現状、一片の悔いなし

全くここ最近は3年前の自分に「お前バンド簡単に辞めんなよ!絶対辞めんなよ!」って言いたくなる程毎日充実している。バンドをやっているお陰で友達も増えたし、性格も少しだけ明るくなれたのではないだろうか。

バンド活動を大学の頃から(これって恐らく結構遅めなんじゃないかしら。楽器を握ったの自体か高校3年生だったし)続けてきて、バンド活動によって奪われたものは皆無だけれども(続けていく上で犠牲にする事を選んだものはあれども、だ)、得たものは物凄く多い。

幸い毎年のように「今が一番楽しい楽しい」と口ずさんで生きていられるし、悲しい思いをする事もそうそう、ない。

たまに、ごくたまに「ああ、やっちまった」という程気の抜けたライブをしてしまう事があるけれども、最近はそれでも以前に比べたらライブ後に充足感が感じられるような演奏が出切る機会が増えてきた。


ライブハウスに友達のバンドを一人で観に行って、隅っこでモジモジしていた大学生の僕へ。

君が今いるそこは恐らくはこれから先ずっと、君に興奮と安らぎを与えてくれるし君を育ててくれる場所だ。怖いのは今だけだ。

エレクトリックギターを3日で断念した、高校3年生の僕へ。

ギターより向いている、とは言えないけれどももっと興奮させてくれる楽器に出会えるから安心したまい。ただ真面目に練習しておくように。エフェクターに興味を持つのはもっと後でいいよ。

エフェクターを買い漁った結果、100個近くのコレクションを抱えてしまう大学4年生の僕へ。

そんなにお金を費やせるのは今だけだぜ。でも君のコレクションで今の僕が助かっているのも事実です。

腕を折った今年1月の僕へ。

まあ、とりあえず太るから食い過ぎには気をつけて!


ちょっと感傷的になってしまっていかん。

ロマンチックであれというのはモットーであり、そして舟橋家の血なれども、クサいのも度が過ぎればただの嫌味だ。

今日はFar Franceとオワリカラを観にアポロシアターへ。オワリカラ、少しでも観れればいいなあ。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

自己紹介

舟橋孝裕

Author:舟橋孝裕
愛知県在住、ベースギター奏者です。
・JONNY
・パイプカツトマミヰズ
・犬栓耳畜生
・白線の内側
 やサポートでベースを弾きます。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム