fc2ブログ

会場で「ブログ読んでます」と言われて有頂天になったのよ。

三重県の津市真ん中広場について謝罪しておかねばならない事がある。
ずっと、『ど真ん中広場』だと思っていた。『ど』がつくだけで随分とファニーな印象になってしまう。
この日は鈴木実貴子ズのサポートで真ん中広場にて開催された(当初こそ別会場でのサーキット形式を計画していたのだが新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえてこういった形での開催となった)『Wow!signal』に出演した。

野外フェスだし音量的にも娘が同行して大丈夫だろう(屋内より野外の方が音が拡散するしいざとなれば逃げ場はどこにでもある)という事で当日練習後は妻と娘と合流し、自家用車にて津に向かう。
鈴木実貴子ズ+サポートメンバー各務君+スタッフなっちゃんの車より随分と遅れをとったので妻が怒涛のような走りで津へ向かって運転したのだが、どうやら休憩のタイミングで追い抜かしたようで果たして会場へ先に到着したのであった。
それにしても会場入りの瞬間は異様であった。
会場はそこそこ大きな交差点に面したところにあるのだが、言ってしまえば周りは割とオフィス街。言われなければここで音楽イベントが開催されてるとはにわかには信じ難いであろうシチュエーションなれども、車で近付くにつれ爆発音のような大きな音と叫び声が聴こえてきた。
タイムテーブル的には間違いなく彼らだしこの叫び声はよく聴いた彼のもので間違いない、と横を見ると妻が戦慄した表情で一言ポツリと「やべえな」と呟いた。確かに。全くもって、異論はない。

車を停め、妻に一目でも観たいからと娘をお願いし会場へ急ぎ足で向かう。会場最寄りの立体駐車場の中までも、先程耳にした大音量の爆発音(時々金属音も含まれている)と叫び声は聴こえてきている。
炭酸さんとジャイアン君のバンドixxxxx!に間違いなかった。
さあステージが視界に入ろうか、という瞬間に演奏が終わった。いやまじかよ。なんてタイミングだ。ixxxxx!の衝撃、目の当たりに出来ず。少々バツの悪い思いを胸にしつつジャイアン君へ声をかける。どうやらこの日は藤原君(ex.super idol group)よりビンテージのツインリバーブを借りてきていたようで、それが物凄い爆音だったとの事。ジャイアン君はこのバンドではベースアンプとギターアンプの2台使いのようなのだが、やはりあの爆音はそういったシステムによって成せるわざでもあったのだ。僕もいつか試してみようかな。

感染症対策がしっかり行き届き、同時に主催側の出演者への誠意と気配りに満ち溢れた楽屋(恐らく公営施設の、会議場だか集会場だか普段はそういった用途で使われている部屋らしかった)は大変広く、娘が楽しそうに走り回っても人様の迷惑にならない程であった。有難い。

薄暗くなってきた頃に出番。
転換してそのまま演奏という流れであったのだけれども、お客さんも共演者も観ている中でのリハーサルだなんて人目が滅茶苦茶気になる。ただ転換の時から確信したのだけどこのオフィス街に演奏を響き渡らせるというのはなんとも快感なのであった。足元でかけたリバーブに、更に野外での奥行きも加わって気持ち良いったらなかった。
お互い演奏は観た事があるし知ってる中だけれど、鈴木実貴子ズのバンド編成を観るのはこの日が初めてという友人知人もいたので若干緊張した。手に入れてからずっと愛用し、最近は良い音を出すよう微調整に注力しているEQD LifePedalも良い音していたようで良かった良かった。

鈴木実貴子ズでの演奏は最近兎に角この4人での演奏を重ねているせいか、以前よりもずっとバンドとしての呼吸は生じているけれども、やはりそこは圧倒的に鈴木実貴子さんの呼吸や気迫にシンクロさせにいく(高橋君のドラムもそこに注力しているので)事が多く、やっぱり鈴木さんが良い具合だとプラスαの部分が出てくるねぇ。
ex.たまの石川浩司さんもPANICSMILEも片付けや諸々しながらチラ見になってしまったけれどライブを観る事が出来た。こういう日は演奏後しかほぼほぼライブを落ち着いて観る事なんて出来ないけれど、日没後一気に冷えてきたのと娘も一緒だったのでメンバー達より一足お先に失礼させて頂いた。

演奏終了直後の忘れられない瞬間。
演奏を終えて楽器を片付けて、さあステージを降りようと振り返ると客席側、最前列のお客さんが立っていた辺りより少し後ろの方に娘が立っていた。転換中なのでほとんどのお客さんは屋台に飲み物や食べ物を買いに行ったり喫煙所で煙草を吸いに行ったり、まばらになったその場所で娘はニット帽と手袋を被って僕に視線を向けていた。はにかむようにモジモジとしながら笑顔で僕を待っていたのであった。
娘よ、正直言って激烈に可愛かったぞ。父はライブハウスで終演後に若い女性のお客さんに演奏を褒めて貰えて嬉しかった事、鼻の下を伸ばした事もあったけれども、こんなに嬉しいお客さんの『待ち』は初めてであったぞ。

2020_10_25_001
演奏後に鈴木さんに絆創膏を貼る娘。
スポンサーサイト



秘密基地より愛を込めて。

2歳になる娘は話に聞いていた「子ども」よりも随分と手がかからないというか、想像していたよりもものを口に入れたりしないし想定外の行動もしないし夜泣きもそんなにしないし(最近怖い夢を見るのかたまにするけどそんな時にしがみついてくる娘の愛しさもまた別格である)、妻とも話をしているのだが娘が僕達父親母親に対して世話をかける事って本当になくて「娘ちゃん本当に有難う、天才!」と思うのだけどそれでもやっぱり目が離せないもんだから、当然のように週末に好き勝手に過ごすわけにもいかなくなった。

娘が起きる時間が起床時間だし娘のご飯の時間も気を配ったり、出掛けるタイミングも娘の準備をしてからだからプラスαの時間を計算して動かねばならない。世の中の父親母親は当然のようにこれをしているわけだしこれが親として嬉しさを感じる営みでもあるわけなのだが、単純に自室に篭って楽器を弾くとか、そういう自分自身の時間は娘が眠ってからになる。
起こさないように気をつけてピッキングも幾分か加減(つい楽しくなっていつも通りガンガンやっちまう事も少なくはないのだが)して、だけどさ勿論ね。

先日、鍼灸の往診で拙宅に往診に来て下さった三浦はりきゅうの三浦先生(演奏家でもあり、インド音楽の演奏活動もしている先生の治療は大変リラックス出来、かつ楽しい時間だった。インド音楽に興味津々!)ともお話していたのだけど、結婚や出産は音楽活動を辞めるきっかけとなり得る。事実僕くらいの年齢(気がつけばもう30代も半分以上過ぎた)になると音楽活動を続けている人間の方が少ない。気分はもうすっかり「生き残り」であるけれど、僕が今もこうして活動を続けられるのはひとえに妻と娘の理解、そして一緒に演奏する人達の理解、そして環境の変化を受け止めつつ試行錯誤するという行為が内包した面白さ故、だろう。

2020_10_18_001
今夜も僕はこの一畳分程度の自室でワクワクしている。

WAY HUGE WHE214 Pork&Pickleの感想。

歪みってついついかけてしまうし、買ってしまう。

ピッキングのニュアンスに加えてもう一押し欲しい時とかここぞという時、あとは思いっきり底からガツン!と蹴り上げたい時とか逆に優しさを表現したい時、様々な時に足元の歪みをオンにする。サンズアンプを基本かけっぱなしにして軽くドライヴした状態が常であるにも関わらず、僕はほぼほぼ全ての現場で歪みを持ち込んで演奏中にオンオフを繰り返す。なんなら最近は「軽い歪み」「もう少し歪んだ歪み」「もう少し歪んだ歪みをブーストしたもの」に加えて空間系というちょっと頭の悪そうな足元で演奏に臨んでいる。もうこれは理屈とかではなくて好きだから、としか言いようがない。

2020_10_16_001
さて少し前になるだろうか、WAY HUGEのWHE214 Pork&Pickleを購入した。
WAY HUGE初のベース専用モデルという事で気にはなっていたもののなかなか実機にお目にかかる機会がなくそのままになっていたものの、行きつけの中古ペダル屋さんにブラリと立ち寄ったら手頃な価格で売っていたので試奏、具合が良かったので買ってしまった。店員氏の「こんなに使い勝手の良いロシアンマフ系もなかなかないですよ」という言葉が今も印象に残る。

WAY HUGEのペダルはリング・モジュレーターを以前所有していたきりだが、それこそロシアンマフ系という大きな括りの中のペダルは幾つか所有している。ロシアンマフと一言で言っても時期によって色々とあるのはペダル愛好家ならばご存知の通りだろうけれど、僕は一つのペダルを深く掘りまくって買い続けるペダル・ギークではないしその時気になったペダルを漫然と買い集めていく怠惰なペダル蒐集家であるからして、特にこれがマイベストというか、自分の中で指標になるロシアンマフ系はまだ見つかっていないというのが正直なところだ(それでも所有している中では最も使用頻度が高いのがEarthQuakerDevicesのHoofである。あれはミドルのコントロール故か使いやすいしどんなシステムでも馴染みが良い。これがベストと言えばベストかも)。
だからこそロシアンマフ系のペダルで良さそうなもの、そしてご縁を感じるものと出会った際は購入するようにしているのだがこれもそんなご縁を感じて購入したものだ。

WAY HUGEのペダルを2つ組み合わせて、コントロールをベース向けに増設したものといった印象だけれどもこれが大変扱いやすい。
もともと踏んだ瞬間にゴツい音が前に出てくるような(特にオーバードライブモードにそれが顕著)印象の音なのだがトーンコントロール機能もついた原音ブレンド機能が音作りの幅を拡張すると同時に、音抜け、低域の保持を担保している。
オーバードライブモード、ファズモードどちらも内部トリマーでもう少し突っ込んだ音作りが可能で痒いところに手が届く感じ。

ファズモード目的で買ったけれどもファズの音色よりもオーバードライブのガッツのある音に惹かれてしまった。
あとゴツい見た目も強そうで、このルックスを裏切らない出音である。

鍼灸とミラーボール。

先日、人生で初めての鍼灸を体験した。
吹上 鑪ら場がバー営業をしていたので妻と娘と夕食がてら出掛けていったのだが、豊明で開業されている三浦はりきゅうさんがお試しで施術して下さるという事でこの手の体のメンテナンスに興味津々な僕は前のめりでお願いしたのであった。

「音楽やってるんですか」「やってます」「あ、そうなんですね」「音楽やってるんですか」「やってます」「お、何を」みたいなやりとりをしつつ三浦先生に治療して頂く。
いや、人生で初めての鍼灸体験だったのだけど凄いね鍼灸!背中が疲れているのでそこを中心にお願いしたのだけども治療後は滅茶苦茶軽くなったもの!鍼灸っていうくらいだから針を刺すんだろうなと思ってビビっていたけど痛くもなかったし、いやあ、鍼灸、新感覚。
ちょっとまた治療を受けたいな、という気持ちである。なんでも体験してみないといけないなあ。

あとよく行くショッピングモールに結構大きめの雑貨屋さんがあるのだけど、娘がそこの前を通りかかる度に店内で回っているミラーボールを大喜びで指差すので「欲しいのかい?」と尋ねたら「うん!」と元気良く頷いて、その様子があまりにも可愛かったのでつい買ってしまったよミラーボール。980円、コンセント式で通電している限りずっと回り続ける。スイッチの類は一切なしの潔い仕様だが、それでもやっぱり娘は大喜び。「きらきら」と呼んで可愛がっている。

毎日毎日のなんて事はない一ページもしっかり忘れないように日記に書いておこう。

2020_10_11_001

怪談会に参加

赤井千晴さんに誘われて、新栄CLUB ROCK'N'ROLLにて開催される怪談会に参加。
ホンダさん(新栄CLUB ROCK'N'ROLL)からも連絡を頂き「感染対策はバッチリだから奥さんと娘さん連れてきてもいいんだよ」と優しいお言葉を頂く。
というわけで着替え(この日は赤井さんから借りている着物を着たのだった。一人では着られないので赤井さんのお世話になった)を仕事鞄に詰め込んで家を出た。

怪談会は最近ロックンロールで行われているバー営業の最中、というかバー営業の一環として行われており、お客さんも出演者もフロア側に並べられたソファ等に腰掛けてリラックスした空気の中行われた。和服にマスク、というのはちょっと初めての経験であったが、そこも含め消毒液や換気、お客さん同士の距離感含め確かに感染症対策は完璧であった。
まずは交代制で一人一話ずつ怪談を、という事だったので大学のサークルに伝わる話を披露した。人の視線を浴びながら怪談話をするという行為がとても久しぶりではあったが、心地良い緊張感の中楽しく(怪談なので楽しく話して良いのか疑問ではあったが)お話出来た。
その後、赤井さんの怪奇紙芝居『螺子柱の宿』に朗読で参加。過去にも何度か参加させて頂いた怪奇紙芝居だが、いやあ久しぶりにやるとなるとやはり難しい。今回は久しぶりの披露という事でテキストに微妙な加筆修正が加えられており、確かにその効果が読みながらでも感じられて赤井さんの怪奇紙芝居に賭ける情熱を感じた瞬間でもあった。

最後は出演者全員でフリートーク。
本番中もその後も、ホンダさんがずっと娘に優しく接してくれていて「今度は玩具、用意しておくからね~」とまで言ってくれて、いやはや、意外な側面を見せて頂いたし良くして頂いて感謝しかありません。有難うございます。

人生初のノイズゲート BOSS NF-1購入。

久々の平日の休暇である。
妻と娘を送り出し、朝食を済ませ気になっていた映画を途中まで観る。
映画が期待していたよりも面白くなかったので飽きたタイミングで妻から頼まれていた郵便物の差し出しに近所の郵便局へ行き、そのまま1000円カットで髪の毛を全体的に1センチ切って貰い、銀行へ向かってこれまた妻からの依頼を片付けた。
掃除、洗い物、洗濯は既に済ませてある。
家の片付けや細々とした用事はなくなる事なんてないのだけれど「割りかししっかりとやったな」と自分に免罪符を与えてスーパー銭湯へ。
湯船に浸かるタイミングで時計を見ると11時半頃である。実に家を出てから1時間と少し。順調に動いている。
サウナと水風呂の交互浴を何セットか繰り返し(途中でミストサウナを試してみた。気持ちは良いのだが発汗しているのかいまいちはっきりしない)恍惚としたところで退出。
その気になればまだまだサウナを楽しめたのだが、次の目的地も決まっているのでなんだかんだ、1時間ちょっとであがってしまった。

小腹が減ったのを感じながら上前津へ。
行きつけの中古エフェクター屋がこの一連の外出の最終目的地である。数日前にSNSでお店のアカウントがちょっと気になるペダルの情報をツイートしていてそれをチェックしたかったのと、店内の写真にLine6のDL-4が映り込んでいるように思えたのでそれの視察も兼ねて、である。
DL-4は以前所有しておりなんならメインのディレイペダルだったのだが機材を一新しようと色々と手放した際に売っ払ってしまったのだった。
だがあれは良いペダルだ。何より今はルーパーとしての機能に再度魅力を感じている。以前は然程使わなかった機能だが、色々と後発のルーパーが販売されている今でもあの逆回転と倍速機能とワンショット再生等、愉快な機能が搭載されておりかつそれがアクセスしやすいように盛り込んであるペダルは他にないのではないか。
当時はルーパーをそこまで使う機会こそなかったものの、近頃の演奏ではああいう機能も使う機会がありそうだし一度腰を据えて触ってみたいものだ、と思った頃にはもう欲しくなっている。
幸い妻からは許可を貰っているので値段が手頃であったら買ってしまおうと思っていた。
なんて事はない、視察だなんて言いながら目的は立派に買い物なのである。

さて高揚感を感じながらお店の階段を登り、最早顔馴染みとなった店員さんと挨拶を交わしながらショーウィンドウの前へ。
あれ、DL-4、ない。
僕の見間違いか、それとも売れてしまったのか。
どうやら今回もご縁がなかったらしい。手頃な価格のDL-4、ニアミスはあるもののなかなか対面出来ない。まあこちらは気長にいこうじゃあないか。
他に何か、と視線を動かすと店員さんが「舟橋さん、こないだのあれ、こっちにありますよ」と声をかけて下さった。
そうだった、目的はもう一つあったのだった。そしてそちらはどうやらご縁があったらしい。

2020_10_07_001
ノイズゲートというペダルは気にはなっていたものの、それこそなかなか手を出すタイミングがなかった。音を出す、音を変える事が目的のエフェクトペダルで「ノイズを消す」っていうのはどうにも消極的な感じが否めないし、わざわざそういう機能にお金を沢山払う程、ノイズが少ないという事に魅力を感じなかった。一つには「ノイズも含めて音作りだろう」という格好をつけた矜持が自分の中にあったのと、もう一つは「そんなの足元に置くくらいならファズなり気の利いた空間系なり、そういうのを置きたいわ」というこちらは好みの問題でノイズゲートというペダルはいつまでも「気になるアイツ」どまりなのであった。
MXRのノイズゲートとかなんなら欲しかった時期もあったのだけれども。
そんな中、馴染みのこのお店が数日前にSNSで一台のペダルを画像付きで発信していたのであった。それを見た瞬間に物欲が刺激された。調べてみると機能的にも、自分の求めるものとして十分その期待する役割を担ってくれそうなのであった。
BOSS NF-1 ノイズゲートである。

まず、見た目が素晴らしい。40年以上形が変わっていないこの工業製品として「最初から完成されていた」ルックスに無骨なカラーリング、そしてインパクトのある2ノブ仕様。
漢らしい、だなんて今の時代死語かもしれないがそういう形容詞を贈りたくなるような思い切った、しかしその実必要十分なコントロール二系統なのである。
でもまあ、やっぱりペダルは機能美の部分が大切だ。自分の役に立たなければどれだけ見た目が格好良くても購入はしない。けれど機能について調べてみて「ノイズゲートとしての機能は発音時"以外"有効」というその効き方を知ってこれはひょっとすると自分にあっているかもしれんぞと思ったのだった。
僕のエレクトリック・ベースギターは「もっとローが欲しい!」という僕の要求に応えるべくLOVELESS GUITAR 岡田さんの手によって配線が改造されている。岡田さんの言葉を借りるなら「出力倍!ノイズも倍!」状態であり、その恩恵として大変ゴッツいローが出るのだけど出力が高過ぎるのとノイズが結構、のる。
出力についてはパッシヴボリュームをバッファを通した後に接続して信号レベルをまともなレベルまで落としているのだが、ノイズについては弦がコーティング弦だからか弦アースも落ちず、苦肉の策としてレコーディング時はブリッジから導線で人体にアースを無理やり落として解決している。
練習の時もたまにモジュレーションディレイのモジュレーションの速度に合わせて「パッ パッ 」とノイズがアンプから聴こえたり、兎に角ノイズ過多である。
まあしょうがないか、慣れるだろと今までやってきたけれども、発音時しかノイズ除去機能が働かないのであれば演奏の際に出音の変化に悩む事もなさそうだし、あれっこれってひょっとして凄く理想の仕様なのでは?と思ったというわけだ。
試奏用のジャズベースでアンプの音量を大きめにしてアンプから僅かに出るノイズは果たして消音されるのか、と実験したところ見事に無音に!
これは凄い。

NF-1の取扱説明書には「ノイズを追放します」と結構仰々しい事が書いてあるのだけど成る程、これは確かに『追放』だ。
ただあまりにも強くかけるとサスティーンに影響が出る。「これ以上小さい信号をノイズと認識して消しますよ」という割り切りの良い動作原理だから当然だろう。ただ、そこまで音を伸ばす瞬間があるかどうかは疑問だしオンオフ出来るんだからそういう時はすかさずオフにすれば良いだけの話だけれど。
自分のシステムの中のどこに組み込むか、現在色々検討中。
2020_10_07_002

久しぶりに野外での演奏で大いに興奮した神戸の思い出。

「野外って久しぶりだね」
「そうだね」
「...あ、そういえば各務君、あそこ(と言いながらステージ上手側を指す)に気があるだろ、あそこの根本、穴になってるから気を付けた方がいいぜ」
「あー、本当だ」
「野外っていうとつい興奮しちまうだろ。特に各務君は過去の傾向から見てもエクスプロージョンしがちだから」
「確かにね、野外はねー」

こんなやりとりを交わした記憶がある。
神戸みなとの森公園にて、10月4日の夕方16時頃の事だ。

この日は鈴木実貴子ズのサポートで神戸みなとの森公園にて開催された屋外フリーイベントに出演、夕方の屋外という絶好のロケーションに屋外で屋台が沢山出るイベントという事で妻と娘と3人で神戸に向かった。
途中の休憩や高速道路を降りてからは鈴木実貴子ズ本陣が乗る車と合流したりしたけれど、基本的に車内は妻と娘の3人で、娘は寝たり車内モニターでDVDを見たりし、妻と僕は運転を交代したり「指揮者によってワーグナーの『ワルキューレの騎行』がどんな具合に変化するか」という普段ではなかなかしない聴き比べをしてその差異に思わず笑ったりしながら移動時間を過ごした。
妻と娘が同行してくれる遠征はバンド活動の時間がそのまま家族の思い出になるので不思議な気持ちだが、僕個人の感覚では欲しいもの全部抱え込む的なところがあって大変楽しい。
この日も到着して転換兼サウンドチェックの時間まで公園で娘と遊んだり、その辺をブラブラしたりして過ごした。可愛い娘の写真も撮れたので掲載しちゃう。

2020_10_04_002

この日はアウトドアが似合いそうな人達(雑なニュアンスだが、伝われ)が沢山会場にいらっしゃって、インドア派というか屋外は嫌いではないものの得意ではない(我儘なニュアンスだが、伝われ)僕は若干気後れしたものの、転換で楽器を抱えてステージに上がる頃になるとすっかりその気になっている自分がいた。
音響さんの趣味なのかそれともそういうスピーカーが持ち込まれていたのか(そういえば何故か上手側に固める形で大きなスピーカーが重ねられていた)、うららかな日曜の午後というには若干どころかディープ過ぎるロー(褒め言葉である)がメインスピーカーから出力されていたので普段よりタイト目に音作るか、と思っていたものの、ステージ上のベースアンプが小口径のキャビだったのかいつも通りのセッティングで引き締まった音が出たので舟橋は大変ご機嫌であった。大きなスピーカーで余裕たっぷりに鳴らすよりも小さめのスピーカーを頑張って鳴らす方が好きかもしれない、私。

2020_10_04_001

どんどん薄暗くなるみなとの森公園、演奏が始まると沢山の人が集まってき、そうなってくると演奏している側も自然と白熱してくる。というか音がどこまでもスコーン!と飛んでいく感じが気持ち良くてついついやり過ぎてしまうのであった。
各務君は演奏の最後にギターを投げ捨て、客席側に飛び込んで目の前のお客さんとハグしていた。穴には落ちなかったけどホラやっぱり、エクスプロージョンしたってわけだ。

あとこの日、写真を撮って下さった方がいたようで(人伝えで頂いたのでお名前を存じませんが、有難うございます!)僕の凄い、なんていうかなんていうかなって目つきの写真があったのでこれもまた掲載しておきます。
2020_10_04_003

自己紹介

フナハシタカヒロ

Author:フナハシタカヒロ
愛知県在住、ベースギター奏者です。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム