大阪→京都→大阪の話

28日から30日まで仕事とライブで関西地方をうろうろしていた。
28日夕方頃名古屋を出発、大阪のワールドトレードセンター到着が19時頃。物凄く噛み砕いて説明してしまえば「コミケのアコースティックギター版」みたいなイベントがATCホールにて2日間行われ、去年に続き職場がこのイベントに出店、スタッフとして行ってきたというわけ。
会場に大量のアコースティックギターを運びこみ、ブースの設営を終えホテルにチェックイン。気を利かせた上司が朝食バイキング付シングルルームを予約してくれ、悠々自適の一時。

universalcity.jpg
そうそう、28日の晩ご飯はお世話になってるメーカーの営業さんにユニバーサルシティに連れて行って頂いた。インド料理屋でソーセージやタンドリーチキンやバターカレーを大量に食って大満足。
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンって残念ながらまだ行った事ないんだけど、ユニバーサル・シティの町並みだけで興奮した僕なら絶対にはしゃぎまわれるね。近々行きたいと思います。
で、ホテルにて全裸で窓べりに立ってみたりシングルルームならではの過ごし方をして就寝。

29日は昼頃まで働いて、京都に向けていざ出発!
大阪にてバズマザーズ一行にピックアップして貰って一緒に京都へ。チームJONNYは名古屋から京都へ出発。現地で落ち合うという個人的体験からしたら珍しいパターン。
この日は今年3月にオープンしたばかりという京都GROWLYに出演。CUSTOM NOISE 安斎さんに誘って頂いた。安斎さん、次回は是非ご一緒したいです!
で、偶然にもつい先日のパイプカツトマミヰズ@京都VOXhallでPAを担当して頂いた方がこの日のGROWLYでもPA担当。
「一週間で二度、お会い出来るとは思っていませんでした。今日はかぶりものしていないのですが宜しくお願いします」との言葉に笑顔で「そうかそうか」と。職人っぽい見た目、あのプロ意識、僕ぁああいう方が大好きだね!

この日のGROWLYは大入り。しかしJONNYをご覧になられるのは初めての方がほとんど(演奏開始直前のステージ上からのアンケートによるものなので間違いない、ぞ)。こういうシチュエーションこそ燃える。や、勿論いつだって気持は切り込んでいく武士のようなものなのだが。だが機知の方大勢を相手に演奏するのと初見の方に囲まれて演奏するのでは気持ち的に違う。全然違う。どちらも面白いが、あの日は後者のシチュエーションで良かった、と思う。自分自身が意志の生き物で、自分の中で恥じ入る部分なぞ微塵もない演奏が出来たからだ。
状況をひっくり返す事に成功した、とは言い切れないが、少なくとも僕達はあの場をエンターテインさせる事が出来たんじゃあないかと思ってる。バンドマンとして毎回毎ライブ、やって当たり前の事ではあるのだけどね。
打ち上げ中に階上の食堂で頂いたGEISYA丼(ご飯の上にサーモンと漬物が乗せられ、粉チーズとマヨネーズベースのソースがかけられている)がべらぼうに旨かった。
おのまん君(京都VOXhall/太平洋不知火楽団スタッフ)に教えられたルートで翌朝大阪入りするため、おのまん君に見送られながらタクシーで三条へ。無事にDVD試写室にピットインし、折角なので、折角なのでなんだぜ?別にたまってたとかそういうのでは全然ないけど、DVDを7枚ばかし選んでちょっと小競り合いをした。
密室だと思って別にそんな好きでもないんだけどさ、折角だからってなもんでちょっとばかしはしゃいだら天井間近が隙間になってやんの。そりゃあ廊下を行きかう人の物音が鮮明に聞こえるわけだよ。
ああ、やっちまったなぁと省みていたら隣室からは語尾があがるタイプの「うううっ…!」という呻き声が。
皆、好き過ぎでしょう。はい就寝。

4時間後にモーニングコールで目を覚まし、京阪電車で大阪へ。
17時半にイベント終了後、撤収、19時に会場を後に一路名古屋へ。台風が上陸し、日中ホールのガラス越しに雨風が物凄いのを見ていたのだけれどこの頃になると大阪はもうすっかり落ち着いていた。結果的に台風を追いかけるような動き方をする事になったわけだけれども、僕達が名古屋に到着する頃には地面もすっかり乾いていた。
名古屋市内には避難勧告が出た区域もあったそうで、そんな大きな台風なのにいまいち実感がない。
ただ、名阪の通行止めによって帰宅時間に2時間程の遅延があった。車中ではほとんど寝ていたのでこれまたいまいち実感がない。

大阪→京都→大阪という移動は良い経験になった。
そして数時間後には佐藤さんちに集まって東京へ!明日10月2日は新宿JAMにてJONNY企画!
僕の「一人東名阪」もこれで一区切りってわけだ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

自己紹介

舟橋孝裕

Author:舟橋孝裕
愛知県在住、ベースギター奏者です。
・JONNY
・パイプカツトマミヰズ
・犬栓耳畜生
・白線の内側
 やサポートでベースを弾きます。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム