FC2ブログ

鈴木実貴子ズでの二連戦。

明後日より引越しである。
妻が妊娠に伴って仕事を中断、舟橋一人の低所得では家庭がままならぬので社宅に入る事になったのである。会社万歳。これで妻と生まれてくる子、僕の3人でどうにか生きていけるというもの。
引越し直前ではあるが準備は万全、というわけにはいかない。というかほとんど進んでいない。職場の先輩も「引越しは直前一晩が勝負だよね」と言ってくれたけれども、一晩でどうにかなるかどうか。三日間猶予があるのでどうにかなろう、と構えてはいる。
さて先週は鈴木実貴子ズの手伝いで二度、演奏をした。


仕事を終え、開場直後のAPOLLOBASEへ。
僕だけリハーサルに参加出来なかったのだけれども、なに、どうにかなるだろう、という妙な確信だけあった。
各自雰囲気が随分と異なる出演陣ではあったけれども、鈴木実貴子ズの二人は本当にいつも通りで素晴らしい。演奏直後に同じくサポート参加している各務君(紙コップス)と「実貴子ズのサポートは本当に楽だな」と話をした。
二人が非常に軸が強いので演奏に集中出来るのである。いやそれ、サポートなら当たり前でしょと言われるかもしれないけれども、そうでもない人達っていうのが結構いるのだから(そりゃあ人間だもんな)これは本当にサポートとしては快適である。良い曲を楽しく一生懸命弾いてれば良いのだから。正直、自分の力の至らなさを感じる事はあってもバンドとして酷い演奏をした事はないんだろうなと思っている。各務君も自分の演奏には不満はあるだろうけれども(彼は相当にストイックである。思い返せば自分の演奏を誇っている姿を見た事がない)、二人の演奏には何も文句はないんじゃないかな。これは確認してないから推測だけれども。

演奏後、妻と話していると共演バンドの演奏中はお腹の中で子供が動いていたそうだが鈴木実貴子ズの演奏中は大人しくしていたらしい。我が子よ、父親のファズベースがわかるのか。

日曜日は正午頃集合して一路京都へ。鈴木実貴子ズで京都でのミュージックサーキットに出演するため。
数日前から名古屋に来ていたアノランペの谷川さんも一緒だ。谷川さんとお会いするのは今回で三度目で(うち一度はすれ違い同然だったけれども)今までで一番ゆっくりお話する時間があったんじゃないかと思うのだけれども、いやいるんだね、あんなに良い人。気遣いと親切心が発言や行動の随所から滲んでるんだよね。僕、思わず谷川さんが良い人過ぎるのかそれとも自分含め身の回りの人間が優しくないのか一瞬考え直しちゃったもの。それくらい優しいの。結局谷川さんが良い人なんだなというところに決着がついたんだけれども。いや勿論そうだよ。
名残惜しかったなあ、谷川さん。車中に話で出た蒟蒻ゼリーを今度こそ渡そうと思っている。

京都UrBANGUILDは初めて出演するライブハウスである。木屋町周辺のライブハウスはVOXhallやDEWEYは出演した事はあったのだが。いやモノを知らないというのは恐ろしい事だ。こんなに近くにまだライブハウスがあったんですね。お恥ずかしい。
で、UrBANGUILD、凄く雰囲気の良いところなのね。音の広がり方という雰囲気といい、どことなくTOKUZOを連想するような、そんな感じだった。サーキットだったのでリハーサルも会場入りしてから出番直前までの僅かな時間で必要最低限のリハーサルをしていざ本番、みたいな感じ。こういうのは大好きだ。


だけれどもついついはしゃいでしまったのか、録音した演奏を聴き返すとちょっとベースギターの音が暴れまわっていた。幸いにも歌をかき消すとか邪魔をする感じではないのだけれども、理想的なストロングさよりも若干、気持ち、飛び出していたようなそうでもないような。

そうそう、これも書いておかないと。僕達の出番の前に演奏していたRibet townで野末さんに再会したのであった。
野末さんのお陰でリバーブの面白さに気付いたので本当に感謝している。いわばリバーブの師匠みたいなもんです。そんな野末さんと再会出来て嬉しかった。しかも再会したらリハーサル中で演奏中なのににっこり笑ってくれるの。ナイスガイ。

演奏後はそこそこ木屋町近郊で過ごして名古屋モドリ。
名古屋へ帰って来て皆で焼き肉を食らって家に帰った。焼肉、人生であんなに「丁度良い量」で終えられたのは初めてじゃなかったかしら。
スポンサーサイト

溜息しか出ねえよ。

全く、溜息しか出ない。

先日は名古屋は中区spazio ritaにて開催された『Experimental Nagoya vol.2』にBBBBBBBで出演、ノイズホトトギス再現ライブを行った。
当初出演予定だった動画と同一の鳥さんが本番二週間前に出演出来ない事態に見舞われ一時はどうなる事かと思われたが名古屋在住グラインドコアを愛好する高校生ベーシスト澤君と彼の愛鳥ゲン君のお陰で我々は無事ノイズホトトギスの再現とあいなったのであった。
それにしても澤君、17歳だってよ。丁度僕の半分の年齢である。僕が17歳の時に生まれたって事か、そう考えると自分も年齢を重ねたものだ、と思う。BBBBBBBの前回の演奏を偶然観て気に入った澤君、西園寺君が鳥を探している旨をSNSでお知らせし出演鳥を募ったところ、連絡をくれたらしい。「参加出来るなんて嬉しいっす」と言っていたけれどもそうやって飛び込んでいく姿勢、とても素敵だと思う。きっとアクティヴな人なんだろうなあ。素晴らしい。
本番はまさかの鳥が普通に鳴く等想定外の事態に見舞われたものの相応にリアクションも良く、流石西園寺君、エンターティナーかくあるべし。

そして共演のTabletop Guitarsのライブ、初見だったのだけれども本当にとても素晴らしかった。共演者の演奏を一度観てあれだけ心奪われたのはその昔新栄CLUB ROCK'N'ROLLで観たG-FIGHTERの演奏以来ではないだろうか。興奮する演奏や「格好良い!」と握手を求めたくなる演奏は過去に何度も観てきたけれども演奏家としてのアティチュードから考え直してしまうような、そんな演奏を目の当たりにして「嗚呼、今日自分がここに存在して良かった」と感謝するようなそんな体験はそうそう出来るものではない。
机の上に並べられたエレキギター3本に大量のエフェクター、それらを演奏し、操作し、音楽を作り上げていく様を目の前で観たのだけれども大変美しく豊かな時間を過ごした。眼前で音がどのように作られていくのかを観察するのは興味深い体験ではあるし機材ギークとしても有難い光景が展開されたわけなのだけれども、往々にしてエフェクティブかつ即興性に富んだ演奏の幾つかが陥りがちな「それ、その楽器じゃなくてもいいじゃん」感がこのバンドには全くない、というかエレキギターである必然性に富んだ演奏がその大半以上を占めていて僕の耳と同時に脳味噌も喜んでいたように思う。エレクトリックギターという楽器の電気的、または構造的な部分(ブリッジをボディーの一部と螺子によって固定し、アームによってそれを動かす事で音程を変化させるetc.)をフル活用している様であったり、プリペアーしたエレクトリックギターによって奏者にも予測不可能な音を混入させたりだとか、それらの全てがエレクトリックギターという楽器の可能性に「挑戦」しているような興味深い試みであった事を記しておきたい。
また30分程のその演奏の一連の流れもシームレスにして大変心地良く快感へ導いてくれるもので、また展開も目まぐるしく変化し飽きたりダレたりとは無縁の30分であった。
感嘆にいえば最高に格好良いライブを観させて頂いたのであった。

2018_05_20_001
全く、溜息しか出ない。

2018年のゴールデンウィーク

予定がある日以外は全部仕事に充てていた前職から転勤してからというもの、祝日はカレンダー通り休日となったのでゴールデンウィークの恩恵をダイレクトに受けている。普段はなかなかないぞ4連休。来年は10連休らしいね、気が狂うんじゃないか。

とはいえ妻の出産を見据えて家計を見直したところ決して豪遊する余裕なんてないと確信したばかりだし、かつ引越しを控えている上に妻も体調が安定しないしという事で特にどこに遠出するでもなく、自宅でのんびりする連休にしようという事に相成ったのであった。

そんなのんびりする連休でも5日は父親の誕生祝いに実家へ行き、最終日6日は妻の安産祈願に伊奴神社(いぬじんじゃ、と読むそうだ。安産祈願では有名だそうである)へと妻のご両親と行ってきた。
安産祈願、長蛇の列だったけれども有難い事にその日一番最初の組に参加する事が出来た。

昼からは神田君(不完全密室殺人)の家にバンドメンバーや親しい友人達、その家族で集って自宅BBQ。
神田君の次男、こたろう君(幼稚園年長さん)が僕の手をキュッと握り「一緒に遊ぼ?」と声をかけてきた時は本当にキュンキュンしましたよあたしは。


この中では割と新参者である妻も皆に温かく迎え入れられていて楽しそうにしていた。20代前半の頃に一緒にバンドをやったり切磋琢磨したライバル、しのぎを削ってきたバンドマンが家庭を持ったり母親になったりしていてなんだか酷く感慨深かった。月日は流れる。
そしてそれは悪い事ではない。

家族が増えるご報告。

もう妻自身がSNSで情報解禁していたので、あと念のため妻自身にも許可を貰ったので書いてしまうけれども2018年5月2日現在、妻のお腹の中には僕達の子供がいる。
現在妊娠5ヶ月。安定期に入ったところでスクスク育っているそうな。「たぁぶぅん、女の子かなぁ?」とはお医者の先生談。男の子であるにしても女の子であるにしても元気な子供が生まれてきてくれればそれだけで十分以上に嬉しい。

所謂「妊活」は昨年の秋頃から始めた。出産予定日から逆算すると割とすぐに授かったのかな?と思うわけだけれども、想像していたよりも遥かに妊娠というのはおおごとなんだなあと日々思う。
クリニックでは「つわりは軽い方だね、良かったね」と妻が言われているのを耳にしたが、どっこいやっぱり妻はしんどそうである。
「気持ち悪い」「えっ」「というかいつも気持ち悪い」「えっ」なんてやりとりもしたし嗅覚が物凄く鋭くなった影響かご飯が炊ける匂いが受け付けなくなったり慢性的に眠かったり胃が痛くなったり眠気が酷かったり食べてないと気持ち悪かったり(食べづわり、というそうだ)兎に角、妊娠を原因と考えられる体質の変化に妻は振り回されっぱなしだ。
少しずつだけどお腹も大きくなってきたので服装も考えなければいけなくなるだろうし妊婦というのは本当に大変である。

きっと、産んでからの方がもっと大変なのだろうけれど。
出来る事はないか、と父親入門者としての心得、みたいなものを周りの先達に聞いたりインターネットやクリニックで貰える本等に目を通したりして養ってはいるけれども正直まだまだのほほんとしてしまっている。日々少しずつ大きくなる妻のお腹に話しかけているばかりだ。

結婚して一年経つ頃には妻のお腹の中に子供がいる、というのは独身時代には想像さえしていなかった。生活をちゃんとしていくために住居も引っ越す事になり、生活も見直す事となった。
正直言って「どうしてもっと早く先々の人生についてまともに考えておかなかったのかな!?」と思う事もなくはないけれども、何、悔いたって事は始まりはしない。想像してもきっと想像以上の事が起こり続けるのが人生だ。有難い事に良い意味で想定外の事ばかり起きている。

嗚呼、あと半年もしたら僕らの家族が増えるのだ。
楽しみだなあ!

ハイテンションサティスファクション有難うございました。

四日市で様々な思いに駆られたは名古屋は栄TIGHT ROPEにてBBBBBBB企画『ハイテンションサティスファクションvol.2』。
選抜メンバーである自分もこの日は演奏で参加、昼からスタジオにてライブ前最後の練習があったので自転車漕ぎ漕ぎ向かったのであった。
家を出る頃には元気一杯だったもののまだ5月になろうかならないかという頃なのにもう既に、暑い。汗で体がベトベトして不快だ。
練習後に会場入りして、リハーサルまで時間があったので練習スタジオ付近まで自転車で舞い戻り、新栄は養老温泉にイン。
サウナと水風呂を交互に楽しみ、リフレッシュする。

会場に戻ると丁度エレファントノイズカシマシがリハーサルに臨むところであった。いや凄え観たかったバンドだから楽しみだったんですよ、エレファントノイズカシマシ。リハーサルから静かに静かに興奮しながら観てたんだけど、もうリハーサルから凄く面白くて。
...この日、実はちょっとした事情があってBBBBBBBの演奏後急遽「お先に失礼!」せなばならず。どのバンドも西園寺君入魂のセレクションで声をかけているのがわかっていたので楽しみだったのだけれども、残念。
BBBBBBBの演奏は曲の構成こそガッチリ決まっているけれども演奏自体は結構自由で、だからこそ難しい感じ。リフをガンガン弾くのは好きなのだけれども曲毎に雰囲気出そうとすると難しいですな。

翌日、祝日月曜日。
首が痛い背中が痛い腰が痛い。筋肉痛を抱えながらも友人達がお茶会を催すと聞いていたので鶴舞公園へ。

2018_05_01_001
屋外でのお茶会って不思議の国のアリスみたいだねえ。想像していたよりもずっと本格的なお茶会であった。手作りのお菓子に舌鼓を打って大いに堪能。いまいち現実感が湧かなかったけれども(笑)。

『俺の温度、軸との距離」を四日市で再演。

年齢を重ねたらきっと悔しい思いなんてする事は減るんだろうなと、そんな甘い幻想を抱いていた。
雑誌やテレビやwebインタビューで見たあの人やあの人やあの人のように、一つの事をやり続けてきた人間だからこその苦悩こそはあれども根本的に自分の作品に対する葛藤や「完全に作ってあげられなくてごめんよ」みたいな思いを抱く事なんてなくなるんだと、そう思っていた。
勘違いだった。
幾つになったって、作った物に対してふと冷静になって「これはこれで良いのだろうか」と思う事はある。何より心にグサグサッとくるのは曲だったり作品だったりは問題ないのに自分自身の在り方や向き合い方やその日のバイオリズムが悪くて真価を発揮出来ずその結果、絶好調であれば瑣末な問題でしかなかった作品のほんのちょっとした綻びが大きな大きな穴になって顕在化する事である。
数日もすれば清々しい思いと共に「あの苦渋は舐める必要があった!」と思えるものの(根っからのポジティヴであるからして)、その時その場所で「やっちまった...」となる時は決してそんな風には思えずただただ悔しい、強烈に悔しくてなんなら悲しいだけである。
嗚呼、一つの事だけやってきたらこうもならなかったのかもしれないけれど、僕はあれもこれも面白そうな事はやりたいし自分が自分であり続ける事だけを続けようと思ってしまっているからなぁ!

さて、話を戻すと最近いつそんな思いをしたかと言うとつい先日、4月28日の事である。
場所は四日市ドレミファといろは、どこからか僕がそんな作品を作ったと耳にしたゴウさん(ドレミファといろは店長)から「うちでもサウナやって!」と連絡を貰ってメンバーを再集結、たった一度の上演の思って臨んだあの日以来の『俺の温度、軸との距離』再演となった夜の事であった。

作品が進んでいくのに併せてパフォーマンス(僕の場合は演奏)しながらどこかで違和感というか「ああ、ここ、直したい!」と思いながら演奏していたのであった。
つまりは作品の粗が目立って感じたという事で、しかし現場ではどうにかするしかなくその時その時で最善とは何か、とアティチュードから探りながらの演奏となったのであるが、長期的なスパンで見ればこれは進化していて感じ方が変わったのだなあとも言えるけれど、いやいやでもそんな作品として受け取られてしまう作品に申し訳ない。その時最善を尽くしているとは言えどもこの作品の面白さを伝えられないであろう(120パーセント理解して欲しい、というのはエゴだろうか?)お客様にも申し訳ない。
それでも好評は好評で滅多に僕の事を褒めない同業者諸兄も「今回の良いね」と楽しんだ旨を伝えてくれたりはしたのだが、いやいや違うんだよ、もっと面白く出来るんだよだなんて言えるわけもなく。
尚更悔しい。こんな事をここに記録として残す事が美しくない事であるという自覚くらいはあるのだが、それでもやっぱり無駄にしないためにはやはり記録にしておく他、ないのだろう。


各々が課題を感じていた、とは終演後に判明したけれども、それでも共作者達は素晴らしいパフォーマンスを披露してくれたのであった。感謝感激。

自己紹介

舟橋孝裕

Author:舟橋孝裕
愛知県在住、ベースギター奏者です。
・JONNY
・パイプカツトマミヰズ
・犬栓耳畜生
・白線の内側
 やサポートでベースを弾きます。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム