FC2ブログ

白線の内側レコ発ツアー四日市編。

9月22日(日)は四日市ドレミファといろはにて白線の内側のライブ。
発売から幾分か時間が過ぎてしまったがレコ発ツアーの一環である。
「発売してから一年くらいはレコ発ツアーと銘打っても許される」という先輩のかつての助言を愚直に信じ、遅々たる歩みではあるが白線の内側というバンドは行進を続ける。決して一定のペースでもなければ直進するわけでもないが、大の大人が4人集まっていればそういうもんだろう。ゆっくりだろうが三歩進んで二歩下がろうが動き続けていれば良い。
停滞こそが最も性に合わないのは公私ともに実感している。

結果的にこの日は共演のハルラモネルニシヤマユウタ(それぞれ敬称略)と共にトリプルレコ発となった。ゲストにchori君。
この日は台風の影響が出ており天候も落ち着かない。今まで愚直にレンタカーで向かっていたところを「ひょっとしたら電車の方が時間もお金も節約になるのでは」とこの日は近鉄で到着した四日市駅前は突然雨が降ったり曇ったり、いずれにしても物凄い湿気と生ぬるい空気が漂っていたのであった。
「駅で雨が降って困っていたら『傘に入る?』と声をかけてくれたおばさんがちょうどこのビルまで来るところだった。奇跡だ」とやってきたchori君が言う。前日SNSで「滑舌が時折悪くなる。脳梗塞の初期症状かしらん」と冗談で書いていてちょっと心配していたがいつも通りで安心した。
ドレミファといろはで過ごすリハーサル後、開場前の時間程我々が静かな時もないのではないだろうか。メンバーそれぞれ作業したり、大多数は膨大な漫画の中から好き勝手に読んで過ごしたりした。僕はお気に入りの『塀の中』を何度目かわからないがパラパラ読んだ。店主のゴウさんに「舟橋君はそれ、好きやなあ」と笑われた。飲食が関わる漫画が無条件で好きだ。

さて、開演。
一組目のchori君がライブ終盤に具合が悪くなったのか出番直後に病院へと連れて行かれたり等、出演陣一同(ひょっとしたら気付かれたお客さんもいらしたかもしれないが)、ドキドキした瞬間もあったが演奏後に摂取した日本酒が結構良い感じに効いて楽しく音楽を聞き、普段は仏頂面で交わす会話も楽しく出来たと感じている。ちなみにchori君、脳梗塞は専門医によって否定されたようだ。ひとまず安心、だろうか。

この日の白線の内側の演奏は充足感のあるもの。
一曲目から樫山君が具合良くて「ああ、楽しそうだな」と思うと同時に自然と「では自分はもう少し落ち着いて演奏しよう」と興奮しがちなのをグッと抑えるよう努めた。抑え切れたかはわからない。結局は上ずった演奏になったんじゃあるまいか。
白線の内側は練習時には時折絶望する程に全員が噛み合わなかったりするのだけれども、ライブとなると全員がバチッと集中するのか良い感じになるもんだから複雑な気持ちになる。
まあ、練習も本番も絶望的に下手、の何十倍も良いと思っている。
出番が二番目で、ゴウさんが「良い日本酒がある」と教えてくれたし妻からも解禁のお許しが出たので久しぶりに飲酒してみる。最近胃の中にアルコールを入れていなかったからかすぐに効いてくる。
飲酒した方が良い感じにインプットの幅が広がるというか普段より豊かなものの受け取り方が出来ている気がする。きっと気のせいなのだろうけれども確実なのは気兼ねなく初対面の人にも話しかけたり出来る等、厚かましくなれてしまうというところだ。
この日もこの日で一人で静かに酔っ払ってりゃいいのについ楽しくなっちゃって演奏後のニシヤマさんに声をかけたり、した。
二番目というのは、良いものだ。

演奏前にはっきりと自覚した事を憶えているのが自分の日常の中で演奏前程、気弱になっている時はないなという事。精神的にも参る、とまではいかないにしても浮き沈みが随分と激しいしネガティヴな思考に陥りがちだ。いざ演奏が始まってしまえばそんなの全く視野の外になるのだけれど。その浮き沈みとその後の超然とした具合のギャップが、僕の人生を豊かにしていると確信している。
終演後、表に出てみるとムワッとした空気と湿気に包まれた。気持ちは悪いが気分は悪くない。こういう夜は印象深い気候の方が良い。あの夜はこうだった、と後々思い出すきっかけになる。
スポンサーサイト



Digitech PDS 20/20と戯れる。

2019_09_22_001
季節の変わり目には決まったように風邪をひく。
温度調節が苦手な僕は夏場は冷房を、冬には暖房を妻が眉をひそめる程の風速でつけるのだがその行為だけが季節の、気温の移り変わりに取り残されて場違いな室温だけが取り残される。近頃は朝と夜は涼しくなってきた。にも関わらず冷房をつけてしまうもんだから(最早、惰性)そりゃあ風邪もひこうというものだ。
風邪をひく事によって季節の移り変わりを感じるとは随分ではあるが実際そうであるからしてしょうがない。幸い、仕事が平日休みの日に体調不良のピークがきたので自宅にて仕事に向かう妻と保育園に行く娘を送り出した後、栄養を摂ってベッドで寝倒した。
昼過ぎに起床し、昼食をとって以前風邪をひいた時にかかりつけ医より処方された薬を飲む。
眠気がくるまでの間、しばし自室に篭って機材弄りをする事にした。

僕の機材棚には頻繁に手に取るもの、滅多に手に取らないもの、最早肥やしになっているもの等色々あるが最近は集中して色々触るようにしている。「これは使わないナァ」と思ったものを時間をあけて弄り倒した結果、思わぬ使い道を発見する事が少なくなかったからだ。
そんな中で最近は触れていなかったのがDigitech PDS 20/20である。
好き好んでインターネットでエフェクターについての情報を蒐集していると海外のフォーラムやコレクターの記事に至る事があるが、これはそういうところに入り浸っては情報を交換しあっている人達、つまりは「そういう筋の人」=ちょっとぶっ飛んだペダルを愛好するpedalgeek達の間で愛されているブツである。特にベースギターに特化した機能や適性があるわけではないのだが、変なものを好む人が多いのかベーシストでの愛用者も少なくないようだ。

簡単に言えばモジュレーションディレイである。
大まかなディレイタイムからECHO、CHORUS/DOUBLE、FLANGEと3つのモードに分けられている。勿論それぞれのモードから更に細かくディレイタイムは設定出来るし、フィードバック量もミックス具合やモジュレーションの深さ、速さもコントロール出来る。
ECHOモードはモジュレーションをかけなければ真面目なディレイとして使う事も出来るしCHORUSモードもFLANGEモードもそれぞれベースで使うには不足のない音の太さである。
では本機のどこがぶっ飛んでいるのかというとそれがエフェクトのオン/オフスイッチと別にもう一つ据え付けられた「INFINITE REPEAT」スイッチ。
聞き慣れないコントロールであるが名前の通り、踏んだ瞬間無限に繰り返す。いや、本当に無限に繰り返す。所謂ホールドモードですねこれね。
ECHOモードでは踏んだ瞬間のディレイ音をそのまま永遠に繰り返してくれるしCHORUS、FLANGEモードではモジュレーションシグナルだけを繰り返してくれる。しかも繰り返しているエフェクトシグナルのモジュレーションの速さを可変する事が出来る。ECHOモードではモジュレーションはディレイ音のピッチシフトを伴うもんだから繰り返し続けているエフェクトシグナルの音を弄ると当然ピッチもグワングワン変わる。これが面白い。モジュレーションの速度を一番ゆっくりにするとなだらかにピッチが変わっていくモジュレーションディレイとして使えるし最速にすると返ってくるディレイ音の一つ一つがダブついた音になってこれまた他にない感覚。ホールドしてペダルのツマミを触って楽しむ事も出来るし、ホールドをオフしてフレーズを弾く→ホールドオン→ツマミを触る→ホールドオフ→フレーズを弾く→ホールドオンを繰り返していくとわけがわからない音の重なり方とピッチの変化の仕方がして大変面白い。また、フレーズの最後に両スイッチを同時踏みすると突然変なディレイが永遠に鳴り響くのでオツだ。
これの後に更にルーパーとか繋いで遊ぶのもまた楽しかろう。

こういうペダルをクレバーに扱えるプレイヤーになりたいものだ。

最近の私

近況報告を箇条書きにて失礼。

・『娘が歩いた』
我が娘が遂に歩み始めた。
最初は一歩を踏み出すのも大変そうだったが、歩き始めた瞬間を目撃した妻曰く「トトトッと」歩いたそうだ。というわけで早速ファーストシューズを。
娘も今月で1歳になる。あっという間の一年だった。成長が早いなあ。

2019_09_09_001


・『親不知を抜いた』
左奥歯の歯が虫歯になっている事はずっと気付いていたのだが、先日はを触っていたらボロッ...と歯が欠けて少し痛んだ事をきっかけに本格的な治療を決意した。
職場にて薦められた歯医者に行ったところ「あ、これ親不知だね。しかも噛み合わせたところで上の歯と噛み合わさるものがないから役に立ってないよ」と先生(説明が丁寧な推定70代の紳士である)から教えられ、即座に「抜いて下さい」とお願いし、一週間後に抜歯。
根の形によっては簡単には抜けないよ、と聞いていたし何ならその昔、歯茎を切開し歯を叩き割って親不知を抜いた記憶があるので戦々恐々としていたのだが麻酔を含め一瞬たりとて痛みを感じなかったので先生は本当に名医なのだと思う。抜いた歯は記念に貰ってきた。写真をアップする事は差し控えようと思う。決して気持ちの良いものではないから。


・『買い物に行った』
僕の運転でイオンモール大高店へ、妻と娘と母と。
トイザらスでジェフリージュニアがいたので娘と記念撮影をした。

201909_002

ボーッと生きてんじゃねえよ!

2019_09_01_001
ここ最近は毎週末のように演奏活動があり、あとはその準備であるとかバタバタと動き回っていたのだけど同時に家族(主に妻)には負担をかけてしまっていた。

日々、演奏活動と家庭生活の両立について試行錯誤はするし時にはそれで割と煩悶する事もあるのだけれど、やっぱりどうしても演奏活動に比重がいってしまう、というかいざ演奏となるとそこでどうしても必要とされる時間が確定するので家族としての活動みたいなのは後手後手に回ってしまうのが実情である。常に話し合いをして夫婦内で最低限のバランスこそ維持しているものの、共に生活しているのが妻だからこそ実現出来るのであってこれって本当に有難い事であるよなあと思うのである。

さて、この週末は珍しく演奏の予定や練習もなかったので歯医者に行ったり実家に行ったり、家族での活動をしっかりと楽しんだ。
松坂屋で妻と時折視聴して楽しんでいる『チコちゃんに叱られる!』の展示がやっていると実家の両親から知らされたので両親、妻と娘の5人で出掛けてきた。皆で地下鉄でドヤドヤと移動するのは楽しいものだ。娘は人見知りしないのか、公共の場ではよそ様に遠慮容赦なく接触していく。可愛い赤ちゃんだからこそ相手様もニコニコと許してくれ、相手をして下さるけれどもその積極性たるやほんと、凄まじいものがある。
それにしても松坂屋って、普段あんまり行かないな。エレベーターガールがまだ存在していて一同、驚いたしなんだかイメージするデパートそのままだった。娘の玩具を見、チコちゃんと写真を撮って帰宅。
皆で改めて車でショッピングモールへ出掛けて回転寿司を食べて食品等購入して帰宅。

ほんとのんびりした、実に休日らしい休日なのであった。

自己紹介

舟橋孝裕

Author:舟橋孝裕
愛知県在住、ベースギター奏者です。
・JONNY
・パイプカツトマミヰズ
・犬栓耳畜生
・白線の内側
 やサポートでベースを弾きます。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム