舟橋の結婚前夜。

式場への前日搬入、二次会会場への搬入、忘れ物がないかチェック等を終えた。
勿論、実家への挨拶も。独身時代最後の夜に例え僅かな時間でもテーブルを囲む事が出来て良かったと思う。
相手は実家へ帰った。
最初は新居から一緒に式場入りする予定だったが「実家から式場入りしないと実家にすぐ帰ってくる、というから」と実家で夜を過ごす事に。
それが良い、と思う。いやなんとなく、でしかないんだけど。独身最後の夜っていうのは一度きりだし、相手は苗字も変わるわけだから。
今日は早く寝ようと思う。
いよいよ明日、結婚します。
スポンサーサイト

「俺、あれやってみたいんだよね、独身最後の夜に友達大人数で集まって酒滅茶苦茶飲む奴」

婚約者は寝室で寝静まっている。
僕はリビングで無印良品の通称『人を駄目にするソファ』にだらしなく尻を沈めてこれを書いている。
そろそろ缶酒でも開けようかという心持ちだ。

それなりに慌ただしい日々を送っている。結婚が目前だから、というそれだけの理由ではない。夜な夜なバンドの練習に出たり、バンドの撮影でカメラを前に太ってパンパンの顔を晒したりしている。糖質制限は失敗した。4日経った頃だろうか、自分が異常にピリピリしている事に気がついた。なんて事ぁない事に対しても過剰に怒りを示してしまう。原因はダイエットしか思いつかなかった。神経質に糖質を制限するのは僕には出来ないんだなぁ、と潔く負けを認める事にした。ちなみに今は缶酒しか口に運んでいない。酔いがまわる前に書きたい事は書いてしまおう。

バンドはそれぞれ動いている。
僕と一緒に演奏するメンバーは皆それぞれ相応に年齢に伴う責任を意識する年代に差し掛かっているが、その中でも最大限健全に演奏活動を重ねている方なのだろう。きっと。

ダイエットは中断した。
何故かって?気付かないうちに物凄くイラつくようになっていたしそれに気付いていないのが僕だけ、みたいな状況になったからさ!

そうだ、あと春からの職場が決まった。
転勤の内示は思ったよりも早く出た。今現在と比べると随分と遠くなるけれども、それでも県をまたぐような転勤はないので安心である。

PS4を買った。
幾分か前から『バイオハザード4』がやりたいと思っていたのだけれども遂に気持ちが爆発した。買ったその夜は職場の送別会だったのだけれども、泥酔してタクシーで帰ったにも関わらず夜中に起きだしてPS4をセットアップして明け方まで『バイオハザード7』やり狂った。
そんなに長いゲームでもないけれども、僅か3日でクリアしてしまった。素晴らしいゲームだった。ゲームでこんなに感動したのは初めてかもしれない、というくらいに堪能した自信がある。
シリーズの流れを一旦切って「恐怖」へ原点回帰したという本作、確かにこれまで遊んできたバイオハザードシリーズとは明確に違った。僕はシリーズ作品ではナンバリングされたものに限って言えば5と6以外は通り一遍やったけれども(5と6はホラ、PS2止まりの僕では遊べなかったんだね)、うん、一番近い感覚は中学生の頃にビクビクしながら遊んだ一作目を思い出した。薄暗い洋館の中をソロソロと進みながら化け物と遭遇して弾薬が尽きていく絶望感、適度に謎解き要素があり飽きさせないリズム感、その辺りは7は1をアップグレードした感があった。それにしてもPS4未体験でいきなりバイオハザード7を遊んだ際の衝撃は凄かった。絵が綺麗過ぎる。もう実写の中で動いてるの?と思ってしまったよ。技術って凄えな。
また、当初は心霊現象やサイコホラーやホラー映画然としたシーンや演出が沢山あってバイオホラー感は薄いものの、シナリオが進むに従って「あ、こりゃバイオハザードだ」と思わせる手腕は流石。エンディングまで観終えてから振り返ると改めて序盤から練られて作られている事が分かる。
兎に角、最高なゲームだった。

2017_03_17_001
クリック練習を毎晩深夜のリビングで5分ずつ程度行った結果、キチンと練習の成果が出て「やはり練習は大事なんだな」と痛感した。当たり前の事なんだけどね。

南極探検 ドラえもん!

2017_03_09_001
「僕ってつくづくソシャゲに向いてない」とか言いながらなんだかんだモンスターストライクは飽きずにやっている。
半年後にも今と同じモチベーションでやっているかは疑問だけれど。自他ともに認める飽き性だもんだから、長い間続いている事といったらバンド活動とこのブログくらいだ。どちらも同じくらい長くやっているし、どちらも末永く続けていこうと思っている。

「移ろう心さえ富裕層の愉しみとされてしまうため自我と認識され得るものをプログラミングされたセクサロイドが、大抵はスラム街に流れ着く同機種を哀れんだマダムによって買い与えられたマンションの一室でかつての日々を思い出しながら製造45年後にプログラミングに一時的にエラーを起こすという彼らからすればドラッグのようなものを摂取しながらかつての日々を思い返す」というSF小説みたいなものを思いついたので遠くないうちに書こうと思う。思った。

『今年観るべきライブ三選~その1』

2017_03_06_001

鈴木実貴子ズと白線の内側共同企画『今年観るべきライブ三選~その1~』、ご来場頂いた皆様のお陰で大盛況(ソールドアウト!)の中、終演しました。有難うございました。

鈴木実貴子ズと白線の内側で何か一緒に出来ないだろうか、という話が出たのは僕のスマートホンに残っている高橋君(鈴木実貴子ズ)とのメールの履歴によると去年の9月。振り返ると構想半年の話だったわけだ。
こう書くと色々と準備してきた、と思われるかもしれないけど実際のところは、スミマセン、ほとんど高橋君がやってくれたのよ。僕がやったのは企画名の案出しだけだってんだからいや本当、高橋君に実貴子さん、有難う。

こういう経緯とかって伏せておいた方が良い部分用もあるかなとも思うんだけどぶっちゃけたところを書いてしまうね。
高橋君から最初「田渕さんが来てくれますよ」と言われた時は一瞬なんの事かわからなかった。念のため45秒後くらいに「あの、田渕さんって...?」と訊くと「田渕ひさ子さんですよ」と高橋君からいつも通りのあのトーンで言われ、舟橋愕然とした。田渕ひさ子さんとスリーマンになるだなんて!
学生時代にNUMBER GIRLのコピーバンドでベースギター演奏の練習をし、toddleとご一緒した時は楽屋でニアミスするも声さえかけられなかった俺があの田渕ひさ子さんと今度はスリーマンで対バンである。10年前の自分に教えてやりたい、と思ったけれど実感が湧いたのは当日、田渕さんがK.Dハポンにいらしてからだった。

だけども面白いもんで、いざ開場して開演時間が近付くと田渕さんとのスリーマンだから、とかではない緊張がやってきた。
ここ最近実貴子ズと一緒にやる度に感じている、いやともすれば毎回の演奏で感じている緊張感だ。今日は一矢報いる事が出来るのか、強敵を相手に俺達には何がやれるのか、演奏は有機的にいくだろうか、一線を越える事は出来るだろうか、バンドは当初の想像を超えた次元で結実するだろうか、俺は前回より良い演奏が出来るだろうか、等。
結局演奏前の緊張感の前には10年来の憧れも一瞬その後ろに隠れてしまう。いや、ちょっとはそれもあって力んでいたかもしれないけれど。

何かを分かち合える、分かち合え得るバンド同士で一緒に企画を行う事の意味合いやその果てであるとかそれ以前に個人的に抱いている信頼、それと同じくらいのライバル意識みたいなものがどう昇華されていくのかとか、そういう諸々がこの連続企画の中で変化していくのもまた楽しみだ。僕達の事を知らない人達にも勿論もっと沢山、観に来て欲しい。そのために我々、やっているのだから。
ひとまず「観るべき」と柄でもない半分の本気と半分の揶揄を込めて命名した企画だけれども、その1はその名に相応しい企画たりえたのではないかとそう思っている。凄い自画自賛だな、これな。

残り、二選。
二戦、でもあると僕は捉えている。

録音や料亭での食事やダイエットについて。

以下、最近の備忘録。

『犬栓耳畜生でレコーディングに取り組んだ話』

3月3日、24時から今池にて炭酸さんと2人でスタジオ入り。
当初の想定では今回のセッションは犬栓耳畜生のRECで、後々は我々リズムセクションの上にギターやノイズやシンセが重ねられるはずであったのだけれども。
音楽ってのは面白いねえ、想定通りにはいかなかったのである。炭酸さんと「上に何がのるか想定して演奏した方が良いですか?」「いやー、そういうのはいいですよ。瞬間を楽しんでやりましょ」みたいなやりとりをした後の20分と少しのセッション、ここ最近の即興の中では大変に充足感を感じるものになった。
即興と作曲の差異は、と問われると演奏家の人数だけ回答があるのだろうと思うのだけど、僕にとっては作曲は即興に近しいし即興は作曲に近しいものであって欲しい。普段の演奏も出来るだけ差異がないように心構えだけはして楽器を握るのだけど(なかなかそうもいかない時も、やはりある。鍛錬不足だ)、今回のセッションはその僕にとっては曖昧であって欲しい(つまり明確な差異はない)その境界を漂いながら熱量を帯びたものになった。緊張と緩和と集中力と野性。とても理想的な演奏だったと思う。
で、まあ要するに、その、なんだ、やり過ぎたんだな。その瞬間で美しいものを目指した結果「何かを重ねるのか、いや重ねられるのかこれに」と炭酸さんも僕も思ってしまう録音が出来上がったのだった。
判断は今回の録音の指揮をとる炭酸さんに任せるとして、僕は大変な充足感を感じつつスタジオを後にしたのであった。
何かが重なるにしてもあのメンバー達の事だ、面白いものになるに違いない。

『料亭で食事した話』
料亭で食事をした。
以前ここにも書いたけれども3月19日に結婚をする。その披露宴会場が実家から程近い料亭で、そこで披露宴で供されるコースと全く同じものを割安に食べる事が出来る、というので食いしん坊である僕達は出掛けてきたのであった。
いや、もう旨いのなんの!気が狂うかと思ったわ!

『スープダイエットの話』
ここ5日間くらい、スープダイエットをしている。
これまた結婚が絡んでくるんだけれども、大学時代からお世話になっている先輩がウェディングドレスの会社で働いてらして、そこで新郎新婦の衣装のレンタルをさせて貰っているのだけれども、先日そこに打ち合わせに行ってタキシードを着た際に「あー舟橋君、これ以上太ったら着られなくなるねコレね」と先輩だけに厳しいお言葉を頂戴したのであった。
丁度演奏する際に自分の前に突き出し始めた腹に楽器が載るのが気になってきた頃合いでもあったし、バンドマンは細い方がモテるだろうからとダイエットを決意したのであった。
今回着目したのがスープダイエット。ザックリ書くと白米等を摂らない代わりに野菜たっぷりのスープを好きなだけ食べて良いというもの。好きなだけ食べて良い、というのがグッときたねえ。しかし飲食には快楽を見出している僕が毎食スープだけっていうのは長続きしないのは明らかなので、晩御飯だけスープとヨーグルトに切り替えてみた。
初めてから3キロも体重が落ちたぞ、今までどれだけ不摂生だったんだ俺の体。

自己紹介

Author:舟橋孝裕
愛知県在住、ベースギター奏者です。
・JONNY
・パイプカツトマミヰズ
・犬栓耳畜生
・白線の内側
 やサポートでベースを弾きます。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム