髪。

それは一種の偏執狂のようなものだったのでしょう。
三條瓦戸井助は幼子の頃から女性の髪の毛へ並々ならぬ執着を見せたのでした。

当時は今ほど美容院や散髪屋はありませんでしたし、何より彼の両親は「散髪に金をかけるくらいなら切ってあげますよ」と言う程の人物であったので、当然戸井助や彼の姉の散髪は彼らの母親の手による時が多かったのでした。

血管が浮き出る程色白の母の手が散髪用の鋏を姉の髪の流れに潜り込ませ、その美しい黒髪を断つ瞬間こそが最も戸井助を興奮させました。チョキンと、時にはジャキンと音をたてて両の刃が収まって、光沢のある黒髪の束がさらりと床に敷いた新聞紙の上に落ちる。半年に一度程度の頻度で目にするこの光景を戸井助は愛し、姉が髪の毛を切られる瞬間には日頃興じていた鬼ごっこや路地裏の探検もひどく味気無いものに思われるのでした。

「まったくお前は変わった子だねえ」
母と姉はそんな戸井助を面白くて仕方がないといった風情で眺め、ホホホホと笑いました。

ぜんたい、女性の髪の毛には魔力が宿るとものの本には書いてあったりしますが、しなやかな黒髪には何か宿っているのでしょうか。その美しさ、香しさ、因美さは戸井助少年を惑わせ、そして今なお戸井助は髪の毛の魔力にとり憑かれているのです。

実際のところ、戸井助が交際しているタエ子にしろどこが一番の魅力かと言われたら髪の毛なのです。友人達は「一体全体三條瓦はどうしたんだ。タエ子ときたら別段器量よしなわけでもないし性もよくない。あいつのどこに惹かれているのか」と口を揃えるのですが、戸井助からするとタエ子の鼻梁が曲がった鼻筋も、何かにつけて人に指図したがるその性格も大した問題ではなかったのです。

ああ、俺にはこの髪の毛が必要なのだ。この髪の毛は麻薬だ。俺の心のヒダにまで入り込み、俺をしばりあげ、俺をとらえて話さない。

戸井助はタエ子の髪の毛に顔をうずめてはホゥと溜息をもらすのでした。
スポンサーサイト

僕ッ娘

0acc20f8.JPGいやもうたまらん。
佐々木可愛いよ佐々木。

目出度い。

友人に春が訪れました。頑張った成果だね。おめでとう!
あーそれに引き換え僕はと言えば。ハレもケもない。恋人と呼べる相手がいるのは良い事なんだろうけど羨ましいのはそこではない。精神活動に於いて何らかの刺激があるのが非常に羨ましい。今の僕にはバンドという刺激はありはするものの、私的な所では何もない。心を揺るがすような動揺もなければ浮き足立つようなトキメキもありはしない。

だけどもそれが反骨精神となって今の僕の一部になっているのもまた事実。良しとしよう。

明日届きます。

いや、あはははは、ついに注文しちゃいました。
KING CRIMSONの「USA」。ライブ盤の方が基本的に好きな僕としてはクリムゾンのライブ盤は外せないだろう、と。「21世紀の精神異常者」のライブテイクが非常に楽しみだ。

なんか最近クリムゾンばっかね。マイブームって奴か。
今日は大人しく夜フラフラ出歩いたりしなかった。

最近は肩の力を抜いてゆるーい日記を書いてばかりだなあ。

運動。

最近夜中のドライブに連れていってくれる友人がいる。彼女らとQucumbersのほそちんさんと公園巡りをしてきた。
滝の水公園という住宅街の真ん中にある小高い公園がある。ちょっとした高台になっており、夜景が非常に綺麗だ。そこのブランコで遊んだり砂場で相撲をとったりした。久しぶりの運動。
次の公園は天白公園。敷地内に池を有する広大な公園。遊具が充実しており童心にかえってワイワイ遊んだ。深夜の公園は人気がなくて気兼ねなく遊べる。
良い運動になった。

太陽と戦慄。

キング・クリムゾンの「太陽と戦慄」のリフ、これまた最高。最近聴いている音楽と言えばキング・クリムゾンだ。刮目させられる。なんていう音楽だ。

仕事後、友人宅でのタコ焼きパーティーに参加してきた。今度共演するpiggyの2人も参加していたのだけど、本当に面白い人達だ。まっちくんは最近やたら会ってる気がする。

あー美味しかったし楽しかった。

夜食。

f1b1200d.JPG小腹が空いたので夜食を自ら作って食らった。

以前インターネットで見て気になっていた「納豆トースト」に挑戦。作り方は簡単、トーストを焼いて納豆をマヨネーズとタレであえたものをのせるだけ。お好みで味付海苔等を敷いても旨いらしい。あとはとろけるチーズをのせて焼くとか。

納豆は好きなのだけど、それがトーストの上にのっているとなると想像しがたい。だけども意外に味は普通だった。納豆もろとも焼くと匂いと味がきつくなると聞いたので次回はそちらを試してみよう。

歪みとベース。

最近は専ら歪んだベースがマイブームだ。
愛用のSONYのウォークマンで歪んだベースの曲ばかり再生して楽しんでいるし、YoutubeでThe Whoのライブ映像を観、ジョン・エントウィッスル氏の過激に歪んだベースを堪能している。

僕の場合定期的に歪みブームという奴はやってきて、その都度色々と買い漁ってきたわけなのだが、最近はTS9DXのお陰でそんな熱病のような時期も幾分穏やかに過ごせていた。

だが職場にあるメーカーの営業さんがやって来て事態は激変した。氏はいつも名古屋に来る度に面白いペダルを持って来てくださるのだが、今回は今回で素敵なベースファズを携えて名古屋入り。ちょっと音を出しただけで自分の求めていたファズサウンドだと感じてしまった。どれだけ歪ませても「原音らしさ」を感じさせる音は消えずに残っており、ギターやドラムの金物と闘っても十分に渡り合える予感があった。

今まで僕は営業氏がもたらしたペダルを幾つか購入してきたのだが、今回もその誘惑には勝てないだろう、と半ば呆然としつつ確信してしまったのだ。

気持ちを落ち着けようと所有しているファズペダルを持ち出してスタジオで爆音で鳴らしてみたのだがやはり違う。サウンドの芯の残り方が全く違う。渇望している。あの音が欲しい。あの唸りをあげるファズサウンドを自分のものにしたい。リフをガツガツ弾きたい。そう思ってしまったのだ。

結局僕はそのペダルを買う事にした。手元に来たらまたここにインプレを書く事になるだろう。

ご期待下さい。

遊戯。

山田くんが体調を崩した。疲れがたまっていたのだろうと推測する。元々我々4人、皆体が弱いのだ。
風邪で一日寝込んだようだけど、元々あまりゆっくりしている気配のない人だけに、この機会に体の疲れや不具合を調整できれば良いなあと思う。

さてそんなわけで今日の練習は山田くんを除いた3人不完全。文字通り不完全な不完全密室殺人での練習となった。折角の機会という事で各務くんは新兵器を弄っていた。僕はというと新しい歪みペダルを導入するかの検討会。

スタジオ後は我々がお世話になっているスタジオで働いている半田氏と、お店を訪れた藤城さんと我々3人でビリヤードをしに行った。

学生時代に一度くらいは経験があるがほとんど素人同然の僕に、親切にルールを教えてくれた皆に感謝。物怖じする事なく気持ち良く球を突いた。迷って突くと球もいい具合には転がらない。迷う事なく真っ直ぐ、突く。
軽くハマッてしまいそうである。

実に有意義な深夜の遊戯であった。

My Generation.

不完全6月公演用のナレーション録りをしてきた。
メンバーが全員揃うまで山田康裕とyoutubeでThe Whoのライブ映像を観ていたのだけれど、彼ら凄いね!

ジョン・エントウィッスルのベースはギンギンに歪んでいるしキース・ムーンのドラムは破天荒にも程がある。素晴らしく歪で整合性のとれた無駄のないリズム・セクションだ。多いに学ぶものがあった。

エフェクターもそんなにない頃だし、音色を切り換えているわけでもないのだけど緩急がついた楽曲。しかし一番グッと来たのはメンバーのたたずまいとパフォーマンス。初期衝動を体現したかのような演奏に感じ入ってしまった。
山田康裕はと言うとライブ終盤のピート・タウンゼントのギター破壊に多大なる感銘を受けた様子。ギターを使った“曲芸”の研究に余念がない彼にとってその振る舞いは大いに刺激になったようだ。

しかし目茶苦茶格好良かったなあ。

21世紀の精神異常者

5b24b55d.JPGキング・クリムゾンの話をしよう。
とは言っても荒木御大の漫画に出てくるスタンドの話ではない。ロック史上にその名を残すプログレッシブ・ロックバンドの話だ。

かねてから不完全密室殺人はプログレの影響を指摘されてきた。が、メンバー中に誰一人としてプログレを愛聴する人間がいるわけでもない。各務くんあたりがさり気なく聴いているのだろうけれど(事実関係を確認したらその通りだった)、誰一人として「クリムゾンがさぁ…」とか「グレッグ先生が…」とか言うわけでもない。
お客さんからプログレテイストを指摘され、とりあえず聴いてみたのだキング・クリムゾン。

一気に影響とかプログレがどうのとかどうでもよくなった。何なんだこの格好良さは。「21世紀の精神異常者」の豪放さ溢れるリフ。無類のリフ好きの僕にはストライク。やられた。

全曲聴き通そうとしたが、どうにも「21世紀の精神異常者」と「レッド」以外は聴く気にならない。てかその2曲良過ぎ。とりあえずこの2曲を阿呆程聴く。

熱心なリスナー諸兄からは叱責を受けるかもしれないが格好良さに耽溺してしまった僕には無駄である。

「21世紀のスキッツォイド・マン」という改題(差別用語云々の関係らしい)は間違っている、と断言する。

有事の際の危機管理。

タイトルは物々しいけれど書く内容は結局今日のライブの事だ。

今回のライブは盟友(と勝手に思っているバンド)Qucumbersと一緒だった。個人的に今まで幾度か共演した事はあれど、不完全で対バンするのは初めて。不完全一同好きなQucumbersという事もあってメンバーもそれぞれフロアで楽しんでいた様子。
何か泣きそうになってしまったよ。本人達は何て言うかわからないけれど、感情のこもった音楽を丁寧に丁寧に鳴らしていた。ボーカルギター位田くんの笑顔が非常に印象的で、それがバンドの暖かい空気を端的に表していた。
染み入ってくる音で好きな曲を梅酒の水割り片手に飲む「贅沢」。あんなにいいライブを観せられたらこちらも必要以上にやる気でやるしかないじゃあないか。

というわけで意気込んで出陣。感情的になりつつも冷静に周りが何をしているか把握しながら演奏する。と言えたらいいのだけど実際はまだまだだ。現状の僕に出来る事は反射神経で音を鳴らす事。少しずつ他のメンバーの事を考え、鼓舞したり援護射撃をかましながら演奏できるようになっていきたい。

最後の曲、最後の最後で上手ギター各務鉄平の音が出なくなる。突然の機材トラブル。ライブという何が起きてもおかしくない状況で有事の際があるとしたらこんな瞬間だ。どうするのか、と心配する間もなく各務鉄平は動き出した。とり憑かれたように、手負いの獣が暴れまわるかのようにステージ上を転げ回り、体でフラストレーションを表現する。とその瞬間、ベースの音も出なくなった。どうやら各務くんに引っ掛かってシールドが抜けてしまったらしい。

ステージ脇に駆け出して、前回公演で使用した首から下げるライトと頭にくくりつける懐中電灯を装着してステージに舞い戻る。ライトを灯してフロアへ飛び込んだ。

あれがベストだったかはわからない。だが少なくとも予防策で備えてもなお発生してしまったあの機材トラブルに対処するのに「最悪ではなかった」選択肢だったのではないかと思う。

あの写真を見て思う事。

「僕には青春はなかった」
と以前書いたが、厳密に言うと
「僕には青春を青春らしく感じる感受性がなかった」
だ。

夏の匂いを夏らしく感じてしみじみする事はなかったし、学校行事をイベントとして捉えて感受性を刺激される事もなかったように思う。
青春映画やドラマ、友人達の過去の写真を見て涙ぐんでしまうのは嫉妬も入り交じった感情なのだろう。

だが僕は代わりに嫉妬や憤怒、そして反骨精神を手にした。
それが今や僕の原動力であり、僕の出す音や気迫になっているのは間違いない。
恐らく僕が羨むような人間達と僕の感性は根っこからして違うのだろうけれど、それも吝かでない。

だから僕はこういう人間なのだ。

頭髪。

髪の毛を切った。
いや、この表現は正確ではないな、正しくは“刈った”だ。

舟橋孝裕この世に生をうけてはや23年、今までこんなに短くした事はない。髪の毛にバリカンが入る感覚の新鮮さ、よ。今までに味わった事のない感覚に恐れおののき、同時にワクワクした。

事の顛末はこうだ。
かねてから坊主頭というものに憧れを抱いていた僕は先の冬頃から身近な坊主頭衆に「坊主頭とは如何なるもんか」という旨を訊いていた。皆等しく良い塩梅であり、不完全密室殺人の山田康裕などは頭を坊主にした頃からツキがまわってきた。賭け事は連勝、彼は髪の毛と一緒に憑物を落としたかのような具合。

そんな坊主頭の友人達に触発されたわけではないのだが、先日職場への道すがら「今日中に頭を刈るしかない」という考えに支配された僕は仕事終わりのその足で理髪店に駆け込んだのである。

職場の社長も散髪に訪れるその店の店主に坊主頭を所望すると店主氏「接客業なのにそれはまずいのではあるまいか」と。

その通り。という事で学区内の小学校の校長先生もしているというスポーツ刈りにして頂いた。

周りからは「一気に老けた」とか「ヤクザ者の息子」とか「新人演歌歌手」とか「見るからにキ○ガイ」等と好評である。
僕自身の感想としてはこう申し上げておこう。新感覚に早くも病み付きである、と。

「血走る三つ灯(め)」が出来るまで。

父の誕生会&スパイダーマン3鑑賞会と充実した日の翌日がライブ。心身ともに満たされて演奏できた。

不完全密室殺人第9回公演「血走る三つ灯(め)」が終了した。お越し頂いた皆様、ありがとうございました。
今回はマイカー共済企画に呼んで頂き、非常に豪華な面子の中へ参戦。ガッツンガツンに楽しんだ。巨乳まんだら王国のエンターテイメント性、カリスマ性が印象的。

さて今回我々が取り扱った脚本、ご覧になられた方はわかって頂けたと思うのですがあの「津山事件」を元にしたもの。横溝正史が話を聞いて「八つ墓村」の題材にした点からもわかるように、昭和犯罪史上類を見ないこの大量虐殺事件は当時の山村の持つ風習、性質等端的に表している。夜這い、結核、徴兵試験、様々な“その時”でないと出揃わない要因が揃ってしまい起きた事件。僅か数時間で30人を殺すというまさに鬼のような所行を僕が始めて目にしたのは僕がまだ幼い頃。夜九時からのTV番組であった。20世紀の偉人、有名人にスポットライトをあてて一時間で紹介するこの番組、その日の放送は津山事件の犯人、都井睦夫を扱ったものだった。頭には2本の懐中電灯、首からは自転車用ランプ、日本刀に猟銃、学生服。殺人鬼の異様ないでたちは幼い僕の心に焼き付いて離れず、津山事件はその後も心に残る事となる。

そして少し前のある日。深夜帰途につく中、酒の入った頭に突然一つの光景が浮かんできたのだ。それは学生服を着て頭に二つの懐中電灯をくくりつけ、首からは灯りを下げた男が返り血を浴びた顔で日本刀を振りかざす姿。その姿はすぐに山田康裕に重なり、僕はすぐさま彼に打診したのだ。

「次回公演で頭に懐中電灯をつける気はないか」と。

下調べの後、津山事件を題材とした本公演の脚本が書き上がったのである。

肝心の演奏も感情たっぷり、表現欲求の塊となれた。前回のライブでの反省点を活かして行えたと思う。

メールの顔。

ただ眠いだけなのか体の具合が良くないのか判然としない一日だった。

youtubeで母檸檬(最近愛聴している)のライブ映像を観ていたのだけどやはり良い。ドラムは以前観たヤング100Vの成瀬晃一氏。やはり氏の存在感は圧巻。スティック回しが華麗。そして何よりあの太くて長いスティック(としか形容のしようがない)はインパクトあり過ぎである。
良いものを観た。

ところでふと「自分が他人に向けて送信している携帯メールはひょっとすると相手の気分を著しく害しているんじゃないか」と不安になった。というのも絵文字や顔文字を使わない僕のメールでは感情を表現する術は「!」や「?」そして(笑)、それと行間から滲み出るものしかないからだ。僕にメールを送ってくる男性諸氏はほとんどが「。」等の句読点さえも打たない人間が多いというのに何故僕は今更そんな事を気にしているのだろう。

それはきっとあれだ。僕の周りの人間は文章だけで感情の機微を表現できるのだ。僕は常に淡々とメールを打っているのでこんな文章になっているのかもしれない。

もうほんっとにつらつらと書く。

中身はライトで気軽に読み流せて「ほぉ」といった口当たりのものと、一回一回がヘヴィで含みのある「うむむ」といった感触のもの、僕のブログはどちらに転がっていくのだろうか。

このブログという奴は非常に便利で面白い。何て事はない、物凄く軽い気持ちで登録してみて気づいたらこんなに書き綴っていたこのブログ。当初は「飽きたらやめちゃえばいいやー」とか考えていたのですが今や僕にとってここは結構大切なものかもしれない。
例えばある日突然ここが消えたら僕はかなり落ち込むだろう。

自分マニア(そんな人種についてはいずれ言及する事もあるだろう)な僕は日々の記録をこうして残していく事に快感を感じるし、その時何が起こっていたか、何を思っていたかが行間から立ち上ってくるのを味わうのが好きだ。

このブログを書いているのは紛れもなく僕そのもので、一日たりとも僕以外の人間は文章を書いていないのだけど、それだからかざっと目を通すとそれを書いた当時の事が非常に懐かしく思い出されるのだ。もっともっと書いて書いて積み重ねて数十年後に泣きながら読み返したいなあと思う。

閑話休題。とにかくこのブログって奴は役にた、立っている。
最近はめっきり頭の中に浮かんできた言葉を書き付けるばかりで僕の日常について書いていない。これではこの先の僕も「この頃何をしていたか」思い出すのに骨がおれるであろうからして、最近の事を記す必要性を感じるものである。ある。

近頃の僕はここを読んでいればわかると思うのだけど頭の中で色々と考えてしまっている。それは人との距離のとり方だとか嫌いな人間との関係の始末の仕方だとかそういう事だ。ネガティブな方向での思索なのであまり気持ちの良いものではないのだけど僕みたいな人間はこういうのを養分に表現活動をしようとしているのもまた事実。
あとは今度のライブの準備に余念がない。昨夜は新栄にあるサンセットストリップというライブハウスに進行表とセッティング表を持っていった。各務くんと待ち合わせて車で行ったのだけど、最近とみに彼が昭和っぽい。昭和の文学青年って感じだ。
彼は昭和生まれなので昭和らしいのはもっともなのかもしれないが。
で、サンセットストリップでスタッフの方に進行表とセッティング表を渡した。未だに受付より中へ入った事がない。出不精な僕はライブハウスへ出かけるのもなかなか機会に恵まれず、毎日の仕事がそれに拍車をかけるのだ。ライブハウスという環境の特殊な空気、CDでは聴こえてこないような低音が大好きなのだけど。
で、パチンコをしていた山田くんをひろって山田くんちへ。山田くんがからあげくんをくれた。粋な男だ。彼も僕と同じタイプの人間なんじゃないかと思っている。謝辞やそういった気持ちの表現の仕方とか。ところで改行されていなくて読みづらい文章は結構好きだ。お得感が違う。

作業は夜中まで続き、疲れて多少ナーバスになったけれどよく寝て今は気持ちもスッキリです。流石にこれだけ書くと疲れるのだなあ。

自己紹介

舟橋孝裕

Author:舟橋孝裕
愛知県在住、ベースギター奏者です。
・JONNY
・パイプカツトマミヰズ
・犬栓耳畜生
・白線の内側
 やサポートでベースを弾きます。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム