ワッペリン×青木カズローの撮って喰うか喰われるか


まずは何よりも先に、ワッペリンの新アーティスト写真。
僕加入後、心機一転したワッペリンはこれからこのアー写を使って活動していきます。

昨夜今池HUCK FINNにて挙行した「ワッペリン×青木カズローの撮って喰うか喰われるか」。
ワッペリンが無料ワンマンライブを敢行、それをライブカメラマン青木カズロー(ブログはこちらから)が撮影、セレクトした写真の中からお客さんによる投票でワッペリンの新アーティスト写真を決めよう!という恐らくは前例がないであろうイベント。
新アーティスト写真を撮って貰うならカズロー君しかいないと思っていたけれど、この企画をバンドメンバーとの話し合いの結果、カズロー君に持ちかける時は正直引き受けてくれるかどうかちょっとドキドキしていた。
彼がライブカメラマンとして信念を持って活動しているのは明白だったし、何よりバンドと彼は出会って間もない頃合いで、そして投げかける内容が内容だっただけに。
しかし彼はこの企画への出演を快諾、かくしてバンドとライブカメラマンの前代未聞のダブルネームイベントが成立したという次第。

挙行決定から昨夜まで、実に色々な事があった。司会進行をお願いした柴山さん(2YOU MAGAZINE)と今池HUCK FINNを含めて皆で知恵を絞ったし様々な話をした。
予測不可能な事態も起きたけれど、結果的に全て昨夜に結実したと思っている。
平日の夜遅くまでHUCK FINNに集まってくれた予想を上回る人数のお客さん達と、バンドとカズロー君とそして当日は入院によってデジタル化されての参加となった柴山さんと、男気で応えて下さった今池HUCK FINNの皆の力で面白いイベントになり、そして素晴らしいアーティスト写真が誕生した。

本当に有難う。ワッペリン、これからも良い曲を作って良いライブをして、面白企画を計画して実現させて、そして折角クリエイティビティに富んだ人達でやっているのだから音楽以外の所でも面白い事をやっていこうと思っています。昨夜、またその思いを強くした。

カズロー君とはこれからもお互いの誇りと作品を元手に、ガッチリポジティヴな意味でぶつかっていきたい。

やるぞ!!!
スポンサーサイト

ここ最近の僕。

どうもお世話になっております、僕です。
ここ最近は慌ただしくも充実した時間を過ごせている。まだまだ動き回れるんだ、落ち着くにはずっと早い。

まずは大学の先輩でもありレーベルメイトでもあるTHE BOOGIE JACKのPVに出演した話から。
7月10日にアルバムが全国発売されるのだけど、そのアルバムに収録されている曲のPVになんと役者として出演。
どんな役なのか、そしてどんなPVなのかは公開されたらここで改めてお知らせするとして、いやあ、役者としての出演は楽しかったなあ。
ベースの徳さんが僕のシーンの監督をして下さったのだけど、明確なイメージがあるからか撮影もサクサク進んだ。ロケーションもバッチリ。まだ完成したPVを観ていないのでわからないけれど、きっと良い作品になっていると思う。


徳田監督と。

そしてその翌日、23日はパイプカツトマミヰズで東京遠征、渋谷乙の12周年企画に有り難くも初出演なのにお呼ばれしてきた。昼間から夜まで行われたこのイベント、我々は折り返し地点である夕方に出演。
初乙はリハーサルがない状況でもとても演奏しやすかったし、照明さんも僕達のプログレっていうかなんならリフのコラージュじみた曲にもしっかり対応して下さってとても感動した。バンドのライブはバンドだけで作っているのではない、様々な人の力があった上で集まったお客さんの前で具現化するのだと再認識。お客さんも楽しんで頂けたようで嬉しかった。


伊藤誠人君とこの日ハイネケンガールとして出演されていた横浜B.B STREETのようこさん。僕が言うと多分に性的なニュアンスが出ると思って自重していたのだが遂に本人にも言ってしまったぜ、スタイル良過ぎ。


そして遂に長年狙っていたファズペダルが仲間入り。えっへっへ!
YESのクリス・スクワイア先生(プログレ畑のプレイヤーって何故先生と呼びたくなるのか)や我が国ではカルメン・マキ&OZの川上シゲ先輩が愛用した事でベースギタープレイヤーの憧れの的となったマエストロのBASS BRASSMASTER。それのルックスから音まで現代風に復刻したのがこれ。
やっぱりベースギターにファズをかける事に旨味を感じる者ならば一度は使ってみたい機種。秀逸なオクターヴファズである。
研究に研究を重ねないとなあ。

ほら、楽しそうでしょう。

久しぶりのペダルボード製作


仕事終わりでパパッとセッティング、ライブを行うために簡易的なペダルボードを製作。
ポイントは

・ペダルの配置に時間をとられない。
・配線完了と同時にセッティング完了。
・ペダルボードさえ固定できればペダルも固定可能(機材トラブルを防ぐため)。
・サイズの縮小化。

である。うむ。

上記の点を満たすために最初は段ボールでペダルの型にくり貫いてある板を製作したのだが、ペダルがうまく固定出来ずに断念。
24時間スーパーにフラフラと立ち寄った所、床に組み合わせて敷くタイプのマットが売っていた。侮れないな24時間スーパー。「加工も簡単!」と謳っていたので試しに購入した所、成る程確かにこりゃあ簡単だわい。サクサク加工出来た。
くり貫いたものと無傷のものの耳(噛み合わせて固定する部分)を全て切り落とし、同じように加工したくり貫いていないものとガムテープで張り合わせてハイ出来上がり。

使用感はいざスタジオへ!

結婚式に参加した話


15日は朝から犬山へ行ってきた。
学生時代から、それこそもう何年にもなる付き合いのあや香ちゃんがこの度めでたく結婚!との事で犬山のキャンプ場を借りきって結婚式を挙行、光栄にもBGMから生演奏まで、音楽に関わる全ての要素を監督する係として声をかけて貰ったので張り切って出掛けたわけだ。

生演奏に関してはstudio penneこと鈴木くんに任せて、僕は機材の手配と運営チームとの連絡係を受け持った。鈴木くん、その任された役目を越えて大活躍してくれた。今回の演奏は、いや音楽は彼がいなかったら成立しなかったのは疑いようがない。本当に有難う。
最終的にナトリネの二人も巻き込んで、大いに演奏して楽しんできた。流石キャンプ場、演奏中に頭上の木から毛虫が降ってくる等のハプニングもこれまた楽しい。式開始前後は小雨模様だった天候も新郎新婦入場の瞬間だけは空気を読んだのか、晴天だった。

新郎ひろきさんと新婦あや香ちゃん、この二人がどれだけ素敵な友人に囲まれて時間を過ごしてきたのかは一日行動を共にした運営チームの人柄の良さ、そして連携のとれた動きからも明らか。
羨ましいなあ。二人の人柄故に、だろうね!

結婚してえ結婚してえ、とすっかり寿気配にあてられて帰宅。
素晴らしい式になるだろうとは思っていたけれども、想像以上に素晴らしい時間だった。二次会も終わって撤収も済ませ、別れの挨拶をしながらすっかり参加メンバーに愛着が湧いてしまい、名残惜しさの中、帰宅。

幸せをお裾分けしてもらいました。この日の演奏は全て新郎新婦に捧げます。本当におめでとう!
写真はウェディングドレス姿でギターを弾き、歌う新婦。

飲酒中毒

昨夜はJONNYとワッペリンの合体バンド「ジョッペリン」で最初で最後のライブ@新栄CLUB ROCK'N'ROLLだった。
JONNYでもありワッペリンでもある僕は、物凄く面白い立ち位置。どちらの曲も弾けるので気兼ねなく練習からニヤニヤしていた。
昨夜出演した「DRUNKAHOLIC」というイベント、佐藤さん企画ROCK'N'ROLLプレゼンツのお酒がとても飲めるイベントでフードも普段では食べられないものが出ていた。イナバのタイカレー最高。あれ滅茶苦茶クオリティー高いのね。
であるからして会場内にはコスプレしたお客さんもいて大変賑やか。酔っ払うのは好きじゃないけど酔っ払いの相手するのは好きです。

相変わらず仕事終わりで駆け付けた僕は(今回はギリギリだった。着いたら転換してたもの)ファズ一個とチューナー、サンズアンプだけを持ち込んでブリブリ弾いてきた。iron etherのファズ、ようやくコツを掴んできたなあ。面白い格好でステージに立てなかったのは残念だけど、その分佐藤さんと風神ちゃんのフロント二人がメイドと冥土のコントラストで面白かったので、良し。


冥土になった風神さん。

そしてこの日大阪から攻め込んできたのはゆれる。爆音でほとばしる演奏。
ゆれるの演奏ってほんと、攻め込むとかほとばしるって言葉が似合うよね。そしてベースの榮勇太君のベース不調につき、急遽僕のSBVが登場。


黒い服で身を固めた男達の中で目立ってしまうサーフグリーン。
侍の汗が染み込んで、多分きっとまた強そうな音を出してくれるようになったはず。

仕事が終わって30分後には演奏開始した話


昨夜は池下UPSETにて行われた「やったぜ!ノム杯」にパイプカツトマミヰズで出演。
転換開始予定時刻が20時20分、池下UPSETから一駅離れた職場にて仕事が終わるのが20時ジャスト。ここ数日のタイム測定では仕事を終えて全力で着替えて全力で自転車を漕ぎ、全力で帰宅すると20時10分。自宅から池下UPSETまで全力で自転車を漕げばかかって2分。
ギリギリ間に合う算段である。だがしかし、もし少しでもイベントがまきで進行すると転換に間に合わない可能性がある。
仕事が長引いたら?雨が降って自転車に乗れる状況ではなかったか?
その他の様々な可能性を検討して「ひょっとしたら」の事態を想定して前夜から動いた。
とは言え「先に始めてて」とメンバーに告げ、アンプヘッドを託したくらいだったのだけれども。

それでも間に合った、間に合ったのだ。イベントの進行は若干おしていた。
ライブが出来るぞ、というその興奮のまま演奏開始。ここ最近のパイプカツトマミヰズは良い意味でどんどん"適当に"なっている。
細かい段取りや打ち合わせをしない方が面白いとバンド全体がそう思っているのだろう。
凝った演出は出来ないにしても、演奏の中身が変わるわけじゃなし、それに不確定の方が結果的に面白くなる事があるっていうのはバンド活動経験上、十二分に思い知っているのだ。
昨夜もそのポジティヴな意味での適当さが良い形で顕在化したのではないだろうか。ネガティヴな意味での適当さの顕在化は持ってきた音源の少なさとして顕れたのだが。
それでもステージの上で片付けながら「音源残り2枚でーす!」と物販ブースから聞こえてきた声に続いて「完売しました有難うございましたー!!」と聞こえてきた時には思わず笑みがこぼれたが。
僕達、数枚の音源ならすぐに売れるようなライブが出来るようにはなったようだ。
ごめんなさいごめんなさい、次はもっと沢山用意しますね!

この日のボランティアキーボーディストは星野ゆりちゃん。演奏終了後に楽屋で頬を上気させながら「楽しかったー!」と言っている様があまりにもアレだったので一枚写真を撮った。個人的には会心の出来。エロかろう!

音が鳴る場所を梯子しまくった話

9日はSAKAE SPRING2013に参戦するナトリネの助っ人でベースギターを弾いてきた。
ここ最近弦を煮込んで感動したのは以前ここでも書いたけれど、前夜この演奏に備えて弦を煮込んでいたら結局寝たのは早朝未明。ライブ前恒例の睡眠不足、である。ライブの中身にはアドレナリン出まくり、故に睡魔はなりん潜めていたけれど、いやはや移動中眠くて眠くて。
でも良い演奏が出来たと思う。
活動再開から折に触れては助っ人参加してきたナトリネもとりあえず一区切り、最後の最後に今までで一番達成感のある演奏が出来て良かったし、多くの方が観に来られた中でその成果を披露できて良かった。
ナトリネ、またやりたい。

この日はNo Regret Lifeの解散前名古屋ラスト、というわけでその勇姿をしかと目に焼き付けてきた。明日、照らすsoulkidsも素晴らしいライブをやっており、本当に行って良かったと思う。バンドマンとしてあの夜のあの演奏を目にする事が出来たのは少なからず影響を受けるという事だ。
これから自分がバンド活動を続けていく中で、きっとふとした瞬間に自分を支えてくれる、そんな刺激を受けた時間。
先輩方、有難うございました。

そして夜勤を挟んで、深夜の池下UPSETにて27時過ぎに演奏開始、パイプカツトマミヰズ!
深夜のナチュラルハイ気味のテンションで、大いにはしゃいだ演奏をした。ギターは吹き飛び、鍵盤のスタンドは意味をなさず、アンプリファイアからは大音量が鳴り響く。その合間合間には吉田君が全く構えていない(適当ってわけじゃないんだよ、本当だよ!)MCをしたり、思い思いに演奏した。
深夜に相性が良い音楽である、だなんて口が裂けても言えないけれど、多くの方が楽しそうにして下さっていて嬉しかった。

音楽を鳴らしていく事に、今まで以上に積極的になっている。特にここ最近は。

備忘録代わりの日記ですよ

友人宅にてベース弦を煮る煮る煮る。
プラシーボ効果なんじゃないか、とか迷信なんじゃないか、との疑念はどこへやら、結果的に出音は変わっている。確かにプラシーボ効果からくる無意識の演奏の変化によって起きた変化では、とツッコまれたら返す言葉もないのだが、ここまでくれば主観だろうがなんだろうが兎に角、煮る。結果はナイス。新品同様、とまではいかないけれどもくすんだ音色にハリと輝きが甦った。
足元にペダルを並べてマイアンプまで使っちゃってさ(最近は使う機会が多い)、そこまでしておいて弦は煮るっていうのがなんだか我ながら可笑しい。

「鍋の残りがあるから」と友人が供してくれた夜食のお礼に、と最近ベースギター演奏の魅力に開眼した友人に、僭越ながらベースギター演奏のレッスンを試みる。レッスンだなんて言い方をしたけれど、絶対数的に或いは基本に忠実な、そして模範的な演奏もしている自覚はないし発想もないので僕の経験値からくる話をベースギターをお互いに抱えてちらほらしながら友人の演奏を観察、コメントしたっていうのが実際だ。
人に教えるっていう行為は手前の日頃の演奏を省みる機会として、教える側にも実に有益。
僕もホクホクして朝帰りをした。

数時間後には起床、スタジオ演奏の後会場入りして演奏開始、だ。慌ただしくも愉快な一日の始まりである。
やるぞ!

生活リズムとジャック・ケッチャム、焼肉について。

ここ数日は僕にしてはとても規則正しい生活をしている。
朝8時には起床、夜中の2時には就寝。少し前には明け方8時に寝て夕方4時に起きていた事を鑑みれば、物凄く規則正しい、所謂一般社会に溶け込んだ生活リズムだと言っていいだろう。
だが確信を持って言える。
すぐにこのリズムは乱れるだろう、と。
今は変拍子の真っ最中、その過程なのだろうなと思う。そりゃあいつかはそういう生活リズムに身を置く時が来るだろうけれども、まだそこにはいけそうもない。

ジャック・ケッチャム(アメリカ文学界で"最も不快な作品"を書く作家として知られる。モダンホラーの大家スティーブン・キングも絶賛する作家)の作品ばかり立て続けに読んでいる。
確かに隣の家の美少女が養母や近所の子供に虐待されたり、洞窟に住む人食い一族が若者をとって食ったり、夫婦が妊娠した女性を地下室に監禁して虐待したり、老人が若者に理由なく愛犬の頭をショットガンで撃ち抜かれたりする陰惨な作品が多い、というかそういう作品ばかりだけれどもこの人の作品は基本的には人間の強さを描いていると思う。

焼肉を思う存分喰らった。
焼肉は一番シンプルな食肉の食べ方だろうに、最も肉そのものを楽しむ方法であるところがものを作る人間として背筋が伸びる思いだ。

6月1日の日記

読書してAndroidアプリのFINAL FANTASYをやって過ごした。あ、あとは深夜にtwitterで自分の携帯電話番号を公開してどうなるか実験した。
結果、先輩や友人3人から電話がかかってきた。

何よりも、昔はやっていた事を今やって、自分がどう感じるのかを実験したかったのだろうと思う。

もう寝るね、おやすみなさい。

新曲が出来た話


夜中の2時くらいから地下のスタジオに籠った結果、作りかけだった新曲が出来上がった。
各セクションの尺や細かいアレンジを詰めれば完全に完成。
朝の6時にスタジオ終了。こんなに時間が短く感じたのは久しぶりだった。地上にあがると、すっかり明るくなっていた。

精神と時の部屋だ、と思ったとか思わなかったとか。

自己紹介

Author:舟橋孝裕
愛知県在住、ベースギター奏者です。
・JONNY
・パイプカツトマミヰズ
・犬栓耳畜生
・白線の内側
 やサポートでベースを弾きます。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム