3月12日

朝起きて、ニュースをチェックする。

依然この国は非常事態だ、と再認識する。被害者数や被害件数、被害規模は昨夜と比べて絶望的に跳ね上がっているし、ニュースで流れる映像も不安感を煽るものばかりだ。

被災地では沢山の方が眠れぬ夜を過ごされたのだろうと思う。現実逃避のように眠ってしまった自分がいるわけなのだけれども、この環境を幸運に思わねばならない。勿論、自分より不幸な、悲惨な目に遭った方がおられるからとかそうではなく、生き物の生存本能として、だ。


職場に出勤してもやはり仕事は手につかない。普段から物凄く勤勉に、ただの一分も気を抜かずに仕事をしているかと問われれば即座に首を縦に振る事も出来ないような不良アルバイターだけれども、今日という今日はいよいよ仕事が手につかなかった。

Ustream配信でニュースを見たり、修理で持ち込まれる楽器を診ながら一日を過ごした。


福島の原発のニュースが飛び込んで来、上司も仕事が手につかなかった様子。

僕も不安で「この国はどうなってしまうんだ」と途方に暮れてしまった。twitterのTL上でも不安を煽るようなツイートやニュースが目に飛び込んでくる。

皆ピリピリしているのか、昨夜からTL上は一触即発状態だ。


だが、そんな中でもこの国に生まれて良かった、この人達の気持ちを理解出来る人間で良かったと思うようなツイートも沢山目にした。僕はバンドマンだから、だからこそそこに目がいくのだろうけれども東京のライブハウス、その多くがイベント、公演を中止、しかしながら電車が止まった事で帰れなくなった方や一人でいるのが不安な方に場所を開放している。

先輩バンドマンも「○○で困っている方、連絡下さい」とツイートされているのを見た。

人間としてのこの善意の行動に涙腺が緩んだ。


そして12日18時から停電し、医療行為もままならない被災地に電力を送るための大掛かりな節電が、日本全国で始まった。

アニメから名前をとられ「ヤシマ作戦」と呼ばれたその節電対策はTL上に溢れ、多くの方がコンセントを抜いたり照明を落としたり、「ヤシマ作戦」に参加されたのだ。

作中で言われていた「日本中の電力を貴方に預けるわ」という台詞、これがアニメ上ではなくこの国で、現実のものとなったのだ。

日本中の電線は一本で繋がっている。西日本と東日本では周波数の関係で節電が電力送信に反映されるかどうなのか、不確かな情報が入り乱れた。18時頃には「ほとんど関係ないらしい」という情報がTL上に流れていたけれども、それでもせめて何か出来ないか、という人間的感情に拠り、節電した多くの方が中部にいらっしゃったようだ。


節電に伴い、ライブハウスでの演奏を自粛すべきだ、という論旨のツイートもTL上で見られた。

我々バンドマンはアンプ、エフェクター諸々、電気がなければ大きな音で演奏する事は出来ない。ライブハウス全体で見たらそれに加え、パワーアンプやミキサー等の照明機材も加わり、結構な電力を消費する。

この非常事態にはそれを自粛すべきだ、という話だ。

勿論、理解出来る。

しかし中には電力会社に問い合わせ、その方の居住区域での節電がどのような影響をもたらすか調べた上で「影響がないようなので、むしろ演奏する事で与える好影響を期待」してライブイベントを結構した場所もある。

他にも「我々に出来るのは不安に思って暗澹たる気持ちで生きるのではなく、日常生活を機能させる事だ」とする意見もあった。

僕個人としてはどちらの気持ちも理解出来る。


明日、僕は何もなければステージに立って楽器を振り回し、エフェクターとベースアンプを用いて演奏を行う予定だった。そして今、それらの一連のツイートを見た上で改めて熟考し、僕は演奏を行う事に決めた。自粛はしない。被害者の方々を悼む気持ちはある。けれども、僕は普段通りに、完全に演奏をしきろうと思う。

勿論電力に影響がないと調べた上で、だが。

被災地に対する配慮は、現状のこの国では最優先されるべき事項だ。それに抵触しない限り、僕は僕の周りの方々が不安な気持ちを振り切れるような演奏をしたい。僕の、僕達の演奏で何が変わると思っているわけではない。「貴方方の演奏で気持ちが落ち着きました」「ライブを観に来て良かったです、救われました!」。そんな言葉を得るためにやるわけではなく、日常風景として、機能すべき日常風景として僕は僕の日常を機能しようと、そう思っている。

いつも通りに全力を出して、いつも通りに疲れ果てて帰宅して、そしてニュースを観て暗い気持ちになるだろう。

明日の今頃自分自身、現在の判断をどう感じているかはわからない。

けれども今は、そうしようと考えている。


被災者の方々にお見舞いを。どうか、どうか頑張って下さい。

そして救援にあたられている自衛隊、警察、消防、海上保安中、各種自治体、そして国の機関の皆様。応援する事、募金する事、献血くらいでしか現状僕は協力出来ませんがどうか、どうかこの国を宜しくお願いします。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

自己紹介

舟橋孝裕

Author:舟橋孝裕
愛知県在住、ベースギター奏者です。
・JONNY
・パイプカツトマミヰズ
・犬栓耳畜生
・白線の内側
 やサポートでベースを弾きます。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム