FC2ブログ

楽器に関しての備忘録のつもりがほぼほぼ自分語り。

あれはいつの日だったか、それまで自分自身否定しながらも無意識にこだわっていた「所謂、ベースらしい」サウンドというものにいよいよ執着しなくなったな、と痛感した瞬間があった。
自宅に向かって一人、車のハンドルを切っている瞬間だったか、それとも楽器さえ背負わずにこの身一つで自転車を漕いでいた時だっただろうか、あるいは風呂に浸かってぼんやりと虚空を眺めていた時だろうか、はたまたベッドに転がって眠りに落ちるその暫時、その刹那だっただろうか。
いずれにしても、「あ、俺、音の捉え方変わったな」と自分自身ちょっとした驚きを持ってそう実感した瞬間があった。断言したって良い、それは楽器を弾いている最中でなかった事だけは確かだ。楽器を演奏している最中はそんな事を考える、感じる余裕なんてない。あれはもっとこう、必死になる行為であるからして演奏しながら循環して鑑みて、だなんてそんな余裕と余白を必要とする行為は出来ない。まあ、中にはそういう余白を作るような演奏もする事はあるけれども、けれどもその時はその時でいつまでその余白を継続するのか必死になっているので、これはもう僕の不徳の致すところではあるのだけれども、やはり余裕がない。
よって、僕がそう感じたのは楽器を演奏していない時である事だけは確かである。
「ベースらしいサウンド」というのは僕がエレクトリックベースギターとは様々な音が出せる楽器だと気付いた時から手を変え品を変え挑み続けているテーマである。一頃は反骨心を持ってその言葉を浴びせかける輩に一瞥くれていた。
いや、言わんとする事は理解出来る。バンドアンサンブルの中に於いてその瞬間、ベースパートに期待するものというは僕もベースギター奏者の端くれ、同じである。必然性があればそりゃあこの楽器の長所だもの、低音によってスペースのデザインや造形を担わせて頂きます。けれどもそれが、もう演奏する以前に大前提として、その演奏家の思想としてそうそう、これこれ、ボンボンやってくれ給え的な、これはもう断言してしまおう、『思考停止』からくるものであれば話は別である。
「ベースにリング・モジュレーター?使わないでしょ、ハッ!」
世の中には平然とこういう事を恥も外聞もなく口にする演奏家がいるのである。創造、という言葉を知っているか。何かを作り上げる行為に本当に臨んでいるのか。想像力や認知の外に向けて踏み出すのはクリエイティビティの向上の要素の一つなのでは?
おっといかんいかん、ついつい熱くなってしまっていけない。そう、結局全部、電気信号なんだから如何様にでも加工すれば良いと思うのね、シンプルな話。電気信号を加工して格好良い素敵な音が出るのであればその元の楽器が何であっても良いではないか、という考え方で。僕は自分愛用のベースギターが一番操作しやすい楽器であるのでそれを使って(不自由になりたい時は使わない。これはこれで演奏に於いては効果的であると最近意識している)森羅万象の音を出したいと思っている。
こうなってくると如何にして音を加工(しかも多方面に)するのかという話になり、そこでようやく今回の本題、ピッチシフターになってくるのである。

2018_07_30_001
DigitechのWhammy RICOCHET、導入しました。これ、ベースギターでも素晴らしい。

音程をなるべくスムーズに、かつ美麗にシフトするエフェクターというのは大変重宝する。どうやったって自然な加工音(矛盾した物言いというのは理解している)にはなるわけがなく、いや恐らく様々なエフェクトを追加してゆけば最終的には完全なそれになるのであろうけれども、このエフェクター単独では勿論そうならない。それでも僕がこれを導入したのはそれまで使っていたピッチシフターよりも圧倒的にピッチシフト時の音のヨレが少なかったからである。ヨレ、別に悪くはないのだけれど、今はそれが旬でない。
ペダルのないワーミー、と言える本機だけれども正直触ってみるまで操作感は大丈夫なのか、とかペダルがなくてワーミーの美味しい感じが出せるのか、とか色々懸念していたんだけれども、結論からするとこれ、いいよ!
スイッチを踏んでいる間だけピッチシフトするのか、それともオン/オフでドライシグナルと切り替えるのか選べたりするのだけどペダルを踏んでいる間だけピッチシフト、これ信じられないかもしれないけれどもペダルを踏んでいる感覚と近しい。
ピッチの上がる速度をツマミで調整、というのも最初は大丈夫かと心配だったけれどもこれとスイッチによるオン/オフでほぼほぼノーストレスでピッチシフトが楽しめるから凄い。あ、でも曖昧なピッチで上げたり下げたりウニウニした人には不向きである。
僕みたいに「ガッキィィィィィンンン!!」とピッチシフトしたい人には良いけれども。
あと上げるだけじゃなくて下げるのも、結構オツである。ベースでオクターブダウンした音色はオクターバーでドライシグナルカットしたりした音とはまた別物の味わいがある。そういう演奏の時もピッチ検出の正確さ、迅速さは流石。遅れない遅れない。

繰り返しになるけれども、ウニウニやらないようであれば全く不足ない、良いピッチシフターです。
スポンサーサイト

アイスとジュースの消費量が異常に増えた。

最近めっきり活動記録とエフェクター備忘録ばっかりになってしまっているので「こりゃいかん」と思い立ちここ最近の日記めいた事を徒然ながらに書こうと思う。
書きやすいように箇条書きで書き殴るけれどもどうかご容赦を。


・我が子について
まず何よりここ最近で一番の変化といえば妻の妊娠であろう。現在8ヶ月、お腹はパッと見ただけでも妊婦とわかるくらい大きくなりそろそろ里帰りしようかという頃だ。母親教室が病院で開催される、と聞いたのでちょっと一緒に出掛けてきた。平日の昼間という事もあってか父親の参加者は僕だけだったが、助産師さんのお気遣いもあって気兼ねなく参加する事が出来た。
他の参加者の方が体調不良で倒れてしまい、舟橋は大いに驚いたのであった。
妻は胎内で子どもが大きくなっていくに伴って内臓が圧迫されているようで時折胃痛を訴える。今はこれを書いている後ろでNINTENDO Switchでゼルダの伝説をやっている。暑い日が続くけれども体調を崩さぬよう応援する事しか出来ない。
あ、生まれてくる子どもは女の子で確定との事。


・旧友が名古屋に戻ってきた話。
療養、娑婆への復帰の第一歩と実家の福井で過ごしてきた山田君(ex.不完全密室殺人)が名古屋へ戻って来た。
旧い友人の再来名という事で僕は大いに浮足だった。思えば彼が名古屋にいる事は舟橋家(実家)で母親手作りの晩御飯を振舞ったりお風呂に一緒に入ったりしたものだ。バンド活動も一緒にしていたし結構な時間を重ねた友人である。
人見知りの妻も山田君には一発で心を開いたようで結構な頻度で「山田さんを晩御飯に招待してはどうだろうか」と口にする。
平日休みなぞは3人で岐阜までドライブがてら冷やしたぬき蕎麦を食べに行った。

2018_07_24_001
イオンのゲームセンターでVRゲームに興じる僕達。
車椅子に縛り付けられて廃病院をひたすら進むホラーゲームだったのだけれどもギャーギャー言いながら大いに楽しんだ。名古屋戻ってからも結局一緒にスーパーで食材を買い込んでそのままたこ焼きパーティーをした。
妻は「もし貴方が死んだら山田さんと一緒になる」と口にした。本気かどうかはわからないけれども、妻も随分と感情移入しやすいタイプだと思った。山田君がそれだけ面白いという事だろうけれども。


・猛暑について
日中の外気温が40℃を超えるようになった。
噂によるとこの猛暑は7月末まで続くらしい。暑さによって死者も出ているそうでこの猛暑は「災害」であると認定されたそうだ。
幸いにもまだ熱中症であったり体調不良には陥っていないけれども、まあそれなりに夏の暑さにはやられている。夜中に寝苦しくて目が覚める事もままあるし、毎夏恒例の冷房病にも罹っている。
社宅で蛇口をひねるとぬるいお湯、くらいの水が流れ出てくる。それなりに冷えた水が出てきた前の家が懐かしい。ただ勿論良い事もあって、それなりにぬるい程度の水なので汗だくで帰宅後、即全裸になって水シャワーを浴びても体に悪くない程度の温度になっている。きっちりサッパリも出来るし。
何事も捉え方次第、とか言えてるくらいの環境は有難い限りだなあ。

安いコンプレッサーを少しは真面目に触ってみた。

2018_07_23_001
先日の犬栓耳畜生のライブの日、バンドメンバーのまりいちゃんからエフェクターを買い取った。
いや、買い取ったと恩着せがましく言うのが憚られる程の格安の価格である。元々が安いエフェクターだから、とまりいちゃんは遠慮していたけれどもそういう事でもない。エフェクターを人から買うという行為はその人から買う、という思い出も含めての行為であり、その対価は思い出も思い入れも含めてのものである。勿論、だからといってその10倍の値段で買ったかと言われると答えは否、なのであるけれども!

さて、安エフェクターの中でも安定した御三家の一つだと思っているPLAYTECHである。ここの安エフェクターは何が良いって筐体が物凄く頑丈そうなのである。あといかにもふてぶてしい。ゴッツい筐体の上下に何故かゴム素材でカバーがついている。手触りはソフトなのだが、逆に物々しさを強調してしまっているようでオカしい。
かつてベースオーバードライブという名の歪みを手に入れたけれども、今回まりいちゃんから買い取ったのはコンプレッサーだ。
「どうも面白く感じないから」と言っていたけれどもなかなかどうして、わかりやすいコンプ感を好む僕からするとこれは結構イケるコンプだった。コントロールはLEVELにTONEにATTACKにSUSTAIN。非常にシンプル。SUSTAINを全開にすればもうわかりやすく圧縮してくれる。アタックを全開にしてトーンをちょちょいと調節してやれば(真面目にコメントするのであればフルにするとベースギターだとジャキジャキし過ぎる。個人的には11時くらいが丁度良く感じた)立派にベースギターでも使えるコンプレッサーでござい、だ。あ、でも勿論ノイズも一緒に持ち上げてくれるのでそういうのを気にする向きには要注意、である。

で、普段愛用しているBOSSのCS-2と比べてもみたのだけれどもPLAYTECHとの違いで言えばやはりCS-2には搭載されていないTONEコントロールに触れないわけにはいかないだろう。思えばトーンコントロール搭載のコンプレッサーってこれが初めてだったかもしれない。結構面白いものだ。トーンを絞り切って、アタックも絞り切って思いっきり圧縮してみるとこれはこれで面白い音になった。アンサンブルの中でどう聴こえるかはわからないけれども、単体で聴いていると気持ちの良い音。

そしてまりいちゃんが鞄からこれを出した瞬間に分かってはいたんだけど、実は結構前からコレ、既に所有していたのであった。
同じコンプレッサーを2台も持っててどうするんだ、って?
いや、やっぱり人から安エフェクターを買うってそういう事ではないのである。

表現活動には求道者として自己実現の要素も内包する。

先日は鶴舞DAYTRIPにて埼玉のバンドであるロクトシチのレコ発企画に犬栓耳畜生で出演。

今回のコンダクトは森野君。カヴァー多目でお送りした。
森野君は言葉少ないながらも面白い(funnyでありinterestingである)人だから今回のコンダクトも良いものになるはずだったろうに、個人的にはバンドの演奏に貢献出来ずに他の3人のテンションにおんぶにだっこになった形になってしまった。どうにか打破しようと試みたものの最後の最後までなかなか一線を超えられず...ここ最近の犬栓耳畜生での演奏では一番閉ざしたものになってしまった。
観ていてどう映ったかはわからないけれども、やっぱりメンバーからの投げかけの部分に応えきれないのはネガティヴな焦燥感が募る。有難い事にバンドとしては評判も悪くはないようなので(けれども究極的には音楽の評価というのは演奏者からすればやはり自己実現を伴いたいものである)個人的な反省をして今後アップデートをしていく材料となったな、と腹の中で落ち着けてはいるのだけれども、実際バンド活動を10年以上続けてきてもこういう事があるから本当に音楽を演奏するという事は面白い。
実際何が原因でクローズドな演奏になってしまったのか、心当たりは幾つかあれどもそのいずれも過去の経験から鑑みるに決定打になるものではないのだよなあ。今までその要因を備えた上での演奏でも良い演奏をしてきた、というものばかりなのである。
結局、ネガティヴな要因を潰す事よりもより良いもの、良いものを目指す方向で思索した方が建設的なのでは?と毎度お馴染みの結論に至ってしまうんじゃあないか、とそう頭の片隅では思っている。
繰り返したくはないものだが。

演奏直後から感じていた憂鬱と少しばかりの悔いだけれども、ロクトシチの演奏を観ていてそんなものは消し飛んだ。
心技体が一致すると音楽は、バンドマンはかくも強烈な存在足り得るのだ、といわんばかりの演奏。もう完全無欠に格好良い。

2018_07_22_001
この日の思い出の一枚。しまらねえ顔だな、俺な。

electro-harmonix FREEZE買った。

2018_07_19_001
最近楽器を買いまくっている気がするけれども別にストレスが溜まっているとかそういうわけではない。きっと、暑いせいだ。
さて、electro-harmonixのFREEZEである。SOUND RETAINERという一瞬何かよくわからない感じだけれども要するに「スイッチ押した時の音をずっと持続するよ」というペダルである。エフェクトレベルは伸ばす時のボリューム。12時より少し、気持ち回した辺りが入力時と聴感上同じくらいの音量となる。
で、左側のスイッチでモード切替。FASTモードは踏んでいる間だけ音を伸ばし続ける。足をスイッチから浮かせると音もパッと切れる。SLOWモードはエフェクト音がフェイドインして足を離すとフェイドアウトしてくる。LATCHモードはスイッチを踏んだ瞬間の音をスイッチを踏み続けなくても持続してくれる。もう一度踏むとその時の音を永遠に持続させる。音を重ねる、みたいなのではない。バシッと切り替わる。持続音をオフにするには素早く二度踏み。

音を永遠に伸ばす。言ってしまえばそれだけなんだけれどもこれが驚異的に面白い。あとクオリティが高い。
スイッチオン時の音がそのまま綺麗に伸びるわけない、ちょっと機械的な音になるんでしょうどうせと思っていたらまさか綺麗にそのまま持続するのね。こういう「オン時の音を」系のペダルって他にはMASFのraptioとか持ってるんだけど(ちなみにこちらはオン時の音をスイッチ踏んでる間設定したタイムでブツ切りにしてずっと続ける。ズガガガガガガガ、となる)、あれは結構タイミングがシビアというか割と慣れるまでコツが要るのだが、このFREEZEはもう滅茶苦茶簡単。本当に踏むだけ。大変便利。

で、持続するだけとは言えども他にそういうペダルってないもんだからこれは大変に面白い。エフェクトシステムの前段の方に繋いでその後に色々なエフェクトをかけると普通じゃ鳴らないような音が作れたり、それこそシューゲイザーサウンドやノイズみたいなのも幅が広がるってもんですよ、これ。
想像力を刺激してくれるしああでもないこうでもない、と楽しめそう。あと導入前は割と「ベース独奏とかでしか使えないんじゃないのか」とか思ってたけど申し訳ありませんでした、そんな事全くなさそうです。これは発想力次第だね。

面白い道具を手に入れてしまった。
これは他に替えが効かない。

ベースシンセという名のギヒャウンッ!って音が出るペダル

2018_07_12_001
BOSSのベースシンセを買ったのは遥か昔の事(11年前とか冗談ではなかろうか)で、売り払ったのも相当に昔の事のような気がするけれども「今なら使いこなせるのでは」という気持ちと「昔よりエフェクターに規則正しさなんて求めてないし」という気持ち半々で再び購入した。
うん、確かに正解。昔は気になっていた追従性とかはコンプレッサーを前段でかける事で(しかも僕の所有コンプの中では相当下品にかかるCS-2だ。良く言えば空気感も圧縮し、悪く言えばノイズも圧縮されて持ち上がる)記憶の中のそれとは別格に改善された。
そして今のご時世、律儀かつ堅実にかかるベースシンセサイザーを求めるのであればもっと他に選択肢はあろうけれどもBOSSのコンパクトエフェクターに共通する堅牢さとこのBOSSコンパクトの中では割とはみ出し者の部類に入るSYB-5のちょいとヤクザ者な雰囲気には昔とはまた違った魅力を感じる。
若かりし頃の僕はこいつとうまく付き合おうとして失敗したのであった。こいつにちゃんとしたベースシンセっぽさを求めてはいけない。奇想天外なベースシンセみたいな感じ、くらいで丁度良いのではないか。ちょっと卑下し過ぎだろうか。

SYB-5とSYB-3、いずれも中古のブツがあったので比較も兼ねて一緒に試奏したのだけれども比較というか最早別物だね、あれとこれ。またヤクザな気持ちになった時には手を出すかもしれない、SYB-3。
それにしてもこの筐体、格好良いよなあ。

ブタと貴様ら、デビュー戦

2018_07_09_001
新栄CLUB ROCK'N'ROLL 本多さんから「7月4日に何かやらない?」と一見ざっくばらん(過ぎる)けれどもその実相当に贅沢なお声がけを頂いて、ふむ、今の俺は何がしたいだろうかと考えた結果、即興演奏をするバンドを結成して演奏でその場に臨む事にした。
少し前だったら演劇作品を作ったり一人芝居を作ったり、きっと「楽器を使わない表現活動」を視野に入れていたのだろうけれども、今思えば自分でも意外な程すんなりと「あ、演奏したい」と思っていたのであった。
色々な活動を通じて結局楽器に帰ってきたのだろうか。いや、違うな。結局どれもが同じである、とようやく心の底から感じる事が出来ているのかもしれない。数年前には同じように口では「結局全ての表現は同じである」とか嘯いていたものの、自分でも視界の隅くらいにはけれども表現媒体の違いには明確な違いがあって場によってはその受け取られ方にも明瞭な違いがある、と認めていたのであった。そんな「こうであって欲しい」と自分自身含めての「そんな受取方しか出来ないなんて」というところへの反骨精神みたいなもの、そういう一心で僕は色々な表現にぶつかっていっていたように思う。
ようやく、何でも好きなように気軽に、真剣にやれるようになってきたのかもしれないな。
僕みたいな未熟者は何をするにしても時間がかかるのだ。

さて、随分と話が逸れたけれども、では今の自分が即興演奏でガッツリと組み合いたいのは誰だろうかと考えたところ小野浩輝さんと梶藤奨君(26時/数秒にも満たない)のお二人にお声がけさせて頂いた。片や大先輩、片やサウナ友達である。いずれにしても絶対に面白いセッションになるであろう敏腕のお二人だけに事前に軽く合わせますか的な一時間半のスタジオ入りは大変楽しみにして向かったのであった。
一時間ばかしぶっ続けで演奏したと記憶しているけれども良い意味で想定を裏切られ、これだから人と演奏する事は楽しいのだと思い知らされた。二人とも出す音出す音がいちいち格好良いからたまらない。

バンド名はゴールディング『蠅の王』から拝借して「ブタと貴様ら」とした。
ちょっとパンク過ぎるかとも思ったけれども元ネタが元ネタだ。良しとした。
一度こっきりの演奏かと思いきや、演奏後に自然と「またやりたいねえ」という話がメンバー同士の中で飛び交った。格好良い先輩に格好良い同輩からそんな言葉が出ただけでも僕は嬉しかったのである。
当日の演奏はどうだったかって?
バキバキだったぜ!

鈴木実貴子ズのレコ発でベースギターを弾いた話

2018_07_06_001
7月になった。何だか良くも悪くもないんだけどサクサクと時間が流れていく。サクサクと、というかスムーズに。
早いとも思わないし遅いとも思わないが時間がサクサク流れていく、そんな感じだ。

7月初日は今池HUCK FINNにて。鈴木実貴子ズの『平成が終わる/音楽やめたい』レコ発企画スリーマン(共演は明日、照らす3markets[ ] )にてベースギターでサポート参加である。
何だかHUCK FINNは久しぶりな感覚。実際久しぶりであろう。一頃は結構頻繁にステージに立っていたのだが、ここでベースギターを弾くのも随分とご無沙汰である。リハーサルでマイクを通したナベちゃんの声をきいてしみじみとそう感じてしまった。
願わくばどんな音楽も自分の中からスッと出てくる無理のないものでありたい。どんな音楽、どんな演奏であろうとも自分と直結した呼吸のような、そんな純度の表現でありたい、と思う。なかなかそうもいかない。そうである事が必ずしも良い事とは限らないのでは、とも思う。極論すれば自分自身がアウトプットする際にどう感じるか、ではなく僕のような演奏家にとってはアウトプットした結果がどう作用するか、の方が大事であろう。
僕が未熟であるが故に自分のアウトプットと作用が直結していないだけである。いやあ、なかなかコイツが難しい。

この日に於いてはベスト、だけれどまだまだやれる余地が見えてしまったという意味では悔しい演奏となった。相変わらず鈴木実貴子ズの二人は素晴らしかった。
今日の写真は妻撮影。実父が「子供が生まれると撮る事も多くなるだろうから」とデジタル一眼レフをくれたのだが、それを嬉しそうに持ち歩いている。きっと僕よりも妻の方が使う機会が多いだろう。

BBBBBBBでの一区切りの演奏。

2018_07_03_001
6月最後の日は単身岡崎へ。ひかりのラウンジにてBBBBBBBの公開レコーディングを兼ねたワンマンライブだった。
以前別件にてお誘い頂いたものの出演叶わず、だったひかりのラウンジ、ようやく出演する事が出来た。
金山駅より名鉄で30分程。そういえば岡崎って訪ねた事がないかもしれない、と思う。駅前に出てみると何だか観光地然としていて驚いた。地図アプリを頼りにひかりのラウンジを目指す。ビジネスホテルや飲み屋が多く、河原は開発途中である。やはり、妙に観光地然としているのであった。

前述したけれどもこの日のワンマンライブは公開レコーディングを兼ねたもの。マイクが何本か立てられており、ベースもライン録りされている。こういう場合はいつも通りやるのが一番具合が良い。言ってしまえばライブ盤なのだ。今更演奏技術をどうこうしようとしてもそれはライブ盤の本質からは外れていく行為に他ならないだろう、と七割腹を括って、三割諦めて演奏に臨む。

結果、悪くない演奏が出来たと思う。いや、録音を聴き返したわけではないから勿論出来栄えに関してどうであるだなんて言えないけれども、実感としてその時現在出来る演奏はした気がする。出したい音、弾こうと思ったフレーズが、弾けた。アクシデント的な瞬間もあったけれどもそれも含めて生々しい記録になっているんじゃないかと期待している。
演奏後はトークショー。首謀者の西園寺流星群君の思い出話コーナーと化しつつも興味深いバンドの歴史を写真と映像を交えて振り返る。こうして振り返っていくと色々と挑戦してきたBBBBBBBというバンドの歴史がそこまで長くはない事に驚かされた。
同時に、まだ自分が演奏に参加して半年しか経っていないのだという事も再認識。何よりこれが一番驚いたかもしれない。
実はこの日でBBBBBBBの選抜メンバーから離脱する事になっていた。私生活の環境の変化が著しいので自由性が高いこのバンドでの参加の方法を今と変えたい、と思ったからだ。脱退、ではなく選抜落ち。何かしら機会があったら関わる事もあるであろう。その時はきっと今よりもっと面白いバンドになっているんじゃあないか、と思う。

2018_07_03_002

自己紹介

舟橋孝裕

Author:舟橋孝裕
愛知県在住、ベースギター奏者です。
・JONNY
・パイプカツトマミヰズ
・犬栓耳畜生
・白線の内側
 やサポートでベースを弾きます。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム