農村企画に行ってきた。

雨というのは憂鬱だ。実に憂鬱だ。兎角、自転車移動を常とするようになってからは尚更である。
しかし憂鬱ぶってばかりもいられない。自転車を漕ぎ漕ぎ、大須へ向かう。東京から盟友が来ているので。盟友と約束を果たさねばならぬので。完全なる自由意志だが、自分の意志程強い動機が他にあろうか?レインコートの隙間から体を湿らせる雨に閉口しながら、大須へ到着。

本日めでたくもアルバムが全国発売された太平洋不知火楽団農村企画に出演するため来名しているのだ。ベーシスト大内君と対談(何の対談かはまた改めて。それについて書いていたらこのエントリー、未曾有の長さになりそうなので)。大内君の発言に涙腺を緩めながら対談は無事終了、大須OYSへ。

到着するとover skill が最後の一曲を演奏していた。惜しい!間に合ったようで悔いしか残らないタイミングだ。次回観るあてに期待しつつ、SMショーを中軸に構築されたパフォーマンスを観る。
推察するに狐の化身、そしてそれに囚われた娘を中軸とする二人のSMショー、そしてヴァイオリンや鍵盤、あと名前がわからないけど打楽器に、あとギターによる演奏隊がステージ後方に控えている。場面展開や娘の心情の変化を曲によって印象深く、そしてさらに芸術的に昇華していた。や、本当にこの演奏、素敵だった。
あと僕ってSかもしらんなあ、と反応しそうになる自らの男性を意識して再認識。


続・我が逃走
にしても手ブレがひでぇなこの画像


で、企画者たる農村。
以前ドラマーの松田君から音源を頂いて気になっていたバンド。またその音源が格好良いんだ。ドロッとした曲調やちょっとおどろおどろしいフレーズがツボ。それでいてポップなんだから僕が嫌いなはずがないでしょう。
果たしてライブは、と楽しみにしていたんだけど農村、良いバンドだぜ本当に。当人達も企画者に相応しい気迫と、それ以上に演奏が楽しくって仕方ないといった風で観ているこちらもニヤニヤしてしまうような演奏。
いつか是非お手合わせ願いたい。

トリは本日アルバム発売、太平洋不知火楽団。
あの安定感、安心感は素で臨んでいるからこそ。美しさすら漂うステージ上はまさに三つ巴の総力戦、といった風で、僕はそんな太平洋~の「3人が全力で事に向かっている感」が大好きだ。三者三様、それぞれ印象が違うプレーヤーなれどもあの一体感は観ていて気持ち良いもの。
で、泣ける。太平洋~の魅力はそのパフォーマンスも特異なキャラクター性も勿論そうだけど、泣けるメロディーに歌詞、それを力の限り演奏でぶつけてくるそこにあると思う。

ワッペリン は残念ながら間に合わなかったけれど、新音源を購入。
今日も楽しいライブイベントを観た。
二日連続でそんなイベントに行けるのは有り難い限りだ。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

自己紹介

舟橋孝裕

Author:舟橋孝裕
愛知県在住、ベースギター奏者です。
・JONNY
・パイプカツトマミヰズ
・犬栓耳畜生
・白線の内側
 やサポートでベースを弾きます。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム