コスプレしてライブをやってきた

昨日はJONNYで岐阜51(ごいち、と読む)へプチ遠征。HMC各務原店のモリノさんと51共同企画に出演させて頂いた。ちょっと特殊なライブで、出演者のCDをHMVで購入する事によって入場出来る(当日券も1000円で出ていた様子)いわば“還元ライブ”である。レジオキングthe Canadian Clubオーバーテイクと先頃リリースがあったばかりの3バンドに対するモリノさんの熱意の程が感じられる、そんな趣旨のイベント。

では何故この一年間の間、何のリリースもなかった我々JONNYがそのイベントに出演したのかというと、これまたモリノさんの我々に対する情熱である。モリノさんから頂いた出演オファーのメールには、我々に対しての熱意がそのまま封じ込められており、普段はなかなかそんな事をしない佐藤メンバーもそのメールをそのまま転送、それを読んだ柴山社長は「有難いねえ」と涙腺を緩めたとか。

兎に角、これは我々にとっては本当に有難い話だ。申し訳ない話なのだけれども音源発売の際、HMC各務原店には直接ご挨拶に行っていない。にも関わらずモリノさんがこのように動いて下さった、というのはこれにどう誠意で報いるべきか悩んでしまったよ。

こういう方がいるから、我々バンドマンは、そのなんだ、「やれる」のだ。それだけは心に刻み込んでおきたい。

飄々としたモリノさんではあるけれども、物凄い情熱と、そして遊び心(後述する)を胸にした方なのだ。


本番直前、控え室である2階で着替えやら準備をしていると机の上には見た事のある制服が。そう、HMVの“あの”ポロシャツである。長袖半袖、各サイズ合計4枚はあっただろうか。オーバーテイク 小松君によると「モリノさんがこれ着て下さいって言ってましたよ」との事。試しに見てみるとサイズピッタリの半袖のポロシャツが!

着るしかないだろう、これは。

ご丁寧にモリノさん、名札まで用意されている。「レジオキング」「The Canadian Club」「JONNY」「オーバーテイク」、各バンドの名前の下に所属レーベルが印刷された、HMVのロゴ入りの名札である。

この最大級の遊び心、のらない法はないだろう!珍しくそういうの好きじゃないはずの篠田君も乗り気である。

というわけで二人揃ってHMVスタッフにライブの間、なってみた。


続・我が逃走


ライブ本編は機材トラブルに見舞われて一瞬焦ったけれども、気落ちする事なく良い演奏が出来たと思う。流石に借り物のシールドで客席に突っ込んで大暴れはしなかったけれども(笑)。

音源をお買い上げ頂いた皆様、有難うございました。あの制服でCDを売る、という体験が恐らくもう二度とないでしょうので、個人的に物凄く面白かったです。


打ち上げはレジオキング、オーバーテイクと。節約に節約を重ねた打ち上げながら、実に面白かった。「軽く一杯引っ掛けて帰ろうか」と話していたものの、何だかんだで最後まで残っていたのが我々と付き合わされたオーバーテイクだった、というのは実に、何ていうか、らしい。

明け方帰宅、そのまま就寝。


興奮というかテンションの高揚の残滓故、何だか眠るのが勿体無いなあと思ってしまった。

つまりそれくらい楽しかったんだよ。

スポンサーサイト

コメント

1. 無題

いや~似合ってるね、舟橋君。

普通にHMVに居そうだよ(笑)

2. Re:無題

>Pさん
ですよね!そこは自信があります笑
非公開コメント

自己紹介

舟橋孝裕

Author:舟橋孝裕
愛知県在住、ベースギター奏者です。
・JONNY
・パイプカツトマミヰズ
・犬栓耳畜生
・白線の内側
 やサポートでベースを弾きます。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム