舟橋、Elixir初挑戦の巻

ここ最近の週末=休日は実質全然「おやすみの日」なんかではなくて、むしろ平日より早起きして遅くまで動き回る事が多い。
朝8時半に起きてシャワーを浴び、楽器と汗だくになるので着替えを持って名駅近くの稽古場へマウンテンバイクをひたすらに漕ぐ。
お昼の休憩を挟んで夕方まで稽古をして、その後ライブだったり練習だったりへ再びマウンテンバイクを走らせる。
楽器を担いでの移動ってやはり楽器分カロリーを消費しているらしく汗をその分かく。背中も肩も痛くなる。
夕方以降は早起きした影響で眠くなったりする。Twitterとかで友達や知人が楽しそうな休日を過ごしている様子をアップロードしているのを「いいなあ」と眺める。
だけれども、実はこういう時間の過ごし方はすこぶる健康だ。
今日友人がwikipediaで調べたところによると

・趣味
生理的必要時間と労働時間以外の時間に好んで繰り返し行う行為

との事。
僕の趣味は表現活動で、兎に角自分発信だろうが人発信だろうが、どんな形でもいい、自分を使って表現する事が好きだ。それを自覚する前は事ある毎に、自覚してからは積極的にそんな趣味に時間を費やしてきた。
好きな事に時間を費やすという事はそれによって例え忙しくなろうとも、精神的には健全な状態をもたらす。
そうなると面白いもんで「表現活動全般に対して」良いモチベーションで向き合えるから不思議だ。

導入で書くだけのつもりがつい長くなった。
さて、先日ベース弦を張り替えたのだけれども、今回は今までずっと張っていたものではなく、今まで一度も張った事のないブランドのものを張ってみる事にした。


Elixirのベース弦は、普段張っているものの3倍近くの値段がする。けれどもその分、寿命が長いという噂を聞いていた。
周りの愛用者の話を聞いても良い印象のコメントばかりが返ってくる。
僕は張ってすぐのブライトな音色が好きなので、弦の寿命が長いならこんなに有難い事はない。とかく、この季節は死ぬのが早い気がする。手汗のせいだろうかしらね。
月に一度張り替えて、その間に弦が死んでいく様を体感しながらそのストレスと闘うくらいなら、一定の状況で3ヶ月耐えてくれる弦を張りっぱなしにした方が良い。
コーティング弦に良い印象も悪い印象も特になく、単純に長持ちしてくれれば儲け物だという貧乏性な考えで実験へと踏み切った次第である。

果たして、Elixirは、凄かった。
まず弾き心地ね、凄く好み。
コーティングの影響だろう、弦が適度にツルツルしてて指離れが良い。スライドもしやすい。ラウンド弦の隙間にゴミが入らないようにするためのコーティングだが、演奏性の向上にも一役買っているようだった。
次に音。
張ってしばらく弾いていたら高域は落ち着いてきたものの、それでとしっかりブライト。ちゃんとバキバキゴリゴリいわせればいってくれる。音に締まりがあるように感じた。
テンション感は若干強めに感じた。これは使った人のうち、そう感じる人も少なくないみたいですね。
コーティングされてるから弦アースは落ちてない。音を出してない時はブリッジを触ってなきゃアースが落ちないけれど、僕はノイズとか気にしないし気になる瞬間にはブリッジ触ればいいしなんならチューナーでミュート出来るからこれも特に気にならない。

総評:滅茶苦茶良いじゃん!Elixir!

あとはこの状態がどれだけ維持されるか、だ。
あとコーティングが剥がれるのが嫌でひたすら指弾きをしてる。良い練習の機会になった。久しぶりに指先に水ぶくれが出来た。アロンアルファで固めて、弾き続けた。

最後に、偶然隣のスタジオで練習してた村上友哉君(さよならパリス)の美しいボードの写真を。
ここ最近見た中で最も美しく、そして最も興奮した足元。


スポンサーサイト

平和惚け

少し前に胸が痛みはじめ、それが一週間程も続いたもんだからついに病院へ行った。平日の病院、それも近所では一番大きな病院だったもんだからそれはそれは診察待ちの人で溢れかえっており、待合室で待つこと一時間、診察は数分という「なんともなあ」という事になった。
医者の提案によりCTを撮る事になり、その撮影待ちでさらに一時間、撮影後の診察待ちで一時間。

三時間かけて「医学的には健康そのもの」とお墨付きを貰い、僕の胸の痛みは「気にし過ぎ」が原因であると判断された。
僕が言いたいのは病院で都合三時間待たされた事ではない。安心を買うために、医学的に健康な肉体であるという認識を得るために、7500円と三時間を費やしたという事だ。
僕の平和な毎日はそういう費やされたものの上に成り立っているという事。
なんてことだ、一度気になりだすとそれを解消するのに相応のものを費やさないと安心さえ出来ない。

少し前に夜の海を見に行った。
ビールを飲みながら港をフラフラ歩いた。アベックばかりだね、と下卑た視線(当然、彼らの性行為を想像してニヤついていた、というニュアンスを含んでいる、これは)を、酒気を帯びた視線を絡みつかせながらフラフラ歩いた。
良い気分だった。
平和を実感した。

週末が立て込んでくると、その反動なのか平日の夜を如何に充実したものにしようかと悪戦苦闘する事になる。
仕事の休憩時間、食堂で大将が「具が少ないから」と安くしてくれた豚汁をおかずに炊き込み御飯を頬張りながら、さて今夜は何をしようと思索するのはそれこそもう、平和の極地だろう。
結局今夜は、特にこれといった事をしなかった。ビールを飲もうとして飲まず、睡眠時間だけが増えた。久しくしていなかった耳掃除をして沢山耳垢を除去し、いつもより少しだけ早くベッドに潜り込んでいる。
これを平和と言わずしてなんと言おうか!

今日は平和だった。
明日もきっと平和だろう。
明後日も、その次の日も、平和だろうと予想している。
平和になると、慌ただしい毎日が恋しくなる。
つくづく、欲しがりなんだなと思う。

サマータイム奉仕活動(仮)

14日は新栄CLUB ROCK'N'ROLLとパイプカツトマミヰズ共催企画「サマータイム奉仕活動(仮)」だった。
ロックンロール本多さんが腰が重い我々を引っ叩く意味で(これはかってに僕がそう思っているのだが)「やろうよ」と仰って下さり、実現。
我々は東京よりヨソハヨソをお招きし、本多さんが声をかけて下さった東海圏のバンド6バンドと合計7バンド(!)と我々での演奏合戦。
僕達はトップバッターで15分、トリで15分演奏するという初の体験をした。
折角なので違った事をやろう、となりトップバッターはピリリと駆け抜けるように演奏し、最後はいつも通り構えずに演奏。この日物販を持ってくるのを忘れた担当:駒田メンバーは責任をとって前半戦と後半戦の間、兎に角アルコールを摂取しまくり、途中で一度失踪、転換中にメンバーが付近のトイレより発見。
危なかったな駒田君、君の熱烈なオファーでお招きしたヨソハヨソ、見逃すところだったぞ。

共催とはいったものの、全バンド観て感じたのは実に違和感のない出演陣というか、盛り沢山ながらもどのバンドと一緒にやる事に違和感がないというか、凄くしっくりくる顔ぶれだったという事。
流石本多さん!


ヨソハヨソ、凄まじいテンションと一糸乱れぬ演奏で会場の空気を一気に持っていってた。
テクニカルかつ複雑というのも度を越えればエンターテイメントたり得る、というのを突きつけられたようだ。
熱量や衝動性、鍛錬や求道といった相容れないような要素が高い次元で合致した素晴らしい演奏。いやあ、久々に興奮して雄叫びをあげてしまった。
ヨソハヨソ、衝撃的!

レジオキング先輩も流石の一言。
流血沙汰でさえエンターテイメントに仕上げてしまう様というのは百戦錬磨のバンド感と人柄のファニーさが渾然となったようで胸がすくようだった。

トリの演奏はサマータイムだけに全員水着で登場して行った。
特にウケなかったよ、うん。しかも裸で皮のストラップだと演奏しにくい事この上なし。二度と、やるまい!

「知能というものに創造性は含まれない」

名古屋市は中区を中心としたエリア一帯のライブハウスで様々なバンドが一斉に演奏を開始(つまり、サーキットイベントって奴だ)し、Twitterのタイムラインもそれに参加して楽しんでいるお客さん、バンドマンのツイートで一杯になっている頃、舟橋は

仕事→エフェクター屋→昔馴染みの友人と過ごす→寝る→起きる→地下鉄遺失物の販売所に行く→大須をぶらつく→バンドの練習をひたすら行う

という風に過ごしていた。
学生時代を名古屋で過ごし、大学卒業後は名古屋で就職したものの仕事を辞め実家へ帰っていた友人(♀)はその後もおりに触れては名古屋に来ていたようだったけれども、タイミングがあわず本当に久しぶりの再会となった。
時間を埋めるように話を矢継ぎ早にする、とかもなく、ただ昔のようにゆっくりと過ごした。
この週末で25歳前後の女性と話をする機会が何度かあったのだけれども、たまたまなのかそれともそういう年代なのか、皆人生設計というか、その先、ずっと先の事を意識していて面白かった。funnyではなくてinterestingの方ね。

地下鉄の遺失物の販売所、これはずっと昔、それこそ高校時代に偶然辿り着いた記憶があって、その記憶の残滓を頼りに探したけれどもなかなか見つからず、友人知人に聞いても皆、百貨店とかで催し物として開かれる落し物市は知っていてもその販売所については知らぬようで、半ば自分の中では幻だったのだろうか、とまで思い始めていた場所であった。
だが、いざ友人とスマートフォンで調べてみたところ、意外にもすぐに情報が見つかり、歩いて行けない距離でもなかったので行ってみた。
...記憶よりもずっと、激しく雑然としていた。
時折いるじゃないか、その場所以外で存在している事が疑わしくなる程その場所が似つかわしく、生活感を感じさせない人間が。イメージで言えばいつ行ってもいる飲み屋の常連のおじさんとか古めかしい喫茶店でひたすら書き物してる物書きと思しき男性とか、そういう感じの場所とセットになった人の事だ。
そういう人しかいないの。その販売所。
凄い空間だったなあ。


一日動き回ったりバンドの練習をしたりで疲れちゃったので、夜はラーメンを食べた。
味の濃いラーメンっていうのは適度に疲れている時は五臓六腑に染み渡る。

バッファとファズベース。

ファズが好きだ、と言う割に今まで「インピーダンス」という概念を無視してきた。自分のそういうところは本当になんていうか、なんともはやなんだけど「よくわからないけど良い音が出ればいいんだろ」くらいにしか思っていなかった。
呆れて下さい。
で、インピーダンス。

用語の解説はインターネット上で簡単に見つかる、その旨に詳しい皆様の解説ページに譲るが(ぶっちゃけ、舟橋、お前学術的知識として理解してないだろ、と思われた貴方、貴方の事を私は名探偵と呼びたい)、ことファズに関して言えばインピーダンスのミスマッチを意図的に起こす事によって歪みを得ている機種も少なくないらしく、ハイインピーダンスで受けてナンボ、みたいな回路もあるそうな。

さて、本題である。
僕がここ最近気に入って使っているIron Etherという専らベースギター用のエフェクターを製作、販売しているブランドのOxideというファズがあるのだが、これの妙な仕組みに気付いたのは購入してしばらく経った頃だった。何故だかこのファズ、BOSS社のペダルの後に接続しないと原音ブレンド機能が正常に動作しない。高域が妙に削がれてモーモーした、ブレンドしても音の立体感に貢献もせず、相対的にひっこんでしまうような音しかアウトプット出来ない。
BOSS社のペダルの後に接続する事で原音はその高域を取り戻し、ペダルとして真価を発揮してくれるのだが、これについて思いを馳せていた事から「バッファ」に辿り着いた。
BOSS社のコンパクトエフェクターにはバッファが内蔵されている。
ハイインピーダンスをローインピーダンスに変換してくれるバッファ、それを間にカマせる事でファズが正常に機能するならば、このファズ、ローインピーダンスで受ける事を前提に作られているのではないか、と思い至ったわけだ。

だが調べてみると一般的にファズペダルはハイインピーダンスで受けるのが良い、とされている。
だがしかし、ファズにローインピーダンスの信号を入力する事でアタックの効いた音色になる、という情報も得た。
ファズとバッファは切っても切れない関係にあるようである。

調べども調べども、いまいちピンとこないというか、知識と経験はやはりどちらも伴ってこそ、とあれやこれやと繋いで実験してみた次第である。



で、手元にあるファズを色々試した結果、ローインピーダンスで入力した方が好みの音色が得られる事が多かった。
どう違ったかというと、高域がしっかり出てアタックの効いた、アンサンブルの中でも主張しやすい音になった。
「ハイインピーダンスで入力すると吉」と一般的に言われているファズフェイスでさえ、バッファをカマしてローインピーダンスにした後に入力した方が好みの音が出た。
いやあ、スッキリしましたね。出音が全て、なので常套手段と真逆の事をやる事になろうとも構わないのだけど、やはり自分の手持ちの機材を使ってどうすれば好みの音を出す事が出来るか、は知識としてあった方が良い。というか、ファズの音色がバッファでここまで変わるのかっていうのが単純に面白かった。

こうなると、バッファにも興味が湧いてきますね。

ここ最近の演奏活動。

先週はなんだかんだで二度も人前で演奏する機会があった。幸いにしてそのどちらも印象深い演奏になり、気付きや得るものがあったので思い出を綴っていこうと思う。

5月最後の日は新栄vioにて「弓指寛治君を偲ぶ会」にてかしやま君(孤独部)、金森君(MoNoSiRo)と映像作家の伊藤貴哉君との即興演奏を行った。
一週間程前に「友人が生前葬をやるからそこでバンド演奏をしてもらえないか」とオファーを貰いなんだその面白いオファーは、とかしやま君と出張る事を決め、どうせなら言い出しっぺの伊藤君にドラムを叩いて貰おうと彼を逆オファー、そしたら伊藤君が金森君を誘おう、と提案しあれよあれよという間に決まった即席バンドでの演奏だ。
打ち合わせも兼ねて彼らのシェアオフィスに行き、弓指君と直接会って話をしたりしているうちに「これは面白いぞ」と確信、当日を楽しみにしていた。即興演奏については前日に一度きりスタジオに入り(即興なのだからいらない、という話にもなったが、文脈はあっても良いだろうと軽く合わせる事になった)、全貌が見えないものの妙な安心感を得、スリルはあったものの不安はない中、ステージに上がる事となった。

この日の会場の様子については是非書いておかねばならない。今まであんなシチュエーションで演奏した事はなかったし、きっと今後もそうそうある事ではないだろうから。


ステージに据えられた棺桶、祭壇、焼香台。
遺影までしっかりある。サッカーボールが志半ば、感を演出していて効果絶大。


この日の足元。
オクターブファズに、そして棺桶。
棺桶の中には弓指君。演奏中、ずっと棺桶の中にいた。

「生前葬、だし湿っぽいイベントではないから暗くない内容で」と打ち合わせたものの、やはりかしやま君はスイッチが入るとフルスロットルで暗い男だ。
非常に彼らしい即興芝居を会場中使って熱演。ドラムの伊藤君とギターの金森君も瞳孔開きっぱなしの演奏をしていて緊張感が凄かった。
お互いがお互いに作用する、即興の中で作られていくアンサンブルは、狙いとは別としても悪くなかったんじゃないかなと思う。

画家であり映画監督でもある弓指君の遺作オークション等の楽しいコーナーを経て、紙コップスも出演。


なんだろ、この感じ!!


弓指君のこの絵、サイズがサイズだったら欲しかったなあ。とても素敵だもの。
得難いシチュエーションでの演奏、刺激的でした。


そしてこれはつい先日の話。
最近手伝っているMoNoSiRoからドラムの小島君が脱退、その最後の演奏をお手伝いしてきた。


おどけているけど、彼は良いドラマーだよ。

この日の演奏は手伝い始めて以来、今までで一番良い演奏が出来たという自負がある。
手伝いだから、とある程度距離を置いて演奏していたというか興奮しないようにしていたタガが適度に外れて、冷静と情熱の間を良い具合に行ったり来たりした。
ドラムとの一体感も、良し。
こういう演奏をしてしまうと彼の脱退が惜しくなるけれど、しかして最後だから出来たという部分も否定出来ない事実てはあるからして、兎に角、小島君、お疲れ様!

ずっと、一生涯、鍛錬と修行ばかりだ。

自己紹介

Author:舟橋孝裕
愛知県在住、ベースギター奏者です。
・JONNY
・パイプカツトマミヰズ
・犬栓耳畜生
・白線の内側
 やサポートでベースを弾きます。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム