FC2ブログ

レコーディングと発熱と。

12月15日(土)
夜、某宅にてベースパートのレコーディング。
今までも何度か参加させて頂いたレコーディングセッションであり、かつベースパートについても結構ガッツリと打ち合わせ済みであったのでリラックスムードで参加。成り行き上、家族を伴っての参加となったけれども家族ぐるみの付き合いであったので何だか年末感のあるというか和やかな雰囲気になったようで良かった。
過去作品はミックスを担当するエンジニア氏のところまで赴いての作業であったけれども今回は諸々の関係で同じく録音に参加するギターリスト氏の助力を以ってして、彼のオーディオインターフェースを経由してのライン録音である。ライン録音とはいっても素のラインシグナルに加えてプリアンプやアンプシミュレーター(好都合な事にギャリエンクルーガーの800RBをシュミレートしたものがあった、ギャリエンクルーガーはアンプの中でも滅法好きな部類だ。イコライザーを触ってみた感じ、割と雰囲気は似ているように感じた)を通した信号の二系統同時録音と贅沢な環境での録音であった。作業して貰ったギターリスト氏とプレイバックを聴きながら「ああ...やっぱりアンプだわ...」と感嘆の声が出る程、そりゃあ素のラインシグナルと諸々通った音は違う。好みも勿論そうなのだが、如何に普段アンサンブルの中でそういう音を指標に演奏しているか再認識。
僕が演奏する際にはノークリック、されどもきっちりリズムが生み出されたトラックであったので苦労した、という感慨はない。それよりも瑞々しいトラックに参加出来た喜びの方が強い。
恐らくは年内最後の録音参加となるだろう、演奏納めはもう少し先だ。

12月16日(日)
朝起きると、異常に体が重い。
前夜のレコーディングの際、鼻水が止まらず辟易したのだがてっきり猫アレルギーだと思っていたあの症状、さては風邪だったのかしらんと体温を測る。36度8分しかない。ほぼほぼ平熱である。しかしこの重さは...倦怠感は...と気がかりになったので妻に声をかけて休日診療所へと向かう。
ハンドルを握る体が重い。精神的にも随分と後ろ向きに、ナーバスになっているのがわかる。この感覚、インフルエンザなのではないかと気がかりである。その旨を伝えると担当医より「インフルエンザの検査をしましょう」と伝えられる。鼻の奥に綿棒を突っ込んでグリグリ掻き回して細胞をとる奴だ。これ痛いんだよなあと思って身構えると、いざ掻き回されてもそうでもなかった。
結果、陰性。そうか、疲れていたのかなと帰宅して眠る。数時間後起床すると体が熱っぽい。体温計によると38度3分。その数字を伝えると妻の顔色が変わる。そりゃあそうだ、免疫力の低い乳児が拙宅にはいるのである。
妻と娘には妻の実家に帰って貰う事になった。
僕は妻の献身に本当に感謝したい。妻は機転を利かせ拙宅より程近い僕の実家へと娘を預け、そのまま拙宅へ引き返し僕を休日診療所へと再度送り届け、僕を拙宅へ送り返しスーパーへと向かい、僕の療養に必要な食料品を買い集め僕へとそれを届け、僕の実家へと娘を迎えに行き自らの実家へと娘と共に帰ったのである。
これらの行為を淀みなく行った妻は機転が効くし家族に対して献身的である。僕と娘は妻の庇護下にあるのだ、と感じた。勿論、妻と娘も僕の庇護下にある。だがそれがまだ顕在化した事はない。その時が来たら今回の妻のように迅速かつ的確に行動しようと決意した。
さて、再度の休日診療所だが電話で事情を伝えるとやはり懸念されるのはインフルエンザだが、発熱直後だと正確な検査の結果が出ないそうだ。ひとまず今夜は解熱剤で様子を見よう、との事。
この日はお粥やリンゴを食べて解熱剤を飲み、兎に角眠った。

12月17日(月)
起床。仕事は急遽お休みを頂いた。このクソ忙しい時期に申し訳ない。
かかりつけの病院での検査の結果、陰性。一体何が原因の高熱だったのか。ちなみにかかりつけ医の検査は綿棒の先に血が付く程強烈なグリグリだった。この検査で陰性なのであれば間違いないであろう、と涙まじりに実感出来る程であった。
解熱剤が効いたのか体温も平熱に戻った。寝過ぎで背中がバキバキなのとフラフラするのが億劫なくらいだ。
念のため、妻と娘はまだ実家にいて貰う事になった。兎に角、寝たり体をほぐしたりして過ごす。病み上がりだから体力をつけないと、と言い訳をして兎に角よく食べた。
スポンサーサイト



BEHRINGER FL600という名の狂気のマシーン

2018_12_11_001
先日のこのドライブでの戦利品、BEGRHNGER FL600である。

同じくBEGRHNGERのベースシンセサイザーも中古品、しかも美品で販売されておりエレクトリックベースギター奏者としてはそちらも気になったのだけれども、少し前に元ネタのBOSSのベースシンセサイザーを手に入れたばかりだったのでこちらは見送り。なんでも音もピッチ検出の早さも違うそうなのでいつかは試してみたいと思ってはいるのだが。

このFL600について調べてみるとあまり国内の情報が出てこない。実機を見たのも初めてだ。大手楽器系情報ブログの記事がヒットするがそこでの記述によるとこの600という品番のシリーズはLine6のToneCoreシリーズを元ネタにしているそうで、そういえばあのシリーズにはフランジャーなんかもあったなあと海外サイトの情報も覗いてみる。全部で11モードのフランジャーを搭載しており、モード名からも何となくこれはぶっ飛び系のペダルじゃないかと期待して家に持ち帰ったのだが期待通りの飛び具合。
キュィィーン↑ キュィィーン↑ キュィィーン↑とかギュゥゥーン↓ ギュゥゥーン↓ ギュゥゥーン↓とかそれはそれは頭の悪そうな(または頭がおかしくなりそうな)エフェクトが満載である。
ゲロ吐いてるアルペジエーターみたいな『STEP』というモードも素晴らしい。

このペダルをベースギターで使おうと思うとモードのほとんどが悉く原音を打ち消すような強力なエフェクトシグナルであるもんだから、まともに使おうと思うとブレンダー必須。これくらい潔い音ならばいた仕方あるまい。
試しにLS-2でドライシグナルと混ぜて使ってみる。ドライシグナル6:エフェクトシグナル4くらいの比率で音を混ぜると原音の後ろで奇妙な電子音が鳴り響くとても妙な音になって楽しい。
あとカラーリングも最高。フランジャーというか変な音が出るペダルとして重宝しそうである。

HARD OFFを目指して一人ドライブ。

12月になった。
実家にて生活していた妻と娘も僕が生活する社宅の方で一緒に暮らし始める。3人での新生活が遂に始まるのだ。

2日、妻は義父と義姉と一緒に父方の実家へ行き、その間娘は義母が預かって下さるというので僕は一日自由時間を過ごす事となった。前夜、夜遅くから常滑の友人を訪ねておりベッドに潜り込んだのは明け方6時、流石に昼頃まで眠ってしまった。
起床すると頭が重い。思えばこういう昼夜逆転した睡眠をとるのも久しぶりだ。大学卒業から20代のほとんどをそういう生活時間で過ごしたというのに、今の会社で働くようになってからはビシッと朝7時に起きて夜12時には眠る的な生活に切り替わってしまった。
起床したのは12時5分、13時から予定があったので服を脱ぎながらお湯を沸かしてお湯を注いだカップラーメンが出来上がるまでの間に髪の毛を乾かす。目的に向かってタスクを頭の中で列挙して一つずつ片付けていくのが気持ち良い。
12時50分頃楽器を担いで家を出、自転車で数分走る。この日は予め決めてあった打ち合わせである。年内に録音を控えた曲群のベースライン決め会議というか、微調整である。
人の頭の中で鳴っているベースラインを具現化する、という行為は多分最も血肉になる練習方法のうちの一つだ。演奏技術に直結するかはどうかは別として、表現力という観点では大いに得るものがある作業である。

その後、帰宅して眠気をエナジードリンクで紛らわして車で出掛ける。
一人なので普段出かけないようなリサイクルショップを目指したい、と環状線を北上、名古屋空港から程近いHARD OFFへ。
ここはちょくちょく訪れるのだけれども圧倒的なBOSSのコンパクトエフェクターの量に毎回感心してしまう。少し前まではビンテージのビッグマフなんかも並んでいたと思ったのだが売れてしまったようだった。
続いてもう一軒くらい行くか、と小牧店へ向かう。家内はドライブや移動の際にHARD OFFがあると立ち寄る事に対して肯定的ではあるけれども、いくらそんな妻でもHARD OFFを巡るためだけに遠出する、と言ったら難色を示すだろう。こういう日陰者っぽい悦びは一人で愉しむに限る。
カーナビゲーションシステムに電話番号を打ち込んで案内された場所がHARD OFFではなく中古のゲームショップだった時は唖然としたが(移転したのだろうか)、気を取り直して再度住所で検索するとそこから車で5分程、しかしつい今しがたそのすぐ近くを通って走ってきたようで苦笑いしつつも小牧店へ。
記憶を辿っても小牧店を訪れるのは初めてで、やはりそういう店舗を訪ねる際はドキドキする。

HARD OFF小牧店では楽器売り場は二階のようだった。
階段を上がり、エフェクター売り場を探す。竿類も見るには見るけれども僕の目当ては言うまでもない、エフェクターだ。
HARD OFFの店舗の中にはあまりエフェクター類に力を入れていないというか、本当に雑然と入荷したエフェクター類を陳列しているだけの店舗もあってそういう店舗にあたった際はちょっとがっくりしてしまうけれども小牧店は安エフェクターがしっかりと積まれており、かつ中堅どころからハイエンドなブランドのものなでバランスよく扱っている印象。
あまり出回っている印象のないBEHRINGERのペダルが安かったので救出。

妻が実家に戻る時間に合わせて車を走らせる。
一人のドライブも嫌いではないかもしれない。

2018_12_03_001
僕の実家にてTVを視聴する僕達。
左から舟橋(11)、舟橋(34)、舟橋(0)。
甥ッ子は僕に似ていると思う。

自己紹介

舟橋孝裕

Author:舟橋孝裕
愛知県在住、ベースギター奏者です。
・JONNY
・パイプカツトマミヰズ
・犬栓耳畜生
・白線の内側
 やサポートでベースを弾きます。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム