uboaaaaa

JONNYで天王寺FIRELOOPへ。

僕がJONNYのライブでベースを弾かない最後の日。

帰宅直後のテンションで一日を振り返って記録を書き綴ろうとするとどうしてもチラリチラリと浮かんでは消える雑感にしかならないので、下手に加工して日記に仕立て上げるよりかはもうそのまま箇条書きになってもいいや、書き付けておこうと思う。


・共演のthatta というバンドが兎に角もう最高だった。あれを観れただけで何だかもう満足してしまった。

・野々垣メンバー脱退について、様々な人が様々な感じ方をしている。当たり前だ、5年もやっているんだもの。

・楽屋に置いてあったフリーペーパーを何とはなしに手に取ると、bloodthirsty butchersのインタビュー記事が数ページにわたって掲載されている。新しいアルバムについて「kocorono 完全盤」について。熱くなる。

HOOKUP RECORDS に吉見さんを訪ねる。恐らく今後音楽表現を続けていく上で何回もあそこを訪ねる事になるだろうけれども、その都度前進していなければ、と思った。

・FIRELOOPの2階、楽屋の壁に貼ってある出演者への注意事項が秀逸。


続・我が逃走
2コマめの「死っ」という台詞がグッとくる。
こういうセンスは僕は持ち得ないので本当に羨ましい。


・本日のサポートのサポートは清水工場長。相も変わらず素晴らしいベース演奏。今回の骨折の件では様々な人間に迷惑をかけたけれど、身の回りに素晴らしいベース奏者がいる事を再認識出来た機会でもあった。

・と同時にこの2ヶ月間近くの間、自分が携わるバンドの全ての練習、全てのライブ、全ての遠征に同行したのだけれど、毎回の練習、ライブ一本一本を目にする事で自分の中に少しずつストレスが溜まっていった。敢えて蓄積させたストレスはステージに立った際に僕を大いに助けてくれる事と思う。マゾヒスティックだけれども、少なくとも僕にとっては健全かつ唯一の昇華方法に他ならない。

・JONNYを僕が関わる以前からご覧になっていらっしゃるDJの方、大阪のHさん と終演後に話す。自分の考えを言語化、アウトプットする事が出来て僕自身随分と僕のそういう部分に助けられている。凡庸な人間程自分自身を見つめよ。

・人間の美しい姿というのは、迷ったり葛藤したりする姿勢だと痛感した一日。その姿勢、そして何よりそれを続ける姿勢こそが人間を強く美しく孤高の存在たらしめるのだと思う。人間は意志の生き物故、だ。


スポンサーサイト

コメント

1. 無題

やっと復活するのだね☆
溜め込んだ分、発散して昇天してくれ!

ブッチャーズの新譜、ライヴで新曲を聴いた限りかなり緊迫した感じの内容かと思われます。

2. Re:無題

>ピコ・ピコリンさん
長かったです・・・w
ベースを磨いて準備します!
非公開コメント

自己紹介

舟橋孝裕

Author:舟橋孝裕
愛知県在住、ベースギター奏者です。
・JONNY
・パイプカツトマミヰズ
・犬栓耳畜生
・白線の内側
 やサポートでベースを弾きます。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム