『ER 緊急救命室』

ここ数日間、ブログを更新せずに何をしていたかというとこれを観ていたんだ。


続・我が逃走
シーズン1の頃のメインキャスト。
シーズン15にもなるとこの頃の顔ぶれとはガラリと変わっている。
ハリウッドスターとしてブレイクする前のジョージ・クルーニーが右上にいますね。

1994年から放送が開始された海外ドラマ『ER 緊急救命室』。このドラマの放送が本国で終了したのが去年の事だというのだから、足掛け15年、15シーズンに跨って愛された本格医療ドラマである。実際の医療に従事する人間も感心する程の徹底したリサーチによるリアルな『現場』、ドクターとして、そして人として時に失敗し、悩み、成長していく作中人物達。このドラマを観て医療を志した人間も少なくないと聞く。

学生の頃、BSで放送していたこのドラマを母親が録画して観ていたのを眺めるうちに僕もハマッてしまった。DVDをシーズン1からレンタルし、物凄い勢いで全話観直した。BSでの放送にDVDレンタルが追いつくのにさほど時間はかからなかった。その段階でBS放送は確かシーズン8だったと記憶している。製作、放送するのに8年かかったエピソードを全話観直したのだ、作中人物の家族構成から恋愛関係、そして医者として直面する辛苦もともに舐めており、ともすれば下手な友人関係よりもモニターの中で繰り広げられる人間関係の方に感情移入しかねない程、僕はこのドラマに入れ込んでいた。

シーズン1の1話目から登場していたドクターが、諸々の理由で病院を移る(つまりキャストが降板するのだ)時はそれまでの彼、彼女を思い出して涙したものだし、一度は引退したドクターが再び舞台となる病院に戻ってくる回はワクワクしながら再生ボタンを押した。精神疾患を患った患者にメインキャラクターが刺されてしまい、皆が必死に彼女を助けようとするエピソードでは手に汗握った。シーズン1から皆をまとめ、皆に頼られてきた主人公の一人が脳腫瘍で亡くなるエピソードは、怖くて怖くてなかなか観る事が出来なかった。観終わった後はしばらく一人きりで泣いた。


僕は人生の大切な事の幾つかは『ER』から教わった。

ただのフィクションでは描ききれない生々しい人間関係、価値観、親子間の複雑な感情、恋人とのすれ違い、本当に大切な愛情、そして死生観、倫理観がこのドラマには描かれている。最終的に15年かけてまで描かれたこのドラマには勿論積み重ねてきた年月があり重みがある。もう一度言う、僕は人生の大切な事の幾つかはこのドラマから教わったのだ。


きっと僕は今後もこのドラマ、膨大なエピソード331話(未見分含む)のどれかに今後も支えられ、助けられ、救われるのだろう。或いはそれは大切な人間との死別の時、友人とのすれ違い、自尊心が打ち砕かれた時かもしれない。そんな時に僕はこのドラマの存在を、このドラマの様々なシーンを思い出し、そして視聴時に受けた感動を思い出し、そしてまた頑張ろうと思えるかもしれない。


感想や薀蓄はまたいずれ。どうせ一生かけて愛でていく作品であるのだから書く機会は何度でもあるだろう。ここまで感情移入出来る作品に出会えた事を、つくづく幸運に思う。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

自己紹介

舟橋孝裕

Author:舟橋孝裕
愛知県在住、ベースギター奏者です。
・JONNY
・パイプカツトマミヰズ
・犬栓耳畜生
・白線の内側
 やサポートでベースを弾きます。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム