久々にベース購入。


続・我が逃走


随分と前から僕の心を掴んで放さなかったDanelectro ロングホーンベース。

この頃 から「いつかは必ず・・・・!」と思っていたし、これ以降も定期的に無性に欲しくなるタイミングがあったのだけども、なかなか買う機会がなかった。決して滅茶苦茶に高いものでもないし、希少な楽器というわけでもないのだろうけれど、今手元にあるベースで十分バンド活動は続けていけるし、納得いく音は出ている。むしろ今尚新鮮な発見と感動を与えてくれる程だ。決して財政的余裕があるわけではないし、僕にとってこの楽器は「いつかは必ず」、そんな楽器のままだったのだ。


しかし、ついに手に入れた!

Danelectroを輸入しているメーカーがなくなってしまい、「ああ、これで新品での購入はしばらくは出来ないかもしれないな・・・」と思いつつ、半ば独り言に近い感覚でtwitterで「ロングホーン欲しい」とツイート。そんな僕のツイートにリアクションを下さったのは老舗ライブハウスELLの敏腕PA ごえもんさん。「売るよ」というその簡潔かつ明確な意思表示を見た瞬間、一気に色々な思いが駆け巡った。

それ以降は現物を見てもいないというのに様々な動画を観たり、過去モデルを調べたりとテンション上昇。

やっぱり楽器はビザールなものに限る!プレシジョンベースやジャズベースの完成された美しさは勿論認めるし、その音が音楽的に高く評価されているのもわかるし演奏者にとってあの2本がどんな存在なのかも理解しているつもりだ。でも、どうせなら面白い形のベースの方が面白いじゃないか!


で、ごえもんさんから「とりあえず持ってってよ」という事でお借りする。

・・・・軽い!!滅茶苦茶軽い!流石合成樹脂製、中空仕様!

音は・・・・ひょおおお出力小さい!これはどうすりゃいいんだ。歪ませると予想通りに面白い音。

「低音出ないんじゃないか」と危惧していたけれどもなかなかどうして、意外とやる。


フェンダーJAPANのムスタングベースを研究、実用していた際は「お前まがりなりにも天下のフェンダー様だろ!ショートスケールだろうが何だろうが頑張れよ!」と躍起になって調整を繰り返したり改造したりもしたけれど、ロングホーンベースに関しては「そうだよな・・・お前Danelectroだもんな・・・・」ってなってしまう(笑)

メーカーの謳い文句が「タイトなサウンド、重低音はこのベースには出ません」だもの、何だかそういうハイクオリティかつグッドサウンド、という概念とはかけ離れたところに君臨するのがDanelectroらしさ。ちょっとくらいネックが反ってても、ちょっとくらい弦高が高くても、ちょっとくらい音がショボくても・・・・それでもこの一本が大好きさ。

そういう風に愛でるのが、一番適切な愛で方な気がする。


ただ勿論弾いていきたいというモチベーションはあるし、折角のこのルックスなので人前で弾いてやらないのは勿体無い。ガンガンやかましいバンドとかでは(そんなバンドしかやってないけど)なかなかこのベースの魅力を出しづらいだろうしメンバーもいつものSBVにサンズアンプの音に慣れてるだろうから、何かそれ以外の機会を見つけては持ち出してみようと考えている。

スポンサーサイト

コメント

1. 無題

あ~、前に書いてたね。
その記事覚えてますよ。

うん、音はともかく舟橋君ぽい気がします。ルックスは。

何か、可愛らしい色・形にも関わらず暴れる!って印象を勝手に持っていて(笑)



先日、せっかく今池のミスドの近所のホテルに泊まったのに、大丸食い逃しました…

残念!

2. Re:無題

>Pさん
あ、その印象嬉しいですね!凄く嬉しいかも!
可愛い楽器の方が愛着湧きますね。

連絡下さった日ですね・・・・残念!
ご一緒しましょう、次回は!
非公開コメント

自己紹介

舟橋孝裕

Author:舟橋孝裕
愛知県在住、ベースギター奏者です。
・JONNY
・パイプカツトマミヰズ
・犬栓耳畜生
・白線の内側
 やサポートでベースを弾きます。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム