「福岡市中央区へ参りました、パイプカツトマミヰズです」

僕がベースギターを弾くプログレッシブ暗黒青春パンクバンド、パイプカツトマミヰズのCDは実はweb通販されていて、ライブ会場以外唯一now&then recordsの通販ページで購入する事が出来る。
レーベルの一員であるマドモアゼルちゃん(ちなみに彼女は日本人である)がweb通販開始初期にtwitterで呼びかけていて「これは!」と思い、それ以前から知り合いであったものの図々しくも自ら挙手して委託販売をお願いする事になった。最初に納品したCDはレーベルの宣伝、そして恐らくは販売開始と同時にアップロードしたライブ動画の効果もあってか(ないかもしれない)半年程で完売。名古屋を中心に、と言うと聞こえは良いけれど、県外に出る機会は時折あるって程度の尻の重たい僕達のようなバンドからすればこれは快挙である。now&then recordsはレーベルイベントでも僕達のCDを流してくれたりと委託販売を引き受けるという行為以上に、尽力して下さったのだ。本当に感謝している。
実際、見ず知らずの方々が僕達のCDを手にとって下さるっていうのは感動するもんだよ。これも全部、now&the recordsのお陰。
なのである晩、突然マドモアゼルちゃんから電話がかかってきて「福岡に来ませんか」とお話を頂いた際には僕は即決で福岡行きを決めていたし、メンバーも「福岡か!遠いなあ!」と笑いながらも誰も異を唱えなかった。
満場一致で福岡行きを決めたっていうのは、ひとえにnow&then recordsの情熱に応えたかったからである。
そして僕達は彼らにさらに恩を感じる事となった。今日の日記はそんな話。

22日の夜、今池のジャパンレンタカーでハイエースをレンタルしてそのまま吉田君の機材を積み込み、高速道路を10時間かけて福岡へ向かう。夜の10時頃に福岡へ向けて転がりだしたハイエースが福岡市中央区へ到着したのは朝の7時過ぎだったように思う。思う、というのは4時過ぎまで車内でNUMBER GIRLを聴きながら興奮していた反動で眠ってしまったからだ。寝ぼけ眼の朝焼けの中、遂に着いたのだと思った。
そう、福岡は印象深い街だ。一度も行った事がなくとも、高校時代の放課時間に一人MDウォークマンで椎名林檎を聴いていたあの時、大学時代にNUMBER GIRLを聴いて衝撃を受けたあの時、色々な瞬間を重ねて福岡は舟橋少年の憧れだった。成人してバンド活動を本格的に重ねて名古屋以外でライブをやるようになって約10年、遂に自分が愛聴した音楽が生まれた街に演奏行為をしにやって来たのだった。

朝から長浜で長浜ラーメンを食べて感動し、その後僕がこのバンドに加入して以降初めての遠征先でのスタジオ練習(何故だか全員ストイックな気持ちになっていたのだと思う)、その後同行してくれた友人、九鬼君(吉田君が「車内で火鍋を作って欲しい」と誘った九鬼君だが、今回の遠征では運転をし、敏腕ローディーとして振る舞い、本当に助けてくれた。友人だから、という理由で自分のバンド活動に簡単に誘うのは控えていたけれども彼だったからこそ安心して任せる事が出来た事も少なくない)と二人で街を散策し、一気にスイッチが切れて車内で一時間ばかり眠った。
遅れて、飛行機で各務君到着。前夜、四日市でライブだったために飛行機で福岡に来たのだけれども、聞けば人生で初めての飛行機体験だったという。無事に到着して何よりだ。
リハーサルをして、ライブハウスすぐ近くの漫画喫茶でシャワーを浴び、程なくして開演。あっという間に演奏時間がやって来た。

「福岡市中央区へ参りました、パイプカツトマミヰズです」

ただの憧れ、がつたないながらに宣戦布告へと変わった、端から見ればなんて事のない、だけれども自分にしてみればグッと腹の底に力が入る瞬間。演奏が始まった。
今回の遠征はバンド史上初のトリプルギター編成。僕加入以前にギターを担当、後に脱退して東京の某バンドでベースを弾いていた(現在は脱退。名古屋にて生活を送る)柴田君がボランティアメンバーとしてパイプカツトマミヰズ3本目のギターリストとして参加してくれた。彼の参加はKING CRIMSONが2015年の活動再開に際して41年ぶりにメンバーにメル・コリンズを迎えた事に着想を得た事に起因する。「元メンバーの復活劇、これは面白い」と半ば常任ボランティアメンバーとなっていた編成に対する一つのカンフル剤、更なるバンドの可能性の追求として吉田君から「外部からの人材の起用」を一任されていた僕がほぼ衝動的に連絡して実現した。柴田君も興味をそそられたようで快諾、実に数年ぶりにリッケンバッカーを携えた彼がスタジオに現れた時は地味に興奮したものだった。
そして星野ゆり選手は「気晴らしに!旅行気分で!」と強引な誘い方をしたものの、結果的に快諾してくれて同行してくれた。男ばかりの男臭い遠征に可憐な女性がいるっていうのは単純に楽しいものである。演奏もストイックで良いし、トリプルギターという一筋縄ではいかない編成の中、柴田君とリードをとりあったりして有機的なアンサンブルの構築を担ってくれた。才女!!
そして、それらの練習、鍛錬をブッ壊す興奮、これに尽きる演奏をした。ライブは混沌として構築と破壊がそれぞれの演奏者の中で起こりそれってつまりバンドアンサンブルの中でも起こるってわけで、ああどうなっちゃうの楽しい楽しい!状態でとても面白かった。構築とライブに於ける興奮による破壊を繰り返す事で、色々と構築されてくるのだろうと思っている。
福岡のお客さんは温かい、という噂を耳にした事がある。地域による演奏へのリアクションの差異を語れる程様々な地域に行ったわけでもないし一定の演奏をしている(良い悪い、は兎も角として性質の話である)わけでもないのでこれについては明言出来ないけれど、この日のお客さん達は何にしても積極的であった。これはイベント開始時に思った事。
名古屋から訪れた、はしゃぎ回る男臭い野郎共+可憐な女子の奏でるプログレッシブ暗黒青春パンクを楽しんで頂けたのなら幸いである。
良い汗をかいて、イベントを最後まで楽しんで、そのまま会場で打ち上げをし「今日はゴミのようになるまで飲む」と息巻く吉田君を残して各務君と柴田君と九鬼君と、ライブハウスにて出会った紳士推薦のラーメン屋「将丸」にてこの日食べた3杯の中でも一番旨かった豚骨ラーメンをたらふく食らって、宿である試写室へ一人引き篭る。
福岡の夜は長かった。

翌朝、特に遅延もなく集合、一路名古屋へモドリ。
途中で半ば勢いで広島にて高速道路を降り、皆で原爆ドーム、広島平和記念資料館を見学する。幼い頃に祖父と祖母と訪れて以来の資料館見学だったわけなのだが、物心ついたばかりの当時より29歳の自分が見たものの方が衝撃、というか心に残るものがあった。原爆の爆心地近くで発見された被害者の方々の遺品、そしてその解説を読むと原子爆弾の恐ろしさ、そして悲惨さがダイレクトに伝わってくる。ビデオコーナーにて視聴した10分のアニメーション「ピカドン」も大変心に残った。
資料館を後にして、広島の街並みを見ると半世紀程前に爆心地になったとは思えない程の街並みが広がっており、先人の尽力を肌で感じてこみ上げてくるものがあった。
使い古された言葉だし、実際に自分でも中学生の頃、戦争に関して教育を受けた際に抱いた感想と全く同じで恐縮だけれども、戦争の悲惨さを痛感した時間となった。

どこか粛々とした雰囲気の車内。名古屋へ再び走る。
三重県亀山市で駒田君を降ろし、以下少しずつ生活へ戻っていくメンバー達。遠征の寂しさっていうのはここに極まる。
楽しかった福岡での時間、その道中、約48時間が終わった。
最後は九鬼君と二人でジャパンレンタカーへ車を返却し、自宅へ思い出話をぽつりぽつりとしながら歩いた。

有難う福岡、有難うnow&then records。
忘れられない時間を頂戴しました。また行きます。力をつけて、もっと目にもの見せに行きますからね。

20140223pipe_fukuoka.jpg
スポンサーサイト

インフルエンザになって。

先週の水曜日頃からどうも体が熱っぽいというか、風邪のような症状に苦しめられるようになった。
はじめは喉が痛みだし、その翌日には微熱を出している事が体感出来た。
風邪だろうとたかをくくり、市販の風薬を飲んで体調回復に努めるも状況、好転せず。
それどころか木曜の夜には「ああ、しんどいな」と漏らすようになってしまう。
背中が痛むようになり、そりゃあそうだよ、親の敵みたいに寝てるもん、と金曜日も変わらず出勤。
同僚に冗談混じりで「寝過ぎで背中も痛いし熱も出るしで散々ですわー」と愚痴ると「それってインフルエンザじゃないの」と半ば本気、半ば冗談で切り返される。
いやいやまさかそんな、と言いながらも不安になり、そうなってくると病は気からじゃあないけれどどんどん体調も悪くなってくる。
慌てて時間休の申請を出し仕事を早退、かかりつけの病院へ駆け込んだ。
症状を受付で話すとすぐさま奥の診察室へ案内され、隔離。
検査の結果、同僚の懸念はビンゴでワタクシ舟橋孝裕、B型インフルエンザで隔離決定。

このタイミングで確定(幸いな事に職場ではマスクをしていたためか同僚にも職場に訪れる方にもうつした、という話は聞かない。不幸中の幸い)したという事は、それはつまり翌日土曜日のパイプカツトマミヰズ自主企画への参加も危ぶまれる。というか、不可能である。
人道的にも体調的にも迷うまでもなく、僕抜きでパイプカツトマミヰズは久しぶりの自主企画を行う事となった。

物凄く、悔しい。
が、ここで憤怒をぶちまけても悔いを綿々としたためても意味はない。借りは返すべきで、バンドマンとしてストライクバックをするべきであろう。ただひたすらに、楽しみにして頂いていたお客様、ご迷惑をかけた関係者各位、そしてバンドメンバーに申し訳ないばかりである。

寝て、寝て、もっと寝て、兎に角寝て、寝るかご飯食べるかみたいな時間を過ごして熱も上がったり下がったりを繰り返し、二日後に平熱に戻った。
ここから体がウイルスを放出し始めるので僕は歩く生物兵器、兎に角家族に感染させぬように気を付けた。

インフルエンザのきつさというのは医者の先生も仰っていたが、倦怠感が精神的に「クる」点である。
あれは確かに卑屈になるし、熱にうなされてそりゃあ世界も恨む。
あんな思いはもうしたくないので今年はシーズンが到来する前にきちんと予防接種を受けよう。

健康な体ってかけがえがないよ。

映画撮影とカツカレー麺

孤独部単独公演の日の事である。撮影で現場入りしていた映像作家の中橋広光君、聞けば映画を撮っているという。厚顔無恥にも終演後、その場のくだけた雰囲気にのっかって「何か機会があったら使ってやって下さいね」と声をかけた僕に有難くもすぐさまお話を下さった中橋監督。
昨日はその撮影だった。
所謂、脚本らしい脚本というものがあるわけでもなく、大筋が書かれた資料を読んだ上で中橋君の演出でシーンを作り上げていく。僕の役は主演二人の高校時代の同級生、というこう書くとちょっとした役なのだけれども、登場人物が少ない作品なので何分緊張したし、何より僕は映画出演が人生で初めてだ。兎に角監督の意図にそぐわぬように、画面を文字通り汚さぬように、とそこだけは気をつけた上で思う存分、楽しんだ。
それが例えどのような方法であってもアウトプットするという行為はやはり、楽しい。
どんな作品になるか楽しみだ。



撮影後、油そばを食べる中橋監督。

そして一夜明けて今日は仕事後、友人達が新栄の行きつけの中華料理屋で飲んでいるというので遊びに行った。
日頃はライブの打ち上げ等で利用する店なのだが、ああしてふらりと遊びに行くのは久しぶりだった気がする。大人しく談笑しようと思っていたのも束の間、ビールをグイと飲んで気がつけば大いにはしゃいでいた。
やはり助平な話とエフェクターの話は楽しい。飽きる気配さえない。
楽しかったです、有難う。
日付がかわり、夜も更け、徒歩10分程の場所にあるカツカレー麺を食べた。





夜中の空腹を満たすには丁度良い一杯。おいしゅうございました。
今日はどこまでも平和な一日だったなあ。

りっちゃんちでもんじゃ焼きを食べたよっていう日記。


仕事の後、りっちゃん(ex.シャビーボーイズ)が最近独り暮らしを始めたというので遊びに行ってきた。
「もんじゃ焼きをしましょう!」と事前連絡で言っていたので「あー、専門店以外でもんじゃ焼き食べるのって幼い頃家族と食べて以来かもわからんなあ」とワクワクしながら自転車を一時間ばかり漕いでりっちゃんの新居へ向かう。
送られてきたマップデータを見た時にも思ったのだけど、いざ行ってみるとサイクリングがてら出掛ける友人宅のすぐ近くだった。

岐阜から出てきたりっちゃん。
彼女の城は、ピンク色で統一された何とも女の子女の子した部屋であった。
あんまり言うとアレだもんだからそこまで口にしなかったけれども、イメージとちょっと違ってびっくりした(笑)。

もんじゃ焼き自体あまり食べた事がないというりっちゃん自作のもんじゃは、口ぶりかよぎった不安が吹き飛ぶ程旨かった。
「もんじゃ焼きはご飯というよりかは駄菓子にカテゴライズされるらしいよ」だなんて言いつつこの日のために用意されたコテでもんじゃ焼きをつっつく二人。
多分、りっちゃんってお酒飲んでぐっちゃんぐっちゃんになったり静かに狂ってるイメージが強かったから思いもしなかったけど、あの部屋といいしっかりとしたもんじゃ焼きといい、生活力の高い女の子という一面もあるんだな、と再認識。
ただ、相変わらず酒好きだったけど。

その後、体脂肪率36%の女子高生も合流して(彼女がこれまた、ユニークだった。っていうかおかしな人だった。褒めてるよ)楽しい時間は過ぎていった。
りっちゃん、有難う。

単純な俺。


友人宅で「名古屋 逆風俗」でGoogle検索をかけて出てきたサイトを二人で閲覧して、自分自身の一時間をものの3000円(性的なサービス含む)で売り払う覚悟を有した30代後半の男性のプロフィール画像と売り文句を見ながらあーでもないこーでもないとやるのは、その背後に一体何があるのかを考えない限りは無責任に楽しい行為だ。
例えそれが友人と僕の財布が軽い、というような話に端を発した行為であったとしても。
今から数年前、僕はそういうホームページを1/5程の、つまり露程も本気ではない覚悟で閲覧したのだった。
今となってはそういうホームページをアルフォートなんかをボリボリ食べながら見られる程度には余裕がある。

深夜のコンビニにて三ヶ月の空白を埋めるための四時間を過ごす。
単純な成人男子二人は、良い意味でも単純だった。お互いに意地を張って、僕はついでに肩肘も張って、でも最終的にお互いにそれをゆっくりとほぐす事が出来て本当に良かったと思っている。
この単純さは、良い単純さだ。正解!大正解!

小腹が空いたので海苔あられを食べた。
ハッとする程美味しかったのは密度の高い時間を過ごしたのと決して無関係ではないだろう。
単純な男の胃袋も、また単純なのであった。

ピースフルな演奏の話。

以前人に「君は仲良くなると一気に仲良くなって滅茶苦茶遊んだり距離詰めたりして、飽きたらすぐに他の人の所に行く」というような事を言われた事がある。否定はしないし、確かにそういう部分もあるかもしれないけれども少なくともその人に対する感情とか思い入れが変わったわけではなくて、その都度その都度出会う人が自分に定着していって人間関係が馴染んでいって、っていう風に人間関係を構築しているだけです。特に意識しているわけではないけれど。
でもそういう風に捉えられちゃうっていうのはしょうがない事なんだろうな。
ただ勿論お互いにそんなの意識せずに交流を持ち続ける友人もいるわけで、今日はそんな友人とその家族に関する話。

10年来の友人、にして元バンドメンバーである神田君(ex.不完全密室殺人)の妹さんがこの度目出度くもご結婚されるという事で、その結婚式の二次会のパーティーでの余興で演奏させて頂いた。神田君からのお誘いで参加させて貰ったのだけれども、メンバーは神田君がドラムで各務君がギター、伊藤誠人君が鍵盤で僕がベース。そして当日知ったのだけれども(神田君「あれ、言ってなかったっけ。...言ってなかったね」)ボーカルは新郎さん。
新婦、妹さんには内緒でサプライズという事でこんな素敵な企画に声をかけてくれて有難う神田君、そして新婦さん。
演奏曲は山添ヒロカズさんの「100パーセント」。歌詞を改めて読み返すと結婚式に新郎が歌うにはうってつけで、神田君ナイスチョイス。

練習スタジオを体調不良でお休みさせて頂いたので当日、各務君ちで二人でちょっと練習して、曲構成とか確認。
少し前に某大型質屋でジャンク品で購入したグレコのバイオリンベース(半ば強引に修理済み)を携えて覚王山の高級なイタリアンレストランへ。
パーティー会場の一角に機材を所狭しと並べて演奏したのだけれどもいや、本当に素敵なムードだったし演奏だった。レストランだしスピーチ用のマイクを使っての歌唱だから音量もさほど大きくなく、弦楽器はそれこそ自宅練習ようのアンプを持ち込んで使用。けれども参加者の皆さんの歓声やら合唱する歌声やら、「生」の感じがパーティー会場に広がって本当に素敵な時間だった。

高級イタリアンレストランでのパーティーであるからして、出てくる料理も実に美味しかった。もうひたすら食べ続けてビンゴ大会も楽しんで(「今までこういうの当てた事ない」という各務君が一番のりでビンゴ出してた。爆笑した)、食べ過ぎて苦しいやって頃に演奏時間がやって来た。
どうやら演目的にこのサプライズ演奏がパーティーの大トリのようだ。気合いが入る。バンドでの歌う事自体初めてという新郎さんの背中、そして驚く妹さんの顔を見ながら、そして懐かしくも全くブランクと違和感を感じさせない神田君のドラムによる安心感を感じながら楽しく演奏。
誰かのために弾く、とか普段は別段意識しないけれども、この日ばっかりは大いに満ち足りた気持ちでピースフルな演奏が出来たと思う。変に主張が強くないバイオリンベースの暖かみのある音も貢献してくれたと思う。

妹さん、貴女とはスタジオや神田君の家の方に行った折とか数回しかお会いした事がありませんでしたけれど、それでもやっぱり昔はお嬢さんだった貴方がご結婚されるっていうのは僕には感慨もありましたし、それ以上に感動がありました。パーティーの最後のスピーチで涙で声を詰まらせた貴方は本当に素敵でした。
そして新郎である竜介さん、ご一緒出来て本当に良かったです。貴方の愛情溢れる悪戯心、お手伝い出来て光栄でした。
どうぞ、どうぞ末永くお幸せに!!



新郎新婦と。
僕の顔面が大きく見えるのは遠近法だよ。本当だよ。

地下鉄鶴舞線にて。

病み上がりの体で、それでも休日を充実したものにしようとちょっと出掛けた。
帰路は地下鉄で。
下車しようとするとふとざわついた空気を感じて振り返ると、優先席の女性に目の前に立った男性が詰め寄っている。
女性は嫌そうに顔を背けている。イヤホンをしていたので聞き取れなかったが口は「何ですか」とか「やめてください」とかそういう言葉を発しているようだった。間に何人か降りようとする人がいたのでその隙間からしか彼らの様子は窺い知れなかったけれども、何だろうとイヤホンを外すと丁度女性に詰め寄っている男性が言葉を発するところだった。

「今度から俺みたいなおじさんが乗ってきたら席を譲れよ、いいな、譲れよ」

恫喝、である。
しかも根拠のない。その証拠に、その女性の隣にはたっぷり2人分は座れそうなスペースが空いていた。ひょっとしたら駅につくまでその優先席は空いていなかったのかもしれない。だとしても、である。僕の横は空いていたはずだ。
あらゆる可能性を考えてもその女性がそこまでその老人に恫喝されるいわれはないはずである。
席は、空いていたのだ。

そのまま下車する。なんてことはない、関わり合いたくなかったのだ。
降りて振り返ると老人も下車するところだった。その身なりのしっかりした老人は下車するとそのまま歩き出すでもなく、人を吐き出して、人を吸い込んで走り出さんとする車輌の中を窓越しにじっと見ている。その様は先程の女性に駄目押しで因縁をつけるようで、とてもとても静かだった。老人は地下鉄が発車するまでずっとそのままの姿勢で車輌の中に視線を注ぎ続けていた。僕は知っている。その視線は、先程座って顔を背けていた女性に注がれているであろう事を。
その視線を直視しなくて良かった、と思った。傍観者のままで良かった、と。

ひょっとするとその女性は物凄く無礼な言葉をその老人に吐いたのかもしれない。吐かなかったのかもしれない。
だけれども、状況的にどう考えても因縁をつけられるいわれのない女性に、必要以上の様子で恫喝する行為は妥当ではないと思われたし、その様子はとても正常なそれではなかった。

僕が今回書いておかねばならないのは優先席がどう使われるべきか、とか地下鉄内のマナーは、とか、年長者に対する敬意の向け方やその方向ではない。
あの老人は、僕の目からすればもう狂っていた。思索は目の前で起こった事態から乖離して、どんどん観念的なものになっていく。とかく、移動中なんかは。

狂気っていうのはふっと日常に湧いて出てきて、それは見るものを酷く悲しい気持ちにさせるという事。
そして当の本人はそれがきっと正常な事である、と思い込んでいるのであろうという事。
ではひょっとすると僕が日常的に感じる義憤や怒りっていうのも端から見れば狂っているのかもしれないな、とかそんなとりとめのない、思春期にでも考えそうな事をつらつらと考えた。
帰宅して、発注した工具や材料が届いているのを確認して、調子の悪かったベースギターの修理をした。完全に、修理は成功した。
つまり僕は、とっても精神的に余裕のある状態だったってわけ。



人間の躍動感を感じさせないトラックにノイズっていうのは実に興味深い。
人間味を感じさせないのだけれども、その分人間の内面に深く潜り込むような音楽である気がしている。

自己紹介

舟橋孝裕

Author:舟橋孝裕
愛知県在住、ベースギター奏者です。
・JONNY
・パイプカツトマミヰズ
・犬栓耳畜生
・白線の内側
 やサポートでベースを弾きます。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム