僕がバンド活動を続けるわけ。

先週がバタバタしていたので、昨夜は自宅でゆっくり過ごした。

椅子に腰かけてぼーっとしながら考え事をしていたのだけれども、いけないいけない、半年に一度くらいはやってくる「自分の音楽が欲しい」みたいな思考に陥った。


僕ってさ、今現在色々なバンドでベースギターを弾いていて、それこそ月に何度かライブをやって(勿論日本には僕よりライブをやっている人間なんてごまんといるだろうけれど)大いにバンド活動を楽しんでいる。僕の周りには面白い事を考える人間が沢山いて負けないように面白い事をやるのがとても愉快だし、彼らの「思いつき」に僕が組み込まれているならそんなに有難い事はない。

遠征に行ったり来たりで日本各地に友達が出来たし、ライバルと呼んでもいいような、そいつが今日もどこかで演奏してるってだけで自分も奮起出来るようなそんな友人さえ出来た。

ライブハウスで「格好良かったです!」って声をかけて頂いたり、見ず知らずの方にもお声をかけて頂く事が昔と比べても随分と増えた。物販やフロアの片隅で声をかけて頂いて、それがどんどんまた面白いお話に繋がっていく事もあった。ライブ直後に出演オファーを頂くのって、あれって普通に考えても凄い事だよね。物凄く嬉しい。

CDショップに行けばひょっとしたら自分の携わったCDが棚に並んでいるし、メンバーの体調や諸々で今はほとんどライブをやっていないバンドにしても未だ西に東に出演オファーを頂く。これも普通に考えても物凄い事。

ラジオや公的なスタジオからのUstream配信、フリーペーパーや雑誌への掲載、これも高校時代にベースギターを握っていた頃の自分からは想像も出来ないだろうし、28歳になっても大学2年生の頃に当時やっていたバンドで多治見のFM局のインディーズ番組に出演した時と何ら変わらない精神的興奮を感じるのだ。

忘れられもしないワンマンライブだって、やった。一ベーシストのワンマンライブ、それに果たしてどれだけの方が来られるか不安ではあったが、同日素敵なライブイベントが沢山行われていた中120名を超える多くの、その日の僕にとってはこれ以上ない程多くの多くの方が会場に足を運んで下さった。

他にも、色々と普通では見られないような光景、感じられないような感覚、そして得難い出会いを沢山したし、何より自分自身を尊重出来るようになったと思う。

僕ってさ、だから本当に恵まれてると思うのだ。勿論この環境に至る過程、全てが全て恵まれていたなんて思わない。僕自身の行動の結果だとも思うけれども、それでもバンドメンバーや周りの方々がそんな僕を面白がってくれたっていうのは大きいと思う。

それにしても、恵まれている。本当に。


それでも、それでも半年に一度は「自分の音楽が欲しい」って思ってしまう。

今までも多くの曲にライブでCDでベースギターを使って自分自身を焼き付けてきたのに、それを多くの人が楽しんで何より僕自身多くの自己実現を果たしてきたのに。それでも僕は他の「人間」の中から出てきた音楽に自分が共存するだけでは満足出来ない、と言っている。自分の言葉と自分のメロディ、否、そこまでしっかりしたものでなくてもいい、自分の中から出てきた何かが具体化される事を妄想しては、それを欲してしまう。

自分の中から出てくるものっていうのはないし、矜持はあるけれども「音楽性」はない。

それでも100%自分の中から出てきたものが多くの人に受け入れられる瞬間が見たくて「俺もいつかは」なんて考える。やるわけがないしやれる、っていうかやってとも面白いと現状思ってないのだけれども。

だから「自分の音楽」ではなく「自分が作品」になるしかねえな、結局な!ってなるのは毎回の事。お前、それつい一時間前までは胸の中にあった決心だろうがよ、って一人自室で再認識。


今年は課外活動とか一度限りのサポートのお話とか色々誘って頂く。「面白い!」と今まで通りガンガンやってたら、僕の活動を身近で見、応援してくれている方が「君は自分が思っている以上に周りに認知されているし、影響力があるんだよ」とやんわりと「何でも屋にはなるなよな」と釘を刺してくれた。身近であるが故に、恐らく誰よりも僕が本当に「こだわらない」事を、「人で選んで」やっている事、そしてその行為の持つ「リスク」をわかっておられるからだろう。有難い。

そして別の友人からは「君はそういう自分の立ち位置を踏まえたうえで、どんどんフットワーク軽く動き回るべきだよ。そうでなきゃ」とも言われた。

二人のアドバイスってそれぞれ「慎重に考えてやんなよ」ってのと「ガンガンいこうぜ」ってくらい真逆に聞こえるのだけど、実際は全く同じ事を言っているように思える。


ぼんやりとだけど去年はワンマンライブでベーシスト、ベース・ギターリストとして一応の一区切りをつける事が出来た。今の僕はあれを踏み台、叩き台にして次の段階へ向かうべく今日も元気にベースを歪ませている。

今年は、「エンターティナー」として何か一区切りつけたいな、と思っている。いつになるかわかったもんじゃないけれど。

僕には音楽で伝えたい事とかメッセージとか微塵もないのですが、それでも僕がやっているバンド活動、その他の活動、或いは僕自身が貴方の人生に彩りを添えらなら、こんな嬉しい事はありません。


僕は僕がひょっとしたら面白い事をやり得る、面白い人間であり得ると信じています。

スポンサーサイト

ベース三昧!って程練習してるわけではないのだけれど

4月28日はナナフシ企画にJONNYで出演。

ナナフシ自体ご一緒は久しぶり。髪の毛を赤く染めてこられたナナフシ ゆうすけさん、ステージの外ではロードバイクだったり色々な事を教えてくれる兄貴だが、一度ステージに上がればもう完全にロックスター。

Tシャツ姿に肩からテレキャスをぶら下げて、赤い髪の毛で煙草を吹かす。雰囲気も表情もヒリヒリしたバンドマンそのものだ。格好良いなあ。演奏する前から格好良いだなんて!


続・我が逃走

これまたご無沙汰のRAT先輩にもイワサれた。

基本的に楽器が生音のK.D.japonであのギターがギャーン!と鳴る感じをどうするのかと気にしていたら、何て事はない、やっぱりギャーンって鳴っていた。音は人が鳴らすものだって、こういう事なのだろうね。


人様ばかりでなく自分自身も省みようと思う。ベースアンプに苦戦するも、尻上がりに良かったんじゃないかな。随分と自然体な感じで演奏出来たと思う。

打ち上げを中途で抜け出してパイプカツトマミヰズ練習へ。駒田君が作ってきた新曲を皆で煮詰めてみる。


翌朝、早起きしてSeapusでの孤独部バンドの練習へ。

孤独部とは名古屋を中心に活動する、役者かしやましげみつ君を中心とした演劇ユニット。

ライブハウスで出会ってそれから少しずつ連絡をとったりして、余りにも興味深いので(Youtubeでも動画が閲覧出来ます。ワークショップ等もやってらっしゃるようなので役者に興味のある方は是非)こちらから意欲的にコミュニケーションをとろうとしたら、何と初めてのお茶会で「ベースを弾きませんか」とお誘い頂いて。

望むところです、と犬丸ラーメンの相方シン君とセットで孤独部バンドのリズムセクションを担当する事になった。

この日はスタジオを長めに予約して役者さん全員、演奏隊全員での通し稽古。前夜の練習から帰宅して3時間程しか経っておらず、流石に意識も体も、重い。

気ィ張って自転車でスタジオまで向かうと、良かった良かった、まだ全体の半分程しか揃っていない。かしやま君も「全然大丈夫ですよ」と微笑んでくれている。役者の皆さんもスイッチが入ると本当に何するかわからない。知ってる知ってるこの感じ、面白い人達特有のあの感じ、だ。

本番「その場を楽しむ」余裕を残して稽古終了。

この週はほぼ毎日スタジオやら何やら予定が入っていた。無事に一週間終わって少しだけホッとしたのを憶えている。

ちゃんぽんを実食。


続・我が逃走


昨日はひたすらに麺を食った。

ちゃんぽん、という料理を最後に食べた記憶って相当前で、ましてや外食でちゃんぽんともなるとひょっとしたら人生で初かもしれない。それくらいの頻度でしか僕の人生にちゃんぽんは登場しないのだけれども、昨夜は何の気の迷いか、ふと「ちゃんぽんを頼んでみよう」と思った。

普通のラーメンより150円高いそれを頼むと、手間がかかっていそうな割にラーメンより早く出てくる。


豊富な具材に太めの麺。実に食べ応えのある料理だ。

今まで「何だかパンチにかける」と完全にそのイメージだけで物語っていてごめんよ、ちゃんぽん。

これからはコストパフォーマンスに優れてるし栄養価も高そうな、ちゃんぽん、君の時代だよ。


つまり昨日は特に何も特筆すべき事もなく、平和に一日終わったよって事である。

画像は犬丸ラーメンの肉。昨日は試作会だった。この辺りの事は、また改めて告知とともに。

部屋の掃除、決着。そして2本のライブの話。

先週末は非常に楽しく過ごす事が出来た。

ざらりと振り返る。



21日(土)

部屋の大掃除a.k.a.模様替えを始めたって話は前に書いたと思うが、この日である程度決着をつけないとこれ以降の予定に向けて支障が出る。という事でこの日の夕方までに何がなんでも部屋を生活出来る状況にしなければならず、珍しく午前中から起き出して大掃除開始。

大掃除って進めば進む程どんどん「これは捨てる、いらない」ってハードルが下がってくるよね。

そのせいってわけではないと思うけれども、無事に作業終了。紙袋や段ボール、機材棚等まだ整理しなければならない場所はままあるけれども一区切りついた、という事でホッと一安心。これで今夜のライブも安心して行えるというもの。


そう、この夜はパーティーイベント「OVER DRIVE」×「やったぜ!ノム杯」のオールナイトイベントにパイプカツトマミヰズで出演。

深夜にプログレッシヴ暗黒青春パンクを、どのように受け取られるか愉しみであったけれども想像していたより遙かに良いリアクションを頂けて、5人は大いにはしゃいだ。ステージ広かったしね。

しかし初見の方が多い程曲名で笑いがとれる、ってのはこの日初めて気がついた。


DJイベントってバンドで出演する事は今までも何度かあったけれども、やっぱりまだ僕自身の引け目、DJをやった事がない未知への引け目もあってか、「あー、俺まだ門外漢だな」って思ってしまう部分がないと言うと嘘になる。

けれどもそんな僕でもエレキコミックやついいちろうさんのDJプレイが何故多くの人に愛されるかわかった気がする。どこがどう、とか僕にはわからないけど兎に角「うまい!」。皆大喜びで盛り上がってたし、僕もアルコールで意識が断絶されるまで楽しんだ。

朝早起きして大掃除していた弊害がこんな形で出てしまったわけだ。


アポロシアターの控え室で目覚めると朝の5時。小雨が降る中、自転車で帰宅。この後の演奏に向け、ベース弦を張り替えて寝た。

模様替えした奇麗な部屋にいるのは楽しい!


続・我が逃走
やる夫のかぶりものにも定位置が出来ました。


22日(日)

寝て起きると、日付が変わった事実をようやく受け入れる事が出来る。

実はパイプカツト~での演奏開始時の段階で既に日付的には22日だったのだけど、その辺はこういう解釈で許して下さいね。


この日はi GOで四日市CLUB CHAOSへ。久しぶりだよな、CHAOS。JONNYでWEENIE RADIO SHOP企画に出演して以来。

昼頃出発、途中ロッキー(名古屋近郊の二郎インスパイアの一つ)で350g、ニンニク有りを楽しむ。作り手が女性だからか背油もニンニクもきつくなく、麺がただひたすらに旨い。カジュアルな一杯って言ったら変だけど、ああいうジャンクなラーメンの中ではかなり食べやすい方だと思った。大満足で四日市へ向かう。


この日の出演はTV番組等にも出演する天才少年ドラマー(今は高校生になられたみたいですな)今西健人君がドラムを務めるBig Boy BabysickheadLowreliefTHE WELL WELLSTHE BOOGIE JACK、そしてi GO。

「凄い豪華面子だなー」と思っていたけど、イベント本篇始まるとやっぱり凄かった。


全バンド「気」の入ったライブをされていたけれども個人的にLowreliefには圧倒された。一線を画す、と茜谷さんが表現されてたけど本当にその言葉が適切。あのバンドの音のタフネスさったらないよ。ドラムの高也さんに「美人時計に掲載されてる女の子がいる」って事で茜谷さんと一緒にカフェに連れて行って頂いたし、出番前に少しお話させて頂いた。

カフェも楽しかったしマスターこだわりのコーヒーは本当に美味しかったけど(僕、カフェにはなかなか行かないから新鮮でした)、出番前にステージ脇の楽屋で少しお話させて頂いた時間、あの時間が印象深い。なんて事はない、「ロックがこの国で力を得るには」とか「バンドマンとしての年齢の重ね方」みたいな話だったんだけどその後の高也さんの演奏の説得力も相まって僕の中では貴重な時間として記憶されている。


そしてレーベルメイトTHE BOOGIE JACKはこの日で結成12年。流石のライブ、って言ったら大御所みたいだし過去のバンドみたいだけど、何より僕がグッときたのはあの人達が「この先」を見て楽しみながら慈しみながらバンドをやっているって事だ。大学の先輩としても、レーベルメイトとしても感じ入る部分が多かった。

先輩方には是非ガレリア(中京大学の、学生達が専ら空き時間とかにたまる吹き抜けになってるスペースですね)で演奏して頂きたいなあ。


この日のi GO、練習もせずにステージの臨んだんだけど全く問題なし。それどころか良いライブだったと思う。やっぱりi GOも、強い。そんな中、舟橋はステージの柵に乗って叫ぶも直後にバランスを崩し落下、短い脚をバタバタさせて慌ててステージによじ登るという珍事有り。うむ。


帰路は前夜からの疲れも引きずってか、サッカーの話が飛び交う中うとうとしてしまう。

帰宅すると模様替えした心地良い部屋が待っていた。すぐさまベッドに飛び込んで、おやすみなさい。

過去との清算、なんて言ったら聞こえはいいけどようは大掃除だよね。

部屋の大掃除を開始した。

ゴミ溜めのような部屋で生活して随分になる。床にはやっと僕一人が座れるスペースがあり、その周りには手の届く範囲に必要な生活用品が散乱している。それらの物々の間は紙屑やら食品の空き容器が入ったコンビニの袋が埋めている。

こんな環境で前向きに毎日やっていけるわけがない。

自分をそれなりに律しよう、と最近思い立ったので、機能的な環境を目指し部屋の模様替えをする事にした。

これで作業がはかどるようになれば良い。


自分の所属、非常勤参加するバンド以外では単発でのサポートやら企画モノのお話やら色々と頂いていて夏まではバタバタしそう。自宅でベースを抱えて作業する時間が少し増えそうなのでここで作業環境を改善しておかねば夏を迎えられない!

頑張ります。


で、僕が部屋の掃除だけで終わるわけもなく。

勿論適度に脱線している。


続・我が逃走


友人 ブレザー君 から借りているBacchusのサンダーバード・モデル(カラーはブレザー君の手によりリフィニッシュされている)が自室にある。掃除の過程で使っていないジャズベースのネックが何本か見つかったので久しぶりに楽器いじりに精を出してみるのも悪くない、と思っている。

そう、サンダーバードのボディにフェンダーシェイプのネック、とくればTHE WHOのジョン・エントウィッスルで知られる「フェンダーバード」だ。フェンダー系のネックにサンダーバード・ノンリバースモデルのボディを有するこのベース、ジョン・エントウィッスルが改造して使っていたけれども、僕も彼に倣ってそれを作ってみようと思うのだ。

幸いブレザー君の許可も貰えたし、模様替えに一区切りついたらやってみよう。


バンド活動の面白味


続・我が逃走

JONNYスタジオにて、機材の準備も終わり数曲演奏し、さあこれからというタイミングで突然の尿意。
良いタイミングで篠田君がアンプのツマミと格闘を始めたのでこれ幸いとトイレへ駆け込んだ。

これは完全に余談。
排尿の安堵感は何故男性に上を向かせるのだろうか。

スタジオへ戻ると、三人は初めて聴くリフを使ってジャムっている。雰囲気を呼んでこんな感じか、と入っていってみるとこれが良い感じに落ち着いた。
あれよこれよとやるうちに一曲出来上がってしまった。
トイレも、たまには行ってみるもんだ。

詩人の友人にその話をし、「こんな日があるからこそバンドは面白くてやめられないんだな」と言うと「いい事言う」と誉められた。
照れてしまった。全くもってしまりがない。

今日から復活。

4月も半ば、である。

相変わらず僕のブログは更新が止まっており、毎日一度はその事で心を痛める。ならば、そんなにストレスに感じるならばもう書いてしまえ。失った3月の記録は少しずつ補完していこう。3月のためにこの先ずっと筆を止めたままにしておくつもりか、僕よ。

というわけで今日からその日の記録を普通につけていく。3月の記録はしれっと更新していきます。興味のある奇特な方は遡って見ていって下さいね!


ここ最近はアウトプットする事よりもインプットをひたすらに欲している感じ。本を読んだり映画を読んだり人と会おうとして会えなかったり、兎に角そんな事をしている。

本に関しては非常に刺激的な一冊に出会えた。

マルキ・ド・サド著『悪徳の栄え』である。半生のそのほとんどを牢獄、精神病院で過ごしたこの貴族(作家、と表現するには違和感あるんだよな。理由は後述)、サディズムの語源になるくらい有名な方ではあるのだがこの作品、兎に角凄まじい。自らの思想、変態的な性欲を完全に書き残そうという気迫と、その特異な性嗜好が透けて見えるような文章。翻訳の方もどうやら「その筋」では有名な方らしく、夜な夜な僕はこの悪徳の世界に遊んでいる。

この人、著作のほとんどが獄中で書いたとか。って考えるとこの作品は随分と面白い側面を醸してくる。

女を鞭で打ったり女が獣と交わっている姿を見て興奮したりとその趣味を世間に危ぶまれ、檻の中にブチ込まれた変態貴族が世間への恨みつらみと自分の正当性を綿々と書き連ね、鬱屈した自分の性欲を満たすために性的なシーンをも盛り込んだ作品、とも解釈出来るのだ。

となると冒頭から主人公が身を投じる快楽、放蕩の限りはサドが見た、或いは実現し得ると思い描いた禁忌の行いなのであろう。ジュリエットという女性を通して我々はそれを見るのだけども、あてられないようにご注意を!

この本に関しては上下巻、結構な長尺なので読み終えたら改めてレポートを。


舟橋は元気です。

自己紹介

舟橋孝裕

Author:舟橋孝裕
愛知県在住、ベースギター奏者です。
・JONNY
・パイプカツトマミヰズ
・犬栓耳畜生
・白線の内側
 やサポートでベースを弾きます。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム