FC2ブログ

CROWTHER AUDIO Prunes & Custardを遂に入手したぞ

エフェクターが好きで好きでしょうがなくて、勿論演奏行為に伴って更なる興奮をもたらしてくれる道具として愛している部分もあるし、必要だから愛さざるを得ない部分もあるし、あと単純に物体としてそれが好きだ、エフェクター。

単純に「格好良い歪んだ音」が好きならもうそれは自分の手持ちで心地良い汚い音が出せるよう実現しているのだが、それでも「more!more!」と俺の心が叫ぶのはそれはもう俺が欲しているのは音色ではなくてエフェクターそのものであるから、である。
俺の潤った(公私ともにこう断言出来てしまうくらいには苦労を知らずにお気楽に生きていけている。持つ者はもっと持つ、を地でいく生き方を徹底していきたい)生活を更にブーストするための存在、嗜好品、俺のご褒美、はたまた「楽しいけれどももっと楽しくしたいし興奮したいから」俺はエフェクターを買う。
最近でこそ皆俺のそういう嗜好を受け入れたのか俺の足元に見れない筐体が増えていても何も言われなくなったけれども、一頃言われていた「病気だ」とかそういう言葉ももうスッカリ受け入れた。これが病的な執着ならば俺はもう病気でも構わない。大学時代に学んでいた行動心理学では「中毒性のある刺激は一時的な剥奪を与える事でその嗜好性を強化する事が出来る」と学んだ。だったらこの中毒が悪化しないようにするにはもうこれを追い続ける他ないのだ。

長い言い訳が続いた。
そう。また、なんだ。すまない。
俺とて愛好家の端くれだもの、心に刻んだ「いずれ買うエフェクターリスト」くらいはある。そのリストは細かく分かれていてラベルには「手頃な価格で見つけ次第確保」「いずれ確保」「どうしようもなく欲しいものがなく、けれども何か買う必要に迫られた際には確保」とか書かれている。その中で「手頃な価格で見つけ次第確保」が割と優先的、というかこのリストに並んでいる品は実用性に駆られているわけではなく浪漫要素強め、だけれどもそれであるが故に欲求は抑えがたいものが並んでいる。
行きつけの中古店が突如閉店してからというもの、愛好家の友人と情報交換したり大型質店を廻ってみたりしつつ結局のところ「現状、インターネットで在庫を眺めるのが一番知的好奇心を満たしてくれる」という結論に辿り着き機材愛好家の多くが行き着くであろうデ○マートを夜な夜な眺めるようになった。
「手頃な価格で見つけ次第確保」の品物を運良く見つけてしまったのはそんな時だ。

2019_07_28_001
CROWTHER AUDIOのPrunes&Custardについてはインターネットで検索しても国内のものでは情報が少ない。
世界規模では相応の情報を得る事が出来、ベーシストの使用者ではJustin Meldal-JohnsenとかPavement(ダサくて格好良い、と先輩から教えてもらった)やSonic YouthのMark Ivoldが使用している、または使用していたのが確認出来る。
試奏の機会もなかったしどうせいずれ買うし、みたいな気持ちもあって購入してしまった。値段は手頃、とは言い難かったけれどもこの次もこの値段で出会えるか怪しい程、高くもなかった。あとコントロール系統を見ても「きっとそこまで外れないだろう」という漠然とした予感はあった。

かくして購入してから数日後、東北からブツは届いた。
厳重に緩衝材で梱包されたそれを取り出してすぐさま鳴らす。好感触。しばらくスタジオ練習へ連れ出したりライブの現場へ持ち込んで隙さえあれば踏んでみる。
MIXコントロールで倍音、といっていいのか、ほとんどシンセ的ともいって良い倍音をドライブシグナルに混ぜていく事が出来る。ドライブシグナル自体は割と粘りが感じられ、低域のロスも感じられない事から結構扱いやすいのでこの倍音の混ぜ具合がこのエフェクターの面白いところ。また、この特徴的な音によって主張も出来るしベースラインも際立つもんだからこれ、シンプルなようで一筋縄ではいかない良さがある。機能的には歪みエフェクターにプラスアルファしたようなものなのだけれど、実際弾いている実感としては歪みものとしてよりかは個性的な一つのペダルという感覚が強くそれがまた使用したい欲をそそられる。
使用環境によってペダルのセッティングは様々に変わるかと思うが僕の場合、DRIVEはほぼ固定、MIXコントロールでどれくらいアクが強いかを調節しつつ使っている今の所。

他のペダルでは感じられない実感を感じられる面白い買い物をした。
スポンサーサイト



大丸ラーメン 復刻!?

ある日、友人からとんでもない連絡が来た。
連絡、というか画像だったのだが。それを見た瞬間僕はその目を疑った。

2019_07_22_001
大丸、復刻だと!?

大丸ラーメン、というお店の存在はご存知の方も多いだろう。
もし貴方がこのブログを以前から読んで下さっている世にも物好きな方だったら、或いは大丸ラーメン閉店に際して思い入れたっぷりにその日を迎えた僕の様子を、また喪失を受け入れる事が出来ずにコピーバンドとして活動する事でその喪失感を埋めようと躍起になっている姿を、そして多くの人間とその情熱を共有して燃やし上げたあの日をご記憶かもしれない。大丸ラーメン、僕の人生に一番影響を与えたラーメン屋である。

閉店してからもう7年もの月日が流れた。
そうか、もうそんなに時間が経ったのか。未だにあれ以上に食らったラーメンは存在しない。多分、冗談抜きでカップ○ードルより食べたもの。
舌にこびりついたあの味の残滓は失われつつあるが、記憶にこびりついたあの多くの夜の瞬間瞬間がまだなかなか抜け落ちてくれない。友人と夜更かしをして遊び呆けてふと一息ついた瞬間、または夜更けに小腹の飢えを感じた瞬間。そういう時にふと記憶のひだの中から立ち上がってくるのが大丸ラーメンでの記憶であり、その味の印象なのである。

そんな大丸ラーメンが、どうやらどこぞの飲食店で復刻された、だと!?
これは食べたい、食べなければならない。
どうやら今池のやぶやで提供されているようだ。
近い!行きたい!食いたい!

タイミング良く大丸狂いの友人 大内君(太平洋不知火楽団)が東京から名古屋へやって来る、との事で予定を調節して彼と演奏でぶつかり合った翌日、雨が降りしきる夜の今池で再会した。夜中の2時ではなかったけれど。

正直、若干どころか結構緊張していた。何故緊張していたのか自分でもわからない。ひょっとしたら、という一縷の望みがあったのだろうか?否、あの味に再会なんて出来るわけがない。どれだけ焦がれたって完全に同じ味なんてこの口にする事が出来るわけはないのだから。大橋隆雄さんがあの場所であの時間に提供して初めてあの丼の中身は『大丸ラーメン』足り得るのだから。だけど、ひょっとしたら。
期待しちゃ駄目だ、どうせ駄目でもともとなんだからという理性の声に耳を傾けながら店に入り注文をする。
大内君が注文を取りに来た店員さんに声をかけた。「どうしてこのラーメンを提供する事になったのか?」という10人中10人が気にする問いを彼は口にした。
店員氏曰く、どうやらお店の経営に関わる人間の中で大丸ラーメンのファンがいるとの事。その人発信で「折角なら俺達でやろう」と提供するに至ったとの事。
居酒屋に入店しておいて申し訳なかったが、それぞれドリンク一杯とこの『大丸ラーメン』しか僕達は注文しなかった。いつもだったら手が伸びそうなメニューが沢山あったけれどこの日は他のものを注文しなかった。

2019_07_22_002
提供された一杯は一見して雰囲気が良く出ている。ちょっと練り物の切り方が大きいかな、とか量が多いかな、とは思ったものの、やっぱりこういう一杯を目の前にした時はテンションが上がる。いざ、実食。

...オリジナルを連想させるのはビジュアルと練り物の味くらいだったけれども、一杯のラーメンとしては美味しかった。居酒屋だもの、オリジナルを求める人以外にもちゃんと番人受けするものを作らないといけないのだろうし、そもそもオリジナルに近付くがために開発されたものでもないのだろう。スープはちゃんと中華そばのスープだったし麺も業務用の普遍的なものを適度な茹で加減で、肉は塩ダレで痛めてあった。キャベツもモヤシもシャキシャキ感がある。
旨いけど、大丸ラーメンの完全再現を求めるものではない。だけれども今池という地でこういう一杯を出してくれる心意気に
感謝。
何より、記憶を手繰り寄せながら友人と『あの夜』に思いを馳せつつラーメンを啜る経験をさせてくれた事に感謝したい。よもや、また大丸の名の下に待ち合わせる事があるだなんて思いもしなかった。

2019_07_22_003

VS盟友の巻。

17日は鈴木実貴子ズのサポートで今池HUCK FINNに出演。

会社員だもんだから平日のライブは仕事後に駆けつけてリハ無しで演奏するか、タイミングが合えば有給休暇を取得して体を空けて臨む事になる。今回の場合は後者だった。上司に頼んでまで休みを取得したのは東京の盟友のバンドと久しぶりの共演の機会を得たから。
鈴木実貴子ズの2人から「この日出演出来ますか?」と打診を頂いた時は思わず声が出たもの、ハルラモネルと鈴木実貴子ズと太平洋不知火楽団のスリーマン。
太平洋不知火楽団が再生していた事は知っていたし、実際京都のサーキットフェスで鉢合わせたりしていたのだけど共演の機会こそなく、演奏を観たいなという気持ちと折角お互いバンドマンなんだから一緒にやれたら良いのになという感情を持ち合わせている時にこういう話が来たもんだから、まず何よりサポートに声をかけてくれた鈴木実貴子ズの2人に感謝。最近つくづく、2人のお陰で面白い経験が沢山出来ているなあと感じる。

当日、1時間のスタジオ練習を終え今池HUCK FINNへ行くと丁度太平洋不知火楽団のリハーサルが始まったところだった。うん、滅茶苦茶に音がでかい。何がでかいって全パートでかい。
笹口君、JC-120をあんな音量で鳴らす人久しぶりに見た気がする。再生に際して導入された大内君のモズライトベース、バコンバコン鳴って良い音だった。爆音の竿モノ2つに負けじと打ち鳴らされる津金さんのドラムも最高だ。
そんなリハーサルを観たもんだから影響されて爆音にならないようにするのが必死だった。美しいリハーサルを観た後だと爆音こそが正義で真実は大音量の中からこそ生まれる、と錯覚しそうになるのであった。

2019_07_20_001
公演終了後、ステージ脇の楽屋を覗くとモズライトベースが。一体全体どこで切ったのか、大内君の手から流れた血がピッグガードを汚していた。楽器はこうして育っていく。
太平洋不知火楽団と一緒にやっていたあの頃を思い出した。形は違えど、再戦出来て良かった。
演奏にも意識せずとも力が入っていたようで終わった後お客さんに「炸裂してましたね」と言われた。

『うちがわのそとがわ 第一回』ありがとうございました。

有難い事に、書く事が溜まっている。

これって結構理想的な状況で、つまり最近は「日記に書いて残したい程面白おかしい事が書いて残す時間もない程に沢山あった」という感じだった。あまりに忙しいんじゃないかって?エナジードリンクと最低限の睡眠時間があればあとはアドレナリンでまだ、どうにかなる。以前より肉体が必要とする睡眠時間は圧倒的に増えたし蓄積した疲労の回復にもメンテナンスを必要とするようになったけれども加齢による諸々の衰えはまだまだアドレナリンでどうにかなる範疇でおさまっている。
話が逸れたが、書きたい事が結構重なっているのでどんどん積み重なって忘れていってしまう前にコツコツと記録を残していこうと思う。スマートホンをポチポチと触る時間くらいはあるのだから。

録音開始から実に2年の歳月を経て、白線の内側のアルバム『へいせい』が完成した。アルバム発売の日取りは平成最後の日だった。
レコ発企画もその日に出来れば良かったのだろうけれども、なんだかんだでアルバムを売り出したのは関西のライブからだったし、在住の名古屋でのレコ発企画はつい先日になってしまった。
アルバムが間も無く完成しようかという時分から計画を練っていたがそれなりに時間がかかってしまった。だが、時間をかけた甲斐はあった。とても良い企画だった。
というわけで2019年7月13日、吹上 鑪ら場でレコ発企画『うちがわのそとがわ 第一回』を行った。

2019_07_19_001
その前日、出演者である高野京介君(from東京。彼のブログは滅茶苦茶読み応えがある。読んで下さい)が名古屋に前ノリ、拙宅に泊まりに来た。
拙宅に友人が泊まるだなんて名古屋在住の友人知人でも滅多にない事だのに、妻は「高野さんにはとても興味がある」と二連泊を快諾。面白い事にアンテナが立っている女性だ。
僕も珍しいこの事態に大変興奮、企画前夜は飲み慣れない酒を飲んで轟沈、企画当日は入り時間ギリギリまで2人でハードオフ巡り(とは言っても起きてから割とダラダラしていたもんだから2店舗しかまわれなかったけど)をした。
なんて事ないけれど友人が少ない僕からすると、かけがえのない時間だったと思う。

さて、企画に話を戻そう。
白線の内側のレコ発企画自体については割と打ち合わせをメンバー間で重ねて、超マイペースな活動を重ねる我々ながら全員の意向を都度都度確認しながらこの日を迎える事が出来た。
当初こそ「折角バンド活動のみならず芝居や生け花や様々な領域で活動している連中の集まりなんだから色々な表現領域から素敵な人、団体に声をかけよう」という構想はあったものの、完成したアルバムを聴いてその出来栄えに「これは俺達、シンプルにバンドとしてわかりやすい=キャッチーな企画を行った方が良いのでは」という方向にシフトチェンジ。その結果ライブハウスでの演奏活動を通じて出会った、或いはファンである皆様にお声がけさせて頂いて四組の出演者で企画を挙行する事となった。

全員で意見を出し合って決めた僕達以外の三組ではあるが、企画中にニンマリと笑ってしまう程良い顔触れだった。
VE-20とエフェクター、それぞれを駆使して音を重ねたりディレイで飛ばしたり、ボーカルと鍵盤のユニットという形式さえ軽々と超越してみせるいとまとあやこ、クセになるボーカルと滅茶苦茶音の良いアコギ、それを強力に彩るエレクトリックギターのくビれ(個人的にこの日の一曲目はアコギもエレキも単音でリフを弾かれていて、その重なり方というか雰囲気が90年代クリムゾンチックで大変良かった)、MCも曲中の脚注めいたお喋りも面白くて会場も笑いに包まれるのだが、そのうちにその根底にある自己嫌悪とかそういう感情が突き刺してくる高野京介、そして僕ら。
どうですか、滅茶苦茶良いメンツじゃなかろうか。バラエティに富んでいながら、通じる何かを感じて頂ける4組になったのではないかと手前味噌ながら思う。俺ならこんな面子で観たい、が実現出来たのは企画した側としてはしてやったりである。嗚呼、超絶手前味噌。

2019_07_19_002
この日の白線の内側、演奏開始と同時に樫山君が調子良いのを感じた。そりゃあ企画だもんな、バキッとキメたいよな。
それにしてもフロントマンのテンションが高いとかくも熱が入るのか、と思いながら演奏。
メンバーの演奏に影響されてばかりではいけないけれど、こうして良い形で結実するのはディスイズバンドマジック。
全曲指弾きに挑戦してみたけれどこのバンドではあっている気がする。

十数年バンド活動をしてきて今更だけれども、企画を主催してバンドに声をかけて出演者を確定して、宣伝してお客さんに来て貰って、という流れは真摯に取り組めば結果的に自分達の音楽を聴いて欲しい人達に届けやすいのでは、と思ったりもした。アウェーの空間でしのぎを削る尊さもあれど、折角企画を行うんだから。
出演者の皆様、ご来場頂いた皆様有難うございました。
企画名を提案したのは実は僕なのだが、わざわざ『第一回』と銘打ったのは二回目、三回目と続いていくようにという思いも込めてである。また面白い夜を作れるように尽力します。

七夕とメンバーの脱退。

7月7日、七夕である。

この日は鶴舞DAYTRIPにてYONONACAのライブ。
DAYTRIPの21周年企画。鶴舞DAYTRIP、僕がライブハウスに出るようになった頃はプログレだとかノイズだとか、いずれも非常にふりきった人達が沢山出演されておりちょっと怖いイメージがあった。最初に行ったのがなんの時だったかは覚えていないけれどもG-FIGHTERを観に行ったのは覚えてる。リシャール・ピナスの来日ツアーの名古屋編で、G-FIGHTER目当てで行ったものの音楽の深淵に触れたような気に勝手になって帰ってきたものだ。兎も角、鶴舞DAYTRIP21周年おめでとうございます!

YONONACA、この日のライブを最後にギターの西村君が脱退。YONONACAの活動を通じての交流だけだったけれども、冷静ながら演奏家としての矜持に基づいた演奏はバンドアンサンブルに献身的で一緒に演奏して楽しかった。お疲れ様でした西村君。また大きな音が出したくなったら戻っておいで!

バンドがこの先どのような形態でどのように活動していくかは正直まだ未定なのだけれども、メンバー3人は割と健全な状態で次はどう面白くしていこうか画策中である。
そういうバンドだからこそ、続けていける。

夕方からは家族と大須へ行った。タピオカを飲んだ。
ブームに乗っかって、ではあるが味自体はブーム前と変わっていなかった。

安心して愛せる場所を作る

訃報が飛び込んできたのは4月もそろそろ終わりを迎えようかという時分であった。

何の気なしに眺めていたSNSで自縛ポエトリーういちゃんの訃報を目にした。
鈴木陽一レモンさん(コトナ)が丁寧に丁寧に、恐らくは意を決してであろう、投稿されたそのツイートで僕はういちゃんが少し前に亡くなった事を知ったのであった。
おいおいまじかよ、と思った。思ったものの現実味がない。友人知人の死はいつだってそうだ。僕のような若輩でも年齢をそれなりに重ねていると家族親戚以外の近しい人間の死に直面する事はない話ではないだろう。だけれどもういちゃんよ、あまりに早過ぎやしないかい。
原因はわからないし知らないし知る気もないけれども、あまりにも突然のお別れに僕は実感がないまま、レモンさんにSNSでダイレクトメッセージを送っていた。簡素な驚いています、続報をお待ちしていますというなんであれば送る必要さえないような、そんなメッセージだったがレモンさんは丁寧な返信を下さった。個別に知らせる事が出来ずに申し訳ない、という挨拶から始まるその返信で7月6日に鑪ら場でお別れ会が企画されている事、そこでかつてういちゃんと結成してレコーディングをしたバンドOIAUENで演奏をして欲しい旨、伝えて頂いた。実際OIAUENについてはレコーディング以来動いておらず、何かする気配さえなかったのだがまさかの再集結がこんな形で動き始めようとは想像だにしなかった。

メンバーに連絡を取ってみると既に演奏活動を終了しているメンバーもおり、完全に同じ形で演奏とはういちゃんの不在という大きな点を除いてもならなかった。レコーディングエンジニアとして関わってくれた金森君に声をかけると参加を快諾してくれた。演奏内容は打ち合わせらしい打ち合わせをするまでもなく決まった。ういちゃんの音声データ(金森君が保存していてくれた。これがなければ今回の演奏もままかからなかったであらうからして、金森君のそういう几帳面な所に最大級の謝意を示したい)にあわせての演奏。一発録りのものなので他のアンプ類から出力された音も声に混ざり込んでいるけれども、ういちゃんの声として十分過ぎるものであった。それぞれが何をするか検討して、お別れ会当日スタジオに入り数回演奏をあわせてみて、いざ本番に臨んだ。練習しながら、なんとなくレコーディング当日の瞬間瞬間が思い起こされた。

本番、演奏するまで変に気が立ってしまって緊張とも違うその感じに会場に顔見知りの方も何人かお顔が見えたけれども声をかける事さえもせず、ただただ他の方のパフォーマンスを観たり聴いたり食事をしたり飲み物を飲んだりしながら、そんなささくれだった自分の気持ちに若干の戸惑いを感じた。
正直なところ、演奏が始まる直前、それこそ数秒前までピリピリしたままで音を出しながらは無心になれたものの、レモンさんによる僕達の紹介もバンドメンバーである少年(しょーや)君による挨拶も上の空というかストンと自分の中で着地する事もなく、ただただ演奏が始まるのを待っている状態であった。
これはもう、俺の問題だ。演奏する事で誰かに何かを伝えたいとかういちゃんが遺したこの音源、バンドという形態を人に伝えたい云々、そういう感情は一切なく、ただただ俺は俺のためだけに演奏していた。これで一区切り、だ。

演奏後、この日最後の演目としてういちゃんのパフォーマンスの映像が流された。嗚呼、俺はこの人の音楽や演劇や色々な活動は観ていたけれども詩人としての活動を観るのはこれが初めてかもしれないな、と気付いた。
今まで観てきた彼女の表現の中で恐らくは最も彼女の核心に近いであろうそれを観、この時多分僕はういちゃんの死をようやく現実味を伴って感じる事が出来たんじゃないかとそう思っている。

最初に会った時は孤独部のワークショップの時だったと記憶している。皆の前で公園でセミを食べた話をして、樫山君がその場の戸惑いをどうしたもんかと困っており、僕は手を叩いて喜んだのだった。
僕の作品にも出て貰った。他の参加者と話をしていると視界の隅に指を伸ばして接近してくるういちゃんが映っており、指が僕の顔に触れようとするその瞬間に振り払ったのであった。口の端に触りたくなって、と不思議な事を言っていた。
あまり直接褒めてくれるタイプではなかった。僕が演奏に参加するライブを観た後でも表情を変えずに話しているので僕も気にはしていなかったのだけど人伝えに演奏を気に入って褒めてくれていた事を知ったり、した。

とても頭の回転の早い、面白い人だ。
一緒に物作りが出来て光栄だった。
あばよ、またね。

2019_07_07_001

自己紹介

舟橋孝裕

Author:舟橋孝裕
愛知県在住、ベースギター奏者です。
・JONNY
・パイプカツトマミヰズ
・犬栓耳畜生
・白線の内側
 やサポートでベースを弾きます。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム