「ちょこたんさん何で半袖にジャケットだけなんですか」「え、寒くないですよ」「頭おかしいんですか」

新栄DAYTRIVEで開かれたちょこたんさんの企画「SPECIAL ISSUE!!!!」にパイプカツトマミヰズで出演。
DJとして東京から7Aちゃんもやって来るというので楽しみにしていた日だ。7Aちゃん可愛い。
この日はちょこたんさんのリクエストを受けての衣装を製作、結果としてご本人にも喜んで頂く事が出来た。
確かAKB48男の時の演奏後だったと思うのだけどちょこたんさんとこんなやりとりをした記憶がある。(以下僕→僕、ちょこたんさん→ち)

ち「お疲れ様でしたー」
僕「あ、有難うございます」
ち「12月の企画も宜しくお願いしますね」
僕「こちらこそ、です。あ、当日僕、何になりましょうね?」
ち「え」
僕「ほら、今日みたいに何かになるなら、主催の方のリクエストも聞いておこうかなって」
ち「…うーん、ちょっと思いつかないですね」
僕「ではまた後日、思いついたら連絡下さいね」

後日、「僕は広島カープのファンなのでもし宜しければスラィリーになって頂けないでしょうか」と連絡を頂く。
僕は広島カープはもとより野球について全然知識がない程、スポーツに興味が向いた事がない。当然広島カープのマスコットキャラクターも知らないし、その名前がスラィリーである、という事も初めて知った。なのですぐさまその「スラィリー」とやらをイメージ検索で探す
…どうやって作るんだ、これ…。
そこには青色の、フワフワした化け物がいた。
着ぐるみ作った事ないしどうしたもんかな、と思いつつ丁度色々立て込んでいた時期だったのでとりあえず頭の片隅へスラィリーについては置いておく事にした。

どれだけその後に予定が立て込んでいてもとりあえず次の、目先の案件にしか向き合えないのが僕の悪い癖。
諸々のライブやその練習の合間の自分一人の時間も1月の演劇公演の脚本用意、座り公演での未確認尾行物体の大道具製作にあてているうちに、気がつけばもう12月突入。
どうしたものか、と思案しているとふと毛糸を使う方法を思いついた。しかし毛糸を使った工作、試した事がない。質感は恐らく思い通りになるだろうけれども、基本ガムテープと段ボールを使う工作に於いて毛糸をうまく扱えるかどうか。その段階でライブ3日前。…迷っている暇はない、やりながら色々と探っていく事にする。

流石シーズン中、100円ショップに毛糸コーナーが設置されていた。100円ショップは素晴らしい。画用紙から何から何まで揃う。あとは時間と情熱を注ぐだけだ。2日間の夜間作業の末、ライブ当日、早朝未明。

hiroshima.jpg
「広島カープ男」完成!
段ボールとガムテープで作った筺体を毛糸と画用紙の外装で覆い、出来上がった姿はまるで着ぐるみ!
完成して被ってみて、自分が着ぐるみ職人として一つ成長したのを感じた。
あ、当然頭は重いし音はデッドになりますよ?

ライブの冒頭4曲(それでも10分ちょっとくらい)で外された後はベースアンプのすぐ脇で演奏を見守ってくれたスラィリー。演奏中、吉田君が持ってきたAKB48の看板が各務君や吉田君、伊藤君によって投げ飛ばされているのを見てついつい興奮してスラィリーもぶん投げてしまったけれど、それでも無傷だった。意外と頑丈なんだな…。
この日の演奏は文字通り「ブン投げる」ようなもの。良く言えば豪快でアグレッシヴ、悪く言えば崩壊してアグレッシヴだった。それなりに大きなAKB48の看板をぶつけ合ったりその中に各務君が入ってのたうち回ったり、やっぱりステージの前の方はぐっちゃぐちゃになっていたし楽器も飛び交っていた。大好きだけどね、そういうの。
個人的にはドスの効いたベースの音作りが出来て良かったと思う。興奮すると演奏が一定の所以上で気迫についてこなくなる。底上げが必要。

演奏後は杏花村で一部有志で打ち上げ。
けれども作業や最近はしゃいで睡眠不足気味だったのがたたったのか途中で意識を失う。
杏花村ではキャベツの和えものとご飯大盛を食べ、帰宅後はナポリタン&ミートソースロールとポテトハムカツロールとブラックサンダーとピザポテトを食べる。夜中の3時過ぎに食べるには、明らかに過食。
冬は腹が減っていけない。

mountain.jpg
ちなみにスラィリーを運ぶ時はこんな風にして運ぶ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

自己紹介

舟橋孝裕

Author:舟橋孝裕
愛知県在住、ベースギター奏者です。
・JONNY
・パイプカツトマミヰズ
・犬栓耳畜生
・白線の内側
 やサポートでベースを弾きます。

お問い合わせ

お問い合わせ、出演オファー、サポート依頼等はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム