fc2ブログ

EarthQuakerDevices Tone Job賛歌。

まだ仕事こそ納めていないけれどようやく『年末感』を肌で感じるようになってきた。いや、遅いだろ。
娘のクリスマスプレゼントはクリスマスの朝、寝ぼけ眼の彼女に「あれー!?これ、なんだろう!?」と白々しい小芝居をしつつ声をかけ、寝起きの彼女が一気にテンション上がる様をまざまざと見て「ああ、何よりこれは親が嬉しい奴だな」としみじみした。プレゼントの値段以上の感動がある。人生初のサンタ計画は成功と言えるだろう。
で、年末である。
今年一年の振り返りとかもしたいのだけれども、ひとまず暫定『今年購入して良かった機材』一位について記録を書いておかねばなるまい。

2020_12_29_001
EarthQuakerDevices Tone Jobである。
パラメトリックイコライザーであるが、実際使ってみるとその言葉以上の効果がある。
方々で「これいいよ」とか「ベーシストにうってつけ」とか絶賛の言葉を耳にし、その度に「いやいやEQでしょ?何がそんなに良いのか」と思っていたのだけども、これは完全に僕の完敗である。導入してそんなに日数も経たないが、今後の演奏に於いてマストアイテムになる事確定。

まずそもそも音質補正のためのEQを買おうと思ったきっかけは何だったか。
2020年という年を一言で表すのならばまさに『コロナ禍』だったのだろうけれども、そんなこのコロナ禍の中で進めてきた自分自身のベーシックな(これはバンドアンサンブルに於けるスタンダードなエレクトリック・ベースギターとしての、という意味である)音作りの見直しの中で、ハイミッドとローミッドはやはり重要項目であると再認識したのであった。具体的にはSANSAMP BASS DRIVER D.I v2のミドル周波数の設定、僕はここ最近(1年以上だろうか)ずっと500hzに設定しており以前と比べても全体的に重心を下げた音作りを志していた。
やっぱりベッキベキの音で弾き倒すのも楽しいけれども、厚みのある低音はドスが効いてて気持ちが良いしアンサンブル中でも他の楽器の音を受け止める度量がある。重心を意識し過ぎるがためにローを出し過ぎてボワついたりステージ中で制御が難しくなったりと試行錯誤してきたけれども、どうにか「ロー感はこれくらいだな」というところに落ち着いてきたのだが、そうなってくると今度はアタック感が不足しているように感じた。さてv2のミドルを1000hzにするとローミッドが一気に物足りなくなる。ではトレブルを上げてみるか、と高域のバランスを取りつつトレブルを突っ込んでみるとピッキングした際のアタック感が気持ち良くはなったものの、どうにもピーキー気味というかバランス感の部分で危うい感覚があった。

汎用性を僕は好む。
気に入った音はいつでもどこでもどんな瞬間、どんなバンドでもそれだけで演奏出来るのが理想だ。柔軟さ、と自分自身の基準がないのは違う。楽器の音は自分自身の声そのものだ。僕はやはり自分の声で演奏に臨みたい。
となると環境によって左右されかねない危うさは見過ごせない。むしろ環境によって順応出来る調整の幅が欲しい、と考えたところで脳裏をよぎったのがTone Jobであった。
EarthQuakerDevicesの国内顔役、ベーシストの中尾憲太郎氏は僕が学生時代からのヒーローであるが、氏もペダルボードの出口にTone Jobを配置している。サンズアンプのみならずそこも似てしまうのか、コンプレッサーも同じものを使ってしまっているのに!?とそれこそ足下が氏の物真似になっている事に若干の心理的抵抗を感じていた(これはひとえに僕の糞みてえなプライドである。誰かの影響を受けながらもオリジナルでありたい、という欲求ね)わけなのだがここまで物真似になったらもうコスプレじゃねえのか、という思いを抱きつつ、お世話になっている楽器店店員氏に連絡。その折は在庫がなかったのが入荷次第連絡を貰えるという事で数日後、実際に楽器店でTone Jobを触ってみる事に。

っていうか触ってしまったらもう買ってしまうまでは決断早かったですよ、滅茶苦茶良かったもん。
ボリュームは10時でユニティゲイン、トレブル、ミドル、ベースは12時でフラット(嬉しい事に12時でクリック感がある)。トレブルは2khzあたり、ミドルは1khzあたり、ベースは500hz以下に効きそれぞれが相互に作用しあう仕組み。ブーストもカットも十分出来る。Tone Jobの何が凄いってブーストしたりカットしたりしても不自然じゃないのね。効き方が自然っていうと不自然なEQって何さって事になるのだけど、元の音、楽器そのものの音をそのまま色付けせずに自然に持ち上げたり差し引いたりしてくれるし、持ち上がり方が絶妙なのかどれだけブーストしても音が破綻しない。僕の使い方はトレブルとベースはフラット、ミドルは3時くらいまで思い切りブーストしてピックアタックをガンガンに足す、みたいな使い方をしているのだけど持ち上がり方が自然過ぎて踏んだ前後で音が「前後に動いた」ような感覚になる。アタック感がアンサンブルの中のどの位置にいるかによって、音の前後の位置関係がこんなに変わるのかってくらい変わって笑ってしまった。ミドルをブーストして前に出てくるアタック感も、元から自分の音の中にあるアタック感がそのまま前に出てくるような感覚なのである。
接続位置はプリアンプ、つまりサンズアンプの直前。色々試した結果、信号の最後の方に繋ぐ事で歪み系への良い補正になる事もわかったので。

今のところ9V稼働させているけれど、18V駆動も試してみたいなあ。
本当に、滅茶苦茶良い、これは。
スポンサーサイト



鈴木実貴子ズ ワンマンで演奏納。

2020年の演奏納は12月27日、吹上 鑪ら場にて。
今年は本当にお世話になった鈴木実貴子ズのワンマン公演にて、であった。
2020年が始まった当初はまさかこんな事になろうとは微塵も想像もしなかったけれど、それまで当たり前のように繰り返してきた演奏活動が「当たり前のように」は続ける事が出来なくなったのであった。
これはもうひとえに新型コロナウイルスの感染拡大に依るものなのだけれども、そんな中でも常に状況を見定め、判断をし続けてきた鈴木実貴子ズにサポートで声をかけて貰えているからこそ2020年も僕は演奏を続ける事が出来たのであった。これは単純に人前で演奏をした、とそれだけではない。練習に関してもスタジオでさえ行く事が難しいシチュエーションがあったけれどもバンド練習は鑪ら場があったからこそ重ねる事が出来たし、録音作業PV撮影等、本当な様々な経験をこれまでと変わらずさせて頂いた。他のバンドでの活動が一斉にストップしてしまった中、鈴木実貴子ズのサポート活動が僕にどれだけ研鑽の機会を与えてくれたかは計り知れない。

そんな一年の総仕上げ、ではないけれどもワンマン公演はやはり気合が入る。
毎回演奏は気持ちが入るけれども(特に今年は演奏が当たり前の事ではなかったが故に殊更、そうであった)こういう機会は尚更にそうなる。コロナ以前でもそうであったので所謂withコロナ、コロナ禍を経ての今ではより一層入るものが多い。
演奏家は日々、生きて考える事が演奏に反映されるだろう。それが明瞭であるかそうでないかは別としても。いや、明瞭でありたいものだなあ。まあ、それはそれとして。

この日はEarthQuakerDevices Tone Job初導入。後日記録映像等で確認するとどうもピックアタックを強調し過ぎたかな、と思わないでもないけれども、音が以前よりも前に来ており、かつアコギも歌も邪魔していない。うん、狙い通りだ。
この日は妻も駆けつけてくれた。
「あの曲は演奏の粗、あ、ベースのね、粗が目立ったけど、良いワンマン公演だったね」
妻は相変わらず優しいけれど、言う事は言うのであった。
2021年はもっと練習しよう、と心に誓い2020年の演奏納とした。

2020_12_27_001
記録映像から珍しいアングルでの写真を。画質は申し訳ない感じだが。

クリスマス前夜

ペダルを買いまくったりしてるのでどんどんと印象を書き残して未来の自分へのパスとしたいのだけど(信じられないかもしれないけど手持ちの機材についてインターネットで検索して、過去の自分の備忘録代わりの日記がヒットしてそれと気付かずに読み返して気付きを得る、みたいな経験を結構してきたのだ。だから未来の自分へのパス、ね)、やっぱりある程度ちゃんと印象がまとまらないと書き残す程の言葉が出てこない。

一度エフェクターについての備忘録を書き始めるとついつい楽しくなってブワーッと書けてしまうものなのだが。
だけれど時折「どうして買う事になったのか」「どういう思いで買ったのか」、そこを書く事に一生懸命になってしまって未来の僕からすれば何の資料性もないただのセンチメンタル過剰気味な日記になってしまうのでこれも気をつけなければならない。

ちなみに自分へのクリスマスプレゼント=欲しかったペダルは少し前に買った。
Nintendo Switch Lightはあれは妻からのプレゼントだ。自分で買った自分へのプレゼントとは、何たる傲慢!
EQを買ったのだけどこれによって自分の足元のシステムの印象ががらりと変わったので最近導入した機材、あるいは音作りの発想についてはもう少し腹に落ちるものがあってから書く事にする。
今夜はクリスマスイヴだ。

2020_12_24_001
この寝顔は別日撮影だが、我が娘はこんなに可愛い顔して眠るのだ。
おお、可愛いねえ!
プレゼントは先程娘のベットの上に置いてきた。枕元に置いた方が良いのだろうけれど、寝相が凄く悪い娘の頭が転がり得る先へ玩具の箱を置く事は気が引ける。足元であっても起床時に気がつくはずだからリアクションが今から楽しみだ。

2020_12_24_002

西尾へ。

先日、西尾市に出掛けてきた。
妻が所属している劇団の友人と会うという。僕も彼女とは面識があったので折角ならと娘と同行してきた次第だ。

待ち合わせに指定された場所はどうやら茶葉の販売会社が経営しているカフェのようで、無学故に知らなかったが西尾市は抹茶で有名なようであった。その名産品の茶葉を用いたラテを飲み(娘は子ども用のアイスクリームを美味しそうに食べていた)、久しぶりの再会を楽しんだ。
感染症対策で対面ではなく横一列に並んで座り、かつ長居は出来なかったけれども良いお店だった。今度は甘味も食べてみたいと思う。

友人がこの春に購入したという新築の家にお邪魔した。
いや滅茶苦茶良いお家なのね。やっぱり憧れるなあ、新築のお家。いつかは自分達も、という憧れがないわけではない。先立つものか出来て、というか支払う算段がついてからになってしまうが。

娘も楽しそうで良かった。
近頃は「楽しかった?」と聞くと感想を教えてくれるようになった。言葉が増えてきて娘とのコミュニケーションもますます楽しくなった。

2020_12_16_001

鈴木実貴子ズ@奈良NEVER LAND

鈴木実貴子ズで奈良NEVER LANDへ。

この日は大変お久しぶりの再会となるモーモールルギャバンの矢島さんのソロ ヤジマXと共演。
矢島さんお会いするのどれだけぶりだろ、滅茶苦茶ご無沙汰だし忘れられてもしょうがない...と声をかけると「おおお舟橋君!」。
良かった憶えて貰えてた!「その昔酔っ払って電話越しに絡んでごめんね」と謝罪されたけれどもいやはや、記憶にございませんので大丈夫です。多分小心者だから先輩と電話するだけでビビって内容に頭が回ってなかったんだと思います。
バンド活動を長い事やっているとこうして以前ご一緒した方と再会する事があってそれがまた楽しい。出会いもあるがそれ以上に別れもあるのがバンド活動であるからして。

この日の演奏は少し前の練習より挑戦していたプリアンプの設定を少しトレブリーにする、という方向性が良い具合にハマり好みの出音かつアンサンブルが破綻しないような、そんな音作りが出来たと思う。NEVER LANDは以前ローが回るような音作りをしてしまった事があったので今回はタイト目に。反省を繰り返してこれからを構築していく。

リハーサル後、少し歩くと銭湯がある事がわかったので向かう事に。地図アプリによるとその距離2キロ。「2キロくらいなら余裕で歩けるだろ」と向かうもこれが結構遠い。あれ絶対2キロじゃなかったな。
ようやく到達したスーパー銭湯は大きなお釜の中で水蒸気が充満しているスペースがあり、そこが大変新鮮で楽しかった。
また来よう、といそいそ服を着ていると更衣室に張り紙が。「1月で閉店します」。
今日、ちょっと無理してでも来て正解だったのだ。
諸行は無常なり。

2020年最後の即興アンビエント/ノイズセッション

誤解を恐れずにいうと『練り上げた曲を練習を重ねて丹精込めて人前で演奏する行為』と『完全な即興演奏』を比べたら、後者の方がよりパーソナルな部分が出やすいというか僕個人の文法(演奏なのに文法とはこれ如何に)は色濃くそこに出ている気がするのだ。
かといって前者が嘘っぱちかというとそうではなくて、例えばバンドアンサンブルの中での僕は文法こそ素のものではないけれどもそれを駆使する筋肉は紛れもなく僕そのもので、要するに何が言いたいかというと他人と演奏する際はその演奏に臨むスタンスによって、使う脳味噌や筋肉が違うという事である。

そして相当に恥ずかしい事を打ち明けてしまおう。
即興で演奏していると「もうすぐガーッと盛り上がるところだな」みたいな気持ちが無意識にあってそこに向かって熱くなっていく、偽物じみた感情的な昂りは自分の中に生じ難い。だから、羞恥心という観点ではストレスは少ない。僕のような修行の足りない俗物はただでさえ人前に立って演奏する時に「観られている事」を意識し過ぎて格好をつけようとしている自分がいて、それに自分で気がついた時には著しく気持ちが萎えてしまうのだ。自分の俗っぽさ、そしてそれであるが故にきっと評価されないだろうというそれこそ俗物極まりない承認欲求を自分で自分の中に見出すのはこれでなかなか厳しいものがある。
これというのも『心の準備』をする時間があるからだろう。

それに引き換え、と論じてしまってわからないけれど即興はどうなってしまうかわからない分、パフォーマンスとしての感情の昂りの演出なんてする余地はそこには少なく、それを自分で感じて恥ずかしくてたまらなくなるという事は少ない。ゼロではないけれども。
格好をつけて格好良くなれれば良かったのだ、と思う。格好をつけて格好良くならない自覚があるもんだから恥ずかしくなる。これはいけない。
究極、演奏をする際には観られている自覚なんて僕には不必要な事なのかもしれない。或いは『こうありたい』という美意識も不要かもしれない。いやもっと簡単に格好良ければ良かった。

話の収拾がつかなくなった。
さてそんな事を思ったのも即興演奏(演奏は毎回同じ事にはなり得ない、という意識があるのである意味全ての演奏行為は即興演奏である。この場合の即興演奏というのは瞬間的な作曲行為を他人と発音しながらする、という意味である)に臨む機会があったからだ。

12月5日、前日の犬丸ラーメンの公演にて痛めつけた筋肉の痛みを抱えながら、友人 梶藤君(26時)に誘われたセッションに参加した。
藤ケ丘のライブバーにて定期開催されているイベントに梶藤君が参加するバンドで出演予定だったところ、予期せぬ事態によりそのバンドが解散してしまったがため「舟橋さん何かやりませんか」と声をかけて貰った次第だ。
折角やるからには面白い事を、と梶藤君と他に声をかける顔ぶれを出し合ったりもしたのだが、最終的には宮代君(ixxxxx!)が参加してくれる事になり、彼と一度手合わせしてみたかった僕としては「しめしめ」な顔ぶれとなったのであった。

当日は簡単な打ち合わせのみで演奏に臨む。テーマはフワッとはあったけれども、あくまでフワッと。会場入りして出番直前、共演のボイスパフォーマー 3CHI5さんと一緒にやりましょうという事になり、これまた舟橋は「しめしめ」と思ったのであった。

で、この日の即興演奏はここ最近で最も充実感を感じるものとなった。演奏しながらにして「どこにでもいける!」的な気持ちになるというといささか荒唐無稽が過ぎるかもしれないが、全能感さえ感じたのであった。これだから完成図のない瞬間作曲はやめられない。

久しぶりの犬丸ラーメン、ギグ

この時の日記によると、どうやら4年ぶりになるらしい。2020年の12月、数ヶ月前までは想像さえしていなかったけれど、犬丸ラーメンは活動を再開した。
「再開した」と書くと半継続的、今後も予定が立っているかのような印象を与えかねないけれども、そういった話は一切なく、単純に止まっていた活動が再開されたというだけだ。
ただでさえ活動の機会が少ないコピーバンドなのだ、今後の見通しは一切立っていない。

止まっていた時間が動き始めるというのは感慨もあろうかというものだがその実、数ヶ月前に突然クロさん(今池HUCK FINN)から連絡を貰ってから本番当日まであっという間に時間は過ぎてしまい「あれ、もう今日なの」くらいの感覚で12月4日はやってきた。製麺所にも連絡はしてあったし本番を迎えるにあたって久しぶりに衣装も新調した。気合は入っていた。記憶の中にしまい込んでいた大丸ラーメンでの記憶を甦らせ、さてでは「2020年の今」、大丸ラーメンがもし存在したらどうなるのか、という事を想定してイメージを膨らませていった。
犬丸ラーメンは大丸ラーメンのコピーバンドではあるが、コロナ禍の中での公演、しかも中華そば(550円)を供するパフォーマンスとあっては感染症対策はどうしたって目に入る(当日を迎えるまでにメンバーとHUCK FINNで感染症対策に対しては入念な打ち合わせが成された。並ぶのも楽しい大丸ラーメン、その大丸ラーメンのコピーバンドとして行列を封じるのは残念だったがいたしかたのない事であった)。

今までとは状況が違う。
コピーバンドが、コピーを踏まえた上で創作をしなければならない瞬間がやってきたのだった。
今の状況で大丸ラーメンが現存したら、大橋さんはどうしただろうか。何を話し、どう振舞っただろうか。想像し、答え合わせのしようがない問いかけを続ける。
結果的に当日は2020年の現在と過去の『あの日の大丸ラーメン』を行ったり来たりしたのであった。

ご来場頂いた皆様、有難うございました。
またいつか!

2020_12_04_001

自己紹介

フナハシタカヒロ

Author:フナハシタカヒロ
愛知県在住、ベースギター奏者です。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム