ナトリネ、お疲れ様でした。

今まで何度も(この日この日この日この日この日この日も)ベースギターを手にサポートしてきたナトリネの解散レコ発ワンマンライブでベースギターを弾いた。
聞くとナトリネは約5年間活動をしてきたようで、その中の2年間、折に触れて僕を起用して演奏に臨んでくれたナトリネとの最後の演奏。演奏後の達成感も含めて、恐らくどれだけ書いても書ききれないだろうけれども、ちゃんと記録として留めておこうと思う。

この日のナトリネは実に総勢9名のサポートメンバーを迎えた大所帯。同時に演奏しなかった人も勿論いる(というのもベーシストだけで4名もいたからだ)けれども、全員で一丸となって演奏したと強く感じられた時間となった。自分の演奏以外の時も成り行きを見守って、場の空気を感じ、そしていざ自分の出番となるとそれをどう次に繋げるか、誰しもが意識していたんじゃないだろうか。
あれだけ多くの人間が、しかも普段は活動する畑も違えば重ねてきた時間も違う、そんな人間達が関わって全員がモチベーションが同じくらい高く、それでいてそれぞれの領分できっちりと演奏に貢献出来るっていうのは何よりもまずナトリネ側から何を求められているのかがとてもわかりやすかったという事がある。実際、当日の進行表を見、そこに並んでいる顔ぶれを見、曲目を見て僕は自分がどういう立ち位置で流れの中に存在するべきかすぐに察する事が出来た。
演奏後に他のサポート陣営と話をして、皆同じ気持ちだったという事がわかってつくづく、ナトリネ側のスマートさっていうのか、参加メンバーの旨味をよく理解してくれた上でのオファーだったのだなと痛感した次第だ。
いやはや、何をして欲しいのか、何をするのが美しいのかわかりやすかったお陰で、僕は炸薬みたいな演奏に徹する事が出来ました。

ノンMC、曲間にナレーションを挟んでのぶっ続けの一時間、それで一つの作品という構想はナトリネの世界観を表現するのにとても適していたし、とても美しい形で結実したのだなと振り返って、思う。本編が始まった時、出演者控え席で思わずグッときたし、演奏後も目が離せなかったもの。
そしてそれぞれが素晴らしい演奏をしていたサポート陣もそうだけれども、何より茜ちゃんと梶君の二人が今まで観た事ないくらい活き活きと演奏していたのが本当に美しかった。二人とも本当に楽しそうで、そしてそれがとても良い演奏だったというのが本当に、参加側なのにグッときた。
集大成であれが観れたんだもの、納得しちゃうよ、そりゃあ。

素晴らしい音楽には凝った演出も、舞台装置も、空間的な気遣いも、エンターテイメント要素も、きっといらないのだろう。だけれども素晴らしい音楽にそれらが加わった時、本当に芯の強いものが生まれるのだと強く感じた。
それが作られていく現場に立ち会えた事、自分の演奏がその一部になったんだと振り返って思える事がとても嬉しい。
そして想像していたよりも遥かに健やかで、清々しい解散を果たしたナトリネ、茜ちゃんと梶君の二人にも本当に感謝しています。音源発売、おめでとう(僕もベースギターにビッグマフをグイッとかけて弾いています。自慢の演奏です)お疲れ様、素敵な思い出が出来ました。昨夜の経験って、今後の自分としても誇れるものになるでしょう。

最後に、打ち上げ時に撮影した集合写真を載せて思い出を締め括ります。
ナトリネに、乾杯!


スポンサーサイト

ドラマティック京都

4月20日は京都二条GROWLY安齋さんの何度目かの29歳の誕生日(かつ伊藤誠人君の誕生日でもある)、という事でその記念イベントにパイプカツトマミヰズで参戦してきた。

早速ぶっちゃけちゃうと、僕達の演奏はお世辞にも良いものだとは言い難かった。
自戒を込めて書く。
こうして書いてしまうと喜んで下さった方々に顔向け出来ないし、何よりとても失礼だから書くのは迷ったけれど、単純に演奏の精度云々以前に「今更そんな事態が起きるのかよ」というレベルの話で満足な演奏が、パフォーマンスが出来なかったのは揺るぎない事実だ。

勿論、我々からすればそれを省みる事で実に大きな収穫を得る事は出来たのだが(辛酸や苦渋を舐めれば舐める程鍛わってくる部分があるのも事実)、だけれどもあの日の演奏の機会はただ一度。
そう考えると主観的になって先を見越した収穫に満足すべきではないのかもしれないが、昨夜ガッカリさせた方は更に凄いのを機会さえあればお見せしたい、と思うくらいに今の気持ちは健やかだ。
演奏技術が日々のライブ演奏の中で向上するように、バンドの結束や意識はライブの中で育っていく部分もあるだろうから。
なんにしたって、繰り返す事ではなく発展させる事、だ。


この日観るのを楽しみにしていた花泥棒
楽しい歌に、キラキラしたギター、雰囲気ある佇まい。そして時折披露されるファズによる轟音がとても気持ち良い。
楽しく拝見した。
ノズエ師匠のギターは空間を感じさせる色ッぽいリバーヴ具合。やっぱり、巧みなんだなあ。


安齋さんと、この日僕らの前説として参加してくれたかしやま君(孤独部)と記念撮影。
安齋さん、おめでとうございました!


自宅のPCのOSがwindows XPだったから携帯から更新するブログ

12日土曜、13日日曜と大いに動き回った先週末。あれ、日曜は週始めだっけ?まあ、いいか。
僕にしては珍しくも写真をそれなりに撮影していたりするので、写真と共に振り返ってみましょう。


土曜は友人でありテレポテのドラマーである伊藤専務の結婚式二次会に愉快なバンドマンの皆と参加してきた。
奥さん、可愛い方だという話は聞いていたけれど本当に可愛い。おいおい専務、聞いてないよ。
愛でたく新婚さんとなった二人が音楽にあわせて登場した時には歓声とともにいきなり感動がピークに。おめでとう、本当におめでとう。仕事をしてバンドもやって、更には家庭まで持ってっていうのが如何に大変なのかは流石の僕でもわかるつもりだ。でも専務ならそれを相変わらずのあの飄々とした感じで全部やりきるだろうし、奥さんもそれを楽しまれるんだろうなぁ。
畜生、専務羨ましいぞ、何よりおめでとう!

有り難くも専務から奥様に向けてのサプライズ演奏、お誘い頂いてその一員に加えて頂いた。
「こんな機会じゃないとなかなか舟橋君ともやれないと思って」って、またしても畜生、嬉しいじゃないか。演奏中の専務の笑顔も、そして渾身のドラムソロも最高だった。
ビールを飲んで、泥酔して、ラーメンを食らって帰宅。
気持ち良くぶっ倒れて就寝、というわけにもいかずそのまま深夜のレコーディング。


日曜は早起きしてホームセンターにて買い出し。
5月22日に新栄CLUB ROCK'N'ROLL
にて「ぼくんち」というイベントを行うのだが、その準備。
「ぼくんち」について詳しくは近日中にまた改めてお知らせするとして、ざっくり言うと「舟橋の自室となったフロアにて観覧する体感型観覧イベント」である。フローリングにカーペット、テーブルにベッドにデスクトップパソコンや家具に囲まれた中でライブを観る事になるわけだが、ライブハウスのフロアを自室にするための準備第一弾。
自室を再現する上で何が必要ってまずは何よりも壁。これがなきゃはじまらないでしょうという事で事前に実際のフロアを採寸、それに基づいて計算しておいた(実際にしたのは優秀なスタッフ氏)必要となる枚数の板を仕入れに行ったのである。
当初の予定ではベニヤ板を使って、所謂「パネル」を作成するつもりだったのだがもっと加工しやすく、何より素材の質感的にも理想的な材料が見つかったので会議の末そちらに変更。
日曜のお昼前、ファミリーレストランでサラダバー(カレー付)を貪りながらディスカッションするのは実に平和なクリエイターの休日然としていたかもしれないが、本人達は至って大真面目でシリアスである。

結果、仕入れたのは180×90cm、厚さ30mmの12枚の発泡スチロール。
今時のホームセンターって便利だね、二時間までならガソリン代いらずでトラックで貸してくれるんだもの。
で、塗装用の塗料やら細々としたものも買い込んで無事に帰宅。

夜はバンド練習。
パイプカツトマミヰズは最近新曲製作に勤しんでいるのだが先週試した「知的で技巧派路線」の曲のアイディアが思うように結実せず、開き直った吉田君が持ってきたのは「もういいよわかったよ!リフをガンガンやればいいんだろ!」路線。つまり従来の路線。
変わらないと言えば変わらないが、積み重ねてきたものが顕在化、した、のか...?
どちらにしても、気に入ってる。

いやはや、大いに充実した土日だったなあ。ちゃんと楽しんで、やる事はやった感。

拝啓Iron ether Oxide様~ベースファズに教えられた事~

購入以来、あれやこれやと色々と試行錯誤、何度か「売ってやろうかこの野郎」と思いつつもなんだかんだで手放さずに手元に置いていたIron Etherのファズペダル「Oxide」だけれども少し前にひょんな事から扱いやすくなるコツを発見したのでメモメモ。

なんて事はない、これの前にBOSS社のエフェクターを一つ挟むだけで、ブレンドは可能なものの高域が劣化しまくっていた原音がちゃんとアタック感の伴った明瞭なトーンへと変化(というか戻った)した。
他のエフェクターでも試してみたのだけどBOSS社のものだけだ。あれかな、BOSS社のエフェクターに内蔵されてるバッファーとやらが良い感じに作用しているのかな。残念ながら僕は純粋なバッファーを持っていないので何とも判断しかねるのだけれども、原音がちゃんと劣化していないものになってからというもの、しっかりと気軽に踏めるエグいファズ(何て矛盾した表現!だけれどもニュアンスは伝わるはず)になってくれて意気揚々と第一線で活躍しています。チューナー、普通に使うし。ゲインを下げてやれば流石「ブラスマスターを意識しました」というだけあってブラスマスターレプリカのASSMASTERの音色にキャラクターが似ている(細かいニュアンスは勿論違う)。
場合によってはこっちの方が合ったりもするので使い分けたり、気分によって変えたりしている。コントロールが豊富な分、シチュエーションによってはこっちのがあったりもするかもね。

ファズの場合、バッファーをカマす事で音色が変化するっていうケースはよくあるみたいで(ビッグマフもバッファーをカマすだけでアタックが出るようになったりしちゃうとか)、今回のケースで如何に僕が単細胞っていうか、複合的に足元を考えられていないかが自覚出来た。ペダル間の相互間の音色変化も起こり得る、という事ですね。


勉強させて頂きました...!

ベースギターを弾く上での思索

20:00、仕事を終えてロッカールームにて急いで着替える。
20:05、職場を飛び出して自宅へ。
20:10、自宅到着。楽器を担いですぐさま自転車に跨る。
20:13、池下CLUB UPSET到着。

つくづく、実家が良い場所にあって良かった、と思う瞬間である。
もう楽屋を経由するよりも早い、と5階のUPSET入口から直接ステージ脇に向かおうと入っていく。

「お疲れ様です、今どんな感じですか?」
受付にいらしたスタッフの方に訊くと
「2バンド目の皆さんが演奏終わって、これから転換ですね」
「有難うございます」

数秒後、今まさに自分達の転換が始まったのだと気付いた。
ギリギリでMoNoSiRoのサポートに間に合ったってわけ。演奏にも弾みがつくってもんだ。
金森君のギターの弦が切れるというトラブルに見舞われるも、個人的にMoNoSiRoに於いて弾きたいベースは弾けて満足して演奏終了。
「舟橋君はどんなバンドでもそのバンド毎にやるべき事をふまえてちゃんと自分の居場所を作って味を出すから良いね」という言葉を頂いて、日夜多くのバンドをご覧になっている方から自分がやりたいと思っている事をきちんと評価して頂けて物凄く嬉しかった。
思索は過去に遡る。

まだ演奏する人間としてアイデンティティがなかった頃の話(この演奏に於けるアイデンティティってある瞬間には物凄くつまらないものだけど別のある瞬間には物凄く自分を加速させる、ちょっと特殊なものだ)、僕はただただしゃにむに演奏していた。
今と違って演奏に於ける心構えなんてただ一つで、兎に角誰と演奏しようと常に自意識過剰、自分の色がないがあまりに自分の色だと思い込んだものを疑いもせずにぶつけていた。あれはあれでパワーがあって良かったけれども、そういうのを重ねるうちに少しずつだけれどもバンドマンっていうのは突き詰めると結局何をしようがそのバンドマン自身でしか在れないと思うようになった。
では真摯にそのバンドの演奏に向き合うのが一番美しい、ライブだろうがレコーディングだろうが少なくとも作品として美しいはずだ、と思い改め、変に力む事もなくなった。ステージから客席に飛び込んでベースをぶん回す事も無理にしなくなったし、過剰な自己主張もなくなったと思う。未だに僕にとってベースギターの音っていうのは一種類だけれども、その一種類の音にしても幅を広げる事を考えるようになったというか。
自分を大きく見せる事もしなくなって、やっと僕はそれなりの演奏家になれたんじゃないかと思っている。

これはつまり、多くのバンドで演奏し、多くの人の中で演奏を続ける事で自分のアイデンティティは出来上がったという事だ。
一つの道を突き進んで自分自身を「こうである」と発見するのも方法ならば、これもまた僕にあった方法だったのだろうと思っている。
今は兎に角驕らずに、もっと良い作品を作れるようにもっともっと純度の高い演奏を出来るように心掛けるばかりだ。
何にでも馴染む音、っていうのは一つのポピュラリティーだと思うけれども何にでも馴染む在り方を探求していきたい。
バランス感覚、だ。

自己紹介

舟橋孝裕

Author:舟橋孝裕
愛知県在住、ベースギター奏者です。
・JONNY
・パイプカツトマミヰズ
・犬栓耳畜生
・白線の内側
 やサポートでベースを弾きます。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム