、そんな奴は唾棄した上で嘲笑してやる。だけども僕自身心を開いて人と接するべきだし、何よりも僕を含めた皆、もっと楽に生きればいいんじゃないかって事なのだ。
スポンサーサイト

体調狂い。

一旦治ったと思われた体調だが、また崩れかけてきた。
喉の痛みに加えて微妙に体がだるい。危機感を感じたので夕食はご飯を三杯おかわりし、フライもモリモリ食べた。食欲があるのは良い兆しである。旨い飯を栄養補給のためにモリモリモリモリ喰らった。

で、寝る前には薬と栄養ドリンクを体内投与。
あっという間に眠くなり10時間近く寝てしまった今、寝過ぎで体の様子がおかしい。
悪いというわけではないのだが、何というか普通じゃない。
エネルギーが余っているのか、体よ。だからここの記事もこんなに切れ味がないのか。

それがどうなのかはわからんが、とりあえず今夜の練習は無駄に体力を浪費する方向で進めてみよう。

今夜もよく眠れるはずだ。

一旦壇上へあがったら私は踊りきるぞ

練習から今帰ってきた。お風呂も入ったし布団にくるまってライトノベルでも読もうかと思っていたのだけど、ちょっと書きたくなったので更新。

今日の練習において「ノリを出さんといかんよね、ノリを」という事に気付いた僕達はノリを出さんと意気込んでいた。が、色々と試行錯誤した結果意気消沈。危うくナーバスになりかけた際に僕達を助けてくれたのはエヴァンゲリオン。

「“瞬間、心重ねて”だ!」
全員でステップを決め、踊りながら演奏したところ明らかに違う。
というわけで今後もこれやってきます。体力作りにもなるし。やはり汗をダラダラかきながら死にもの狂いになって音を鳴らした方が凄味のある音が出るし。

踊り続けるぞ!

大学教室でのライブ。

何度目だろう。更新をさぼってそれを悔いるのは。毎回毎回同じ事の繰り返しなのだけれど、ここには誠実な記録をつけていきたいと思っているので雑文を書くよりは書きたい時に書きたい事を書いた方が良いような気もしている。
ただそれではここを訪れてくれている方々に申し訳が立たないので可能な限り書いていこう。毎日書く事で文章能力も向上していくだろうし。

昨日は学生時代に所属していたサークルのライブに参加してきた。新入生でサークルに入ってきた頃からよく一緒にバンドを組んでいるタナエリ女史(不完全密室殺人のミニアルバムでナレーションを担当してくれている)が「ベースを弾かないか」と誘ってくれたのだった。メンバーは不完全密室殺人の各務くん(彼も現役生なのだ)にアツシ・ハセガワ氏、これまた一緒にバンドを組ませてもらったうっちー嬢に僕というメンバー編成。

アツシ・ハセガワ氏とのリズム・セクションは一体今回で何度目となるのだろうと思いつつ、それを言い出したら他のメンバーとも一緒によくやっているなという事に気がついた。気心の知れたメンバーとQueenとABBAのコピー。
練習の甲斐あってか本番は我々一同大いに盛り上がった次第。客席側は観ていないので皆のリアクションはわからなかったのだけど、後から後輩達に「良かった」と言ってもらえて例え先輩をたててくれているのだとしても嬉しかった。
事実、非常に楽しかったのだからまあ良いじゃないか。

メインで使っているYAMAHAのベースが故障、修理中だったので最近はFender Japanのプレシジョン・ベースを使っている。ドクターイエロゥのレコーディング当日に色々な理由があって導入されたものなのだが、その独特のモッサリ感が苦手でしばらくお蔵入りしていた。だけども引っ張り出してきて調整して使ったところ、存外に良い。
Fenderはネックが弱いものが多いのだけど、そんな事は気にせず「演奏に支障が出てきたらメンテナンス」ぐらいの気持ちで神経質にならずに引き倒そうと割り切っている。そう割り切って使いだしてからは愛おしくて仕方がない。自分の精神衛生込みで『頑健な楽器』というイメージ。独特の音色も相まってか「弾き倒す」という言葉が相応しい楽器だ。今後も使っていこう。

おっといけねえ、楽器の話になるとついつい長尻になる。気をつけなくちゃ。

ライブが終わって

最近は楽しそうだと学生時代からの親友に言われ、振り返ってみるとここ最近ずっと楽しい。世の中には不愉快な事って沢山あると思うのだけどそれよりも先に楽しい事の方が先にくる自分の近況って何てお気楽で幸せなんだろうと思ったわけで。

で、不完全密室殺人、4月の公演が終わりました。お越しいただいた皆様ありがとうございます。
出演バンドの中で一番活動暦が短いにも関わらず出番はトリ。
前回といいライブハウス側からの何かしらのパスであろうと思い(深読みし?)やる。

正直、今回は絶好調ではなかった。バンド全体としても課題が浮き彫りになったライブであろう。今回のライブを観て喜んでくださった方もいれど、やはり『結果オーライ』という判定にしかなり得ない。それはメンバー全員が感じたところで、反省会でそれについて話し合った所、いい具合に今後に繋げる事が出来そうだ。
実はお酒を呑みながら話したり、皆でご飯食べながら話をしたりするよりも我々の場合は「さあ、今から話し合いをやりますよ」とかしこまった方が有意義な話し合いが出来る場合が多い。今回のライブで得たデータ、サンプルを分析し今後の活動に繋げていこうと記録した次第です。

今回の不完全はちょっとイマイチだったな、という方。
今にみておれでございます。二度としまい。

今回不完全を観て喜んでくださった方。
これからも楽しみにしててください。今よりも。

そんな覚悟と腹を括って活動していこう、と考えた。
反省会翌日は大好きなQucumbers企画「オトイロレシピ」へ。
途中参加ながら実にいいイベント、バンドである。人柄が滲み出る音楽っていうのはリスキーでありながらも、彼らの場合滲み出てきて窺い知れる人柄までもが嫌味が全くないものだからとにかく好い。実にピースフルで実にハピネスな音楽。
5/17に一緒にやるのだけどちょっとこれは楽しみ過ぎるわけです、よ!!

音楽への好奇心。

a5b5079a.JPG僕がブログに書いて楽しいのってただひたすらに抽象的な文章だったり楽器の話だったり体験した稀有な出来事だったりするのだけど、三つめはなかなか体験しないから稀有なわけであって書く内容は自然と一つめと二つめに偏る。
別段それが悪い事だとも思わないけど、楽器や機材の話を延々と書いた所で興味のない人にはちんぷんかんぷんだろうし、何よりブログとしてそれってどうなのさとも思うのだけど、結局は書きたい事を楽しんで書くのが一番だろうから気にせずこれからもちょくちょく書く事にする。

だけど今日は楽器や機材の話は書かない。今夜は本当に「日記らしい」日記と言うか、雑感等を書いてみようと思うのだ。

日々生活していて耳にする音楽は数多く、それらの中には一聴して「これは!」というようなものが数多くある。もしくは自分の中に突然「~ブーム」とも言うべきものがあってそれがある日突然爆発する。そんな風に音楽を聴く事への欲求を感じるのだけど最近は色々と聴きたい音楽が多い。

まずはaikoの新譜。有線で耳にしたのだけど、名曲。メロディが切なくて、でもどこか懐かしい。「ア~ウ~」って奴ね。あれ聴きたい。

あとはキングクリムゾンやTOOLを聴きたいのだけどこれらはここ最近一気に好奇心が爆発した。

僕にはリスナーとしての語彙力が本当に欠如しているのでもっともらしいレビュー等書けやしないのだけどね。

あー目を閉じると頭の中に高校時代の担任の先生の声が響く。体が睡眠を欲しているようなので続きはまた次回。




あるのかな、次回。

ブログブログブログ。

さあさあさあ!

そういえば不完全密室殺人、6月に初遠征に行きます、よ!
活動開始から丁度満一年、初遠征です、よ!

楽しみだ楽しみだ楽しみだ楽しみだ。
色々食べてガッツリやりたいと思っています。

がその前に10日のライブと5月のマイカー共済のイベント、ガッツリやります。


よ!

自己紹介

Author:舟橋孝裕
愛知県在住、ベースギター奏者です。
・JONNY
・パイプカツトマミヰズ
・犬栓耳畜生
・白線の内側
 やサポートでベースを弾きます。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム