FC2ブログ

親の気持ちが今更わかる。

相変わらず元気にやっている。
平日は実家に帰っている妻と娘は最近では週末にこちらで一緒に生活するようになっており、もうそろそろ3人での共同生活を始めようかという頃合いである。
実際一緒に寝泊まりしてみて痛感するのは妻が如何に普段睡眠不足なのかという点だ。
生後間もなく2ヶ月になろうかという娘は夜中だろうが何だろうが腹が減ると泣く。すると我々親は起きだしてミルクを作り娘に与え、寝かしつける。娘からすれば我々だけが頼りなのだ。放っておくわけにもいかない。我々、と書いたもののこれはここ最近の週末の話で平日は妻がこれをほとんど一人でやっているのだから、そりゃあ妻も心身ともに負担を強いられようというものだ。3時間起きに絶対起きだして目を離せない存在の庇護者としての役割と全うせねばならない。その緊張感たるやいかばかりか。
せめて週末は、と気張るものの実際のところ半分も肩代わり出来ているか怪しいものである。不甲斐ない。尽力あるのみ、だ。

娘と三人で出掛けるようにもなった。チャイルドシートから取り外してそのままベービーカーにドッキング出来る娘専用席のお陰でショッピングモール等に車で出掛けて買い物をする事も出来るようになった。こうした立場になってみると如何にショッピングモールが乳幼児に対して配慮されているかわかる。授乳室はお湯も出るしオムツ替え用のベッドも配備されているし授乳室もどうやら随分と配慮が行き届いているそうな。そりゃあ親子連れが多いわけだ。
自分が親の立場になってみるとわかる事って少なくない。

世の中は今連休中だ。
有難い事に有給休暇を一日頂いたので僕は昨日から四連休中である。
今、妻と娘は昼寝の最中。僕は若干底冷えのする自室にて楽器を弾いたり新兵器の具合を確かめたり、こうしてここ最近の日記を書いている。
新兵器についてはまた改めて。

2018_11_23_001

スポンサーサイト



POS DT-1、これって別の観点から凄いエフェクターだと思う。

2018_11_07_001
これから長らく住まうであろう社宅に実家に里帰り中の妻と生まれて間もない娘を受け入れる準備を日々少しずつ、それこそ牛の歩みのような速度ではあるが進めている。
その過程で実家→妻と同居と始めた家→社宅と経てきても尚、段ボールに荷積みされたままの状態だった私物達をいよいよ整理する事になったわけだが、それらの多くが断捨離の果てに廃棄されたのに対して奇跡的に娑婆へ戻ったものも幾つかある。
その中の一つがこれ、一部のクソエフェクター愛好家達の中では有名なPOS DT-1である。

POS DT-1。
これを手に入れたのは大学生の頃である。一時期の僕は今よりも熱病に浮かされたようにエフェクター蒐集に精を出しており、それこそ安価と見るやいなや使わないようなペダルでさえも自宅へ持ち帰っていた。圧倒的な物量に憧れを感じていたというのもあるし、何よりまだ今よりももっと音の良し悪しよりも浪漫に比重を傾けていたという事もある。
中古で数千円しなかったのではないだろうか。兎に角、物凄く安くないとこのいかにも得体の知れない、ラベラーか何かで手作りしたのかとツッコミたくなるような素っ気ないステッカーで記されたメーカー名さえ何かの冗談のような、そしてこのどこかで見たけれどもオレンジ色で(思うにディストーションでこの色というところもメーカー名から感じる冗談のような風合いを強調しているように思える)塗装されている事で異形ささえ感じる筐体のこのエフェクターにお金を払うとは思えないのである。当時の自分を褒めてやりたい。唯一無二のこのペダルは、今だからこそ僕の手元にあるべきであると感じさえする。
購入して一度音を出して満足したものの、大学の部室に持ち込んで同期と笑い飛ばしてやろうとした際に音が出なかった事でこのDT-1との思い出は終了している。数百円だからこそ痛痒も感じなかったし「ほらだからダメだろ」的な感想さえ口にしたかもしれない。何ならその時僕のその発言に相槌を打ちながら笑った同期の顔さえ思い返せる気がする。
それくらい、このエフェクターには嘲笑しか感じていなかった。

本当に音が出なかったのか、あの時の不具合は不完全かつ適当な環境で鳴らされたが故のものだったのではなかったか、という疑念に抗えず昨夜、ベースギターに繋いでみたところ音が、出た。
まさかのまさかである。おいおい、出るんじゃんよ、とペダルに過去の無礼、そして音が出ないが故に仕舞い込んでしまった事への詫びを感じながらツマミを回す。
ディストーションとしては、まあ特に特徴もなく、安エフェクターのディストーションという感じだ。ベースギターで、かつ自宅で鳴らした感じでは特に特筆すべき事はない。
ただ、このDT-1の強烈な個性はそのバイパス音にある。

物凄く、音が劣化する。
高域がバッサリとカットされ、音が遠くなる。こういうフィルターなんじゃないのか、と感じる程である。
僕はかねてから音痩せなんてものは都市伝説のようなものでエフェクターを繋ぐ以上そんなものは気にしていられない、と声高に主張してきたけれども、それでもこのペダルに関しては明確な「音痩せ」を感じたのである。
もう、凄いよ。本当に物凄く変わるから。
音の変化が強烈過ぎて劣化といっていいのか迷う程だ。これは変化、ではなかったか。

POS DT-1、侮り難し。

お宮参りと久しぶりの演奏。

2218_11_05_001
11月4日、早起きして伊奴(いぬ)神社へお宮参りに。安産祈願の際はお世話になったので感謝の気持ちを込めてお参りする。僕の父と母も来ており嬉しそうにしていた。家族というのは不思議なものだ、とつくづく思う。他人だった男女が夫婦になり、それぞれの家族が家族になるのだから。
娘が健やかに育つようお参りをして、帰宅。帰りがけにイオンに寄る。こうして新生児が家族にいる状況になってみるとイオンが如何にそういう世帯に対して配慮しているかがわかる。授乳室は広いしお湯も使えるしゴミ箱もきっちりあるしアルコールナプキンも設置されている。フードコートのファミリースペースで食事をとる。思えば初めての3人での外食だった。

帰宅後、新栄はVioへ。
この日は砂場主催のサーキットイベント『世界の砂場から』に鈴木実貴子ズがバンド編成で出演という事でベースギターを担いで参加してきた。会場入りしてすぐにエフェクターや電源こそ持ってきたもののパッチケーブルを一式忘れてきた事に気付く。この日はエフェクター少な目で、とそれでも厳選したペダルを2、3持ち込んでいたのだけれどもそれさえもそのままじゃあ使えない。共演者に借りようにも共演者に友人知人がいるかどうか、と楽屋に入るや否やすぐさまゼローネの青木君に会う。
渡りに船とはこの事だ、とパッチケーブルを借りられないか尋ねるも青木君はゼローネでの演奏が終わり次第すぐに別現場に行かねばならぬという。残念ながらどうしようもない。

こういう時こそ演奏家は知恵を絞るべきだ。諦めるのではない、与えられた状況の中でどのようにベストを尽くすか思考を反転させれば良いのだ。そうすれば逆境を楽しめるようになる。
この日足元に設置しようと思っていたのはチューナー、ボリュームダウナー(僕のベースは出力が大きいのでファズに突っ込む前にレベルを半分くらいに下げておく必要がある)、ファズ、そしてサンズアンプだ。
チューナーは、一瞬迷ったけれども外す事にした。なければないで思い切りチューニングが狂うような演奏をするでもない。何ならいつも安心するために足元にペダルチューナーを置いている程度の事なのだ。外せる。
次にボリュームダウナー。これは思い切ってベースギター本体でボリュームを絞る事にした。電気信号的には問題ないはずだ。
ファズとサンズアンプは同じくサポートメンバーの各務君から短めのシールドケーブルを一本借りる事が出来たのでそれを用いて接続。かくして、どうにか最低限の足元は実現出来たのだった。
どうにかなる、と楽観的に構える事は「どうにかしよう」という心持さえあれば実際のところどうにかなってしまうのだ、という経験則に裏打ちされた自信のなせる業なのかもしれない、結局のところ。たかだかパッチケーブルだけでここまで話を大きく出来るのも楽しいものだ。


演奏しながら時折はフロアを見るように心掛けている。演奏に集中して楽しむのは勿論だけれども、その「時折」で目に入る光景が一生忘れられない光景になり得る事もある。
この日、フロアを見る度に人が増えていっているように感じた。それこそ転換中はまばらで、数えられる程度しかいなかったというのに。如何に二人が力強い活動を続けてきたのか痛感すると同時に、じゃあ尚更この瞬間を鋭いものにせん、と気張った。
5曲の演奏はあっという間に終わった。

演奏を終えて外に出ると外気が体に心地良かった。湿気や気圧に不快感を感じる日ではあったけれども、それでも演奏後はどんな外気でも気持ちが良い。
やはり、演奏は楽しい。続けていこうと思った。

友人の結婚。

2018_10_31_001
写真は先日、目出度く入籍した弟子とバンドメンバー夫妻に愉快な仲間達と。
僕にとって唯一の弟子が結婚、しかもその相手がバンドメンバーだっていうんだから縁がないわけがない。有難くも披露宴でも大役を仰せつかっていたのだが、非常に残念、諸事情で出席する事が敵わなかった...。
無念さは行動で晴らす。
仕事を終え、もうあと数時間で日付も変わろうかというタイミングだったけれども新郎新婦夫妻は新栄のバンドマンの溜まり場である某中華料理屋で朝方まで飲み明かす意向だと知っていた。妻と娘が妻の実家で待っている。だが妻には「行ってきなさい」と許可を貰えた。さあ、祝いに行こう。
中華料理屋に入店すると最寄りライブハウスでの打ち上げ組がテーブルに陣取って、おっと、その横のテーブルにお目当ての組がいた。新郎であるバンドメンバー氏、会うなり顔をくしゃくしゃにして泣き始めた。おいおいまじかよ、そんなに喜んでくれるなんて。驚いて涙も出なかったけれども、本当に来て良かったと思った。もう本当に、ぶらりとおめでとうを伝えに行っただけだったのだけれども。
新婦である弟子にも会う事が出来た。出会った時は彼女は二十歳そこそこだったんじゃなかろうかと思うのだが(ひょっとしたらもっと若かったのか?どうなのか)、こうして遂に人妻となったのであった。僅かな時間だけれども、話す事が出来て本当に良かった。

りっちゃん、炭酸さん、改めてご結婚おめでとうございます。
友人として二人の結婚、本当に嬉しいです。どうかこれからも仲良くして下さい。

自己紹介

舟橋孝裕

Author:舟橋孝裕
愛知県在住、ベースギター奏者です。
・JONNY
・パイプカツトマミヰズ
・犬栓耳畜生
・白線の内側
 やサポートでベースを弾きます。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム