Iron Ether Oxide

続・我が逃走

自室のPCが復活したので勢いづいて更新。
去年の12月以降も色々と機材が増えたりしているので、少しずつ書き足していこうと思う。
というわけで早速。

Iron Etherという見慣れないメーカーのファズ。ベース専用のペダルをリリースするメーカー「Iron Ether」(鉄の霊薬、って意味だと思われる)のファズペダル。
操作性も悪くなさそうだったのでろくに試しもせずに購入。
コントロールはEQ、Morph、Drive、Fuzz、Clean、Voice、Strangle(VoiceとStrangleはスイッチでON/OFF切り替え)。それぞれ高域の調整、入力信号の波形の変化(ぶっちゃけ、よくわからない)、歪み具合の調整、エフェクトボリューム、クリーンボリューム、中域を強調するか否か、高域にだけファズをかけるか否か。
多彩なコントロールで思うがままのファズサウンドを作れる。と思いきや、個人的に致命的なのがどうにも高域が弱い。EQを右に振り切っても物足りない。しかも原音だけで出力してみても原音の高域も削がれている。僕のシステムと相性が悪いだけなのかもしれないけれど(普段から人によってはバッキバキだと感じる音を出している)、どうにもこうにも踏んだ瞬間に音が引っ込んだように感じてしまう。Voiceコントロールの効き方が美味しいだけに勿体無い・・・!
普段イナタい音、というかバッキバキでない音を出している人ならばかなり美味しく扱えるのではないかと思う。Driveをあげていくとオクターヴファズ感が強くなるし(何でも設計の段階でBASS BRASSMASTERを意識してるとか)、コントロール傾向も痒い所に手が届くだけの多彩さはあるので相性が悪くて残念だった。

ベースファズはBASS BIG MUFF mod.が今の所ピカイチだなあ。
オクターヴファズについてはまた別の機会に。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

自己紹介

舟橋孝裕

Author:舟橋孝裕
愛知県在住、ベースギター奏者です。
・JONNY
・パイプカツトマミヰズ
・犬栓耳畜生
・白線の内側
 やサポートでベースを弾きます。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム