ツインベースと転送ソフト。

16bc91c7.JPGG-FIGHTERのスタジオに入ってきた。ツインベースとドラムの織り成す音像。空間。10月のライブに参加する。
不完全密室殺人の曲に変拍子は全くと言っていい程登場しない。それに対してG-FIGHTERは楽曲ほとんど全てが変拍子。苦戦を強いられる。前回のライブの後半、拍を見失ったまま15分間ベースを引き続けたのは苦い思い出だ。今回は同じテツは踏むまい。本家G-FIGHTERな方々は「慣れだよ」とおっしゃっていた。習うより慣れろ。今日の練習で若干、5拍子に慣れた気がする。

話は変わって。
明日の夜に名古屋を発って長野県に向けて出発する。神田佑介とちんさん(Qucumbers)の男3人旅だ。最近不完全で長距離の移動をする際は僕が車内DJを担当している。気の向いた音楽を気ままにかける、統一性のない選曲をBGMにして我々は移動するのが常となっている。

キング・クリムゾン、中島みゆき、ナンバーガール、平野綾、メタリカ、マッコイ・タイナー、盟友達の音源等々、本当に気分次第で曲を流す。曲によって会話のネタになったり曲の雰囲気から新たな発想を得たり、さり気ないようでそれなりに大事な役職である。

だから僕のデジタルウォークマンは日々曲が足され、再生されない曲は削除されていく。

ウォークマンに曲を転送するソフトが11月以降バージョンアップされないそうで、新しいソフトをインストールした。初期化した本体ハードディスクに曲を改めて転送する必要があるようで、約650曲を新たに転送し直している。さらに絞られそうだ。
スポンサーサイト

神田佑介がたまに発揮する可愛さに嫉妬

先日、不完全密室殺人でもお世話になっている市内某所のスタジオで、今度お邪魔するフォーク専科夏合宿で演奏するバンドの練習をしてきた。
卒業後2回目の参加となるわけなのだが、今年は神田佑介とセットでお呼ばれ。皆のほそちんさんも同行するという事で夏最後のイベントになりそうだ。

市内某所スタジオにて合計4時間の練習をする。
Coccoは大所帯。広いスタジオで思いっきり音を出す。
コピー曲を演奏するというのは非常に勉強になるのだ。普段自分では絶対弾かない(弾けない)ようなベースラインを弾くというのは何よりの栄養となるし、面子が好いので全くストレスがない。

Rage against the machineのコピーバンドの練習では後輩遠藤くんの底力を見せ付けられた気がした。彼は元々丹念に丹念に音作りからコピーする気質なのは知っていたけれど、まさか冗談で口走った「スイッチング奏方が見たい」というのが本当になるなんて。トグルスイッチの耐久性がもっとあれば良いのに。誰か彼のために接点不良の起きづらいトグルスイッチを作ってください。

大学卒業してからああいう雰囲気を味わえるのはレアな経験だろう。
もう一つ私事でレアなのはエフェクトボードにサンズアンプとチューナーと歪みペダルを2つしか入れていなかった事。一般論的に常識の範囲内でエフェクターの使用数を抑えたのは実に久しぶりだし、何より運搬が楽チン楽チン。
先頃導入したelectro-harmonixのGRAPHIC-FUZZが本当に良いのだ。

ミーティングだヨ!全員集合!

163bf109.JPG近頃はバイトで大きな夏祭の現場を担当したり、何やらかんやらで忙しい日々を送っていた。いや、むしろ忙しいのはこれからかもしれない。8月の終わりには大学時代に所属していたサークルの夏合宿に神田佑介とほそちん氏(Qucumberr)と3人でお邪魔するのが決定している。現地での練習が日程的に不可能なため、名古屋で夏合宿で演奏するバンドの練習をする必要があるのだ。

何にせよ音楽に触れていられる生活は楽しいし、充実するものである。やはりこういう刺激が日々の潤いに繋がるのだから。

で、メインとなる不完全密室殺人だが久しぶりにメンバー4人全員集まってミーティングをする事が出来た。実質完全なる状態で動けなかった(まさに不完全!)昨今を振り返ると、何かと手探りであったし、バンドとして音を出してもひと味足りない。何より週に何回も会っている友人となかなか会えないのは単純に寂しいものだ。
そんな時間はそんな時間で有意義ではあったものの、本陣が全員揃って話をしていると充実感をおぼえた。
9月10月と面白い、実に良質なイベントに出演が決まっている。我々4人も沈黙期間の鬱憤を爆発させる事が出来るだろう。乞うご期待。

人との距離感。

今日これより僕が記す内容というのは極めて個人的で主観的で感覚的な話である。
この論旨に対して理解、共感、同調できない人間に対して排他的になるつもりはないしそういう人間に対して戦線布告を意図するものでは全くない事をあらかじめ記述しておく。

人間関係には順位が存在する。仮に20人友人がいたとして彼らが一様に平等であるかと問われれば必ずしもそうではない。学生時代(それは僕にとって好むにしろ好まないにしろあらゆる人間関係において、それを意識させられるものだった)の僕と交流を持った人間ならば多少なりとも理解して頂けると思うのだが、僕は紛れもなく人によって態度を変える人間である。

それなりの距離感の人間にはお互いにそれなりの信頼を、この人と感じられた人間にはこの上ない信頼と友情を僕は提示していたように思う。
だから人によって僕の印象というのは全く違うはずだ。
人によっては不誠実極まりない、悪辣この上ない態度をとっていたに違いないのである。

それというのも順位が明確に存在するからだ。この人間にはここまで話しておきたい、等そういう感情はやはり存在していた。

僕が本心で接していなかったからその人間を信用していなかったかというと勿論そんな事はないのだよ。人には向き不向きがあるのでね。

そんなわけで僕は裏切りと嘘を思い付く限り一通りこなした。青春の暗黒時代、とまでは言わないけれど自分自身の感情の処理の仕方がまだ稚拙だったのだ。あのタイミングで出会わなければ建設的な、前向きで有意義で何より楽しい人間関係を築けた人間も多いだろうに。残念と言えば残念なのだけど、あのタイミングだから今なお仲良くしている人間もいるのだから反省はすれど後悔はしていない。

当時の僕の最大の反省、そして社会に片足突っ込んだ今なお抱く感想として真っ先に思い浮かべるのが「誰かれ構わず理解を得られると思い込んでいた」事に尽きるだろう。自分ができもしない癖に、自分と違う思想の持ち主だろうとその思想は受け入れられ得る、と漠然と考えていた。
あまりにも観念が違い過ぎる場合、例えそこに信念があろうと理屈があろうとそれは低俗で浅はかな考えが生み出した行動に過ぎない、と捉えられかねないのだ。

とかく僕の思想というのは自覚があるのだがゲーム脳だし、変にピカレスクだし自分勝手と捉えられかねない。根っこにあるのは「色々な人間がいていいじゃないか」というものなのだけれど、それを穿った表現方法をしてしまうものだから当然の結果として穿った評価を得る。

学部で、バイト先で、サークルで出会った僕の思想に対立した貴方方よ。もしこの記事を読む事があったのならば今ここで僕は断言しよう。貴方方は正しかった。だが、僕とて間違ってはいなかった。

正義というのは必ずしも一つではない。幾つも存在するはずだ。そのどれもが主観に於いて正義であるべきだし実際そうだろう。
人間関係に於いて順位を意識して他人と関わるのは僕にとっては正義の一つ。正確に言うと正しさを保つために必要な事だ。不器用なのか器用なのか、僕は限られた種類の人間にしか誠実であれない。彼らに対して誠実であるためにもそれなりの人間にはそれなりでありたい。

散々書いたけれど、何だかんだで僕はすぐに人を慕ってしまうのだけどね。

『私立探偵濱マイク 名前のない森』

16e068c2.JPG夏合宿でやるCoccoのコピーをした。

不完全もあるし今週末は大きな現場が入っているから時間は有意義に使わねばならない。こういう時の方が生活に潤いが出るから不思議だ。

注文していた濱マイクのDVDが届いた。「名前のない森」。未公開シーンとオープニング(くちばしにチェリーではなかった)、エンディングによって映画のような雰囲気が出ていた。いやむしろ元々映画的な作品であったのだ。DVDで観る事によってその印象が浮き彫りになった。

鈴木京香の清謐な演技は見様によっては何だか非常に不気味であり、本作品はそんな鈴木京香の一面が顕著に表れている。我々からするとエキセントリックで非日常的な濱マイクという“探偵”が始終ペースを狂わされ、シリーズに一貫して流れていた雰囲気が浸食される。シリーズ中でもかなり異色なエピソードとなったのではないだろうか。本エピソードに於いては、洒落ていて小気味良い、軽妙なマイクは我々視聴者の代表として山荘に流れるどこか不気味な静けさが漂う空気を体感する事となる。

他のエピソードはろくすっぽ憶えていないものもあるというのに、僕がこの作品を非常に印象深く憶えていたのはそういう事だったのだと悟った。

作業能率と生産性が必ずしも結びつかないのだがそれは問題ではない。

最近の不完全密室殺人はバンドとしての底上げを試みている。とは言ったものの都合上メンバー全員揃って活動可能になるまであと少しだけ時間がかかりそうであり、今は参加可能な構成員で作業を行っている。

作業の一つに自力(勿論関係者各位のサポートはあるものの)で行うプリプロダクションがある。曲を見つ直す上で非常に良い作業なのだが、ドラムを録音する上で難関が一つあった。我々が普段からナレーション録音等にも用いているBOSSのマルチトラック・レコーダーは同時録音可能なトラックが一つ。楽器の一発録りをしようとするとスタジオのど真ん中にマイクを一本立てて録らねばならない。

今まではレコーディングを担当して頂いたアツシ・ハセガワに助力を仰いだり、デジタル・ミキサーを購入して録音しようとしたりしたものの、どうにも複雑極まりない上に“自力でやり遂げる事が可能”という機能性に欠ける方法にならざるを得なかった。

関係者各位に迷惑ばかりかけてもいられないので導入しましたよ、DODのパッシヴミキサー。中古で良いものを見つけたのである。
4in1outの小さい代物で、それこそエフェクターサイズ。機動性は確保できそうだわーいわーい。

というわけで明日は新曲のプリプロダクション!

おばちゃん有り難う。

223c2814.JPG与えられた盆休みは二日間。どう過ごしたかと言うと一日目は忍者村、モクモクファームと訪れた。
伊賀上野に行ったのは初めてだったけれど良い一日を過ごせた。

二日目は安城の焼肉屋、安城園へ。前日のモクモクファームでBBQを食べたのだが飽き足らずに焼肉を食べた。リーズナブルで旨く、お店の感じも実に良い。
最短距離で行く道順を知らずに愛知環状鉄道に乗ったのだがこの遠回り、時間の使い道として実に贅沢であった。

そして今、スーパー銭湯でマッサージ後の余韻を楽しんでいる。施術してくれたおばさんは実にテクニシャンで、体中に心地良さが満ちている。
話が大きく変わってしまうがふとある映画のワンシーンを思い出した。「ザ・コンデンター」という女性議員が副大統領になるまでを描いた映画だ。副大統領たる資質が主人公に足りているかラニヨン議員(演じるはハゲ頭に老けメイクで老人になりきったゲイリー・オールドマン!)を長とした委員会が開かれる。

主人公は“女性の権利”として堕胎の選択権をもっと女性に、と主張する。それに対してラニヨン議員は初めて、そして劇中で唯一感情を露わにする。

「貴方がその主張をまだ振りかざすなら私はこう言わせて頂く。それは殺人を擁護する“ホロコースト”だ!」

それに対して動揺しながらも言う主人公。
「私の立場を述べたまでです」

ふっと冷静な顔を取り戻し「明確にうかがいました」と言うラニヨン議員。

この際堕胎に関する個人的意見は控えさせて頂く。主義主張は本記事には一切関係がない。では僕が何を言いたかったかと言うと、その“間”だ。

ふとした間に突出する人間の感情と、その空気までをも描ききったこの映画の緊張感だ。

何故話がこんなに飛んだかと言うと、NHKで放送されている日本の国際貢献に関する討論番組を観ているからなのだけれどね。

コピーバンド。

今年も何だかんだで学生時代に所属していたサークルの夏合宿に顔を出す事になった。流石に金銭的にも日程的にも厳しいから去年で最後だな、等と考えていたのだけれど、現役生の熱意にやられた。

……すみません、目茶苦茶嬉しいっす。卒業後もお呼びがかかるなんて、こんなに嬉しい事はない。というわけでコピーしはじめた。

非常に思い入れのある楽曲で、高校3年生の頃愛聴していた曲だ。ある意味では僕の人生を変えてしまった曲である。その曲、僕が現役だった当時もやろうとはしたのだが何だかんだで実現しなかった。
弾いてみてやはり良さにうちのめされる。ワンコーラス終わった所で入ってくるベースサウンド。歌に寄り添うように、歌を導くように鳴らされるベースライン。

根岸孝旨のそのバンドに於ける役割というのは非常にベーシックで、リフをキープしたりルートを刻んだりする事が多いのだけどだからこそ楽曲との一体感は並々ならぬものがある。

愛すべき曲。
丹念に、丁寧に弾こうと思う。

“恐怖”という感情

スタジオ帰りに各務くんと話していた事柄、それが非常に僕を刺激してやまない。この興奮を記録しておくために今からちょっとばかり長い文章を書いてみようと思う。

我々が常に対峙し、向き合い同時に背中あわせな感情。この世に生を受けた瞬間から息を引き取るその瞬間まで付き纏う忌むべき感情。我々はそれを“恐怖”と呼んでいる。
我々の毎日は恐怖に満ちている。仕事での失敗への恐れ、苦痛にあうかもしれない恐れ、望んだ結果が得られない事への恐れ。我々の毎日は喜びと利潤の追求であるのと同じ程度に恐怖との戦いである。
だが我々はああ、自分の身にふりかかるかもしれない“恐怖”だけでは飽きたらず、なお極上の“恐怖”を求めるのだ。或いはそれは自分と切り離された空想の産物、来たるべき“恐怖”する瞬間せめて苦痛を減らそうと抗体を作る作業かもしれない。

ホラー映画、ホラー小説等様々な芸術表現に我々は“恐怖”を求めるのだ。

ホラー映画、ホラー小説と同列に並べはしたものの、その二者に共通する“恐怖”は本質的に全く別物ではないかと考える。片や具現化され、具体例として提示されたものであり片や想像力をもってして補わなければならないものだ。

例えば同じ題材を扱ったとしよう。正確ではないし本テーマを根本的に揺るがし得る致命的な欠陥を抱えてはいるけれど可能な限りその要素を排除して書いてみよう。
そのため提示順と書く順番が入れ替わるがご容赦を。

まずはホラー小説での具体例。

「彼は窓を開けた。そうして彼の視界に飛び込んできたのは、逆様に吊り下がった女が血まみれの物凄い形相で彼を睨んでいる光景だった」

以下ホラー映画での具体例。
「渡部篤郎が部屋の窓を空けた。すると逆様に吊り下がった水野美紀が血まみれの顔で渡部篤郎を睨んでいた」

シチュエーションと文章での表現力により、どちらも同じ印象を受けるかもしれない。いや受けるだろう。

考えてみて頂きたいのは「具体的に光景を見せられるのと、文章によって刺激された想像力であなたが“見る”光景、どちらが恐ろしいのか」という事だ。

ホラー映画にはショッキングなシーンが多数含まれる。編集効果や音響効果によってそれを観た貴方は飛び上がるかもしれない。そのシーンを思い出して嫌な思いをする事もあるだろう。

だがそのイメージは果たして時間の経過とともに先鋭化され得るか?

ホラー小説或いは怪談話に渦巻く“恐怖”の本質はそういう観点である。ホラー映画が“恐怖”を“記号”として具体的に提示するのに対してホラー小説は“恐怖”を想像力によって作り出す、生み出すスイッチを押すだけに過ぎない。だからこそ映像が伴わないホラー小説には読み手にとっての究極の“恐怖”に満ちているのである。

女の幽霊をバーンと見せるよりも情報として与えられた方が受け手はその人にとって最恐のイメージを受け取るだろう。

人間は夜の闇に“恐怖”を投影してきた。
それはつまり我々が想像力を礎に“恐怖”を育んできた事に他ならないのである。

落ち着いて書いてみます個人的な感情。

先日のライブ、突然のキャンセルという事でお客さんや関係者各位には大変ご迷惑をかけてしまった。
キャンセルという決断に踏み切ったバンドのメンバーである僕がこう言い切ってしまうのは何かもしれないが、事情が事情だけに仕方のない事であった。勿論申し訳ないという気持ちがないわけでもなく、下げた頭や謝罪の言葉が嘘でないのはメンバー一同間違いのない事なのだけれど。

キャンセルしてしまい、イベントが終わってしまった今、四の五の言っても仕方がない事だ。次回公演を素晴らしいものにするのが我々表現者が見せれる最大限の誠意なのではないだろうか。そう考えている。

出演出来なくなってしまったたとはいえ、当日は会場に参加可能なメンバーでライブを観に行った。突然のキャンセルに心配して声をかけて下さった方々のその言葉。ライブハウスのスタッフさんや主催者ごっちん氏の言葉。それらの何と有り難かった事か。
そういう方々の誠意にも報いていきたいものである。

というわけで現状、ライブがしたくてウズウズしているわけである不完全密室殺人は。次回公演は色々な気持ちに利子をつけて返すつもりでやる。

今夜も早速プリプロダクションをしてくるわけである。

8/4 藤ヶ丘Music Farm 不完全密室殺人第14回公演「夜の彼方に」について

ご存知の方もいらっしゃるとは思いますが、8/4藤ヶ丘Music Farmで行われたごっちん企画、我々不完全密室殺人はメンバーの一身上の都合により出演をキャンセル致しました。

楽しみにして頂いていた皆さんや関係者の方々にはご迷惑をおかけしました。我々4人一丸となって今後も頑張っていきますので、今後とも不完全密室殺人を宜しくお願いします。

そして大丸へ。

FUJI ROCK Festivalには行かなかったけれど藤ロックには行った。藤ヶ丘ロックフェスティバル、である。
出演者には4日間全日程使用できるというパスが配布されるというのでそれを活用。丁度観に行こうと思っていた2日目を観に行った。

インターネット上で知り合ったppleさん、終演後についに直接お会いする事が出来た。人見知りなのでフラットに喋る事が出来なかったけれど何も話さないよりはずっといい。
pple。機械と人力の融合。もんのすごいローと繊細なギターが絡む。
MCでご本人のお人柄が伺えて、何だか凄く安心してしまった。

101Aは流石の演奏。物凄い音の洪水。「見せる」事をしっかり意識してライブを「魅せて」いるのであろうと感じる。前の前のバンドの際に共演したのだけれど、どんどん凄くなっている気が。

2人編成のG-FIGHTER。転換中に幕の向こうから聴こえてくるドラムの音、フレーズが完全に青山さんのドラムの音で、当たり前なのだけどそれだけで軽く興奮してしまう。幕が開くと横一列にmAtsuiさんと青山さんが。
それにしてもどうなってるんだG-FIGHTER。完全に2人で出してる音ではない。非常に異質な、類をみない轟音。音の塊がそのまま剥きだしで飛んでくる印象。
2人だとどうなるのか楽しみだったのだけれど、非常にスッキリしていて良い意味でカオスながらも聴きやすい。何より濃度がぐっとあがったように感じられる。

終演後は一度帰宅、打ち上げ終わりのmAtsuiご夫妻とごっちん先生と大丸へ。
オープン前から並んだ甲斐あってか僕らが最初だったのだけど、偶然にも顔を知っているバンドマンの方と一緒になった。偶然にも濃い面子。
僕は終始ニヤニヤしっぱなしだった。

少年コミックライブ。

99fc74b4.JPG不完全密室殺人 山田康裕ソロ「少年コミック」のライブを観に行ってきた。神田佑介のmarblefish.、僕のG-FIGHTERに続くバンド外活動である。不完全では観られない彼の一面を楽しみにしていた方もいるのではないか。

山田康裕初MCなるか、と期待していたものの、予想を裏切って彼の日記の朗読に併せて進行するライブ(もっとも彼の素が垣間見えたりもしたのだが)であった。

3曲+客からキーワードを貰っての即興弾き語りの計4曲だったが、バンドメンバーであるという贔屓目を抜きにしても楽しめるライブだった。

曲はポップでパンク、所々台詞が入るのが彼らしい。
ってゆうか演技上手いな。歌も。

普通にまた観たいと思った。

自己紹介

Author:舟橋孝裕
愛知県在住、ベースギター奏者です。
・JONNY
・パイプカツトマミヰズ
・犬栓耳畜生
・白線の内側
 やサポートでベースを弾きます。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム