fc2ブログ

鈴木実貴子ズ@新宿motion

2020_01_28_001
写真は上保昂大さん。曲間で目が合って照れてしまったのはここだけの話だ。
25日は鈴木実貴子ズで新宿motionにて開催される「STRIKE A CHORD vol.3」に出演。

サポートメンバーとして参加する僕としては滅茶苦茶に嬉しいのだけど「バンド編成で」出演オファーを頂いたらしい。冥利に尽きる申し出だ。
だからってわけじゃないが行きも帰りも出来るだけ2人に負担をかけないようにしたい、という気持ちが自然と湧いてきた。2人で行っていればきっと高速バスなり新幹線でまだ楽な行程になったはずなのだ。翌日はきっちり休養が取れる事も確定していたし、いっちょ気張るかという気持ちであった。
それにしても日本は狭くなった。新東名高速道路の開通によって体感上、東京は一時間は近くなった。往復共に静岡のSAで静岡おでんを食べた。往路の静岡おでんはイメージ通りの味付けが濃いもの、復路の静岡おでんはちょっと薄味。美味かったが、行きも帰りもダシ粉をかけ過ぎた感があった。

新宿motion、一番頻繁に来ていた頃のスタッフさんはもう誰も在籍していないらしい。だがフロアも楽屋も、そして楽屋やトイレに貼られたパスは時間を越えて当時のまま、或いはその頃によく名前を見たバンドのものが多くあった。楽屋のトイレで用を足しながら自分の所属バンドのステージパスを探してみたが一枚もなかった。よく考えればどのバンドのどのメンバーもあまりライブハウスにパスを貼りつけて帰るタイプではなかったし、僕は毎回「記念に」とエフェクターボードや自室の壁に貼り付けるためにステージパスを大事に持ち帰っていたのだった。探したって見つかるはずがない。

到着してゆっくり過ごしていると共演バンドが集まってきた。
その頃から体に緊張なのか体調不良なのか、足元がおぼつかない感覚があった。ソワソワしてどうも腹が据わらない感じというか、違和感でしかない。風邪のひき始めかもわからんとこんな事もあろうかと鞄に入れてきた市販の風邪薬を服用する。僕がよく使うのはパブロンゴールドだ。副作用が気持ち良い、と愛用する中毒者もいるそうだ。確かに言われているからプラシーボかもしれないけれど、ちょっとした多幸感が味わえる気がする。それならば緊張にも効くだろう、とどちらの備えとしても最適であるなと思った。

2020_01_28_002
この日のサンズアンプのセッティング。
最近は意識的に音作りを見直していて、具体的にどう変えたかというとそれまでより全体的にベースの出音を低い周波数帯域に動かしている。SANSAMP BASS DRIVER D.I v2はミドルとベースをどの周波数にするかそれぞれ設定する事が出来るのだがミドルを500hz、ベースを50hzにしている。ブースト目にチューニングしているからかこの2つの周波数の設定だけで随分と雰囲気が変わる。これまではアタックに低域がついてくるイメージで音作りしていたのだが、今はふくよかな低域の中でしっかりアタックが鳴っていて欲しい。そういうイメージで音を作っている。アンプはフラット目、補正程度に使っている。ギャリエンクルーガーのアンプヘッドは補正程度にしか触らなくとも、音をしっかりと、ゴツン!とぬけさせてくれる。
これまでよりローに寄せた音作りにしたかわりにドライブコントロールもガツッとブースト。全体的にざらりとした質感を加えたいのと、あとはプレゼンスを上げた時に出てくるアタックが綺麗過ぎない方が良いのでそうしている。
プレゼンスは固定しているミドル、ベース、ドライブ、そしてブレンドに対してその日のアンプからの出音によって調節するイメージである。
歪んだアタックが浮き上がってくる程度にブーストしていく。アタックが出てくると同時に音が引き締まった感じも出てくるように思われる。
本番前の転換時でお客さんが入ったからか出音に変化が生じたように思われたのでリハーサル時より微調整。結果的に良い感じの出音で演奏出来たと思う。演奏しながら自分の音ににんまりとしたのは久しぶりだ。
EarthQuaker DevicesのPlumeは相変わらず素晴らしいオーバードライブだ。実際持ち込みのアンプヘッドを通して低い周波数帯域中心で音作りして、そのドライシグナルをPlumesで歪ませるのはこの日が初めてだったが何が凄いって購入当初の印象が変わっていない事だ。本当に音作りしやすい。余程ペダル自体のチューニングが良いのだろう。

この日の演奏はここ最近では会心の出来。
最高を更新していくのは演奏家たるものの宿命というか使命というか、もうこれはそうしていくべきなのだろうけれどもそれでもやっぱりなかなかそうとばかりも言ってられないので実現出来ると嬉しい。
バンドとしての評判も良かったようだし今まで鈴木実貴子ズ 通常編成に親しんだ方の評判も良かったようだ。これが一番嬉しい。
いざ前日まで東京に着いたらラーメン二郎を食らって中古楽器屋を覗いてなんならサウナも入って、と遠征を満喫しきる気満々だったのだがいざ東京に着いてみるとそのどれもどうでも良く、ただただ演奏をちゃんとして体調良く名古屋に戻れれば、という思いで一杯になっていた。多分、気圧のせいじゃないかしらとは思いつつも演奏が終わったら失っていた物欲、食欲、サウナ欲が一気に復活していたので要するに緊張していたんじゃないだろうか。
良く言えば演奏に気持ちが集中しているという事になり、悪く言えばそれだけ余裕がないという事だ。

ただ演奏前に腹にどっさりと食べ物を入れなかったのは精神的にハングリー精神が増して良い作用があったように思うので、これからちょっと演奏の日は腹にものをあまり入れずに臨もうと思う。
スポンサーサイト



オーバードライブの沼 その2.EarthQuakerDevices Plumes

2019年12月頃は完全にオーバードライブにハマっていて、というかオーバードライブの沼の中にいてあれも試したいこれも試したい、いややはり手持ちのこれが良いのでは、みたいな試行錯誤の只中にいた。

これは時折訪れる発作のようなもので、今回はオーバードライブだったが時にはファズだし時にはリバーブだし時にはディレイだったり、その時々で自分の中で突き詰めたい音色というのは違っている。発作と書いたけれどもこれは決して悪い事ではないと自分では思っていて、追求したいという事はその時に使用頻度の高い音色について凝っているわけで、沼にハマる度に見識を広くしたり深くしたりして沼から脱出するわけだからまあ成長しているという事になるわけだし、経済的にダメージを負い得る事だけが考えものである。

オーバードライブの沼は、その経済的なダメージが大きくなりそうな予感があった。
手持ちであったOCDは悪いものではなく操作性がフレキシブルでない(特にボリュームコントロールに顕著である)というそれだけが気に入らない点であり、数あるバージョンのOCD、他のバージョンはどうなのかと気になっていた。
購入したDOD Overdrive Preamp250はボリュームコントロールとゲインコントロールは緩やかで狙った音色にアクセスしやすいが、ゲインを上げれば上げる程に高域もせり出してくるような歪み方をするので音色としては限定的である(=良くない、では決してない。念のため)感が否めなかった。
いかん、こりゃあ今回は長尻になりそうだ、と思った。だがしかし時間と金は有限だしそれよりも歪ませる度に「何か違うんだよなぁ」と思うのはストレスが溜まる。どうせなら早いとこ納得いく音色を実現して思い切り演奏に集中したい。

色々と情報を探し求めた結果、2019年に発売されたばかりで好事家達の間で話題になったEarthQuakerDevicesのPlumesはなかなか良さそうだ、と行き着いた。
TS系をメーカーなりの解釈で発展させたペダルであるという触れ込みだがギタリストのみならずベーシストからも定評あるペダルだ。TS系というとかつてチューブスクリーマーをメイン機にしていた時期もあったので印象は悪くない。あとEQDというブランドはギター用やらベース用やら用途を限定しておらず、それを裏付けるようにレンジが広い印象がある。

というわけで最近エフェクターについて相談に乗って貰っているペダルギークが働く楽器屋へ出掛けて行った。
このお店、店名は伏せるけれどもかつては(とは言ってもずっと前だが)割と普遍的な品揃えだった、というかはっきり言ってしまうとまあ無難というかそういう感じのペダルコーナーだったのだが、ある日を境に少しずつ品揃えが変わっていった。「ああ、これは好きな人が入社されたんだな」と見ているとやはりそうで、後に親しくなるベーシスト氏が色々と趣味と実益を兼ねて品揃えをテコ入れしていたようだ。
「こりゃあ楽しいわい」と定期的に覗くようになっていたのだが、これまたある日を境にみるみるうちにインディペンデントなガレージメーカーやらノイジシャン御用達みたいなぶっ飛び系が棚に並ぶようになった。それまでもそういう傾向はあったものの明らかにタガが外れたような品揃えになっていったのでおやおやこれはどうしたんだと見守っているうちにかつて某店でお世話になっていた店員さんに再会したのだった。彼の顔を見た瞬間に納得したのだ、「成る程、だからか」と。話すとやはひ品揃えには彼の意向が反映されているという。

話が逸れたが、そんな店員氏に連絡をしてPlumes、弾きに出掛けた。
試奏の準備をして頂きながら話をしているとPlumes、滅茶苦茶売れてるらしい。やはりEQDの中でも売れ筋の商品なのだ。
音を出してみたところやっぱりというか納得の良い音。妻に事前に承認は取ってある、購入。

2020_01_21_001
スタジオにクリスマスイブに個人練習で入って大きな音で鳴らしたり(イブだったけど結構な人数の知人に会った。皆ストイック)練習に持ち込んでアンサンブル中で鳴らしたりライブで使ってみたりした結果、うん、やっぱりこれ、素晴らしいオーバードライブペダルだ。
コントロールこそLEVELにTONEにGAINとシンプルだけど、クリッピングモードの切替(LEDクリッピング、クリッピングなし、シリコンクリッピングの3モード)によって幅広く音作りを楽しめるようになっている。それぞれのモードでボリューム感も歪み方も変わってくるのだが共通した印象はレンジの広さ。
あとこれは他のEQDペダルにも感じるのだけどエフェクトオンにしてもどこか原音感が残るというか、破綻した音にならない。TONEにしてもフルアップしてもローエンドが聴こえてくるというか、残っている。勿論、左に振り切った方がわかりやすく低域が主張してくるけれどもこれはペダルのチューニングが凄く良いあんばいにされているのだろうな、と思った。僕は今のところLEDクリッピングのモードを気に入って使っているのだけど、TONEはどの辺りにしてもローエンドが感じられるのでアタックをどの辺に持ってくるのか、みたいな気分でTONEツマミを触っている。強く弾いた時に歪む、みたいに手元のニュアンスもしっかり出してくれるしこれは本当に優秀なオーバードライブですよ。何より弾いてて楽しい。

Plumesのお陰で現状の使用用途では納得いく音が出せている。
いやー、このペダル、ストレスないなぁ。

辻斬りと遊ぶ。

2020_01_19_001
辻斬りっちゃんこと伊藤理絵さんと久しぶりに遊びたかったもんだから連絡してみた。ナイスタイミングというのはあるものだ。丁度数日後に予定している拙宅の隣駅の音楽練習スタジオでのバンド練習前に時間が空いているという。ならば、という事で拙宅にご招待。

これまたグッドタイミングなんだけど月に一度お取り寄せしてる「月に一度の贅沢品」がこの日受取で、かつブランド豚肉だったもんだからそれを用いて鍋にする事にした。
いや凄いよブランド豚肉。スーパーで買った豚肉と食べ比べてみたけど甘くてサッパリしていてとても美味。

りっちゃんは「子どもは苦手、というか好きじゃないんですよね」と言いつつも娘をあやす様子は完全に子ども好きのそれ、というか滅茶苦茶上手い。娘もりっちゃんにはよくなついていて楽しそうな様子だった。
娘の写真を沢山撮ってくれたのでその中でも4人全員で写ったものを掲載。また遊びましょう。

2019年の演奏納めについて今、書く。

今更ながら去年の演奏納めについて。
流石に10日以上前の事、しかも2019年の事を書くのはいかがなものかと思ったけれども別の角度から言えば去年の話「だけれど」まだ10日ちょっと前の話なのだ。まだ時効ではない。
2019年の演奏納めはこの年も随分とお世話になった=起用して頂いた鈴木実貴子ズにて、今池HUCK FINNでClimb The Mindとのツーマン公演だった。

最初の頃こそタイミングが合えば、みたいな形だった鈴木実貴子ズへのサポート参加も、今となっては割と定期的に声をかけて貰っていて冗談で「通年雇用だね。年度更新制かな」なんて口に出来ちゃうくらいくだけた雰囲気ではあるのだけど、それでもいや、それだからこそちゃんと良い演奏をしないとなという気持ちがある。声をかけ続けて貰うようにするには飛んできた球を最高の形で打ち返せるように磨き続ける他ない、と思っているからだ。それは僕のような会社勤めをしながらバンド活動を続ける身とて同じだ。時間の都合や大人の事情(という表現こそ良く使われるけどどんなんだ、それ)諸々以外でオファーが途絶える事のないよう、2人の音楽への真摯な向き合い方と同じかそれに準じるように真摯に二人の音楽、バンド活動に向き合おう。

さてこの日は今池HUCK FINNが会場、妻も物販の手伝いで会場入りするという事で実家(舟橋家)に娘を預けてのローテーション制での会場入りとなった。つまり、オープン直前に妻が実家へ娘を預けに行き、先攻での演奏を終えた僕がその足で実家へ娘を迎えに行き実家で娘を風呂に入れ、終演後一定時間が過ぎた頃合いで会場まで妻を迎えに行くという流れである。
Climb The Mindを観られないのは残念極まりないけれど、その分せめてリハーサルをしっかり観ようと会場の片隅で腰掛けて拝見した。
いや、改めて観ても凄く独特で完成されたスタイルのバンドサウンドである。4弦を外したムスタングベースの音は腰高だけれどしっかり低音があって単体でも美しい音色だが、バンドサウンドの中だとリード楽器として機能してまた美しさが無類である。
あの立ち位置はアンサンブル全体の総意、というか無言の合意がなければ成り立たないだろうし逆にあのアンサンブルはあの音色があるからこそ成り立つもので、これはもう卵が先から鶏が先かみたいな話だけれどもそんな事にまで思索が及ぶ程、印象深いものだった。とてもじゃないけれど真似出来ない、刺激的な演奏。

また、この日はリハーサルにてHUCK FINN ナベちゃんよりアンサンブルに於けるベースの位相について言及があり、今まで気にした事もなかったけれどそういう概念があるのかと眼から鱗だった。演奏者が気にし過ぎる事ではない、とナベちゃんが言葉を添えてくれたけれどもそれはつまり無自覚であって良いという事ではないと解釈した。帰宅後、またその翌日以降、勉強したり自分の楽器の波形を見たりして研究した。今後折を見、また周囲の協力を得た上で検証する機会を持ちたい。

この日の鈴木実貴子ズの演奏はやっぱり、気負った。一年の集大成にせん、と意気込むだろうとは思ったけれどもやっぱり意気込んだ。けど変に上滑りはせずに、適度に冷静でもいられたと思う。2020年はもっと磨きをかけようとも、思ったが。

さて2020年はどんな演奏が待っているだろうか。

2020_01_09_001
ヨシダユキ先生が撮ってくれた写真。撮影で来た先生と会うのも久しぶりで嬉しかった。

正月休みについて。

1月1日
元旦。起床してワクワクしながらポストを覗く。が、早過ぎたのか年賀葉書はまだ届かず。
今年の初詣はご縁あって春日井市の内々神社へ。初詣だけあって混み合っていたけれど、お参りして良かった。やっぱり背筋が伸びますねこういうのはね。
夜は舟橋家(実家)にて両親、兄一家、そして我々の三世帯での新年会。今年も皆で揃って健康に新年を迎える事が出来た。ありがてぇありがてぇ。


1月2日
お昼頃から前夜訪れた舟橋家(実家)へ集合し春日井の祖母宅へ。従姉妹の子どもや我が家の娘もいるので賑やかになる。子ども達が遊んでいるのは和やかな気持ちになるねぇ。
夕食は舟橋家(実家)にておせち料理の残りを皆でパクパク食べる。こりゃあ太るわけだよお正月。食っちゃ寝、だもの。
深夜に友達と大府までサウナ入りに行った。三ヶ日で皆活力を持て余しているのか、浴場は満員。けれどもサウナも水風呂も具合良く、理想的なサウナ初めとなった。


1月3日
この日は妻の実家へ。
お昼から三重の高級牛肉を使ったすき焼きを頂く。有難い事に義父母は優しい人でこの日も「ほら孝裕君、食べろ食べろ」と肉をガンガン薦めて下さる。そりゃあ太るわけだよお正月。義父さんと乾杯したプレミアムモルツ一缶で酔い潰れる。酒が強い義父さんからしたら物足りない義理息子だろう。申し訳ない。


1月4日
稲沢の友人宅にカイロの施術を受けに行く。
元々は妻がずっと受けていたもので僕も結婚後から同伴させて貰っているのだけど、丁度2020年になった辺りから背中と腰に痛みがあったのでタイミング的には最高。突然痛み始めたので「まさかインフルエンザか」と戦々恐々としたのだけど熱もなく不思議に思っていたんだよね。どうやら首と腰が真っ直ぐ過ぎるようでそれで負担がかかっているとの事。これからは毎週とは言わずとも定期的に通おうと思う。だって施術後、ビックリするくらい具合が良くなったもの。
夜、娘の寝かしつけ後に妻が旧友とお茶をしに出掛けるとの事で一人1/2畳の自室に篭って実験。

2020_01_05_001
electro-harmonix FREEZEは「スイッチを踏んだ瞬間の音を無限に伸ばす」というその極めて自然でない効果故に出力される音も単純に音を伸ばすだけのものではなく、微妙な揺らぎがある。今まではドローン的な演奏に臨む際は色気を足すためにリバーブペダルを必ず後がけしていたのだけど、この揺らぎがあるのであればむしろ不要なのでは?と思い立っての実験。
結果、今現在求めている音にはリバーブは不要と判断。
更にはそこからラインセレクターとして未だに名機と謳われるBOSS LS-2(AチャンネルとBチャンネルのブレンドモード)を通してドライシグナルから取り出した信号にリングモジュレーター、ピッチシフターを通して音を加工、それをドライシグナルとブレンドして出力。
非常に弄り甲斐があり、こうなるとベースギターを手放してエフェクターのツマミと睨み合いとなってしまう。ラインセレクターはさながらミキサーで、各エフェクターがシンセサイザーのツマミの如く、だ(僕はシンセサイザー触った事ないけれど)。ベースギターからの信号をFREEZEによって無限に引き伸ばす事によってドローンシステムを構築する事が出来た。いや楽しいよこれ。
音を出しながらあまりの心地良さに眠たくなってしまい、意識が飛びそうになったので就寝。
夜中に妻が帰ってきた記憶がうっすらあるけれどもそのまま眠ってしまった。会話はちょびっとしたようだけれど。


1月5日
正月休み最終日である。
この日はお昼から犬栓耳畜生の練習初め、そして今年の音出し初めである。
早速昨夜構築したドローンシステム(とこう書いていると仰々しいけれど)を導入せん、とベース→バッファ兼チューナーとしてのTU-2→友人お手製のパッシブボリュームコントローラー→コンプレッサー(スレッショルド低め)→オーバードライブ、の後段にFREEZEからのLS-2を接続、LS-2のAチャンネルにはリングモジュレーターとピッチシフターを接続した。あとこの後ろにEarthquakerDevices Rainbow Machineを繋いで音に厚みを足してみた。
久しぶりの犬栓耳畜生セッションとなったけれども編成は炭酸さん=マイク内蔵のMTRを用いたフィジカルなノイズシステム、森野君=ドラムセット、まりいちゃん=PCDJ、そして僕という面白い楽器構成。これが大変刺激的で構築と破壊を繰り返しながら組み上がっていく良いノイズセッションとなった。気持ち良過ぎて途中で、寝た。
あとスタジオ入る前に妻と娘を交えてサイゼリヤで食事をしたのだけどそれも楽しかった。新年っぺえ、と思った。

2020年

新年明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。

2020_01_05_002
さて実は2019年の間に参加したライブに関する日記だとか2019年の間に手に入れたエフェクターに関する備忘録だとか色々書いてない事もあるのだけれど今現在2020年1月2日の間もなく26時、何はともあれ新年のご挨拶だけは先にしておかねばならないという気持ちでサウナ帰りの車中でこれをスマホでポチポチ書いています。

2019年を終えてみると本当にバタバタした一年だった、というか激動の一年だったナァとつくづく思う。娘がこの世に誕生して0歳から1歳になるまでのほとんどが2019年であったわけだし、その間に奴さん、ハイハイするようになったし歩くようになったし何なら単語らしい単語も発するようになったし口にするものはミルクから離乳食になり、何なら最近では大人とほとんど同じ食べ物を食べているわけで、つくづく子どもの成長は早いなあと元気に動き回る娘を見て思う次第。育てた、だなんて大した事は言えず勝手に育った、と言ったら娘についてあれやこれやと対応してくれた/対応してくれている妻に対して失礼極まりないけれども、少なくとも僕個人の感想としては『育った』なあと思う。例えどれだけ食事や着替えや排便、睡眠の世話を親がしようが大きくなるのは子ども本人だって意味でね、そう思った。
娘よ、本当に我が家に来てくれてありがとう。毎日滅茶苦茶楽しいよ。
自分の遺伝子を継いでいるんだから可愛くないはずがないと思っていたけど想像を絶する程に可愛い、我が娘。親バカかね、失礼失礼。
夫婦仲は2019年も引き続き円満、そりゃあ時間を重ねるわけだから変化がないなんて事はきっとないのだろうけれどもその時々で問題や課題についてはディスカッションしながら進めてこれたんじゃなかろうか、と思っている。妻が大人だもんだから娘に加えて僕みたいな大きな子どもがいても我が家は成立する。痛烈に感謝。全ては妻のお陰である。

仕事の面では2019年は前代未聞に変化があった。けれども2020年は早々にポジティブなお話も聞けて今年は昨年にも増して仕事に積極的に取り組める一年となりそうである。

趣味であり張り合いでもある演奏活動は2019年、この日記=ブログに詳しく、そのほとんどが漏らす事なく記されているけれども有難い事にそのペースをさして落とす事もなく継続する事が出来た。これは関係者各位は勿論、何より妻の支えと理解があって成し得た事であるからしてこれまた激烈に感謝。
初めて行く場所で、多くの人の前で、忘れられない経験も出来た。また同時に演奏家としてもその技術や精神性、システムに磨きをかける機会を得る事が出来たと思う。磨く事が出来たかどうかは今後顕在化していくであろう。

2019年は終えてみると楽しかった。
その時々、結構必死だったり頭を抱えそうになったりした事もあったはずだけれど振り返ると良い一年だった、という言葉に尽きる。
それというのも関わりのある皆様方のお陰である。

今年もどうぞ、舟橋孝裕を宜しくお願い致します。

自己紹介

フナハシタカヒロ

Author:フナハシタカヒロ
愛知県在住、ベースギター奏者です。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム