京都旅行最後の日。

8月13日(日)
京都旅行の続き、である。
ルブランペンション宇多野での美味しい朝食を食べ、チェックアウト。スーパー銭湯に向かい汗を流し、サウナでリラックス。
その後、ディープめな京都グルメを楽しもうとJR京都駅すぐ近くの山本まんぼへ。ラーメンの人気店を尻目に市営住宅の一階にお店を構える山本まんぼ、お好み焼きとも広島焼きとも違う粉モノって感じでとても美味しかった。
空腹も満たしたので妻が申し込んでおいてくれたろくろ体験へ。
不器用だとは思っていたけれども、まさかあそこまで苦労するとは。茶碗と湯呑を作ろうとしたのだけれども、コツを掴むまでなかなか巧く形を作る事が出来ず...。最終的にどうにか形になったものの、自分の不器用さに辟易した。焼きあがったら送って下さるそうなので楽しみである。
ろくろ体験を終えた頃、丁度バンドメンバーが会場入りしたとの報せが届いたので一路VOXhallへ。
この日は白線の内側にて演奏である。

2017_08_14_003
写真はご一緒したピアノ男氏。始まった瞬間に会場が夢中になったのがわかった。ナードコアという音楽は初めて聴いた。初めてが氏で良かったと思う。最初から最後まで楽しんだ。終演後お話する機会に恵まれたけれども、犬栓耳畜生の動画を観て気に入って下さっていたそうだ。ありがてぇありがてぇ。

この日のVOXhallはブッキング担当 小野君の趣味全開の日。前述のピアノ男氏をはじめ、面白いバンドばかりだった。
印象に鮮烈に残っているのは奇跡のバランスで成立しているバンドカルピス現役。のっけからDD-6を使ってテルミンをループして重ねたり、ギター、ベース、鍵盤ハーモニカが全員スケールや調を無視して不協和音を奏でたり(それでも音楽的に成立していた)、ギターの人がKORGのPANDORAを使ってここ数年耳にした中では最も好みの格好良いギターの音を出していたり、その演奏がとても素晴らしかったりとてもとても印象が深い。面白いバンドは大好きだ。

この日の白線の内側は個人的にはここ最近で一番有機的な演奏が出来たと思っている。
最後まで目の前で起こっている事、そしてアウトプットされた自分の音をありのままのものとして捉えて如何にして次の瞬間に繋げていくかに注力する事が出来た。バンドは有機的に動き、その都度その都度演奏の主軸を変えながら演奏を完逐する事が出来た。
白線の内側はかしやま君の精神性と彼の『ポピュラリティ』への傾向のせめぎあいの歴史でもある(のかもしれない)。やるからにはどうせなら楽しくポップに、と掲げるものの根の部分が明るくないもんだから内容的にはそうなっていってしまう、という話。
だけれどもせめぎ合う事に妙味があるんだろうな、と思う。
スポンサーサイト

京都旅行一日目。

8月12日(土)
妻と京都旅行へ。
ライブでは何度も行っているけれどもいざ観光となると修学旅行以来である。「連休中にライブがあるので前日から京都入りして観光しないか」という僕の無茶な提案をすんなり受け入れてくれたばかりか宿泊場所も探し、ろくろ体験まで申し込んでくれた妻には感謝しかない。
今回宿泊したのはルブランペンション宇多野、ご夫婦で経営されるペンションだ。高速道路の渋滞により伝えておいた時間よりも遅刻して到着したものの、ペンションスタッフの杉村夫妻は気を悪くするでもなく迎え入れて下さった。京都で泊まる場所を探す際は是非こちらに、とても気持ち良く過ごす事が出来たし、朝食も大変美味しかったので。京都旅行、今回で廻りきる事の出来なかった場所も幾つかあるのでまた行かねばな、と思っているけれども僕達夫婦はこちらをリピートする事でしょう。
で、着物を着付けて頂けるプランを申し込んでいたので早速女将さんに着付けて頂く。

2017_08_14_001
想像していたよりもずっと快適に過ごす事が出来た。こういう姿で京都の町を観光した事は一生の思い出になるだろう。
バスの一日乗車券をペンションで購入しまずは女将さんお薦めの蕎麦屋で昼食、そして金閣寺へ。海外からの旅行者がとても多い、とは聞いていたけれども想像していたよりもずっと外国人の方々が多い。勿論町もそこは理解していて、案内が様々な言語に対応しているのが印象的だった。あとバスの運転手さんもとても感じが良い。
金閣寺を見物して、バスを乗り継ぎ清水寺へ。修学旅行の際はバスで結構なところまで近付いたんだな、と徒歩で向かってみて気付く。履き慣れない下駄での散策なので足が痛くなる。それでもいざ清水寺に到着すると見物に夢中になり足の痛さは忘れてしまった。清水の舞台から飛び降りる、という言い回しはよく聞くけれどもそれがどれだけの覚悟なのかをこの目で確認。
駅に向かって歩いていると人力車に乗りませんか、と呼び止められる。良い感じの呑み屋で一杯ひっかけて宿に戻ろうかという頃合いだったのでそう話すと「ではそういうところもご案内しますので」と言って下さるので、折角だからと人力車に乗る事に。

2017_08_14_002
お世話になった車夫、高嶋さんと。
いや、これが本当にお願いして良かった。30分で結構な距離を走って目的地の方まで案内して下さったんだけれども、ちゃんとその近辺の観光案内と名所の案内もして下さって、夫婦で歩いているだけでは見る事が出来なかった所謂『京都らしい京都』をしっかりと堪能する事が出来た。最初の最初こそ意外とするその値段にびっくりしたけれども、人力車乗車、滅茶苦茶安い。車夫の高嶋さんの案内で色々な光景を観たこの時間こそ、今回最も京都を感じた瞬間かもしれない。
高嶋さんは音楽をやられているそうで(偶然にも僕と同じく、翌日ライブ)、そちらでの再会があると良いのにな、と思った。頂いたステッカーは早速ベースギターに貼りました。
高嶋さんの教えて下さった居酒屋にて旨い飯(ハムエッグってシンプルだけど何であんなに旨いんだろうね。あとクリームチーズのわさび醤油和えがとても美味かった)とレモンチューハイをヤッて、ヘロヘロになってタクシーでペンションモドリ。
風呂に入って関西風のどん兵衛を「旨い旨い」と楽しんで就寝。

夏休みは続く。

8月10日(木)
妻の友人と3人で朝食兼昼食を食べに行く。昼間っからあさくまハンバーグに行けるくらいには我が家の財布は余裕がある。
家族が増える、という局面を意識するまでは二人でそれなりに楽しく、「無軌道に」を意識するくらいには計画的にお金を楽しく使うのだろうと思う。貯金もせねばならないナァ。
で、義姉がうちに遊びに来るという事で3人で上前津で合流。少年王者舘『シアンガーデン』を観劇しに七ツ寺共同スタジオへ。
少年王者舘は以前観劇した際に相当楽しんだ記憶があったので今回も期待しながら劇場へ向かう。どうなってんだ、人間技なのかよ、というような舞台装置はまるで体感型アトラクション、独特の言葉遊びは耳に心地良く、映像も交えた光と音と演出はバキバキッとキマッていてとても気持ちが良い。具体的っぽく思える照明が却って意識を抽象に向かわせるという感覚を得たけれども、興味深かったなあ。不思議と前夜に観た不思議と前夜に観覧したZAZEN BOYSと同じような印象も得た。
曰く、卓越したバキバキさはそれだけでカタルシスを与え得る。

観劇後、劇場を出ようとすると豪雨。雷さえ鳴っていた。「ありゃあ」と言いつつも最寄りのコンビニに向かって全力疾走する義理姉と妻の双子姉妹。それを追ってちんたら走るおっさんであるワタシ。酷く滑稽な走りっぷりであったろう。
行きつけ、というにはまだ早いけれども今後も通うであろう焼き鳥屋にて乾杯。観劇の感想等交換しながらレモンチューハイと焼き鳥で、ヤる。酩酊したのでタクシーにて帰宅。帰宅後、リビングのソファにて就寝。
「明日は早起きして映画に行くんだぞ!」と声高に主張しながら。

8月11日(金)
前夜の主張通り、早起きして映画館へ。
公開が発表されてからというもの大変楽しみにこの日を待っていた『スパイダーマン ホームカミング』視聴。
いやあ、大いに楽しんだ!とても面白かった!スパイダーマンの映画は全部観ているはずだけれども、前評判で聞いていた通りの快作だった。1時間50分、興奮したりドキドキしたりしていたらあっという間に終わっていたもんな。じんわりと汗ばんでいたくらい。
スタン・リー氏が出てきたのはニヤリとした。ネタバレして良いなら色々と興奮ポイントを書きたかったけれども、公開直後の作品なのでよしておくとします。
帰宅後、準備をし笠寺は東光院というお寺へ。ここは宮本武蔵も逗留した事で有名な場所だそうな。この日はここで笠寺寄席という定期的に行われている落語イベントに出演する赤井千晴さんの怪奇紙芝居のお手伝い。
豪雨に見舞われて一頃は開催さえ危ぶまれたけれども、主催者様の日頃の行いの良さの成せる業か、豪雨も小康状態となり大入り満員。僕も出演者ながら共演の皆様の演目を愉しんだ。
赤井さんは中入り(休憩)前と後に二度出番があり、僕は中入り後の二話目の方でお手伝い。客席後方から読みで参加したのだけれども、赤井さんと並んで読んだ前回(実はつい先日も一度参加したのであった)よりも本日の方がしっくりくるものがあった。
お寺というロケーションも手伝ってか気持ち良く参加する事が出来たし、面白い機会を赤井さんから頂いたと思う。
普段足を踏み入れる機会がなかなかない場所での表現活動は大変刺激的だ。

さて、明日から京都旅行。

僕の夏休み。

いかんいかん、現実と日記の時間差が少しずつ少しずつ開いているぞ。
忘れる前に書いておかないと!

8月8日(火)
夏休み前最後の出勤日。この日を終えると僕は約一週間、夏休みを頂きます。
夏休みだなんて学生時代以来であるので妙な気持ちになれども、折角上司から「仕事を忘れて楽しんでおいで」と有難い言葉を頂戴したのでそうする事にする。いわば『仕事納め』のこの日、仕事は良い感触で終える事が出来たのでめでたしめでたし。
仕事後、新栄CLUB ROCK'N'ROLLへ。48時間前に立ったばかりのステージであるが、この日は新栄トワイライトvol.18に出演するBBBBBBBに"客演"したのであった。
ノイズバンドが演劇公演に?いやいや、表現に境界なんてない。優れた何かはカテゴリーだなんて突き抜けるはずだ。運営に携わる人間としてBBBBBBBから出演希望のメールを受け取った時は大いに興奮したものだ。
「出演しませんか」と連絡を貰った時はまさか興味津々のこのバンドとの最初のセッションがコントになるとは思わなかったけれども。
打ち合わせをちょろっと、路上で数分稽古しての本番だったけれども、どうだったのだろう。面白かっただろうか。コントとか芝居っていうのはやっぱり手応えがわかりづらいものだなあ。

8月9日(水)
夏休み一日目。
起きて朝食兼昼食を食べ、妻とプールへ。
サンビーチ日光川という市営のプールなのだが、波のあるプールやちょっとしたスライダーもある所謂『市民プール』よりはエンターテイメント寄りのプールである。1時間半ばかし水の中でジャブジャブしてきただけなのだけれども、しっかりと疲れた。
プール上がりのあの倦怠感、眠気、冷房の効いた車内、この感覚って子供の頃以来のものだよなあ、とノスタルジーを刺激された。
帰宅してシャワーを浴びて、栄へ。
ワールドビアーサミットにてZAZEN BOYSが無料ライブを行う、という事で観覧しに行った。特に造詣が深くない、というよりかは興味があるわけでもない妻も「凄い凄い」と楽しそうに観ていたので、やはり突き抜けた何かは興味とか関心であるとか、そういったものを突き抜けて響くものなのである。
卓越した演奏技術、怒涛のようなアンサンブル。ああ、俺、もっともっと練習しないと、と痛感した。
その後、白線の内側、鈴木実貴子ズとそれぞれ2時間ずつスタジオ練習に参加し、この日は終幕。
夏休み初日から大いに満喫した。

『ミッドナイト奉仕活動』再び。

8月6日(日)、パイプカツトマミヰズ企画『ミッドナイト奉仕活動』再び。
「前回の企画がいつだったか定かでないし第何回目だったかさえ定かでない」という事で今回から心機一転、ナンバリングも外しての実に久しぶりの自主企画だった。
ちなみに調べてみたら約3年前にCLUB ROCK'N'ROLLとの共催で企画を行っていた。『サマータイム奉仕活動』。その前が『バレンタイン奉仕活動』。これは僕、インフルエンザで出演していなかった。そんな事もあったなあ。もっとずっと前のような気さえする。

さて、今回の『ミッドナイト奉仕活動』、吉田君が「誕生日に何かしたい」という事で開催された。まあ、アルバムも作った後だしレコ発にもなるだろうという、そういう目論見である。出演頂いたのはノムラセントラルステーションメシアと人人、あとはチリアクタこと駒田君のソロがO.Aとして出演。出演バンド数は多くもなくそのうち一つはツーピース、駒田君ソロも含んでいるのに出演者数はやたらと多く、そして音量も大きいバンドが多かった。勿論、中身も濃かった。
駒田君のソロは今まで誰かの結婚式の二次会であるとかそういう機会で観るのが多くて。いや駒田君滅茶苦茶良かったよ。こういう言い方はナンだけどフィジカル面にオアラメーターを振り切ったドラム演奏に対してインテリジェンスが炸裂していると思う。駒田君らしい気恥ずかしさ、みたいなものはどちらにも感じられて、それが駒田君らしさを感じさせる一因になっているのだけれども。即興で場を繋いでいく様であるとか、うん、あれは完全に頭の回転が速くないと出来ない奴。
ノムラセントラルステーションには感動がある。僕はこの人達、というか野村さんが作った『コダマ638号』という曲が好きなんだけれども、この日はこの曲の最中に涙腺が開いた。確実に開いた。あと爆音だけど今回はノムセンは聴きやすかった。流石井藤さん(CLUB ROCK'N'ROLL 名PA)。
メシアと人人、野村さんが「この後出てくる二人は音量的には小さいかもしれないけれど」とか言っちゃうから!変なフラグみたいになって結構な音量だったじゃないですか!北山君のギターと歌はfuck'nオルタネイティヴで最高に格好良い。プロレスラーみたいな体型だけれどもきっと繊細な人なんじゃないかと思う(プロレスラーに失礼な発言ってのは理解している)。

最後に僕達。
演奏中にふっと数週間前に吉田君が「俺、癌になったわ」とバンドのグループラインに報告してきた事、一週間前に駒田君が結婚した事とかを思い出したりした。吉田君の病気は超早期発見だったが故にもう心配はないそうだし、駒田君の結婚はとんとん拍子で来てまだ実感さえ湧かないくらいだけれどもそれでも間違いなく目出度い事で、何だか妙に感慨深くなった。
ここから始まる、のかなだなんて結成10年近く経つバンドのメンバーとは思えないような事を思ったりした。
マイペースながらも、一生懸命頑張っていきたいなと思う。

2017_08_08_001
ノムラセントラルステーション 野村さんと今回参加していたはるきち(みそっかす)君と僕。心なしか、僕以外の二人が楽しそうな表情をしていないけれどきっと気のせいだ。

自主企画前夜。

2017_08_05_002
明日、日付的にはもう本日、パイプカツトマミヰズ企画である。滅茶苦茶に久しぶりだ。
楽しい夜にならないわけがないだろう。もう兎に角、良い演奏をするよう気持ちを持っていき、あとはメンバーとバイオリズムとか諸々一致するように祈るだけである。自分一人が調子良くても周りと噛み合わなければそれは調子ッ外れであるからして。

さて、企画を目前にして悩みの種が一つあったのでこんな遅くまで(現在午前3時過ぎ)まであーでもないこーでもないとしていた。
バンド毎に使う機材は大体決まっていれども、その中でもその日その時の気分で足元に置くエフェクターを変えたりしている。まあ面白がってやっているのと演奏が毎回新鮮であるように(=ルーチンにならないように)不確定要素としてそうしているのと、単純に好きだからやっているのだが、それでちょいと思案する必要があったというわけだ。
パイプカツトマミヰズは駒田君の爆音ドラムに対抗するために必須のコンプレッサー、ここぞという時にグイッと踏むオクターヴファズ、ちょいとブーストしたい時に踏むオーバードライブ、あとはまあバキバキッとディレイ音が返ってくるデジタルディレイがあれば問題はないのだけれども、それ以外にも欲を言えば音を滲ませるような、そんなファズがあると良いなあと思っていて。で、手持ちのファズをとっかえひっかえ試して残ったのが上の二つのファズ。黒マフとベースビッグマフだ。
ベースビッグマフはドライシグナルをブレンド出来るからどんなシチュエーションでも扱いやすいのだけれども、最近のマイブームはファズシグナルをフルテンまで持ち上げた音なので、ドライシグナルの事は考えなくて良いかなって感じ。結局、よりエッヂの効いた黒マフを持ち出す事に決めた。ベースビッグマフは温かみがあって素敵な音だけれども、今日は何だかガンガンいきたかったので。

本番が楽しみである。

鈴木実貴子ズのアルバムに演奏で参加しました。

2017_08_05_001
鈴木実貴子ズ『名前が悪い』
1.かえりかた
2.なくしたもん
3.アホはくりかえす
4.チャイム
5.街のネオン

発売日:2017/9/20(水)
品番:TTRR-1701
価格:1500円+税
レーベル:tatara records
流通:(株)ブリッジ


久しぶり、という言葉では足りない程の時間が空いたけれども全国流通する作品、しかも思い入れを持つ事の出来る一枚にて演奏を残す事になったので嬉しくて記録しておく。バンドでも個人でも大変お世話になっている鈴木実貴子ズの初の全国流通のアルバムに演奏で参加しました。
何なら最初はワンマンライブに向けての練習だと思い込んで楽器担いで出掛けていったくらい気張らずに参加してしまったのだけれども、でも二人の大切な音源に何かしらの形、その中でも自分が一番貢献出来るであろう演奏という形で関わる事が出来て本当に嬉しい。皆さん是非買って下さい。鈴木実貴子ズは良いバンドだよ。

録音に際しては二人と打ち合わせをしてフレーズを決め、どんどんどんどんとシンプルになっていくそのベースラインが当初そうしたいと思っていた「変に色付けをしない」ものに近づいていくのが面白くて嬉しくて楽しく詰めていく事が出来た。
レコーディングエンジニアで参加されたゴウ(雰囲気/四日市 ドレミファといろは)さんからも「そこまで何もしんとは思わんかったわ」と言われる程、本当に何もしなかった。ついつい好きでやってしまうグリッサンド(あれね、グイーーン!ってやる奴ね)とかも入れなかったし、何ならルート音以外を弾く事さえ少なかったように思う。勿論歪ませもしなかったし(サンズアンプver2.0は使った。フラット気味のセッティングにして音にハリと存在感を持たせた程度)、本当にベースとしては聞き所がないというか、もうその影に徹した事が美徳のような、そういう演奏をしたと思う。削ぎ通す面白さって今回初めて感じたかもしれないな。
ベースが何もしなかった分、ギターで参加した各務君はもうらしさ全開でギャイーーン!とやっていて格好良いよ。あとゴウさんのベースはゴウさん節。素晴らしい音楽家である。

勿論鈴木実貴子ズとしての力強い音楽は瑞々しく作品になっている。言うまでもない。皆さん是非CD屋さんでご予約下さいね。
ちなみに9月1日のワンマンライブでは先行発売される模様。
この日は録音に参加した各務君と僕で演奏に参加します。折角貰った機会なので思い切りやろうと思うし、ライブはライブという事で録音とは正反対のアプローチで演奏をしようと思います。昨夜も練習だったんだけどいや、良い感じに仕上がりつつある。二人にあわせて歪ませたりギャイーーン!とやったりリバーブで音飛ばしたりしてるだけでも楽しいのに、そこから何か出来上がっていく様子が感じられてこれはワンマンライブ、僕自身相当楽しみ。貢献するぞ。

自己紹介

舟橋孝裕

Author:舟橋孝裕
愛知県在住、ベースギター奏者です。
・JONNY
・パイプカツトマミヰズ
・犬栓耳畜生
・白線の内側
 やサポートでベースを弾きます。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム