fc2ブログ

真夜中のベース録音

2020_08_26_001
先日、吹上鑪ら場にて深夜のベース録音をしてきた。

まだ情報公開されていないので詳細は伏せるけれども、鈴木実貴子ズの作品に参加。有難い事にサポート参加も随分と回数を重ねてきたので当初こそ2人の曲にベースを添える感覚だったのが、今は曲に参加する感覚でベースを弾けている。バンドアレンジを練ってからの録音なので弾く内容は決まっていたのだけどいやはや、難しい曲だったので一曲のベースパート録音に気がつけば4時間も没頭してしまっていた。
僕は楽しいから良いのだが同じくサポート参加兼、こういう作業の時はエンジニアも務める各務君は大変だったと思う。
もっと練習せにゃあ。

これは毎回同じだけれども、鈴木実貴子ズのレコーディングではライブの時はやっている「ここはリバーブかけよう」とか「アウトロは思いっきり歪ませよう」だとか、そういうのは全部自粛するようにしている。僕の場合このバンドで演奏する時はそういうのはライブならではだと思っている。
しかし一番は作業行程の邪魔をしないためだ。
録音にも時間をふんだんにかける事が出来、かつミックスに立ち会ってあーだこーだとやりとりする事が出来るならきっとペダルを沢山持ち込んで演奏するだろうし、それはそりゃあ楽しいだろう。

2020_08_26_002
だがしかしこの現場では如何に早くベストテイクを録音して次にお渡しするか、が大切だと個人的には感じているしミックスも僕はザッとした注文だけで立ち会いながら事細かに、というわけにもいかない。だったらエンジニアさんのミックスを阻害しない、というかちゃんと曲の中の純粋なパーツで在らんとすると結局コンプレッサー(アタックと実音の距離を近づけて適度に歪ませてくれる)とプリアンプ(これがないと始まらない、というくらいに好きである以前にバンドアンサンブルの中で最低限の自分の匂いを残してくれる大切な道具だ)だけ繋いで演奏するくらいが丁度良いのだ。
あ、でも一応の担保としてコンプだけがうっすらかかった素の信号も録音しておいた。こういう時にサンズアンプのパラレルアウトは便利だ。

良い音で録れたと思う。毎回こう書いている気がするけれども実際に「前より良い」と思っているのだから致し方あるまい。
それにしても夜遅くまで作業して、ってこういう事自体が久しぶりな気がする。
それこそ20代の頃は今よりもっと無軌道な生活をしていてので明け方まで外にいて朝日と共に帰宅して昼頃起きて、みたいな生活をしていたけれども、夜中の2時半に家の外にいてなんだか特別な夜を過ごしている気になるだなんて、僕は随分と生活リズムが変わったんだなと痛感する。作業中はあまり眠気を感じなかったのに家に帰ってちょっと横になったら寝るぞという意識さえなかったのに眠りに落ちた。

まあ、そりゃあそうだ。
音源の完成が楽しみである。
スポンサーサイト



ELECTROGRAVE謹製 blender導入

今から少し前の妻との会話である。

「ギター用のエフェクター、といわれている連中を全部ベースで使えるようにする、というか使っても問題なくアンサンブルに貢献出来るような機材があってね」
「また始まった。そんな悪夢のような機材があるんだね。どんなものなの?」
「ブレンダー、といって簡単にいえばエフェクトがかかった音に素のベースの音を混ぜて足りなくなった低音とか音の芯を補うんだね」
「ああ成る程、確かにそれならなんでも繋げるようになっちゃうね。欲しいの?」
「いや、今までそれなりに買ったり試したりしてきたんだけど(注:こう言ったものの実際XoticのX-BLENDERとBOSS LS-2くらいしか所有した記憶はない。だけどブレンダーってそんなに選択肢がない印象)、なかなかこれだ!っていうのに出会えてないんだよねえ。こういうのが欲しいっていう仕様は頭の中にあるんだけどね」
「じゃあ、それ、作って貰えばいいじゃない」
「え」

このようにエフェクターについて普通にやりとりを交わしてくれる妻だが、今までの日記にも書いたかもしれないが彼女は楽器演奏はギターを嗜む程度(とはいえ僕よりジャカジャカ出来る)だしエフェクターについては一個も持っていない。最近でこそ舞台に立っていないが元々小劇場を中心に活動する俳優であって、耳は良いものの音楽活動の経験はない。これはひとえに彼女の寛容さに甘えて僕が嗜好を垂れ流しにした結果なのだが、僕と会話を交わす事で詳しくなった妻は今や僕の良き相談役で、だがしかしまさかこのやりとりの最後の発言には驚いた。
いや、尤もなのだが、まさかそんなあっさりと解決策を提示されるとは。

しかし作って欲しい仕様が心の中で決まっていて、そして何より作って欲しいビルダーの顔が思い浮かんでいるのだ、今動かなくていつ動く?
その日の夜には僕はビルダーさんに連絡をし、希望通りの仕様が実現可能である事を確認したのだった。
そして定額給付金を「経済を回せ!」という(僕の)号令の下、妻とそれぞれ嗜好品を買って良いと決めた予算の中でそれが実現出来るとわかるや否や、僕は自らの通帳に給付金が振り込まれるのを心待ちにするようになった。
振り込まれる前に我慢しきれなくなってちょっと歪みモノを買ったりしちゃったけれども、それはまた別のお話。無事に世帯人数3人分×10万円が振り込まれ、妻にお許しを頂き、所謂『ぼくのかんがえたさいきょうのぶれんだぁ』は製作にゴーサインが出たのであった。

2020_08_20_001
というわけで今やペダル愛好家達の間でその名を轟かせる(RIPPER FUZZの衝撃は記憶に新しい)音響機材ブランド、ELECTROGRAVE謹製『ブレンダー』が無事に完成したのである。
コントロールは左からFREQUENCY、BLEND、LEVEL。
FREQUENCYはドライシグナルだけに効くローパスフィルターで右に回し切るとフラット、左に回していくと可聴域ギリギリっていうと言い過ぎかもしれないけれど体にクるローだけ残す事が出来る。BLENDは左に回し切ると100%ウェット、右に回していくと徐々にドライシグナルがブレンドされてくる仕様。で、LEVELはアウトプットボリューム。
ローパスフィルターを搭載して貰ったのはベースの低音域だけ取り出してエフェクトシグナルに混ぜる事が出来た方が音作りの幅が広がりそうだな、と常々思っていたから。
ファズとかにフラットなドライシグナルを混ぜた時の歪んだ音の中でドライシグナルのアタックがちゃんと聴こえてきて、それによって音程感が明瞭になる感じとか好きなんだけど、選択肢として高域~中域、場合によってはもう少し下の方までカットして信号を混ぜた方が面白い音が作れる事もあるだろうと「思いついてしまった」。
これは実機を触って思ったのだけど、実際にローエンドだけをエフェクトシグナルに足してやるイメージで信号を混ぜていくと仕上がりとしてちゃんとベースらしいローを保ちながら、エフェクターの色もより強く残せるようになった。アウトプットボリュームも爆音仕様、ここはコントロールに幅があった方が良いから有難い。
そうそう、FREQUENCYは勿論エフェクターを本機にループさせずとも効くから単体でローパスフィルターとして使う事も出来る。ローエンドだけ取り出してlevelを少し上げてやるとズゥゥゥゥウン!というローが出て圧迫感があって格好良い。勿論「ここより上はカットしますよ」周波数はスムーズに可変するからイコライザーみたいに使う事も出来る。

これを小池さん(ELECTROGRAVE)に作って頂く時は「ブレンダー迷子に決着をつけるべく」理想の仕様をお伝えしたのだけど、出来上がりは想像以上でした。これは使える。
機材棚の隅で埃を被っている連中や、今まで見逃してきた「ベースだときついかなぁ」というあいつら、全部が全部、これからはベースに繋げてやるぞ。

音の研究の強い味方が出来てしまった。
小池さん、本当に有難うございます。

近頃の日記。

先日の大腸内視鏡検査はその後、加入している生命保険に付加している医療特約のお陰で検査入院にかかった費用にプラスαがついた金額の保険金を受け取ったのであった。
健康である事がわかっただけでなくお小遣いまで貰えてしまったのだから有難い限りだ。

愛知県はその後新型コロナウイルスの感染が再び拡大、県独自の緊急事態宣言が出されるに至った。
テレビ塔が真っ赤にライトアップされているそうだが、その事自体に意味があるかどうかは置いておくとして、つまりそれだけ検査の結果陽性反応の人が増えたという事だ。PCR検査は風邪のウイルスでも陽性反応が出るそうで抗体検査と併せる事でコロナウイルスに感染したかどうかを判断すると聞いたけれども、今や僕や僕の家族(そして多くの友人)が恐れているのはコロナウイルスに感染する事よりも感染によって自分が所属する会社や組織に影響を与える事なのだから、例えば万が一でも自分が感染が疑わしい立場になり検査を受ける事になって陽性反応が出ようものなら、と思うと体調管理には以前よりも気をつけるようになった。手洗いうがいは頻繁にするしよく食べてよく眠るようになった。その結果、太った。

結果的にイベント自体が中止になってしまったけれども、鈴木実貴子ズのバンド編成で出演するはずだったイベントへの参加を辞退させて頂いた。
これ、結果から言えばイベント自体がなくなってしまったので僕の選択が何かに影響を及ぼす事っていうのは結果的にはなかったのだけど心情的には大変、色々考えざるを得ない状況であった。

鈴木実貴子ズにサポートベースで参加するようになってから、声をかけて頂ける機会には可能な限り応えるようにしていたし尽力してきたのだけれども今回の出演辞退の申し入れで直前のキャンセルは2回、しかも1度目の大阪遠征は「県を跨いで移動するのはリスクを伴うから」と辞退したものの今回は「名古屋で陽性反応の人が増えているから」と辞退してしまった。
これは、今後いかなる状況でもリスクを踏まえた判断を優先しますよという自分のスタンスが内外的にも明確になってしまった、或いはそのスタンスがより強固なものになってしまったなという実感を伴う決断であった。しばらくはどんなお誘いにも「出演します、状況が問題ないのであれば」と応える他、ないのである。なくしてしまったのである。
僕は自分の生き甲斐の一つである自己表現、それを伴う活動には人生の中でも重きを置いてきた。今となってはよくわかる。僕にとって多少のリスクは時には排除し、或いは振り切り、時には見て見ぬふりをして優先してきたのが演奏活動だったのだ。
痛感した、自分があれも欲しいこれも欲しいと全部手元にかき込んできた結果、判断を求められる瞬間が増えてきたのであった。
今後、手放さなければならないものもひょっとすると出てくるのかもしれない。判断能力だけは磨いておかなければなるまい。
それがわかったのは収穫である、と断じる事が出来るだろう。

この痛手を伴う(かつてのようにはいかなくなった、というこの思いはともすれば加齢を伴うものだからかつては良かった、というノスタルジーに引き摺り込まれそうになるけれども、今回の場合はそれは錯覚である。時間の積み重ねの象徴が妻との生活であり娘であるのだから。あとあれな、機材棚に山積みになったペダルとたまぁに助けてくれる自らの経験)決断の他、ではどのように過ごしていたかというとのんべんだらりとしていたわけではなく最低限日々のタスク(家事や資格試験の勉強等)をこなしつつ、あと意識的に自分の演奏スタイルを疑ってみたりした。

きっかけは夜中に送られてきた四日市はドレミファといろはのボス、橋本ゴウ氏からのLINEメッセージである。あれは酔っ払って送ってきてのかな、と邪推しているのだけど内容としては大阪知事の目つきが僕のそれを連想する、というもので理由としては「狂気」とこれまた褒めているんだかナンだかな内容であった。ただ、こういう連絡は嬉しい。とかく事務連絡や予定の擦り合わせが多くなる中で友人(気持ち的には先輩、なんだけど)からの特に用事はないけど連絡を取る事自体が目的の連絡というのはとても嬉しいものだ。ゴウさんはそういうのをよこしてくれる数少ない友人の一人で、というか他には高野君(SuiseiNoboAz)だけなのだが、兎も角そういう連絡が友人からくると朝起きて見た時に大変ほっこりする。
夜中といっても早朝未明くらいに来た連絡だったから今頃は寝てるかもな、と思いつつも通勤電車の中で返信すると意外にもすぐに返信が来、それから近況報告と言う程でもないようなまあ本当に気楽なやりとりが続いたのだけど珍しく音楽的な話になり「舟橋君はコンプやらサンズアンプを外して弾いてみてはどうか。表現力が上がるのではないか」という主旨の事をゴウさんより投げかけられたのである。

長年掛けてアップデートし続けている自分の音のシステムについて否定的な見解というのは悲しい気持ちにならないわけではないのだが、ゴウさんの場合はこれ、もっとその奥にいる僕自身の可能性を感じているからこその発言であり、その発言を裏付けるくらい良くして下さっているし気にかけて頂いているのもよくわかるから「おいなんだよふざけるなよ」とはならずに「確かに、試した事ないもんなあ」という気持ちになった。
丁度演奏、というか機材的な研究も一区切りついたタイミングではあったので課題があった方が夜な夜なの個人練習にも張り合いが出るのは明らかだったし、ちょっとこの機会に前向きに自分のシステムを否定してみる事にしたのであった。

そうして自分の楽器をほぼ剥き出し(とはいえバッファ代わりのBOSS TU-2、異常に大きい出力を下げるためのパッシヴボリュームは接続してあるのだが)の状態でアンプに差し込んで弾いてみると、新鮮で実に面白い。
普段は軽く歪んだ状態、かつ最近のマイブームとして低い帯域を中心に据えて腰高気味なアタックを出して前に押し出していく音作り(こう書くと頭悪そうだなあ)をしているのだが、それと比較すると随分と雑味が無く当たり前だがクリアーな音である。だけれども各弦の響きや和音を鳴らした際の分離は良く、普段と比べると低域の圧迫感こそないもののそれ故にアンサンブルに自然に溶け込みそうであり、勿論コンプレッションされていないので手元の強弱も出しやすい。
当たり前だが無加工のエレクトリック・ベースギターの音なのであった。

しばらく爪弾いてみて結構気を良くしたので、次にいつも通りピックで弾いてみると無加工で他の要素が少ない故にピックの違いがダイレクトに音に出るのがわかる。いや勿論コンプレッサーやプリアンプを通していても違いは出るのだけど、そこはコンプレッションされた上に歪んで補正された音なのでそれらがあった上での違い、なわけなのだけれども何も繋いでいない時にはピックの違いがこうも前に出てくるものか、と楽しくなってしまった。
ゴウさんには「次にドレミファといろは行く時は何も繋がずに弾きますよ」と伝えたのだけど、ドレミファといろはに白線の内側で行き、何も繋がずに弾くのであればこのピックが良さそうだな、と大いに楽しんだのであった。
指弾きの音が出るという謳い文句で興味があって買って以来時々は使っていた、ピックを両側からゴム素材で挟み込んだ滅茶苦茶分厚いピッグかローがたっぷり出るしアタックも強過ぎず良い具合だった。
自分の中の新しい扉が開いた、と言ったら大袈裟だけれども新しい実感を得る事が出来た経験であった。

こんな感じで悲喜こもごも、やっています。

自己紹介

フナハシタカヒロ

Author:フナハシタカヒロ
愛知県在住、ベースギター奏者です。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム