FC2ブログ

夏期休暇の思い出その2

24日は鈴木実貴子ズのサポートで今池HUCK FINNに出演。

4BROTHERSの企画で共演は4BROTHERS、スーベニアDOIMOI
DOIMOI先輩は滅茶苦茶久しぶりの共演だ。ドラムの礼一先輩と「最近どう?まだ演ってる?」「演ってますよー」と挨拶。
辞めていく人間の方が多分だけど、多い。続ける事自体が美徳であるとは思わないけれども少なくとも僕自身の人生の喜びにはなっているな、と思う。もう楽しくてたまらないんだ、演奏は。
DOIMOI先輩も活動を継続されているバンドの一つ。鈴木実貴子ズの次にDOIMOIがリハーサルだったのだけど、いやはやリハがこの順番で良かったとつくづく思う。物凄い音量、圧力。
僕ってのは阿呆だから順番が逆だったらきっと影響を受けたに違いないのだ。

音量が大きければ大きい方が良い、と断言こそはしないけれどもきっと僕が演奏している時ステージ上のベースアンプは結構な音量を発しており、僕はそれを大きいと思わない類の演奏者だと思う。音量は単純に=音量ではない。音質にも関わるしベースアンプの場合低音の量感に直結してくる。また、スピーカーによってはなかなか音量を出さないと音が飛んでこないようなものもあるので、演奏しやすい音質を実現しようとすると音量が結構出てしまう時もある。それなりにくどくどと書いたが、単純に大音量で鳴るアンプは好きだ大好きだ。
だから一緒に演奏する人に「下げてくれ」と頼まれた時はそういう嗜好の人間として快く下げるようにしている。特に歌う人間からするとそれなりの距離から低音が飽和状態で迫ってくるのは結構な恐怖だと思うからだ。
鈴木さんは率直に言ってくれるので大変やりやすい。この日も鈴木さんのリクエストに応えながら音量を探った結果、当初よりやりやすくなった。本番はもう少し出ていた気もするけれど。

この日でここ最近演奏が続いてきた鈴木実貴子ズのサポートも一区切り。
少しだけ間が空くけれど、多分ほぼほぼ通年雇用なのですぐに演奏する機会はあるだろうと楽しみにしている。

2018_08_28_001
写真はDOIMOI先輩。
スポンサーサイト



夏期休暇の思い出その1

有難い事に会社から夏期休暇を三日間与えられた。
更には土日を挟む事で五連休となった。
先週北海道へ行ったし、妻は普通に出勤していたので遠出するでもなくのんびり過ごす夏期休暇となった。いや、なったはずだった。なんだかんだそれなりに動き回って過ごしたのであった。

2019_08_26_001
初日は兎に角家でのんびり過ごし、2日目は朝妻を職場へ、娘を保育園へ送っていきその足で岐阜へ向かった。
お世話になっているLOVELESS GUITARへメイン機とサブ機の二本のメンテナンスをお願いしてあったのだ。メイン機はフレット打ち直しの際に指板を削って貰い、梅雨を終えたので様子を診て頂くのと微調整、サブ機は北海道への往復でバラバラにしてしまったので組み直して再調整して頂く。
近況報告やらダイエットについて等話をしながら岡田さんに楽器を診て貰う。トータル的なセッティングや調整をお願いするようになってまだそんなに時間が経っているわけではないが、既にプロの手で楽器の調節をして貰う効能を感じている。格段に演奏の際のストレスが減ったもんな。

2019_08_26_002
二本とも良い感じにして頂いて、以前から話に出ていた丸デブ総本店へラーメンを食らいに行く。
平日で、しかも悪天候だったので行列こそ少なかったが店内は満席。注文してワクワクして待っているとお待ちかねのラーメンが供された。
一口食べて「あ、これ大好きな奴だ」と思わず口に出た。どこか懐かしいけれど、それだけではない醬油味。少し柔らかめに茹でられた麺も美味い。一心不乱に食べて完食。スープまで飲み干しそうになったのは久しぶりだ。

食後、岡田さんオススメの和菓子屋さん『ツバメヤ』にて妻にお土産を購入。フワフワモチモチの皮で拵えられたどら焼きとわらび餅である。どら焼きは工房に戻った後岡田さんが淹れて下さったコーヒーと早速頂いたのだが、これまた新食感。餡子も甘すぎずコーヒーと合う。

楽器の調整だけでなく食道楽まで楽しんだのであった。

北海道備忘録~楽器運搬編

まだ北海道ネタ、というか北海道への楽器の持込について、である。

今回、北海道で演奏するにあたって僕が真っ先に考えたのは「楽器をどうするか」という事であった。飛行機で北海道入りする以上選択肢はそう多くはない。受託手荷物(所謂、飛行機に預けてしまう荷物である)として航空会社に預けて飛行機の貨物室に持ち込むか、席をもう一席抑えて機内持込手荷物として持って行くのか。
前者は席を予約した航空会社のwebを見たところ「破損の恐れがあるのでお勧め致しません」とハッキリ書いてあってもうそれだけで心折れた。預ける事は不可能ではなさそうだが、大切な楽器である、お勧めしませんと言われている方法をわざわざ試す気にはならない。
後者は航空会社によってはそういう取扱があるようだが、料金的にも現実的でない。
ううむ、これは万事休すか、と思ったのだが知恵を絞った結果良い方法を思い付いた。

楽器をバラバラにして、発送すれば良いのだ。そうすれば受託手荷物だろうが機内持込手荷物だろうがそもそも僕とは別に飛ぶのだから関係がない。発送さえ済んでしまえば僕は身の回りの品だけ持って北海道入りすれば良い。
幸い今回は先に北海道入りするメンバーがいるので宿泊先のホテル宛に送りつける事が出来る。これだ!と思ったのだがいや待てよ、バラバラにする発想が有りなのであればバラバラにした上でアタッシュケースに詰め込めやしないか、と実家にて最大サイズのアタッシュケースを借りて実際に詰め込んでみた。
結論、どうやったってロングスケールのベースギターをアタッシュケースに詰め込むのは難しいようだ。ショートスケールのロングホーンベースをバラバラにしてリュックサックに詰め込んだり、同じくショートスケールのムスタングベースをバラバラにしてリュックサックに詰めて高速バスに乗った経験はあるのだが、うむ、やはりロングスケールは難しいか。
一瞬今回もムスタングで、とも思ったがいざムスタングベースをスタジオに持ち込んで弾いてみるとやはりロングスケールの楽器の方がアンサンブル的にしっかりとする。あと折角の北海道初演奏だ、ここは愛用の楽器を持っていきたいところ。良い楽器なんだけどね、ムスタングベース。

というわけでYAMAHA SBV-550のサブ機の方をバラバラにして梱包して発送する事に。
ボディとネックは4本のネジで固定してあるだけなので(大抵のボルトオン機構の楽器がそうである)バラバラにするのも組み直すのも簡単なのだが、この楽器実は見た目からはわからないのだがピッグガードの下までネックが延長されておりボディの深くまでネックが仕込まれている構造になっている。なのでネックをボルトオン部でボディから外すにはピッグガードも外さなければならない。音的にも影響がある構造だそうだから文句は言えないが、これはバラバラにする際にはちょっとだけ手間だ。

弦を外しバラバラになったネックとボディを梱包材(プチプチいう奴だ。引っ越しの時に大量に義父が用意してくれたものの余りが倉庫にしまってあった)で何重にも包む。段ボールもジャストサイズのものがないので幾つか組み合わせて一つの大きな箱を作る。構造的にここで弱かったりすると元も子もないので慎重かつ丁寧に。大きな箱を作り上げ、中に支えとなる柱をこれまた段ボールで作り、ボディとネックをしまう。隙間には新聞紙を丸めたものを敷き詰めて蓋を厳重、かつ開封する時に可能な限り手間にならないようにする。開封→組み上げの時間は短ければ短い方が良い。現場ではどんなシチュエーションになるか想像出来ないからだ。最悪車の中で組み上げ、とかも有り得る。

2019_08_24_001
組み上がったものはそのまま郵便局さんへ。
名古屋の集中局というんだろうか、他県へそのまま発送となる名古屋神宮局の夜間窓口へ持ち込んだ。近所の郵便局の夜間窓口でも良かったのだろうけれども、出来るだけ人の手を渡らないようにした方がリスクも少ないというもの。一応こわれもの扱い、下積み厳禁とシールを貼ったものの、それはそれ。精神衛生上の話である。

で、前日にRISING SUN ROCK FESTIVAL2019自体がなくなったり飛行機が飛ぶのが危ぶまれたり、それでも演奏の場がありそうなので妻と娘と一緒に北海道へ飛んで、先に現地入りしていたベースギターと再会したのは札幌LOGでだった。
流石郵便局さん、丁寧に運んで下さったようで楽器は完全に無事。

ただここで問題発生である。ストラップを忘れてしまった。いや、馬鹿か。弦も組み上げるドライバーも忘れなかったのにストラップを忘れるだなんて!
幸いライブハウスの方に借りる事が出来たが、夜の演奏では用意する時間もなかったのでライブハウス向かいのコンビニで荷造り用のビニール紐を購入、4重くらいに結わえて楽器にガムテープで固定、ストラップとした。これが見た目こそ酷いものの演奏には全く支障はなく「ストラップとは...」と普段自分が使っているものの存在について改めて考えざるを得なかった。演奏中、自分がビニール紐で楽器をぶら下げている事なんて全く忘れてしまうくらいに違和感なかったもの。

2019_08_24_002
演奏後はビジネスホテルのお世辞にも広いとは言えない部屋で、眠っている妻と娘を横目に再び楽器をバラバラにして梱包した。勿体無いけれど弦は捨てた。どうせ一日だもんな、と今回のために用意したベース弦は980円のもの。メーカー名は失念してしまったがパッケージには大きく「エレクトリックベース弦」と書かれており、安価でこそあったけれども用はきちんと果たしてくれた。同じような価格帯で売っていたWarwick社のベース弦程ザラザラしてもおらず、ちょっとビンビンいうきらいはあったけれど。

2019_08_24_003
北海道の郵便局さんから楽器を発送した。
往路は170サイズだったけれど復路は160サイズだった。ちなみにゆうパックで北海道宛に楽器を送ると往復で5000円とちょっとかかる。
参考になるケースも少ないかと思うが、参考までに。

北海道プチ観光編

怒涛の演奏を繰り広げた翌日は北海道観光。
前日は好き勝手に演奏に付き合って貰ったので、この日は妻のリクエストを全面的に採用してせめてものバランスをとろうと腹黒い計算をしていた。
楽器を自宅に向けて発送した後は高野君(SuiseiNoboAz/ゲスバンド)推薦のラーメン屋に。というかこの日のコースは結果的にほとんど高野君の推薦の店、土産物をまわって終わった気がする。高野君に感謝。

2019_08_23_002
滅茶苦茶有名店(高野君「ベタだけど」)「すみれ」で味噌ラーメンを食らった。
ラーメンって何食っても旨いから衝撃的な旨さってあるのかな、と思っていたけれどもいやはや、旨かった。コクがあって旨いのもさることながら結構ジャンクな味わい。こういうの嫌いな男の子っているの?って感じ。観光客がよく訪れるからかサービスと心遣いが行き届いており子連れでも全く不安がなかった。あまりに旨かったのでお土産に発送サービスも使った。

2019_08_23_004
妻は熱心な『水曜どうでしょう』ファンなのでHTBへ。
『水曜どうでしょう』、僕は通っていないのでグッズを買い漁る事はなかったが、これ、好きな人だったらガンガンお土産買っちゃうんじゃないの。

2019_08_23_003
六花亭札幌店二階の喫茶コーナーにて、商品名何だったかな、フラマンジェlが梅のジャムとゼリーの上に浮かべてあるもの。写真だとあまり旨そうには見えないだろうけれども、これ爽やかでとても美味しかった。
あとはルイベ漬けを買ったりしているうちに移動時間に。この日だけでも千歳→札幌→千歳と結構な距離を移動した感がある。
レンタカーを返して新千歳空港で土産物を買い、最後にもう一食ラーメンを。時間も差し迫っていたので行列の出来ていない店に入ったのだけれども、味は「すみれ」の方が良かったな...。

帰りの飛行機は特に揺れず、娘もまたまた上機嫌で問題なく帰る事が出来た。同じLCCでも会社によっては3歳未満の子ども連れだと優先して搭乗させてくれるところもあるんだな。初めて知った。

中部国際空港まで両親が迎えに来てくれた。車に乗り込んだ瞬間、親子3人気を失うように寝てしまった。

ライジングサンは中止になったものの、最高の経験をした話。

2019_08_23_001
8月15日、台風10号がいよいよ接近しようかという頃合、僕はもう気が気でなかった。
翌朝7時45分、中部国際空港発の飛行機で北海道へ飛ぶ予定である。人生初の北海道での演奏、しかも夏フェスへの出演が目前で飛行機が飛ぶかどうかの瀬戸際であった。

目出度くもオーディションの結果、鈴木実貴子ズはRISING SUN ROCK FESTIVAL2019に出演する事となった。凄いな、夏フェス出演!!
知らせを聞いたのは7月の初旬頃だっただろうか、仕事を終え高橋君から連絡を貰い、妻に相談し職場の上司に相談をし慌てて妻と娘と3人分の航空券を予約したのだった。お盆シーズンという事もあって航空券は割高である。LCC、格安航空券でも3万近くした。だが背に腹は変えられない。「夏フェスに行く時は出演者として演奏しに行く時だ」と口にしてはいたが果たして本当に自分が夏フェスに出る事になろうとは思っていたか定かではないが、人の手伝いとはいえ巡ってきた絶好の機会、折角だから楽しみ切りたい。
幸い職場のボスは大変理解がある方で「そんな機会ないだろうから行ってきなさい」と快く有給申請を通して下さった。
今回のRISING SUN、話題になるのは再結成したNUMBER GIRLの出演である。まさかのナンバーガールとのある意味対バン、これは凄い事になったぞと心踊ったものの、その日が近付くにつれ、娘を連れて夜の9時過ぎに北海道っていうのは負担が大き過ぎる、というか現実的ではないなという思いが強くなった。家族に預ける、という選択肢も浮かんだがそれも実現出来そうもなかったので、結局ナンバーガールのライブを観る事は諦める事にした。
高橋君から「いいんですか本当に!」と尋ねられたがしょうがあるまい、家族を伴ってのバンド活動にはある種の線引きが必要だと思っていてる。けじめといってもいいかもしれない。僕の場合はそれは「演奏行動以外には自分の欲を通さない事」だ。30分のライブで演奏する為にはそれ以外の時間は可能な限り家族に配慮する。30分を演奏に集中する為には必要な事である。ナンバーガールはまた観る機会もあろう。
腹は括った。

さて、あとは飛行機が飛ぶだけだ、というタイミングであれは15日の20時頃だっただろうか。
SNSのタイムラインが怪しく騒ぎ始めたが遂にオフィシャルな告知がされてしまった。
「RISING SUN ROCK FESTIVAL2019、初日16日は開催中止」
台風10号がこのままだと直撃するのだ、運営サイドのこの決断は正しい。史上初の中止の決断は苦渋の思いだっただろう。
唖然としながら飛行機の欠航で動けなくなるリスクを避ける為に予定より早く北海道入りしていた高橋君に連絡を取る。
リアクションは早かった。既に現地入りしていた鈴木さん、高橋君、各務君の3人はこのままでは終われないだろうなと思っていたが、やはりこのまま落胆して終わる人ではなかった。
翌日、昼にワンマン、夜にツーマンが決まったのである。なんて迅速、そしてフレキシブル、そしてドラマチックなのか。
ライジングサンはなくなった、だが飛行機よ、飛べ。そこに演奏の場があるのであれば俺もそこにいなければならない。

翌朝、早起きして空模様を見ると風が強いし雨も降っている。どうかな、と思ったが同じ便で北海道に向かう友人が空港に既に到着しており、どうやら問題なく飛行機が飛ぶようだと教えてくれた。慌てて荷物を持って3人で空港へ向かう。金山駅まで実家の両親が送ってくれた。お土産に札幌ラーメンを約束した。
飛行機は、飛んだ。定刻通り、予定通りに飛んだ。娘は飛行機の中でも落ち着いていた。隣の席の外国人の乗客とコミュニケーションをとっていた。初の国際交流だ。
着陸の際に気流の関係か揺れて、胃袋がひっくり返りそうになった、が無事に到着。レンタカーで札幌へ。

30~50人しか入らない会場に100人近くの人が詰めかけたり、酸素が薄くなって体調を悪くする人が出てしまうくらい人が入ったり、兎に角鈴木実貴子ズの2人の情熱に応えるように北海道、そしてそこに集まった人達は熱かった。僕も胸が熱くなって実力以上の演奏が出来たと思う。

カメラマンのアヅマさんが一日密着して撮影、編集した動画がアップロードされている。僕もチラホラ映っている。


二度のライブを終え、皆と別れて家族と予約していたホテルに到着した頃にはクタクタになっていた。
だがこんなに充実した疲れもそうそうなかったと思う。
全てが奇跡のような一日であった。

伊勢志摩でのお盆。

2019_08_18_001
8月10日から11日にかけて、ちょいと早めだが、連休を使って妻の祖母のお盆参りに行ってきた。

三重県は伊勢志摩の和具に祖母の墓はある。亡くなったのが去年の12月だからお葬式やそれにまつわる諸々はまだ記憶に新しい。その時分は妻の親族に会うのは結婚式以来の事であったし慣れない地に一定期間滞在したので気持ち的にも落ち着かなかったが、今回は幾分か余裕があった。

二泊する予定だったが僕が戻った後も祖母宅に娘とともに滞在する予定だった妻の交通の便の関係で、義母の運転する車で2日目の夕方に和具を後にした。滞在中には娘を初めて海水浴へ連れ出したり、と夏らしい事をした。
結局一番お盆らしい親族が集まったりするのは別日だったのでお盆らしく慌ただしい時には僕は不在で何の役にも立てなかったが、祖母へ線香をあげる事が出来た。

最寄りのコンビニまで車で10分、車が停めてある場所まで徒歩で10分。コンビニに行くのにも片道20分かかるのだ。普段如何に自分が利便性の良いところで生活しているのかがわかる。義父は慣れたもので原付を乗り回して高い機動力を有しているけれども、道も入り組んでいるし何より道が細いので不慣れな人は大変だろうが、魚は美味いし安いし、静かでとても良いところだ。
ゆったりと時間が流れる中、家族との繋がりを感じる事が出来る良い時間を過ごさせて頂いた。

帰路の車中では義母とその母(つまり妻からすればおばあちゃんだ)と3人で談笑しながらの楽しいものだった。共通の話題で一番盛り上がったのは妻の話で、そりゃあそうだろう、娘であり孫であり妻であるのだ。それぞれが知っている顔が違うようで同じ部分も少なくはない。

妻の家族達はとても良い人達だ。僕みたいなのにも寛容に、親切にして下さる。孝行したいな、と思う。

暑い夏がやってきた。

気付いたらなんとなく夏だった。

とか言ってる場合じゃないくらい、というかなんとなくってレベルではないくらいに夏らしい夏が物凄い暑さを伴ってやって来た。夏は暑く冬は寒いと定評がある名古屋だが、ああ、そうなんだよ、本当に夏は暑いんだ。クールビズとは言っても肌着にシャツを着て地下鉄とバスを乗り継いで出勤するだけで汗だくになる。休憩室でクーラーの風速を全開にし、冷風が直接体に当たるように風向を調節して一息つくのが毎日のように続いている。大体、季節の変わり目は温度の変化に体がついていかず(というか室温の調節が極端にしがちなので)風邪を引くのだがそういえば今年の夏はまだ風邪を引いていない。

8月4日は最近では久しぶりではなかろうか、一日の間に二つの現場でライブをした。
定期的に声をかけてくれるので最早通年で手伝わせて貰っている状態(ここを読んで下さっている方の中には頷いて貰えるであろう方もいるかと思うけれど、格好良い音楽の手伝いは最高の贅沢の一つである)の鈴木実貴子ズ鈴木実貴子ズ鈴木実貴子ズだが、この日は可児市文化創造センターにて開催されるROCK FILL JAM2019と、新栄CLUB ROCK'N'ROLLにてTHE ZUTAZUTAZTHE ZUTAZUTAZTHE ZUTAZUTAZの企画に出演。鈴木実貴子ズと一緒に名古屋→可児→名古屋と移動しつつ演奏を行った。
ROCK FILL JAM2019、去年の2018もスタッフの皆さんの情熱が結実したステージでその行き届いた心配りに出演者の一人として大変感動したものだが、今年鈴木実貴子ズが演奏したMATSURIステージ、ちょっと、いや相当に凄かった。
ステージの上にやぐらが組んであろうとは誰が思うだろうか。前日にSNSでステージの様子が流れてきた時は思わず目を疑ったもの。

2019_08_07_001
こういうステージでの演奏は大半楽しいものだ。音の良し悪しとは別次元で、ワクワクするしきっとそういうのは演奏にも精度と集中力とクリエイティビティとして反映されるはずだ。
この日の演奏はここ最近では一番モチベーションと演奏する肉体が結びついた感じがあって弾きながらその自分が自分としてちゃんと機能している感じに思わずニタニタと笑みが浮かぶのを隠す事が出来なかった。ピッキングは自分の感情と直結し、当然出音も納得のいくものでリズムと自分の関わりが明瞭に感じられる。ピッキングダイナミクスを通じて世界を眺めるのは大いに楽しい事だ。
楽器の位置をかつての高さに戻したのは関係なくはないだろう。自分の体と楽器が離れすぎていてもいけないし、近過ぎてもいけない。最高の距離感で楽器と関われる距離感を取り戻した実感がある。
鈴木実貴子ズのサポートでの演奏は、相応の数を踏まえているはずだが実はただの一度も演奏中にメンバーと目があった事はない。視線のやり取りはそこにはない。意識が向く事さえあるかどうかは怪しい。各々が各々で曲に向き合う事で一つの事を成している感覚がある。鈴木さんも周りを意識していないそうなので、そうだな、僕が少しだけ周りを意識する、くらいのが丁度良いのだろうなと思いつつその意識もいらないんじゃかいか、とか最近は考えている。どんどんと曲に曲だけに向き合っていけば良い。
さりとて、一曲目の最中にひと目線を上げて沢山の、演奏前の転換中に目にしたより遥かに多くのお客さんの顔が見えた時には感動したけれど。

2019_08_07_002
名古屋を代表するエフェクトビルダー 小池さん主宰のelectrograveelectrograveelectrograveの作品が展示されていたので演奏後に妻と娘と愉しむ。オシレーターがファズに繋げられており、それが規則的/不規則に出力先が変化する幾つかのスピーカーに分岐され、更にスピーカーからパイプを通じて音が流れてき、演奏者を取り囲むように音が鳴るという作品。これ、体感する音楽で滅茶苦茶面白かった。この作品、自宅に欲しい。マッタリ聴きながら楽しみたい。
妻もノイズマシンを楽しそうに触っていた。これを機会にハマってくれないか、と期待している。きっと、そんな日は来ないだろうけれど。

ジャンクフードを齧りつつ車で移動。
新栄CLUB ROCK'N'ROLLでの演奏は久しぶりだ。バタバタと会場入りし、楽屋に機材を突っ込んで実家へ。両親に孫娘の世話を頼むと再び会場へ戻る。程無くして演奏時間である。
音出し込みで転換時間には余裕があったようだけれども割とテキパキと転換をし、演奏をする。結果的には10分程まいていたらしい。体感上も演奏時間はあっという間に過ぎてしまった。演奏前、実家に娘を預けに行って一息ついた際には疲労困憊している事を強烈に自覚してしまって「大丈夫かこれ」とさえ思ったけど、やっぱりこういう時の演奏っていうのが一番自分のすっぴんが出るはずでどうなるか、と楽しみではあった。
冷静と情熱の間、というか半歩くらい冷静寄り。リズムセクションの一端を担う立場としては丁度良いあんばいじゃあないかなと思う。
ただ、控え目に作ってしまったアンプからの出音の音量の微調整は結局本番中に結了したのだった。外音は流石敏腕井藤さん(PA)、バッチリだったらしいのだがやはりステージの中でなっている音は演奏に精神衛星上、滅茶苦茶関与してくるから僕は侮れないなと思っている。音量含めて出音だもんな、失敗ではなかったけれども微調整に苦心した。格闘しながらライブを推し進めていく実感はとても楽しいのだが。

連戦は肉体に負担もかかるけれど、その分経験値も多いイメージ。
こういう日は本当に楽しい。有難い経験をした。

自己紹介

舟橋孝裕

Author:舟橋孝裕
愛知県在住、ベースギター奏者です。
・JONNY
・パイプカツトマミヰズ
・犬栓耳畜生
・白線の内側
 やサポートでベースを弾きます。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム