FC2ブログ

10連休3日目。

今日は早い時間に起きたのだが二度寝、三度寝してしまって結局動き出しのは9時半頃。
11時には実家に向かう予定だったので諸々準備をし、実家へ。
実家で昼食をとった後、妻と娘はそのまま両親と母方の実家へ、僕は皆と別れ鈴木実貴子ズの練習へ。
ワンマン前最後の練習であった。

2019_04_29_001
スタジオ終わりに撮影。自撮りだと顔の大きさを誤魔化せるので良い。
サンズアンプのベースドライバーD.Iのver2.0のミドルについて今日の練習でいつもと違う設定を試してみたのだが、ミドルが出っ張る設定にしているだけにミドルの設定周波数を変更するだけで随分と音の印象が変わる。京都nanoでの演奏以来、何とはなしに僕のアタックがもう少し低い帯域に動いた方がアンサンブル的に分離が良くなるのかもな、とか考えていたので今日の実験は大変有意義であった。明日のワンマンでミドルの出っ張り具合をどうするかはちょっと現場入りしてからの判断になるかと思うが、機材の選択の幅を知れたのは興味深い経験であった。

練習後、実家へ戻り停めてあった車に乗って一人母方の実家へ。成程、新車は大変快適だ。春日井市の実家まで大体40分程かかっただろうか。祖母は顔色も良く元気そうだった。お茶をご馳走になり、娘が眠そうにしていたので退散。僕個人としては滞在時間が大変短かったけれども、ひ孫の顔を見れて嬉しそうな祖母の顔を見る事が出来たから良し。

帰宅後、友人 九鬼君が「久しぶりに本気の火鍋を作ろうと思う」と数日前に連絡をくれていたので早速ご馳走になる火鍋会を拙宅にて催した。何だかんだ友人がドッと集まり大変賑やかな会になった。「何をどれくらい入れたかもう憶えていない」と調理者本人が言う程色々入っているという火鍋、痺れるような辛さでありながらどんどん食べたくなるような味わいで辛いものの、体にも良さそうで凄く美味だった。

2019_04_29_002
娘も多くの人に可愛がって貰えて嬉しそうだった。テンションがずっと高かったので風呂に入れてミルクをあげている最中に寝てしまっていた。きっと疲れのだろう。
明日は鈴木実貴子ズワンマンライブ。
スポンサーサイト



10連休2日目。

10連休2日目。
起床すると10時半頃。もうこの段階で休日感を感じてしまい、妙に嬉しくなる。
娘のベビーベッドの布団を干したりシーツを洗ったり、家事を行う。
あれこれやっていると光陰矢の如しでお昼過ぎ、夕方には実家に顔を出さねばならないので慌て気味で、と言ってもゆったりと準備をし家を出た。

この日は父親の古希(70歳)を祝う会である。兄とやりとりした結果、松坂屋の10階にあるフグ料理をご馳走する事になった。
フグ料理、人生で初めて口にする。漠然と高級食材というイメージはあったが35年間今まで食べる機会がなかった。父親のお祝いといっても僕自身楽しみにしていた席である。
開会の挨拶(?)で初めてフグと福がかけてある事に気がついた。兄は洒落た事をする。
コース料理であれこれと食べた。一品一品はそこまで量があるわけじゃなし、お腹に溜まるんだろうかと思ったが食べ終わった頃にはすっかり満腹だった。肝心のフグの味は、淡泊でフグは味というか食感なんだな、と思った。良い経験をした。

帰宅後、父が買ってくれたケーキを皆で食べた。
父も母も髪の毛に白いものが混ざった程度で息子からするとそこまで年齢を重ねた感じはなく(特に父は現役時代と変わらず仕事に町内会の役にと外を飛び回っているし)、70歳と言われても実感がなかったけれどもこういう機会があるとちゃんと親孝行しないといけないな、と思う。父、おめでとうございます!

2019_04_28_001

10連休1日目。

10連休1日目の日記である。
昨夜は割と遅くまで起きていたにも関わらず、6時半頃目が覚めた。いつも起きる時間と同じくらいの時間に目が覚めたのは習慣なのか、それとも休みをフルに楽しみたいという遊び人根性のあらわれか。いずれにしても結構目がバッチリ覚めてしまったので眠っている妻と娘を尻目に自室に閉じこもりインターネットサーフィンをする。YOUTUBEにて気になるエフェクターの情報やら何やら観ているうちに妻も娘も起きたので、娘にミルクを飲ませたり風呂に入ったりした後、三重県桑名のホンダカーズへ。
実は数か月前に新車の購入手続きを済ませており、今日が納車日だったのである。子供が生まれると車を買い替える必要があるらしい、とは聞いていたが実際物凄く車に積むものが増えたもの。チャイルドシートだけで一席使うわけだからその分、荷物の積み込み量って結構大切である。

2019_04_27_001
新車のホンダ エヌボックスと。僕は車に本当に執着がなく要求する条件といえば「走る事と燃費の良さ」くらいだったのでほぼほぼ全部、選択は妻に任せてしまった。エヌボックスはこれまで乗っていたミラココアに比べて天井が高く、また助手席が結構後方まで動き後部座席の子どもの様子を見やすい事もポイントが高かった。
人生で初めて車を購入した。

2019_04_27_002
今まで乗せてくれていたミラココアと最後の記念撮影。
妻が交際当時に購入、結婚してからそのまま自家用車として僕も単身運転させて貰う事があっただけに、僕も思い入れがあった。新車が我が家にやってくる!とは言えども結構寂しいものである。

手続き後、夕方から練習。帰宅後は素麺を食べながら『プーと大人になった僕』を視聴。毒ッ気のない、安心して視聴出来る映画。流石ディズニー。

10連休0日目。

現在4月27日午前0時55分。体感上はまだ26日だ。
明日から10連休が始まる。前代未聞の大型連休だしその間には新元号に切り替わるという事で何だか特別感が物凄く、ある。
というわけでこの10連休は毎日日記を書こうと思う。いや、本来であれば大型連休でなくてもその日あった出来事等書き記しておく事が日記としては望ましいのだろうけれども、どうせ書くなら事細かにビッシリ書きたい、とか思ってしまってなかなかキーボードに向き合う時間を捻出出来ずにいたのである。
この際、この特別な連休の間は一日一行でも何かしら書き記していきたいと思う。

さて、いよいよ明日から10連休という今日、職場では元号が切り替わるという事でその対応をしたりでバタバタするかと思いきや特段そうでもなく、普段通りの営業日という感じだった。成果があったので気持ち良く連休に突入する事が出来そうなのは本当に良かった。今週から出勤している新入社員君と一緒に帰宅。疲れがたまっていないか気がかりである。
帰宅後、妻が実家から貰ってきてくれたすき焼きと妻手製の鶏肉と白菜を電子レンジでチンしたのを食べる。電子レンジ料理、というと簡単なようだが味は凄く美味。一体どうやって調理したのか、と思う程であった。
食事後は娘を風呂に入れ、ミルクを上げ寝かしつける。娘が寝に入ったタイミングで楽器を担いで家を出、練習へ。
雨が降り始めていたので車でスタジオへ向かったのだが練習を終えると晴れていた。
そして今、10連休を目前にワクワクしてこんな日記を書いている。

何ならこういう楽器ってコレクションしたくなるよね。

2019_04_15_001
所有している楽器コレクションの中でもこれについて書いていない事に気が付いた。
サンダードラム、とかスプリングドラム、というらしい。バネを下に垂れるようにし、筒を振ったりして振動させると「ゴゴゴゴゴ」と雷のような音が鳴る。最初にこの楽器を目撃したのはあれは確か20代半ばの頃だったろうか、鶴舞K.Dハポンにて誰だったか友人のライブを観に行った時に共演していた人達がこれを曲中で使って雷の音を演出効果として用いていた。その人達がどんな名前でどんな人達でどんな音楽を演奏していたのか記憶に残っていないのが大変申し訳ないのだが、記憶を全てかっさらう程にこの楽器の存在は強烈だった。演奏で用いられていたものはもっと大型で恐らくは楽器メーカーが販売しているちゃんとしたものだったのだろう、毎キング等していなくても結構な音量で鳴って、というか轟いていたように思うのだが僕のこれはそこまで大きな音は出ない。だが生音でも見た目に反して結構びっくりする位の音が出るので気に入っている。

実はこれ、大型ショッピングモールの玩具売り場で見つけた「自作楽器シリーズ」の中の一つで、確かレインスティック(雨が降るような音がする筒状の楽器である)とセットだった記憶がある。
家族で買い物に出掛けていたタイミングだったと思ったが、何の気なしにフラついていた玩具売り場でこれを見つけた瞬間に以前からスプリングドラムをいつか触って演奏してみたいと思い描いていた事を思い出し、かつ値段もそんなにするものでもなかったもんだから妻におねだりして買って貰ったというわけ。
筒にフィルムを木工ボンドで張り付けてその中心に穴を開け、スプリングの片側をこれまた木工ボンドで接着するだけというお手軽工作だが(実際は装飾用の紙とかついていた気がするが)、完成品は十分に用を足してくれるだけでなく、その楽器自体を簡易的な工程ではあれども自分で成したのだという確かな満足感を与えてくれたものだ。

僕はベースギターは勿論好きだしコンパクトエフェクターはもう趣味として買い集める程に執着があるけれども、こういうヘンテコというと失礼だけれどもポピュラリティがそれほどでもない楽器も意外と結構、好きだ。また構造が原始的なのが良いじゃあないか。
電子回路を使うでもない、勿論出音を加工してそうしているわけでもない。非常に簡易的な構造で雷の音を出しているのだ、この筒は。
いつかエフェクターボードの先頭にミキサーでも仕込んで、こういう面白い楽器を自分のエフェクトシステムに混ぜ込んで音を鳴らしてみたい。きっと相性が良い気がするのだよなあ。

ディレイ気味の花見報告

2019_04_13_001
桜が散る前に妻と娘と梶藤君(26時/AOIWAO)とお花見に行った。
いや、正確に言えば僕がどうしても行きたいリサイクルショップが小牧の方にあり、そのすぐ近くに絶好の花見スポットがあったので立ち寄ったという次第だ。お宝壱番館 尾張小牧店、楽器コーナーが竿モノ、エフェクターいずれもそんじゃそこらの楽器屋に負けてない品揃えで見応えがある。ここで何を購入したかはまた近日中に。

梶藤君がこっちの方面出身なので小牧山にも詳しかったのだけど、いやあ名古屋市内で花見するのとはまた違って新鮮な気持ちで満開の桜を見る事が出来たのも良かった。どて焼きも5本で500円と良心的な価格。この日はお昼間に鶴舞公園も同じメンツで覗いているのでいってしまえばお花見梯子だ。

結婚記念の食事会

2019_04_02_001
3月最終日は妻と娘と、少し遅くなったけれども二度目の結婚記念日を祝いに思い出の場所、よし川へ。
先日結婚記念日に京都旅行をしたばかりではあるけれどもやっぱりここで食事をしてお祝いしたい。
日常的に行ける程まだ家計が潤沢ではないが故にこういう機会に折角なら贅沢にお祝いしたいなという気持ちもあり、予約して出掛けて行った。
お世話になったプランナーさん、結婚式の時も相当お世話になったけれどもそれ以降も何かとお世話になっておりこういう時も大変気をまわして下さるので本当に頭が上がらない。今回もお忙しい中時間を作って食事の席に顔を出して下さり、お話させて頂いた。
折角なので、と披露宴で使わせて頂いた会場も覗かせて貰い、昨年の記念日と同じように記念撮影。一人増えているから同じように、ではないか。
こうして結婚式でお世話になった場所に経た分の時間を背負って顔を出せるというのは幸せな事だ。
僕と妻のように気に入ったもの、感情移入した対象に対しては執着するタイプなら尚更、こうしてご縁を繋げる事が出来るというのは素敵な事だ。結婚式をしてはい、それっきりヨだなんてちょっと寂しいじゃあないか。

少し遅めのランチの気持ちだったけれどもいざ時計を見ると楽しい時間は過ぎるのがあっという間である、もう夕方だった。
これまたお世話になっているご縁筋の方が民謡まつりに踊りで出演されるとの事だったのでよし川をおいとまし、そのまま妻と娘と応援に駆け付けた。
普段拝見する機会のないその方のキリッとした表情も観れたし他の方の演目も興味深かった。民謡おどりは間に色気があるなあと思った。

週末は予定を詰め込みがちだけれども、その一つ一つを大切にして家族と充実した時間を過ごせている。

自己紹介

舟橋孝裕

Author:舟橋孝裕
愛知県在住、ベースギター奏者です。
・JONNY
・パイプカツトマミヰズ
・犬栓耳畜生
・白線の内側
 やサポートでベースを弾きます。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム