『ジャガイモとタマネギとコンビーフの炒め物』

所詮、漢の料理である。見た目は気にしない。ガッとかっ食らって胃袋に収めてしまえば、皆同じ。

強いていればそれをおかずにどれだけの白米を食えるか。どれだけ良い「オカズ」たるか、或いはそれ単体でどれだけの満足感、インパクトを得られるか。とどのつまりは「飯を食ったぞ」という充足感が得られればそれで料理は良いと思っている。

しかしな、これは、これはねえだろう。


続・我が逃走


この得体の知れない炒め物の画像をtwitterにアップしたところ「得体の知れない料理」とか「無骨・・・」といったリアクションをフォロワーさんから頂いた。確かに。

いや、随分と皆さん気を遣って下すったな、と思う。僕ならこの画像を見てこう言うだろう。

「ゴミ」と。


しかし残念ながらこれでもれっきとした料理なのだ。しかこ今回は直感ではなく、某レシピサイトを参考に作った。

それでこの見た目なのだ。コンビーフを入れ過ぎたのが原因かもわからんね。

味の方は意外や意外、悪くなかった。それどころか旨かった。素材の味に適度に効いた塩加減。飯が進む進む。まあ仕上げに入れたクレイジーソルトのお陰かもしれないけれど。



『ジャガイモとタマネギとコンビーフの炒め物』の覚書

・ニンニクをお好みの分量、刻む。そのままフライパンへ。

・タマネギを1/4個、細かく刻む。同じくそのままフライパンへ。

・ジャガイモ1.5個を3cm四方に刻む。ざっくばらんでいいよざっくばらんで。

・コンビーフをほぐして投入。

・水を100ml投入。中火にして蓋をする。

・待ってる間に食器とか調理器具を洗ってやると良い。

・水気がとび、ジャガイモに火が通ったのを確認したら塩コショウ、クレイジーソルト等で味付けをしてやる。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

自己紹介

舟橋孝裕

Author:舟橋孝裕
愛知県在住、ベースギター奏者です。
・JONNY
・パイプカツトマミヰズ
・犬栓耳畜生
・白線の内側
 やサポートでベースを弾きます。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム