FC2ブログ

BBBBBBBでの初ライブ

先日加入したBBBBBBBの初ライブが先日鶴舞DAYTRIPにて行われた。
加入した、と簡単に書いたけれどもBBBBBBBはメンバー全員だと30名以上いるらしく、今年からその中の選抜メンバーでライブ活動を行っているそうで僕は「都合が合えば」とか割とフラッとした感じで加入して、そうしたらスタジオ練習に誘って貰って出掛けて行ったら有難くも選抜メンバーとして活動を一緒にさせて頂ける事になった。あ、演奏が巧いとかそういうわけではなくて都合がつけやすいっていう点で声をかけて貰っているそうなので。念のため。メンバー30人の中には50代のファズ蒐集家の方もみえるそうで、いやはや是非お会いしたい。面白いバンドである。

さて、3週間前から練習に合流、バンドアンサンブルの構築、そしてその練習と研鑽に励んできたわけだけれども、それでもまだ時間が足りないと全員が感じていたので当日は午前中からスタジオに入って練習。
BBBBBBBはノイズバンドだと思われがちだし僕も加入するまで演奏はそういう方向性のものを求められるのかと思っていたのだけれども、首謀者である西園寺君がベースに求めるのは結構ガッツリとフレーズとリズムだったりする。中には一曲同じフレーズをずっと弾き続けて曲をグイグイ進めたり広げたり、所謂グルーヴといわれるであろうものを求められたりとスタジオに入る前に想像していたものとは随分と演奏内容が違って新鮮だった。
想定なんて裏切られるためにあるようなもんなのだから、と自分が向き合うべき演奏に目を向けると即興と構築の割合であったりドラムや他の楽器とのアンサンブルといい、今までの活動で培ってきたものがを活かしたり挑戦出来る部分も少なくはなく、だけれども同時に自分の弱点みたいなものもぼんやりと意識させられるような、そんなものであるのであった。
「ノイズバンドでベースを弾く」と構えていた自分が馬鹿馬鹿しい、とまでは言わないけれどもちょっと構え過ぎだったなと反省しきり。音楽は音楽なのだからその時鳴っている音に愚直に向き合うだけである。

2018_02_28_001
僕が加入するまでシンセベースを弾いていた近藤君がアンサンブルに僕のエレクトリックベースギターの音色が加わる事でシンセに専念する事になり、バンドとしてのBBBBBBは低音の「質」が変わったと思うのだけれども、その辺りを意識して臨むのは結構面白い経験だった。シンセベースのモリッとしたローを意識してペダルを使ったり曲によってはそのままシンセベースにベースラインを委ねたり。
DOD MEATBOXはこういう時に役に立つ。ライブ当日使ってみるとスピーカーが音を出しながら同時に風を感じる程に揺れているのがわかった。近藤君と爆笑。僕のアンプヘッドは加入力でダメージを負いそうになると自動的に電源が落ちるようになっているのだが、演奏中に3度程そんな状態に陥った。どこまで威力があるんだMEATBOX。
淡々とアンサンブルを支えるような演奏を志そうと思っていたけど、西園寺君が演奏中に突っ込んできた辺りから興奮して割と冷静でもない演奏をしてしまった。悪いと思っていないけれども、反省。
「人が一人増えてダサくなったね」とか「あいつ解雇しろよ」とか言われたら嫌だなァと一生懸命演奏したけれども、幸いにして評判が良かったようで安心した。

まだまだこれから、色々と挑戦していきたい。
ひとまずMEATBOXの破壊力は別として、出音の殺傷能力を上げていきたい。
スポンサーサイト

写真/ライトドローとの即興演奏。

先日作品作りで力を貸して貰った画家のタキナオさんから連絡があった。
タキナオさんと写真家の月永進さんによるユニット.ttの紹介動画を撮影するのだけれども、それに際して梶藤君(26時数秒にもみたない)とセッションしませんかというお誘いである。うっわ面白そう、と興味をそそられたらすぐに食いついちゃうのが僕である、楽器と沢山のエフェクターを用意して喜び勇んで出張ったというわけである。

月永さんとは初顔合わせだったのだけれど、お話させて頂いた感じであったりタキナオさんとのやりとりを見ていても良い人の様子であった。またゆっくりとお話させて頂きたい。月永さんはタキナオさんが写真が好きで声をかけた、との事だったけれども成程、月永さんの写真の上で繰り広げられるタキナオさんのライトドローは相性抜群であった。
セッションの一端を捉えた動画がアップロードされているので貼り付けておく。


リング・モジュレーターとコンプレッサー、ディレイとサブオクターヴを大いに活用して眼前の光景の風合いに近付こうと、或いは何かを加えようとする。そういう演奏をしたつもりだ。同時進行であったり並列であったり、近づいたり遠ざかったり、こういう演奏はメロディとリズムが表立つ音楽とはまた違った角度から脳内物質が分泌されるような興奮を感じる。静かな、それでいて明確にドパッと何かが出るような、そういう具合だ。


ちなみにタキナオさんのライトドローと三者でセッションしたものもある。
即興演奏は瞬間瞬間で作って重ねていく作曲行為だとも思うのだが、こういうのは後々振り返っても自分の演奏、演奏中の発想の根幹を見つめる際にもわかりやすいサンプル足り得る、と思う。

レコーディングと小旅行。

2018_02_20_001
土曜日の事だ、パイプカツトマミヰズでレコーディングを行った。
午前中に友人の引っ越しを手伝ってからのレコーディングだったのでちょっとばかりバタバタしたけれども、現場入りしてからの方がバタバタしていた。吉田君が寝坊で一時間半の遅刻...(笑)。4時間で一曲、しかも歌無し、一分半の曲だったからまだ良かったものの、僕所属の最後のレコーディングの半分くらいの時間は気を揉んで過ごしたのだった。
ベースはライン録りで、こういう録り方をするとやっぱり僕はアンプで鳴らしてナンボの音作りをしているんだなあと痛感する。
夜はBBBBBBBの練習。広い部屋で新しく導入したファズを鳴らす。音の壁、になっていた。一斉に音を掻き鳴らしていると個々の音が重なって完全に一つの圧になって、それが滅法気持ち良い。

2018_02_20_002
日曜日は優待券を貰ったので知多美浜のかんぽの宿へ。
ランチと温泉で二千円、というチケットだ。何だか妙に眠くて運転は妻と友人に任せて往路は眠りこけてしまった。
かんぽの宿 知多美浜は結構混み合っており、食事係の方も少ない人数で忙しそうにしていた。特にこの後する事もないしなって感じで僕達はゆったり過ごした。食事はこういうホテルの豪華な食事然としており美味かった。
刺身とか茶碗蒸しだとか以前はあまり感動もなかったけれども、そういう繊細な味だとか和食にグッとくるようになった。こうなってくると俄然飲食は面白い。何を食べても旨い、という食の嗜好まっしぐらだ。
野間灯台を見物し、近くの土産物屋に併設されている喫茶店で知多美浜の和菓子セットを頼む。パフェとかパンケーキじゃなくて和菓子セットに心惹かれたのも、昼食がしっかりと和食だったからだ、きっと。

演奏活動であれやこれやと動き回るのも楽しいけれども、ようやく観光とか旅行とかが楽しめるようになってきた。
そういう物事の楽しみ方がわかるだけの気持ちの余裕が持てているのだと思う。成程、皆こうやって楽しんでいたんだな。

一つ一つはまとまらなくても集合化してしまえば日記みたいになるんじゃないか、と思っている。

2018_02_13_001
『ファズばかり買ってしまう話』
気が付けばファズばかり買ってしまう。
しかもほとんどがビッグマフ、或いはそれに類するもので画像の5つなんか揃いも揃ってロシアンマフ系だ。別にコレクターであるとか滅茶苦茶詳しいとかではないのだけれども、気がつけばこうなっていた。比較してみると全部微妙に違って全部面白い。
厳選しようにもどれも手放す気になれないのだから困ったものだ。
さて、改めてじっくりと書いておきたい機種もあるけれども現在所有するロシアンマフ系ペダル5つの音の印象をメモしておく。
右から順に
「中低域がブ厚い。そして音が重たい。けれども高域はタイトでザクッと突き出してくる」
「タイトで飛び出してくるような高域」
「拡散するような歪み方。音作りの幅は広い」
「トーン全開にしても残るロー。突き出すような高域」
「歪みのキメが粗い。音作りの幅は広い気がする」。
ザックリし過ぎか。


『足が臭い話』
最近、自分の足が臭い事に気がついた。
正確に言えば一日働いて帰宅して靴を脱ぐと靴下が鼻を近づけなくとも臭う。そりゃあまあ年頃の男が一日履いていたのだもの、それなりに臭いはするだろうから大して気にもしていないけれども(同居している妻からはまだ何も言われていない)、問題なのはその臭いが別に良い臭いってわけでもないのに妙に癖になるって事だ。自分の臭い臭いって何だか、嗅いでしまう。
臭わないに越した事はないのだけれど。


『回転が異常に早い中華料理屋の話』
出先で夕食にしよう、という事になり妻と中華料理屋に入った。
台湾ラーメンで知られる名古屋では有名なチェーンと言えば何となくピンときた方も見えるかもしれない、そのチェーン店の大須観音近くにある店舗だ、そこに入った。
広い店内には幾つもテーブルが並んでおり繁盛している様子だった。座ってメニューを一瞥し、目に留まって心惹かれたものを気の向くままに、しかし頼み過ぎないようにかつ食材が重複しないように頼んでいく(それでもどうしても食べたくて台湾丼と辛さ控えめの台湾ラーメンは頼んでしまったのだけれど)。さあ、料理が届くまで店内の様子でも、と思って一息ついたら店員さんが青菜炒めを持ってきた。程無くして他のメニューも到着する。いやちょっと待ってくれ、早い、それにしても早過ぎないか。明らかに頼んでから痛めたって感じではない、それでも最低でも数分はかかるはずだ。店員さんが注文をとってから一分くらいしか経ってないんじゃないか。
追加で餃子を頼んだら体感上30秒で出てきた。これにはいよいよたまげた。
お会計をする時に店員さんに「ここ、出てくるの滅茶苦茶早いですね」と声をかけてみると「タイミングによってはそうなる時もありますね!」との答え。そんなレベルでもない気がするのだが。
しかし現金なもので他の店舗よりも味も良い気がする。もう他の店舗に行くくらいならちょっと遠回りしてでもここの店舗に来たい。
そう思った。

如何に注釈をブチ込んでワンセンテンスで言いたい事を言い切るか、に情熱を傾けている部分がある。

2018_02_11_002
左側は「個人製作のブツでかつ、製作者ともう連絡がとれないそうで壊れたらそれでおしまいだそうです」(店員さん談)というのが理由でそうなのかはわからないけれども、異常に安かったので購入したファズ。右側はかつてメインで使用していたものの他の物に気が移った事で半ば壊れたまま棚の肥やしになったり人に貸し出したりしたままになっていた改造済のODB-3。
左側のファズはまあざっくり言うとブースターとファズファクトリーのツーインワンペダルなんだけれども、ファズファクトリー、以前実機で所有していた事もあったのだが「アレッ、こんなに使いやすかったっけ」というくらいこれは使いやすい。勿論発振とかもいけちゃうんだけど、出音がベースギターでも全然イケるというか重低音を求める場合には不向きかもしれないけれど、面白い歪み方をする。
アンサンブルの中でどう響くかまだ試していないので今度スタジオに持ち込んでみようと思う。
ODB-3はうんうん、これこれと頷いてしまった。ノイズミュージックをやっている方やそっち方面に造詣が深い友人から聞いた話によるとノイジシャンの間ではODB-3って結構人気らしくって、その理由が「格好良いハーシュノイズが出る」からなんだそうだけれども、成程、そういう観点で改めて音を聴いてみると確かにベースギターにはちょいとシャーシャー過ぎるかなという出音がマッチするのかもしれない。ちなみにシャーシャーいい過ぎる出音をドライシグナルとのブレンドによって克服しているし、何ならブレンド具合でエッヂを出したりそういうニュアンスにも扱えるので僕はODB-3を高く評価している。オーバードライブって名前で損していると思うな。
改造されてモードも増えたし増設されたスイッチでのローミッドブースターのオン/オフ機能は大変便利だ。また使っていこう。

2018_02_11_001
休日のランチで訪れたトンカツ屋さんの看板が趣深かったので撮影。
写真では見えづらいけれども上段右側から数えて二人目の男の子が顔に手をやる仕草が妙に中二病っぽいというか。全体的に漂う穏やかじゃない雰囲気も好みだ。
ちなみにトンカツはお肉が柔らかくて大変美味しかった。カツにかけられたデミグラスソースもしっかり旨い。昭和レトロな内装も良し。地元で長らく愛されている名店なのだろう。

BBBBBBBでの初活動。

実はシレッと加入していたBBBBBBB(加入したメンバーにはステージネームが付与される。ちなみに僕のステージネームはクリストファー・ノーヒットノーランだ。2代目らしい。)での初活動があった。
「ライブatホトトギス」と銘打たれたスタジオライブだったのだが、いやスタジオライブというか映像作品収録というか。集まったお客さんは2名(内1名はスタジオ前で偶然出会った友人 梶藤君だった)で、しかしそれでも大変面白いセッションとなった。
ライブatホトトギス、以前BBBBBBBの首謀者である西園寺流星群氏と食事に行った時にも概要を聞いて面白いな、とは思っていたけれども実際やってみると凄いインパクトだ。

2018_02_05_001
スタジオに、でかい鳥がいた。

写真だとわかりづらいかもしれないけれど、実際結構大きい鳥で近付くのも躊躇われるくらい存在感があったよ。
不慣れな環境で気が立っている様子だったし、正直言って皆ビビッていたと思う。
そんな鳥とのノイズセッションの結果は如何に。
近日公開予定(!?)の映像を待て。

自己紹介

舟橋孝裕

Author:舟橋孝裕
愛知県在住、ベースギター奏者です。
・JONNY
・パイプカツトマミヰズ
・犬栓耳畜生
・白線の内側
 やサポートでベースを弾きます。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム