fc2ブログ

おうち時間の過ごし方と近頃の『外』食について。

遂に我が職場でも時間短縮勤務が始まった。
いつもより遅く出勤していつもより早く家に帰るのは、少し前までの生活リズムに慣れてしまった側からすると違和感が少しだけあるのだけれど、いずれ元に戻るものであるわけだから折角なら楽しもう、じゃないけれどこの環境を有難く受け止める事にした。
朝は少しだけ家事をして家を出、早く帰って家族と過ごす。状況こそ不穏だけれどもよく考えれば有難い事ではある。

一連のコロナ騒動が始まって休日に自由気ままに外出する事が出来なくなり、家でじっとする事が苦手な僕は参ってしまっていた。バンド活動が主な趣味で、では自宅にてコツコツ楽しめる余暇の過ごし方には何があるのかというと映画鑑賞(余談だが最近はNetflixで『キングダム』というNetflix製作のドラマを楽しんでいる。韓流大河ドラマmeetsゾンビ、という趣の作品でこれがゾンビものとしても優れているし連続ドラマとしても展開が早くて飽きない)くらいしか一人の時間の過ごし方が思いつかない僕みたいなのは、途端にアウトプット欲が満たされていない事に辟易してしまうのであった。
レジンアクセサリー製作に楽しそうに勤しむ妻を見て、自宅でコツコツと楽しい時間を積み重ねる事が出来る趣味を見つけた人間の眩しさを勝手に感じてしまっていたのだけれど、数日前に前回行った白線の内側のオンライン会議にて製作決定したリレー音源の自分の番が回ってきていざ作業に入ると楽しくて没頭してしまった。なんだよ、俺にもあるじゃんコツコツやって楽しい事!とまあ言ってしまえば再認識出来たわけなんだけれども、いやはやこういう環境になると本当に買っておいて良かったなオーディオインターフェース。

2020_04_29_001
今まで貰ったデモにベースを録音して送り返してアレンジの参考にして貰う、というような言わばメモ書き程度にしか使っていなかったのだけれど、今回のような環境になると「ちゃんと録音しようと思えば出来てしまう」ような機材を買っておいた事がこんなにプラスに働くとは思ってもみなかった。ずっと人と直接会って音楽を演奏してきた僕からすればデータのやり取りってあくまでメインではなくて差し向かいで行う演奏のための下準備ではあったのだけど、まさか会って人と演奏する事自体がリスクを負う事になるだなんて思ってもみなかったもんな。だからといって、じゃあ自宅での環境をもっと整えましょうとは今のところなっていないのだけど。
しかし狭い自室であーでもないこーでもないと音楽に向き合う行為が今現在の状況に於いてポジティヴな行為であり自己研鑽であり自分のバランスを正しく保つ為に有益な行為である事は間違いがなく、なので僕は一緒にやったら楽しそうな人達に声をかけて一緒に音楽を作る事にしたのであった。公開するとか人に披露するとか全く考えていないけれど、折角なのでこの時間が沢山出来た間にやってみようじゃないかと思う。きっと楽しいはずだ。

余暇の過ごし方が定まってきたので生活にも張り合いが出てきたのだけれど、さて日々の中で結構な比重を占める食についてはどうしたもんかと思っていた。
自炊する事は楽しいし精神的にも健全な作用をもたらしてくれるので非常に結構なのだが、やっぱり週末とかついついはしゃいでしまう日なんかは外でパーっとやりたくなったり体に悪そうなジャンクな味を求めてしまう。これが僕だけなら我慢すれば良いのだが、たまに妻もそういう日があるようで、こうなるとじゃあ夫婦ともにそういう「家の外の味」が嫌いではないのだねという事だが、しかし食べ歩きだなんてもっての他。
スーパーに買い出しに出た時に惣菜売り場で買い物をしてお茶を濁したりテイクアウトしていたのだけど、それでもやっぱりとってもジャンクなものを食べたくなったりは、する。
昨夜は急に二郎系のラーメンが食べたくなり、しかし今の状況に加えて年端もいかない娘もいるのでじゃあコンビニでそれらしいものを買って食しましょうとあいなった。
結構あるものだ、二郎系のラーメン。電子レンジでチンして食べてみると、うん、悪くない。「そういうの」を欲していたのが満たされた。

2020_04_29_002
と思っていたけどやっぱり本物は違った。
SNSで名古屋が誇る極太濁流ラーメン「らけいこ」がテイクアウトをやっていると知ってその数時間後にはテイクアウトのためにお店に行ってしまった。茹で方も店員さんが親切に教えて下さった。見た目こそ強面ではあったけれども優しい人で安心。開店直後に行ったからか「SNSで見たんですか」と声をかけて下さった。見た目で判断してごめんなさい。
で、麺とビニール袋に入ったスープ(これはそのまま湯煎で温めると脂分も自然と溶けて丼に移す時に具合が良い)と野菜とメンマと豚。一式揃っておりもう持ち帰って麺を茹でてスープを温めて野菜をザッと湯通しすれば簡単に出来上がってしまう。あ、ニンニクは店を後にした後にその存在に気がついて、店員さんに言えばくれたのかもしれないけれど拙宅の場合は生ニンニクを刻んで入れた。百円ショップでも国産のニンニクが買えたので驚きである。
で、出来上がった一杯を一口頬張った瞬間に「あ、らけいこだ...!」となるので凄い。完全にいつか食べたらけいこのあの味なのである。もう貪るように食べた。だけどその場所は自宅だもんだから頭がバグる。口の中と実際の居場所に乖離が生じて変な気持ちになった。
あっという間に平らげて「気持ち良い...」と食後の多幸感もやっぱりちゃんと実店舗で食べた時と同じようにあるのであった。
週に一回食べたいぞ、らけいこのテイクアウト...。

なんだかんだ、新型コロナウイルスで一変してしまった毎日に対抗する、ではなくて受け入れつつ状況の変化に適応しようとして、それなりに成功しているように思う。
あとはサウナだけだ。
スポンサーサイト



のんべんだらりと過ごす事こそが今必要なのかどうなのか

兎に角、個人練習を含む練習ばかりを繰り返しており、なんなら新型コロナが蔓延して生活が一変(っていう程変わってはいないのだけど。よく考えなくても一日の大半は労働に充てられているので)してからの方が僕、楽器の練習してるんじゃないかしらんだなんて考えながら今日もファズの海に挑んでいく。
良い音を出すための努力というのは避けたくはない。=表現力、でもあるからだ。勿論演奏技術も=表現力、であってそういうのをガンガン伸ばしていく時期だと思い込んでいる。
いつか何かを切るために包丁を研ぎ続けるようなものだ。

2020_04_21_001

微力ながら思う事。

この国の状況がこうなってしまった以上、守りたい場所はちゃんと守っていけるように動いていかないとな、と妻の後押しもあって足を動かす事が出来た。恐ろしく微力、しかも僕が動いたところで、という感じは否めないどころか明確にそうであると思うのだけれど、僕は僕個人の感情として悔いは残したくはない。
大切な場所、思い入れのある場所が新型コロナウイルスの影響でなくなってしまうかもしれない。そんな事は受け入れられない。

2020_04_18_001
夜は白線の内側のLINEのグループ通話機能を用いたリモート会議。もっとタイムラグとかあって話しづらいかと思っていたけど、想像以上に快適だった。
流石に場の空気感みたいなものは伝わってこなかったので対面で話すより得る情報は少ないけれど、いやはや、有意義な会合となった。
何より、真面目な話をしつつ脱線しつつ、バンドメンバーの顔を見ながら話が出来たのが大きかったように思う。
あまり人に言うのもナンだけれども、ここ二日間程、連続してライブをする夢を見てしまった。きっと僕も知らず知らずのうちにストレスを溜めつつあったのだろう。気をつけないとね。

表現欲求と新型コロナウイルスについて。

僕みたいにバンドで稽古を重ねて(重ねない場合もあるにはあるが)人前で演奏して、を繰り返す事で自己研鑽と表現欲求を満たす(または満たされない)行為を重ねてきた身としては今の状況というのは極端な話、夫として父として会社員として、の部分を除いた極々一個人としての生き甲斐の部分に大きく関わる由々しき自体である事は間違いがない。

一体新型コロナウイルスを原因とするこの非常事態がいつ収束するのか見当もつかないけれど(某大学の教授は「完全に収束するのには10年必要でその間に日本の経済や教育の在り方は大きく変わるだろう」とSNSで発言したそうな。勿論、文化や教養の在り方に関しても影響は少なくないだろうと思う)、少なくとも予定していたライブ公演はどんどん中止が重なり、けれど勿論それは誰が悪いというわけでもなく今の状況では当たり前の考えだと僕は思うし、ああ残念だなあ無念だなあと思うわけである。
これで生活をしている/しようと尽力している知人も少なくないわけで彼らの心中は察するに余りあるけれども、人の幸不幸は相対的なものではなく絶対的なものであるからして、では僕の欲求の行末はどうするのか、という話だ。

色々考えてはみたのだけれど、どうもアナログ志向いや違うな、単純な機械音痴だこれは、機械音痴な自分には動画を撮って演奏を録音してアップロードする、という行為と今の自分の間には結構な距離を感じるからしてまだそこに行き着こうというモチベーションは湧いてこず、必死にやろうとしないという事はつまり自分の性格上、そこに必要性を感じていないのだと思っている。
どうやらこの状況は今しばらく続きそうではあるからしてきっと僕のストレスが溜まってくるのも時間の問題なのだろうけれど、僕は今無理やりに何かを始めるという選択肢をとらない事を選ぶ事にした。それよりももっともっと欲求が高まった際に、追い詰められた自分がどのような手段に出るのか興味がある。果たしてその方法が音楽なのかそれとも他の何かなのかはわからないけれど、少なくとも今よりかは注力してその何かに向き合う事が出来るだろう。今はまだ自室で一人コツコツと楽器を弾いたり音作りについて試行錯誤している事で気が紛れているのだ。そういった行為でさえも僕の気を紛らわす事が出来なくなり、果たして自分は本当に何を張り合いに日々の自分と向き合うのかと自問自答した時にとる手段、方法。

それは不器用かもしれないし無様かもしれないが、今よりも夢中になって事にあたれるはずだしそういう経験が僕には必要そうである。

サウナの代わり、と言っちゃナンだけど。

最近はめっきりサウナに行けていない。

そりゃあこれだけ世の中で外出自粛!と大騒ぎになっていたらサウナなんて行けるはずもない。
三つの密、全部兼ね備えているんだもの。高温でウイルスが死ぬ、とかなってくれればサウナ室は室温が高いんだからとか言いながら意気揚々とサウナに出掛けられるけれど、残念ながらそんな話も出てこない。
友人のサウナ愛好家達も少し前までは仕事からの帰路の道すがら「これは外出ではなくて帰り道に寄り道してるだけだ」と自分に言い聞かせながらサウナに寄ったりしていたようだけれど、最近はどうなのだろうか。

自粛自粛とこれだけ自粛という言葉が世の中に溢れている(実際家の中にいた方が良いと思う、僕だってそう思う)中で堂々と「今現在もサウナに通っております!」だなんて言いづらいだろうからきっと行くにしてもコソコソ行ってるんじゃないだろうか、だなんて思っているけれど。
そのうちサウナも人に隠れてこそこそ楽しむものになったりして。
なんて世の中だ。

そして僕はこの日記を最近は毎夜繰り返している交代浴の最中に書いている。
追い焚きしながら熱目のお風呂にゆっくり浸かり、汗をかいたら冷水シャワー、そして外気浴。拙宅は社宅の一階、近隣の二階から我がベランダが覗けない事もないけれど、一応念のため腰から下はバスタオルを巻いているからしてまあ万が一の時も大騒ぎにはならないんじゃないだろうかとたかをくくっている。
なかなかサウナのようにボーーッと気持ち良くはならないのが残念だけど、サウナの気持ち程度なら気軽に味わう事が出来て良い。

ひょっとしたら今夜はサウナみたいに無茶苦茶気持ち良くなれるんじゃないか、と試行錯誤しながら繰り返している。
2020_04_15_001

緊急事態宣言。

本日、愛知県独自の緊急事態宣言が宣言された。

連日「三つの密を避けましょう!」や「家にいましょう!」と自粛要請が声高に報道されているにも関わらずそれに反するように伝えられる感染者数は増えていて、いやそりゃあ時間差で症状が出るのだろうから仕方がないのだろうけれど、不安ばかりが募るってもんだ。
しかも県独自の緊急事態宣言を受けて今日、娘が通う保育園が登園数を制限する旨お知らせがあった。
子どもの安全を守るためにはいたしかたない措置だろうけれど、一週間の間で保育園で預かって頂ける日数が半分になる、というのはその分つまり僕と妻のどちらかが仕事を休むのかそれとも両実家に頼るのか他の保育施設をあたるのかどうにかせにゃあならず、どうにか出来るんなら普段から保育園に頼ったりしないよ、どうすんのさと頭を抱えてしまった。
結局、両実家へ協力を要請、にっちもさっちもいかないという事にはならなさそうなのだけれど、いやいやいよいよもって普通の日常が普通じゃなくなってきたな、とポジティヴだけが取り柄の僕でもこの先の事を考えると少しだけ気が滅入る。

あーサウナ行きてえ、映画館に行きてえ。
何よりどんどんと予定が消えていってしまったライブ活動、人前で演奏するという事が自分の精神状態にこれ程までに影響していたのか、とその作用の大きさに僕自身驚いている。
人前で演奏する事=ストレス解消、というわけではないけれど人前で演奏する事=自己研鑽だったのだな、と思う。
そして自己研鑽には達成感と悔しさが伴って、僕はそういう部分で自分に少しだけ満足したり悔しさを感じる余地がまだある事に感謝したりしていたのだな、と痛感している。やっぱり自分が良いと思う音楽を自分達が良いと思える形で演奏するという行為は気持ちが良いものだしね。

もうほぼほぼそれ一色と言っても差し支えないコロナに関するニュースにはポジティヴな要素なんて今のところほぼないけれど、それでもインターネットで目にした「河村たかし名古屋市長が営業を自粛した老人福祉施設に補償を決定した」というニュースと「大村愛知県知事が会見中に文化芸術活動に対して県として支援する旨、明言した」ニュースには心打たれた。
これまで正直言ってしまうとお二人の姿を見ても特に印象以上の感想なんて出てこなかったし、むしろその印象にしても「なんだか俗っぽい印象だなあ」とわけもなく酷い感想を口にしたりもしていたけれど、そんなお二人もこの有事の際にはしっかりと為政者として市民や県民の事を慮った判断をされた(勿論行政に関わる人間としてお二人のそのニュースだけで姿勢全てが評価されるわけけではない、という事も踏まえて)んだな、と思うと感動してしまったのだった。
いや、とられた行為は言ってしまえば『当たり前』なんだろうけれど、そうでもないニュースばかりが目についたものですから。
こうやって書いてると僕、滅茶苦茶チョロい奴っぽいけれど。

こういう状態になってくると自分自身の人間性にも色々と気付かされるものだよな。

不安。

こんな言い方はするべきではないと思っている、いるのだがこれ以外適切な言葉が思い浮かばない。
日常が「変わってしまう」事がこんなにも静かに当たり前のように進行するだなんて思いもしなかった。

映画やドラマや小説、ゲームで僕は「世界の変容」については慣れ親しんでいたはずだ。それが瞬く間に進行していく事もフィクションをきっかけとした思索で納得は出来ていた。なんならもっと具体的にゾンビ映画とか観た後に「未知のゾンビウイルスとか、あっという間に広がって感染は防げないんだろうな」とかそんな風に思っちゃったりして、いた。

そんな風に考えていたはずなのに、この一連のコロナウイルスの騒動がいつ始まっていつここまで大きくなったのか記憶が定かでない。毎日を生きるのに必死でそちらに目がいかなかった?いや馬鹿な、ニュースは毎日のようにチェックしていた。なんだか大変な事になりそうだな、だなんて少し前には余裕ぶっこいて思っていたはずだ。

それが今はどうだ、この先が見えない感じ。滅茶苦茶不安じゃないか。
ぶっちゃけて書いてしまうと我が世帯は僕も妻も職業的にこのコロナショックとも言われる様々な角度からくる経済的打撃の影響を受け難い職業であるからして、超ド級に有難い事に収入が絶たれる事はないのだけれど、それでも毎日のように繰り返される不穏なニュースに何よりそれにまつわる多くの人の感情の起伏に、正直振り回されてしまっている。
経済的には今現在、まだ不安がない僕の世帯でこれだけナーバスになっているのだから自営業や飲食業の方々はきっと想像を絶する不安の中にいるであろう。

僕が一番心配なのは家族や周りの人の健康だ。
皆がきっと「面白い親戚のおじさん」的な親近感を抱いていたであろう志村けんさんに対しては僕も人並みの感情移入はあったし、その急過ぎる死は(いくら年齢が年齢だと言ってもその訃報は衝撃であった)いよいよ、この未知のウイルスに対して恐怖を抱くには十分過ぎる一報であった。我ながら感情的過ぎるリアクションだとは思う、それまでも亡くなっている方はいたというのに顔と名前に親しみがある有名人が亡くなった瞬間に「怖いな」と思ったのだ。

そして身近な人の健康を願った。
父は70歳、志村けんさんと同世代だし母も60を過ぎている、そして何より自分の周りのお世話になっている人は変な物言いだが全員自分より年上だし愛すべき娘はまだ幼いのだ。
喪失を嫌悪、恐怖している僕はようやく現実に気がついたのであった。「あ、これは非常事態だな」と。

こんな時こそポジティヴに、という気持ちはある。気持ちがあるだけまだましなのかもしれない。
まだ余力があるという事なのだから。

自己紹介

フナハシタカヒロ

Author:フナハシタカヒロ
愛知県在住、ベースギター奏者です。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム